雑記帳タイトル
maroの雑記帳 2012年12月31日まで

主として SIGMA SD や DP、レンズに関する、いたって個人的な雑記帳です。  2004/09/07

ご注意:このページは私のブログ「maroの雑記帳」の HTML 版です。ブログ形式でご覧になりたい方は
http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/ ← こちらへどうぞ。

記事は新しいものが上になるように配置致します。なお 2013年以降の記事は maro の雑記帳 HTML 版 をご覧ください。


まもなく 2013 年。 2012/12/31

【本日2本目の記事】

今年もあと6時間を切った。まもなく 2013 年である。今年はシグマにとって製品面ではとても良い年であっ
たと思う。が、経営面では欧州での不況が影響して全体的な売上は今ひとつだったようだ。

ただ、欧州で売上が落ちたのはシグマだけではなく、他の業種や企業でも同じで、円高の影響がとても大きい
様だ。シグマが大きな利益を出した 2007 年前後はユーロに対して円が非常に安かった時期でもある。

自民党政権が誕生して、円安の傾向があるため輸出が売上に占める割合が多い企業は少しだけ喜んでいるかも
知れない。が、欧州の不況がこのまま続くようであれば、購買力自体が低下しているため単純には喜べない状
況なのだろう。

門外漢がシグマの売上についてご託を並べても意味があるとは思えないので、これ以上は述べないけど、シグ
マが儲かってくれないと製品開発への投資が鈍る可能性もあり、ユーザーとしては気になるところである。


DP Merrill で原因不明の「ソフトフォーカス化」現象が起きている。多分カメラ内部の結露だと思うのだけど、
間違いなくそうであることの確証は無い。

湿度が高い状態でフラッシュを使って連続的に撮影した時に頻発する。また、周囲の温度が低い時にも起き
る。カメラ内部の温度が上がって、その温度上昇に追いつけないレンズに結露するのではないかと推測して
いる。シグマには報告してあるけど、簡単に直るとも思えない。とにかく、湿度が高いところや気温が低い
ところでは続けざまに撮影しないことしか防ぎようがない。


と言ったところで、今日の一枚。



きゃわゆいショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/320Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ストロボを天井にバウンス。

足下に「モヤ」が掛かっている。この直後に撮影したユー君はこんな状態。




ソフトフォーカス
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/320Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート
ストロボを天井にバウンス。

かなりコントラストを上げてある。(+1.8)


それでは皆さん、良いお年を・・・。

今年の最終日。 2012/12/31

昨晩は例年より少し早く始まったカラオケ屋さんの忘年会に参加。でも、料理が片付いたのは午前1時を過ぎ
ていたため、カラオケで時間を潰して、千葉発の始発電車で帰って来た。

が、4日に急な頼まれ仕事が入ったため、のんびり寝ているわけにも行かず、昼から打ち合わせで友人と会い、
ヨメさんに頼まれた今夜と正月のための買い物をして、つい今し方帰ってきた。

眠い。

4日の仕事はビデオ出力をプリントアウトする業務用プリンタのヘッドが逝かれたので、修理に出そうとした
らパーツがなくて修理不能。10年以上前の製品なのでしかたないが、そのプリンタ用の用紙とリボンも製造
が終了していて、例え直っても、この先使い続ける事ができないと判明。

新型があるのだけど、ランニングコストが高くてどうしたものかと相談を受けた。答えは簡単でビデオ出力を
パソコンでキャプチャーして、パソコン用のプリンタで出力すれば良いだけ。

パソコンが替わっても使うことができるように USB 接続のビデオキャプチャー機器を購入。今夜には届くので、
性能と使い方をチェックして、4日にお客さんの会社に持って行き、パソコンに繋ぎ、使い方をレクチャーす
れば良い。

今から20年ほど前にビデオキャプチャーをした時にはカノープスの20万円ほどするキャプチャーボードを
使った(静止画専用)が、今回のキャプチャーアダプターは¥5,000。良い時代になったものだ。

新しい宝石用ビデオカメラの出力をビデオではなく、デジタルにしてパソコンを使って画面表示しようと考え
たのだが、テレビに映すだけなら、単に電源を入れれば良いだけなのに、パソコンの画面に映すとなると(店
員さんにとっては)複雑な手順を踏まなければならないので実用的でないと言うことで見送りになった。パソ
コンに触れ慣れていない人にとっては確かにそうなのかも知れない。


さて、今年もあと9時間。夜に備えて昼寝をしたい。夜にもう1回このブログを更新する予定。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM が馴染んできた。 2012/12/30

【本日2本目の記事】

焦点距離 35mm のレンズを SD1/SD1 Merrill に着けるとフルサイズ換算で 52.5mm の画角となる。少しだけ
長い標準レンズである。個人的には「標準が好き」と言うほどではないけのだど、やはり身近なものをサッと
撮るには使い易い。

そして、そのレンズが文句のない描写をしてくれるのであれば、さらに良い。近距離でパンフォーカスが必要
でない場合、17-50mm の 35mm でも十分に良い描写をしてくれるのだけど、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM は
AF の合焦率が非常に良いこともあって、カメラに 17-50mm が着いていても、敢えて 35mm F1.4 に着け替え
て撮影するようになった。

非常に素直な描写で、何とも文句の付けようがない。素晴らしいレンズである。



普通のショコラ
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:6.3 1/100Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート
ストロボを天井にバウンス。



お食事中
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:6.3 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート
ストロボを天井にバウンス。

DP Merrill 用グリップ。 2012/12/30

DP Merrill もそのようになっているのかどうかはわからないが、DP1 〜 DP2x までの 14M FOVEON センサー
を内蔵しているいわゆる旧タイプの DP には貼り付け型のグリップを使わない方が良いと聞いたことがある。
ボディにグリップが貼り付けてあると修理や調整のために使う測定装置にカメラを正しくセットすることがで
きないため、わざわざ引き剥がすそうだ。

そして、私が DP シリーズの全モデルで足りないと思っているのは厚みや指の引っかかりだけではない。「高さ」
ももう少し欲しい。ムートグリップは旧タイプの DP シリーズの高さを 14mm 高くしてくれた。そして今回入手した
UN の UNX-9121 SIGMA DP1,DP2 Merrill 専用グリップブラケットは DP Merrill の高さを 9mm 高くしてくれる。
これにより右手の小指が遊ばなくなり、グリップ感が増す。また、私の様に異常にサイズが大きいレンズフードを
装着している場合、水平に置いた時にフードの先端が接地してしまうのを防ぐこともできる。底面が保護される
ので、カメラを躊躇せずに何かに押しつけることができる。

仕上げや装着感は素晴らしい。特にこのグリップを付けていても SD カードとバッテリーの交換が可能な点は秀
逸。DP Merrill を小さいと感じておられる方には強くお薦め。う〜〜〜n。もう一個欲しい。



DP1 Merril と UNX-9121
SIGMA DP2 Merrill @f:8.0 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop にて被写体のホコリ等をレタッチ。


さて、今夜は毎年恒例の夜通し忘年会。真夜中から始まって、明日の始発電車で帰ってくる。たまにはカメラ
を持って行こう。

お正月休み、第一日目。 2012/12/29

ヨメさんがユー君に掛かりっきりになっているので、暮れの買い出しなどで一日が終わってしまった感じ。

朝はコンビニへ朝食を買いに行って、ついでにユー君の写真をハガキサイズにプリントしたものを 12 枚ほど
入れたファイルをヨメさんの実家に送った。

朝食後、哺乳瓶の消毒について、イロイロ調べた。現在、電子レンジで哺乳瓶を1本だけ蒸して消毒する道具
をヨメの妹さんからプレゼントされて使っているのだけど、1日に6〜7回も授乳するので4本有る哺乳瓶が
フル回転。1本ずつ消毒するのは大変なので、哺乳瓶用の消毒液を使いたいので調べて欲しいとヨメさんから
依頼があった。

調べて見たら、哺乳瓶用の消毒液は手が荒れるらしい。最近手荒れで悩んで、薬を使っているヨメさんに勧め
たくはない。哺乳瓶を立てて、4本一遍に消毒できる電子レンジ用のケースがあったのだけど、我が家で使っ
ている哺乳瓶は細身で背が高いため、電子レンジに立てて入れる事ができない。2〜3本の哺乳瓶を寝かせて
レンジでチンできるものを Amazon で見つけたので、注文。

チョイ寝していたらヨメさんが買い出しに行ってくれと言うことで、チャリで船橋まで出掛けて、カーテンやら
キャンディやらを購入。

夕方は「はな」が寿司を食べたいというので銚子丸で夕飯。帰りがけに正月用の食材を買って帰宅。

これを書いていたら、Amazon から電子レンジ用スチーム殺菌容器が届き、ヨドバシから昨晩注文した UN の
DP Merrill 用グリップが届いた。

ここで、一度書くのを止めて写真撮影。その後現像。これが今日の一枚。



今日の買い物
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6 1/25Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

さて、ユー君をお風呂に入れなければ・・・。

SPP はひどいソフト? その3 2012/12/28

私のウェブサイトの作例画像はそのほとんどが SPP で現像したままを掲載してある。それらをご覧頂ければ
お判りの通り、SPP で現像しただけであっても十分に鑑賞に耐える。つまり、私は SPP をひどいソフトだと
は思っていない。レタッチ用のソフトウェアに引き継げる素材を出力してくれればそれで良いと思っている
せいもあるのだけど、実用的には大きな問題を抱えているソフトではないと思う。

しかし、SPP から出力された画像を作品として納得の行くような状態に仕上げるためには、レタッチを行った
方が良いものも多い。ただ、かなり微妙な部分に対するこだわりがほとんどで、画面全体に手を入れなければ
ならないものは少ない。現像ソフトに画像の特定部分のみを正確に領域指定して修正を加える機能を求めるの
は可哀想だ。が、現像ソフトが Photoshop の様なレタッチの機能を持ってはいけないという決まりがあるわ
けではないので、レンズやセンサーに起因するおかしな描写を補正する機能は全て網羅して欲しいと思う。

次の SPP ではモノクロームに対する処理が追加されるということを社長がデジカメマガジンのインタビューで
答えていた。個人的にモノクローム写真は大の苦手。写真そのものにパワーが無いと単なる懐古趣味的な白黒
写真になってしまう。私がモノクロで作例を掲載しないのは嫌いだからではなく、モノクロで表現しても十分
なパワーを持つ写真を撮ることができていないからだ。

しかし、次の SPP に搭載されるモノクロモードはかなり凝ったものになるようなので、私も挑戦してみようと
思っている。何せ色に悩まなくて済むのがありがたい。(^^;


さて、今年もあとわずか。年明けの8日には米国で CES が始まる。PMA が CES に吸収されてしまったため、
写真用品は全体のごく一部となってしまったが、重要な展示会である事に変わりはない。去年の CES では
APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM と DN シリーズの単焦点レンズ2本の開発発表があっただけ。でも、
1ヶ月後の CP+ 2012 では Merrill シリーズが一斉に発表になった。

今年のフォトキナで発表されて未発売のレンズ、Cラインの 17-70mm F2.8-4 とSラインの 120-300mm F2.8
の価格と発売予定日が発表になりそう。山木社長のプレゼンテーションでプロジェクションされたレンズの
リストに載っていた 300mm F2.8 OS HSM の発表があるかも知れない。カメラに関しては SD1 Merrill の改良
型、ミラーレス一眼、DP3 Merrill、フルサイズ FOVEON センサー、DP Merrill の改良型(レリーズソケッ
トとシンクロソケット装備)のウチ一つくらいは開発の発表があっても良いと思う。

35mm F1.4 DG HSM が世界中で非常に高い評価を得ているけど、この勢いで広角3羽ガラスを最新の光学テク
ノロジーで刷新して欲しいと思っているのは私だけではないだろう。また、唯一古いままの設計で売られ続け
ている MACRO 50mm F2.8 のリニューアルがあっても良い様な気がする。

望遠系のレンズはとても充実して来たが、DP Merrill の描写力に追いつく広角系の交換レンズを待っている
人は多いのではないだろうか?

ただ、私自身は DP Merrill に慣れてしまったため、敢えて SA マウントで同じ焦点距離(19mm、30mm)の
レンズを出して欲しいとは思っていない。


昨日撮ったショコラを1枚。



弩アップ
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/25Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート

何故か多忙。で、 SPP はひどいソフト? 2012/12/27

つい3日前まで今日も明日も何も無いはずだったのに、今日はビッシリ一日中仕事になってしまい、明日も
しっかり仕事が入ってしまった。仕事が有るのは良いことだけど、予定していたプライベートな作業ができ
なくなるのが少しだけ悲しい。


さて、SPP の話を続ける。

SPP に無い機能の一つが色別のコントロールである。ライトルームでは HSL(色相:Hue、彩度:Saturation、
輝度:Lightness)と名前が付いている。これは特定の色域を微妙に変化させる機能だ。FOVEON センサーで人
物を撮影した場合、肌の色がほぼ実際の色に近いものになってしまう。もし露出が不足すると、肌に茶色、
黄色、時には緑が乗ってくることがある。特に 14M FOVEON センサーにおいてその傾向が見られる。以前も
書いたけど、肌の色に関して私たちは特別な感覚を持っていて、被写体の色が正確に再現されている様な場
合でも、その記憶色(理想色?)から乖離した肌の色を不自然と感じてしまう。

黄色の色相をやや赤に振って、彩度を少し落とし、輝度を少し上げると普通の人が肌の色に対して抱いてい
るイメージに近づけることができる。が、そのような調整を SPP で行うことは出来ない。SPP に足りないと
思われる機能の一つだ。




シグマが公式に認めていない周辺部のシアン被りも SPP 5.4.1 ではかなり上手く補正されるようになった。
が、SIGMA 15-30mm F:3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL の様な古いレンズを SD1/SD1 Merrill に装着した場
合、このレンズに対する補正値を SPP が持っていないので、かなり露骨な周辺部のシアン被りとなるはずだ。
その様な場合に周辺部シアン被りをマニュアルで補正できるようになっていれば古いレンズのユーザーから
不満の声が出ることもなくなるだろう。

Capture One では LCC(レンズキャストキャリブレーション)と言う名前で、以前紹介した CornerFix の
機能を実現している。幸いなことに SD1/SD1 Merrill では「イタリア国旗症候群」と呼ばれる左側と右側で
異なった色がかぶる症状は出ていないが、周辺部のシアン被りはビネッティングのようにキッチリ点対称で出
現するわけではないので、その意味ではマスクを作って周辺部の色味を補正する機能は必要かも知れない。あ
るいは色被りの中心点と被りの開始位置、被りの濃度、色相をユーザーが設定出来るようになっていれば、か
なり細かい調整ができるかも知れない。


上記の機能は2つとも SPP が持っていた方が良いと思われるのに、現時点では装備されていない。是非ともこ
の2つの機能は追加して欲しい。

予定変更・・・。 2012/12/26

今日は SPP について昨日の続きを書く予定でいたのだけど、午前中は「はな」をクリニックに連れて行った
ために潰れて、昼からは友人からの SOS が入って、13 年前の SONY VAIO PCV-R53TV7 と言う Windows 98
SE が動いているデスクトップパソコンの電源部ファンを交換した。お礼にトラフグのフルコースをごちそう
になって帰って来たら午後 10 時を過ぎてしまった。

なので、誠に申し訳ないけど、今日は SPP についての記事は掲載しない。

朝方に撮ったユー君を1枚。



まだ、横になっているだけ
SIGMA SD1 + Macro 70mm F2.8 EX DG @f:2.8 1/50Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート
Photoshop にて肌や背景をレタッチ

SPP はひどいソフト? 2012/12/25

DP Merrill や SD1/SD1 Merrill がカメラ内で生成する JPEG 画像は解像感と白飛びの点で RAW から SPP を
使って現像したものより見劣りがする。おそらく掛かり過ぎているノイズリダクションや白飛び軽減の処理が
カメラ内 JPEG を生成する時には行われていないことが原因だと思う。なので、Merrill センサーが持つ本来
の解像感やハイライトの階調を得ようとする場合には、RAW で撮影して SPP で現像する事が必須となる。

SPP を7年以上前から使っているユーザーは、おそらく「よくぞここまで進化した」と感じていると思うが、
LightRoom の様な多機能な現像ソフトを経験した人から見たら、機能不足を感じることだろう。


分野は全く異なるけど、私自身がソフトウェア開発者であるため、他の人が作ったソフトウェアに関しての評
価は少し甘くなる傾向がある。だから、ごく一般的なユーザーが感じる不満を私があまり感じない事もある。

例えば、私は SPP のレスポンスが遅い点に文句を付けたことはない。これは X3F ファイルのデータサイズや
プログラムが行っているであろう処理を考慮した場合には許される範囲であると感じているからだ。

SPP はレタッチ用のソフトウェアではない。が、RAW ファイルを TIFF あるいは JPEG に出力するためのソフ
トウェアがどの程度の機能を持つべきか、あるいは持たなければならないかと言う明確な基準があるわけでも
ない。なので SPP で行うことが可能な調整の機能が十分か不十分か、あるいは必要とされるにも関わらず持っ
ていない機能があるかどうかを判断することで SPP を評価しなければならないだろう。


SPP の調整機能で最も多くのユーザーが「なぜ出来ない?」と疑問に持つものの一つが、色温度と色かぶりの補
正をスライダー(数値)で指定する事であろう。これは他の現像ソフトなら必ずと言って良いほど備えている
調整機能なので、SPP のユーザーが疑問を持つのは至極もっともな話だ。

その疑問に対してシグマから公式な言い訳がアナウンスされたことはない(と思う)。が、FOVEON センサーの
持つ特殊性故にスライド式に色温度を設定できるようにすることは非常に難しいと(非公式に)聞いた覚え
がある。

しかし、SPP には撮影後の RAW ファイルに対してホワイトバランスの種類による再設定ができる。このホワ
イトバランスの指定により色温度の数値による設定とほぼ同じことが出来るのは皆さんご承知の通りだ。

DP Merrill のマニュアルには

晴れ:約 5400K
日陰:約 8000K
くもり:約 6500K
白熱電球:約 3000K
蛍光灯:約 4100K
フラッシュ:約 7000K

と記述されている。これが SPP でホワイトバランスをマニュアルで設定した時のおおよその色温度である。
「色温度」は、仮想の真っ黒な物体を加熱したときに、何度に熱したらその色の光を発するかという理論値で
ある。単純に言えば、温度が高いほど青く、低いほど赤いと覚えておいても、間違いではない。ただ 3100K
と 3200K の色の差が 7000K と 7500K の色の差とがほぼ等しい(正確には 7000K と 7500K の差のが少し小さ
い)という、訳のわからない単位なので、色温度変換フィルターでは「ミレッド」という単位が使われる。
ミレッド=((1÷色温度)×1000000)。

また、SPP のカラー調整で使われるカラーホイールは左右の動きで色温度の変更、上下の動きで色かぶりの補
正として働くことを理解していれば、色調の補正はさほど難しくないかも知れない。また、私のようにフィル
ムの時代に色補正フィルターを使っていたユーザーであれば、あまり抵抗なくカラーホイールをクリックした
際に表示される色補正データを理解することが出来るだろう。

色温度の数値による設定に関して言えば、カラーメーターを使って光源の色温度を計測するのでない限り、数
値で色温度を指定することが気休めに過ぎないことも理解しておくべきだ。例えば「晴れ」と一口に言っても
スコンと抜けるような晴れと、雲が多めに出ている晴れとでは色温度が異なる。冬の晴れと夏の晴れでも色温
度は異なる。一日のウチでも午前8時の晴れと正午の晴れ、午後4時の晴れでは色温度は異なる。

日陰も快晴の日陰と雲が出ている日陰では異なった色温度となる。空全体が雲で覆われているような曇りはか
なり安定した色温度となるけど、やはり季節や時間で微妙に異なる。白熱電灯も約 2900K から 3100K 位の開
きがある。低い色温度での 100K の差は非常に大きい。

書いているウチに何をどう書きたいのか私自身良く判らなくなってきた。が、一言で言ってしまえば、「色温
度と色かぶりの補正をスライダー(数値)で設定する事は、気休めに過ぎないと私は考えているので、それが
ないからと言って SPP をひどいソフトだとは言わない。」と言うことである。

もちろん「ダメ」と感じる部分もあるので、それについてはまた明日。

クリスマスパーティー 2012/12/24

【本日2本目の記事】

我が家のクリスマスパーティー、昼の部が終わって、写真を現像して、私は昼寝。夕方になって起きて、これ
を書いている。

とりあえず今日の一枚。



我が家のクリスマスパーティー 2012
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/30Sec. ISO200
セルフタイマーで撮影。マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop にて背景の一部、フリンジ等をレタッチ

「はな」は今日の買い出しで入手したたまごっちのキーホルダーに夢中。この後、プレゼントのニンテンドー 3DS
LL でゲームを堪能していた。

ショコラは特別メニューの「ホッケ」に大満足。私も大好物のケンタッキーフライドチキン&コーラでおなか
がいっぱい。

ユー君は相変わらずミルクを飲んでるか、寝ているか、泣いているかの新生児生活を満喫。

パパはやっぱり、まだ眠い。この2週間はビッシリ仕事漬けだったけど、それもあと一日で終わりそう。あと
1週間で今年も終わる。

とっても面白い DP Merrill のレビュー 2012/12/24

今日はユー君とヨメさんを家に残して、「はな」と二人でクリスマスパーティーの買い出し。「はな」は買い
出しよりもおもちゃ売り場と駄菓子屋さんが目的。家からさほど遠くない新しくできた AEON 船橋店が「はな」
のお気に入り。朝一で出掛けてお昼には帰ってくる予定。

で、この記事は例によって ka_tate さんが翻訳してくれた DP Merrill のレビュー記事を紹介するのが目的。

http://blogs.yahoo.co.jp/ka_tate/63415694.html

ニック「どのメーカー純正ソフトも同じなんだけど、これもひどいソフトでね(笑)でも、とりあえず使えな
くはないよ」

クリス「まるでシグマのカメラそのものだね(笑)」

歯に衣を着せぬ評価がとても面白いので、ご一読を強くお勧めする。

宿題、完了。 2012/12/23

明日はのんびりする予定なので、火曜日に会社その1に持って行く約束をした先々週に撮影した入館証用の顔
写真65枚を全て 1200x1600 サイズの JPEG 画像に仕上げた。4〜5時間で終わるだろうと思っていたのだ
けど、10時間も掛かってしまった。

社員さんの写真をお目に掛けるわけには行かないので、グレーカードと一緒にリモコンを使って撮影した私自
身の顔写真を掲載する。元の写真は恥ずかしいので、レタッチしたものを・・・。



顔写真テスト
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:9.0 Sync. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:カスタム、カラーモード:ポートレート
Photoshop にてい〜〜〜〜ぱいレタッチ。

さて、明日はクリスマスイブ。ケンタッキーフライドチキンとコーラと小さなケーキが我が家の定番である。

チョット風邪気味。 2012/12/22

朝方に昨日の忘年 OFF 会でのスナップを掲載した。作例画像メニューの下の方にあるが、ここにもリンクを
貼っておく。

http://maros-images.sakura.ne.jp/offline_meeting_9.html


風邪気味で昼寝。いっぱい寝てしまった。昨日の朝、冬至の日の出を撮った。写真の中心がほぼ真東。太陽
はこの位置より右(南)から昇ることは無い。3月になったら春分の日、6月には夏至の朝日を撮って見ようと
思っている。



冬至の朝日
DP1 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO100 EV-2.7
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード。
画面の下半分は EV-1.3 で撮影したものを合成。


火曜日までに先々週に撮影した顔写真64枚を仕上げなければならない。明後日は「はな」とクリスマスの買い
出しに行く予定なので、明日中にその仕事は終わらせなければならない。4〜5時間もあれば大丈夫だろう。

と言うことで、本日はこれまで。

フォビオン掲示板忘年 OFF 会、無事終了。 2012/12/21

今日は午前中に市役所へ出向いて出生届や児童手当の申請書などの提出を行い、昼から夕方に掛けては松原団
地にあるお客さんの会社に行き、家へ戻った後で忘年 OFF 会に参加した。

多少時間的なゆとりがあったので Island Gallery の坂崎幸之助氏の書写真展も見ることができた。

まもなく午後11時。クタクタではあるが、とても楽しいひとときを過ごせたので、心地よい疲れである。

今日撮った OFF 会のスナップは明日アップする予定。

明け方に冬至の太陽を撮ったのだけど、それもまだ現像していない。やっぱり疲れている。

と言うことで、おやすみなさい。

今日も目一杯、お仕事。 2012/12/20

始めた時はとても3日間では終わらないかも知れないと思っていた作業をめでたく3日間で終わらせることがで
きた。今夜は忘年会用に最近の写真をプリントする予定。

名札は作ったのだけど、名札入れが無い。明日の午前中に出生届を出した後で、入手すれば良い。

ochan さんから預かっている写真集を持って行くのを忘れないように、今のうちに準備しておく。

午後は松原団地にある会社へ行って仕事をした後、家へ戻って銀座へ向かう。

スケジュール的には厳しいけど、時間的にはゆとりがあるので大丈夫だろう。

さて、食事をしたら息子を風呂に入れなければ・・・。

今日もバテバテだけれど・・・。 2012/12/19

2日間で50台近いマシンに新しいユーザーを設定し、新しい Office をインストールし、各アプリケーション
が保存するファイル形式が古いタイプになるように初期設定をした。2日間で64台を目標にしたのだけど、
どうしても午後6時には会社を出なければならないと言う制約があったため、未完に終わった。

明日は予備日としておいたので、明日もお仕事。ただ、午後2時くらいまでには終わりそう。ヨメさんが外に
出られないので、イロイロと大変であるが、超多忙を楽しんでいる。

明後日も非常にタイトなスケジュールになるけど、忘年会には遅れずに行けそうだ。


で、一昨日に撮った写真だけれど、ソフト化で遊んでみたので、掲載させて頂く。



横になっているユー君
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート。
SPP のノイズリダクションを全て 0 にして、最もカリカリの状態。ただし、シャープネスは -1.0。ノーレタッチ。



同じ写真を SPP のノイズリダクションを全て 0.75 にして現像。それ以外は全て同じ。ノーレタッチ。



2枚目の写真を Phtotoshop で少しだけソフト化。ディスプレイ上で拡大して見た時に肌の荒れなどがはっ
きり見えない程度のソフト化。目などはそのまま。



2枚目の写真を Phtotoshop で普通にソフト化。A4 サイズプリント用である。ハガキサイズのプリントを
想定した場合には、もっと柔らかくしないといけないかも。

ようやく一息。 2012/12/18

今日は午前9時30分から午後6時までビッシリ働いた。疲れ気味。明日も同じ。明後日はまだ未定。金曜日はとても忙しい。当初予定していた忘年会前に京橋の Island Gallery に行って坂崎幸之助氏の書写真展を見ることはできそうにない。 とにかく今日はヘロヘロ。申し訳ないけど、これにて失礼。

今週も多忙。 2012/12/17

衆議院議員選挙で自由民主党が大勝利。今まで一度も政権を担当したことがなかった民社党が3年間頑張っ
たけど、国民の多くが納得の行く政治を行うことが出来なかったのが敗因である。

先々週まではさほど忙しくはなかったのだけど、先週から今週に掛けてはとても忙しい。息子の出生届を出すの
は 21 日の午前中になりそう。

今日は午後2時30分に仕事が終わったのだけど、家へ帰り着いたのが3時半を過ぎていたので、そのまま
自宅仕事。


これは昨晩撮影したもの。



「はな」のクリスマス・デコレーション
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード。

「はな」が我が家の玄関にある靴箱の上に小物をいっぱい並べてクリスマス用にウェルカムデコレーションを施し
た。光を良く反射するものが多いため、ストロボの直射は避けたい。しかし、被写体の上に棚があるため、上から
の光では奥が暗くなってしまう。と言うことでこの写真はストロボを後に向けてバウンスさせて撮影している。

2年ほど前に「ストロボディフューザー」あるいは「オムニバウンス」と言う商品名で売られているストロボの前に
カプッとかぶせる乳白色のアクセサリーを散々けなしたことがある。パッケージには「プロの必需品」等と書かれて
いるが、本当のプロが天井が高い場所でアレを使っているのは見たことが無い。柔らかい光と言うのは面積が
大きい光であって、単に拡散された光では無い。

四方八方に光をまき散らせばそれで柔らかい光になるのであれば、アンブレラなど使う必要などない。なぜ、人物
撮影でストロボを使う時にわざわざあんな大きなアンブレラを使わなければならないのかを考えれば、答えは
すぐに出る。

今でも売っているのかと思って調べて見たら、まだ売っていた。が、大昔は¥4,000 位していたものが今では
¥2,940〜¥980 である。私に言わせればそれでもまだ高い。100円ショップで売るべき商品であり、単に光を
拡散させるのが目的であれば、もっと光の透過率が良いものにすべきである。

あの手のアダプターが生きるケースが2つだけある。天井が低くて白く、周囲の壁も白い狭い場所で撮影する
場合である。もう一つは発光量の調整ができないストロボを使っていて、絞りを開いて撮影したい場合。

逆に天井がもの凄く高いイベント会場などでアレをストロボに着けて撮影している人を見たら、ご自身が使う機材
の効果をテストせずに使っている人であると考えて間違いない。

ついでに、天井へのバウンスに付いて触れておく。天井にストロボをバウンスさせる場合、原則はカメラの真上
に向けて発光である。天井に光を反射させて被写体を照らすのではなく、最適な位置に大きな光源を作ると考
えればお解り頂けると思う。ある程度被写体との距離がある場合はカメラのやや前方の天井に光源を作っても
良いけど、1〜3m程度の距離で撮影する場合はカメラの真上、時にはやや後に向けて発光させる必要がある。
間違っても被写体の真上に向かって光らせてはいけない。

投票日 その2。 2012/12/16

【本日2本目の記事】

皆さん、投票はお済みだろうか?

ドンキホーテで単3→単2サイズ変換アダプターとパンパース新生児用。薬の福太郎で粉ミルク「はいはい」を購
入。「はな」やヨメさんのためにおやつ用のお菓子等もついでに購入。本日の買い物、及び外出終了。後は家で
のんびりする予定。


このブログにアップしたもので作例画像に追加したいものが2週間分貯まってしまった。今日中に片付けておか
ないと、いつできるかわからない。寝る前までには、終わらせよう。


ochan さんからフォビオン掲示板忘年 OFF 会出席者へのプレゼントが届いた。奥様が創る「とうもろこし人形」
の写真集である。全て SIGMA SD で撮影された写真で、トウモロコシの皮で作られている人形の質感がとても
良く表現されている。一昨日の時点で決定していた参加者全員分として15冊届いた。が、その後2名追加に
なったため、出席者全員には2冊足りない。先ほど掲示板を見たら、わざわざ追加を送って頂けるようで、大
感謝である。


あら、もうこんな時間。先ほど撮影した「はな」とショコラと「ユー君」をアップ。



ご機嫌!
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @43mm f:4.0 1/125Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「ポートレート」。

「はな」の左後ろに写っているのは高知のプロ ken さんが撮影した今年の10月のカレンダーである。ヨメさんが
良い写真だからと言って捨てずに飾ってある。ちなみに、他の場所には同じく水中写真家の森本一宏氏の8月
(カクレクマノミが写っている素敵な写真)が飾ってある。




ベッドの縁渡り
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @26mm f:4.0 1/125Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「ポートレート」。

ショコラはユー君をテリトリーへの闖入者だと思っているフシがあるので悪さをしないよう、ヨメさんと私で気を付
けている。

投票日。 2012/12/16

明け方は東の空に少し雲があったのだけど、午前7時には大快晴。気温は低いけどとても良い天気。

私の居住地は野田総理の地元、千葉県船橋市。今朝はその第17投票所に行って来た。国政に参加できる唯一
のチャンスなので、いつも投票する事にしている。



SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」。

今週も結構忙しくて、月曜から金曜日までしっかりスケジュールが埋まっている。21日の金曜日は忘年会だけ
ど、午後2時から3時半頃までは松原団地にある会社に居なければならず、その後銀座へ向かう。忘年会の前
に京橋の Island gallery に寄って坂崎幸之助氏の書写真展を見る予定。でも、火曜日から木曜日までは銀座
なので、その前に行くかも知れない。


ユー君の為に買ってきた赤ちゃん用メリーゴーラウンドの電源が単2電池4本。現在、単3のエネループは売
るほどあるのだけど、単2は無い。アダプターを入手しなければ・・・。

家族会議で「佑介」に決定。 2012/12/15

【本日2本目の記事】

先ほどまで、我が家では三人が異なった名前で新しい家族を呼んでいたのだけど、いつまでもその状態を続ける
のはよろしくないので、家族会議を開いて、意見を出し合い、譲歩してもらい、最終的には「佑介(ゆうすけ)」
に決まった。

実は生まれる前にイロイロと考えたのだけど、結局はそのどれでもなく、初めて彼の顔を見た時に私の中に浮か
んで来た名前である。

「ゆうちゃん」と呼んだら、「はな」が「ユー君」だと言うので、今後は「ユー」あるいは「ユー君」と表記させ
て頂く。大勢の皆様に祝福して頂き、心より感謝。本当にありがとうございました。


で、今日はショコラを2枚。



アクロバチックショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/320Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」。

尻尾をメンテナンス中のショコラ。左側が少しソフトフォーカスなのはカメラ内での結露が原因と思われる。



寝っ転がったポートレート
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/320Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」。

下の毛布がソフトフォーカスなのはカメラ内での結露が原因と思われる。

10年ぶり・・・。 2012/12/15

息子にミルクを飲ませた。10年ぶりである。ミルクを飲み終わった我が子はスヤスヤと眠りに入った。
寝顔を撮ろうと思って、ベビーベッドの柵の間にレンズを置いて、撮影。



楽しい夢
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6 1.3Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「ポートレート」。


今日は黄疸の検査のため息子を病院へ連れて行く。私はその後でヨメさんに頼まれたベビー用品などの買い
出し。「はな」は家でゴロゴロしていたいとのことで、買い出しは私一人で出掛ける。午後からは雨の予想、
電車で行くか・・・。

ニューフェイス自宅へ・・・。 2012/12/14

【本日2本目の記事】

息子が世に出て帰って来た。ショコラが不思議そうに見ている。度々、ベビーベッドの縁に前脚を乗せて覗き
込むので、待っていて撮影。



対面の儀
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「カスタム」、カラーモード「ポートレート」


本日はこれから仕事。夜まで帰って来られない。忘年会の申し込みがお済みでない方はどうぞお早めに・・・。

流れ星2つ。 2012/12/14

本日未明に撮影。SIGMA DP1 Merrill にてインターバル撮影。正しい撮影時刻は Exif データマイナス 25 秒。



双子座流星群 1
SIGMA DP1 Merrill @f:2.8 10Sec. ISO400
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモード「スタンダード」




双子座流星群 2
SIGMA DP1 Merrill @f:2.8 10Sec. ISO400
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモード「スタンダード」

Photoshop にてコントラストのみ調整。

ヨメさん、明日退院。 2012/12/13

【本日2本目の記事】

こんな生活があと2日続いたら、どうにかなってしまいそう。(あ、地震だ。)

今日は1枚も写真を撮らなかった。と言うより撮れなかった。主婦業は結構大変である。その上に10年前の
哺乳瓶ケースを綺麗にしておいてくれという頼みを二つ返事で引き受けてしまった自分の愚かさを嘆いた。掃
除したと言うよりは磨いたと言った方が適切である。縦横高さ30cm程の哺乳瓶を立てておく透明なプラス
チック製のケースを綺麗にするのに1時間も掛かるとは予想だにしていなかった。カメラを掃除する方がはる
かに簡単である。


今朝も書いたけど、来週の金曜日、21日は年に一度のフォビオン掲示板の忘年 OFF 会である。昨年末は銀座
のおでん屋さんでやったのだけど、終了時に来年も私が幹事をやりますと宣言してしまったので、何とかしな
ければと言うことで、アタフタと決めてしまった。この3年あまり、比較的バタバタと決めなければいけない
状態が続いている。

来年はもっと早い時期にメインゲスト(バレバレだと思うのでちゃんと書いてしまうと、山木社長のことである)
のスケジュールを埋めさせて頂くために、11月の初旬に準備を始めるべきだろう。

現時点で初参加の方も2名ほどエントリーして頂いていて、9〜10名。あと6名までは大丈夫。わずか2時間
ではあるけれど、シグマのユーザーサポート部長や社長に言いたいことを言えるチャンスなので、ご都合のよろ
しい方は是非、参加して頂きたい。

しかし、毎年のことだから慣れてしまったけど、これほどまでにユーザーフレンドリーなメーカー、他には絶対
に無いと思う。

フォビオン掲示板忘年 OFF 会 2012/12/13

出席の受付は明日、14日(金)の午後6時までです。参加ご希望の方はフォビオン掲示板あるいはここにコメン
トしてください。

日時は12月21日(金)午後7時より2時間
会費は 5,000円(飲み放題)
銀座の中華料理店「天龍」

現地集合で、時間になりましたら自動的に始まります。

株式会社シグマよりいつものご両名と広報担当の「シグマ DP1&DP2 Merrill マニュアル」でも記事を書かれ
ているK氏も参加の予定です。

今日の一日。 2012/12/12

午前5時30分起床。



夜明け前(月と金星とアンタレス)
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/5Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「風景」

「はな」と私の朝食の支度。朝食。クリーニング屋さんと生協の準備。「はな」を送り、仕事へ。ヨメさんの
依頼で途中、郵便局に立ち寄り。

午前9時。設営。



顔写真撮影現場
SIGMA SD14 + 17-50mm F2.8 @17mm f:5.6 ISO50
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス「カスタム」




グレーカード
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 @45mm f:9.0 ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス「カスタム」、カラーモード「ポートレート」

昨日と今日で 64 名の顔写真撮影。午後3時撤収。会社その1に立ち寄り。終了の報告。

家へ帰る途中で病院に寄ってヨメさんの書類作成。家へ帰って来て生協とクリーニング屋さんの後始末。ショ
コラにおやつ。ショコラのウンチを掃除。「はな」を迎えに行って、病院へ。



お姉さんになった「はな」
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/60Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」




我が家のニューフェイス(生後2日)
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/60Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「ポートレート」

夕飯の餃子を買って、帰宅。ショコラの夕飯。餃子を焼き、ご飯を炊いて「はな」と夕飯。

ヘトヘトです。(^^;

おやすみなさい。

とっても感謝です。 2012/12/11

大勢の皆様に祝福して頂き、誠にありがとうございます。

2人の子持ちとなったのは良いのですが、仕事が立て込んでいて、今週はかなり多忙です。

にもかかわらず「はな」の食事の世話やら、ヨメさんの使い走りやらでヘトヘト。おまけにショコラの下の世話
までしなければならず、忙しさに負けそう。(^^;

病院には行きましたが、まだ2日目なので、母親の元には来ずにガラス越しの対面。明日の夜は「はな」との
ツーショットを撮る予定ですが、仕事帰りで SD1 とレンズ2本、超重量級三脚を持って帰って来なければなら
ないため、DP Merrill での撮影は難しいところ。

なんとかなるでしょう。おやすみなさい。

突然ですが・・・。(^^; 2012/12/10

本日、「はな」に弟ができました。我が家のニューフェイスです。名前はまだありません。



我が家のニューフェイス(生後1時間)
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「ポートレート」

今週はとても忙しい予定。 2012/12/09

昨日、友人から頼まれた仕事は昼までに終わった。

午後は今週の火曜日と水曜日をフルに使っての写真撮影のための準備。私が行っている会社その1にはちゃ
んと写真部があって、プロのカメラマンが居るにもかかわらず、なぜか身分証明書用の顔写真の撮影は大昔か
ら私の担当になっている。

写真部からジェネとヘッドとアンブレラを借りるけど、カメラとレンズはシグマを使う。一応2日間で全体の 80% を
撮影し、残りは各人のスケジュールに合わせて、個別で撮影する予定。

明日は明後日の撮影開始予定時刻がラッシュアワーと重なるため、三脚だけを事前に運んでおく。三脚だ
けでも 4.6kg あるのでバカにならない。 13日は家の方が忙しそう。14日は松原団地まで出かけなければいけ
ない。

その他イロイロあるのだけど、とにかく今週はとても忙しい予定なので、写真はほとんど撮れない可能性が高
い。で、来週も仕事の予定が詰まっていて、実にありがたいのだけど、えらく忙しいことになりそうだ。

忙しい・・・。 2012/12/08

友人から急ぎの仕事を頼まれて、忙しい。誠に申し訳ないけど、今日は何も無し。

でも、今朝の日の出を1枚。



初冬の日の出
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:7.1 1/500Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「風景」

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM のフード 2012/12/07

【本日2本目の記事】

本日、FOVEONのめざめさんより SIGMA 35mm F1.4 DG HSM のレンズフードについてコメントでご質問を
頂いた。コメントに書かれている通り、17-50mm F2.8 EX DC OS HSM のフードは少し緩い。極端に緩い
ものは初期のバージョンで、このレンズが出てすぐの時期にお求めになった方は、シグマのユーザーサポー
トにご相談なさることをお勧めする。現在出荷されているものは、初期のものと比較すると多少きつくなって
いる。

が、35mm F1.4 DG HSM のレンズフードは従来のものと大きく異なる。まず取り付け部にはゴムが巻いてあっ
て、そこにはどのレンズ用のフードであるかがすぐ判るようにレンズ名が刻まれている。



そして、取り付ける際の目印が白で大きくマーキングしてあり、レンズ上部の同じマークに合わせて、IN の方向にカチンと止まるまで回せば良い。



正常に取り付けられた場合には、レンズ上部にあるマークとレンズフードに付いているマークがピッタリ並ぶ。



正しく装着された状態ではガタもほとんど無く、簡単には回らない。非常に良くできたレンズフードである。
が、最近の DG レンズには付属して来るフードアダプター(APS-C サイズ用エクステンションチューブ)が無い
のは少々不満である。

確かに SA-7 や SA-9 などフルサイズのカメラもシグマは作っていたことがあるので、SA マウントなら APS-C
サイズセンサー専用のフードを付けるべきとは言えないのだけど、別売りでも良いので、今ひとつ深いものを
供給して欲しいと思う。

今日はススキ 2012/12/07

今朝は好天。夜明けにショコラを撮ったけど、イマイチ。夜明けのキャットは今日も納得が行くものが撮れな
かった。やはり画面に太陽を入れてしまうと地上が真っ黒にならざるを得ない。日の出直前を狙うしかない。
いつまでに撮らなければいけないわけではないので、のんびりやらせて頂く。

朝の散歩で見つけたのは選挙ポスターとススキ。今日の仕事は午後からなのでのんびり撮ることができた。



選挙ポスター
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」

千葉県船橋市は市全体が一つの小選挙区(千葉県第4区)になっていて衆議院議員選挙において「一票の格差」
が話題になると必ず引き合いに出される選挙区である。高知県第3区では 10万5千票を獲得すれば過半数以上
なので当選できるが、千葉県第4区で過半数を取るには 25万票が必要となる。これは不公平だろうと言うこと
で、選挙後には格差是正が行われるようだ。

政治の話題はこのブログの趣旨ではないため、単に事実だけを述べておくけど、野田総理大臣の地元が全選挙
区の中で最も多くの票を集めなければならない選挙区であると言うのも何か皮肉な話ではある。

で、今日の一枚は・・・。



ススキ
SIGMA DP2 Merrill @f:9.0 1/160Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」


そして、もう一枚。今日のショコラ。



べぇ〜〜〜〜
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:4.5 1/250Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」。ストロボを FP モードで
天井にバウンス。

ショコラを追加 2012/12/06

【本日2本目の記事】

今朝アップしたショコラの写真のキャプションにヨメさんからクレームが付いた。「だらしなく寝ているショコラ」では
なく「安全である事が判っている場所なので、リラックスして寝ているショコラ」だそうだ。

その後、むっくり起きて日向ぼっこをしてから、爪研ぎの上に乗ってチョット締まった顔をしているショコラを撮った
ので、掲載しておく。



キリッと締まったショコラ
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.5 1/13Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」


本当にこのレンズは AF が良く合う。すっかり私の標準レンズと化してしまった。35mm F1.4 DG HSM は本体の
デザインと共にキャップやフードも新しくなっていて、特にリアキャップは秀逸。



3箇所のマーキングがお解り頂けると思うが、この3箇所のいずれのマークでもレンズのマークに合わせて少し
右にひねればリアキャップはロックされる。周囲は粗い艶消しで、マークには艶があるためかなり暗いところでも
すぐに判る。新しいレンズのリアキャップは全てこれになるのだろうけど、手持ちのレンズ全てのリアキャップをこ
れに替えたいくらいである。

なお、レンズに 012 と刻印されているのはこのレンズが最初に発売された年を表すそうだ。つまり SIGMA
35mm F1.4 DG HSM が発売された 2012 年の下3桁である。普通なら下2桁で良いと思うのだけど、2桁だと
88年後には 00 になってしまう。遠い未来を見据えているのだろう。

少し読み込みが速くなった Transcend CF 400x 32G 2012/12/06

このところ天気が良すぎて、夜明けの景色がイマイチだった。が、今朝は天気予報が曇りだったので、夜明け
のショコラを前夜から準備しておいて、撮ってみた。結果は曇り過ぎでイマイチ。露出は難しくなるけど、太
陽が少しでも写っていないと夜明けのイメージにならない。



夜明けのキャット (トライアルバージョン その2)
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:7.1 1/13Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」


上の写真を撮影するのに使った CF は一昨日トランセンドジャパンから届いたもの。撮影後 CF からパソコン
にデータを複写する際、私の使っているファイル管理ソフトが表示する転送速度がかなり速かったので、ベン
チマークを取ってみた。

Transcend 400x CF 32GByte

84-1790 V1.4

Transcend 400x CF 32GByte

84-1792 V1.0

Taranscend 400x CF 32GBytre Cristal Disk Mark での 50MB シーケンシャル

上は昨年の4月に購入したもの。下が今回トランセンドジャパンから送られて来たものである。画面キャプ
チャー画像の下に書いてあるのは外箱に表示されているファームウェアのバージョンである。

パソコンでの書き込み速度とカメラに装着した時の書き込み速度は必ずしも比例しないことが解っているの
で、SD1 での7連写書き込み速度(1枚目のシャッターを押してからアクセスランプの点滅が終了するまで)
を調べて見たけど、84 秒掛かった。CF からパソコンへの転送速度は間違いなく速くなっているのだけど、
一番肝心なカメラでの書き込み速度は変わっていない。

現時点では最高速と思われる 1000x がレキサーから出ていて、トランセンドからも出るようだ。SD1/SD1
Merrill は画像データ生成に時間が掛かるので、高速な CF を使っても極端に書き込み時間が短くなるわけ
ではない。が、実際に試して見ないと何とも言えない。

どなたか SD1/SD1 Merrill でこの最高速 CF を使っておられる方がおられたら、マニュアル露出、マニュア
ルフォーカスで画像サイズ HI、記録方法 RAW+JPEG モードにして7連写した時に1枚目のシャッターボタン
を押してからアクセスランプの点滅が終了するまでの秒数を計測して、ここにコメントして頂けないだろうか?


で、今日の一枚は夜が明けた後、だらしなく寝ているショコラである。



ぐて〜〜〜〜
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:4.5 1/4Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」

またまたモミジ 2012/12/05

今朝は昨日見つけた神社のモミジを快晴下で撮影。逆光で紅葉の色をどこまで美しく表現できるかに挑戦。
あまり大きな木ではないのでしゃがみ込んでの撮影は少々疲れた。が、何となくイメージしていたものが撮
れたので良しとする。



冬空に燃える
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」


昨日、シグマ DP1&PD2 Merrill マニュアルと一緒に届いたのが Transcend の CF 400x 32G。3枚ある
ウチの1枚を不良交換でトランセンドジャパンに送ってしまったので、何となく不安になって、もう一枚買っ
てしまった。これで4枚目。で、同じく昨日の午後にトランセンドジャパンから交換品が届いた。これほど
早く帰ってくることがわかっていたら買わなかったのに・・・。これで CF は 32G 4枚 + 16G。SD1
で 2400 枚は撮れる。SD1 ではどう頑張っても1回の撮影で使い切る心配はない。

シグマ DP1&DP2 Merrill マニュアル 2012/12/04

【本日2本目の記事】

自宅で私がコンピュータに向かって作業をしていると、ショコラがひょこっと入って来て、私のすぐ右手にある
ベランダへ出るための大きなガラスの引き戸の前に座って、ミャァ〜〜ォ、ニャァ〜〜ゴと鳴いて引き戸を
開けろとうるさくせがむ。

引き戸を開けても網戸になっているので、外へは出られないのだけど、その網戸を開けようとする様子もなく、
ベランダとその左に見える外を眺め、臭いを嗅いで満足すると、何事もなかったかのようにさっさと私の部屋
から出て行く。これを一日に数回繰り返す。まるで引き戸を開ければ外に夏の景色があるとでも思っているか
の様である。


ここでニャリとして頂けた方は上の文章が私の大好きなロバート・A・ハインラインの「夏への扉」のパクリ
である事をご存じの方だろう。猫の「護民官ペトロニウス」、通称ピートと主人公が繰り広げるタイムトラベ
ルは日本ではかなり人気のある作品である。猫が好きで SF にアレルギーのない方は一度お読みになる事をお
勧めする。パソコン通信時代にこの猫の名前をハンドル名にしていた方もいたくらい、SF ファンには有名な
猫である。ペトさん元気かなぁ?


閑話休題。


本日、我が家に1冊のムック本が届いた。「シグマ DP1&DP2 Merrill マニュアル」である。私が大好きな
THE ALFEE のコーちゃんこと坂崎幸之助氏がカメラマン諸氏と肩を並べて写真を掲載している。全てプログラ
ムオートで撮影している潔さに脱帽。前回は見損なったけど、今月の 15 日から Island Gallery で開か
れる書写真展は絶対に見に行く。

おっと、また話が横道にそれてしまった。カメラマン諸氏や坂崎幸之助氏の写真も良いのだけど、DP Merrill
の「使いこなし徹底解説」や「ジャンル別撮影術」はそれなりの内容。どちらかというと DP Merrill 初
心者さん向け。ただ、中身が薄いわけではない。現在使いこなしている方も確認の意味でご一読を勧める。

私がタメになったのはシグマの桑山氏の記事。「SIGMA Enthusiast のささやき(SIGMA 熱中人が教える
マル秘テクニック)」である。特に「プチ得」として書かれているヒント集は最高。この 11 ページのタメだけ
でも、このムック本を購入する価値がある。紗々さんも綺麗。(^^;

全ページしっかり読んだけど、記事の部分には問題は無かった。とりあえず一つ見つけたのはアクセサリ紹介
のページで UN のレベラーが紹介されているのだけど、そこに掲載されている製品の写真が間違っていること。
紹介されているのは UN-5685 なのだけど、掲載されているのは UN-5686 の写真。ただ、私はこちらのが好き
だけど・・・。

チョット苦言を呈したい部分も有るのだけど、大きな問題では無いのと、記事を書いている方がお知り合い
なので、ここでは書かない。¥2,100 は高くない。是非ご一読を!


日曜日に撮ったショコラ



ミミズク耳のショコラ
SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:5.6 1/50Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」

相変わらずモミジ 2012/12/04

今朝も近所を散策して、何と、いつも通る道で新たに9本のモミジを発見。10 日ほど前には色づいていなかっ
たために、発見できなかったようだ。

そのウチの3本が特定のお宅の中では無く、いつも行く彼岸花やお祭りを撮っている神社の隣の空き地(囲い
があるが入り口が開いたまま固定されていて、神社への通路があるので、神社の土地と思われる)に立っていた。

近くで見ると他のモミジと同じ様に、イマイチ綺麗な葉っぱではないのだけど、色づきが良く、撮影意欲をそ
そられて、30 分ばかり掛けて、じっくり撮ることができた。朝は DP Merrill 2台しか持っていなくて、途中
で雨が降ってきたため、撮影の中止を余儀なくされたけど、夕方近くになって SD1 と三脚を持って、再度挑
戦した。

しかし、朝のモミジは直前に降った雨に濡れていたせいかかなり深い色合いが出ていたのに、夕方のモミジは
色あせた感じで、良い色が出なかった。


そんなわけで今日の2枚。



濡れモミジ
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/50Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「曇り」、カラーモード「ニュートラル」




紅と朱と赤と
SIGMA DP1 Merrill @f:4.5 1/30Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「曇り」、カラーモード「スタンダード」


夕暮れのモミジがダメで、落日を撮ってしまった。



初冬の夕暮れ
SIGMA SD1 + 35mm F1.4 DG HSM @f:6.3 1/250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」

本日は、ず〜〜〜〜と曇り 2012/12/03

梅里さんからの情報によれば、天候の推移によってはモミジが赤くならずに落葉してしまうこともあると言う。
となると私の昨日のモミジ情報はアテにならない。

今月は公私ともに何かと忙しそうだ。12 月になったのでフォビオン掲示板忘年 OFF 会の準備も始めなければ
ならない。

今朝も船橋市の海神地区を一廻りして、先日とは別のモミジ 10 本あまりを見つけたけど、やはり写真にする
のはとても難しい状態のものばかり。

モミジは桜や花火などと同じでそれだけをアップで撮影して良い写真にするのは何となく面白みに欠けるよう
な気がする。どこかで見たような、誰が撮っても同じ様な写真にしかならない様な気がするのである。もちろ
んそれでも良い写真はあるのだけど、私にはそう言った撮り方で他の方々に何かを感じてもらえる程の写真を
撮る自信は全く無い。

なので、つい周囲の状況を入れて何とか格好を付けてしまう。間違った撮り方ではないと思うけど、誰が撮っ
ても同じ様な写真という意味では、その通りであるような気もする。

逆に他の人達と同じ様な写真が悪いかどうかに関しては、これまた難しい問題で、個性がないこと以外は、一概
に「ダメ」と決められない部分もあるような気もする。

良い写真とは、それを見た人に何らかの感動やメッセージを伝える事ができる写真だと思うのだけど、私が撮
る写真にはそれに該当するものがほとんど無い。悔しいけれど、イロイロな制約がある中で撮っている写真な
ので致し方の無いところではある。

と言ったところで今日の一枚。



秋の色
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/20Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」

チョット疲れ気味 2012/12/02

今日は午後から友人の家にパソコンの調子を見に行って、夕方からショコラの診察。動物病院の数軒先に「はな」
が好きな銚子丸があるので、今日はお寿司。

午前中にショコラを撮った1枚。後にいきなり出現した発泡スチロール製のレフ板を見ている。



何だこりゃぁ
SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:6.3 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」


おっと、昨日のモミジについて少し書いておこう。鎌倉のモミジも葉っぱを見るとイマイチ。何となく汚れてい
る。また、1本の木の色づきにかなりムラがある。東慶寺のスポットライトが当たっているように見えるモミジ
をご覧頂ければお解りの通り、かなり小さい木でも葉っぱの色が緑から真っ赤まで揃っている。

源氏山のモミジも日当たりの悪い場所にあるものはまだほとんど緑。色づき始めてもいない。そして、葉っぱは
やはりかなりボロボロ。望遠を持っていたけど、結局1回も使わなかった。アップに向く葉っぱを探すのに異常
に時間が掛かるため、諦めた。

そんなで、鎌倉源氏山公園の紅葉はあと2週間ほどは楽しめそう。東慶寺も奥の方にはまだ緑色のモミジがいっ
ぱいあった。今年の鎌倉のモミジは今月中旬まで大丈夫と断言しておこう。

鎌倉のモミジはまぁまぁ 2012/12/01

朝4時20分に起きて、横須賀線の始発電車で鎌倉へ行って来た。源氏山公園で日の出を撮ろうと思ってのだ
けど、曇っていたため、日の出は撮れなかった。

総撮影枚数約 800 枚。現在ダメ画像を捨て終わったところ。それでも 500 枚ほど残っている。やたら眠いの
で、一度寝る。今夜中にはこの続きを書いて、写真もアップする予定。誠に申し訳ないが、少々、お待ち頂く。


急ぎ過ぎの嫌いはあるけど、とりあえず選択と現像は終了。作例画像には 31 枚アップする予定。その中から
6枚ほどここに掲載させて頂く。




源氏山公園のニャンコ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/5Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」




源氏山公園・銀杏の絨毯
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/6Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」




源氏山公園・丸い額縁
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:3.5 1/30Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」




朱色の円舞
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」




東慶寺にて
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/50Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」




北鎌倉・街中のモミジ
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:7.1 1/200Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」


明日の夜までには 31 枚全てを作例画像にアップする予定。本日は疲れているのでこれまで。おやすみなさい。

船橋市海神地区のモミジは壊滅的 2012/11/30

私が住んでいるのは千葉県船橋市の海神地区である。地図でお調べ頂ければわかるけど、「海神」の地名を持つ
地域は結構広い。その海神地区を今朝の散歩でたっぷり時間を取って散策し、モミジを計 13 本見つけた。

が、ほとんどのモミジが写真の被写体としては好ましくない状態。言葉で表現するよりも実際の写真をご覧頂
いた方が早い。本日撮影した 333 枚の中から、モミジの葉っぱが写っている部分を切り貼りして、1枚にして
みた。



インターネットで調べて見ると我が家の近辺だけでなく、下総中山の法華経寺や鎌倉など台風が運んできた
海水のため赤くなる前に枯れ始めるモミジが多いらしい。

一番良い感じのモミジが本日の1枚。



近所のモミジ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/160Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」


ヨメさんが「テレビで源氏山の紅葉がきれいだって。鎌倉に行って写真を撮って来たら?イヤ撮ってきて欲しい!」
と嬉しい事を言ってくれたので、明日は早朝より鎌倉に出撃。早い時間に源氏山公園でモミジを撮っている物好
きがいたら、それは私である。

35mm F1.4 と 17-50mm F2.8 その2 2012/11/29

【本日2本目の記事】

先ほど、今日の午前中に掲載した記事の 35mm F1.4 と 17-50mm F2.8 のテスト画像をじっくりと眺めてみた。
その結果、35mm F1.4 と 17-50mm F2.8 の差を「一目瞭然」と書いているのだけど、「ディスプレイ上に1:1で
表示して、画面の四隅を見る限りにおいては」と付け加える事が必要であると感じた。

17-50mm F2.8 での 35mm はかなり良い。f:5.6 で写したものなら A2 でプリントしても問題ないだろう。
f:2.8 でも画面周辺部の描写に不満が出るかも知れないが、ダメと言えるほどひどい描写ではない。

確かに 35mm F1.4 は十分に良い描写をしているけど、f:2.8 での描写は 17-50mm F2.8 の f:5.6 と大差ない。
もちろん明らかに一クラス上のレンズである。が、テストを始める前にこのレンズは「無限遠の風景をキッチリ
写し撮ることを主たる目的として開発されているわけではない」と予想していた通りとも言える。しかし、f:8.0
でノイズリダクションを抑えめにして、シャープネス 0 で現像すれば、周辺部まで非常に高い解像感を示す
ことも確認したので、その意味では予想を上回る性能であることも確かだ。

F1.4 と言う開放値でなければ、もう少し厳しい評価をするのだけど、明るいレンズにはそれなりの魅力、ある
いはそうでなければ撮れない写真がある事も確かで、その長所を無視するわけには行かない。ともかく凄いレ
ンズである。

35mm F1.4 と 17-50mm F2.8 2012/11/29

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM のテストに関して何か忘れているような気がしていた。今朝方、散歩中に
17-50mm F2.8 EX DC OS HSM との比較をやっていないことに気が付いた。

今日は午後から出かけるので、早速いつもの風景を2本のレンズで写し比べて見た。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」。




SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @33mm f:2.8
絞り優先AE、MF、AWB、カラーモードは「スタンダード」。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」。




SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @33mm f:5.6
絞り優先AE、MF、AWB、カラーモードは「スタンダード」。


35mm F1.4 は AF でも最良画像を得ることができるけれど、17-50mm F2.8 は AF よりも MF で撮影したもの
の方がより高い描写力を示す。おそらく 17-50mm のわずかな像面湾曲が影響しているのだろう。

描写力の比較はご覧頂いてお解りの通り、一目瞭然。17-50mm F2.8 も決して悪いレンズではないのだけど、
35mm F1.4 と比較してしまうと見劣りがする。17-50mm の f:5.6 と 35mm F1.4 の f:2.8 がほぼ互角。改め
て 35mm F1.4 の解像度の高さを認識した。


今朝の散歩は2本しかない自宅近辺のモミジを見て廻ったのだけど、赤くなる前に枯れ始めている感じでイマ
イチ。撮影しようとカメラを構えてシャッターを押しても反応がない。あれ?と思ったら背面液晶に「カードが
入っていません」と表示されている。(^^;

昨日、常用している Transcend の 400 倍速 CF 32G バイト(3枚)のウチの1枚が、カメラではほとんど
問題ないのに、カードリーダーに挿入した時にかなりの時間が経過しないとコンピュータに認識されないこと
があるため、Teanscend の AutoFormat と言う専用のフォーマットプログラムでじっくりフォーマットを
したら、途中で何度も止まりながら1時間掛けても終わらなかった。

トランセンドジャパンのカスタマーサポートに連絡したら、送って欲しいとの事だったので、送り出した。
1〜2週間後には新品が送り返されて来るだろう。Transcend の CF をメーカーに送ったのはこれが2枚目。
記録を調べて見たら 2006年の2月20日に 80 倍速の CF 2G を交換してもらうために送っていた。

そのまま SD1 に CF を入れていない状態で、確認もせずに持ち出した私が悪い。非常用に1枚常時持ち歩く
ように心がけることを決意した。が、それでも忘れる時には忘れるような気がする。

夜明けのキャット 2012/11/28

日の出の時刻にショコラが外を見ていたので、難しいことは承知で撮影してみた。逆光の室内と太陽を同時に
適正露出で撮影する事はどんなカメラを持ってしても不可能である。しかもどの程度の露出を掛ければ良いか
も全くわからない。太陽をちゃんと描写するのか、室内のショコラをきれいに撮るのかで 4000 倍(12段)以上
露出が異なる。

絞り優先AE で撮り始めたのだけど、露出補正では調整しきれない。仕方がないのでマニュアル露出にして、ひ
たすらシャッター速度と絞り値を変えながら、バッファフルにイライラしながら撮影した。太陽の動きは意外
に速い。

ついでに 35mm F1.4 で無理矢理ゴーストを出してみたので、ご覧頂く。

下は 35mm F1.4 のゴーストのサンプル。ゴーストが出て、しかもはっきりと確認できる状態で撮影している。
にもかかわらず、これほどオーバーな露出を掛けないとゴーストを確認することができない。普通、これほ
どの露出(太陽を撮るのに f:8.0 で 1/40 秒 ISO100、現像時の露出 +2.0)をする事はないので、実用上は
全く問題ない。35mm F1.4 の逆光性能は非常に優秀である。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:8.0 1/40Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、露出 +2.0

なお、スミアのように見える光線引きは風景との間に網戸があるためであり、小さい光点から十字の光が伸び
ているのも網戸に反射した光である。


ゴーストを撮る前に、「夜明けのキャット」と言う題を思いついて、何とかそれらしい写真を撮ろうと努力し
た結果が下の写真である。



夜明けのキャット (トライアルバージョン)
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.2 1/13Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」

ご覧頂いてお判りの通り、失敗作である。いくら何でも補助光なしでこの状況を撮影するのは無謀である。
2〜3日中に再度チャレンジする。


おっと、上の写真を撮った後で、ショコラを撮影したのを忘れていた。今日のショコラを2枚。



特製ショコラハウスの上で
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.8 1/20Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」




クローズアップ!
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.8 1/40Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「オート」、カラーモード「スタンダード」

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM で逆光 2012/11/27

今日は午前 10 時に家を出て、先ほど帰ってきた。会社を3つ廻ったので、結構忙しかった。


昨晩、2ちゃんねるのシグマレンズスレッドで、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM での逆光を見てみたいと書き込み
があり、ここに書いておけば私はすぐに作例を撮るはず、とどなたかがレスしていた。

依頼されたわけではないが、2ちゃんねるにはネタを提供してもらっている恩があるので、撮らないわけには行
かない。取り敢えず朝日を撮った後、いつもの朝の散歩に SD1+35mm で出かけた。

朝日や夕日を除けば、普段あまり逆光状態で写真を撮ることがないため、何をどう撮ったら良いのかわからな
い。結局、太陽が画面に入っていて、フレアやゴーストが出ていれば何でも良いだろうと開き直ることにした。私
のセンスでは逆光で良い写真を撮ることは不可能である。

そんなわけで、以下の4枚をアップしておく。ただ単に逆光で撮ってみたと言うだけの写真なので、作例画像に
はアップしないかも。



雲間の朝日
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4 1/5000Sec. ISO100 EV-0.3



パンジー
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.5 1/800Sec. ISO100 EV-0.3



逆光の船橋市
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/2500Sec. ISO100 EV+0.7



冬の風
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/1600Sec. ISO100 EV-0.3

太陽を画面に入れて絞り開放で撮影しても、ご覧頂いてお解りの通り、何とか見られる写真になってしまう。フレ
アは少なく、ゴーストは出ない。逆光性能はいたって良いと言えるレンズである。

しかし、普段スナップや風景をこれほど絞りを開いて撮影することはなかったので、チョット新鮮だった。4枚目は
気に入ってので作例に入れる。

明日の朝はフレアやゴーストが出るような逆光に挑戦してみよう。

相変わらず2ちゃんねるにはアクセス規制中で書き込めない。どなたか「逆光がアップされた」と書き込んで頂け
れば幸いである。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の印象 その2 2012/11/26

【本日2本目の記事】

明日は結構忙しいのだけど、幸いにして今日はヒマ。続きを書こうと思い立った。


私の作例、絞り開放で撮影しているものは全て SPP の「フリンジ除去」を使っている。そうしないとかなり派手な
軸上色収差が見えてしまうからだ。それでも、某レンズメーカー(^^;の話では他社の同じ仕様のレンズと比較し
た場合にはかなり少ないとのこと。

SPP のフリンジ除去は元来 DP1 Merrill の周辺部に現れるフリンジを取るために付けられた機能だと思うのだけ
ど、軸上色収差の除去にも役に立つ。SPP にフリンジ除去を付けたのは、このレンズのためだったのかと疑いた
くなるほど、効果がある。ただし、画面の中にフリンジ特有のグリーンやマゼンタと同じ色があると、それらの彩
度も一緒に下げられてしまうので適用範囲や適用度を細かく調整する必要がある。


絞りをあまり絞っていない状態で撮影された無限遠の風景をディスプレイ上に1:1で表示してしまうと、画面周
辺部の描写が今ひとつである事が判る。が、絞りを開いた状態では画面周辺部の描写は低下するのは普通の
ことだ。だからパンフォーカス的な風景写真を撮ろうと思う人は、可能な限り絞り込む。そんな場合の最適絞り値
は f:8.0 である。ごくわずかな回折の影響が出るので f:5.6 で撮影したものと中心部の描写を比較すると、ほ
んの少し甘くなっていることが判るだろう。

しかし、その甘さはノイズリダクションを低く設定して、シャープネス 0 で現像する事で解消される。私が今朝の
記事で「ごくごくわずかな甘さであれば、何とかごまかせる」と書いているのはこのことだ。無限遠の風景をこの
レンズで撮影する場合には f:8.0 がお勧め。SPP での現像時には上の設定を採用して欲しい。ただし、ノイズリ
ダクションを抑え気味にするので、露出不足には気を付けなければいけない。FillLight +0.3 で、露出を -0.5 に
設定できるくらいが適正である。


AF の精度がとても高い。SD1 のファームウェアのアップデートはこのレンズのためにあったのではないかと疑い
たくなるほど。シグマの一眼レフを使い始めてほぼ10年になるが、SD1 とこのレンズの組み合わせほど AF が
正確に働いたことは無かった。特に良い点は合焦していない時に合焦サインや合焦音が出ないこと。つまり、条
件が悪くて AF で上手く合焦できない場合には、どう頑張っても合焦音が出ない。すぐに他の合焦ターゲットを選
択すべきである事が判るのでとてもありがたい。


最後に、今まで私がほとんど触れたことが無いデザインについて。私はカメラとかレンズに関してデザインの善し
悪しをクドクドと述べたことはあまりない。私にとってカメラやレンズはその目的を如何に正確に素早く達成してく
れるか、如何に使い易いかが重要であって、外観はどちらかと言えばどうでも良いことと考えているからだ。

しかし、このレンズに関してはひとこと言いたい。「端麗」

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の印象 2012/11/26

3連休を使って新しい 35mm F1.4 DG HSM をじっくりテストしてみた。このレンズを使いながら感じた事をこ
こで一度ファーストインプレッションとして記述しておく。


古くからお付き合い頂いている方々は目にタコが出来ていると思うけど、基本的に私は必要以上に明るいレン
ズはあまり好きではない。ただ、明るいレンズというのはある意味で相対的なものであって、例えば 50mm の
レンズで必要以上に明るいと言えば F1.2 であり、35mm では F1.4、28mm では F1.8 と言った感じである。
長い方は 85mm F1.4、135mm F2.0 だろう。

この前もチョット書いたけど、必要以上に明るいレンズには必ず大きな欠点(?)が3つある。重い、高い、
甘いである。重量は大きなレンズを使わなければいけないので、まぁ許せる。が、価格は不当に高いと常に思っ
ている。世の中の多くの方々が明るいレンズを好きなので、多少高くても売れるため、全てのレンズメーカー
はかなりの利益を乗せていると疑っている。もちろん明るいレンズを作るのは大変だろう。しかし、大量生産
品である事には変わりはないし、レンズの硝材が原価に占める割合はそれほど高くも無いだろう。カメラメー
カーにしてみれば「マウントの縛り」があるので、ある意味で独占企業の様なものである。ニコンのユーザー
がキヤノン製のレンズを購入することはあり得ないのだからいくらでも好きな値段を付けることができる。シ
グマやタムロンのようなサードパーティーがニコン製やキヤノン製のレンズに匹敵する性能のレンズを安い価
格で発売していなかったら、もっと高い価格になっていたことだろう。

必要以上に明るいレンズで私が一番気に入らないのは描写が甘い事だ。それがレンズの味と言って容認する人
は多い。それを間違っているとは言わないけど、理想のレンズとはそこにレンズが存在しないかのような描写
をしてくれるレンズである。描写を甘くする事はフィルムの時代であっても、ちっとも難しい事ではなかった。
ソフトフォーカスフィルターやデュートフィルター、センターフォーカスフィルター等描写を柔らかくする手
段はいくらでもある。また、現在ではレタッチによって同様な効果を作り出すことも簡単である。

しかし、甘い描写を自然で鮮鋭な描写にすることは不可能に近い。ごくごくわずかな甘さであれば、何とかご
まかせると思うけど、SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO を絞り開放で使った時のようなソフトフォー
カスな描写をスッキリさせることは何をどうやっても不可能だ。

では、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM はどんなレンズだろうか?

とりあえず SD1/SD1 Merrill のユーザーに限定して話を進める。このレンズは絞りを大きく開いた写真を撮影
するために存在している。ユーザーがこのレンズを常に f:2.8 以上に絞って使いたいと言うことであれば、こ
のレンズを購入するよりも DP2 Merrill を購入した方が良い。35mm F1.4 と DP2 Merrill をサイズや重さで
比較して見ればお解りの通り、DP2 Merrill のがはるかに軽くて、横幅はレンズフードを着けた 35mm F1.4
より短い。しかもイメージセンサーを内蔵しているので、撮影時にわざわざレンズを交換する手間が省ける。

レンズの焦点距離はフルサイズ換算で 52.5mm と 45mm だから、35mm F1.4 のがわずかに望遠であるが、大きく
異なるわけではない。DP2 Merrill をトリミングをしてしまえば良いだけだ。


昨日の夜にここまで書いた。しかし、チョット気になって f:2.8 で近距離を撮影した場合、どのくらいの違いが
あるのかを調べたくなったため、今朝の散歩で比較撮影を行ってみた。撮影条件、現像のパラメータは全て同一。



SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、彩度 -0.2、シャープネス -0.5



DP2 Merrill @f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、彩度 -0.2、シャープネス -0.5

撮影距離が変わるとパースペクティブ(遠近感、前後の被写体の重なり具合など)が異なってしまうため、全
く同じ距離で撮影している。

この2枚を比べて頂ければお判りのように、ボケの大きさや形などが微妙に異なる。無限遠の撮影では単に DP2
Merrii の画像をトリミングしたものと全く同じになるはずなので、近距離の被写体を含まない風景が撮影の対
象である場合には、どちらを使っても良いだろう。しかし、近距離での撮影となると写りに微妙な差があるこ
とがわかった。

よりパンフォーカスを望むのであれば、DP2 Merrill が良いし、より大きなボケを望むのであれば 35mm F1.4
に軍配が上がる。DP2 Merrill ユーザーには何か何でも必要なレンズとは言えないが、DP2 Meriill を
お持ちでない SD1/SD1 Merrill ユーザーはどちらを選ぶべきか大いに悩むだろう。

ただ、DP2 Merrill は一眼レフではないので、背面液晶やビューファインダーを使っての撮影がお好きでない
方は 35mm F1.4 択一であるし、DP2 Merrill の画質をうらやましく思っていた SD1/SD1 Merrill ユーザー
にも自信を持ってお薦めすることができる。

他社のレンズを使っている方々の比較撮影やレビューを待たなければいけないけれど、35mm F1.4 としては
おそらく最良の描写をするレンズである。

ショコラのお見合いは破談 2012/11/25

【本日2本目の記事】

午後にショコラを猫用のトラベルキャリーに入れてペレちゃんの家に連れて行った。が、ペレちゃんはキャリー
に入っているショコラを一目見た途端に拒絶反応、飼い主さんにも反抗して、二度とショコラの前には戻って
来なかった。女の子ニャンコが恋の季節になっていても、誰でも良いと言う訳ではないらしい。特にそれまで
他の猫を見ることが無かった家猫の場合は、一筋縄では行かないのかも知れない。ペレちゃんの飼い主さんも
ウチのヨメさんもチョットがっかりであった。



お迎え待ち
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモード「スタンダード」


今朝の散歩で、この前 DP2 Merrill と DP1 Merrill で壁を撮ったマンションの横を通ったので、SIGMA 35mm
F1.4 DG HSM の歪曲を調べるために同じ様に撮影。歪曲に関しても恐ろしく優秀。



35mm F1.4 DG HSM 歪曲のチェック 撮影距離約4m
SGIMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:4.0 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:日陰、カラーモード:スタンダード


朝の散歩で撮った2枚



冬空に立つ
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:4.0 1/800Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」、カラーモードは「スタンダード」




ピラカンサ
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「日陰」、カラーモードは「風景」、彩度-0.2

ショコラのお見合い 2012/11/25

今日はショコラがお見合いをする。以前、ここで紹介した ペレちゃん が恋の季節になった様で、まだ去勢してい
ないショコラに白羽の矢が立った。ショコラもこのところ夜になるとそわそわさんになっていて、「みゅぅ〜〜」と
鳴いて外へ出せとせがむ。とりあえず猫キャリアの格子越しにお見合いさせて、仲良くできそうならデート。

昨晩のショコラ。



ひょうたん型ショコラ
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモード「スタンダード」




外に出してぇ〜
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモード「スタンダード」

お見合いは午後2時に自宅を出発。車で 10 分ほどの所。結果のご報告は夜に・・・。

SIGMA 35mm F1.4 開放でショコラ 2012/11/24

【本日3本目の記事】

初めのテスト撮影後、日が差してきたのでショコラを撮ってみた。2度目のテストをアップ後現像。絞り開放を
意図的に使ってみたのだけど、ピントが来るべき所にはしっかり来ることが判った。



眼光
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4 1/4000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」




見つめる
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4 1/800Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」


両方とも背景にかなりの軸上色収差が出ているのだけど、SPP のフリンジ除去を効かせることで多少おとなし
くなっている。今日のテスト撮影で判ったように、今の時点では f:2.0 で周辺部にシアンが被る(おそらく
次の SPP アップデートで修正されると思う)ので、背景が明るいものは避けた方が良い。また、軸上色収差も
f:2.8 くらいまでは結構目立つ。

絞らなくても、合焦部分の描写は非常に良い。なお、大口径のレンズには多少の甘さが欲しいとの意見もある
が、ソフトフォーカスフィルターを使えば良いだけの話なので、全然問題にはならないだろう。ちなみに上の
写真を古い大口径で撮るとこんな感じになると思う。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM 晴れたいつもの風景 2012/11/24

【本日2本目の記事】

午前中は曇り空。レンズテストの撮影をしてアップし終わったら、空は晴れ渡り、雲一つ無い快晴。せっかくな
ので、もう一度テスト撮影。

今度は MF で8セット撮影。その中で最も描写の良い1セットを選択した。

SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「晴れ」、カラーモードは「スタンダード」
現像時のパラメータはカラー調整と露出以外は全て同一。
シャープネス -0.5、ノイズリダクション全部真ん中。倍率色収差補正はレンズプロフィール ON。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4

ダストプロテクタ(赤外線カットフィルター)への入射角が大きくなるせいか、全体にマゼンタが被る。中心部
は十分に高い描写力を示す。が、85mm F1.4 と同じ様に極端に明るい部分の周辺にわずかなフリンジが出る。
周辺部に甘さを感じる。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.0

曇天での撮影同様、周辺部のシアン被りが目立つ。SPP のレンズプロフィールが更新されるべき。周辺部は少
し甘い。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8

かなり良い描写であるが、周辺部はイマイチ。周辺部のシアン被りは無い。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:4.0

十分に良い描写。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6

非常に良い描写。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:8.0

非常に良い描写。ごくわずかな回折の影響があるが、比べないと判らない程度。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:11.0

良い描写であるが、全体に回折の影響で少し甘くなっている。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:16.0

回折の影響でモケモケ。だが、A3 サイズなら許容範囲。


画角が若干異なるが、比較用に DP2 Merrill でも撮影して見た。撮影と現像の条件は同一。



DP2 Merrill @f2.8

完璧。




DP2 Merrill @f5.6

完璧。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM いつもの風景 2012/11/24

SIGMA SD1 に SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @Art を着けていつもの風景を撮ってみた。AF と MF で撮って見
たが、AF が非常に良く、MF で何枚も撮った最良画像とほとんど同じ結果。なので、今回は全て AF で撮影した
ものを並べる。天気はどんよりとした曇りであるが、特にコントラストを上げることはしなかった。十分に高い
コントラストを持ったレンズである。

SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「くもり」、カラーモードは「スタンダード」
現像時のパラメータはカラー調整と露出以外は全て同一。
シャープネス -0.5、ノイズリダクション全部真ん中。倍率色収差補正はレンズプロフィール ON。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4

ダストプロテクタ(赤外線カットフィルター)への入射角が大きくなるせいか、全体にマゼンタが被る。が、カラー
調整で簡単に調整できるので、大きな問題ではない。中心部は十分に高い描写力を示す。が、ディスプレイ上の
1:1で眺めると周辺部にわずかな甘さを感じる。A3 サイズ相当で右上隅のみをプリントして見たが、ほとんど
甘さは感じなかった。実用上は十分。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.0

絞り開放よりは良くなる。レンズプロフィールがあるにもかかわらず周辺部のシアン被りが目立つ。周辺部の
描写もわずかに良くなるが、まだ甘さがある




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:2.8

かなり良い描写であるが、周辺部はイマイチ。周辺部のシアン被りは無い。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:4.0

十分に良い描写。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6

スッキリとした非常に良い描写。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:8.0

非常に良い描写。ごくわずかな回折の影響があるが、比べないと判らない程度。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:11.0

良い描写であるが、全体に回折の影響で甘くなっている。




SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:16.0

回折の影響でモケモケ。だが、A3 サイズなら許容範囲。


画角が若干異なるが、比較用に DP2 Merrill でも撮影して見た。撮影と現像の条件は同一。



DP2 Merrill @f2.8

周辺部にごくわずかな甘さを感じる程度。非常に良い描写。




DP2 Merrill @f5.6

完璧。


ほぼ予想した通りの結果。35mm F1.4 のレンズとしては大変優秀であることは間違いない。また、30mm F1.4
DC HSM の様な周辺部の甘さや像面湾曲も無い。無限遠の風景を写した場合でも、f:4.0 〜 f:8.0 までは全く
問題の無い描写をする。SPP による倍率色収差の補正が効いているせいか、倍率色収差が全くと言って良いほ
ど認められない。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6 倍率色収差補正を OFF

SPP の倍率色収差補正のチェックを外して現像すると上の様になる。わずかな倍率色収差が認められる。


DP2 Merrill の描写をカリカリの頂点とするならば、このレンズにはごくわずかな甘さがある。が、ノイズ
リダクションを最低にして、シャープネス 0 で現像すれば十分にカリカリになる。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6 ノイズリダクション全て最低、シャープネス 0


現像してアップしているウチに、天気は晴れ。う〜〜〜n。もう一度撮って見るか・・・。(^^;

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM のコマ収差 2012/11/23

【本日4本目の記事】

本日3本目の記事を書いた後、思いついて夜景を撮ってみた。



絞り開放での夜景
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4 1/15Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、AWB、カラーモードは「スタンダード」

露出は4枚ほど試写して決定、意図的に少しオーバー目。さらに、コマ収差が判り易いようにややオーバー目に
現像(FillLight+1.0)してある。が、ご覧頂いてお判りの通り F1.4 のレンズで絞り開放である事が信じられない。
非常に優秀。周辺部の描写に甘さがあるが、絞り開放なので、こんなものだろう。

ついでに f:5.6 でも撮ってみた。



f:5.6 での夜景
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:5.6 1/1.3Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、AWB、カラーモードは「スタンダード」

わ〜ぉ。明日のいつもの風景が楽しみである。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の軸上色収差 2012/11/23

【本日3本目の記事】

天気が悪いので、とりあえず室内で撮れるものを撮ってみよう、と言うことでパソコンでゲーム中の「はな」を撮っ
て見た。



一心不乱
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4 1/6Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「ポートレート」

シャッター速度が遅いため、わずかな手ブレがある。と言うよりはミラーショックがある一眼レフで手持ち撮影、
シャッター速度 1/6 秒はブレない方がおかしい。背景になっているドアの境目等、発売前に宣伝された軸上色
収差が見られる。

さすがに絞り開放で背景が単純でない場合には、驚くほどたっぷりのグリーンとマゼンタが乱舞する。他社の
35mm F1.4 で絞り開放だと、もっと凄いらしいが、私は他社のカメラも 35mm F1.4 も持っていないので
判らない。もちろん、少しでも絞ってあげれば、かなり少なくはなるのだけど、せっかくの F1.4 なのだから使
わない訳には行かない。

現像時にフリンジ除去で多少目立たなくなってはいるが、絞り開放ではボケた部分の軸上色収差が盛大に出るこ
とを承知して使わなければいけない。


絞り開放でピントがちゃんと合って、ブレがなければどの程度の描写になるのかをショコラで調べて見た。



お食事中
SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @f:1.4 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」

SIGMA EF-610 で光量を 1/8 に落として後方の天井と鴨居に向けてバウンスさせているのだけど、それでもかな
りの露出オーバー。さすがに F1.4 は凄い。ご覧頂いてお判りの通り、絞り開放でも、ピントが合っている所は
カリカリ。この写真も現像時にフリンジ除去をたっぷり効かせないと、背景が(元々の色が同じせいもあるけど)グ
リーンとマゼンタのオンパレードになる。

そのため「スタンダード」で彩度 0 であるにもかかわらず、「ニュートラル」で現像したかのような低めの彩
度になっている。私的には許容範囲だけど、鮮やかな色味を好む方にはイマイチだろう。

レンズいじめは楽しい。雨の夜景を絞り開放で撮ったら、コマ収差のサンプルが見られるかも知れない。今まで
一日に4本の記事を上げたことはなかったけど、今夜は新記録になりそう。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の年輪ボケ 2012/11/23

【本日2本目の記事】

おそらくシグマが発売前に1本のレンズをこれほど大々的に露出したのは初めてのことだろう。イロイロなサイ
トで作例がいっぱい上がっているので、使用する前に撮影時や現像時に気を付けるべき点が解ってしまった。

まず第一は光点のボケである。絞り開放だと画面周辺部が口径蝕のためにレモンの形になる。これはこのレ
ンズに限った事ではなく、ほとんどの大口径レンズがこうなる。周辺部でもきれいな丸になって欲しい場合に
は円形絞りが採用されているレンズであれば、1段絞れば良い。SIGMA 35mm F1.4 DG HSM を F:2.0 で
使った時の光点ボケは周辺部もきれいな円になる。夕べのレンズ到着直後にこのボケ写真を撮ってみた。



SIGMA SD1 + 35mm F1.4 DG HSM @f:2.0
撮影距離 60cm での無限遠の光点ボケ

しかし、非球面レンズを使っていると光点のボケに年輪が見えてしまう。この年輪はレタッチで簡単に消せるの
だけど、レタッチを嫌う方にはどうしようも無くイヤなボケだろう。

0.現像後 8Bit TIFF で保存したものを Photoshop で開く。
1.レイヤーを乗せるため全画面をコピーして貼り付け。[Ctrl + A]→[Ctrl + C]→[Ctrl + V]
2.明るさとコントラストを上げる。[イメージ]→[明るさコントラスト] (明るさ+30、コントラスト+70)
3.境界線を取得。[フィルター]→[描画]→[輪郭のトレース](レベル 20)
4.自動選択ツールで「白」クリック。許容値 2、隣接と全レイヤーを対象はチェックを外す。
5.境界線を幅10ピクセルで縁取る。[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[境界線]、10 ピクセル
6.選択された境界線の周囲を少しぼかす。[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[境界をぼかす]、ボカシの半径 4 ピクセル
7.選択範囲を反転。[選択範囲]→[選択範囲を反転]
8.レイヤーを削除
9.ボケをぼかす。[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]、6 ピクセル。
10.年輪ボケが残っている光点を自動選択ツールで選んで、ぼかす。[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]

手順が解っていれば 10 分も掛からずにできる作業である。オット、光点ボケ以外のものが画面にある場合は、
光点ボケの部分だけを最初に選んでおいて、貼り付ければ良い。もっと丁寧にレタッチする方法もあるのだけ
ど、とりあえずはこれで何とかなるだろう。



SIGMA 35mm F1.4 DG HSM 本日発売。 2012/11/23

実は昨夜、届いた。



SIGMA SD1 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @Art
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/320Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」
ストロボ2灯バウンス、レフ使いまくり、Photoshop でいっぱいレタッチ



上に同じ


しかし、本日は雨。とりあえず室内撮影から・・・。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM 明日発売。 2012/11/22

今朝もチョット、お散歩。しかし、ご覧に入れたいようなものは撮れなかったので、今日の一枚は無し。

仕事で少々疲れ気味。明日に備えて、おやすみなさい。

木枯らしに負けそう(なの〜〜〜)・・・ 2012/11/21

いやはや、急に寒くなった感じである。朝起きたらショコラが洗濯機の上に乗って寒そうにしていた。その様子が
可愛くて SD1 にストロボを乗せて撮って見た。洗濯機は洗面所に置いてあるのでバウンスした光が良く廻る。い
つもだと f:5.0 くらいで撮るのだけど、狭い場所でのバウンスだったため絞りは f:6.3。少し絞りすぎて、現像時
に露出を +0.9 にしたため、SPP 5.4.0 を使い出して以来、初めて輝度ノイズリダクションを 0.75 に設定した。
しかし、それでもシャープネスは -0.5 で十分。

SPP のノイズリダクションはとても良くなったと感じる。



寒いよ〜〜〜
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:6.3 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、カスタムホワイトバランス、カラーモードは「スタンダード」、ストロボをバウンス


ショコラを撮った後、朝のお散歩。すっかり葉が落ちた柿の木をピーカンの空をバックに撮って見た。



柿一個残って天下の冬を知る
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」、カラーモードは「スタンダード」

カラーモードは「FOVクラッシックブルー」を使いたいところだけど、柿の実が真っ黄色になってしまうと思うので、
止めておいた。空の色がかなり自然な感じで出ているので好ましい。


さて、午後3時を過ぎてシグマのウェブサイトを見てみたら、DP Merrill の新しいファームウェアと SPP 5.4.1 が
公開されていた。どちらもいわゆるバグフィックス版で、新しい機能が追加されているわけではないらしい。

DP Merrill のファームウェアは「ホワイトバランスを「オート」(AWB)以外に設定すると、1コマ目の撮影直後か
ら、撮影画像確認表示やライブビュー表示に、選択したホワイトバランスが反映されない現象を修正しました。」
となっている。

DP Merrill でホワイトバランスは「オート」以外で撮影することは滅多にないし、背面液晶モニタの色なんかは気
にしたことがないので、全然気が付かなかった。まぁ、それ以外に何かあるかも知れないので、アップデートして
おこう。


SPP は

● 9スレッド以上で動作するコンピューターで、レビューウインドウの表示や、画像の保存を行うとプログラムが
  異常終了する問題を修正いたしました。

● 高解像度モニタで画像を表示させた場合、プログラムが異常終了する現象を修正いたしました。

● レビューウインドウの画像処理中にX3Fボタンを押して調整設定の保存を行ったときに、処理エラーやプログラ
  ムが異常終了する問題を修正いたしました。

● Windows XPでレビューウインドウの表示結果が実際の色と異なって表示される問題を修正いたしました。

私自身は上の現象に巡り会ったことがなかったため、全く気が付かなかった。コンピュータは8スレッドだし、モ
ニタは 1600x1200 でさほど高解像ではない。画像処理中に X3F ボタンをクリックしたことはないし、Windows
XP を使っているのはノート型パソコンなので色味がおかしいのは元々。

こちらも、アップデートの必要性は感じないのだけど、やはり公表されている以外に何かあると困るので、こちら
も更新しておこう。

明日は天気が悪そう。でも、23日は祝日なので、明日あたり 35mm F1.4 が届くのではないかと、チョット期待し
ている。

【追加】

SPP 5.4.1 にバージョンアップした後、レンズリストを見てみたら、7本のレンズが追加、あるいは更新されてい
た。MACRO 105mm F2.8 OS、50-150mm F2.8 OS、MACRO 180mm F2.8、18-250mm F3.5-6.3、35mm
F1.4、17-70mm F2.8-4 DC MACRO、120-300mm F2.8 の7本である。

17-70mm F2.8-4 が現在のものと同じ名前になる事を心配していたけど、発売時には MACRO が付くのだろう。
120-300mm F2.8 は EX が無くなることで区別が付く。新しいレンズに関しては、シグマの社内用開発コードと
SPP で使うレンズのコードが異なって来たので、イロイロ大変そうである。

再びショコラに挑戦 2012/11/20

今日も昼時にヨメさんがいなかったため、またショコラがおやつをねだって来た。今日は何の準備もなしで、
DP2 Merrill に EF-610 DG SUPER を乗せただけで撮影。



にゃう〜(おやつぅ〜)
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/100Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、ストロボをバウンス



ここにあるはず!
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/80Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、ストロボをバウンス
Photoshop にてトリミング



おねだり顔
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/80Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、ストロボをバウンス
Photoshop にてトリミング

ヨメさんの「ショコラ写真集」用にはもう少し撮れたのだけど、皆さんにご覧頂くのはこの3枚だけ。


さて、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @Art の発売まであとわずか。フォトキナでのプロモーションに始まり、シグマの
ウェブサイト
ヨドバシカメラ価格.com では既に作例がアップされている。

例え一週間であっても、他社用のマウントより先にシグマ用が発売されるのは(多分)初めてのこと。一番売れ
ないマウントだと思うけど、シグマ製デジタル一眼のユーザーにして見れば大切にされている気がして嬉しい。

以前、シグマ用の AF に対するファームウェアの開発に時間が掛かるため、どうしても他社マウントより遅れて出
荷せざるを得ないと言う話を聞いたことがあったので、あまり気にしたことはなかった。逆に、SA マウントは
FOVEON センサー用に厳選されたものを出荷しているに違いないと(根も葉もない噂)思っていたので、遅くても
良いと思っていたくらいである。

キヤノンの 35mm F1.4 は 14 年も前のレンズだし、ツァイスの 35mm F1.4 は MF オンリーだし、ニコンの
35mm F1.4 も高い割には光学性能が今ひとつ。シグマ製デジタル一眼レフユーザーの大多数の方々は(私と
違って)他社製のデジタル一眼レフも使っているはずだから、SA マウントだけではなく、キヤノンやニコン用の
SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の導入を検討していることだろう。

しかし、価格.com でのキヤノン用 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM を EOS 5D Mark III に着けて撮影した作例画
像は(多分)カメラ内 JPEG の画像によるものらしくて、レンズの実力が良く判らない。どこにもピントが合ってい
ないのに「絞り開放からピントが合ったところでは非常にシャープに写る」と書いてある。典型的なベイヤー型イ
メージセンサーの画像で、アンシャープマスクによる下手なシャープネス処理のサンプル画像のような印象があ
る。元々そのような鑑賞法を想定して作られたイメージセンサーではないのだから致し方のない事ではあるが、
やはりベイヤー型イメージセンサーで撮影された画像をディスプレイ上で1:1に拡大して評価するのはしてはい
けないことなのだろう。

いずれにしても、SD1 に着けて撮影してみれば、どの程度の描写力を持つレンズであるかはすぐに判るはず。
とっても楽しみである。

真面目に撮影 2012/11/19

【本日2本目の記事】

「はな」が熱を出して、今日は学校をお休みしている。午前中から昼過ぎまでヨメさんがクリニックへ連れて行き、
ついでに皮膚科も寄ってきた。私は自宅で待機状態だったため、ショコラが寒さ避けの毛布に潜って寝ている間
にストロボをセットして、カスタムホワイトバランスを取り、Spyder CUBE を毛布の上に置いて撮影して、昼食時に
起きてくるはずのショコラを待った。

もそもそと動いたので、毛布をめくって、1枚。



寝起きのショコラ
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @35mm f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、カスタムホワイトバランス、カラーモードは「スタンダード」、ストロボ2灯をバウンス
ショコラの目の周り、赤いベッドの色、周辺の明るさをレタッチ。

ショコラが見ているのは赤く点滅するライト。SIGMA EF-500 DG SUPER をスレーブモードで使用すると、充電完
了を AF 補助光の点滅で知らせる。ショコラが見ているのはその赤い点滅するライトである。

この後、再び寝てしまった。が、お昼を過ぎたあたりで起きてきて、昼食をおねだり。いつもの通りテーブルの脚
に前脚を乗せて、テーブルの上にあるはずのショコラ用の「おやつ」を確認する事を予想し、ストロボをセットして
待った。しかし、テーブルの角で頭が隠れてしまったため、シャッターを押せなかった。だが、その直後に寝床の
方にある水飲み場に顔を向けたので、すかさず撮影。



おやつはどこ?
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @35mm f:5.0 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、カスタムホワイトバランス、カラーモードは「スタンダード」、ストロボ2灯をバウンス
ショコラの目の周りと背景をレタッチ。

昨日の今日なので、色味に気を配って現像した。上に書いてある通り、赤いショコラ用ベッドの色の色相を現物
と同じ色に調整してある。


昨日のいつもの風景と、今日のショコラ、共通点は何だかおわかりだろうか?

どちらも焦点距離 35mm での撮影である。ショコラの様に画面全体にピントが来る必要が無い写真の場合、
17-50mm F2.8 でも全く問題は無い。少しある倍率色収差も SPP でほとんど目立たなくなる。が、昨日の作例
の様ないつもの風景写真の場合、全画面に渡ってキッチリとピントが合っていることが求められる。

実は昨日の作例写真にはチョットしたトリックがある。何度か書いているが、17-50mm F2.8 は SD1/SD1
Merrill に装着して 35mm 前後の焦点距離で無限遠の風景を撮影した場合、像面湾曲が確認できる。f:9.0 ま
で絞ってしまえばあまり問題にはならないのだけど、回折の影響を考えると f:7.1 で撮影したい。そうすると、昨
日の作例のようになってしまう。レンズの描写にこだわる方々は、風景の作例写真と言うと画面の周辺部を気に
する。なので、昨日の作例は画面中心部の描写が若干甘くなっているのを承知で周辺部の描写が良いものを
選択して掲載している。(^^;

35mm F1.4 を入手した時に、チェックしなければいけないのは絞り開放での描写だろう。ショコラと「はな」はす
ぐに撮れるので、真っ先に絞り開放で撮って見ることをお約束しておく。

風景を絞り開放で撮ることは普通はあり得ない。が、夜景を絞り開放で撮る事で、コマ収差と軸上色収差が良く
判るのでレンズテストとしては有意義な撮影である。夜景を撮るついでに、点光源のボケも撮って見よう。

もちろんいつもの風景も撮ってみる。DP2 Merrill でも同時に撮影するので、解像度がどの程度 DP2 Merrill に
肉薄できているかはすぐに判るだろう。35mm F1.4 のが若干長いので、精緻な部分に関してはより細かい描
写をしてくれなければならない。レンズ本来の目的が風景写真でない事はその明るさからも明白ではあるが、
風景がキッチリ撮れないことが自慢にはならない。おそらくいかに Art のレンズであっても、DP2 Merrill の描写
を上回ること、イヤ肩を並べることも難しいと思う。

しかし、同じレンズメーカーが作ったレンズで有り、同じセンサーでチェックをして市場に出荷されるのだから、か
なり良い線は行くだろうと予想しておこう。

SPP のカラーモード その3 2012/11/19

昨日の記事をアップした後で、現像した 35 枚の写真を色味と彩度に注目してじっくり見比べて見た。SPP のヘ
ルプや DP Merrill の使用説明書に記載されている通り、「ポートレート」と「風景」では全体の色味と彩度が変
化する。元の色を大切にしたい場合には、「ポートレート」や「風景」は使わない方が良い。もちろん、本来の目的
で使う場合には効果的なので、大いに使うべき。「ニュートラル」「スタンダード」「ビビッド」では彩度のみが変化
することになっているが、実際にはそれに伴って色相もわずかに変わっているように見える。が、そう見えるだけ
かも知れない。

昨日の被写体の場合、見た目の感じに最も近いと感じるのは「スタンダード」で「彩度」を -0.1 にした場合だった
が、今ひとつの感じがしたので「スタンダード」で「彩度」を -0.2、「ニュートラル」で「彩度」+0.2 を作って比べて
見た。ファイルサイズは「ニュートラル」で「彩度」+0.2 のがわずかに大きいのだけど、見た目では「スタンダード」
で「彩度」を -0.2 したものの方が彩度は高い。

ファイルサイズ順に並べておいて、次々に画像を表示させて行くと見た目でも「ほぼ」彩度が低い順になっては
いるが、コントラストや明るさも微妙に異なることもあり、ファイルサイズによる判定は必ずしも正確ではない。つ
まり、厳密にコントラストや明るさを調整しているわけではないので、ファイルサイズが大きければ彩度が高いと
は言い切れないようだ。が、かなり微妙な差でしかないので、間違っていると言えるほどでもない。

で、私自身が一番自然な感じに近く、必要以上に彩度が上がっておらず、それでいておとなし過ぎないと感じた
のは「スタンダード」で彩度を -0.2 にした場合だった。もちろん、これは私の感性が良しとした色調と彩度なの
で、良いとか悪いとかの話ではない。皆さんも気に入った写真が撮れた時には、このようにカラーモードや彩度を
イロイロに変化させて、好ましいと感じるポイントを探してみることをお勧めする。

カラーモードと彩度を変化させて 37 枚現像したウチで、最も気に入ったもの。つまり、最も自然な色に見えると
私が感じる1枚である。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @35mm f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモード「スタンダード」、彩度 -0.2


さて、今日の仕事はデータ待ち。外出の予定は無い。ショコラの相手でもしながら、35mm F1.4 に想いを巡らそ
う・・・。


夜には久しぶりのショコラをご覧頂けるかも知れない。

SPP のカラーモード その2 2012/11/18

昨日の記事で「場合によっては「ビビッド」で「彩度」-0.1 よりも「ニュートラル」で「彩度」+0.1 のが彩度が高くな
る」と書いているのだけど、これは私の間違い。正確には「「ビビッド」で「彩度」-0.1 よりも「ニュートラル」で「彩
度」+0.1 の方がシャドー警告領域が広くなる事がある。」が正しい。

シャドー警告領域が広くなると言うことは、例えば昨日の作例の場合だと G が 5 以下になる領域が広くなると
言うだけなので、ビビッドでは R の値がかなり高くなっているため、例え G が少し減ったからと言ってより彩度
が高く見えるわけではない。


今朝は早い時間から、ヨメさんの親御さんに頼まれて撮影を行い、即プリントして写真を渡した。その後、「船橋
をきれいにする日」と言うことで住民の有志がマンション周囲のゴミ拾い。チョット腰が痛くなったけど、50 分ばか
り地域活動に参加した。

私が清掃作業をしている間に、ヨメさんと「はな」はららぽ〜とへ。掃除終了後、私もヨメさんと「はな」を追いかけ
た。が、ららぽ〜とでは昼食を食べただけで別行動。

私は今朝のプリント作業で残りわずかとなったプリンタのインクを入手するつもりで行ったのだけど、ららぽ〜とに
もとなりのビビッドスクェアにも在庫が無くて、結局 JR 船橋駅前のビックカメラまで行ってしまった。

天気が良かったので、3時少し前に「カラーモード」と「彩度」の関係を確認するためにテスト撮影。SPP でイロイ
ロ試して彩度が高い順を調べた。

彩度は「ニュートラル」「ポートレート」「スタンダード」「ビビッド」「風景」の順で高くなることが解った。ただ、「ビ
ビッド」と「風景」の差は微妙で、「風景」で彩度 0 と「ビビッド」で彩度 0 では「風景」のが彩度が高いが、「ビ
ビッド」で彩度を +0.1 しただけで、「風景」の彩度 0 より、全体の彩度は高くなる。

5つのカラーモードで、彩度を 0、±0.1、±0.3、±0.5 と変化させた場合、実際の彩度がどの程度変わるのかを調
べて見た。同一の RAW ファイルでカラーモードと彩度のみを変化させて現像しているため、彩度の変化は JPEG
のファイルサイズに比例する。彩度の低い順= JPEG のファイルサイズ順に並べてある。

ニュートラル-0.5
ポートレート-0.5
ニュートラル-0.3
スタンダード-0.5
ポートレート-0.3
ニュートラル-0.1
スタンダード-0.3
ニュートラル
ポートレート-0.1
ニュートラル+0.1
ビビッド-0.5
風景-0.5
ポートレート
スタンダード-0.1
ポートレート+0.1
ニュートラル+0.3
スタンダード
ビビッド-0.3
風景-0.3
スタンダード+0.1
ポートレート+0.3
ニュートラル+0.5
ビビッド-0.1
スタンダード+0.3
風景-0.1
ポートレート+0.5
ビビッド
風景
スタンダード+0.5
ビビッド+0.1
風景+0.1
ビビッド+0.3
風景+0.3
ビビッド+0.5
風景+0.5

テストに使用した画像は以下のものである。現像した 35 枚の画像をご覧に入れてもあまり意味が無いので、スタンダード
の彩度 0 と最低と最高を掲載する。




SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @35mm f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモード「スタンダード」、彩度 0



カラーモード「ニュートラル」、彩度 -0.5 (彩度最低)



カラーモード「風景」、彩度 +0.5 (彩度最高)

SPP のカラーモード 2012/11/17

今日はお休み。だけど天気は雨。モミジでも撮りに行きたいけど、関東地方はまだ少し早い。家の前のドウダン
ツツジが真っ赤になっているので、モミジの代わりに撮って見た。

皆さんご承知の通り、撮影時のカラーモードに関係なく、SPP で現像する時に「カラーモード」を変更することに
よって、色味やコントラストを変えることができる。他のパラメータを変えなくても、コントラストや彩度等が
変わるので、出来上がりが異なる。

大きく彩度を変えたい時には「彩度」スライダーを使えば良い。彩度スライダーは 0.1 変えただけでも、カラーモー
ドを変更する以上の効果がある。場合によっては「ビビッド」で「彩度」-0.1 よりも「ニュートラル」で「彩度」+0.1 の
が彩度が高くなると言ったら、驚かれる方がいるかも知れないが、事実である。

とにかく、元の色に強くこだわらないのであれば、彩度を上げて色鮮やかな写真を作る事をお薦めする。自然な
色が必ずしも良いとは限らないし、特にモミジなどの紅葉を綺麗に表現しようと思ったら「彩度」を上げてしま
えば良い。


以前私の現像方法を紹介させて頂いたが、その際に「まず始めに露出を極端にマイナスに振っておいて、無彩色部分
をカラー調整スポイトでクリックし、その後少し中心に近い位置にカラー調整ポイントを移動して色を決める。」と
書いた。が、適当な無彩色部分が画面の中にない時にはどうするのかを白状しておこう。

一般的なスナップや風景写真の場合は必ずと言って良いほど画面のどこかに無彩色な部分は存在する。が、近接
撮影においては画面の中に無彩色な部分がほとんど無いことがある。そんな撮影をする可能性がある場合には、
いつも持ち歩いているSpyder CUBE(スパイダーキューブ)を使う。

スパイダーキューブを一緒に写し込んだものを撮っておくことで、現像時にホワイトバランスや明るさ、コント
ラストの調整がかなり楽になる。



上は撮影時にスパイダーキューブを一緒に写したもの。現像パラメータ調整用である。
下は上の写真を現像した時のパラメータとハイライト、シャドー警告画面である。



ハイライト警告は 250、シャドー警告は 5 にセットしてあるので、ディスプレイ用としてはギリギリ。プリント
用としては不適当で、プリントするための現像であればハイライトは 245、シャドーは 20 くらいにセットするべ
きである。

ご覧頂いてお判りのように、コントラストと明度は適切であるが、ドウダンツツジの部分はかなり青くなっている。
これは G が 5 以下である事を示している。かなり綺麗な赤が出ているが、実際の色と比べると、かなり彩度が高
い。綺麗な写真を撮ることが目的であればこのままでも良いと思うけど、私はもう少し本当の色に近づけたい。

と言うことで、「カラーモード」を「ニュートラル」に変更。



こんな感じになる。

この現像パラメータのままスパイダーキューブを置いていない状態で撮影したものを現像する。スパイダーキュー
ブが置かれることによって、自動露出がシャッター速度を 1/30 秒でなく 1/40 秒にしてしまったため、スパイダー
キューブ無しのものは露出が 1/3 段明るい。が、全体が暗いためさらに 1/3 段明るくしている。



秋のツツジ
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/30Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「くもり」、カラーモードは「ニュートラル」

ついでに、上の写真をカラーモード「スタンダード」で現像したものをご覧頂く。



おそらく多くの方々が、こちらの写真のが綺麗だと感じると思う。もちろん、それは正しい。が、私のひねくれ
た感性は「気持ちが悪い」と感じてしまう。私にとっては、最近のインターネット上で見かけるモミジの色はとって
も綺麗で、とっても気持ちが悪いことを白状しておく。


色に関して非常に厳密に考え出すとキリが無いことが解っているので、私が行っている色の管理はディスプレイ
のキャリブレーションだけである。それにも Spyder を使っている。しかし、Spyder 製品で使って良いと思え
るものは上のキューブとディスプレイキャリブレータだけである。

5ヶ月程前に Spyder CHECKR と言うカラーチェッカーを購入し、使おうとしたのだけど、カラーチェッカーを
写し込んだ写真の現像時に、そのカラーチェッカーの RGB 値を幾つにしろと言う指定と、カラーチェッカーの
マニュアルに書かれている各色の RGB 値が異なっていたため、その理由を DATACOLOR に問い合わせたのだけ
ど、未だに答えがない。非常に重要な問題であるにもかかわらず、明確な回答をしてくれない製品に関しては、
お薦めするわけにはいかない。

Spyder PRINT も使って見ようと思っていたのだけど、上記の理由で手が出せないでいる。どなたか Spyder CHECKR
や Spyder PRINT を実際に使用している方がおられたら、使用しての感想をコメントして頂ければ幸いである。

今日もお仕事 2012/11/16

朝早くから午後3時くらいまで仕事。家へ帰ってきて、イロイロやっていたらもうこんな時間。

今日は写真も無し。ネタも無し。少々疲れ気味。

昨日に続いて今日もサボり気味である。

さて、明日のお天気はイマイチ。何を撮ろう?

午後2時半まで仕事 2012/11/15

今日は朝の散歩もせずに午前7時から昼食を挟んで午後2時半まで仕事。メールで完成したデータを送って、
とりあえず終了。その後、ららぽ〜とまで買い物に行って、4時には帰って来た。両 DP Merrill を常に
持ち歩いているけど、今日は撮りたかったものも無し。ブログのネタも無い。(^^;

日付を見ると11月15日。あ、七五三だ。最近はこの日に七五三のお祝いをする人が少なくなっているらしく、
ほとんど見かけなかった。そしてこの日は私が卒業した小学校の開校記念日でもある。インターネットで検索し
てその小学校のウェブサイトを見に行ったら、間違いなく「開校記念日」となっていた。121周年だそうだ。
かなりこまめに学校での行事などが写真付きで更新してあってチョット感激。

明日も朝から仕事であるが、今日、事前に準備をしておいたので、午前中には終わるだろう。いつもの稲荷町な
ので、午後はスカイツリーでも撮って来ようかと思っている。

まぁ、たまにはこんな日もあると言うことで、まだ寝ないけど・・・おやすみなさい。

でも、やっぱり写真が無いのは寂しいので昨日、朝の散歩で撮った1枚。



近所のノラニャンコ
SIGMA DP2 Merrill @f:3.5 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」
Photoshop にてトリミング。

やっぱり凄い DP2 Merrill 2012/11/14

昨日の朝に撮影した紅色のドウダンツツジ葉の間からひょっこり顔を出した野菊。とても良い写真だとうぬぼれ
ている。私のセンスとか腕ではなく、凄いと思うのは DP2 Merrill が目にした景色をそのまま写し撮る技。
この写真を A4 サイズでプリントして見たけど、そのリアリティーにため息が出た。やはり、写真はこうでなけれ
ばいけない。何を撮っても、そこにあるものをそこにあるがままの状態で記録してくれる。多くのカメラマンやカ
メラメーカーが夢に見ていたカメラがここにある。

どのような褒め言葉を使っても、DP2 Merrill によって撮影された写真の素晴らしさを表すことができない。私
は以前、MACRO 70mm F2.8 EX DG の描写力を表現するのに「レンズが無いようだ」と書いた。それに習えば「カ
メラによって撮影されたのではなく、現実を切り取ってそのまま紙に貼り付けたような写真」と書かせて頂く。

もちろん DP2 Merrill で綺麗に撮影する事が可能な被写体でなければならないけど、十分なスキルと努力があれ
ば大概のものは撮れると思う。が、私が撮っているようなお散歩写真であれば、全然難しくはないだろう。

17日に山木社長の話を聞きたかったけど、申し込みをしようとしたら既に満員。また、参加し損なった。


今日の一枚。



秋の色
SIGMA DP2 Merrill @f:3.5 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」

秋ですねぇ 2012/11/13

今日は仕事の打ち合わせで松原団地駅から徒歩 25 分にある会社まで行ってきた。草加松原団地は日本国内でも
有数の規模を誇る団地で、この団地のために作られた駅が松原団地駅である。駅の西には草加松原団地と獨協
大学しかない。

その団地も老朽化が進んだため建て替えているようだ。一番古かったグループは高層の新しいマンションになり、
現在2番目に古いグループを取り壊し中。数年後には全ての4階建てアパートは無くなって、新しいものに変わ
るらしい。

と言うことで、今日は2枚。朝の散歩で写した菊と立て替え中の松原団地である。



顔を出した野菊
SIGMA DP2 Merrill @f:8.0 1/100Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」




取り壊し中
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」

白飛びをレタッチ 2012/11/12

【本日2本目の記事】

かずっちさんから、長谷川まゆさんのポートレートで直射日光が当たっている脚の部分が白飛びしていると言う
ことで、ご質問を頂いた。他のカメラでは写していないので確証はないけれど、もしかすると FOVEON センサー
独特の飛び方なのかも知れない。

しかし、この程度の白飛びであれば、レタッチで修正可能なので私はあまり気にしない。お肌のお手入れにして
も、ごくわずかで、レタッチと呼べるほど大げさなものではない。

が、一応どの程度レタッチしたのかと言うことと、この白飛びがどの程度修正可能かという意味で、レタッチ前
のものと並べて見た。ご参考になれば幸いである。



レタッチのビフォーアフター

雨の月曜日 2012/11/12

「はな」は土曜日が授業参観で普通に学校があったため、今日は振替休日でお休み。ヨメさんと二人してヨメさん
の妹さん家へ遊びに行った。私も今日は仕事で外出する予定が無く、家で一人寂しくショコラとお留守番である。

たまには雨の風景を撮影しようと思うのだけど、やはり腰が重い。しかし、あらかじめ「雨が降ったらここを写して
みよう」と考えているポイントがあるわけではないのが問題であると気が付いた。ウダウダと考えているウチに雨
は止んでしまった。

が、再び雨が降り出したので外に出たら仕事の電話。家にとって返して仕事先の担当者さんに連絡をして、明日
行くことになった。松原団地は大学受験以来だから半世紀近くご無沙汰している。

仕事の準備が終わって、再び外へ出ようとしたら、ショコラがソファーの上に置いてある毛布の上で丸くなって寝
ていた。目を前足で塞いでいるのが可愛くて、写真を撮った。シャッター音やストロボの光にも慣れたのか、全然
起きない。

と言う訳で、今日のショコラ



まん丸ショコラ
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、ストロボ2灯をバウンス

さて、お昼は何を食べよう。

ポートレート現像終了 2012/11/11

昨日のポートレート撮影会での写真は一通り現像が終わった、ご覧に入れられるレベルのものが 15 枚。今日の
ような薄曇りの天気だったら、もう少し増えたと思うけど、屋外ポートレートを撮影する条件としてはかなり厳
しいものがあったので、やむなし。



長谷川まゆさん その3
SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/50Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ポートレート」。Photoshop にてお肌のお手入れ。



黒須さおりさん その3
SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/50Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ポートレート」。Photoshop にて背景をレタッチ。

このブログに掲示するのはこれまで。残りは作例画像の[ポートレート]に全てアップしたので、興味のある方は
ご覧頂きたい。


DP Merrill がポートレートを撮影するためのカメラとして使えるかどうかの判断は難しいけど、普通の意味での
ポートレートとして見る場合には、やはりもう少し長いレンズが望ましい。しかし、ディスプレイで大きく拡大して
写真を鑑賞する事が当たり前になってきたため、写真の中の人物が多少小さくても拡大しての表示が可能なので、
そのような写真であってもポートレートと呼べる時代になって来たような気もする。もちろん、プリントを前提と
した場合にはとんでもない大きさにプリントしなければならないので、やはりもう少し長いレンズが着いた DP
Merrill が欲しいと思う。

SD1 でのポートレートは撮影場所が公共の公園であったため三脚の使用はルールとして禁止。木陰や逆光で
の撮影となるためシャッター速度や絞り値に制限が有り、ブレ、ボケ写真を量産しただけだった。SD15 よりもさら
に厳しい。常に好条件で撮影が出来るわけでは無いので、せめて ISO1600 が実用的な画質になってくれること
を願うしか無い。あと 10 年待ってもダメかも知れないが・・・。(^^;

2年ぶりのポートレート撮影会は疲れた。 2012/11/10

本日は「はな」の授業参観だったのだけど、Outliner さんの撮影会なら許すと言うことで、ヨメさんの許可をもらって参加。
久しぶりのポートレート撮影だったので、えらく疲れた。

東京のお天気は雲一つ無い見事な快晴。つまり、ポートレートには全く不向きな天気。当然、日陰か逆光での撮影が原則。
もちろん、かなり暗いためブレまくりのピント外しまくり。おそらく 10 枚程度はご覧頂けると思うけど、現在現像中。
とりあえず4枚だけアップ。後は明日でご勘弁。



長谷川まゆさん その1
SIGMA SD1 + 70mm F2.8 EX DG @f:3.5 1/50Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ポートレート」。Photoshop にてお肌のお手入れ。



長谷川まゆさん その2
SIGMA SD1 + 70mm F2.8 EX DG @f:3.5 1/80Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ポートレート」。Photoshop にてお肌のお手入れ。



黒須さおりさん その1
SIGMA DP2 Merrill @f:3.2 1/30Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ポートレート」。



黒須さおりさん その2
SIGMA SD1 + 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/125Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ポートレート」。Photoshop にてお肌のお手入れ。

おやすみなさい。

ページの更新をし忘れた? 2012/11/09

【本日2本目の記事】

夕方、私のウェブサイトにある作例画像の [ポートレート] を見ていて、なんか変だと感じた。ほぼ、2年前の
12月23日にあった 37 回目の Outliner さんの撮影会で写した写真が掲載されていない。

ポートレートのフォルダを見てみたら、作例写真自体は2年前にアップロードされている。私が何かのタイミン
グで [ポートレート] のページを古いものと置き換えてしまったのか、画像ファイルだけをサーバーにアップし
たまま [ポートレート] のページを更新し忘れていたかのどちらかだろう。

いつもトップページの一番上に表示している「更新記録」を見てみると、2010年12月に[ポートレート]に 15 枚
追加しましたと言う行がない。つまり、やっぱり作例写真をサーバーにアップしただけで、それを表示するため
の [ポートレート] ページへの追加を忘れていたと言うことである。

ところがブログの記事を見てみると 12月26日に「23日に撮った写真を現像して、先ほどアップし終わった。」と
書いてある。同じ日に撮影して、アップしたことになっている新宿御苑の紅葉もない。

「更新記録」によると 2010年12月19日 の次が 2011年01月01日になっているので、この間に撮影してアップ
したものが飛んでしまっているようだ。しかし、現在使用しているサーバーに作例画像を引っ越したのはその
1ヶ月以上も前の話だから、その引っ越しが原因であった可能性は無い。何とも訳がわからない。

悩んでも仕方がないので [ポートレート] のページを更新しておいた。2年も前に撮影して、現像したものを
今更アップすることに何の意味があるのかは疑問だけれど、SD15 + 85mm F1.4 で撮影されたポートレートもあ
るので、興味のある方にご覧頂ければ幸いである。恥ずかしいので、ウェブサイトの「更新情報」には追加し
ない。(^^;


それにしてもシグマの新しい 35mm F1.4 に対する力の入れようは凄い。3年ほど前からシグマは宣伝活動の比
重を紙媒体からネット媒体に移したけれど、今年に入って、ますますその傾向が強くなった。デジタルカメラ
を使用する人々にとって、ファームウェアや現像プログラム等の更新があり、現像処理やレタッチ、プリント
などの作業でパソコンは必需品。当然、インターネットに接続出来ることが当たり前の時代である。故山木会
長も4年ほど前に「これからの宣伝はインターネットが主となる」と語っていた。

その反面「コンセプトブック」の様に希少価値を持たせた「もの」としての作品的情報写真帳を制作して「ロイヤ
ルカスタマー」の心を幸福感で満たしてくれたりもしている。

他のメーカーのことは良く知らないので何とも比較のしようはないのだけど、このところシグマが我々ユーザー
に対して強力にアプローチを掛けて来ていることは十分に実感できる。

35mm F1.4 に対するシグマの自信には並々ならぬものが有り、明るいレンズに懐疑的な私としては、「お手並み
拝見」である。もちろん 35mm F1.4 と言うレンズが私が普段行っているレンズテスト、つまり無限遠の風景を
キッチリ写し撮ることを主たる目的として開発されているわけではない事は十分に理解している。が、いつも
書いているように、現在のレンズは余程ひどいものでない限り、ワンポイントであれば非常に高い解像力を持っ
ているのが普通である。

85mm F1.4 の様に解放付近で使った時に若干のフレアーが出たりしても、2つほど絞ってあげれば非常に高い描
写をするレンズであれば、文句は言わない。元々非常に明るいレンズの解放付近は柔らかい描写を得たい時に使
うものだからだ。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @Art がリリースされたら、いつものレンズテストの他に「はな」と「ショコラ」をいっ
ぱい撮影して見る事をお約束しておく。

今日が締め切り。 2012/11/09

Outliner さん主催の撮影会、毎回駆け込みで参加の申し込みをする人が多いらしい。しばらくなかったので、
SD1 でお年頃の女性を撮影できる機会を見つけられなかった私にして見れば、参加必須である。また、感覚的に
はあまり向いていないと思われる DP Merrill でも記念写真的なポートレートを撮って見ようと思っている。

参加申し込みへのリンクがあるページ

普通に行われている撮影会とは異なり、参加人数が少ないのがありがたい。いわゆる商業ベースではないので、
Outliner さんにして見れば人助けのようなものだろう。大いに感謝。今回はいつものレンズテストとしての
ポートレートは止めて「写り」に徹底するつもり。要は Merrill センサーでポートレートを撮るとどうなるか?

現像したままを作例として出せるかどうかは微妙であるが、滅多に使わないカラーモード「ポートレート」を使
うのと、可能であればノーレタッチのものもご覧に入れたい。

私の作例画像をご覧頂けばお判りの通り、私のポートレートはあまりにも普通。それ以外の撮影方法を思い
つかないのだから仕方ない。変に頑張ると余計おかしなものになるので、今回も肩の力を抜いて、いつも通りを
心がける。

大昔、プロの時代に「ニコパチ」を撮った事はあるけれど仕事としてポートレートを撮った事はない。あ、一度だけ
裸のポートレートを撮ったことがあったのを今思い出した。とある有名男性週刊誌のモデルに応募するための撮
影で、モデル事務所からの依頼だった。両国の優美堂のスタジオを借りて撮影したことを覚えている。あの頃は
ギブン岩佐先生も元気だった。


今朝も日の出が綺麗だった。が、昨日の日の出がとても良かったため、比べてしまうと今ひとつ。掲載は見送
る。でも朝の散歩で素敵な雲が撮れたので、今日の2枚。



雲の中へ
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/320Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」




秋空の下
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/640Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」

ドピーカン 2012/11/08

朝方、東の方角に少しだけ雲があったけど、太陽が昇ったら大快晴。筑波が見えるので空気も澄んでいる。朝方
の冷え込みはこの冬一番だったらしいが、かなり暖かく感じる。



朝の光
SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」



朝の月
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」


朝の散歩でいつもの龍神社がとても素敵に見えたので写真を撮ったのだけど、あまりにも普通に撮ってしまった
ため、イマイチ。面白くも何ともない。ちゃんと写ってはいるのだけど、だたそれだけ。光の加減で若干のすが
すがしさは感じるのだけど、無理矢理そう見てくださいとお願いしなければならない程度のもの。やっぱり写真
は難しい。

つまらない写真なんだけど記事にしてしまったのでご覧頂く。



朝の神社
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」

純正キラー、再び。SIGMA 35mm F1.4 DG HSM @Art 2012/11/07

【本日2本目の記事】

シグマがまた、いわゆる「純正レンズ」の牙城を脅かすアイヅ・プロダクトをリリースする。

本日、シグマからフォトキナで発表され今月発売となっていた 35mm F1.4 の発売日と価格が発表された。昨日
のうちに玄光社のウェブサイトがミスしてフライング掲載をしてしまったので、発売日と価格はわかっていたけど、
公式なものではなかったため、記事にはしなかった。

シグマ用の発売日が 23日、価格は¥118,000(税別)である。玄光社のサイトでは 123,900 円となっていたが、
税込みだとその値段になる。8-16mm F4.5-5.6 DC HSM などキヤノン用やニコン用と同時発売だったレンズは
過去に5〜6本あったけど、他社マウントよりも先にシグマ用が発売されるレンズは(私の知る限りでは)この
レンズが初めてである。

焦点距離 35mm は SD1/SD1 Merrill で使用した場合、フルサイズ換算で 52.5mm の画角となる。PD2
Merrill のレンズよりも少し長くて、4倍明るい。シグマの新しいコンセプトに基づく最高性能のレンズでプロダク
ト・ライン「Art」の製品であり、サンプルギャラリーの作例を見る限りにおいては、ため息が出るような描写をする
レンズである事が判る。

私の様に「レンズ交換が出来ないカメラはカメラではない。」と宣言しておきながら、DP シリーズが出た途端に手
のひらを返してしまった不逞の輩もいるけれど、一眼レフでないと写真を撮りたくないと思っているユーザーは多い。

フランジバックの関係があり、また明るいレンズでもあるため、現時点で最高の技術を投入して設計、製造され
た 35mm であるが、解像度において DP2 Merrill の 30mm F2.8 を上回ることは難しいのではないかと思って
いる。しかし、単焦点レンズでありながら非球面レンズを2枚、SLD ガラスのレンズが4枚、FLD ガラスのレンズ
が1枚という超豪華版。「まるで“まぐれ”でできたレンズなのかと思わせるほど優れている。(田中希美男氏)」
DP2 Merrill のレンズと肩を並べる描写性能を持っているであろう事も容易に想像が付く。

また、明るいレンズを好まないユーザーは少ないので、このレンズを心待ちにしていた方も多いだろう。2年前に
85mm F1.4 EX DG HSM が出た時に、次は 35mm F1.4 だと言われていたけど、新コンセプトの元、満を持して
発売されるこのレンズは大きく期待して良い。私も「明るいレンズは好きではない」と言いながらも、85mm F1.4
の様に素晴らしいレンズである可能性が非常に高いので、本当はワクワクしている。

このレンズに対して一番興味を抱いているのは DS1/SD1 Merrill のユーザーだとは思うけど、他社のフルサイ
ズデジタル一眼レフカメラのユーザーも最近のシグマ製レンズの性能を解っているので、大いに興味を持ってい
ることだろう。またオーバークオリティーかも知れないが、他社 APS-C サイズのセンサーを持った一眼レフや
SD14 あるいは SD15 で使ってみるのもありだろう。

MED や LOW の画質や如何に? 2012/11/07

今日のテーマは小さいサイズ。私は DP Merrill と SD1 のどちらも記録は RAW のみ、サイズは HI(最大画素
サイズ)のみで撮り続けている。しかし、私の場合は作例の為の撮影であるために HI 以外では撮影していない
だけで、とても大きくプリントしなければならないとか、コンテストに応募するためとかの目的でない場合には、必
ずしも HI にこだわる必要はない。特にウェブ上に掲載する写真の撮影であれば、LOW でも十分すぎるサイズ
である。カメラが出力してくる JPEG の画質が向上してくれない限り、RAW で撮影することは止めないと思うけ
ど、出力サイズに関してはもう少し柔軟に考えても良いと思っている。

SD1 では今年の初めに HI、MED、LOW の撮り比べをしているのだけど、その後 SPP やファームウェアが変
わっているし、私の現像方法にも変化があった。さらに DP Merrill では画像サイズの違いによる撮り比べをした
ことがない。今日は自宅仕事なので日照が不安定だったけど、出力サイズを変えていつもの景色を撮ってみた。


SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DG OS HSM @50mm f:7.1



サイズ HI



サイズ MED



サイズ LOW


SIGMA DP2 Merrill @f:7.1



サイズ HI



サイズ MED



サイズ LOW

ついでに、HI から MED、HI から LOW のサイズに Photoshop 上で縮小したものを並べる。



サイズ HI から Photoshop で MED のサイズに縮小



サイズ HI から Photoshop で LOW のサイズに縮小


SIGMA DP1 Merrill @f:7.1



サイズ HI



サイズ MED



サイズ LOW


ご覧頂いてお判りのように HI からそれぞれのサイズに縮小したものと比較すると解像感がごくわずかではある
が甘くなり、MED では多少ジャギーな感じがする。

しかし、撮影者にとって MED や LOW の画素数および画質が十分であれば、躊躇なく MED や LOW を使うこと
が推奨される。何と言っても7枚でバッファがいっぱいにはならないし、書き込み速度も速くなる

A3 サイズ以下のプリント、あるいはウェブ用の小さな画像であれば問題はないレベルと言えるが、Merrill セン
サーの実力をフルに発揮させるには、やはり HI での撮影が推奨される。

クローズアップレンズ AML-2 は高い? 2012/11/06

DP2 Merrill が出る3ヶ月前に私は 49mm 径の Kenko PRO1 Digital AC CLOSE-UP NO.3 を購入している。確か
¥3,000 位だった。もちろん DP2 Merrill に使用するつもりで買った。ところが DP2 Merrill が出た直後に、
勢いで純正の AML-2 も買ってしまった。価格的には倍以上の差がある。

価格.com の DP2 Merrill のクチコミに「純正の AML-2 と KENKO のPro1 Digital AC CLOSE-UP NO.3 で比較
撮影して見ましたが、周辺部の描写で AML-2 が少し勝っています。」と書いては見たものの、手持ちで多少いい
加減に撮影して比較した時の印象を書いたので、今日はちゃんと比較して見た。

液晶ディスプレイに Photoshop で描いた図を表示させて撮影したのだけど、とんでもないファイルサイズになっ
てしまったので、JPEG 8 で保存してある。「少し」どころかかなり違う。AML-2 は伊達に高くない。2倍の
価格差は納得である。




SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 + Kenko PRO1 Digital AC CLOSE-UP NO.3



SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 + SIGMA AML-2


なお、DP1 Merrill に AML-2 を着けて写してみたけど、少し糸巻き型の歪曲が目立つ程度で、全く問題はな
かった。上の2枚を撮影した後、三脚などセッティングを片付けてから思いついたため、手持ちである。少し
ブレているけど、ご勘弁。

と書いて、手持ちで撮影したものを掲載していたのだけど、やっぱりまずいと思い、撮り直したものに差し替え。



SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 + SIGMA AML-2


ご注意! AML-2 を DP1 Merrill に装着する事は問題ないのだけど、クローズアップの効果はごくわずかなので、
DP1 Merrill しかお持ちでない方は、クローズアップを目的として AML-2 を購入してはいけない。


【夜に追加】本日のショコラ。



尻尾がマフラー
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:7.1 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」、ストロボ使用

作例画像のメニューと中身を少し変更。 2012/11/05

【本日2本目の記事】

昨晩、私のウェブサイトの作例画像のメニューを少し変更した。

今までの [SD1/SD1 M/DP2 M/DP1 M] を [DP2 Merrill/DP1 Merrill] にして、その中にあった SD1 及び SD1
Merrill による作例を全て [スナップ] に移動した。[スナップ]の中に [SD14/SD15],[SD9/SD10] のボタンを作っ
てあり、SD1/SD1 Merrill 以外の一眼レフによる作例はボタンをクリックしないと表示されないようになった。

この移動によって、自衛隊観艦式の写真とか今回の京都の写真、今日見た景色、あるいはショコラなど同じ類
いの被写体を写したものが2箇所に分かれて掲載されることになる。これは、私の作例画像をご覧頂く方々の目
的はカメラやレンズの描写力などを確認することであることを考慮した結果である。私の作例を「作品」としてご
覧頂いている方はほとんどおられないと思うので、お許し願う。が、「ショコラ」はまとめた方が喜ばれるかも知れ
ないので、ご要望があれば「はな」の様に独立したページにするかも知れない。


と言うことで、本日のショコラ。朝、出勤前に撮影。



ぬくぬくショコラ
SIGMA DP2 Merrrill @f:2.8 1/10Sec. ISO200 EV+1.0
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」



外を眺めるショコラ
SIGMA DP2 Merrrill @f:2.8 1/15Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」

一時的な記事のつもりだったけど・・・ 2012/11/05

この記事は、目的が達成され次第削除されます。

と書き始めた記事ですが、他にも同じ現象で悩む方がおられる可能性がありますので、残しておきます。

2チャンネルのデジタルカメラ掲示板 SIGMA DP1 Merrill/DP2 Merrill part7  に以下の書き込みがあります。

580 :名無CCDさん@画素いっぱい:2012/11/05(月) 01:14:20.30 ID:yUt3Yj5D0

先日撮って帰ってSDカードの中を見たら、RAWのHighに
設定してたはずなのにjpgのみ1632*1088ピクセルの画像
しか撮れてなかった。

設定を見たら確かにRAWのHighになっていた。こんなことって
あるの?大した写真じゃなかったからいいけど山や外国に行って
撮った写真だったらどうすんだよ!


使用説明書を読めばわかる通り、この方がドライブモードを途中で「無限連続撮影」にして撮影した結果です。
長いこと、dion がアクセス規制中で私は2チャンネルのデジタル掲示板に書き込む事が出来ません。
どなたか、親切な方がおられましたら、書き込んであげてください。

↑↑↑↑↑↑ ここまでが今朝書いた記事です。

まず、「無限連続撮影」をご存じない方がおられるかも知れません。ドライブモードの一番端っこにあります。

DP Merrill の書き込み速度は決して速いものではありませんが、小さな画像サイズであれば、それなりの速度が
出せるようです。SD カードの書き込み速度が極端に遅くなければ、本当にメモリカードいっぱいまで連続して
撮影が可能です。

画質以上に連続で撮影できることが重要な被写体の時に使うのも面白いでしょう。ただし、出力は JPEG のみで、
画素サイズは 1632x1088 のみです。

カリカリも良いけど、私はほどほど。 2012/11/04

【本日2本目の記事】

Merrill センサーで写された写真は、ノイズリダクションをあまり掛けずに彩度やコントラストを高くして、
シャープネスを上げる事で素晴らしくカリカリな写真に仕上げることが出来る。これはクセになる快感である。
そのような写真がお好きな方は躊躇なく、カリカリ画像を量産して欲しい。今までどのデジタルカメラも成
し得なかった領域であると言っても過言ではないだろう。

私自身はおとなしい方が好みなので、ノイズリダクション:真ん中、シャープネス:-0.5 にこだわって現像を
続けている。極端なカリカリにしなくても、例えディスプレイ上に1:1で表示して見た時でも、十分な描写
力を持っていると感じるからである。解像感が不自然に高くなることもなく、ノイズが目立つことも少ない。
このあたりのバランスがとても素直で私好みである。SPP 5.4.0 にして初めて成し得たウェルバランスだと私
は感じている。

倍率色収差補正やフリンジ低減機能で息を吹き返すレンズも多い。今日の記事で書いたように SPP に対する要望
は結構あるのだけれど、X3F ファイルをちゃんと現像するという意味において、今のバージョンはかなり完成さ
れている。が、シグマにはあと一頑張りして欲しいと言うのが贅沢なユーザーからのお願いである。


と言うことで、今日のショコラ。



おっかないショコラ
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:4.5 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボを天井にバウンス。



かわいいショコラ
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:6.3 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボを天井にバウンス。

カリカリに見えるかも知れないけど、現像パラメータは上記の通りである。カメラとレンズが良いと無理にシャープネスを上げる必要はない。

SPP に対する要望 2012/11/04

今朝はのんびり起きて(午前7時30分がのんびりかどうかは難しいところだけど)、自転車で近所を一廻り。
とても良い天気で空気も澄んでいた。が、特に撮りたいと思う景色には遭遇しなかった。無理に撮っても、また
つまらない写真を増産するだけだ。

何も撮らなかった撮影散歩から帰って来たら「通りすがりさん」から、私がシグマに提出している要望を教えろ
とのご依頼。シグマから新しいバージョンがリリースされるたびに、この手の要望書を作成して送っている。最
後のものはつい4日ほど前に、SPP 5.4.0 を一通り使った後で送ったものだ。

実際の要望はカテゴリーごとに分けてあるのだけど、少々わかりにくいので、私が重要と感じているものの順番
に並べ替えてみた。実際には Word で書いて PDF ファイルにしてメールに添付した形で送ってある。


SPP 6 に対する要望 2012/10/30

是非とも実現して欲しい要望。

1.調整パレット内部全体を上下にスクロールさせて欲しい。

2.フリンジ除去実行時にフリンジ検出アルゴリズム(輪郭部分の自動選択)を追加

3.ノイズリダクション量の一括編集(メイン画面 [編集]→[ノイズリダクション])

4.チェックボックス「□ 常に倍率色収差補正 ON でレビュー画面を開く」を環境設定に加える

5.肌色調整(マジックワンドによる半自動範囲指定)

6.色相別の調整(色相シフト、彩度、明度 。LightRoom 等参照)

7.調整設定 [Auto] でのレスポンスを以前のバージョンと同様にして欲しい。

8.[ハイライト]、[シャドー]スライダーのレスポンスを以前のバージョンと同様にして欲しい。

9.光点渦巻きボケ低減(マジックワンドによる半自動範囲指定)

10.周辺部シアン被りの低減(古いシグマ製レンズに対応。適用範囲、強度等の指定が必要)

11.マウスポインタ位置(XY 値)の表示(表示は拡大ルーペの左下でも可)

12.処理ヒストリー及びアンドゥ。特にアンドゥ。直前の変更1回だけでも可。

13.ビネッティングの低減(適用範囲、強度等の指定が必要)

14.軸上色収差の低減(マジックワンドによる半自動範囲指定)

15.歪曲の低減(周辺部の解像感低下を抑えるために縮小法で補正する。画素数の減少は可)

16.像面湾曲低減(範囲を指定したシャープネス処理。適用範囲、強度の指定が必要)

17.周辺部の流像低減(範囲を指定したブレ低減処理。適用範囲、方向、強度の指定が必要)

18.チャンネル(RGB)別のレベル調整。チャンネル別の Fill Light でも可。

19.ホワイトバランスを色温度と色被りで設定(LightRoom 等参照)

20.[設定]は全ての項目が保存されるべき。


出来たら実現して欲しい要望。

21.レビュー画面で画像を縮小した時の周囲の色を黒ではなく 128,128,128 に

22.メイン画面でのサムネイル表示の順番に Exif上の「撮影日付順」、「変更日付順」を加える

23.メイン画面の[表示]のサブメニュー項目を画面最下部にリストボタン化

24.メイン画面にフォーカスがある時に左右矢印キーで画像を選択出来ますが、右端で右矢印キーを押した場合、
  止まってしまいます。続く画像がある場合には、次の行の左端に移動して欲しい。

25.メイン画面で選択されている画像をレビュー画面で開くには Ctrl + O を押すか、マウスでダブルクリック
  します。以前のバージョンのように、[Enter]キーを押しても開くようになって欲しい。

26.[画像の保存]ダイアログ画面で[Enter]キーを押すと[ OK ]ボタンをクリックしたのと同様で、保存が開始さ
  れます。そのことがすぐに解るように[ OK ]ボタンの色をオンマウス色にして欲しい。また、保存時に同名の
  ファイルが存在すると[警告]ダイアログ画面が表示されますが、この時にも[Enter]を押すと保存が実行され
  るので、[はい] をオンマウス色で表示して欲しい。

27.メイン画面において[ F6 ]キーで[コンピュータ枠]と[サムネイル枠]をフォーカス移動出来ますが、[Tab]
  キーを押しても、同じ動作をして欲しい。(ヘルプの「ショートカット一覧」に記載無し)

28.レビュー画面で現像パラメータを変更した後、レビュー画面を閉じようとした場合には「現像パラメータが変
  更されています。保存しますか?」のダイアログを表示した方が良い。

29.以前はレビュー画面にフォーカスがある時に左右矢印キーを押すと[ナビゲーションボタン]をクリックしたの
  と同様に、前の画像、次の画像が表示されたが、現在のバージョンでは何もしない。

30.調整パレットにフォーカスがある時に上下左右の矢印キーを押すとカラー調整ホイールのポインタが移動する
  (この機能は素晴らしい!)が、カラー調整の[リセット]に何らかのショートカットキーを割り当てて欲しい。

31.メイン画面と同様に[ F6 ]キー、及び[ Tab ]キーで[レビュー画面]と[調整パレット]のフォーカス移動が出
  来ると嬉しい。

32.レビュー画面を表示画質優先モードにするためのショートカットキーが欲しい。

33.ソフトフォーカスフィルター

34.ハーフ ND フィルター

35.クロススクリーンフィルター

36.トリミング

37.傾き(水平、垂直)調整

38.任意の画像サイズ、及びDPIで保存

39.焼き込み、覆い焼き

40.パースペクティブの補正

最後に「ルーラの表示」は不要です。


以上である。この記事に関してシグマも喜ぶと思うので、賛否、あるいは、さらなる要望をイヤと言うほどコメ
ントして頂けると嬉しい。

SPP での調整方法 2012/11/03

【本日2本目の記事】

とある方から SPP での色味の調整方法についてメールを頂戴した。私が行っている色味の調整方法について尋
ねられていると勘違いして、お返事を書いてしまったが、良く読んでみたら、緑がくすんでしまうのでもっと
鮮やかに出すにはどうしたら良いかという質問であった。

一番単純な方法はカラーモードを「風景」にする事だ。かなり緑は鮮やかになる。私の嫌いな緑である。実際の
緑は皆さんの記憶にあるほど鮮やかではない。また、太陽を反射している緑は緑ではなく白に近い。暗いところ
にある緑は暗灰緑色である。空の色についても同じ。実際の空の色は皆さんが望むほどには青くなく、暗くもない。

しかし、さすがの私も例外を認めて欲しい色がある。人の肌の色だ。色の再現性が良いカメラほど人の肌の色を
正確に出してくる。実はこれがとても困る。

私はシグマに対して「肌色補正」の機能を付けて欲しいと要望してある。人物が写っている記念写真を撮影する
のにシグマ製デジタルカメラほど向いていないカメラはない。もし、隣で他の人が一般的なコンパクトデジタル
カメラで同じ写真を撮っていたら、写っている人に差し上げる写真は、その方に頼んだ方が良い。そうでないと
SPP で現像した後、全員の肌の色をレタッチソフトで調整しなければならなくなる。

本当の人の肌は決して綺麗な健康色ではない。黄色かったり茶色かったり、光源によっては暗い部分は緑色に見
えることもある。ところが一般的なコンパクトデジタルカメラは人の肌を検知すると、その部分を強制的に健康
色で塗りつぶす。高級一眼レフは決してそのようなことはしない。特にシグマ製デジタルカメラは絶対にそのよ
うな調整はしない。

私もごくまれに他の方に頼まれて人物が写っている記念写真をシグマ製デジタルカメラで撮影する事がある。も
ちろんその手の写真は作例には上げられないので、皆さんにご覧頂いたことはない。が、SPP だけで普通の方が
記念写真に期待するご自身の肌の色を作る事は非常に面倒である。

スタジオでストロボを使って十分に明るく、しっかり露光されている場合には大丈夫だ。しかし、自然光の下で
逆光だったり、帽子などで顔に影が出来ていたりしたらレタッチソフトを使わない限り望ましい肌色に仕上げる
ことは難しい。白熱電灯や蛍光灯下で人物を撮影した場合、もし露出が十分でなかったなら SPP だけの調整で
顔の明るい部分から暗い部分までの肌色を望ましいものに仕上げることは諦めた方が良い。

それほどまでに人は肌色に対しては記憶色にこだわる。自然な肌色(と思っている色)が表現されていないことに対
しては異常なほどの拒否反応を示す。どうか、皆さんご自身の顔の色をじっくり鏡でご覧頂きたい。人間の肌の
色は皆さんが思っているほど綺麗なものではない。

しかし、カメラマンは誰の肌であっても、それが綺麗に見えることを要求されている。だから、SPP にも
Photoshop Elements にあるような肌色補正機能を付けて欲しい。


最後に私の SPP でのパラメータ調整方法を紹介させて頂く。

撮影時のホワイトバランスはほとんどの場合「オート」である。そして現像時には一度露出を大きくマイナスに
振っておいて、画面の中にある白飛びしていない無彩色の部分を選んで「カラー調整」スポイトでクリックする。
同じ被写体を同じ条件で撮影しているものを続けて現像する時には「はしょる」事もあるが、これは全ての画像
に対して必ず行う。

そして「露出」で画像を徐々に明るくして、全体の色味を見る。ほとんどの場合、その色味は補正が効き過ぎて
いる。なのでカラーホイール上に設定されたポイントをホイールの中心方向に向かって少し移動する。これはマ
ウスで行うより、キーボードを使ってポインタを移動させるのが一番やり易い。納得が行く色が出たら、それで
良しとする。

ダメな場合はカラーモードを変更して、もう一度初めからやり直す。それでもダメな場合はホワイトバランスを
マニュアルで設定し直して、もう一度初めからやり直す。

色味が決まったら「露出」と「コントラスト」と「FillLight」を使って全体の調子を調整する。基本的には最も明
るい部分(250 以上)と最も暗い部分(5 以下)が必ず画面の中に存在するポイントを見つけることである。Merrill
センサーを使ったカメラの場合は「ハイライト」と「シャドウ」はほとんど役に立たないので滅多に使うことはない。

これが私の現像時の調整方法である。ご参考になれば幸いである。なお、Merrill センサーを採用していない旧
タイプのカメラの場合は「とりあえずオートで現像」から始めていたので、ワークフローは全く異なる。

ショコラの体調チェック 2012/11/03

3ヶ月前に「尿に少し結晶が出ている」と言うことでショコラにはその後1ヶ月の間 PH コントロール食を与えた。
そしてそのすぐ後の検査では「結晶は出なくなったけど、腎臓に障害があるかも知れない。」と言うことで軽い PH
コントロールとダイエットを兼ねた食事を2ヶ月間与え続けた。

今日、再び検査を行って「結晶は出ているけど、上手く溶かされている。腎機能は問題ない。今の状態を保って
ください。」と言うことで、以降3ヶ月間は軽い PH コントロールとダイエットを兼ねた食事を与え続ける事と
なった。ヨメさんが昼時に与えていた「ささみ」や「カツオ」は止めて PH コントロール食のパウチに変更。
これから先3ヶ月間の食事代だけで1万4千円もの出費となった。今日の検査費用や爪切りなどを加えると2万
円。ショコラのモデル代だと思えば安いのだけど、猫一匹飼うのも結構大変である。


と言う訳でショコラから・・・。



椅子乗り曲芸
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボ2灯を天井にバウンス。
Photoshop にてご覧に入れたくないものをトリミング。



小物入れの上
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/125Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボ2灯を天井にバウンス。
Photoshop にてご覧に入れたくないものを一部レタッチ。


久々の「はな」です。



プリキュアでダブルピース
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/320Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボ2灯を天井にバウンス。
Photoshop にてご覧に入れたくないものを一部レタッチ。


でいつものご近所写真。



丸くて黄色い菊
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」、カラーモードは「ニュートラル」




紅葉したほうき草
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/100Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」




雀を飛ばす成田エクスプレス
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/200Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」、カラーモードは「スタンダード」

SIGMA EF-610 DG SUPER 2012/11/02

3日ほど前に SIGMA EF-610 DG SUPER が届いた。



SIGMA EF-610 DG SUPER
SIGMA DP2 Merrill @f:13.0 2.5Sec. ISO100


早速、DP2 Merrill に乗せて 1/2000 秒でシンクロするかどうか試して見た。間違いなくシンクロする。が、非常
に暗い。徐々にシャッター速度を遅くしていって、明るさに変化がなくなったのはやはり 1/250 秒と 1/125 秒で
あった。1/500 秒と 1/250 では 1/500 秒が少しだけ暗い。おそらく EF-610 DG SUPER をフル発光させた時の
発光時間は 1/400 秒くらいだろう。

フォーカルプレーンシャッターのカメラなら全く問題なく使えるし、DP Merrill でも 1/400 秒が切れるので良しとし
よう。EF-500 DG SUPER を遊ばせておくのはもったいないのでスレーブモードにして、補助光として使うことにし
た。50mm での G.N. は 46 なのでクリップオンタイプとしては明るい方だろう。

2灯体制で撮ったショコラ。



SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボ2灯を天井にバウンス。

補助光なしでこの写真を撮影すると絞り f:5.0 でシャッター速度は 1/125 秒になり畳や敷物は白飛びとなる。




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボ2灯を天井にバウンス。

今までは f:5.0 で現像時に露出を +0.8 程度明るくしなければならなかったけど、f:5.6 で露出 +0.4 になった。

京都を作例にアップ。 2012/11/01

【本日2本目の記事】

このブログをお読み頂いている方に一つ、お願いがある。私がこの数日でここに掲載した京都の写真に関しての
皆さんの感想をコメントして頂きたい。センスが悪い、嫌い、ここがダメ、止めちまえ!等々忌憚のないご意見を
頂けるととても嬉しい。写真の出来が悪いことは承知しているので、その点を追求されることは覚悟の上である。
とにかく、皆さんからのご意見が少ないのがチョット寂しい。(^^;


時間があったので、この「maroの雑記帳」に載せた京都の写真を全て作例画像にも掲載した。ここに掲載され
ていないものは含まれていないので、こちらをご覧頂いている方はわざわざ見に行かれる必要はない。ブログだ
と流れて行ってしまうので、あちらにも掲載しただけの事である。

過去に、4ヶ月ほど撮り溜めたレンズテストの画像を1日で 71 枚アップしたことはあったけど、たった2日間で
撮影した画像を 63 枚も一度に上げたのは初めて。多すぎると反省しているけど、せっせと現像したものを見て頂
けないのは悲しいのでお許し頂きたい。それにしても、相も変わらず下手な写真で申し訳ない。少しはまぁまぁの
写真があるけれど、どの写真も作例としてのレベルにはあると思われるので、ご勘弁願う。

2,381 枚撮影したと言っても同じシーンを何カットも撮っている。シーンの数を数えてみたら 338 シーンあった。
割り算をすると、1シーンに付き7カットも撮影していることになる。三脚を使用していないので仕方がない。暗い
被写体なのにカメラを支えるものがなくて撮影を断念したこともある。

とにかくブレてしまっては作例の意味がないので、ブレが起きないことを常に気にしながらの撮影である。撮影
時のデータをご覧頂ければおわかりの通り、かなり遅いシャッター速度で写しているものも多い。その際にはほ
とんどの場合、何らかの方法でカメラを固定して撮影している。支え無しに撮影する時には最低でも6カットは
撮影している。が、それでも全カットブレブレでボツになったものも少なくない。

ピントにも気を遣う。DP Merrill の場合は AF の精度が非常に高いので心配はないのだけど、SD1 の場合は
MF のが安心できる。SD1 で AF のときは必ずファインダーで合焦していることを確認した後にシャッターを切って
いる。

とにかく、Merrill センサーの描写力には驚かされる。特に DP2 Merrill はそのレンズ性能が凄まじく、4x5 版で
撮影されて業務用スキャナでスキャンされたデジタル画像と良い勝負をする。ディスプレイ上に写真を大きく拡大
して見ることがとても楽しくなるカメラで、それに文句を言う人はシグマ製デジタルカメラを妬ましく思っている人に
違いない。(^^;

H+さんという京都在住の方からも「見覚えのある風景もどことなく新鮮に感じました。どこが、ということはあま
り考えないようにしないと物欲に首を絞められそうです(^^ゞ」とコメントを頂いた。(H+さんありがとう。)つまり、
Merrill センサーは私たちアマチュアカメラマンが簡単に手に入れる事が難しかった質の高い写真を提供してく
れると言うことである。

お気づきの方もおられるかも知れないけど、今回の京都の写真を SPP 5.4.0 で現像するに当たって、意識的に
行った事が一つある。全ての写真をノイズリダクション:全部真ん中、シャープネス:-0.5、倍率色収差補正:レン
ズプロファイル で現像している。これによって、SPP 5.4.0 の持つノイズリダクションとシャープネスのバランスを
確認したかったのだ。結果はご覧頂いてお判りの通り、非常に良いものとなっている。シャープネスに関しては、
0 でも悪くはないのだけど、私の好みからすると -0.5 が丁度良い。ただ、この前の比較でもおわかりの通り、
シャープネス 0 と -0.5 の差はごくわずかだ。

周辺部のシアン被り(正確には R 不足)もほとんど目立たなくなった。Windows XP や6コアの CUP をお使いの
方々には多少の問題が出ているようだけど、私は SPP 5.4.0 に合格点を上げたい。もちろん追加して欲しい機
能などはいっぱいあるけれど、しばらくはこれで何とかなるだろう。


さて、いよいよ11月。今月中には 35mm F1.4 が発売になる予定である。解像力という点では DP2 Merrill と言
う強力なライバルがいるけど、明るさとボケ味の美しさにおいて DP2 Merrill を上回ると期待している人も多いこ
とだろう。このレンズも 50mm F1.4 や 85mm F1.4 の様に純正レンズのシェアを脅かす存在になることを宿命
として生まれてくる。つまり、SD1/SD1 Merrill 用のレンズと言うよりはキヤノンやニコンのフルサイズセンサーを
内蔵したデジタルカメラのユーザーをターゲットにしている商品なので、敢えてカリカリな描写には力を入れてい
ない可能性もある。

出てもすぐにテストできるかどうかはわからないけど、私もカテゴリー Art のレンズを楽しみにしている一人である。

京都、これで最後。 2012/11/01

急な頼まれ仕事で行った京都。パソコン等仕事用の荷物があったため、長いレンズを持って行くことは諦めた。
もし持って行っていたら、ほとんど使わないものを持ち運ぶことになり、かなりしんどいことになっていたと思う。
結果的には 70mm を越えるレンズを使いたいと思う被写体もなかったので、正しい判断だったと思う。8-16 mm
を持って行かなかった事で後悔したのは東本願寺のみで、これも間違いではなかったろう。

お寺や神社で三脚を使うのはエチケット違反と心得ているため三脚は持って行かなかった。幸いプロではない
ので撮影に失敗したとしても直接的な被害や迷惑が掛かる人もいない。ここにアップする写真が減るだけだ。

DP Merrill での撮影がメインとなる事が初めからわかっていたので、バッテリーは十分に持って行った。全部で
12 個。わずか2日間の撮影で、全て使い切った。一泊以上の旅行をする場合には充電器を持参することをお勧
めする。

SD1 にはブレを低減する目的もあってパッテリーパックを付けて持って行った。バッテリーは6個。2日間で4個
のバッテリーを使った。

2日間で記録された X3F ファイルは DP1 Merrill が 1,190 枚(66.8G バイト)、DP2 Merrill が 682 枚(39.0G
バイト)、SD1 が 509 枚(28.2G バイト)、合計 2,381 枚( 134G バイト)であり、X3F ファイル1本あたりのファ
イルサイズは 56.3M バイトとなった。撮影旅行の参考になれば幸いである。


京都、これで最後。

以下の写真で全て共通のデータ。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5



三千院近くのお土産屋さん
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/15Sec. ISO100 EV+0.3




大正時代のビル
SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/125Sec. ISO100 EV-0.3




京都タワー
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/1000Sec. ISO100




料理旅館 鶴清
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/13Sec. ISO100




鴨川岸の二人
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/8Sec. ISO100




平安神宮
SIGMA DP1 Merrill @f:4.0 1/2Sec. ISO200 EV-2.0




知恩院山門
SIGMA DP1 Merrill @f:4.0 1/5Sec. ISO200 EV-2.0

過猶不及。 2012/10/31

【本日2本目の記事】 「過ぎたるはなお及ばざるが如し。」とは孔子さんが言った言葉だそうで「多すぎるって事は少ないのと同じ、ほ
どほどがよろしい。」と言う意味だと父親から教えられた。それが正しいとか真実だとかは人それぞれの考え方
があるので、何とも言えない。が、私はこの言葉が好きで写真の表現も「ほどほど」にしている。

京都の写真を現像するたびにカラーモードをニュートラルにしたくなるのを我慢している。スタンダードでも少々派
手さが足りないのにニュートラルにしたらさらに地味〜〜〜な写真になってしまう。それとは逆に「風景」や「ビ
ビッド」を使いたくなる写真もある。

この前も書いたけど色はクッキリとした彩度が高いものほど見栄えが良い。だから作例としてはもっと見栄えの
する色を出さなければいけないとも思っている。が、私には彩度を持ち上げた写真を見た時に感じる異常なまで
の嫌悪感がある。言い訳になるけど、これは生理的なものに近い。昔からそうというわけではなく、4〜5年ほど
前からの事だ。

私自身もかなりいい加減な現像をしてしまうので、偉そうなことを書く資格は無いのだけど、最近の FOVEON セ
ンサーで撮影された画像では過度な解像感やど派手な色が増えてきた様な気がする。それを「悪い事だ」とか
「間違っている」とか言うわけではない。私の個人的な嗜好がそれらの画像を受け付けないだけの話である。し
かし、どうしても好きになれないのも確かだ。

それなのに、私自身も時としてそのような画像を作り、掲載してしまう。が、掲載した後で、自分自身の意思の
弱さを嘆く。自分自身の立ち位置ですら定まっていないのに、私の好みを皆さんに押しつけてもそれを受け入れ
てもらえないことは解っている。が、たまには私の本音を書かせていただいても許されるだろう。


と言いつつ、京都である。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:大覚寺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5



SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/125Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/125Sec. ISO100 EV+1.3




SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/80Sec. ISO100




SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/80Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/160Sec. ISO100 EV+0.7




SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/250Sec. ISO100 EV+0.7




SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/100Sec. ISO100 EV-0.7

まだ京都が終わらない。 2012/10/31

朝の記事は京都の写真のみ。

京都の写真は全部で 30 枚程度と予想したのだけど意外とボツが少なくて、全部で 60 枚を越えそうだ。今月の
1ヶ月間でアップした写真が 200 枚を越える予定。間違いなく、新記録。Merrill センサーの描写力をお楽し
み頂ければ幸いである。


以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:東寺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5



SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/50Sec. ISO100




SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/125Sec. ISO100 C-PL フィルター使用




SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/125Sec. ISO100 EV+0.3 C-PL フィルター使用




SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/60Sec. ISO100 EV+1.0




SIGMA DP2 Merrill @f:3.2 1/160Sec. ISO100




SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/125Sec. ISO100




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/1000Sec. ISO100

たっぷり仕事。 2012/10/30

【本日2本目の記事】

家でやり終えて、納品するだけ状態だった仕事の全面改定を頼まれたため、非常に長い時間が掛かってしまった。

23時を過ぎて家に帰ってきたのは久しぶり。

さて、SPP 5.4.0 を Windows XP で動かした時に色味がおかしくなる現象について、つきしまさんからご質問を
受けた。カラープロファイルを調べてくださいとお返事しておいたら、それがアタリだったようだ。それに関し
てつきしまさんが非常に詳細な導入方法をコメントしてくれたので、コメント欄をお読みにならない方のために、
ここにそのまま引用させて頂く。

↓↓↓↓↓ 引用開始 ↓↓↓↓↓

■iccプロファイルのダウンロード
http://www.color.org/srgbprofiles.xalter
ここからiccのプロファイルをダウンロードしました。

画面右上緑色のタブの[RESORCES]にマウスを合わせるとプルダウンが出てきますので上から2行目の[profiles]
を選択し、開いたページの[ACCEPT(利用規約に同意)]をクリックしますと、[ICC profiles]ページが開きますので、
[Colour encoding profiles]より

[sRGB profiles] for ICC v2 and ICC v4 をクリックし、開いたページの一番下にあるダウンロードリンクより

sRGB_IEC61966-2-1_black_scaled.icc

をダウンロードしてください。

■ダウンロードしたiccプロファイルの登録先
このファイルを
[プロパティ]→[設定]→[詳細設定]→[色の管理]
で、[追加]をクリックして開いたフォルダにこのiccプロファイルをコピーします。

私の環境では [C:]→[WINDOWS]→[system32]→[sppol]→[drivers]→[color]
です。この[color]のフォルダにコピーします。

■iccプロファイルの設定方法
そして、[色の管理]の画面で[追加]をクリックして、さきほどの

sRGB_IEC61966-2-1_black_scaled.icc

を選択して、[規定値に設定]をクリックして[適用][OK]してウインドウを閉じ、SPPを起動してX3Fを開いてみて
ください。

■ご注意
私は[sRGB_v4_ICC_preference.icc]を使いました。v4はまだサポートしていないブラウザがあるなどと書かれて
いましたが、これでも問題ないようです。

もしこれを適用して、カラーキャリブレーターなどを利用されている場合に他のグラフィックソフトとの色の整
合性が取れないなど事態が発生しましたら、プロファイルの設定を元に戻してみて、再度SPPの振る舞いを確認し
てください。このファイル自体、システムを書き換えたりすることは無いようなので、余計おかしくなりました
ら設定を外すだけで元どおりになります。

↑↑↑↑↑↑ 引用終了 ↑↑↑↑↑↑

画像処理プログラムに詳しい知り合いから、Windows XP の場合はカラープロファイルを変えるだけではダメな
こともあるので、100% 不具合がなくなるとは限らないとも言われた。上記の処理を行ってもうまく行かない方
はシグマかマイクロソフトに文句を言って欲しい。


次に SD1 の新ファームウェアについて、少し書いておこう。

今回のファームウェアアップデートは

・アルゴリズムの改善によりAF精度の向上を図りました
・ISO 感度を1/3段ステップで設定することが可能になりました
・ISO オートのISO感度の上限と下限の設定ができるようになりました
・カラーモードに「FOV Classic Blue」モードを追加しました
・クイックセットメニューのメニュー項目の変更がAダイヤルやSダイヤルで行えるようになりました

と言うことになっている。

SD1 のファームウェアアップデートをホテルで実行したため、京都の2日目は原則として AF で撮影している。
が、やはり合わない時もある。京都シリーズの一番最後にスナップを掲載する予定だけど、ピンぼけのため掲
載できないものが結構あったと言うことをご報告しておく。ただし、私の言うピンぼけは「ディスプレイ上に
1:1で表示したら少し甘い」と言うものまで含まれるので、かなり厳しい判定である事をお断りしておく。
A4 サイズ程度のプリントならあまり問題ないだろう。

ISO感度の設定を細かくできるようになった。嬉しい人もいるかも知れないが、私自身はあまり ISO 感度を細
かく変える人ではないので、あまりありがた味は感じない。ISO オートも使ったことがないので、あまり関係
ない。

FOV クラッシックブルーは面白いけど、私の趣味ではない。SD9 には散々手こずらされた思い出しかない。写
真表現を色で楽しまれる方には選択肢が増える点で歓迎されるだろう。

QS メニューの操作系が DP Merrill と同じになった。DP Merrill の場合は画面の下に数字やアイコンが
表示されるのでわかりやすいが、SD1/SD1 Merrill の場合は相変わらず小さい四角形が並んでいるだけなの
で、チョットだけわかりにくい。まぁ、良くなったことは確かだから、あまり文句を言うのは止めよう。


SD1/SD1 Merrill のファームウェアアップデートで一番やって欲しいことはライブビュー。2番目が書き込み
速度の高速化。3番目がダイヤルのどちらかを AE 撮影時に露出補正ダイヤルとして使える様にすること。もち
ろん AE ボタンを押さずに。とにかく SD1/SD1 Merrill の露出補正は最悪に近い。右手人差し指でシャッ
ターボタンの隣にある AE ボタンを押しながら、親指で S ダイヤルを回さなければならない。AF ポインター
の切り替えにしても、右手親指でボタンを押しながら、右手人差し指で A ダイヤルを回さなければならない。
どちらもよく使うのだから、撮影モード時には何もしてくれない上下左右ボタンにいきなり AF ポインタ移動を
割り当てて欲しいものだ。


と言うことで、京都の写真。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:東本願寺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5



SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/800Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/50Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/400Sec. ISO100




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV+0.7




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/1000Sec. ISO100 EV+0.7




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/30Sec. ISO100 EV+0.7




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV+0.7

DP Merrill の新ファームウェア 2012/10/30

朝一から仕事。と言ってもデータはあるので自宅での作業である。が、午後からは大手町まで行かなければなら
ない。昨晩書いた分をアップさせて頂く。


シグマからの発表では・・・

・ファームウェアアップデート後もアップデート前の設定を保持するようになりました
・カラーモードに「FOV Classic Blue」モードを追加しました
・オートホワイトバランス(AWB)の改善を図りました
・液晶モニタの表示をアイコン非表示に切り替えた場合でも、フォーカスフレームを表示するようにいたしました
・中央AFLを割り当てたAEロックボタンを押した際にも、AF+MFモードが機能するようになりました
・グリッド線の視認性の向上を図りました
・クイックセットメニューに割り当てられる項目に「調光補正」を追加しました
・ISO感度をISO オートに設定して撮影した時、その書き込み中に電源をOFFにした場合に、ISOオートが解除され
 てしまう問題を修正しました

と言うことになっている。周辺部に被るシアン(実際には R が不足する)を低減しました。とはアナウンスされて
いない。が、以前より良くなっているようだ。SPP との相乗効果かも知れない。

AWB が良くなっているとのこと、実はこのところ毎日掲載している京都の写真は昨日までの分が古いファームウェ
アで撮影していて、今日の分からは新しいファームウェアになっている。

で、私はこの京都の写真に関しては全て AWB で撮影しているのだけど、AWB が良くなったかどうか確証が無い。
京都の写真を全てアップした後で、26日に撮影したものと27日に撮影したものの現像パラメータを比較して、どち
らがカラーコントロールの量が多いかを比較して見たい。

0 が 0 点で、例えば 2C3M だったら5点、12Y だったら 12 点として、より点数が少ない方がカラーコントロー
ルを変更する必要がなかったと言うことになる。ファームウェアアップデートの前後では当然ファームウェアアッ
プデート後の方が点数が少なくなければならない。もしそうであったら、AWB によるホワイトバランスの設定は
改良されたと判断して良いだろう。それまで評価はお預けである。

AWB の改善以外は全てすぐに誰でもがわかる変更や追加である。フラッシュを内蔵していないカメラで QS ボタ
ンに調光補正を設定する人は少ないと思うが、要望でもあったのだろうか?

グリッド線はあるかないかがわからないくらい細い線だったのが、はっきりと見えるようになった。水準器を使
わない人には喜ばれるだろう。

と言うことで、京都の写真。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:西本願寺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5



SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/200Sec. ISO100




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/320Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:4.5 1/50Sec. ISO100




SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/160Sec. ISO100




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/160Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/60Sec. ISO100 EV+0.7




お隣の龍谷大学 SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/250Sec. ISO100 EV+0.7

SPP 5.4.0 ってウィルス入り? 2012/10/29

【本日2本目の記事】

私が写真の現像や保管に使っているのは 64 ビット版 Windows 7 Pro のデスクトップマシン。
ウィルス対策ソフトは本家 Microsoft Security Essentials である。

そのマシンに SPP 5.4.0 をインストールしたら、起動時に以下のような画面が表示されるようになった。



Microsoft Security Essentials の不具合であると思われる。私だけなら良いのだけど、もしこの画面が
起動時に表示される方がおられたら、以下の設定を行うと出なくなるので、実行することをお勧めする。

1.[スタートボタン]→[全てのプログラム]→[Microsoft Security Essentials] を開く。
2.上に4つ並んでいるタブの一番右 [設定]をクリック
3.[除外されたファイルと場所]→[参照] をクリック
4.64 ビット版のユーザーは C:\program Files(x86)\SIGMA\SIGMA Photo Pro 5\SIGMA PhotoPro5.exe
  32 ビット版のユーザーは C:\program Files\SIGMA\SIGMA Photo Pro 5\SIGMA PhotoPro5.exe
  を選択
5.[追加]をクリック。
6.右下の[変更の保存]をクリックして、変更を許可しますか>画面で[はい]をクリック。
7.Microsoft Security Essentials を閉じる。


さて、引き続き京都である。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:寂光院。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5



大原寂光院への道 SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/100Sec. ISO100




SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 0.3Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/30Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/20Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/5Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm F5.6 0.4Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/5Sec. ISO100 EV+0.3

これで第1日目、10月26日撮影分は終了。

引き続き、京都の写真。 2012/10/29

撮影した枚数は結構多いのに、写真そのものがイマイチ(いつものことだけど)。

ちゃんと写っているだけなら、そこそこあるのだけど、やっぱりただそこにあるもの、行った先で見たものを漠然
と撮っているだけ。私の写真らしいと言えば、その通りだけど、本当はもっとじっくり撮りたい。仕事がらみで
2日間行っただけの京都で良い写真が撮れるはずがないと自らの腕の悪さを棚に上げつつ、言い訳とさせて頂く。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:三千院周辺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5



SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/25Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/10Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/50Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/6Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/100Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/20Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/25Sec. ISO100

SPP 5.4.0 について。 2012/10/28

【本日2本目の記事】

我が家のマシンでは全く問題なく動いている。Windows XP でも、やたら遅いけど、落ちることなく動いている。

5.4.0 にして落ちるようになった方々の共通点は6コアのハイパースレッドのようだ。もし、お使いの CPU が
6コアの方はハイパースレッドを切ってみることをお勧めする。しかし、6コアのマシンでチェックしていない
のだろうか?


さて、SPP 5.4.0 になって一番ありがたいのはバンディングノイズリダクションだ。シマシマノイズがかなり綺麗
になくなる。色ノイズリダクションと輝度ノイズリダクションも少し変わった様な気がする。

京都の写真を SPP 5.4.0 でノイズリダクションを全て 0.5 で(つまりデフォルトで)現像しているのだけど、掛かり
過ぎることもなく、掛からな過ぎて困ることもなくと言った感じで、全然いじる必要が無い。しばらくはノイズリダ
クションをいじくらずに現像し続けてみよう。

フリンジ除去は使い方を間違えると本来の色まで彩度が低くなる。スポイトよりもマニュアルで設定してあげる方
が良い結果となる。DP1 Merrill で撮影したもので、空が写っているものにはほとんどフリンジ除去を施している。

FOVクラッシックブルーはお好きな方は使っても良いと思う。ただし、赤がオレンジっぽくなるので気を付けた方が
良い。下にも1枚だけ使って見た。


とりあえずの印象としては SPP 5.4.0 は非常に良くなったと言いたい。もっと良くなって欲しい部分や追加して欲
しい機能はまだあるけど、シグマには以前から要望を出してあるので、そのうち何とかしてくれるだろう。


引き続き、京都の写真をアップさせて頂く。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:東福寺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモード4枚目以外は「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



霊雲院 SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/50Sec. ISO100 EV-1.0




霊雲院 SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/20Sec. ISO100 EV-0.7




霊雲院 SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV-0.3




同聚院 SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/1000Sec. ISO100 EV-0.3
カラーモードは「FOVクラッシックブルー」




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV-0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/60Sec. ISO100




SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/40Sec. ISO100 EV-0.7

京都の写真、整理中。 2012/10/28

今朝、京都から帰って来た。

やらなければいけないこと、やった方が良いこと、やりたいこと等が山積み。

どうしても今日中にやらなければいけないことはとりあえずやったけど、まだ少し残っている。

京都での総撮影枚数 2,381 枚、その内でお目に掛けられそうなものは 30 枚くらいだろう。

とりあえず、ヨメさんが京都の写真をアップしろと言うことなので7枚ほど・・・。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:伏見稲荷大社。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/100Sec. ISO100 EV+0.7




SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/60Sec. ISO100




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/30Sec. ISO100 EV-0.7




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/2Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 0.4Sec. ISO100 EV+0.3




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/2Sec. ISO100 EV-0.7




SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/20Sec. ISO100 EV-0.7


新ファームウェアや SPP 5.4.0 に付いては2〜3日中にイロイロ書く予定。少々、お待ち頂きたい。

ホテルでのんびり・・・できない。(^^; 2012/10/26

今日、この記事はヘトヘト&ヘロヘロになった状態で、京都のホテルで書き始めた。

ファームウェアのアップデートと SPP のバージョンアップがあることはわかっていて、しかもそれが今日かも
知れないとは思っていたのだけど、シグマのウェブサイトを見たら、やっぱり。

今日は夕べからの夜行高速バスで京都に着いて、朝7時から10時半まで撮影。その後出張仕事。その後大原に
移動して三千院と寂光院を廻った。その後、銀閣寺にでも寄って、ホテルにチェックインしようと思っていたの
だけど、寂光院が終わった時点で、脚が棒になってしまった。

今はホテルにチェックインして、SPP 5.4.0 をダウンロードしたところ。

何から手を付けたら良いかわからない。が、取り敢えず本日撮影仕立てのホヤホヤ画像を SPP 5.4.0 で現像し
てみよう。と思って始めたのだけど、マシンが Core 2 Duo のノートブックなので激遅。SD1 で撮影した 180
本のファイルを CF からコピーするだけでも25分ほど掛かる。

DP1 Merrill は 566 枚以上ある。げ、DP1 Merrill に今使っているカードは SDXC だから、カードリー
ダーがないと読み込めない。ま、それは良いとして。DP2 Merrill も 330 枚。今日だけで 1,000 カットを
超えてしまった。

これを全部ノートにコピーしていたら、現像を始めるのが午後9時を過ぎてしまう。実は午後8時30分からヨ
メさんに頼まれてオークションに出品したものが落札され始める。そちらの面倒も見なければならない。


何だかんだでまもなく23時50分。今日はもうダメ。おやすみなさい。

五年ぶりの京都。 2012/10/26

明日は午前11時30分から3時間ほど京都で仕事である。日帰りをしようと思ったのだけど、ヨメさんがせっかく
京都へ行くのだから、もっとゆっくりして来いと言う。なので、今夜の夜行バスで京都へ向かい、明日の早朝か
ら仕事が始まるまで写真を撮る。仕事が終わったらまた写真を撮って、夜は一泊。明後日は朝から起きて、一日
中写真を撮って、夜中に京都を発つ夜行バスで帰ってくる。日曜日はヘロヘロだろう。

紅葉には早すぎる。お寺を撮るのは嫌いではないけど、私が撮ったら典型的な絵はがき写真しか撮れないのはわ
かっている。観光名所をおきまりの角度、画角で撮っても、誰にも楽しんでもらえない。しかも、私にはそう言っ
た典型的な、普通の人が普通に撮る写真しか撮れないと言う優れた(?)才能がある。唯一の救いはシグマ製デジ
タルカメラで撮ると、これほどまでに写るのかと驚かれることだろう。

いっそのこと「わざわざ京都まで行ってこんな写真を撮ってきたの?」とバカにされるような京都らしさの無い
街頭スナップ写真を撮るのも面白いかも。五年前に言った時には夜の先斗町を撮って、結構楽しめた。とにかく、
気負えば気負うほど写真はつまらないものとなることがわかっているので、あまり張り切りすぎないよう気を付
けよう。

どこへ行って何を撮ろうと言う計画が全く無いのでこの記事を書きながら決めてしまおう。

京都駅から南へは行ったことがないので、明日の朝は行ってみよう。とりあえず東福寺と伏見稲荷大社が目標。
午後からは大原まで足を伸ばして、寂光院と三千院を廻って来よう。夕方は銀閣寺、哲学の道、南禅寺に寄っ
てホテルに入る。

土曜日はホテルの向かいにある西本願寺と東本願寺、京都駅の反対側に廻って東寺。午後からは嵐山方面で高山
寺と大覚寺。夜はライトアップするお寺を廻る観光バスに乗る。

と言うことで今日の2枚。



今日見た景色 77  土に力を付ける
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/40Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

畑に鶏の糞から作った肥料を撒いている。少しだけ臭うが、ひどい臭いではない。タイトルは写っているおにぃ
さんが教えてくれた。「土に力を付けているんですよ。」この後小型の耕耘機で土と肥料を混ぜ合わせ、種を
蒔くそうだ。



今日見た景色 78  くすんだ福太郎
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/200Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

秋晴れ。 2012/10/24

仕事が入っていなかったので、フラリとシグマへ行って来た。

やはり SPP 5.4.0 は非常に近い将来公開されるようだ。フォビオンブルーだけで無く、ユーザーに喜ばれそう
な機能の追加もあるらしい。ファームウェアのアップデートも同時に計画されているのだけど、一部、少し遅れ
るものもありそうだとのこと。ファームウェアのアップデートもフォビオンブルーだけではなさそうだが、詳細
はお楽しみにと言うことであった。

私が EF-500 DG SUPER を DP2 Merrill で使っているのは若干問題があるとのこと。DP Merrill が正式に
対応しているフラッシュは EF-140 DG と EF-610 DG だけであると言われた。仕方がないので EF-610 DG
SUPER を入手して、フルシンクロするかどうかと閃光時間をテストして見ることにした。

帰りは黒川駅ではなく、栗平駅経由で帰って来た。近くには「柿生」と言う駅がある。地名としては現存してい
ないのだけど、昔は柿生村と言うのがあって、まさに柿の名産地であったとのこと。その名残かシグマから栗平
の駅に行く途中で柿をいっぱい見かけた。

と言うことで今日の一枚。



今日見た景色 76  柿・柿・柿
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0


明日の夜から明後日に掛けて、チョット京都へ行かなければならなくなった。時間的にはあまりゆとりはないの
だけど、 Merrill で京都はかなり楽しみ。

グチャグチャな天気の日。 2012/10/23

秋晴れ、曇り、雨、雷、強風、全て今日の天気。

今日は午後遅くからの仕事であった。朝はお散歩写真を撮った。そして、仕事に出かける前にショコラを撮影。
この手の写真だと FOVEON センサーの描写力が生きてくるのだけど、昨日の跳んでいるショコラの場合は、
とりあえず写っているだけで FOVOEN らしさが出ていない。いつもそんな風に考えて作例を撮影し選んで
いるので、面白いけど描写がイマイチの写真は滅多に掲載されない。昨日のショコラはヨメさんに頼まれての
例外である。

いつも書いているように、私がシグマ製デジタルカメラしか使わない理由は、その優れた描写力が気に入ってい
るからで、描写力が今ひとつの写真なら、他社製のカメラでも撮れる。また、綺麗に撮ろうとする撮影者の気配
りにちゃんと答えてくれるカメラなのでこちらもしっかり撮ろうと気合いが入る。

D800E をお借りした時もしっかりピントを合わせて、何枚も撮ったのだけど DP2 Merrill の描写を越える
ものは撮れなかった。やはりローパスフィルターを外しても(D800E の場合、正確には「ローパスフィルター
の効果を相殺しても」)、1ピクセルのデータとして必要な3色のウチの2色、つまり 66% をそのピクセル
位置にある本当の値ではなく、周囲のピクセルから演繹した値で代用するという致命的な欠陥を持つベイヤー
型イメージセンサーを使っている限り、諦めるしかないのだろう。

4日ほど前にリコー・ペンタックスからもローパスフィルターを外したカメラ(K-5 IIs)が発売されたけど、
公式な作例1作例2をディスプレイ上に1:1で見てしまうと、曖昧なピクセルの境界をシャープネスで処理して
あることがわかる。一言で言えば「エッジが不自然な画像」である。

もちろん、これらの作例を普通のサイズでプリントするのであれば、ナンの問題もない。非常に良い画像だと思
う。また、カメラとしての機能は SD1/SD1 Merrill とは比較にならない。ボディ内手ブレ補正、ダストクリーナー、
フォーカシングスクリーン交換可能、ライブビュー、ホワイトバランスのユーザーによる調整が可能、RAW で 20
枚の連続撮影、カスタムイメージ、ノイズリダクション、ダイナミックレンジ設定、ディストーション補正、倍率
色収差補正、デジタルフィルター、HDR撮影、多重露出、自動水平補正、構図微調整、拡張ブラケット、インターバル
撮影、電子水準器等々、全て SD1/SD1 Merrill には無い。全てとは言わないが、この中のかなりの部分は
SD1/SD1 Merrill にも欲しい機能である。これだけの機能が付いているのに 11 万円でお釣りが来るそうだか
ら、とても安い。懐にゆとりのある方には強くお薦めする。ただし、画質に関してはベイヤー型イメージセンサーの
それを大きく凌駕するものではない。

他社製のカメラを機能をここで並べ立てることには若干の抵抗があるけど、シグマにはこのカメラの機能の一部
でも良いから搭載して欲しいと思ったので、書いてみた。もし、リコーでなく、シグマがペンタックスを手に入れて
いたら、FOVEON センサーを搭載した K-5F が出ていたかも知れない。(^^;


さて、今日の写真は4枚。



今日見た景色 74 切り欠き
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/60Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0




今日見た景色 75 キンモクセイのデッサン
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0




天井が光ってる
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:4.5 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」。
ノイズリダクション 0.5,0.75。シャープネス -0.5。天井にストロボ。




もの想う秋
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:4.5 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」。
ノイズリダクション 0.5,0.75。シャープネス -0.5。天井にストロボ。

実は仕事に出かける前に全て現像を済ませ、この記事を書いておいたのだけど、写真をアップする時間が無く
なってしまったため、家に帰って来た今、ブログへの掲載となった。

明日は黒川に出没する予定。

フラッシュの閃光時間 2012/10/22

【本日2本目の記事】

自分が解っていると思ったことと現実が異なった場合、確かめずにはいられないのが私の性分。

今朝、ここにアップしたショコラの写真は昨晩、部屋の中でストロボ(ストロボは商品名なのでシグマではフラッ
シュと言う)を使って撮影したものだ。クリップオンタイプのストロボの場合、閃光時間は非常に短い。にもかか
わらず、なぜかショコラが被写体ブレしていた。これはおかしい。私の知識が間違っているか、SIGMA EF-500 DG
SUPER の閃光時間が意外と長いかのどちらかである。

実際にブレているのだから、SIGMA EF-500 DG SUPER をフル発光させた場合の閃光時間はさほど短くはないら
しいと考えた。そして、DP2 Merrill に着けた EF-500 DG SUPER をマニュアルモード、フル発光にして(私はそ
れしか使った事がない)シャッター速度を変えながら 18% 反射板を撮影してみた。

距離1m、絞り f:11.0 で直射。撮影後 SPP でオールゼロで現像。グレー反射板の RGB 値を確認した。わざわざ
お目にかけるほどのものではないので、掲載はしないけど、1/2000 秒ではシンクロせず、真っ黒(マニュアルに
はシンクロしないとは書いてない)。1/1600 秒ではほぼ 20、1/1250 秒では 100、1/1000 秒では 190、1/800
秒では 235、1/500 秒では 255。白飛びになってしまったので、天井に反射させて、絞りを f:5.6 にして、徐々に
シャッター速度を遅くしていった。定常光の影響もわずかにあったのだけど、1/250 秒と 1/125 秒でほとんど差が
無くなった。

つまり、EF-500 DG SUPER をマニュアルでフル発光にした場合の閃光時間は 1/250 秒くらいだと言うことだ。
自動調光モードにして近距離の撮影だと 1/5000 秒より短い時間しか発光しないこともあるのだけど、フル発光
させた場合の閃光時間が意外と長いことに驚いた。

今日わかった事:EF-500 DG SUPER のマニュアルモードで光を 100% 使おうと思ったら、フルシンクロが可
能なレンズシャッターを採用しているカメラでも、1/250 秒より速いシャッター速度を選んではいけない。

他のカメラ及びフラッシュの組み合わせではどうなるかは不明。フラッシュを良くお使いになる方はご自身でテス
トされることをオススメする。

ジャンピングショコラ。 2012/10/22

昨晩、ヨメさんが「ショコラを遊ばせると、もの凄くジャンプするので、それを写して欲しい。」と恐ろしい事を言
い出した。

最近のショコラはヨメさんがゆっくり振り回すメジャーの先に着けた鳥の羽を追いかけるのがブームになっている。
まぁ、やってみるかと言うことで、DP2 Merrill に EF-500 DG SUPER を乗せて、例によって天井バウンス。
鳥の羽を追いかけてジャンプする確率はほぼ 50%。ピントは当然置きピン。

ジャンプした5回のウチ、首から下しか写っていなかったもの(凄いジャンプ力)2枚、フレームの外に出てしまっ
た(かなりの速度)ものが1枚。かろうじて写ったものが2枚。いずれも要トリミングである。



SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」。
ノイズリダクション 0.5,0.75。シャープネス 0。天井にストロボ。Photoshop でトリミング。



SIGMA DP2 Merrill @f:3.5 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」。
ノイズリダクション 0.5,0.75。シャープネス 0。天井にストロボ。Photoshop でトリミング。

ストロボの発光時間は非常に短いので、ブレないだろうと思ったのに、しっかり被写体ブレを起こしている。
次の時にはシャッター速度を上げてみよう。

SIGMA SD9 の発売から 10 年。 2012/10/21

10 年前、2002 年の今日 SIGMA SD9 が発売された。私が SD9 を入手したのは、それから約1ヶ月と半分が過ぎ
た 12 月7日。写真雑誌の CD-ROM に収録されていた SD9 の作例画像を見た後で、どうしても欲しくなり、アッ
と言う間に売り切れて入手不能となっていたのを、オークションで落札して手に入れた。

下の写真は私のウェブサイトのトップページにある「はな」と私のツーショットの中で最初に表示されるもの
のオリジナルである。SD9 でリモートコントロールを使って撮影。この写真は私がそれまでは全く別の目的で作っ
ていた個人のウェブサイトを「親ばか写真掲載サイト」に作り変える動機となった写真でもある。



SIGMA SD9 + SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX ASPHERICAL HSM @35mm f:8.0 ISO100 EV+0.5
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「はれ」、カラーモードは「使用不可」。
ノイズリダクションも使用不可。


今月中には SD9 の色調を再現したカラーモード「FOV クラッシックブルー」が追加されたファームウェアと SPP
が発表になる可能性が高い。SD9 のフォビオンブルーがどのようなものであったかを知りたい方のために昔撮影し
たものを2枚掲載する。なお、掲載に当たって SPP 5.3.2 で現像し直している。



冬木立 2003/01/24
SIGMA SD9 + SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX ASPHERICAL HSM @17mm f:8.0 1/250Sec. ISO 100
現像は SPP 5.3.2 でオールリセット。



赤いオブジェ 2003/01/24
17-35mmF2.8-4 EX ASPHERICAL HSM @17mm f:13.0 1/90Sec. ISO 100
現像は SPP 5.3.2 でオールリセット。

天気の良い日に SD9 で空を撮るとこのような色になった。私自身もこの頃はこの色が結構好きだったことを白
状しておく。が、SD9 の作例でフォビオンブルーがしっかり出ているのはこの日に撮影した4枚のみ。心から
好きだったわけではなさそうだ。


と言うことで今日のショコラ。



幸せな時間
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:4.0 1/15Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



こわもてのショコラ
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。

SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG その2 2012/10/20

【本日2本目の記事】

Yoshi さんからテレコンバータの逆光性能が心配とのコメントを頂いた。

シグマでは「ゴーストバスターズ」と名付けられた3名の専任のチームがゴーストやフレアを撲滅する事だけを
研究し続けている(今もそうであるかどうかは知らない)。

少し前に社長が「フレアやゴーストでレンズのコーディングに起因するものはせいぜい 20%。」と発言したことは
このグループの研究の成果を踏まえてのことだろう。

ただ、APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG はかなり息の長い製品なので、そのゴーストバスターズの成果が生か
されているかどうかは不明である。しかし、故山木会長の DNA がまだ生き続けているとすれば「良きことは直
ちに製品に反映させる」のが最優先事項であった会津の製造現場において、密かな改良が成されていたかも知
れない。

まぁ、撮って見れば判ると言うことで、撮って見た。



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 そのまんま

逆光と言うより、太陽を撮った写真。マスターレンズの逆光性能が良くないとテレコンバータの性能の善し悪し
が判定できないために、始めにテレコンバータ無しでこのような写真を撮る必要がある。f:4.0 なので、あまり
絞ってもいない。非常に過酷な撮影条件である。レンズの逆光性能が悪いと太陽とは点対称の位置に露骨なゴー
ストが出たり、暗い部分にフレアが出まくるのが普通である。鉄塔がシルエットにならずグレーになったりする。
フレアやゴーストが見え易いように現像時に Fill Fight を異常に上げてある(1.0)にも関わらず、そう言っ
た画像にはなっていない。MACRO 70mm の逆光性能が十分に良い事が判る。



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
+ SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG @f:4.0(明るさとしての絞り値は f:5.6)

撮影条件、現像条件は上のテレコン無しと全く同じ。やはり Fill Fight を異常に上げてあるにも関わらず、
露骨なゴーストやフレアは見えない。APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG の逆光性能は十分に良い。

実際の写真だとどのような現像になるのかをご覧頂く。富士山がうっすらと写っているのが判るだろうか?



さて、今夜の夕飯は「おでん」。ヨメさんが呼んでいる。

なお、自衛隊観艦式事前公開での受閲艦艇部隊の全艦艇を掲載するつもりだったけど、昨晩「作例画像」の
「SD1/SD1 M/DP2 M/DP1 M」に残りの6枚をアップした。興味のある方はそちらをご覧頂ければ幸いである。

SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG 2012/10/20

昨晩、NARUSICAA さんより「1.4×、2.0×のテレコンを使うと、maroさんが判断する最高のレンズ(!!!!!)の描写
はどの程度落ちるものなのか、興味があります。」とのコメントを頂いた。以前 SD14 や SD15 で装着前後の
画質をテストしたことはあるのだけど、ズームレンズに装着して、そのレンズ自身の 1.4 倍と比較したり、他
のレンズと比較したりした。

しかし、今回は単純にテレコンバータを使った時とそうでない時の描写を SD1 で比較してみた。いつもの風景
は無限遠にあるため、テレコンバータを着けてしまうと画角が異なるので比較にならない。なので、比較的近
距離にあるものを写し、テレコンバータを装着後、同じ範囲が写るようにカメラを被写体から離して再び撮影
する方法を採用した。残念ながら私は 2x テレコンバータは所有していないので、今回は 1.4x のみの比較になる。

マスターレンズは MACRO 70mm F2.8 で、本来このレンズはテレコンバータの装着は認められていない。が、取
り着けること自体は問題なく出来るので、カメラに伝達される絞り値がテレコンバータを装着していない絞り値
のままになってしまうが、それ以外に問題となる点はない。

なお、微妙な描写力の違いを見て頂くために、以下のファイルは JPEG 12 で保存してある。なので、かなり大
きなサイズとなっているため、表示に多少時間が掛かることをお許しあれ。

まずは、いつもの焦点距離が異なる場合に被写体としてよく使う自動販売機が並んでいる風景。



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
+ SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG @f:5.0(明るさとしての絞り値は f:7.1)



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
+ SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG @f:3.5(明るさとしての絞り値は f:5.0)

現像の条件は全く同じで、露出のみを少し調整している。


次に、不動産屋さん。



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
+ SIGMAAPO TELE CONVERTER 1.4x EX DG @f:5.0(明るさとしての絞り値は f:7.1)



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
+ SIGMAAPO TELE CONVERTER 1.4x EX DG @f:3.5(明るさとしての絞り値は f:5.0)


この下はテレコンバータを装着して撮影したままの位置からカメラを移動せずに、テレコンバータを外して撮影
したもの。



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0

そして、この下は上の画像をトリミングしたもの。



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0

このテストをご覧頂ければおわかりの通り、APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG を使用しても、マスターレン
ズの性能が十分に良い場合は、明らかな描写力の差は認められない。もちろんじっくり比べれば、倍率色収差が
少し目立ったり周辺部にわずかな流れがある事は確認できるが、このような状態で比較しない限り判別は難しい。
特に倍率色収差に関しては SPP の低減機能を使うと、全くと言って良いほど判らなくなる。

なので NARUSICAA さんへのお答えは「SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG の場合、ごくわずかな描写力
の低下は認められますが、!!!!! が !!!! になる程ではありません」と言うことになる。

テレコンバータの生みの親はシグマの故山木会長なのだから、シグマ製のテレコンバータが優秀なのは当然と言
えば当然のことだろう。

自衛隊観艦式・受閲艦艇部隊第5群 掃海艇 2012/10/19

【本日2本目の記事】

10月8日に行われた自衛隊観艦式の事前公開を見学することが出来、その時の艦艇の写真を掲載している。

受閲艦艇と言うのは観閲を受ける、つまり見てもらう艦艇の事である。今年の観艦式では 25艘の艦艇が7つの
群にまとめられて受閲部隊を構成した。順番に見て頂いているが、今日は第5群で、掃海部隊である。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第5群・1番艦 掃海母艦「ぶんご」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/800Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。

ここでレンズを交換。以降は掃海艇が5艘続く。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第5群・2番艦 掃海艇「あいしま」
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/800Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第5群・3番艦 掃海艇「みやじま」
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/500Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第5群・4番艦 掃海艇「ひらしま」
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/500Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第5群・5番艦 掃海艇「たかしま」
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/500Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第5群・6番艦 掃海艇「えのしま」
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/500Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。

掃海艇とはご存じの方も多いと思うが、機雷の除去を行うための特殊艇で一番下の「えのしま」以外は全て機雷に
反応しにくい木造艦である。で、「えのしま」は FRP(繊維強化プラスチック)で作られているとのこと。掃海
母艦は掃海艇を束ねるのを目的とした艦艇であるが機雷を敷設する機能も持っている。

チョットのんびり。 2012/10/19

特に急がなければならない仕事も無く、朝の散歩で写真を撮った。今日も広角系。



今日見た景色 72 大きな水たまり
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0




今日見た景色 73 通学路
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/250Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0


そして、今日のショコラ



新しいベッド
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:6.3 0.6Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。

この猫用のベッド、購入時は中にふかふかの丸いクッションが敷いてあったのだけど、ショコラはふかふかが嫌い
らしく、入れてもすぐに出てしまう。少し堅めに綿を詰めて、お気に入りのマットを敷いてあげたら、その中で
寝るようになった。少し寒いのか前足で鼻を隠して寝ている。初めは手持ちで撮影したのだけど、ブレブレ。
仕方なく三脚に乗せて撮影。このレンズの描写力が生かせた。

夜には例によって自衛艦艇をアップする予定。

撮り過ぎ? 2012/10/18

このところ仕事があまり忙しくないせいか、写真をかなり撮っていることに今更ながら気が付いた。作例画像に
アップした枚数が7〜9月の3ヶ月で 100枚以上、今月だけで既に 76枚。粗製濫造である。

しかし、本人は無理に撮っている意識は全く無くて、撮ろうと思ったものを撮りたいように撮っているだけ。
まぁ、とんでもなくいっぱい撮っているわけでもないし、作例として適当と私自身が思うもののみ(?)を掲載
しているので、お許しを願う。

と、書いている側から、撮って現像したのにアップし忘れていたものを6枚ほど見つけてしまった。



今日見た景色 65 お寺の鎖縦樋
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/13Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。



今日見た景色 66 お地蔵さん達
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/5Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0。

上の2枚は日曜日に撮影。




今日見た景色 67 製鉄所
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/500Sec. ISO100 EV+0.3 
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



今日見た景色 68 ユンボ
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/500Sec. ISO100 EV+0.3 
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。

上の2枚は先週の土曜日に撮影。




今日見た景色 69 トラック
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/40Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。



今日見た景色 70 ほうきの木
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0。

上の2枚は月曜日に撮影。


今朝も仕事前に朝の散歩。幸いにも(?)小雨が降ったり止んだり。花に滴が着いてくれる。と言うことで、昨日見
つけた黄色い彼岸花に再度挑戦。昨日の写真はまぁまぁの出来。桜や花火と同じで、花だけを撮って見事な写真
にするのはもの凄い努力と技量が要求される。私にはそこまでの気力も技量も無いので、普通は被写体の周囲を
入れて誤魔化す。

DP2 Merrill で撮り始めたのだけど、背景が今ひとつ狭い。DP1 Merrill に換えて、いっぱい撮影。絶対に手ブ
レするシャッター速度なので、1シーンに付き連写モードで 12〜24 カット撮る。運が良ければ、その中にほと
んどブレていない写真がある。

しかし、残念なことに肝心な被写体の花が開きすぎて、花弁がしわしわになってしまった。クローズアップでも
撮ったのだけど、グチャグチャ。

120枚ほど撮って、お目にかけられるものはこれだけ。



今日見た景色 71 黄色い彼岸花再び
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/20Sec. ISO200 EV-1.0
絞り優先AE、AF→MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.25,0.75、シャープネス -0.5。

自衛隊観艦式・受閲艦艇部隊第4群は潜水艦。 2012/10/17

【本日2本目の記事】

どなたからも自衛隊艦艇の写真を掲載する事に対する非難を受けていないので続ける。もし、非難されても「作
例ですから」と言い訳して止めないと思うけど・・・。(^^;



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第4群・1番艦 504 潜水艦「けんりゅう」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/400Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第4群・2番艦 594 潜水艦「いそしお」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/500Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第4群・3番艦 587 潜水艦「わかしお」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/500Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0。

撮り直し 2012/10/17

昨日掲載したお寺の銅鑼を鳴らすための打ち綱が今ひとつ気に入らなくて、今朝撮り直してきた。

どこがどう違うと言われても困るのだけど、質感の描写がごくわずかに、こちらのが良いと思う。が、ISO400
で撮影しているために、ノイズは少し多い。少し絞りが開いていて背景の入り方が少し違っていて、シャッター
速度が4倍速いだけの違いである。撮影時は曇っていたため、(上の方が青くならずに)こちらのが自然な色味に
なっている。



今日見た景色 63-2 銅鑼の打ち綱
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/80Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5。

撮影場所はいつもの「あかもん寺」なのだけど、この境内の片隅に黄色い彼岸花が咲いていた。この黄色い彼岸花
は「鍾馗水仙」と言うのが正しいようだけど、この個体は花の形などはいかにも彼岸花で、黄色い彼岸花と言って
も差し支えないだろう。カラーモードを「スタンダード」にすると派手すぎて本来の色が出ないため「ニュートラル」
で現像。



今日見た景色 64 黄色い彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/125Sec. ISO400 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.25,0.75、シャープネス -0.5。


そして、いつものショコラ。



ん?
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/10Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。


さて、お仕事、お仕事。時間があったら、夜は自衛艦艇を掲載する予定。

お約束の自衛艦艇です。 2012/10/16

【本日2本目の記事】

自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第3群・1番艦 護衛艦「いせ」(ヘリ空母)は 10月 11日に掲載したのでパス。




自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第3群・2番艦 護衛艦「せとぎり」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/640Sec. ISO200
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0。ピンぼけです。(^^;



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第3群・3番艦 護衛艦「はるゆき」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/800Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第3群・4番艦 護衛艦「あさゆき」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/1000Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。

フォビオンブルーの追加 2012/10/16

シグマがカラーモードにフォビオンブルーを追加することは既にアナウンスされているが、具体的にはどのよう
な変更になるのかを考えてみた。

まず、カラーモードに「FOVクラッシックブルー」が追加されるのは Merrill センサーを搭載している機種であ
るという。つまり SD1/SD1 Merrill、DP2 Merrill、DP1 Merrill が対象となる。カラーモードを追加す
る必要があるのはファームウェアと SPP である。

そして、シグマに尋ねたところ今月中にリリースすることを目標に、鋭意開発中とのことであった。と言うこと
は運が良ければ、月内に Merrill センサーを搭載した全機種のファームウェアがアップデートされ、それと同
時に SPP もアップデートされると言うことだ。個人的にはあまり興味のない「フォビオンブルー」だけど、それ
以外に何らかの機能的な追加や変更があることを願う。

特に SD1/SD1 Merrill のファームウェアに関しては DP と同等の操作性と書き込み速度を実現して欲しい。
また、SPP に関してはシマシマノイズやビネッティング(周辺光量不足)、周辺部のシアン被りなどセンサーや
レンズに起因する画像のマイナス要因を低減する機能を付けて欲しいと思う。あと2週間もすれば日の目を見る
であろう新ファームウェアと新 SPP に期待しよう。

と言うことで、今日の2枚。(実は昨日の撮影)



今日見た景色 62 釣り鐘
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/20Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



今日見た景色 63 銅鑼の打ち綱
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/20Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。

過ごしやすい季候 2012/10/15

【本日2本目の記事】

今日はのんびり過ごした。明日は一日中仕事である。鋭気を養った感じ。

自衛隊観艦式受閲艦艇で未公開のものがまだかなりある。3〜4日掛けて掲載して行く。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第2群・1番艦 護衛艦「たかなみ」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/800Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第2群・2番艦 護衛艦「おおなみ」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/800Sec. ISO200
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第2群・3番艦 護衛艦「はるさめ」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/640Sec. ISO200
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。

ご覧頂いてお判りの通り、デッキの上に整列している自衛艦の方々は全て後を向いている。これは観閲を行う艦艇
がもう一列向こう側にあるからである。

どうやら船の写真、特にこう言った軍艦の場合は船首に書いてある艦識別用の数字などの理由で左が船首になるよ
うに撮影するのが基本らしい。

残念ながら撮影場所を選択できる身分では無かったので、受閲艦艇はすべて船首が右側になっている。その代わり
と言っては何だけど、太陽の位置が順光となるため写真としては良いものとなっている。

好みの問題ナンだけど 2012/10/15

今年の7月に Apple 社の新しい OS 用の壁紙として採用された美瑛町の池を写した写真家白石氏の「デジタル病」
に付いての記事を紹介させて頂いた。美しい風景を高彩度で表現する撮影者が多いことに警告を発している彼の
意見に我が意を得たりと感じたためであった。

私の様なへたれが他の方々の写真について大きな口を叩いてもみっともないだけであることは承知しているし、
単に「好みの問題」で片付けられてしまってもしかたのないことだけど、やはり彩度を上げてある写真を好きにな
れない。

私自身も写真を見てくださる大多数の方々に迎合して今ひとつ彩度を下げ切れていないことに自嘲を禁じ得ず、
また、自戒の意味も含めて書いておかなければならないと感じた。

確かに彩度は高い方が美しく見える。けれど現実の色はそれほど派手ではないことが多い。私自身、現像時に彩
度を上げることは無い。が、ついカラーモードで「スタンダード」や「風景」を使ってしまう。「ニュートラル」が
一番自然な色に近いことを知っていながらそれを採用しないのは写真を見てくれる方々の反応を意識しているから
である。そのような自覚があるにもかかわらず、「これからはニュートラルを原則とします」と宣言できない弱腰の
自分がいる。

作家ではないし、写真でお金を稼いでいるわけでも無い。だから自分の好きなように現像して発表すれば良いのに、
つい大多数の方々の好みに迎合してしまう。敢えて、一つだけ言い訳をすれば、シグマ製のデジタルカメラの発色
はとても地味なのだと誤解されることを恐れている自分がいることも確かだ。

「作例」として掲示する以上、ちゃんと写っている綺麗な写真を提示しなければいけないとも思う。4〜5年くらい
前まではかなり派手な写真にも全く抵抗がなかったことも有り、自分自身の好みの変化にも多少戸惑っているの
も事実だ。

だから何と言うことは無いのだけど、これから先も傾向の定まらない作例を上げ続けることを、お許し願いたい。

と言うことで、今日の2枚。



今日見た景色 60 こま犬
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/200Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



今日見た景色 61 空き地にぽつり彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/320Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。

SD1/SD1 Merrill はなぜ遅い? 2012/10/14

【本日2本目の記事】

今日は3年に一度の内閣総理大臣を迎えての自衛隊観艦式の本番であった。先週の自衛隊観艦式事前公開の時には
かなり多量に撮ったため、まだ全てをきちんと現像し切れていない。そしてそれらの写真を現像していると結構ちゃ
んと写っているものが多く、皆さんに見てもらいたくなる。

3年前には Merrill センサーは存在していないので、今年の観艦式は Merrill センサーで撮影された初めての
観艦式と言うことになる。今日は天気がイマイチだったかも知れないが、先週の月曜日はかなり良い天気だった
し、私が乗船したのが観閲補助部隊に属する艦だったため、順光で受閲艦艇(観閲を受ける艦艇)を撮影する事
が出来た。

このまま埋もれさせてしまうのも何となくもったいないので、単に艦艇が写っているだけの写真なんだけど、少
しずつ公開して行こうと思った。私自身は軍国主義者ではないし、戦争なんてまっぴらだけど、自衛隊の存在に
関しては肯定的な立場の人間である。人によっては自衛艦艇を見ることに抵抗がある方もおられるとは思うけど、
FOVEON センサーの描写力を堪能して頂くための掲載と言うことでお許し願う。

まずは受閲艦艇を先頭から、未公開のもののみを掲載する。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 旗艦 護衛艦「あきづき」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/1250Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。

自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第1群・1番艦 護衛艦「はたかぜ」は 10月11日に掲載しているのでパス。



自衛隊観艦式 受閲艦艇部隊 第1群・2番艦 護衛艦「しらね」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/800Sec. ISO200
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。


これらの写真を撮影していて一番焦ったのは次から次へと艦艇が目の前を通り過ぎること。SD1 でバッファフル
まで撮影してしまうと次に来る艦艇を撮影する事が出来ない。なので、一艘に付き3枚までしか撮影していない。
しかも露出の具合を確認している暇もない。オートブラケットにして次々と撮影していただけである。もし、AF
で撮影していたら、合焦しない時に再びシャッターボタンを半押しして合焦動作を行わせなければならず、間に
合わなかったかも知れない。

せめて DP Merrill と同じ速度で書き込んでくれれば、もう少しゆとりを持って撮影できただろう。同じセンサー、
同じチップセットを使っていて、大型で高価であるにもかかわらず、SD1/SD1 Merrill の書き込み速度は DP
Merrill の半分しかないのだ。一日も早くファームウェアをアップデートして欲しいと願う。もし、ファームウェ
アのアップデートでは解決できないのであれば、有料になっても良いので、SD1/SD1 Merrill の書き込み速度を
速くするサービスを行って欲しいものだ。

ミラーレスへの提言 2012/10/14

シグマはデジタルカメラに対して非常に明確なコンセプトを持っている。画質最優先だ。高感度や機能的な先
進性には見向きもせず、ひたすら画質のみを追求している。と言うと聞こえは良いが、やはりカメラメーカー
としての経験不足から先進的な技術は苦手というのが本当のところだろう。そのあたりは首をなが〜〜〜くし
て待つとしよう。

さて、私がしつこくお願いしているミラーレスだけど、どうしてもレンズシャッター式で出して欲しい。それ
だと一眼レフ用のレンズが使えないと言う声が聞こえて来そうだけど、マウントアダプターには十分な厚みが
あるのだから、そこにレンズシャッターを組み込んでしまえば良い。もちろん単なる電子接点と機械的なマウ
ントの変換だけではなくなってしまうので高価なものになるだろう。しかし、カメラ本体にはシャッター機構
を持たなくて良いのだから価格的にはトントンである。マウントアダプターが不要な人にはむしろ安いものに
なる。幸いレンズシャッターそのものは大騒ぎするほど高価なものではない。

Merrill センサーの解像度を重要と考えるのであれば、微ブレを起こす原因となるフォーカルプレーンシャッ
ターは採用すべきでない。特にライブビューを行っている場合は、一度シャッターを閉じて再び作動させると
言う動作が必要となるので、通常の一眼レフよりさらに大きなショックがシャッターによって発生する。

ただ、望遠系の SA マウントレンズを装着した場合に、今の DP Merrill のサイズではいかにも小さい。一回
りほど大きな筐体にして、よりグリップしやすい形状が望まれる。可能であれば EVF もオプションで付けられ
たら嬉しい。

DP Merrill はレンズが固定されているのでセンサーに対して正確なポジションを取ることができると言うこ
とをシグマの技術者さんから聞いたことがある。DP シリーズは一台ずつセンサーとレンズの位置を調整して出
荷されているとのこと。しかし、一眼レフのマウントだってフランジバックを微妙に調整して出荷されているし、
その精度を高くすることが技術的に困難であるとは思えない。

DP Merrill の新型(焦点距離が長いマクロ付き)を開発するとしても、単にレンズだけの問題だろう。焦点距離
が長くなればテレセントリック性の問題も深刻では無いはずだ。レンズシャッターなのだから後玉をギリギリ
までセンサーに近づけることも出来る。

もちろんより多くのバッファメモリ、より速い書き込み、電子水準器の内蔵、ケーブルレリーズソケット、普通の
デジタルカメラ並みの高感度と粒状感のない画像など実現して欲しい要望は山ほどある。しかし、Merrill ジェ
ネレーションの開発が一段落した今、多くのユーザーが切望しているミラーレス FOVEON を是非とも実現して
欲しいと心から願う。


とりあえず、今日の2枚。と言っても一昨日に撮影したもの。(^^;



今日見た景色 58 石垣
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/60Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



今日見た景色 59 マンホールの蓋
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5。

猫っかわいがり 2012/10/13

【本日2本目の記事】

ウチのヨメさんがショコラをとても可愛がっている。それ自体は何の問題も無い。が、ショコラの写真を撮れと
毎日の様にせがまれる。私も嫌いではないのでつい撮ってしまう。

そうすると、今度はいつアップするのかとせかされる。そんなわけで、本日のショコラ。



真顔のショコラ
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/25Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5



凛々しいショコラ
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/60Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。Photoshop にてトリミング

朝から良い天気 2012/10/13

本日の千葉県船橋市は朝から良い天気。仕事も一段落で気分はのんびり。

自衛隊観艦式事前公開で使ったカメラが SD1 ではなくて SD1 Merrill ではないのかとコメントを頂いた。DP2
Merrill あたりからシグマ製デジタルカメラに興味を持った方だと SD1 をご存じなくても仕方がないかと苦笑い。
おそらく全世界で数千台しか売れなかったフラグシップマシンで、ギネスものだろう。(^^;

SD1 Merrill もそうかも知れないけど、シグマはマグネシュームに対する塗装が未経験だったせいか、長く使っ
ているとマグネシューム部の周辺が少しずつ剥げて来る。掃除してあげると目立たなくなるのだけど、チョット
面倒だ。機能的には全く問題は無いので私は気にしないけど、文句を言う人が出て来るかも知れない。

では、今日の2枚。本当は昨日撮影したもの。



今日見た景色 56 くず鉄屋さん
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



今日見た景色 57 手水鉢
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/20Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。

Merrill だから撮れる写真 2012/10/12

写真を撮影すると言うのは写したいものがあって初めて成立する作業だと思うのだけど、Merrill センサーが
搭載されたカメラを使っていると「このカメラで何が撮れるだろう」と言う考え方をしてしまう。つまり、本来な
ら「初めに被写体ありき」なのだけど、「初めにカメラありき」と言うスタンスで写真を撮ってしまうことがある。

決して正しいとは言えない写真への取り組み方である。が、Merrill センサーの表現力をフルに引き出せるよう
な写真を撮ろうと試みることは楽しい。結果としての写真が良いかどうかはまた別の話だけど、何かがちゃんと写っ
ているだけで、それを見た人に感動を与えることがあるかも知れない。

道ばたの寸景を DP2 Merrill と DP1 Merrill で撮り直したい気もするけど、あれは作例と言うよりはやや
作品に近いので、何となく気乗りがしない。でも、Merrill であればより良い表現ができる。何とも悩ましい。
「今日見た景色」シリーズで続けるのが無難だろう。

と言うことで、とりあえず2枚。



今日見た景色 54 秋のガード下
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/10Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。



今日見た景色 55 玉砂利
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。

チョット疲れ気味 2012/10/11

気が付けばもう木曜日。10月も中旬に入ってしまった。

朝、チョット散歩したけど、彼岸花が終わって、特に撮りたいものもなし。天気は曇り。

仕事は早めに終わったのだけど、チェックしなければならないプログラムがあって、掛かりっきりになっている。

山木社長が SPP の次のバージョンと次のファームウェアで Merrill センサーを使っているカメラのカラーモード
にフォビオンブルーを追加すると Tweet していた。正確には「FOVクラッシックブルー」になるらしい。FOVEON
センサーを搭載した初号機 SD9 の色調をシミュレートしたカラーモードである。あのブルーが好きな人にはたま
らないだろう。個人的にはチョットあり得ないような(綺麗で深い)空の色になるので、多分使うことはないと思
うけど、SD9 の色調が復活するのは良いことだと思う。


写真がないのも寂しいので、フォビオンファンさんからリクエストされたヘリコプター母艦の「ひゅうが」の姉妹艦
「いせ」を掲載する。



自衛隊観艦式 ひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦「いせ」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/800Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5。

大き過ぎて先頭が切れてしまった。後甲板に搭載されているヘリコプター(No.28)はこの後訓練展示で発艦し、
飛行している姿を撮影した。作例画像に掲載してあるので、ご覧頂ければ幸いである。

なお、作例画像にはこのブログに掲載していないものもあるし、逆にこのブログには掲載したけど、作例画像には
掲載していないものもある。基本的には私が「作例として妥当」と思うものを作例画像にアップしているとご理解
頂きたい。


「はたかぜ」が検索されて、私のブログが引っかかっていた。ついでなので、「はたかぜ」も掲載。



自衛隊観艦式 はたかぜ型ミサイル護衛艦「はたかぜ」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/1600Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0。

イージス艦とヘリ母艦 2012/10/10

【本日2本目の記事】

通りすがりさんのリクエストで、昨日イージス艦を掲載しましたが、もう一枚追加します。それと先ほどフォビオン
ファンさんからヘリコプター母艦の「ひゅうが」をリクエストされましたので、掲載します。



こんごう型イージス艦「ちょうかい」と最新鋭、あたご型イージス艦「あたご」自衛隊観艦式にて
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/640Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0。




ひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」(事実上のヘリ母艦)
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/1600Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0



ひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」その2(事実上のヘリ母艦)
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/250Sec. ISO200 EV+1.0
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0

好天のため 180mm だと陽炎で線が甘くなるためシャープネスを 0 にしています。

やっぱりレンズですね。 2012/10/10

自衛隊の観艦式で久しぶりに SD1 をバキバキ使った。ぶっつけ本番だし、もう二度と撮れないかも知れないので
かなり頑張って撮った。結果はまぁまぁで当初予想したより良いものができた。特に MACRO 70mm と MACRO
180mm は SD1 に採用されている Merrill センサーの描写力に追いついている。レンズが良ければ DP2 Merrill
並みの画像が出力される。


今朝もかなり早く起きてしまった。



今日見た景色 53 朝焼け
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/8Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

で、彼岸花を撮りに行った。



彼岸花 これでおしまい
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG OS HSM @f:9.0 1/320Sec. ISO200 EV-1.0
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

これが私の撮りたかった彼岸花なのだけど、誠に残念なことにこの写真は「合成」である。この写真を撮るために
はどうしても彼岸花を1本抜かなければならず、三脚も必要。墓地で三脚を立てる訳にも行かず、バックとなる
群生を撮影し、シルエットになっている花を撮影。Photoshop にてシルエット化と合成を行っている。バックは
ピンボケにしておいて f:4.5 1/200Sec. で撮影。


家へ帰って来てから、ショコラを撮影。



ショコラのじゃんけん「パー」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/500Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 1.0,0.75、シャープネス -0.5



ショコラのじゃんけん「グー」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/400Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 1.0,0.75、シャープネス -0.5



おもちゃで遊ぶショコラ
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/125Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5。Photoshop にてトリミング

忙しいので、とりあえず、本日はこれまで。

イージス艦 2012/10/09

【本日3本目の記事】

通りすがりさんのリクエストで、イージス艦を掲載します。



こんごう型イージス艦「ちょうかい」自衛隊観艦式にて
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:7.1 1/500Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0



こんごう型イージス艦「ちょうかい」その2 自衛隊観艦式にて
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/1000Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0



最新鋭、あたご型イージス艦「あたご」 自衛隊観艦式にて
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/800Sec. ISO200
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス 0

忘れちゃいけない、彼岸花。 2012/10/09

【本日2本目の記事】

多量の現像で疲れているのだけど、2日間訪れていなかった彼岸花の集落へ行って来た。私が撮りたい写真には
直射日光が必要なのだけど、今日はド曇り。1枚だけアップする。



咲き揃った彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/15Sec. ISO100 EV-01.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5


私の写真は原則として「作例」だから、写真自体が面白くなくても、カメラやレンズの描写力が解れば本来の目的は
達成される。だから、今回の自衛隊観艦式の写真もちゃんと写っているのであれば掲載した方が良いのではない
かと思わないではない。でも、比較的まともなものを全て掲載したらかなりの量( 40枚以上)になってしまうので、
いくら何でも多すぎる。

何とも悩ましい。

自衛隊観艦式事前公開を撮影 その2 2012/10/09

昨日の続き。



自衛隊観艦式 観閲海上に向かう潜水艦救難艇「ちはや」
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/1250Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 観閲中の護衛艦「ひゅうが」と護衛艦「ちょうかい」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/800Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 訓練展示のために回頭する先導艦、護衛艦「ゆうだち」
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/640Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 護衛艦「いせ」から発艦して戻る途中の SH-60J
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/1000Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 観艦式終了後帰路につく掃海母艦「ぶんご」
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/1600Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

自衛隊観艦式の写真がまだ少しあるのだけど、2〜3日中に作例画像にアップする予定。ご覧頂ければ幸いである。

自衛隊観艦式事前公開を撮影(速報) 2012/10/08

朝、午前3時45分に起きて、自衛隊観艦式事前公開に行って来た。1000枚以上撮影した為ヘロヘロ。とりあえず
アップさせて頂く。



自衛隊観艦式 観閲の開始
右から「ちょうかい」「ひゅうが」「くらま」「ゆうだち」「あきづき」「はたかぜ」「しらね」「たかなみ」「おおなみ」「はるさめ」「いせ」「せとぎり」「はるゆき」「あさゆき」「けんりゅう」「いそしお」「わかしお」「ぶんご」
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/320Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 観閲海自機の最後
P-3C 3機、艦艇は観閲艦「くらま」、へりは陸自の CH-47J
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/500Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 訓練展示
LCAC(ホバークラフト艇)の高速航走
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/400Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 訓練展示
P-3C の IR フレア発射
SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/1000Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 帰途につく掃海母艦「ぶんご」とへり(SH-60J)
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG OS HSM @f:7.1 1/1000Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



自衛隊観艦式 艦上にて
訓練支援艦「てんりゅう」に搭載されているファイアビー(標的機)
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/800Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

後は明日。

亀戸からのスカイツリー。 2012/10/07

日曜日だというのに朝6時に起きてしまった。雨が止むか小降りになったら彼岸花を撮りに行こうと待機していたが、
降ったり止んだりで、待っているウチに出かけなければいけない時間になってしまった。

来年の 11月に亀戸のくらもち珈琲で、東京都立江戸川高校写真部OB会の写真展を行うのだけど、そのため
の打ち合わせ。一応、詳細は決まったのだけど、連絡先を確定するのが先決と言うことで、同窓会に頼んで古
い(25年前の)写真部OB会名簿に掲載されている住所が正しいかどうかを調べなければならない。なぜか私が
それをやることになった。

その後で亀戸からのスカイツリーを撮影。



カヌー遊び
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5



シンメトリー
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0



逆さツリー
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/160Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0

RAW から抽出された JPEG 画像では厳密な描写の良否が判定出来ないので、スカイツリーの写真を一度全て
現像しなければならず、それにえらく時間が掛かった。たった3枚の写真を選ぶのに 300枚も現像するのはアホ
みたいであるが、仕方がない。一日も早くカメラ内 JPEG が RAW から現像した写真と同じレベルの描写になっ
てくれることを願うのみ。


さて、明日は午前4時に起きて、ショコラの食事とおやつを用意して、私自身の食事をして、5時前に家を出なけ
ればいけない。京急田浦駅に午前7時前に着いて、海上自衛隊観艦式の予行演習を訓練支援艦「てんりゅう」
に乗って相模湾沖で撮影する。朝8時に出港して、午後5時に帰港の予定。家へ着いて現像が一通り終わるの
は午後10時過ぎだろう。

SD1 用のレンズは 8-16mm、17-50mm、70mm、180mm の4本に 1.4x テレコンバーター。CF は計 112GB。
SD1 用の予備バッテリー6本。DP2 Merrill と DP1 Merrill、SD カードは計 288GB、DP Merrill 用の予備バッテ
リー12本。カメラの準備は完了。

動きものを普段撮り慣れていないので、上手く撮れる自信はまったくない。せめて堂月名人に笑われない程度
には撮りたいと思うけど、私の場合ちゃんと写る事に気を配るのが精一杯、良い写真は望むべくも無い。下手な
鉄砲で数を打とうにも、SD1 ではもっさりした書き込み速度との戦いになる事は間違いない。画像サイズを LOW に
すべきかどうか悩んでいる。どんよりした曇りにならない事を祈るのみだ。

まもなく午後9時。今日は早寝。おやすみなさい。

の〜〜んびりした日 2012/10/06

明日は来年の11月に高校の写真部のOB会が初めて行う写真展の打ち合わせ。年に一度、大先輩がやっているコー
ヒー店に集まって、その後焼き鳥屋さんで昔話飲み会になる流れを5〜6年続けていたのだけど、写真展をやろう
という話になって、私も幹事の一人に指名されてしまった。

写真展と言ってもそのコーヒー店の壁面を借りて行う(展示の予定が来年の 10月まで埋まっていた)ので、大騒ぎす
るほどのものではない。A3 程度の写真を 30 枚ばかり集めれば良いだけである。基本的に写真は自薦なので、余程
ひどいものでない限りは展示される。枚数は一人3枚以下。もし人数が多くなったら駄作は展示されないが、最低1枚
は保証される。

打ち合わせだから写真を持って行かなくても良いと思うのだけど、主幹事が私の同級生で、そいつが臨場感が出るの
でどうしても持って来いと言う。いつ撮ったどんな写真でも良いらしい。

この5〜6年でプリントした A4 サイズが 200 枚ほど有るので、適当に選んで持って行くつもり。ぼちぼち我が家
も A3 ノビが印刷できるプリンタにしなければいけない様だ。EPSON の PX-5V にしようか PX-7V にしようか迷って
いる。どなたかオススメのコメントを頂けるとありがたい。


さて、今朝は近所の彼岸花集落へ行って、蕾ばかりを 100 枚ほど撮って予行演習。とりあえず蕾でないものを2枚だ
けアップ。集落から離れてぽつんと咲いているものも結構ある。



彼岸花がいっぱい
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/60Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5



孤独な彼岸花
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/80Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

ここの彼岸花は全て中心から8本もの花が出るので、かなり賑やか。でも、上の写真でわかる通りとりあえず5本が開いて、しばらくしてから残りの3本が開くようだ。明日も行って見よう。


彼岸花を撮りに出かける前に、ショコラを撮り、帰って来てからも撮った。



外を眺めるショコラ
SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/125Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス 0




チョット緊張しているショコラ
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:4.0 1/15Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5


そして、午後遅くに派手な雲が出ていたので、スナップ。



秋の始まりの派手な雲
SIGMA DP1 Merrill @8.0 1/250Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0


さて、プリントした写真を選ぶとしよう。

少し忙しかった日 2012/10/05

朝、彼岸花の撮影に出かける前にショコラを撮影。



狙っている目
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/200Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

その後、彼岸花の集落がある近くで、ニャンコを発見。



今日見た景色 47 道ばたのニャンコ
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.25,0.25、シャープネス -0.5

そして、彼岸花の集落へ。



集う彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0




あと2〜3日
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/20Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0




彼岸花が毎年咲く場所
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/80Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0


横並びの彼岸花がぼちぼち終わる。そこへ移動する途中で見かけた景色。



丸い樹
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5




花の色は移りにけりな
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/100Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0

この写真を撮った後、仕事。


夕方に帰って来て、夕暮れの写真を撮影。



日没
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/500Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5




日暮れ
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5




夕暮れ
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5


チョット疲れた一日だった。

少し暑かった日 2012/10/04

今朝、雲間に現れる空はとても青かった。まさに天が高いという感じ。



今日見た景色 46 秋の空
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/1600Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス 0


そして、いつもの白い彼岸花。



あかもん寺の彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/60Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

この「あかもん寺」の少し手前の道を登って行くと京成電鉄の踏切が有り、その踏切を越えたところにお寺の境外
墓地がある。その墓地の北側に彼岸花の集落を発見。比較的日当たりが良い場所なので、まだ咲いていない花が
多い。明日からはここをメインで写す予定。




彼岸花がいっぱい
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/50Sec. ISO200
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

実はこんな風に彼岸花を撮りたいと言うイメージがあって、そのためにはかなりの量の花が必要だった。おそらく
この集落で撮ることができると思う。

今夜も龍神社はお祭りである。お神楽が聞こえる。昨日は雨だったので私だけが写真を撮るためと、「屋台もの
パーティー」を家で行うための買い出しに行った。今夜はどうなりますやら・・・。

オット、一枚忘れていた。



お祭りの朝の彼岸花
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/160Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

ショコラとお祭り 2012/10/03

【本日3本目の記事】

今日は自宅仕事だったため、昼食後にショコラを撮影。



りりしい横顔



パッチリお目々

SIGMA SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:4.5 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -1.0

アップのポートレートは可能な限り長いレンズで撮れ。遠近感が誇張されないために自然に見える。
と昔教えられた。良い感じ。


龍神社の祭礼

小雨だったのに、夕方からはしっかり降って、神社のお祭りは雨の中のお祭りになってしまった。が、子供達は
屋台が目当て、大人達はカラオケ大会が目当てなので、それなりに盛況。撮影時、幸い雨は小降りになった。



境内の特設ステージ
SIGMA DP1 Merrill @f:2.8 1/6Sec. ISO200
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5



神主さん代理
SIGMA DP1 Merrill @f:2.8 1/4Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5



屋台が並ぶ
SIGMA DP2 Merrill @f:2.8 1/8Sec. ISO200 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス -0.5



ステーキショップ
SIGMA DP1 Merrill @f:2.8 1/10Sec. ISO200 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5

彼岸花が心配。

今日は雨降り。 2012/10/03

【本日2本目の記事】

朝はほとんど降っていなかったが、午後から少し降り出した。

我が家から一番近い小さな神社が今日はお祭りである。朝から氏子さん達が準備で忙しい。



祭りの準備
SIGMA DP1 Merrill @f:4.5 1/60Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

そして、神社の中では彼岸花がひっそりと咲いている。



今日はお祭り、彼岸花
SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/30Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5


この神社から 30m 程歩くと、撮り続けてきた横並びの彼岸花が咲いている。現在、真っ盛り。中にはそろそろ紫色
になってきた花もある。いつもは右半分だけを撮影。初めて横から撮って、全体を写した。



小径の彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/60Sec. ISO125 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス 0

作品として仕上げるためには部分指定で道路の色をいじくったり、ノイズリダクションをもっと掛けたい所。
作品ではないので、このまま。

で、この小径を真っ直ぐ行って、突き当たりを左に曲がり、広い道路(千葉街道)を右に 50m 程歩くと通称あかもん寺
がある。



あかもん寺
SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/50Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

このお寺の境内、右手にいつもの白い彼岸花が咲いている。この彼岸花も、今日が真っ盛り。



お寺の彼岸花(アリさんがいっぱい)
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/50Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

外はあいにくの雨。でも、降ったり止んだりの霧雨に近い小雨。神社からはお神楽が聞こえてくる。「はな」が行き
たがっていたので、夕方からはお祭り見物。

夜にもう1本、記事をアップする予定。

今朝も涼しい。 2012/10/03

昨日の朝に撮影して、真夜中に現像が終わった写真を4枚ほど並べさせて頂く。



お寺の赤い彼岸花
SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 1/20Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5



横並びの彼岸花ファイナル
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/50Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5



神社の彼岸花
SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/50Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,1.0、シャープネス 0



神社の彼岸花 その2
SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/50Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

昨日アップしたものも含めて、全て DP1 Merrill の画角、あるいは被写界深度が必要な写真である。

さて、これからまた撮影。(^^;

夜も涼しい。 2012/10/02

【本日2本目の記事】

5時間の予定だったのに 10時間ほど仕事をしてしまった。

10時過ぎに帰って来て、朝撮った写真を現像し終わったら、もう明日になっていた。現在0時10分。

非常に眠いので1枚だけアップして寝てしまおう。



白い彼岸花 アリは3匹
SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/30Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

おやすみなさい。

今朝は涼しい。 2012/10/02

良く考えて見たら、日の出前だった。かなり早い時間(午前6時)だけど、目が覚めてしまったので、そのまま起き
ていよう。今日は計5時間ほど、稲荷町と大手町で仕事の予定。

The LUMINOUS LANDSCAPE に掲載された DP1 Merrill のレビューを ka_tate さんが訳してくれた。すぐに紹介
するつもりでいたのに忘れていた。

Michael Reichmann 氏の DP1 Merrill Field Report(日本語)

昨晩、ヨメさんに頼まれて撮ったショコラ。



新しいおもちゃ
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/200Sec. ISO200
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス -0.5

ウェブサイトの「SIGMA SD と DP について」→「DP シリーズについて」に DP2 Merrill と DP1 Merrill に関する
事項を追加した。このブログの記事を書き直したものがほとんどだけど、新たなものも含まれている。ご一読頂け
れば幸いである。

秋ですかぁ? 2012/10/01

今日の千葉県北西部は台風一過の日本晴れ。ついでに気温も「夏日」。彼岸花がますます遅れている。が、毎年
出ていたあたりにも茎が伸び始め、今週末には咲きそろいそう。

今日は個人的な頼まれ仕事を半日しただけ。朝の早い内にいつもの彼岸花を撮影。そして仕事の前にショコラを
撮り、現像後出かけた。

お寺の白い彼岸花。花弁の艶が良く出てくれたのでチョットご機嫌。とりあえず彼岸花シリーズの中では一番
まとも。アリが1匹いますが、わかりますか?



白い彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/30Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5




振り返るショコラ
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5
Photoshop にてトリミング

APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM 2012/09/30

【本日2本目の記事】

午後になって太陽が雲に隠れる様になって来たため APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM のテスト撮影を敢行。
ごくわずかな陽炎の影響が認められるけど、問題は無いだろう。



SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:2.8

周辺部でも下の部分はかなり良いので、被写界深度が浅いせいか、本当の無限遠(画面上部)にピントが来ていない。
ディスプレイ上に原寸表示だと、ほんのわずか周辺部が甘い感じ。中央部は全く問題ない。絞り開放でこの描写は立派。




SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:4.0

絞り開放が少し良くなった感じ。ディスプレイ上に原寸表示でも、周辺部にわずかな甘さを感じるのみ。当然、
中央部は全く問題ない。ごくわずかな倍率色収差があるが、現像で簡単にカバーできる。




SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6

全く問題なし。凄い描写。非常に遠い部分ではわずかな陽炎の影響が認められる。



SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:8.0

全く問題なし。凄い描写。被写界深度が深くなるため、回折による甘さ以上に手前と無限遠に対する描写が良く
なっている。非常に遠い部分ではわずかな陽炎の影響が認められる。




SD1 + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM @f:11.0

回折の影響で全体的に少し甘くなっている。

やはり APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM は凄いレンズであった。

さらに、彼岸花。 2012/09/30

さすがに日曜日は早起きする気になれず、一度5時30分に起きて朝焼けに薄く染まった空を撮った後、二度寝。
8時30分まで寝ていた。

朝食の後、午前10時前に撮影開始。

一昨日、花を折られていた神社の片隅に行ったら、同じ株から出ていた2本が綺麗に咲いていた。花のない茎が
ある事がわかるけど、2輪の彼岸花も結構絵になる。



彼岸花2輪
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/13Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5


いつもの横並び。また新しいつぼみが出ている。



横並びの彼岸花
SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/15Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5


お寺の白い彼岸花。こちらも新しいつぼみが出ている。



お寺の彼岸花、あと少し
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/160Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5


そして、今日見つけた黄色い彼岸花。塀の裏側に咲いていたため、今まで気が付かなかった。が、となりにヒマワリ
があって、どう工夫してもこの花だけのフレーミングができない。インターネットで調べたら、彼岸花ではないこと
が判明。(^^;



イエロー彼岸花 【鍾馗水仙】
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/15Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5


APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM のテスト撮影は本日も非常に良い天気のため、様子見。夕方になって
天気が崩れる予定だけど、風も強くなりそう。


【追加】



またたびシートに座るショコラ
SIGMA DP2 Merrill @4.0 1/250Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5


まだまだ、彼岸花。 2012/09/29

今朝は土曜日というのにいつもと同じ時間に起きて、昨日の続きを撮影。今朝は昨日とは違う順番で廻った。



横並びの彼岸花、咲きそろう
SIGMA DP1 Merrill @f:4.5 1/20Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「日陰」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5




お寺の彼岸花、咲き始める
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/13Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「日陰」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

今日は快晴の非常に良い天気。であるが、咲いている彼岸花は全てあまり日の当たらない所のものばかり。
日当たりの良い場所に芽を出し始めた彼岸花を沢山見つけた。残暑が続くと彼岸花は遅く芽を出すようだ。

そして、上の白い彼岸花のすぐ近くにひっそりと咲いている一輪を見つけた。直射日光が当たっている、非常に
難しい被写体であるが、何とか格好がついた(と本人は信じたい)。



孤高の彼岸花
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/80Sec. ISO100 EV-2.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0


昼頃、APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM が届いた。2時間ほど掛けてテスト撮影を行ったのだけど、陽炎の
ため遠景がヘロヘロ。描写の善し悪しの判断に影響が出る状態。天気が良すぎない時に再度、撮り直すことにした。




彼岸花、悲しい出来事。 2012/09/28

今朝はいつもの並んでいる彼岸花を撮る前に、他を見つけるために、あちこち歩いてみた。通称「あかもん寺」と
呼ばれているお寺が近所にあるのだけど、その境内で白い彼岸花を見つけた。



お寺の境内にて
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/40Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

ご覧の通り、まだつぼみである。このくらいだと日曜日には花が開くだろう。白い彼岸花も楽しみ。

そして横並びの彼岸花を今日は DP1 Merrill で撮ってみた。



横並びの彼岸花 
SIGMA DP1 Merrill @f:5.6 1/40Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -1.0

そして、今日は行かない予定にしていたのだけど、小雨だったため、蚊は少ないと思い神社の片隅に行ってみた。


(大きい画像はありません)

摘み取られてしまっていた。ひっそりと綺麗に咲いている一輪の彼岸花を摘み取ってしまうことは、やってはいけ
ないことだと思う。昨日の写真がこの彼岸花の遺影となってしまった。憤りも感じたけど、それ以上に悲しみを覚
えた。寄り添っているあと二輪を撮り続けるつもり。


DP1 Merrill の描写や性能もわかって来たので、ウェブサイトの「SIGMA SD と DP について」が現在 SD1/
SD1 Merrill の記事にリンクしてあるのを「DP シリーズについて」に変更し、今まで全く記述されていなかった
DP2 Merrill と DP1 Merrill に関する事項を追加して行く予定である。このブログの記事を書き直したものが
かなり含まれると思うけど、一通り目を通して頂けることで DP Merrill 二機種の評価記事となるようにしたい。

彼岸花、再び。 2012/09/26

さて、今朝も仕事へ行く前に彼岸花スポットを廻って撮影。明日も出勤前に行って見るつもり。神社の裏手で
ひっそり咲いている一輪の彼岸花だけど、実はその場所がヤブ蚊の巣窟になっていて、多数の蚊に囲まれなが
らの撮影である。からなず2〜3ヶ所は刺されてしまう。明日はそちらはパスする予定。

被写界深度を稼ぐためにもっと絞りたいのだけど、なにせ暗い場所にあるし、わずかな風でも花が揺れるので、
スローシャッターを切ると被写体ブレが起きる。普段の撮影には三脚を使わないので、手ブレが起きないように
気を付けながら撮っているけど、今回はわずかにブレている。



横並びが咲き始める
DP2 Merrill @f:5.0 1/50Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.25,0.25、シャープネス -1.0




いつもの彼岸花のアップ
DP2 Merrill @f:5.0 1/15Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5




いつもの彼岸花を見下ろす
DP2 Merrill @f:5.0 1/15Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -1.0

彼岸花を見つけた。 2012/09/26

【本日2本目の記事】

昨日の彼岸花のほぼ 20時間半後の写真である。昨日は DP1 Merrill で撮ったのだけど、背景の入れ方とボケ
具合を変えたくて、今日は DP2 Merrill で撮影している。



彼岸花一輪。
DP2 Merrill @f:5.6 1/13Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「日陰」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.25,0.25、シャープネス -0.5


実はこの写真を撮る前に、三度目の彼岸花探しを遂行。今まで気が付かなかった場所にひっそりと並んでいた。



横並びの彼岸花
DP2 Merrill @f:4.0 1/40Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「日陰」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

明後日あたりには綺麗に咲いていそうだ。

Adobe にお願い。 2012/09/26

The LUMINOUS LANDSCAPE に DP1 Merrill のレビューが掲載された。

Michael Reichmann 氏の DP1 Merrill Field Report(英語)

この記事を ka_tate さんが訳してくれているそうなので、近い将来日本語訳でご紹介できるかも知れない。

そして、この記事の一番最後が Michael Reichmann 氏からの Dear Yamaki-san で始まる手紙となっていて、
Adobe、Apple、Phase One が X3F ファイルの現像に対応していないことを嘆き、何とかして欲しいと依頼してい
る。が、シグマがそう言った有名な現像ソフトウェア会社に X3F ファイルに対応するためのデータ、あるいは
SDK(ソフトウェア開発キット)を提供したくない(あるいは提供していない)と考えることは、少しおかしいと思う。

もし、SPP が有料であれば、シグマが他社に対してデータなどを公開しない可能性はあるだろう。しかし、SPP は
無料で誰に対しても公開されているソフトウェアである。しかもユーザーが多い現像ソフトウェアが X3F をサポー
トしてくれることのメリットを考えれば、シグマがそういったソフトウェア開発会社に対して X3F のデータ、あるい
は SDK を積極的に提供する(あるいはしている)はずだと考えるのが普通だと思うのだが・・・。

順番として、X3F のサポートはそれをシグマに依頼するよりも先に、ソフトウェア開発会社に依頼すべきものだと
思う。ただ、私は Adobe に対してその依頼をしようと思ったのだけど、Adobe のウェブサイトでユーザーが
Adobe に対して依頼をするためのフォームを見つけることはできなかった。どなたかご存じの方がおられたら教
えて欲しい。

ただ、Michael Reichmann 氏が書いているようにシグマが SPP に X3F ファイルを DNG ファイル形式に変換
出力する機能を実装してくれるのもありかも知れない。

今年は彼岸花が遅いようだ。 2012/09/25

今朝も彼岸花を探して毎年見られる場所、四ヶ所を探索。ようやく神社の裏手にわずかな数を発見。
いまのところそれ以外には見つかっていない。



彼岸花。まだつぼみ・・・。
DP1 Merrill @f:4.0 1/20Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,1.0、シャープネス 0

上の写真は朝に撮影したものが気に入らなくて、仕事から帰ってきた午後になって撮影し直したもの。
自宅からかなり近い場所なので、毎日通ってみよう。チョット楽しみ。


デジカメ Watch に大浦タケシ氏の DP1 Merrill レビューが掲載された。ご参考にされたい。

シグマのさらなる挑戦。 2012/09/24

午後から出かけて、毎月のルーチンワークと先週の木曜日に仕上げたプログラムを持って行って現場でチェック。
2つほど予定外の仕事を頼まれたため、暗くなる前には帰って来られなかった。

イロイロあって、今ひとつ元気がない。気がついてみたらフォトキナも終わった。今年のフォトキナではシグマ
からは新しいカメラは発表にならなかった。SD1 Merrill、DP2 Merrill、DP1 Merrill と今年になって矢継
ぎ早にリリースされたのだから当然と言えば、当然である。その代わり、より高品質なレンズの供給を目指す
というシグマの所信表明があった。

再来月には早速 35mm F1.4 が発売になる。決して安い価格ではないと思うけど、非常に優れたレンズであろう
ことは容易に想像が付く。社長が「設計段階で他社のものより劣ると思われる製品は出さない。」と明言したのが
一番のサプライズ。つまり、今後シグマから発売されるレンズは全てトップランクのクオリティーを持つことを
目標として開発されると言うことだ。

作ってみたら設計時の性能とは異なってしまったと言うこともあるらしいので、必ず他社製品と比較して良くな
ければならないとは言えないが、最高の描写性能を目標とすることを宣言した以上、シグマも背水の陣である。

デジタル画像をディスプレイ上に非常に大きなサイズで表示することが簡単に出来るようになってしまった事が、
撮影用レンズの高性能化を促していることは間違いない。シグマに限らず、他社のコメントを読んでいると同じ
様な事を述べているメーカーもある。

現在の液晶ディスプレイの表示可能画素数を考慮すれば、写真をディスプレイ上に原寸で表示して鑑賞すること
が「正しい」鑑賞方法でないことは明らかである。しかし、写真の一部を異常な大きさに拡大して見るということ
を誰でもが簡単に出来てしまうのだから「ディスプレイ上に原寸で表示しての写真鑑賞には弊社のカメラおよび
レンズは対応しておりません。」とどこかのメーカーがコメントしても良い様な気もする。

私はシグマ以外の全メーカーはそれを明確にすることで、ユーザーが正しくない写真の鑑賞方法を選択すること
を戒めるべきだと思うのだけど、どのメーカーも「止めて欲しい」とは言っていないようだ。

シグマが FOVEON センサーを選択した時点で、彼ら自身が自社のカメラに組み込まれたセンサーの描写性能を満
足させるレンズを製造しなければならなくなった事は、結果から見れば、とても良いことだったと思う。
SD1/SD1 Merrill の解像度をクリアするレンズであれば、他社のどのカメラに着けても全く問題の無い描写を
するはずだ。

過去に何度となく FOVEON センサーはシグマにとって諸刃の剣と書いてきたけど、ここへ来てそれをアドバンテー
ジと捉えて製品に反映させようとするシグマのさらなる挑戦が始まったようだ。

涼しい! 2012/09/23

【本日2本目の記事】

今日は先週までの暑さが嘘のよう、暑さ寒さも彼岸までを実感してしまった。朝は小降りだった雨が、昼過ぎから
風と共に強くなった。雨による災害も少し心配だけど、関東地方にとっては恵みの雨でもある。今朝は雨に濡れた
彼岸花を撮ろうと思って探し回ったのだけど、毎年咲いていた場所3ヶ所を廻っても、咲いていなかった。気になっ
て調べて見たけど、去年の秋分の日前後は SPP 5.1 が出たり台風が来たりで彼岸花どころではなかった事がわかっ
た。この時期にはほとんど何も撮影していない。この数年、このあたりの彼岸花は少し遅れて咲くようだ。


今朝の記事で私が FOVEON センサーで撮影されたデジタル画像を特に好む理由をご理解頂いたとは思うけど、高
画素なベイヤー型イメージセンサーが当たり前になって来た現在、最終的に画像をディスプレイ上に原寸で表示さ
せて眺めることが目的で無い場合、あるいは A4 サイズ以下のプリント出力が目的である場合は FOVEON センサー
にこだわる必要は全く無いことも確かだ。

だから私の様に「何が何でも FOVOEN センサーでないとイヤ!」と言うほどでない方は、高感度が使えるカメラを
もう一台持っていても良いと思う。フト思いついてしまったのだけど、シグマがベイヤー型イメージセンサーを
内蔵した一眼レフを SA マウントで出してくれても良い様な気もする。つまり S ラインのカメラである。(^^;

ついでに C ラインのカメラとしてハガキサイズ程度までのプリント用として 1,200 万画素程度のベイヤー機も
あれば面白いかも知れない。

しかし、さぞかし売れないカメラになるだろうから、やっぱり作らない事はほぼ確実である。私は、間違って買う
かも知れないけど・・・。


この2週間ほどサボっていた作例画像の更新をした。が、本日の撮影分を除いては、このブログに掲載済みのもの
ばかりなので、わざわざご覧頂く必要は無い。

と言うことで今日の一枚。



今日見た景色 43 秋の雨
DP2 Merrill @f:4.0 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.25,0.25、シャープネス -1.0

我が身の不幸? 2012/09/23

今から 12年ほど前、プロカメラマンが撮影した中判や大判のポジをやや高級なスキャナを使ってスキャンし、最
終的には壁紙として使用可能な 1024 x 768 ピクセルの画像を作り、それをウェブサイトにアップすることが私の
仕事の一つだった。1週間に1〜2回その作業があり、それを2年ほど続けた。

その当時、私が仕事で目にしていたデジタル画像の画質をご覧頂くために去年の秋に 4x5 ポジから、わずか
605万画素(2750 x 2200 ピクセル)にスキャンしたものが下の画像だ。



当時の私が日常的に取り扱っていたデジタル画像がこのようなものだったことが、私にとって幸せだったのか
不幸だったのかは今もって良くわからない。

当時これだけのクオリティーを持った画像を出力してくれる民生用デジタルカメラは存在していなかった。なの
で、記念撮影用に使用していたミノルタ DiMAGE 7 Hi のようなレンズ交換のできない小型デジタルカメラを(画
質にタラタラ文句を言いながらも)使っていたのである。なぜなら、レンズ交換が可能な最高級デジタル一眼レフ
カメラであっても、私が普段見慣れていた画質のデジタル画像を出力してはくれなかったからだ。

つまり、現在でもそうだけど、ディスプレイ上で原寸に拡大されたデジタル画像を見てその描写を判断し、レタッ
チすることが習慣となってしまった元プロカメラマンであるウェブサイト制作者にとって、ベイヤー型イメージセン
サーから出力されたデジタル画像の画質は全く持って我慢できない水準のものだったのである。

1024 x 768 ピクセルに縮小してしまえば、ほとんど判らないだろうと思われる方がおられるかも知れない。それ
は上でご覧頂いたようなデジタル画像を縮小したものを見慣れていない場合にはそうかも知れない。が、週に
1〜2回、ほぼ一日中そのような画像ばかりを見続けていると、ベイヤー型イメージセンサーから出力され縮小さ
れたデジタル画像の不自然さが目に付くようになり、拒否反応が起きるのである。

なので、当時はプロのカメラマンがベイヤー型イメージセンサーを使ったデジタルカメラを良しとしていることにか
なり疑問を抱いていた。現在では私が許容し得るベイヤー型イメージセンサーを内蔵したカメラが存在するが、
最高の評価ができるものであっても、DP2 Merrill とは五分五分と言った感じである。

価格で比較したら、まるで勝負にならない。もちろん機能や性能で勝負したら、逆の意味でまるで勝負にはなら
ない。安くて使い易くてどんな条件の下でも綺麗な写真が撮れる積層式イメージセンサーを採用したカメラがい
つかは出て来ると思うけど、まだかなりの時間が掛かりそうだ。


実はこの記事は昨日の夜に書いたもの。今日は雨。たまには雨の景色を撮りたいので、再び散歩撮りをする予
定。夜に本日2本目の記事を書くかも知れない。

と言うことで昨日の一枚。



ヨメさんを見ているショコラ
SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @43mm f:4.5 1/125Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.25、シャープネス -1.0。ストロボを天井にバウンスさせて撮影。

チョットのんびり。 2012/09/22

今週は少しまともに仕事をしたため、やや疲れ気味。

でも、午前中に自宅から 1km 圏内を自転車で廻って、スナップを楽しんだ。結果は相変わらずイマイチ。

かろうじて1枚だけご覧頂く。



今日見た景色 40 丸い景色
DP2 Merrill @f:7.1 1/125Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0


私の所へもシグマからコンセプトブックが送られて来た。表紙に「SIGMA」、背表紙に「SIGMA」と黒い丸の中に
白抜きで「C」「A」「S」、裏表紙に「sigma-global.com」、そして、コンセプトブックの扉には「SIGMA」。それ以外
には1文字も書かれていない。80ページの中身は全て写真である。目次もなければノンブルもない。グローバル
な編集という意味では、これほどグローバルなものは見たことがない。

社長からの挨拶状が別紙で付いていたけど、海外用に英語やドイツ語のものが用意されている事が推測でき
る。こんな本(?)を作ろうと言い出すのは信蔵さんだと思うけど、それを作ってしまう社長の心意気が嬉しい。

ka_tate さんがまたもや imaging-resource.com に掲載されたフォトキナでの山木社長インタビューを翻訳してくれた。

シグマフアン必読である。 フォトキナでの山木社長インタビュー

早朝から多忙。 2012/09/21

イロイロあって、今朝は午前4時に起床。まだ、午後9時前だというのに眠い。

ka_tate さんが一昨日私がその内容に触れたシグマの山木社長がフォトキナ前日のオープンセレモニーで行った
プレゼンテーションを日本語に訳してくれた。いつも素晴らしい仕事で、頭が下がる。

フォトキナ2012 山木社長のプレゼンテーション


DP1 Merrill と DP1x でいつもの風景を比較撮影していないことに気がついて、今朝、出かける前にベランダの
上にカメラを乗せて撮影。三脚で固定したわけではないので、全く同じ写真にはなっていないのだけど、描写の
比較としての目的は達成していると思う。



DP1x @f:4.0



DP1 Merrill @f:4.0




DP1x @f:5.6



DP1 Merrill @f:5.6




DP1x @f:8.0



DP1 Merrill @f:8.0

一日中多忙。 2012/09/20

本日は急な仕事が発生して、超多忙状態。明日も忙しそう。

かなりヘトヘトで疲れている。誠に申し訳ないけど、おやすみなさい。

仕事が一段落。昨日の続き。 2012/09/19

昨日と今日は仕事で普通に忙しかった。先ほど家へ帰り付いたのは午後6時30分。この記事は夕食をする前
から書き始めている。

今朝、出かける前に聞いた山木社長のフォトキナでのプレンゼンテーションで判明したことも含めて、昨日の記事
に付随した情報を書く予定。


現在発売されている 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM はその前の OS のない 17-70mm F2.8-4.5 DC
MACRO と比較した時に、望遠端以外では今ひとつの甘い印象を受けたレンズである。決して悪いレンズではな
いのだけど、SD1/SD1 Merrill 用と考えると(SD1 でのテスト撮影はしてはいないけど)イマイチの印象。
17-50mm と比較しても少々力量不足を感じた。

今の 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM は 13群 17枚で非球面が3枚、ELD ガラス製レンズが1枚使わ
れている。最大径 79mm、全長 88.9mm、重量 535g。今回発表になった 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS
HSM は 14群 16枚で非球面が3枚、FLD ガラス製レンズが2枚、SLD ガラス製レンズが1枚使われている。
最大径 79mm、全長 82mm、重量 470g。エレメントの総枚数が1枚減ったけど、全体の構成は贅沢になり、
長さと重さが少なくなっている。

Contemporary ラインの製品なので超高解像度センサーで使った場合には今ひとつの描写となる可能性は
高い。が、実際に写してみないことには何とも言えない。個人的な予想としては、かなりのレベルになるような
感じであるが、出たら 17-50mm F2.8 と比べてみよう。

>>> 食事のため中断 <<<

35mm F1.4 について社長がプレンゼンテーションで強調していたのは軸上色収差、それもピントが少し外れて
いる部分でコントラストが高い被写体の周囲に出る色収差を極力低減していること。今時のレンズで軸上色収差
があるレンズは珍しい。が、それはあくまでもピントが合っている部分に付いての話だ。

シグマのレンズでも製品名に APO が付いているレンズは軸上色収差を低減するために低分散ガラスのレンズ
を使用して、軸上色収差をしっかりと補正してある。しかし、そんなレンズでもピントが外れているハイコントラスト
な部分では、柔らかいグリーンの縁取りが見られることがあった。そして、このピント外軸上色収差を低減するの
は至難の業であると聞いた覚えがある。

Art ラインの製品に関しては、現時点でシグマが持てる全ての技術とノウハウをつぎ込んで、他社のレンズに
一歩もひけを取らないレベルの製品を出してくると期待できる。社長のプレンゼンテーションにもあった様に
超高解像度センサーが当たり前になってきた現在、それに対応できるクオリティーのレンズが求められるのは
当然の帰結であろう。

Sport ラインの 120-300mm F2.8 はレンズ構成は変えずにデザインと耐気候性を高めたレンズであると社長が
言っていた。防塵防滴ではないかも知れないが、鏡胴の精度をそれに近いものに仕上げ、柔らかい洗練された
シェイプを持った美しいレンズになるようだ。


USB Dock で可能になるカスタマイズは思っていた以上のものであった。ズームレンズ場合、各焦点距離、各
撮影距離毎に合焦位置制御が出来、高速 AF、通常 AF、スロー AF と AF の速度まで選択できる。Sport ライン
のレンズに対しては AF リミッターを設定でき、例えば飛行機などを撮る時にはかなり遠くの距離から無限遠
までの間しか合焦させないことも可能になるようだ。

各焦点距離、各撮影距離毎の合焦位置調整は、かなり面倒な作業になると思うが、それで AF の精度が上が
るのであれば、私は喜んで挑戦しよう。

プレゼンテーションの中で A1 に使われているセンサーが Merrill センサーであることは言及されたが、何枚
使っているかは語られなかった。企業秘密かも知れないけど、今度シグマに聞いてみよう。


本日のとても綺麗な夕焼けと、日没の一瞬前に空に掛かった大きな虹はカメラを持っていなかった為に撮影
できなかった。すご〜〜〜く悔しい。

フォトキナで発表された新製品たち 2012/09/18

昔、まだ私が若かった頃、具体的には 1970年頃から、コンテンポラリーフォトグラフ(コンポラ調写真)と呼ばれ
る写真のジャンルが生まれた。それまでのアーティスティックな写真ではなく、さりとて写実主義的なものでもな
く、報道的なものでもなかった。敢えて説明的な表現をするのであれば「日常的な心象風景写真」と言うべきだ
ろうか。日本では「コンポラ調」でひとくくりにされてしまうけど、当時、写真はキッチリ撮るものとされていたことに
真っ向から疑問を投げかけ、ピンぼけやブレを否定することなく、目の前にある景色を感性で切り取ることをその
目的とした類の写真である。

ただ、一口にコンポラ調と言っても非常に多くのバリエーションがある。そういった写真を撮影した人々が特定の
枠にはめ込まれること、あるいは他の人と同じと思われることを良しとしない傾向が強かったため、コンポラ調と
呼ばれてひとくくりにされることを嫌がる人もいたようだ。

あまり若くなくて、写真に興味のある人は contemporary と聞くと上に書いたようなことを思い浮かべるだろう。
もちろん私もそうだ。長いこと私は contemporary を「日常的な」という意味だと思っていた。しかし、私が愛用す
るリーダーズ英和辞典には「日常的な」という訳は出ていない。contemporary の正しい日本語訳は「現代の」
「最新の」である。

シグマが今日発表した「新コンセプトに基づくプロダクトライン」の一つは Contemporary である。どうやら「最新
の」と言う意味らしい。その他が Art と Spots なので何となくこれだけしっくり来ない。しかし、私の英語力なん
かは社長の足下にも及ばないし、グローバル企業であるシグマのことだ、ちゃんとネイティブスピーカーに確認を
取っての命名であるはずだから、私の心配はいらぬお世話以外の何物でもないだろう。


私がフォビオン掲示板に超無責任モードで予想した新製品のウチ、一つだけは実現するようだ。今日以降発売
される製品名から EX は無くなってしまうようなので、SIGMA 35mm F1.4 EX DG HSM ではなく、SIGMA 35mm
F1.4 DG HSM となる。非球面レンズ2枚、FLG ガラス製レンズ1枚、SLD ガラス製レンズ4枚を含む 11群13枚
の単焦点。色収差を徹底的に除去するためのレンズ構成と見た。さぞかしアーティスティックな描写をしてくれる
ことだろう。11月が楽しみだ。


これまた余計な心配かも知れないが新しい 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と現在販売されている 17-
70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM は製品名が全く同じである。最初か最後に C を付けるのかしら。これは来
年まで待たされるようだ。

120-300mm F2.8 はデザインが変わるだけのような気もしないではない。今でも十分に良いレンズである。これ
も来年が発売予定らしい。

USB Dock は実に面白いアイディアである。シグマは 2005年くらいから全てのレンズに内蔵されている ROM を
順次フラッシュ化して、現在では全てのレンズがフラッシュ ROM を搭載しているはずだ。その AF コントロール
部のファームウェアのさじ加減をユーザーに開放するとは・・・。S レンズはフォーカスリミッターのカスタマイズま
で出来るという。う〜〜〜〜n。

そして、ユーザーには直接の関係はないが新しい MTF 測定装置 A1。受光部に新 FOVOEN センサーを使った
MTF 測定装置である。私は A1 と聞くと昔サブ機として愛用していたキヤノン A1 を思い出す。Analyzer 1 の意
味だろうと思ったら、Aizu 1 だそうだ。いかにもシグマらしい。チョット興味があるのは A1 に使われている
FOVEON センサーの枚数だ。1枚だけでは APS-C(ハーフサイズ)の面積しか測定できないので、最低でも2
枚。もしかしたら3枚使われている様な気がする。


おっと、忘れていた。今日の一枚。



今日見た景色 39 朝の雲
DP1 Merrill @f:7.1 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0

ザ・レンズクリエーター 2012/09/18

シグマのさらなる進化。

http://www.sigma-global.com

露出アンダーには気をつけよう。 2012/09/17

【本日2本目の記事】

今日の午前中は DP1 Merrill を持って近所をぶらり。イロイロ撮ったのだけど、空を入れたために石の鳥居やら
アスファルトなどがかなりアンダーな露出になった。で、空を丁度良い具合の明るさにして、FillLight で鳥居や
アスファルトを明るく持ち上げると、そこには無いはずのグリーンやマゼンタがしっかりと乗って来た。良く撮れた
写真なら一生懸命にレタッチするのだけど、たいした写真ではないのでそのまま「ボツ」となった。

灰色で精緻に描写される質感を持つ被写体を写す時には、十分な露出を与えないと、レタッチをしなければ
ならなくなることを実感してしまった。

と言うことで、今日の一枚。



今日見た景色 38 神社にて
DP1 Merrill @f:6.3 1/20Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0

ファームウェアで内緒のアップデート? 2012/09/17

シグマでは新フォビオンセンサーで周辺部がシアン被りし易いことを公式には認めていない。また、ファームウェ
ア及び SPP でそのシアン被りを補正する処理を行っていることも公式には認めていない。

なので、もし、SPP 5.3.2 でその補正量を変更したとしても、アップデートの内容としてアナウンスすることはない
だろう。今までに一番それで苦労した画像を引っ張り出してきて、SPP 5.3.2 で現像してみた。が、全然変わら
なかった。つまり、SPP 5.3.1 で現像したものと SPP 5.3.2 で現像したものは全く同じで、どちらも周辺部が少し
シアン被りで中心部が少し赤い。撮影時のファームウェアバージョンを見て、補正量を変えている可能性も無い
とは言えないが、チョット意外だった。

ところが、一昨日このブログに掲載した DP1 Merrill と DP2 Merrill で同じ壁面を撮影したものをご覧頂けばわ
かる通り、中心と周辺部での色ムラはほとんど出ていない。この傾向は特に絞りを開いた時に出やすいことが
解っている。f:5.6 は決して「絞りを開いた」状態とは言えないけど、全く気にならない。となるとファームウェアの
アップデートで対処した可能性がある。

いずれにしても新フォビオンセンサーの好ましからざる点は私たちユーザーよりシグマ自身が一番わかっている
のだから、それらを可能な限りファームウェアやソフトウェアでリカバーしようと努力していることは間違いないだ
ろう。


DP2 Merrill で撮影した写真の解像感があまりにも高いため、現像時にシャープネスをマイナスに振ることが当
たり前になってしまったのだけど、DP1 Merrill の場合は DP2 Merrill と比較した場合にほんの少し甘い描写で
ある事が判った。これならば現像時にシャープネスを 0 にしても不自然な感じがしないのではないかと思い、先
ほど例に出した DP1 Merrill で撮影した壁の写真をシャープネス 0 で現像し直してみた。





画面全体をご覧頂いてもあまり意味が無いので、中心部と左上隅を原寸で切り出して並べて見た。こうして見る
と元々良く解像している部分に関しては、シャープネス 0.5 の差がほとんど判らない。しかし、多少甘いところで
は、若干の効果が認められる。しかし、この程度の差でしかないのでシャープネスは 1.0 を単位として加減しな
いとあまり意味は無いような感じである。もちろん、これを A2 サイズ程度のプリントで見る場合には、ほとんどそ
の差を認めることは出来ないだろう。度々書いているけど、私が使用しているディスプレイ(100dpi)で横位置の
画像を1:1で見ると言うことは、左右 119.5cm = ほぼ A0 = A2 サイズの4倍にプリントして見ていることに等
しいのだ。


9月も半ばを過ぎたというのに、まだとんでもなく暑い。私の様に人一倍汗をかく体質のユーザーにとって、カメラ
やレンズが防滴であるかどうかはとても重要だ。(^^;

暑さでヘロヘロ。 2012/09/16

今日はヨメさんの依頼で、鎌倉の実家まで出かけた。メールアカウントを作って、義父のノートブックでメールの
送受信が行えるように設定せよとのこと。

ヨメさんの実家のプロバイダが NTT Plala であることを初めて知った。いずれにしてもメールアドレスを作って、
それを義父のマシンに設定。ウェブサイトに「メールはこちら」を作って、作業終了。1時間30分ほど掛かったが、
そのウチの1時間15分はプロバイダから来た設定情報が記載された紙を探すことに費やされた。(^^;

帰ろうかと思ったら、ヨメさんから実家のにゃんこ(ロビン)の写真を撮って来いと命令され、寝ていたロビンを
明るい所へ連れて行って撮影。黒猫を撮影すると判っていたら、ストロボを持って行ったのに(ブツブツ・・・)。

その後、建長寺まで行こうと天園ハイキングコースを歩き出したのだけど、あまりの暑さに途中でギブアップ。
出発地点へ戻って逆方向に歩いて山一つ超えて明月院へ。本来なら5分で着くところを30分も掛けて移動。
明月院が午後4時で閉門と知っていたら、無理をしてでも建長寺へ向かったのに・・・と閉ざされている門の前で
ガックリ。

それにしても、今日の鎌倉はものすご〜〜〜〜く暑かった。帰りの電車の中ではひたすらぐったり。

と言うことで、今日の一枚。



ロビン
DP2 Merrill @f:4.0 1/30Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0

DP1 Merrill と DP2 Merrill。 2012/09/15

昨晩、とある方からメールを頂いた。「DP1 Merrill と SD1 + 10-20mm で撮影されたものを比較して、明らかに
差があるようには思えない。ただ、一瞬にして2枚の画像を切り替えるような見方をしているわけではないので、
それが原因かも知れない。もし良かったらブラウザで、2枚の画像を瞬時に切り替えて見比べる方法を教えて欲
しい。」とのこと。で、その方法をお返事させて頂いた。が、もしかしてそれをご存じない方が他にもおられるかも
知れないと思い、ここにも掲載しておく。

私の作例画像等のリンクをクリックした場合、「新しい画面で開く」ように指定してある。なので、2枚の画像を
瞬時に切り替えて比較したい場合は次のような操作を行う。

1.比較する画像1を普通にクリック。(これで新しいタブ、あるいはウィンドウで画像が開く)
2.そのまま直前に見ていた、縮小画像が表示されているページのタブをクリック。
3.比較したい画像2を右クリックして、表示されるメニューから「リンクを新しいタブで開く」をクリック。
4.直前に作られたタブのすぐ右に画像2を表示するための新しいタブが作られる。

これで2枚の画像が同時にブラウザ上で開いている状態になるので、見たい方のタブをクリックすれば良い。
同じ大きさにしておいて瞬時に切り替えて比較する事が出来る。ファイヤーフォックスやグーグルクロームでも
同様である。


取り敢えずは昨日の続き。



DP1 Merrill @f:7.1 1/500Sec.



DP2 Merrill @f:7.1 1/640Sec.

昨日は別の自販機を写したけど、もう少し絞って比較したらどうなるかのサンプル。やはり DP2 Merrill のが
少し良い描写をする。

画角と歪曲の比較。



DP1 Merrill @f:5.6 1/60Sec.



DP2 Merrill @f:5.6 1/60Sec.

どちらも若干の歪曲はあるが、非常に少ない。こういった被写体でないと判らない程度。


で、今日の一枚。



遠くのゲリラ豪雨
DP1 Merrill @f:7.1 1/1000Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

DP Merrill。 2012/09/14

【本日3本目の記事】

ka_tate さんが DP1 Merrill のカタログに使われている写真を撮影した Paul Thacher 氏の随筆を翻訳してくれ
た。FOVEON ユーザーの心に響く言葉でつづられた美しい文章である。


SD1 に 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を着けて f:8.0 まで絞ってしっかり撮影。それでも DP1 Merrill に負けて
しまった。8-16mm だともう少し良い描写をするのだけど、19mm の画角を 8-16mm で得ることは不可能だ。

とにかく最高の描写を求めるのであれば、どうしても DP Merrill を2台持つことになる。現時点で DP Merrill
以上の描写力を見せてくれる同じ焦点距離を持つシグマ製 SA マウントのレンズは存在しない。

幸い 8-16mm、17-50mm の 40mm 以上、MACRO 70mm、MACRO 105mm、MACRO 150mm など DP
Merrill の描写力に匹敵するレンズは存在する。が、19mm 近辺及び 30mm 近辺の焦点距離で DP Merrill
と同等、あるいはそれ以上の描写を見せてくれるレンズが無い。

SD1/SD1 Merrill ユーザーとしては実に歯がゆい状態であることは確かだ。私は DP1 が出る前に「メインで使う
予定は無い」と書いているのだけど、実際には 28mm 相当の画角に関しては SD14 を使わなくなってしまった。
DP2 の場合も同じ。そして DP2 Merrill が出た後は 30mm 近辺の写真を SD1 で撮影することはしなくなってし
まった。DP1 Merrill が出た現在、やはり SD1 で 19mm 前後の焦点距離を使うことは無くなってしまうことは
確実である。

一眼レフは確かに便利である。多少重くてもレンズの交換が出来るメリットはとても大きい。しかし、コンパクトで
軽く、持ち運びや操作性に優れ、ブレも少なく簡単により良い描写の写真が撮れるカメラを使わないでいられる
ほどのメリットではない。

DP シリーズが世に出たせいで、レンズ交換が出来ないカメラはカメラではないと思っていた私が、実にあっさり
と転向してしまった。正直言って私はカメラが軽いとか小さいとかに大きな魅力を感じるタチではない。その昔は
マミヤ RB67 フルセットを持ち運んでいたこともある。

しかし、より良い写真が撮れるのであれば、カメラのサイズや重さは重要ではない。が、好きなサイズや重さは
ある。白状してしまうとライカMのサイズと重さが私はとても好きだ。不幸なことに(?)DP Merrill はそれよりも
小さくて軽い。もちろんそれを欠点とは感じないけど、撮影し易い大きさや重さを考えると、もう少し大きくて、もう
少し重い方が良いのではないかと感じている。

もちろん、これが私個人の非常に偏った嗜好であることは承知している。しかし、道具である以上扱いやすいと
言うことはとても重要だと考える。もし、シグマがミラーレスを作ることになったら、ライカMのサイズと重さを参考に
して欲しい。と、実現するはずのない願望を述べるのは自由だろう。


新しい速度優先 AF が凄い。ターゲットのコントラストが低い場合でも、とんでもない速さで合焦する。これで AF
が遅いと言われることは少なくなるはずである。

SD15 や DP1x で撮影したものを現像した後で DP Merrill や SD1 で撮影した X3F を現像するとかなり違和感を
覚える。出来ることなら SPP の各スライダーで起きる変化の度合いを合わせて欲しいものだ。

SPP が少しずつ進化していることは喜ばしいことである。が、昨日の記事に書いたように、今ひとつ強力な現像
ツールになって欲しいと心から願う。無料で提供されていることにシグマの大いなる良心を感じるが、より優れた
ものとなるために必要であるならば、有料でも良いと思う。無料であるが故に、ユーザーが大きな声で要望を述
べることが出来ない場合もあるのではないだろうか? と、一番大きな声で文句を言っている私が書くのは矛盾
している。(^^;

今日は実践的な撮影をあまり行っていない。が、明日は朝早くから、イロイロ試してみたいと思っている。DP1
Merrill を一言で言ってしまえば広角着きの DP2 Merrill なのだけど、もう少し細かくチェックしてみる必要が
ある。

DP1 Merrill で定点撮影など。 2012/09/14



SIGMA DP1 Merrill by DP2 Merrill その2

例によって、こんな風に定点撮影をした。AF がかなり正確であることがわかっているため、各絞りで1枚しか
撮影していない。念のため2秒のセルフタイマーを使っている。絞り優先 AE、AWB、ISO100、EV+0.3〜0.7。
カラーモードは「スタンダード」。SPP 5.3.2 で現像。グレーポイントでホワイトバランスを取り直し、全ての
画像がほぼ同じ明るさになるように若干の調整を行っている。色収差補正が自動で掛けられるものは全て掛けて
いる。ノイズリダクションは 0.5,0.75。シャープネスは特記がない限り -0.5。



SIGMA DP1 Merrill @f:2.8 絞り開放だとシャッター速度の最高速度が 1/1250 秒なので、2/3 絞りオーバーになる。
が、この手の被写体の場合、その補正値で丁度良いため、そのまま撮影している。



SIGMA DP1 Merrill @f:4.0



SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 (最良画質)



SIGMA DP1 Merrill @f:5.6



SIGMA DP1 Merrill @f:8.0



SIGMA DP1 Merrill @f:11.0




SIGMA DP1 Merrill @f:8.0 SD1 + 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM と比較するため午後に撮影。シャープネス 0。



SIGMA SD1 + 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @18mm f:8.0 シャープネス 0。やはり DP1 Merrill には敵わない。




SIGMA DP1 Merrill @f:2.8 DP2 Merrill との比較用。大きく差が出ないので絞り解放。



SIGMA DP2 Merrill @f:2.8 DP1 Merrill より良い描写をしている。が、絞るとあまり変わらない。




SIGMA DP1x @f:5.6 ついでに DP1x でも撮影。ハンディを付けるため DP1x は f:5.6、シャープネス 0。当然、
比べるのは可哀想だけど、、参考程度にご覧頂きたい。

とりあえずこんな所である。

DP1 Merrill は予想通り、かなり良い描写をする。が、画像周辺部の描写に限れば DP2 Merrill のがわずかでは
あるが良い描写をする。

DP1 Merrill 到着。 2012/09/14

ラッキーなことに、午前9時前に DP1 Merrill が我が家に来た。

取り敢えずはご報告。



DP1 Merrill by DP2 Merrill

DP1 Merrill 明日発売。 2012/09/13

いよいよ明日、DP1 Merrill が発売になる。が、その前に DP2 Merrill のファームウェアアップデートと
SPP 5.3.2 が来た。

DP2 Merrill のファームウェアアップデートは明日発売になる DP1 Merrill のファームウェアに含まれる機能を
DP2 Merrill に適用するためのアップデートで、一日早いタイミングはとても好感が持てる。

DP2 Merrill のファームウェアアップデートのアナウンスに画質に関するものが何もなかったので、Before After
を撮影された画像で比較する意味が全くないため、いきなりアップデートしてしまった。

DP2 Merrill のファームウェアを Ver.1.01 にアップデートすると内部時計を除いて、言語も含めた全ての設定が
リセットされるので、おそらくほとんど全ての人がメニューを呼び出して再度設定することだろう。

ファームウェアアップデートの内容は

● ISO 感度を1/3段ステップで設定することが可能になりました
● ISO オートのISO感度の上限と下限の設定ができるようになりました
● クイックセットメニューからカスタムホワイトバランスの取り込みやISOオート範囲の設定、インターバルタイ
   マーの設定が出来るようになりました
● アルゴリズムの改善によりオートフォーカスの高速化を図りました
● 速度優先AFモードを搭載しました
● 一部のカードで、まれに再生できない画像が生成されたり、撮影できなくなったりする現象を改善しました
● AF撮影時にシャッターボタンを全押しした場合、まれに画像が正常に記録されない問題を修正しました

とのことだ。

アップデート後 AF を使って何枚か撮影してみたけど、AF の反応速度は体感できるほどに改善されている。
あまりにも速くなったので、敢えて速度優先AFモードを使わなくても良さそうだ。

ただ、旧タイプほどではないけど、やや暗い場所だと AF がギブアップする点は直っていない。私のようにほとん
どの撮影を ISO100 で行う人には ISO 感度が 1/3 ステップで設定できることにあまりありがたみは感じないかも
知れない。それと同時に ISO オートも使わないので、上限下限が可変になってとても嬉しいと言うこともない。

何ともかわいげのないユーザーで申し訳ないけど、DP2 Merrill で再生できない画像が生成されたことはないし、
AF 撮影時にシャッターボタンを全押しした場合とんでもなく露出オーバーな画像が撮れたことは有ったけど画
像が記録されないことは無かった。

でも、このタイミングでファームウェアアップデートが成されたことは、とても良いことなので、文句を付けて
いる私自身、少し恥ずかしい。


さて、SPP 5.3.2 であるが

● 設定値を変更したときに調整パレットが再描画されてしまう現象を修正しました

これは気がつかなかった。なので、どうでも良い。

● メインウインドウのサムネイル枠上部とレビューウインドウの画像枠の上部の情報フィールドに表示される撮
  影情報に露出補正情報を追加しました

これは、大昔から私が要望していた点で、とぉ〜〜〜〜〜っても嬉しい。

● ファイル数が多いフォルダを選択してSIGMA Photo Proを起動するとサムネイル表示までに時間がかかってしま
  う現象を修正しました

大きく改善されている様には思えない。

● 現像後に表示される画像の一部または、全てが黒くなってしまう現象を修正しました

なったことが無い。なので、どうでも良い。

● グレーバランスツールを使用すると明るさが極端に変わってしまうことのあるバグを修正しました

なったことが無い。なので、どうでも良い。

● 倍率色収差補正のスライダーを動かしたときに適用される補正量を修正しました

これは要チェックである。


少しずつ SPP も良くなっているが・・・

1.ノイズリダクション量の一括設定を出来るように
2.常に倍率色収差補正が有効になることの ON/OFF
3.ノイズリダクションの量や倍率色収差の補正値を「設定」で保存できるように
4.バンドノイズ除去を加えて欲しい
5.周辺部シアン被りをユーザーが補正出来るように
6.ハイライトやシャドーのスライダーによる変化がセンサーの種類で異なる点を修正
7.色相をシフトする機能が欲しい
8.肌色補正スポイトが欲しい

等々良くなって欲しい部分はまだまだいっぱいある。


今日は仕事の後、新宿のヨドバシに寄って DP1 Merrill 用の液晶プロテクタを買ってきた。専用レンズフードは
事前に予約済み。DP1 Merrill が何時に来るかで、明日の仕事の進捗状況が変わってくる。(^^;

DP1 Merrill まであと2日。 2012/09/12

【本日2本目の記事】

今日は自宅で仕事。まだ少し残っているが、明日に廻す。

やはりシグマ・Foveonスクゥエア(facebook)のカバー写真が更新されて、「2 MORE DAYS TO GO SIGMA DP1
Merrill」になった。明日は「1 MORE DAY TO GO SIGMA DP1 Merrill」になるのだろうか?

ん。今更ながら気がついたけど、このカバー写真の更新は真夜中に行われているのだろうか?今夜確かめてみ
よう。

いよいよあと2日で DP1 Merrill が発売となる。京橋の Island Gallery で触れた DP1 Merrill の AF は確かに
速くなっていた(あ、ナイショだったかな?)。私が十分に満足している DP2 Merrill の広角バージョンなので、
とても待ち遠しい。

ソニーが面白いカメラを発表した。発売はまだ大分先の話だけど、フルサイズコンパクトデジタルカメラ、それも
35mm F2.0 のレンズが着いている。白状すると、私は F2.0 と言う明るさが好きだ。なぜと聞かれても困るのだ
けど、大昔から F2.0 のレンズが好きだった。ただ、今までに所有したことのあるレンズで F2.0 のレンズは
SUMMICRON 50mm F2、SMC TAKMAR 35mm F2、キヤノンの New FD 100mm F2 S.S.C. 及び MC-JUPITER
85mm F2 だけである。が、いずれもお気に入りのレンズであることは確かだ。

サイバーショット DSC-RX1 は DP1 Merrill と DP2 Merrill の真ん中、フルサイズで 35mm の画角である。もち
ろん大ソニーがシグマの DP Merrill を意識して、それらの画角とは異なったものを出してきたなどと妄想するわ
けではない。が、DP Merrill ユーザーでいっぱいお金を持っている方であれば、レンズの焦点距離がかぶらない
ことを理由にして購入に踏み切る方がいるであろうことは容易に想像できる。(^^;

私にイヤと言うほどのお金が有れば、購入して比較テスト後、すぐに売り払うと思う。だってベイヤーだもの。

で、今日の一枚。



ネコジャラシ(を登るアリ)
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

FOVEON の時代。 2012/09/12

ディスプレイ上で画像を1:1で見ることが誰でも簡単にできるようになったことが FOVEON 愛好家を増やして
いることに疑いはない。それが正統な写真の鑑賞方法ではないとの認識はあるけれど、それを間違っていると言
うことにも躊躇を覚える。なぜならば、写真をディスプレイ上に原寸で表示して眺めることは今や誰でもが簡単
に出来る鑑賞方法だからだ。それで自分自身や他の人が撮影した写真を見て感動を覚えるのであれば、それも一
つの鑑賞法であると言っても間違いではないだろう。

昔、写真はプリントして鑑賞するものと相場が決まっていたけれど、高解像度のディスプレイはそのコントラス
ト比を考えると印刷以上の表現力を持っている。ポジフィルムをライトボックスを使って見る時のデンシティレ
ンジは 3.0 程度あった。コントラスト比で言えば 1:1000 である。そして現在の液晶ディスプレイも同程度のコ
ントラスト比を持っている。印刷した場合のデンシティレンジが最良のものでも 2.0 (コントラスト比 1:100)
程度であることを考えれば、液晶ディスプレイを使って見る方が、より豊かな階調の再現性が得られることは確
かだ。さらに、ディスプレイ上では拡大、縮小が自由に出来る。一枚の写真を鑑賞者が自分が好きなサイズで見
ることが出来るようになった事は、写真を鑑賞する方法にバラエティーを与えた。

シグマによれば新 FOVEON センサーから出力される約 1,500画素の画像はベイヤー型イメージセンサーでは
3,000万画素の解像度に匹敵するという。その他のテストやレビューでは 2,400万画素、2,600万画素などと
言われている。しかし、その解像度は全画面を対象として測定した場合の値で、画像を原寸でディスプレイ上に
表示した時の解像感は、どのベイヤー型イメージセンサーをも上回る。それが FOVEON センサーの非常に大きな
魅力の一つである。

だが、その醍醐味を味わうためにはセンサーの描写力以上の解像度を持つレンズが必要となる。もちろん、絞り
を開けたり、近距離で立体物の撮影を行うのであれば、元々ピントが合う範囲が狭いため、超高性能なレンズは
必要ない。が、画面全体が無限遠の距離にある風景写真や絵画の複写などでは画面の隅々まで高い描写力を持つ
レンズでなければいけない。

現時点で最も解像度が高いと思われるのは DP2 Merrill に着いている 30mm F2.8 であるが、一眼レフ用とし
ては 8-16mm の 16mm、10-20mm の 20mm、17-50mm の 50mm、70mm、85mm、105mm、120-
300mm、150mm 等が最良の結果を出すレンズだと思う。180mm F2.8 もかなり良いとは思うのだけど、まだ
私自身でテストしていないので、ここには挙げていない。

しかし、それらのカメラやレンズを使ったにもかかわらず、今ひとつ思わしい結果が出ない(ディスプレイ上で
1:1に拡大をすると何となく甘い)とお嘆きの方がおられる。それには多くの理由が考えられる。

描写がわずかに甘くなる原因として最も多いと思われるのは「手ブレ」である。DP1 Merrill の実写ギャラリー
やカタログに使われている Paul Thacker 氏の撮影風景を福井信蔵氏が flickr に掲載してくれているが、広角
レンズが採用されている DP1 Merrill で屋外での撮影であっても三脚を使っていることがわかる。また、その様
な時には2秒のセルフタイマーによる撮影をしていることも確かだ。シャッター速度 1/400 秒で撮影されている
実写ギャラリーの作品番号 DP1M-05 でさえ2秒のセルフタイマーによる撮影であることに少々驚いた。三脚を立
てる為の場所や時間が無い時に手持ちで撮影することは仕方のないことだと思うが、さすがにプロともなるとその
あたりの事情が許す限りにおいては三脚を使うと言うことを実感してしまった。

私は普通に写真を撮る時にはほとんど三脚を使わないけど、手ブレには異常なほど気を遣い、カメラを支えられる
ものがある場合には極力それに頼るようにしている。また、必ず連写を行い、手ブレの可能性を低くしている。

もう一つの原因はピンぼけである。DP2 Merrill の場合はほとんど問題はないのだけど、SD1/SD1 Merrill で
撮影する場合は AF を信用してはいけない。必ずご自身の目でしっかり合焦していることを確認してシャッターを
押すべきである。私は SD1 での撮影においてもほとんどのケースで AF を使うのだけど、それが許される場合には、
少しでもピントが甘いと感じたら、合っていると思えるまで、シャッターボタンの半押しを繰り返すようにしてい
る。

そして、これはあくまでもディスプレイ上で画像を原寸まで拡大して見る場合であるが、絞り過ぎには気をつけた
方が良い。f:11.0 は明らかに絞りすぎである。が、同じ被写体をもう少し絞りを開いて撮影したものと比較しな
い限りは判らない程度の差なので、必要以上に気にする必要は無い。つまり、最終出力がプリントである場合
には f:13.0 までなら絞っても良いと思う。

現像時に気をつけることはノイズリダクションを掛け過ぎないことである。最大でも 0.75 に押さえた方が良い。
そして、それとは逆にシャープネスの掛け過ぎにも気をつけたい。シャープネス 0 でもシャープネスは掛かってい
るので、多少抑え気味(-1.0 〜 -0.5)の方が自然な解像感が得られると感じている。

絞り過ぎによる回折の影響をご覧頂く。全てカメラは固定して撮影。


SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/50Sec. ISO100 EV+0.7 AF AWB
露出 -0.5、FillLight +0.3、ノイズリダクション 0.5,0.75、他はオール 0



SIGMA DP2 Merrill @f:11.0 1/10Sec. ISO100 EV+0.7
露出 -0.5、FillLight +0.3、ノイズリダクション 0.5,0.75、他はオール 0




SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/800Sec. ISO100 EV+0.3
シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.75、他はオール 0



SIGMA DP2 Merrill @f:11.0 1/160Sec. ISO100 EV+0.3
シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.75、他はオール 0

DP1 Merrill まであと3日。 2012/09/11

今日のタイトルはシグマ・Foveonスクゥエア(facebook)をパクリ。明日になると「あと2日」になるのだろう。
実写ギャラリーのサンプルを見る限りにおいては、期待に違わぬ描写をしてくれるはずだ。

かずっちさんが FOVEON 掲示板で DP1 Merrill の付属品に SPP のディスクが記載されていないと言うことを発見
してくれた。コストや開発時間のゆとりを考えたら、シグマのウェブサイトからダウンロードしてくれというのは
良いアイディアだとは思う。

RAW 現像したい人はパソコンを所有していなければならず、今時、パソコンを持っていてもインターネットに接続
出来ない人はまずいないだろうという判断である。もちろん、RAW からの現像をしない人はカメラ内 JPEG だけで
済んでしまうわけで、パソコンも SPP も必要は無い。万が一に備えて、ユーザーサポートでは CD-ROM に焼いて
送ってくれる準備はしているだろう。


さて、現在シグマでは DP2 Merrill で撮影した作品を募集している。が、私が撮ったものの中にこれはと思うもの
が無くて、応募しかねている。私が撮る写真のレベルなんて所詮はその程度と言うことは自分でもわかっているの
だけど、やはり寂しい。コンテストというわけではないので、無理矢理3枚を選んで応募しようかとも考えている。
お情けで一枚くらいは採用されるかも知れない。(^^;

本日はカメラを持って仕事に出かけたのだけど、撮りたいと思う被写体がなかった。さて、これからサッカー観戦。

9月ってこんなに暑かったかしら? 2012/09/10

今日は朝方からつい先ほどまで仕事をしていた。DP1 Merrill が出るまでに少しやらなければならないことがある
のだけど、暑さのために少々ばて気味。

紗々さんのお許しを得たので、8日に京橋の Island Gallery で一枚だけ撮影した紗々さんを掲載させていただ
く。かなり暗い人工光源下での撮影だったので、ソフト化して背景と色はレタッチしてある。>xingxing さん、
ありがとうございます



紗々嬢
SIGMA DP2 Merrill @f:2.8 1/13Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ポートレート」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0


で、今日の一枚はショコラ。



私を見上げる
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/10Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

本日シグマ創業 51 周年 2012/09/09

9月9日と言えば、大昔は重陽の節句。私にとってはシグマの創業記念日である。だからと言って何かがあるわけ
ではない。

今日は年に一度の高校写真部のOB会。この1年間で撮影した写真を60枚ほどプリントして持って行った。特にそ
れを批評しあったりするわけでもなく、単なる報告みたいなものである。3枚ほど A4 でプリントしたものの一部
をトリミングして A2 サイズ相当に拡大したものも持って行ったのだけど、SD1 の解像力には全員脱帽してくれた。

普段ディスプレイだけで写真をご覧になっている方々には、たまには写真をプリントして見ることを強くお勧めす
る。


今日は私の家の墓の真後ろにスカイツリーが立っている写真を撮ったのだけど、やはりお墓の写真を掲示するのは
心苦しいので、パス。お寺で撮った鯉の写真も被写体ブレ。亀戸餃子で撮った写真も他のお客さんの顔がしっかり
写ってしまったので、やはり掲載できない。今日の一枚は「無し」である。


明日は友人の家で半日仕事になる予定。暑さのせいもあって少々疲れ気味。さっさと寝てしまうのが良いようだ。
おやすみなさい。

Island Gallery へチョットだけおじゃま 2012/09/08

京橋の Island Gallery へ再び桐島ローランド氏の写真を見に行った。残念ながらトークショーの抽選に外れて
しまったので、トークショウそのものは拝聴していない。が、紗々さんや社長には会えたので良しとしよう。
外から見た限りでは超満員で、かなりの盛況であった。その後、私が撮影した写真を見せて欲しいという物好き
さんの所へ行って、1時間ほどイロイロお話しして帰ってきた。

一度は行かないと言っていた「はな」がららぽ〜とへ行きたがったため、ヨメさんは仕方なく「はな」とららぽ〜と
まで出かけた。現在6時30分になるのにまだ帰ってこない。ご飯を炊いておいてくれとのことなので、現在
炊飯中。


明日は今日も持って行った写真を持って、亀戸まで出かける。当然、亀戸餃子に寄って、親父の墓参りをして、
その後高校時代の写真部OB会となる。毎年恒例、鳥長と言う焼鳥屋さんで飲み会である。

「はな」はサンストリート亀戸のトイザらスでウィンドウショッピングをしたり、ディッピンドッツ・アイスクリー
ムを食べたりするはず。

京橋では DP2 Merrill を持っていたので、紗々さんを写させていただいたのだけど、後でギャラリー内は撮影禁
止と言われたため、ここに掲載するためには背景を潰さなければならない。しかも、かなり暗かったのでブレブレ、
ボケボケ。600 x 900 のサイズならかろうじて見られそうなので、レタッチした上で縮小。ただ、紗々さんには
私のブログに掲載する許可をもらっていないので、非公開。スミマセン。

せっせとプリント 2012/09/07

次の日曜日は9月9日。シグマ創立51周年の記念日である。と同時に年に一度、私の高校の写真部の先輩が
亀戸でやっている喫茶店に歳を取ったOB達が集まって、先輩の写真を見た後、焼き鳥屋さんで四方山話をする
会が開かれる日でもある。

私は毎年、この一年間で撮った写真を持って行くのがお約束になってしまい、そのために普段はあまりしない写
真のプリントをせっせと行っている。が、油断をしたため用紙が無くなってしまった。幸い朝の早い時間に気が付
いたので、Amazon で今日中に届く用紙を探して100枚注文した。今までは富士フイルムの画彩を使っていたの
だけど、今日中に届くものが無く、仕方なく EPSON の純正クリスピアにした。

今までに一度も使った事がない紙なので、プリンタの設定を変えなければいけなくなりそう。ただ、画彩でもクリ
スピアの指定で印刷していたので、ほとんど同じかも知れない。今夜中に印刷して、明日は某所に持ってい行く
かも知れない。


で、今は届いたクリスピアでせっせと印刷中。画彩では結構苦労していた色出しが、クリスピアだとすぐに決ま
る。1枚プリントするのに最大でも3枚しか使わない。却ってこちらのが安上がりである。写真の種類によっては
そのままの色で出したいことがあり、その場合には一度決めたカラーバランスでキッチリと出て来る。純正用紙
のありがたみが実感できた。

今日は一枚も写真を撮らなかったので、今日の写真は無し。明日は京橋まで出かける。午前中にプリントが終
わったら持って行くかも知れないが、ほとんどが SD1 と DP2 Merrill で撮影したもので、それを A4 にサイズ太
い白縁を付けて印刷してあるので、全然迫力が無い。やはりこれだけの描写をする写真だと、最低でも A3 ノビ
でないと意味が無いような感じである。

ペレちゃん 2012/09/06

【本日2本目の記事】

今日はほぼ1日仕事。と言っても友人の新しいノートブックに以前の壊れたマシンから抜き出した HDD に記録さ
れていた様々なデータ等をコピーしたり、ネットワークの設定をしたりで、会社相手の仕事ではない。

彼が使っているマシンの一台が Windows 98 SE で動いているために、そのマシンから Windows 7 の共有ディ
スクを読み書きできるようにする設定が少々面倒であった。

その他 Office 2010 でのデータ保存を Office 97〜2003 形式で行わせる設定とか、10 年ほど前にユーザー登
録したメーカーのサイトにログインするための ID や パスワードを調べたり、まぁ結構イロイロと手間が掛かった。

その後行きつけのイタリアンダイニングバーへ行き、ショコラのお嫁さん候補の写真を撮った。

と言うことで本日の一枚。



ペレちゃん
SIGMA DP2 Merrill @f:2.8 1/3.3Sec. ISO400 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「白熱電灯」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 1.0,1.0、シャープネス 0

かなり暗いお店の中で、カメラを椅子の背中に乗せての撮影。DP2 Merrill で ISO400、白熱電灯下の撮影を
やるとこの程度というサンプル。ハガキサイズのプリントにしてみたけど、やはり色はイマイチ。SPP だけで、
人工照明下で撮影されたものを良い色に仕上げるのはかなり難しい。

DP2 Merrill のレビュー。必読! 2012/09/06

luminous-landscape.com の Michael Reichmann 氏の DP2 Merrill についてのレビューを ka_tate さんが
素晴らしい翻訳で紹介してくれた。記事の内容、翻訳とも非常に的確で DP2 Merrill を正しく評価している。
下にリンクを掲載させていただく。

ka_tate さんの翻訳による Michael Reichmann 氏の DP2 Merrill 評価記事

DP1 Merrill の描写力。 2012/09/05

今日は午前中から仕事に出て、午後4時に帰宅。やり残した作業があったため、自宅で続きの仕事。完了後お
客さんにメールでデータを送って終了。電子メールのおかげでかなりの割合で自宅にいても仕事が出来るよう
になった。時代に感謝。


さて、デジカメWatch に DP1 Merrill のファーストインプレッション が掲載された。

記事の中で「RAWで追い込めばさらに新しい世界が開けるが、これは後日掲載するレビューで紹介できればと
思う。」と書かれている通り、作例画像は全てカメラ内 JPEG である。なのでディスプレイに原寸で拡大して見た
ら DP2 Merrill の解像感とは異なる。が、これは DP2 Merrill のカメラ内 JPEG でも同じことが言えるので、RAW
ファイルからしっかり現像されたものであれば、DP2 Merrill の描写に追いつくのではないかと思う。

実際にどの程度の描写をしてくれるのかはまだ未知数の部分があるが、多分、来週の土曜日になれば皆さん
に SD1 + 10-20mm F3.5-4.5 EX DC HSM の 19mm との比較をお目にかけることが出来るだろう。


今日の一枚。



今日見た景色 36
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

【お詫び】DP2 Merrill の互換バッテリー。 2012/09/04

【本日2本目の記事】

本日、このブログの 2012年8月9日付け「DP2 Merrill の互換バッテリー」の中で紹介している ROWA の互換バッ
テリーをお買いになった方から、以下のようなコメントを頂きました。

「あなたの貼ったROWAのリンクで使えない互換バッテリーを掴まされる人が続出。現在ロットは切り欠きが違う
のでバッテリーの蓋が閉まらず使えません。
即刻、この記事を削除すべきだと思います。

それとも、ROWAの回し者?」

私自身、このバッテリーを使用しておりますが、ちゃんと使えています。この1ヶ月くらいは在庫切れになってい
たことも確認してあります。もしかすると、ROWA が以前の仕様のものを販売している可能性があります。リンク
は外しておきましたが、当該の商品をお買いになりませんよう、お願いいたします。

お買いになってしまいました方々に対して、誠に申し訳なく思い、心よりお詫び申し上げます。

なお、私が使用しております DP2 Merrill 用の互換バッテリーの正式型番は ROWA DMW-BCC12/S005E ですが、
ROWA はこの型番では売っておりません。

嬉しい話。 2012/09/04

高知のプロカメラマン ken さんが彼のブログでとても嬉しい話を紹介してくれた。昨日まで開かれていた「高知
在住のプロカメラマンによる写真展(12yeys)」で来場した女性に ken さんが声を掛けたら、一度は手放した
SD15 を再び購入してお使いになっている方であったとのこと。私のウェブサイトもご存じで、私が良く話に出す高
知の ken さんが目の前にいる人とわかって、かなり盛り上がったらしい。

その方のお話で「最初に付き合った男性が変な人だった・・・それでいったん別れたんだけれど忘れられなくっ
て・・・。そんなカメラですねSD-15って・・・」と実に的確な SD 評を読んで、思わず苦笑い。ken さんご自身もレン
ズに関してはキヤノンやニコン用にシグマ製レンズをイロイロとお持ちであるが、一度 SD10 をシステムで全部
売り払ったことがあり、数年間シグマ製カメラのユーザーではなかった。つまり、その方と同じ出戻り組である。

でも私が嬉しくなったのはそれを ken さんご自身が「嬉しい」と感じたこと。マイナーであるシグマ SD のユー
ザー、それも女性に巡り会えたことが嬉しいと感じてくれたと言うことは、やはり ken さんはシグマ SD が好き
なんだと言うことだからである。

ん?それとも同じカメラを気に入っている「女性」だったから余計嬉しかったのかも。(^^;

私も女性のシグマ SD ユーザーにはお二人しか会ったことがない。偶然にシグマユーザー、それも女性にお会
いすることが出来たら、やっぱり嬉しいだろうなぁ。ken さんの気持ちが良くわかります。

まぁ、本当のところはシグマの良さを解ってくれる女性がいたことを山木社長にも伝えたいと書かれているので、
今週の土曜日には社長にお目に掛かれるはずなので、お伝えしておく。


今日は久しぶりに銀座で仕事があり、帰りがけに京橋の Island Gallery に寄って、桐島ローランド氏の写真展
を拝見してきた。A2 サイズのモノクロでプリントされた古い機関車の写真は必見。その他 SD1 Merrill スペシャ
ルサイトの実写ギャラリーに掲載されている写真のプリント(売ってます)もあって、とても楽しい時を過ごした。

そこで聞いたばかりのホットニュース。

___桐島ローランド[写真家]×山木和人[株式会社シグマ代表]___

旅の話、カメラの話、写真の話などを中心に、桐島ローランド氏と山木和人氏が語ります。

日 時 / 9月8日 15:00〜16:00
限 定 / 40名
参加費 / 無料
会 場 / Island Gallery

要予約。ここをクリックして開くページをご覧ください。


おっと、忘れていた。今日の一枚。



今日見た景色 35
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/200Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5 Photoshop で一部レタッチ

DP1 Merrill の作例。 2012/09/03

DP1 Merrill の実写ギャラリーをじっくり見た。予想した通りの描写力で DP2 Merrill の画質に満足していて、
広角が欲しいと思っている人(私)にはかなり魅力的なカメラである。また、DP2 Merrill は持っていなくても、
広角バージョンが出たら欲しいと思っていた人も、その期待は裏切られなかったと思う。

相変わらずのカリカリで、私の印象では解像しすぎている感じである。シャープネス処理に伴う不自然さはほと
んど感じないのだけど、今ひとつの柔らかさが欲しい。多少のノイズ感があって、それで救われているような気
もしないではない。

実写ギャラリーの作例を見ているとマニュアル露出、スポット測光で撮影されていて、色ノイズリダクションが
多めに掛かっているものが多い。1/400秒のシャッター速度でも2秒のセルフタイマーを使っているのが印象的。

このあたりは撮影者の好みなので善し悪しの問題では無い。が、DP1 Merrill の使い方としてのサンプルである
ことは確かだ。印刷物での使用を最終目的としているためにカラースペースも Adobe RGB を使っているものがある。

私はこの実写ギャラリーを見る前に DP1 Merrill の印刷されたカタログを見ていたために、ディスプレイ上で見
たものとは少し異なった印象を持っていた。が、やはり DP2 Merrill の兄弟である。シグマ製レンズでこれだけ
の描写をする 19mm 前後の焦点距離を持つレンズは存在しない。が、8-16mm、10-20mm を f:8.0 〜 f:9.0 で
使い SPP で倍率色収差の補正をしてあげるのであれば、かなり良い勝負をすると思う。実際に DP1 Merrill
が来たら、すぐに比較してみたい。


明日は銀座に仕事で出かける。午後になると思うけど、Island Gallery に寄って、桐島ローランド氏の写真を拝
見するつもり。

で、今日の一枚。



今日見た景色 34
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/320Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

ショコラの通院。 2012/09/02

【本日2本目の記事】

ショコラは1ヶ月間の PH 治療食で尿に出ていた結晶(ストルバイト)は全く出なくなった。これで結石の心配は
ほぼ無くなった。が、少しおしっこの濃度が薄いと言うことで、2ヶ月後に腎臓の働きを調べるために、3度目の
尿検査を行った方が良いと言うことになった。それと少々太り気味と言うことでカロリーコントロール食を与えた
方が良いということも言われた。

ショコラのお嫁さん候補が私の友人の知り合いの家にいるため、まだ去勢手術は行っていない。お医者さんには去
勢するとますます太ると言われ、太りすぎは寿命を縮めるので要注意との事だ。最近は猫を飼うのもイロイロと気
を遣ってあげなければいけないとわかって来て、何かと大変ではあるが、それを楽しんでいることも確かだ。

と言うことで本日の2枚。



出して!
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/100Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0



爪切り
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/20Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス 0

本日、ショコラ2度目のワクチン。 2012/09/02

ほぼ1ヶ月前にショコラは「3種混合ワクチン」なるものを接種された。で、このワクチンは1ヶ月したら、もう一度
打たなければ効果が無いと言うことで、今日は午後からいつもの動物病院に連れて行く。

尿に結晶が出ていると言うことで、結石予防の為に、この1ヶ月間は結石予防用の PH コントロール食を与えて
きた。それが効果を現しているかどうかも、今日チェックしてもらう。結果は夜にでも、ご報告しよう。


一昨日の記事に achan さんから頂いたコメントにお返事させて頂いたけど、証拠写真をお目にかける。実はこ
のステップダウンリングは今年の3月に購入済みであった。



DP2 Merrill に 49 → 46mm ステップダウンリングを着けて、それに AML-1 を装着。
SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:10.0 1/125Sec. ISO100
ショコラの寝床にカメラを置き、上方向にストロボを照射して反射光で撮影。

4月には 49mm 径の Kenko PRO1 Digital AC CLOSE-UP NO.3 も買っている。いずれにしても、DP1 Merrill に
これらのクローズアップレンズを装着することで、何かまずいことが起きるとは思えない。もちろん、初めからその
ようにマスターレンズが設計されている場合を除いて、写真用レンズの前面に他のレンズを取り着ける(フロント
コンバージョン等も含めて)場合、それが解像力を上げる方向に作用することは無い。が、クローズアップレンズ
くらいであれば、余程強い度数でない限り、露骨に描写が甘くなることもあまり無いと考えて良い。ただ、周辺部
はどうしても流れるので、それはご承知おかれたい。

一つだけ、メリットもある。クローズアップレンズはそれ自体で糸巻き型の歪曲を持っているため、樽型の歪曲を
持つレンズに取りつけた場合、その樽型の歪曲があまり目立たなくなる点である。現時点で発売されている全
ての DP は(特に近接撮影において)樽型の歪曲が少し目立つことを考えると、近接撮影でクローズアップレン
ズを使うことは、強く推奨されても良いのかも知れない。

DP2 Merrill と DP1 Merrill がクローズアップに弱いことはシグマもわかっているけど、それほどの超接写が DP
シリーズの機能として必要かどうかは難しい判断になると思う。無責任な発言をすれば、やや長めの焦点距離
(50mm くらい?)のマクロレンズが着いた DP3 Merrill が欲しいとは言えるけど、それがどれほど多くの人に望
まれているかは誰にもわからないのだ。

また、それほどのクローズアップが必要であれば、SD1 Merrill を使ってくださいとシグマに言われたとしたら、そ
の方針を覆すのはとても難しいだろう。SD1 Merrill + マクロレンズは現時点で最高の描写力を持っている。

が、DP2 Merrill の(そして DP1 Merrill も)持っているライブビュー表示とフォーカシング機能に MACRO 70mm
F2.8 並の描写力を持ったレンズが着いて、ミラーアップを必要とせずにリアルタイムでレンズシャッターを切るこ
とができるカメラは、それを欲しい人にとっては、とんでもなく欲しいカメラであろうことは容易に推測出来る。
そうではありませんか?>梅里さん

「はな」満 10歳。 2012/09/01

今日は年に一度の(当たり前)「はな」の誕生日。意外にもおねだりは「原宿」で、明日で無くなってしまう臨時のカフェ
「TAMAMORI Cafe」に行きたいとの事。たまごっちをテーマにしたカフェで夏休み限定とか。

先月に WACOM のタッチパッドをねだられて購入済みだけど、今日のプレゼントは占い人形。問いかけてボタンを押
すとランダムにうなずいたり首を横に振ったりする「うなずきん」だった。

久しぶりに原宿に出たので、いつもの明治神宮の休憩所に寄って、コーラを飲んで帰って来た。かなりの枚数を撮っ
たのだけど、皆さんにお目に掛けられるのはほんのわずか。




TAMAMORI Cafe で「はな」とお誕生日の記念写真
SIGMA DP2 Merrill @f:3.2 1/60Sec. ISO200 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス -0.5
TAMAMORI Cafe のおにぃさんに撮ってもらった。



明治神宮の休憩所で、DP2 Merrill を DP1x で撮影。
SIGMA DP1x @f:6.3 1/80Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」



明治神宮の森
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/30Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

DP1 Merrill。 2012/08/31

今日、DP1 Merrill の発売日が発表になった。2週間後の9月14日である。価格は DP2 Merrill と同じくらい
らしい。19mm F2.8 なのだから、もう少し高くても仕方ないと思っていたが、良い意味で予想が外れた。

新宿へ出る用事があって、ヨドバシの2階へ行き、シグマのA氏に DP1 Merrill のカタログを見せてもらった。
A4 見開きの写真(DP1M-06)があったけど、十分に美しい写真だった。

機能的には DP2 Merrill とはレンズが異なるだけだと思っていたら、ISO 感度が 1/3 ステップで設定可能になっ
ていたり、ISO Auto の変動値をユーザーが設定できるようになっていた。

カタログには載っていないのだけど、速度優先 AF モードも選べるようになるらしい。で、これらの追加機能は当
然 DP2 Merrill でも追加可能で、ファームウェアのアップデートで対応されるようだ。

DP2 Merrill とはレンズが異なるので、それに対応した SPP が必要になるはずなので、SPP もバージョンアップ
されるはずである。DP1 Merrill のスペシャルサイトへ行ってみたけど、さすがに SPP はまだアップデートさ
れていなかった。SPP もついでに少し機能を追加して欲しいけど、単に DP1 Merrill に対応しただけのバージョ
ンらしい。

いずれにしても、あと2週間で発売である。当初は8月中に発売になるだろうと思っていたのだけど、(多分)
DP2 Merrill が売れすぎたせいで、製造が間に合わず9月の発売になったと推測している。2月の段階でレンズ
の開発は終わっているという話を聞いていたので、製造に向けるためのリソースが不足してしまったこと以外、
これほどの時間が掛かった理由が思いつかない。


昨日と今日、少し撮っているのでアップ!



今日見た景色 29。ツタ
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/80Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「日陰」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.0



おすまし顔
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/4Sec. ISO200
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「蛍光灯」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0



カメラ目線
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:4.5 1/125Sec. ISO100 ストロボをバウンス。
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -1.0

本に夢中。 2012/08/30

昨日は DP2 Merrill で少し写真を撮った。自宅で少し仕事もした。今日は午前中から午後3時過ぎまで大手町と
稲荷町で仕事。それ以外は移動中も含めて、ず〜〜〜〜っと、本を読んでいる。

現在、「ダブルスター」と「メトセラの子ら」を読み終わって、「月は無慈悲な夜の女王」を半分ほど読み終わっ
たところ。これが終わったら「愛に時間を」を読む予定。


明日で8月が終わる。DP1 Merrill の発売予定が今月中に発表になると予想していた私の読みは外れるかも知れない。
が、噂情報が良く掲載されるデジカメinfoでは9月14日が DP1 Merrill の発売予定日となっている。

ここの噂情報はことシグマに関しては確度が高い。過去に何回も公式発表の数日前に正しい情報が掲載されて
いたことを覚えている。なので、今回もその通りになる可能性が高い。シグマに確認しても「公式発表をお待
ちください。」と言われるだけなので、確認はしていないが、信憑性はあると思われる。このところ、シグマ
の発売予定日の発表は判で押したように発売のほぼ2週間前の金曜日なので、やはり明日かな・・・。

8月が終わろうとしているのに・・・。 2012/08/29

まだ暑い日が続いている。このところ、毎年暑いような気がする。が一昨年ほどの暑さではないような気もする。
午後から仕事になるかも知れないので、今のウチに・・・。



今日見た景色 24。朝焼け
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/30Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス -0.5

朝の5時前にヨメさんに「空が綺麗よ」と起こされた。せっかく起こしてくれたのに写真も撮らずに寝てしまっては
申し訳ないので、朝焼けを撮ってみた。実際にはもう少し明るい感じである。




見上げる
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/80Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

順光で撮ってみた。明るいのでピントや手ブレにあまり気を遣わなくて良いから楽だ。ヨメさんに可愛いショコラ
を撮れと言われている。すなわち、もっとショコラの瞳孔が開いている写真を撮れと言うことなのだけど、見つ
めている先が余程暗くないと猫の瞳孔は開かない。今夜あたり、またストロボを使って撮ってみようとは思って
いる。


SD カードを取り出す時にわざとジャンプさせようとしてみたけど、どの DP も全てのカードで飛び出してこなかっ
た。で、SD15 では相変わらず跳び出してくる。個体差かも知れない。ただ、私の SD15 は発売日に購入したも
のなので、かなり早い時期に作られたものである。

SD カードがジャンプしなくなっていた。 2012/08/28

【本日2本目の記事】

先ほど、日が落ちた後の東の空に出ている月を撮った。DP2 Merrill から「カードが入っていません」攻撃に遭って、
デスクトップコンピュータのカードリーダーに差しっぱなしになっているカードを取りに行くのが面倒だったので、
いつも持ち歩いているウェストポーチに入れてある「緊急用カード」を使った。

撮影後、何気なく SD カードを指の先で押して、即、弾くように指をずらした。が、SD カードは跳び出さなかった。
2年ほど前に、シグマの山木社長に SD15 の SD カードホルダーについて、「取り出す時に指で押し込んだ後、そ
のまま指を外すと、SD カードがジャンプして外に飛び出してしまいます。」とクレームを付けた。

それに対して、社長から「2度とその様なパーツは使いません。」と返事をもらった。私はそのこと自体は覚えて
いたけど、SD カードがジャンプするような外し方はしないように気をつけていたため、以前なら飛び出して来るよ
うな外し方をしても DP2 Merrill では SD カードは飛び出して来ないことに気がつかなかった。

オヤ?と思って、DP1x でも同じことをしてみたが、やはり SD カードは飛び出してこない。DP2x も確認したが、
はやり飛び出してこない。今更だけど、社長はちゃんと約束を守ってくれていたことにやっと気がついた。

もしかすると今売っている SD15 も SD カードが飛び出して来ないタイプに変わっているのかも知れない。

そんなわけでもう一枚。



今日見た景色 23。月と雲と飛行機と
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/25Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,1.0、シャープネス -0.5

家でお仕事。 2012/08/28

今日は自宅で仕事。たいした量の仕事ではなかったので、午前中は少し写真を撮った。と言っても例によってショ
コラを少し。昨晩は午前3時まで本を読んでいたので、チョット眠い。

何度も読み返す本が3冊あって、一冊は昨晩読んだ「勝利」。「アルジャーノンに花束を」は持っているけど、あと
1冊大好きな本が無い。文庫本で出ているのだけど、どうせ買うならハードカバーと言うことで、また Amazon に
注文してしまった。ハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」である。

私が生きているウチにコンピュータと会話が出来る日は来ないかも知れない。が、コンピュータに携わるものにとっ
て「マイク」や「ミネルバ(愛に時間を・ハインライン)」はいつか語り合ってみたい相手だろう。


と言うことで、作例にはアップ済みだけど、ショコラを1枚。



ごろ寝のアップ
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/20Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

珍しく読書。 2012/08/27

コンピュータを仕事にするようになってから、私はあまり本を読まなくなった。仕事が忙しくて、本を読む時間
的、精神的なゆとりが無かったのか、あるいは本の世界に浸る快楽を求める必要が無かったのか定かではない。

が、3日ほど前にある本がとても読みたくなって、Amazon で古本を探して手に入れた。その本が今日送られて
きた。私が大学生時代に読んだ本でフィリップ・ワイリーというアメリカの作家が書いた「勝利」と言う SF である。
今ではあまりその心配が無くなった第3次世界大戦、それも核ミサイルが飛び交う弩派手な戦争が起きた後、
アメリカの大富豪が作ったシェルターに残された最後のアメリカ人達が過ごした2年間が描かれている。

なぜ急にこの本のことを思い出して、読みたくなったかは不明だけど、とにかく読みたくなったのだから仕方がない。

と言うことで、今日はブログはお休み。

でも、その本が届く前に撮った、今日の一枚。



今日見た景色 22
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/800Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス -0.5

のんびり留守番、でもなかった。 2012/08/26

昼前に友人からの SOS があって、12年前のノートブックの修理に行った。電源や電源スイッチ、HDD は生きて
いるのに電源を入れてもブートアップシークエンスが始まらない。HDD に一瞬アクセスが起きるのだけど、そこ
から先が進まない。画面には何も写らない。HDD にアクセスがないので、画面が壊れたわけではない。マザー
ボードのチップセットあるいは CPU の故障以外には原因が考えられない。

仕方がないのでノートをばらし、HDD を抜き出して外付けにして、デスクトップマシンに必要と思われるデータを
全てコピーした。外付けにするためのアダプターをそのまま友人宅に置いてきたので、これからは外付けディス
クとして生き続けるだろう。その HDD は6年目くらい前に最初の HDD がクラッシュして、私が取り替えた HDD
だったことを今思い出した。


昨日、いっぱい雲を撮ったのだけど、取り敢えず選んだ3枚以外にお見せしたいと思えるものがなくて、そのまま
3枚だけを作例画像にアップした。3枚目は現像し直した。同じファイル名でアップしたので、事実上の差し替え
となっている。が、大騒ぎするほどの差ではない。

さて、ヨメさんと「はな」も帰ってきた。沖縄がとても心配。

DP2 Merrill でいっぱい撮れた日。 2012/08/25

例によってヨメさんと「はな」がヨメさんの実家に遊びに行ってしまった。今夜はショコラとお留守番である。


昨日の記事に対してかずっちさんから「スケールバーの帯は赤ではなく緑じゃないですか?」とコメントを頂い
た。誠に申し訳ない。その通りで、スケールバーに表示される被写界深度を示す帯の色は「普通は」緑である。

私はCダイヤルで露出補正を行いたいために、「ボタン機能入れ替え設定」を使って、絞り値の変更と露出補正
の変更を操作するための設定をひっくり返している。普通は背面液晶に表示される絞り値は緑色で、露出補正
値は赤色になっているが、その機能を交換すると、絞り値が赤色、露出補正が緑色で表示されるようになる。実
は、かずっちさんに指摘されるまで気がつかなかった。要するに、Cダイヤルで変更できるものが緑色で表示され
て、左右キーで変更できるものが赤色で表示されるということだ。う〜〜〜n。芸が細かい。(^^;

そう言えば、もう一つ書き忘れていた。DP2 Merrill で MF を使う時に OK ボタンを押せばその時点でフォーカス
エイドがポイントしている部分を背面液晶に拡大表示するけど、その時点でCダイヤルを回すと拡大率が変えら
れることも意外と知られていないかも知れない。使用説明書を隅から隅まで読むと色んなことが解って、とても面
白い。


今朝はショコラを撮って、昼間は少し仕事、良い雲が出てきたので夕方まで夏の空を撮っていた。

今までバッテリーの持ちを気にして、DP2 Merrill ではあまり連写モードは使わなかったのだけど、やはり手ブレ
が多くなってしまった為、昨日から連写モードで撮影している。驚いたことに連写モードを多用してあまり撮影後
の画像チェックを行わなくなったら、バッテリーの持ちが異常に良くなった。

DP2 Merrill の連写速度は4枚/秒となっているが、実際にはそれより少しだけ速そう。私のように鈍いユーザー
がのんびりシャッターを押してしまうと、アッと言う間に4枚撮れてしまう。一回シャッターを押したら、3枚の
連写をして、少し休んでくれるモードが欲しいと思った。フト気がついたら、オートブラケットがまさにその機能
を持っていて、3枚連写すると一度止まってくれる。

露出の補正にはかなり気を遣っているので、オートブラケット自体はあまり必要ないのだけど、せっかくなので使
わせてもらった。で、オートブラケットを多用して撮影したら、今日はバッテリーを3回取り替えたのだけど、その
いずれのバッテリーでも 200枚以上撮影できている。ただし、オートブラケット撮影なので、枚数は多くても撮影
できているシーンはバッテリー1個あたり 85シーン程度である。だけど、とにかく DP2 Merrill は連写モードで
使用した時に多くの枚数が撮れることがわかった。

バッテリー12 のシグマ純正が 249枚、bW の ROWA 互換バッテリーが 245枚、bX の ROWA 互換バッテ
リーが 263枚も撮影できている。ただし、ROWA の互換バッテリーはどちらも最後の数枚が正しく記録されてい
ない。互換バッテリーは目一杯まで連写モードで使うと、最後の数カットがバッテリー切れで記録されないことが
ある。互換バッテリーを使う時には、残量表示が赤枠になったら、即、取り替えるべきである。

今日だけで 1,000枚以上撮ったので、まだ全部チェックできていない。取り敢えず3枚ほどここにアップしておく
けど、作例画像の方は明日、ちゃんと選んで、しっかり現像したものを掲載させていただく。




今日見た景色 19
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/640Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0




今日見た景色 20
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0




今日見た景色 21
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0、PL フィルター使用

DP2 Merrill で気に入っている点。 2012/08/24

【本日2本目の記事】

旧 DP では MF と AF は連動していなかった。これは MF ダイヤルの回転角度が物理的に撮影距離と連動して
いたためで、致し方のないところである。もし、AF と連動させようと思ったら、MF ダイヤルに撮影距離を表示す
ることはできなかったであろう。ところが、DP2 Merrill の距離環(ピントリング)には目盛りがない。MF を行った
時の撮影距離は背面液晶モニタに表示されるだけである。であるが故に、DP2 Merrill では AF と MF の連動
が可能になった。

DP2 Merrill の使用説明書にはスケールバーに表示される距離は「目安」と書いてあるが、私の個体では1mm
弱実際より左(より近い距離)に表示されることが判っているので、あまり問題ではない。撮影時に MF を使う場
合には AF/MF モードにしておいて、一度 AF で合わせた後、距離環を少し回しただけで、自動的に MF モード
になり、フォーカスエイドの位置が拡大されて背面液晶モニターに表示される。合わせた後、距離環を1秒間動
かさなければ、拡大されていた画面は元に戻る。

DP2 Merrill の背面液晶は MF でピントを合わせるには十分な表示能力があり、被写体が動いていない場合に
は簡単にピントを合わせることが出来る。また、一度 AF でピントを合わせた後、FOCUS ボタンで MF に切り換
えると、直前に AF で合わせた位置がスケールバー上に表示される。時としてこの機能がとても便利だ。

これでスケールバーに表示される合焦距離指標のズレを簡単に検知できる。つまり、AF で無限遠の被写体に
ピントを合わせておいて、そのまま FOCUS ボタンを押して MF に切り換えるとスケールバー上に合焦距離が白
い点で表示されている。そこが実際にその個体で無限遠にピントが合う位置だ。私の個体の場合は左に1mm
弱ずれている。シグマの技術者さんとお話をさせていただいた時に、この表示位置をユーザーがキャリブレー
ション出来るように(あるいはオートマチックで調整出来るように)ならないかと相談してみたけど、意外と難し
いらしい。

が、いずれにしても上記の方法でご自身がお持ちの DP2 Merrill で MF 時に無限遠にピントを合わせるために
は、スケールバーのどの位置に白いマーク(合焦距離指標)を合わせれば良いかがすぐにわかる。忘れたら、ま
た同じことをやれば良いだけだ。当たり前のようだけど、私はこの AF 時の合焦位置を MF に切り換えた時にも
覚えていてくれる機能に拍手を送りたい。

また、これは使用説明書を読んでいない人は知らないことだけど、合焦距離指標の左右に赤い帯が表示されて
いる。この赤い帯は絞りを絞ると長くなり、開くと短くなる。つまり、被写界深度を表している。スケールバー自体
があまり長くないので実用的とは言いかねるけど、現在の絞り値において、無限遠までピントが来るようにする
にはどの位置で合焦させれば良いかがすぐにわかる。

あまり知られていない DP2 Merrill のフォーカシング機能について書いてみた。

まだ見ぬ DP1 Merrill で一つ気になる点。 2012/08/24

と言っても、全然たいしたことではない。DP1x と DP2x はグリップの色を変えることですぐに見分けが付くように
していたのだけど、DP2 Merrill と DP1 Merrill には今のところグリップを着ける予定がない。そうなったときに2
台を一瞬で見分けられるかどうか自信がない。だから、例えばシャッターボタンをピンクにするとか、電源スイッチ
をチタンカラーにするとか、C ダイヤルをカーキ色にするとか、モード選択ボタンをグレーにするとかで上から見た
時に一目で DP1 Merrill であることが判る何らかの変化を付けて欲しいと思っている。

取り敢えず、私はレンズフードを着けっぱなしにしているのでフードの形を変えることで見分けられるようにしよ
うと思っている。今 DP2 Merrill には SMC TAKMAR 35mm の角形メタルフードの外側をさらにラバーフードで囲っ
た超変態フードを着けている。



DP1 Merrill には純正のフードを使うつもり。そうすれば一目でどちらがどちらであるかの区別は付くだろう。

レンズキャップに関して私は悩んだことがない。DP シリーズのカメラにレンズキャップを着けるのは、二度と使
わないだろうと思って防湿庫にしまう時だけだからだ。つまり、私はレンズキャップを使うことがない。フードを着
けっぱなしにしてあるのでレンズに触れることはまず無いし、撮影開始前にブロアーブラシでホコリを吹き飛ば
すだけである。万一レンズが汚れたらクリーナーで拭いてやればよい。保護フィルターも持ってはいるが着けた
ことはない。


今日も午前中は時間があったので、少し写真を撮った。ここには2枚だけアップさせていただく。



一番好きな遊び道具
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/25Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0




今日見た景色 14
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/40Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.75,1.00、シャープネス -0.5

FOVEON でモノクローム。 2012/08/23

【本日2本目の記事】

今日の記事で田中希美男氏の記事を引き合いに出した。その次の彼の記事は「モノクロ写真がいいね」と題し
て、FOVEON センサーで撮影された画像をモノクロ化したものを低感度では「諧調描写がすばらしい。」とし、高
感度では「ぞくっとした質感が出てくる。」と評価している。

ただ、田中氏が低感度で述べている「まるでプラスXフィルムを使ってフェニドン単液の現像液で丁寧に現像した
ように仕上がる。」と言うのは少々問題。フェニドン単液と言うのはいわゆる POTA 現像液で、超軟調現像をする
ための処方である。モノクロ2階調用のコピーフィルムを普通の調子に仕上げる為の現像液なので、プラスXに
使ったりしたらグレーだらけの写真になってしまうのではないだろうか。「メトール単液(D23)」と勘違いしたのか
も知れない。でも、私は POTA 現像液で普通のフィルムを現像したことはないので、彼の勘違いと断定すること
は出来ない。

そして、次に「ISO800〜1600の高感度でモノクロ撮影すると、トライXフィルムをD-72希釈現像液で現像したよう
に、ぞくっとした質感が出てくる。」と続くのだけど、これは明らかにおかしい。D-72 は普通印画紙の現像に使う
処方であって、希釈であっても、これでフィルムを現像したら、カチンコチンのハイコントラストなものになってしま
うはずである。これはおそらく D-76 と勘違いしたのだろう。しかし、私は D-72 でフィルムを現像したことはない
ので、彼の間違いと断定することは出来ない。(^^;


私がこのブログやウェブサイトでモノクローム(白黒)写真について書いたことはない。なぜなら、全然自信がな
いからである。私は写真を始めて8年間(23歳くらいまでのアマチュア時代)はモノクロだけで写真を撮っていた
のだけど、とうとう最後まで自分で納得の行くプリントを作ることが出来なかった。

実は、私にとってモノクローム写真は出来たら触れたくない領域なのである。難しいと言うよりはわからないと言
うのが正しいと思うのだけど、とにかく、私はモノクロが大の苦手である。写真表現としてのモノクロが素晴らしい
ものであることに全く異存はない。が、私には自分自身で納得の行くモノクローム写真を制作する能力が無い。
だから、多分これから先も技術的な部分でモノクロ写真を話題にすることは(多分)ないと思う。

数少ない日本人写真作家の一人である清家冨夫氏は今年「OVERLOOK」でカラーの作品を見せてくれたが、そ
れまではモノクロームのみだった。9月3日から Island Gallery で始まる桐島ローランド氏の写真展も SD1
Merrill で撮影されたモノクロ写真だと言う。必ず見に行く。が、きっともの凄く感動し、そして打ちのめされて帰っ
て来るのだろう。そう言えば、この前ガレリア銀座で見せていただいた増田雄彦氏の写真展「根岸」でもモノクロ
が良かったなぁ。素敵な写真を撮れる方々を心からうらやましいと思う。

DP2 Merrill のカメラ内 JPEG。 2012/08/23

私は DP2 Merrill を使い始めて 10 日ほどで RAW 専用でしか撮らなくなってしまった。理由は簡単で、SPP で
RAW ファイルから抽出できる画像が FINE で撮影したものと全く同じだからだ。つまり SPP で現像する前
に非常に短時間で終了する JPEG データの抽出を行えば、撮影時にわざわざ JPEG を SD カードに記録しておく必要は
無いと言うことである。現像前に JPEG データの抽出を行うことが面倒だという方がおられるかも知れないが、私
は RAW のみでの撮影を強くお勧めする。

田中希美男氏が彼のブログで「JPEGで撮るな、がまんしてRAWで撮れ」と書いている。実際に RAW + JPEG で
撮ってみて、カメラ内 JPEG と RAW から現像したものを比較するとその意見はもっともだと思う。

最も違いが大きいのはシャープネスの掛かり方と白飛びである。カメラ内 JPEG(=RAW ファイルに内包されて
いる JPEGデータ)の画像を子細に観察すると、ノイズリダクションがたっぷり掛かっていて、それによって生じた
甘さをカバーするためにアンシャープマスクが使われている様な感じであることがわかる。つまり、グレーの中に
ある黒い部分に少し明るめの縁取りが付くイメージと言えば理解していただけるだろう。

露出オーバーになった部分が JPEG ではあっさりと白飛びする。SPP はそのあたりを実に上手く処理していて、
白飛びにはめっぽう強い。RAW で撮影することのメリットを十分に感じることができる。つまり、カメラ内での処理
は DP2 Merrill が本来持っている実力を十分に発揮させることが出来ていないと言うべきだろう。

実際にご覧頂くのが一番良いだろう。カラーモードは「ニュートラル」、ホワイトバランスは「晴れ」で露出補正も掛
けずデフォルトで写してみた。撮影時のパラメータは全て 0 である。



RAW + JPEG で撮影したカメラ内 JPEG



RAW ファイルから抽出した JPEG データ



RAW ファイルで全パラメータをデフォルトで現像した画像

RAW ファイルからの現像では敢えて何も手を加えていないので、どれほど描写に差があるかをご確認いただけ
るだろう。ついでに私の好みに現像したものも掲載させていただく。



SPP デフォルトから変更した現像パラメータは、露出 -0.3、シャープネス -1.0、FillLight +0.3、CC 2C+3M
カラーモード「スタンダード」、輝度ノイズリダクション +0.75

ただ、解像感の違いに関してはディスプレイ上に1:1で表示してわかるだけで、A4 サイズ程度のプリントではわ
からないかも知れない。が、RAW から現像することで、カメラ内 JPEG より豊かな階調が得られることは誰の目
にも明らかだろう。

DP2 Merrill でイロイロ撮ってみた。 2012/08/22

今日は午前11時から、午後3時まで仕事。その前とその途中とその後で DP2 Merrill を肩から下げて、イロイ
ロ撮影。例によって下手くそで面白くも何ともない写真ばかりである。が、一応ピントは来ている。数があれば
それなりの存在感はあるかも知れないと言うことで、いっぱいアップする予定。

と言うことで、ここにはショコラともう一枚をアップしておく。



洗濯ばさみで遊ぶショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/40Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0




今日見た景色 8
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/40Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0


8月も下旬となってきた。DP2 Merrill がとても高い評価を受けているせいか、かなり売れているらしい。会津で
は目一杯頑張って作っていることだろう。そうなると DP1 Merrill を製造するためのリソースが不足して、発売が
遅れる可能性が高い。チョット心配である。

そして夕方。 2012/08/21

【本日2本目の記事】

夕暮れてかなり涼しくなってきた。太陽が地平線に掛かる時間。夕暮れの空を撮りたくてシャッターを押した。



夏の夕暮れ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

何と言うこともない写真である。が、そこに写されている景色のリアリティーは今まで目にすることが出来なかっ
た生々しさを持っている。

暑いよぉ。 2012/08/21

本日は自宅でお客さんと電話とメールのやりとりで仕事。予定の分は午後2時で終了。幸い風があるので窓を
開けた室内にいる状態ならさほど暑さは感じない。が、外の景色を見るとそれだけで暑さが伝わってくる。

現在の東京電力の電気使用量見通しは90%。「やや厳しい」となっている。これだけ暑いとエアコンの使用が
増えるのは仕方ないのだろう。せめて我が家は省エネモードである。

これだけ暑いと、な〜〜〜んにも考えずに撮った写真でも暑さが写ってくれるのではないかと期待して、1枚だ
け撮ってみた。



熱気
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/640Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

う〜〜〜n。やっぱり無理か。(^^;

それにしても DP2 Merrill は素晴らしいカメラだ。ただ被写体に向けてシャッターを押すだけでこれだけの写真が
撮れてしまう。私のような写真下手には、描写力だけで楽しめる写真を撮らせてくれるとてもありがたいカメラで
ある。

今日の銀座は人人人・・・。 2012/08/20

オリンピックメダリスト達の凱旋パレードがあることを知らずに、仕事がらみで銀座へ。日本橋から乗った銀座線
のアナウンスは「銀座駅が混雑しているので、京橋で降りてください。」とのこと。迷わず京橋で降りた。裏道へ
抜けるにも、銀座一丁目の交差点を越えなければならない。この暑い中、人混みの中で押されながらの移動と
なった。

パレードが終わった後も人だらけで、銀座中のレストランや喫茶店、カフェはどこへ行っても行列が出来ていた。
さっさと逃げ帰ってきたけど、とても疲れた。

体調はだいぶ良くなって来て、あと一息と言った感じ。暑さに負けぬよう、頑張るしかない。

で、今日の一枚。



お昼寝中
SIGMA DP2 Merrill @f:3.5 1/15Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

どうしてこんなに暑いの? 2012/08/19

あまりの暑さに外へ出て写真を撮る気にもなれない。体調も完璧という状態にはなっていない。

DP2 Merrill でイロイロ撮っているのだけど、つまらない写真ばかりを量産しているだけで、少々落ち込んでい
る。SD カードは一番安い EverGreen(上海問屋)の SDXC 64G を使っていて、何の問題も無い。普通に写してい
る分には、7枚のバッファで足りているので、特に書き込みが遅いと感じる事もない。ただ、SD カードから HDD
にデータをコピーする時の速度が SanDisk Extreme Pro 95MB/s の4倍くらい遅いのが、不満と言えば不満。
でも、64G で送料込み 3,210 円は十分に安いので許す。

SanDisk Extreme Pro 95MB/s の価格は EverGreen(上海問屋)の4倍である。読み出し速度は確かに4倍速
いけど、肝心な書き込み速度は7連写して2秒しか違わない。ただ、これは DP2 Merrill で比較した場合の話
なので、他のカメラでは異なった結果になると思う。

まだ夜も更けたという時間ではないけど、明日からの仕事に備えて、少々早めに寝ることにする。おやすみなさい。

バックアップをバックアップ。 2012/08/18

フォーマットされていないとされたバックアップ用ディスクを外付けにしてフォーマット。OS からは見えるようになっ
たけど、S.M.A.R.T を見たら代替処理保留中のセクタが 25 個もあるとなっていた。CHKDSK を掛けたら 17 個
に減った。とりあえずこの状態でバックアップのバックアップをしてみた。約1Tのデータをコピーするのに要した
時間は3時間37分。このまま使っていて代替処理保留中のセクタが増えるようなら、このディスクも交換しなけ
ればならないが、とりあえず様子を見よう。

昨日、交換してもらった HDD を受け取りに秋葉原に出たついでに、マンフロットのLブラケットを買ってきた。カメ
ラを三脚に乗せた時に縦位置と横位置を素早く切り替えるためのものだけど、何が何でも必要と言う類いのアク
セサリーではない。ただ、カメラを縦位置にセットしても横位置と同じ様に扱えるのが何かと便利。

体調は相変わらずで、何となくだるい。今日もたっぷり昼寝をしてしまった。が、処方された薬の中に眠くなる成
分が入っているせいか、少々眠い。こうして記事を書いていても、何となくだるい。と言うことで、おやすみなさい。

バックアップディスクがまた死んだ。 2012/08/17

一週間ほど前に、データディスクをバックアップしているディスクのウチの1台が死んだため、新品と交換してもら
うために販売店に持って行った。今日、メーカーから新品が届いたと連絡をもらったため、取りに行った。

そして、パソコンに取り付けて、もう一台のバックアップディスクも繋いで電源を入れたら、起動しない。そんな馬
鹿な!と言うことで、正常だったもう一台のバックアップディスクを外して起動させたら、ちゃんと起動した。

1週間の間にディスクが2台ともいかれるとは前代未聞である。が、間違いなく、先週まではちゃんとバックアッ
プできていた事は間違いない。もう一台のパソコンに繋いでも認識されない(正確にはフォーマットされていない
と言ってくる)様なら、これも交換である。

現在、データディスクの全データ約1Tバイトを、新しいバックアップディスクにコピー中。おそらく2時間くらい掛か
るだろう。

と言う訳で本日はこれまで。おやすみなさい。

まだ少し変。 2012/08/16

病院へ行ってお医者さんから処方された薬をちゃんと飲んでいるのだけど、今ひとつシャッキリしない。何となく
だるいのだ。でも、仕事はしなければいけないので、今日はちゃんと仕事をしてきた。

昨日買ってきたアジャンタのチキンカレーが残っていたので、平らげた。私が知る限りでは最も辛くて、最もおい
しいカレーである。しかし、2食で食べてしまったと言うことは1食分 630 円になるので、かなり高い。でも、め
ちゃくちゃおいしいので許す。

薬の中に眠くなる成分が入っていると説明書きに書いてあるのだけど、確かにそうらしく、薬を飲んでしばらくす
ると眠くなる。今日はこれと言ったネタも無いし、さっさと寝てしまうのが良さそうだ。

おやすみなさい。

暑さでヘロヘロ。 2012/08/15

今日は昼寝三昧。夕方に緊急の SOS 電話が入って九段下まで行ってきた。ついでに麹町まで脚を伸ばして、
アジャンタ(インド料理屋さん)に寄ってチキンカレーと挽肉カレーをテイクアウト。久しぶりに口の中が燃えるよう
なおいしいカレーが夕食となった。

薬のおかげで症状は緩和されているのだけど、だるさが残っている。明日は何が何でも仕事に行かなければな
らないので、今日は早めに寝ることにする。

で、今日の一枚。



桔梗
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

金星食は雲の中。 2012/08/14

千葉県船橋市の本日未明の天気は晴れ。確かに天頂にはごく薄い雲が掛かっているだけ。しかし、東の空はしっか
りと厚い雲で覆われていた。午前4時まで起きていたが、月を見ることは出来なかった。これで、国内にいる限り
は、生きているウチに金星食を撮影する事は出来ないようだ。


夏風邪と思われる症状があまりに長引くので、さすがの私も病院に行って来た。5日分の薬をもらって帰って来た
が、お医者さんからはタバコを止めるようにきつく申し渡された。頑張ってみようかしら・・・。


夏休みもあと2日で終わる。私が病院へ行っている間、ヨメさんと「はな」はららぽ〜とへ遊びに行った。現在、
午後1時45分。彼らはららポ〜トで食事中。私は病院内にあるコンビニで買ったパンとコーヒー牛乳で昼食は
済ませた。

外は曇り、時々雨の天気であったが、ここへ来て薄日も差してきた。今日の午後はのんびり過ごそう。

今年も★は流れなかった。 2012/08/13

実は、過去5年間、毎年この時期には流れ星を撮ろうと頑張っている。今年は DP2 Merrill のインターバルタイ
マーと SD1 のキャプチャープロを活用して 500 枚以上撮影したが、流れ星は写ってくれなかった。もちろん、
今まで一度も撮影できていない。

流れ星は写っていないけど一枚ずつアップしておく。



昇ってくる昴(すばる)
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @38mm f:3.5 10Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0




昴(すばる)と月
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 6Sec. ISO100 インターバル撮影。
マニュアル露出、MF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0

風邪は少し良くなったかも。 2012/08/12

ヨメさんから写真プリントを依頼されている。明日の朝までに30枚程度プリントしなければならない。が、ハガ
キサイズなので、大騒ぎするほどではない。大変なのは私が撮った写真ではないため、色出しが面倒な点である。
しかも、普通の方々が見るので、派手な仕上げでなければならない。1枚プリントするのに用紙を6〜7枚使って
しまう。


昨日テスト撮影を行った 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の画像選択と現像が終了。午後1時までには
レンズテストにアップできるだろう。ここにも5枚ほどアップしておく。絞り開放の描写はレンズテストをご覧
頂きたい。



SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @18mm f:8.0
倍率色収差と樽型の歪曲が気になる。f:8.0 なので周辺部はさほど悪くない。倍率色収差を SPP で低減すれば、
実用上はほぼ問題ない描写。




SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @31mm f:8.0
糸巻き型の歪曲が気になる。倍率色収差を SPP で低減すれば、かなり良い描写と言える。が、DP2 Merrill
と比較してはいけない。こちらは マクロ付きの約14倍ズームである。




SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @51mm f:8.0
糸巻き型の歪曲以外は問題なし。かなり良い描写。




SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @106mm f:8.0
高倍率ズームである事が信じられない描写。マクロ並みとは言えないが、驚くほど良い。




SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @250mm f:9.0
高倍率ズームの望遠端でまともな描写は見たことがない。このレンズも周辺部の描写はかなり甘い。倍率色収差が
補正出来るようになったので、少しは良くなるかも。

なお、焦点距離は Exif に記録されているものを表示。現像時に倍率色収差補正は行っていない。100mm からいき
なり 250mm は間を飛ばしすぎと反省。近いうちに 150mm をテストする予定。




我が家の DP シリーズ用バッテリー。

まだ不調。ゴホンゴホン。 2012/08/11

幸いなことに 15 日までお休みである。が、体調が優れないのは損をしている気分。どこかへ出かける気にもなれ
ない。ヨメさんと「はな」は原宿まで遊びに行ってつい先ほど帰ってきた。現在午後3時15分。天気予報は曇りで、
確かに雲が出てはいるが薄曇りの状態で、気温が高く、昨日とほぼ同じで、遠くは陽炎が立っている。

ついポチッとしてしまった Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1 が来たの
で、DP2 Merrill で RAW Hi マニュアル7連写をやって、最初の撮影時刻から最後のファイルのタイムスタンプ
までを調べた。44 秒。Extreme Pro 95MB/s と同じであった。

カード 速度@32G の価格
SanDisk Extreme SDHC 32G Class10 45MB/s x300 UHS-1 44 秒¥2,780
SanDisk Extreme Pro SDHC 32G Class10 95MB/s UHS-1 44 秒¥6,800
Transcend SDHC 32G Class10  45 秒¥1,941
Transcend SDXC 64G Class10  45 秒¥2,413
EverGreen(上海問屋) SDXC 64G Class10  46 秒¥1,605




我が家の全 SD カード。


夕方から、しっかり曇ってくれたので、18-250mm のテスト撮影を行った。が、えらくピントが合わせにくいレン
ズで、各焦点距離、各絞り値でほぼ 30 枚ずつ撮影。色収差が多いレンズなので、描写力を JPEG のファイルサイ
ズで比較すると判断を誤る可能性があるため、最良画像を実際に1:1で表示させて、目視で比較しなければならない。

つまり、最良画像の選択にものすご〜〜〜〜く時間が掛かるため、本日、ここに掲載することが出来ない。明日中
には終わらせるので、しばしお待ち頂きたい。

夏風邪で、不調。 2012/08/10

熱はないのだけど、咳と鼻水に少々苦しめられている。せっかくお盆休みに突入したのに、家で安静にしているの
が良い様だ。

今朝方、18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM をテストしたのだけど、望遠側がもの凄い陽炎状態。明日は曇
りそうなので再度挑戦。とりあえず1枚だけご覧頂くが、これは作例画像のレンズテストには掲載しない。



SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @250mm f:9.0
陽炎のサンプル画像。(^^;




18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM を 250mm まで伸ばすとこんな感じ。

SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO400 EV+1.3
色ノイズ 0.5、輝度ノイズ 0.75、シャープネス -1.0

ヨドバシ Akiba 最後の BP-41 2012/08/09

【本日2本目の記事】

今日は会社一つと個人のお客さんお一人を掛け持ち。ついさっき帰って来た。

移動の途中で秋葉原に寄ってヨドバシ Akiba でシグマの DP2 Merrill 用純正バッテリー BP-41 を1個購入。こ
れで当初の予定通り、12個となった。ヨドバシのおねぇさんが、「いっぱい入って来たのにこれで最後です。」
と言っていた。またしばらく在庫切れが続きそう。

DP2 Merrill の売れ行きが好調なようだ。と言うことは DP1 Merrill の発売が遅れると言うことだ。もちろ
ん根拠は無い。が、私は DP2 Merrill が売れれば売れるほど作らなくてはならず、DP1 Merrill の製造に人手
を割けないと推測しているからだ。もしかすると DP1 Merrill の発売は10月にずれ込むかも知れない。

あ、充電器もあと一台買っておこうと思っていたのに忘れてしまった。とりあえず充電済みが6本あるので、大丈
夫だろう。今日買ってきた純正も充電しておこう。


死んでしまった2Tの HDD。メーカーのボックス品なので3年間の保証付き。交換してもらおうと思って販売店に
持って行ったら、さすがに修理品扱い。メーカーの保証書には「交換する」と明記されているのだけど、販売店で
は交換してくれなかった。結局 HITACHI が交換品を送って来るまで待たされるようだ。コンピュータの世界でも
修理とか交換に販売店を経由するのは無駄な手間と時間を増やすだけと言うことがわかった。


18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM をテストしたいので貸してくださいと、大分前にお願いしておいたが、
今日、家に帰ったら着いていた。今週末からお盆休みに掛けてテストをする予定。シグマのサンプルギャラリー
にアップされているのは全て SD15 による作例である。確かに SD1 で使うのに適したレンズであるとは思わな
いけど、SD1 で写したら、どの程度写ってくれるのか、皆さんも興味があるだろう。

シグマをイジメル事が生き甲斐の私としては、やはり SD1 で撮らないわけには行かない。当然、あまり良い結果
が出るとは思えないけど、おそらく A4 サイズ程度のプリントであれば問題の無いレベルではないかと予想して
いる。どうなりますやら・・・。

DP2 Merrill の互換バッテリー 2012/08/09

フォビオン掲示板にも書いたけど、私は DP2 Merrill に互換バッテリーを使っている。ROWA DMW-BCC12-Tと
言う、元々は Panasonic 用の互換バッテリーである。1個¥550 であるが、2個セットで¥1,000 で売られてい
る。本来 DMW-BCC12 はキリカキが異なるため使えないはずなのだけど、リコーの DB-60 が DB-65 になった
際に、互換バッテリーは全てキリカキを DB-65 に合わせたようだ。DB-60 用としても売られているのだけど、DP2
Merrill に使うことが出来た。

上記バッテリーの仕様が変わったようで、現時点では切り欠きが異なって、DP2 Merrill には使えないそうです。お買いにならないでください

先月の終わりにシグマの純正バッテリーがどこを探しても無いので、仕方なくこのバッテリーを2個買った。そし
て、使ってみて驚いた。バッテリーの持ちが凄く良いのだ。現時点で2個目の枚数チェックが終わったばかりだ
けど、1回目の充電で初めの1個は 184 枚撮れた。2個目は 106 枚を越えたところで、おそらく一番バッテリーを
消耗すると思われるインターバルタイマーを使って、バッテリーが上がるまで強制的に連写。それでも 158 枚
撮れた。他にはシグマとペンタックスのバッテリーを持っているけど、今のところ 95 枚以上撮れたバッテリー
は無い。

もう少し使って見ないと何とも言えないけど、あまりにも違うので、取り敢えずご報告。ただし、このバッテリーを
使って、何らかのバッテリーに起因する事故が起きた場合にはシグマの保証を受けることは出来ない。しかし、
ROWA のバッテリーは SD でも使用しているが、今までに問題が起きたことはない。万に一つが気にならない
方にはお薦めする。

明日あたり、あと4個届くはずである。これで DP2 Merrill 用のバッテリーは 11 個。あと1個で目標値である。
が、いざというときに充電器が足りなくなる可能性がある。あと1個、買っておいた方が良いかも。


デスクトップパソコンに入れてある HDD の一つが死んだ。BIOS レベルではちゃんと認識されているのだけど、こ
のディスクを接続すると(カセット式なので、「ON にすると」が正しい。)、コンピュータが起動しない。2台目の
バックアップ用ディスクなので、特に問題は無いが、バックアップが1台しかない状態は気に入らない。HITACHI
のボックス品(OS03191)なので、保証は3年ある。購入時のレシートも外箱の中に入れてある。今日は夕方か
ら九段まで出なければいけないのだけど、その前に秋葉原に寄って交換してもらおう。

現在、データディスクはほぼ1Tバイト使用済み。1Tのデータをコピーするのにどれくらいの時間が掛かるのだろう?


昨晩、SanDisk の SDHC 45MB/s 32G をポチってしまった。週末には来るようだ。


さて、ユーザーさんが OS を Windows 7 に変えたら、私の作った商品発注用エクセルシート作成プログラムの
動作が1ヶ所だけおかしくなったと言ってきた。Vista でもそうだったのだけど、MS Access の SendKeys 命令が
正しく実行されないバグである。SendKeys 命令を使わない様に修正して、メールで送った。

DP2 Merrill の SD カード その2 2012/08/08

Transcend の SDXC 64G が届いたので、DP2 Merrill での速度を調べた。

カード 速度@32G の価格
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 32G  44 秒¥6,800
Transcend Class10 SDHC 32G  45 秒¥1,941
Transcend Class10 SDXC 64G  45 秒¥2,413
EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G  46 秒¥1,605

Transcend Class10、64G と 32G で速度は変わらないので 64G 1枚にするか、32G 2枚にするか悩むところ。
普通、カードを交換出来ない状態で 500 枚以上続けて撮影しなければならない事態はまず考えられないので、
32G 2枚が合理的だと思う。ひたすら価格を追求すれば、上海問屋でも良いと思う。ただし、バーゲン価格で売
り出されるのを待つ必要がある。 Transcend の高速版や SanDisk の 45MB/s、あるいはその他のメーカーの SD カードだとどの程度の速度が出る
のか、チョット気になる。どなたかにチェックして頂けると嬉しい。テスト方法は昨日書いた通りで、とても簡
単である。と言うことで、フォビオン掲示板でお願いのスレッドを立てた。DP2 Merrill 用の安くて速い SD カー
ドは何か?数日のウチに判明するだろう。 ついでに現在私が所有していて、すぐに見つけることが出来た SD カードのベンチマークを取ってみた。
CrystalDiskMark 3.0.1 64ビット版、USB3.0 接続のカードリーダーを使って、50M バイトのシーケンシャル3回。
書き込みが遅い順に並べてある。単位は メガバイト/秒。

カード読み込み書き込み
EverGreen(上海問屋) Class6 SDHC 8G  22.53 13.77
Transcend Class10 SDXC 64G  21.44 15.23
GreenHouse SDHC Class10 8G  23.26 17.04
Transcend Class10 SDHC 32G  23.26 17.47
EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G  23.50 18.23
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 32G  92.42 78.40
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 16G  91.97 79.63

SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC はブッチギリで速い。が、DP2 Merrill ではあまりその恩恵に浴することが
出来ない。ただし、撮影後 SD カードから HDD にデータを転送する際の読み出し速度はとても速い。高価ではあるが、
非常に多くの枚数を撮影する方にはお薦め。

DP2 Merrill に使う SD カード 2012/08/07

カメラ内 JPEG がかなり使えることはわかっているのだけど、仕上がり具合を調整したいとなると、どうしても
RAW で撮影しておきたい。そして JPEG でも記録しておけば、すぐに画像のチェックが出来る。と言うことで、始
めのうちは RAW + JPEG で撮影していた。不思議なことに書き込みに要する時間は RAW だけと RAW + JPEG
を比較してもほとんど変わらない。もっと不思議なことに DP2 Merrill では SD カードの種類によって異なるが、
RAW + JPEG のが速く書き込みが終わることもある。

しかし、SPP で RAW ファイルに含まれている JPEG 画像を抽出するのに必要な時間は現像前の一瞬で済む。
画像のチェックはその抽出した画像で十分である。それを考えると、RAW + JPEG で撮影することにあまり大き
なメリットはない。

そんなわけで、いつしか RAW オンリーで撮影するようになってしまった。単に、そこに何があったか、そこで何
が起きたかと言った、画質を考慮しなくて良い写真を多量に撮影する場合には、逆に JPEG のみでの撮影で良
いとも思うけど、そのような類の写真を撮らなければならない状況には、一度も遭遇していない。

へるまんさんとお話しさせて頂いたときにも、彼は RAW オンリーだと言っていた。撮影時には、ほんの一瞬でも
書き込みは速い方が良いと言っていた。SD1/SD1 Merrill では確かにその通りだ。反対する理由は何もない。

基本的にはその写真をどのような目的で撮影するのかに合わせて選択するので、何が何でも RAW と言うこと
ではないのだけど、私の場合は上手く撮れた写真は作例画像としてウェブサイトに掲載する目的があるため、ど
うしても RAW で撮影しておくことになる。が、画質にこだわる必要がない写真の場合は、JPEG、それも BASIC
画質で良いとは思う。


さて、DP2 Merrill に使う SD カードで、コストパフォーマンスを考慮した場合にどんなカードが良いのかを調べて
みた。DP2 Merrill は SDXC に対応しているので、64G の SDXC カードが使える。そこで、取り敢えず安いカード
を2枚買ってみた。EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G と Transcend SDHC Class10 32G である。上海
問屋の 64G SDXC カードは普通は 3,999円で売られているが、時々 2,999円で販売される。送料を入れても
3,209円なので、かなりの割安感がある。Transcend SDHC Class10 32G は 1,941円でいつでも買える。

で、書き込み速度を調べてみた。その際に書き込み速度を測定する非常に簡単な方法を思いついたので、その
方法を書いておく。

1.カメラの露出モードはマニュアル露出。絞り適当、シャッター速度 1/160 より速い速度、MF、ホワイトバラン
スは「晴れ」、レンズキャップをする。
2.ドライブは連写モード。
3.シャッターを押して、バッファフル(7枚)まで連写。
4.1枚目の撮影時刻から7枚目の RAW ファイルのタイムスタンプまでの秒数を調べる。

これだけである。撮影後、SPP でファイルの撮影情報を見れば、1枚目が撮影された時刻はわかる。そして7枚
目のファイルのプロパティを見れば、そのファイルが記録された時刻(タイムスタンプ)がわかる。7枚目のファイ
ルのタイムスタンプから1枚目が撮影された時刻を引けば、7枚を連写して、書き込みが終了するまでの時間
(秒数)を知ることが出来る。ストップウォッチや腕時計とにらめっこする必要はない。

で、上記の方法で測定した DP2 Merrill での RAW のみの書き込み時間は以下の通り。
カード 速度@32G の価格
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 32G  44 秒¥6,800
Transcend Class10 SDHC 32G  45 秒¥1,941
EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G  46 秒¥1,605

DP2 Merrill の場合はあまり高価な SD カードは必要なさそうだ。もう一枚 Transcend Class10 SDXC 64G
が来る予定なので、来たときに速度を調べてみよう。


SDXC カードについてご注意。

DP2 Merrill は SDXC カードに対応しているが、現在使用中のパソコンで SDXC カードが使えるかどうかを確認し
て購入しなければいけない。

私の場合、デスクトップマシンは Windows7 で USB3.0 のカードリーダーは SDXC に対応しているので、問題は
ない。が、ノートブックは Windows XP なので、SDXC に対応したカードリーダーを購入し、OS に exFAT ファイル
システムサポートプログラム
をインストールする必要があった。

荒天 2012/08/06

照りつけたかと思ったら急に雲ってドカッと雨が降り。アッと言う間に止んで穏やかな天気。でも東京では土砂降
りの所があるらしい。

オリンピックを見たかった訳ではないけど、朝早く目が覚めてしまった。日の出前の東の空が綺麗だったので DP2
Merrill で写真を撮った。まだ薄暗い状態だったけど、朝焼けや夕焼けはかなり暗いウチのが綺麗に写ることを
経験から知っている。



夜明け前
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/6Sec. ISO100 EV-2.0
絞り優先AE、AWB、MF。カラーモードはスタンダード。
ノイズリダクションは共に真ん中。シャープネス 0。

DP2 Merrill のカラーモードをスタンダードにするとやや派手目になる。この手の写真では普通、彩度を上げるの
だけど、私は少し下げた。

ショコラはワクチン接種後のかったるい状態を脱したようだ。少し元気になった。

体調がイマイチ。チョット無理して仕事に出たけど、明日は自宅で仕事の予定。オリンピック中は、つい寝不足に
なる。暑い中、体に気をつけて、過ごしましょう。

@Nifty での FTP 接続復旧 2012/08/05

【本日2本目の記事】

と言っても、@Nifty が措置をして直ったのではなく、私が FTP パスワードを新たに発行してもらい、それをさら
に変更することで原因を突き止め、その原因を回避することで FTP ソフトによる接続が出来るようになっただけ
である。

@Nifty のホームページサービスへファイルをアップロードするために私は NextFTP を使用している。もう、10
年以上このソフトだ。そしてこの2年ほど FTP ログインのパスワードは変更していなかった。それが、突然「パス
ワードが間違っています」エラーになった。

@Nifty からの指示で FTP パスワードを再発行させて、そのパスワードでログインしたら、問題なくログインが出
来た。そして、そのパスワードを今まで使っていたものに変更したら、再びログインが出来なくなった。

なぜか @Nifty の FTP サーバーがログイン用のパスワードを8文字分しか認識しなくなってしまったようだ。こ
ちらがログインパスワードを8文字にすることで、現在では問題なく接続出来ている。本来、@Nifty の FTP パス
ワードは8文字以内だった様で、私がついこの前までログインできていたのは、ログイン時に FTP サーバーがパ
スワードの文字数の制限をしていなかったか、先頭の8文字だけを比較していたからなのだろう。

いずれにしても、悩み事が一つ減った。


なんか、夏風邪を引いてしまったようで、体調がイマイチ。女子マラソンを見たら寝るとしよう。

やっぱり凄い DP2 Merrill 2012/08/05

DP2 Merrill の凄まじい解像力に少々違和感を感じつつも、現像で少し甘くすることで自然な感じを出せるように
なったと思う。

私の場合、被写体の種類やその写真で表現したいものによって多少の違いはあるけど、色ノイズリダクション真ん
中(0.5)、輝度ノイズリダクション 0.75、シャープネス -1.0 で不自然さをあまり感じない気がする。


今日は DP2 Merrill で無限遠の風景を撮った時に最良の描写をする絞り値を調べて見た。ディスプレイに1:1で
表示させて、肉眼で確認する限り、f:3.2 から f:7.1 までの描写にはほとんど差が無い。かなり面倒ではあったけ
ど、短時間の間に絞り値を変えて撮影したいつもの風景をほとんど同じ条件で現像して、JPEG ファイルをレベル 12
で保存して、そのファイルサイズを比較した。

f: 2.8 13,963,937
f: 3.2 14,175,624
f: 3.5 14,237,986
f: 4.0 14,504,751
f: 4.5 14,602,523
f: 5.0 14,626,544
f: 5.6 14,466,005
f: 6.3 14,393,492
f: 7.1 14,173,734
f: 8.0 13,926,387
f: 9.0 13,564,021
f:10.0 13,264,854
f:11.0 12,815,265
f:13.0 12,355,749
f:14.0 11,806,212
f:16.0 11,446,414

何度もこの JPEG のファイルサイズによる描写力の比較に関して注意点を書いているが、今回も同様の注意を払っ
て撮影し、現像したものを比較してあるので、ファイルサイズが大きいほど緻密な描写になっていると判断して良
いと思う。

JPEG のファイルサイズによる描写力の比較を行う場合には・・・

1.カメラ及びレンズが同じである事。
2.被写体が同一である事。
3.平らな被写体を撮影する事。(画面全体が被写界深度内であればOK)
4.同じ条件で撮影する事。
5.現像のパラメータは全て同じにして、露出のみを変更して、明るさを揃えること。(これが面倒)
6.ノイズの影響を避けるためノイズリダクションを掛けること。

以上の条件を守らないと JPEG のファイルサイズによる比較では判断を誤ることになる。

例えば、f:2.8 のファイルを「オート」で現像するとノイズリダクションは共に 0.5 となり、シャープネスが 0 と
なるため、ファイルサイズは 15,120,703 となり、他のどのファイルよりも大きなサイズとなる。また、ノイズリダ
クションを共に 0 にした場合には、シャープネスを -1.0 にしても 16,946,449 になる。ノイズがどれほど JPEG
のファイルサイズに影響してくるかが良くわかる。なので、レンズの描写をファイルサイズで比較する場合には、
ノイズを極力抑えなければならない。しかし、ノイズリダクションを最大まで上げてしまうと、細部の描写が明らかに
甘くなってしまうため、今回の現像は全て上記の条件(色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.75)
で現像し、シャープネスは -1.0 にしてある。

実際の画像をご覧頂こう。



@f:2.8(絞り開放)13,963,937 バイト



@f:4.0 14,504,751 バイト



@f:5.0(JPEG ファイルサイズ最大)14,626,544 バイト



@f:5.6 14,466,005 バイト



@f:8.0 13,926,387 バイト



@f:11.0 12,815,265 バイト

おまけ



@f:2.8 を「オート」で現像(シャープネス 0、ノイズリダクション共に 0.5)15,120,703 バイト

ご覧頂いてお判りの通り、f:2.8 から f:8.0 まで、十分に良い描写をしている。その差を肉眼で確認するにはディ
スプレイ上に2枚の画像を1:1で表示しておいて、画像を瞬時に切り替えて比較しないと違いを見つけることは
難しい。

それにしても暑い。暑さにやられぬよう、気を付けましょう。

暑さはほどほど。眠い。 2012/08/04

昨晩は遅くまでオリンピックを見てしまい、少々眠い。ナデシコジャパンの美しいサッカーは感動ものだった。
今夜は男子サッカー、幸い午後8時からだ。

今日はショコラに3種混合ワクチンを接種してもらうために動物病院へ連れて行った。尿に結晶が出ているのだ
けど、ワクチンとは関係ないとのことで、第1回のワクチン接種。2回目は1ヶ月後である。

友人が行きつけのダイニングバーのオーナーが飼っている同じキジトラのペレ(サッカーのペレではなく、ハワイ
の火の女神だそうだ)の通い夫になる話が浮上しているので、去勢手術はペンディングである。チョット気になる
のはペレちゃんが健康診断を受けていないこと。お医者さんに相談したら、出来たら伝染性の病気を持っていない
ことは確認してもらった方が良いとのことだった。


あまり意味はないのだけど、DP2 Merrill と DP1x で同じ景色を撮ってみた。DP1x の画角を DP2 Merrill
の画質で撮影したものが DP1 Merrill の写真になるはずである。想像して欲しい。



SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AWB、AF。カラーモードは「ニュートラル」
露出 -0.2。FillLight +0.3。シャープネス 0。CC 5C+6M。ノイズリダクションは真ん中。



SIGMA DP1x @f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AWB、AF。カラーモードは「ニュートラル」。
露出 0。FillLight +0.3。シャープネス 0。CC 7C+6M。ノイズリダクションは使用不可。

いやはや暑い。 2012/08/03

昨夜発生した @Nifty の FTP トラブルは相変わらずで、IE の FTP でもダメ。仕方がないので Nifty のウェブ
サイトのホームページ管理画面からのアップロードを行った。昨晩送ったメールでの問い合わせに対して返事がな
かったため、生まれて初めて @Nifty のユーザーサポートへ電話した。@Nifty でもこのトラブルは認識しておら
ず、間違いなく障害が発生していることを確認して貰った。至急調査の上、トラブルの解消に努めるとのこと。
全然アップロードできないわけではないので良しとしよう。


今日は自宅で仕事。仕事の合間にショコラを撮影。ストロボの直射はしていないのだけど、やはりあまり好きでは
なさそうだ。今日のショコラは SD1 + MACRO 70mm である。







この3枚も例によって作例画像の [SD1/SD1 M/DP2 M] に上げてあるので、撮影データなどはそちらをご参照いた
だきたい。

maroのウェブサイト更新不能。 2012/08/02

【本日2本目の記事】

本日午後8時に @Nifty のサービスを使用している私のウェブサイトにファイルをアップしようと FTP で接続す
る際に ID とパスワードが正しいにもかかわらず、530 Login incorrect (ログインが不正)エラーでサーバー
に接続できない状態になっていることがわかった。

作例画像のサーバーには問題なく繋がるし、その他の5箇所の異なる FTP サーバーには全く問題なく繋がる。
また、所有している3台パソコン全てで同じ状態なので、@Nifty の FTP サーバーでの認証に不具合が出ている
可能性が非常に高い。過去にもこの様なことが1度あったが、短時間のウチに復旧した。

今回の不具合は午後8時30分に @Nifty には報告済みなので、2時間以上が経過している。幸い大きな実害は
ない。この雑記帳の HTML 版がアップデートできないだけだ。

閲覧するのには何の問題もないので、訪問者の方々に迷惑は掛かっていない。私にとっては大騒ぎしなければなら
ない問題ではないけれど、緊急性のある方には困った状態であろう。

この障害が広範囲のユーザーに対して起きていないことを祈る。

今日も暑かった。 2012/08/02

梅里さんに長いことお借りしていた NIKON D800 とレンズいっぱいをお返しした。しばらくこの夏の上天気が続く
はずで、これ以上お借りしている訳には行かない。最低限の目標は達成したと思うので、7月9日以降の記事を
ご覧頂ければ、D800 および D800E の描写性能はお解り頂けると思う。

NIKON D800 はとても良いカメラである。敢えて悪口を書けば SD1 と全く同じで、非常に高い描写性能を持って
いるため、ピントが甘かったり、わずかでもブレたりするとその実力を発揮できない点であろう。SD1 が NIKON
D800 の持っている機能、性能を身につけるまでは、かなりの時間が掛かるだろう。カメラメーカーとしての歴史
やノウハウの積み重ねを考えれば、致し方のないところだ。


フォビオン掲示板に書いてしまったけど、私は DP2 Merrill の書き込み速度を SD1/SD1 Merrill が獲得すると
予想している。まぁ、これは誰でも考えつくことで、同じセンサー、同じ画像処理チップを搭載し、より長持ちする
バッテリーを使う SD1/SD1 Merrill が DP2 Merrill に出来ることを出来ないわけがない。

また、DP2 Merrill の QS メニューの操作方法やカスタマイズ機能はなるべくしてなった完成形で、これもまた
SD1/SD1 Merrill に搭載されない理由が見あたらない。

SD1/SD1 Merill はダイヤルを2つ持っていて、絞り優先 AE やシャッター優先 AE、プログラムAE でのパラメータ
変更をどちらのダイヤルでも出来るようになっている。信じられないアホな仕様で、任意のダイヤルに露出補正
値の変更を割り振れる様にすべきである。

SD1/SD1 Merill のライブビューに関しては現時点でペンディングになっているか、諦めたかのどちらかである。
非公式なシグマ技術者さんとの会話でそう感じた。


さて、ボチボチ DP1 Merrill の発売日が発表になってもおかしくない。早ければ今月中、遅くても来月には発売
になるような感触を得ている。プロトタイプを使った某カメラマンさんから「凄い」との情報を得た。大いに楽しみで
ある。

しかし、DP1 Merrill の発売時期に関しては意外な問題がある。DP2 Merrill の売れ行きである。DP2 Merrill が
売れれば売れるほど DP1 Merrill の発売が遅れる。理由は簡単、シグマにはそれほどの製造能力がないから
だ。また、DP2 Merrill と同時に発売できなかったのも、同様の理由。供給が追いつかなくなる可能性が高かっ
たからである。もちろんこれは私の邪推である。確証は何にもない。が、そう考えると DP Merrill が同時に発売
されなかった事がスッキリと理解できるのである。

お天気不安定。 2012/08/01

スカッと晴れたかと思えば、急に雲が出てきて雨がパラリ。その後、すぐまた晴れ。地平線には雲がモクモク。
テスト撮影者泣かせの天気である。


ショコラの健康診断が一通り済み、血液検査でチョット気になる値が出たので、尿検査をした方が良いですと言
われて、今朝、仕事に行く前にショコラのおしっこを採取して、病院へ持って行った。

仕事をしていたら、ケータイに電話。尿に結晶が出ていますと言うことで、仕事が終わってから病院に行った。
顕微鏡で拡大した画像を見せられて「ストルバイトですので、体質改善食を1ヶ月ほど与えてください。」と言わ
れた。膀胱炎になっているといけないのでと言うことで抗生物質と鎮痛剤もらう。尿検査とそれらの薬剤で5千
円ばかり掛かった。尻尾の傷の治療に始まって、虫下し薬、ノミ駆除薬、血液検査、ウィルス検査、ウンチの検
査、尿検査、そして薬剤。何だかんだで2万5千円ほど掛かっている。これから先、体質改善食だけでも1ヶ月
で6千円ほど掛かる。猫をちゃんと飼うのは意外とお金が掛かると言うことがわかった。モデル代だと思えば安
いのかしら・・・。(^^;

ウィルスとか白血病、猫エイズなどの重篤な病気や寄生虫などもなくて健康優良児だと思っていたが、病気とい
うレベルではないのだけど、このまま放置すると結石になって、最悪の場合「尿閉」つまりおしっこが出なくな
るとのこと。

インターネットで調べたら、ストルバイトは尿がアルカリ性である続けることが最大の原因だそうで、運動を良
くさせることが最大の予防になるらしい。ただ、いわゆる家猫の場合は満足に十分な運動をさせることが難しい。
跳び上がりや跳び降りを一日に何度もさせるにはどうしたら良いのか?しばし悩んでみよう。

と言うことで、本日はこれまで。



えらそうなショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/500Sec. ISO200。マニュアル露出、天井にストロボ一発。

かんかん照り。 2012/07/31

今日は一日中ほぼ快晴。天気が良いのは悪いことではないのだけど、陽炎がすさまじいことになっている。梅里
さんからお借りしているカメラやレンズをいい加減、返さなければいけない、良く考えてみたら、D800 で撮れ
るものは一通り撮ってしまっている。が、可能であれば SD1 との同時撮影をしたいと思っていたたため長々
と借りたまま。

過去に撮影したものと比較をしてみたけど、新たに撮影してもさほど大きな変化は無いような気がする。今日は
自宅で仕事をしていたのだけど、夕方にチョット出かけなければならなくて、8時過ぎに帰ってきた。明日は午
前中から仕事の予定。8月2日には、お借りしているものをお返ししようと思う。


夕べは柔道のあと卓球を見ていた。日本初の金メダルはリアルタイムでは見逃してしまった。今夜はやっぱりナデ
シコジャパンかな・・・。

本日はこれまで。

睡眠不足。 2012/07/30

今日は午後から仕事。夕飯を食べて、のんびりしたらもうこんな時間。昨晩(正確には本日未明)はサッカーに始
まって、女子重量挙げ、水泳、もちろん 100m 平泳ぎまで見てしまった。寝たのは午前4時30分。なので、今日
は少々眠い。

明日は自宅で仕事の予定なので、天気が良ければ(曇ればという意味)SD1 + シグマ製レンズのテスト撮影を行う
予定。


ショコラは初めの頃は私に絡んでくることが多かったのだけど、食事を与えているのがヨメさんなので、すっかり
ヨメさんを大好きになってしまい。あまり私にはなつかなくなってしまった。まぁ、当然の成り行きなので致し方
のないところである。

今夜は柔道が面白そう。取り敢えず、今日はこれまで。

生きているだけで暑い日。 2012/07/29

昨晩、自宅のマンションから隅田川の花火を撮った。が、遠すぎてしっかり写ってくれなかった。ピントは合って
いるはずなのにスカイツリーや花火は今ひとつ甘い描写。作例にはアップしたくないのだけど、あまりに遠くの花
火は難しいと言う意味で1枚だけ。



スカイツリーと花火
SIGMA SD1 + SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM @300mm f:8.0 2.5Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、AWB。カラーモードはニュートラル。NeatImage にてノイズリダクション。


午前中に「クソ暑い夏」を撮ろうと思って、ぶらりと出かけた。わずか 30 分で挫折。あまりの暑さに体が恐怖を
覚えた。多少風があったから良いようなものの、炎天下での移動は危険である。また、もし良い被写体を見つけて、
撮影に夢中になったら、もっと危ないかも知れない。

皆様も、炎天下での撮影には十分お気を付けください。

DP2 Merrill と PL フィルター。 2012/07/28

【本日2本目の記事】

DP2 Merrill 用に PL フィルターを買った。マルミの 49mm径フィルム用として販売されている一番安い PL フィル
ター(¥954)である。オートフォーカスや露出測定の為にハーフミラーを使っているカメラの場合はサーキュラー
PL フィルターが推奨されているが、DP2 Merrill は AF や AE センサーの前にハーフミラーは存在しない。なの
で、敢えて C-PL フィルターでなければならない理由は何もない。



実際にこのフィルターを装着していない状態と装着した状態で 15 種類の異なった状況と被写体を選んで比較
撮影を行ったが AE も AF も全く問題は無かった。唯一問題があったのはフィルターを装着したことによるゴース
トの発生であった。




DP シリーズではセンサーの前にハーフミラーは入っていないので、C-PL ではなく、普通の PL フィルターの使
用をお勧めする。

なお、広角用としてフィルター枠が特別に薄くなっているフィルターもあるが、DP シリーズの場合は薄くなければ
ならない理由は何もないので、普通の枠の PL フィルターで全く問題ない。フィルターによるゴーストが気になる
方は、例えマルチコートされたフィルターを使っても、ゴーストが出る事を知っておいた方が良い。

ご注意:SD シリーズの場合はセンサーの前にハーフミラーが入るため、普通の PL より C-PL フィルターの方が
良いと思う。が、それをテストで確認したわけではない。

ロンドンオリンピック始まる。 2012/07/28

たまたま朝5時に目が覚めてしまった。当然テレビを点けてロンドンオリンピックの開会式を最後まで見てし
まった。

今日も千葉県船橋市の天気はムシムシの陽炎状態。花火を撮ったまま着けっぱなしになっていた MACRO 150mm
で遠方を撮って見た。



SIGMA SD1 + APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE。カラーモードはスタンダード。

陽炎がはっきり写っているのは良いとしても、これを他の画像と比較するための作例とするわけには行かない。


朝方、DP2 Merrill の発色を見るためにスパイダーのカラーチャートと一緒にショコラと「はな」を撮影してみた。
ホワイトバランスはカラーチャートの「白」をクリックした。



SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/60Sec. ISO100 窓からの自然光
絞り優先AE。カラーモードはスタンダード。

ショコラの色は悪くないのだけど、少し彩度が高い。カラーチャートも少し派手。スタンダードよりはニュート
ラルのが良いかも知れない。




「はな」も同様。実際の肌の色はこんな感じなので、良いと思う。しかし、ショコラと同様で少し彩度が高い。

実物より若干彩度が高い方が好ましいと感じる人のが多いので仕方がないことかも知れないが、私は少し抵抗
がある。これからは DP2 Merrill でのカラーモードはニュートラルで行くことにした。

空気が煮立っている。 2012/07/27

温度もさることながら、空気がとても多くの水蒸気を含んでいるらしく、少し遠くの景色は「もぁ〜」と霞んで
いる。テスト撮影には最悪な状態。ベランダに2分立っているだけで汗がにじんでくる。



カメラを見上げているショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/60Sec. ISO100。マニュアル露出、天井にストロボ一発。
Photoshop でトリミング。

遅くまで仕事。 2012/07/26

【本日2本目の記事】

最近にしては珍しく、遅くまで仕事をした。仕事中、データの処理を待つ時間があって、少々暇をもてあましてし
まい、2ちゃんねるに書き込みをしてしまった。

暑い。とにかく暑い。とっても暑い。幸い窓を開けて、扇風機を回せば何とかしのげる。クーラーはあるけど、私の
部屋まで冷やそうとすると、ガンガンに冷やさなければならず、他の部屋が冷えすぎてしまうし、電気の無駄遣
いになる。なので、私は原則、扇風機である。

梅里さんからは今度の土日も使う予定が無いから良いですよと言われてはいるが、残っているのが
120-300mm と 50-500mm の SA マウントである。これらのレンズは過去に SD1 でもテスト撮影を行っている。
本当は D800 と同時に同じ画角にして比較撮影をしたいのだけど、チャンスが巡ってこない。

SD1 は私のカメラだから 120-300mm や 50-500mm を三脚座を使わずに、望遠サポートすらなしで撮影しても
構わないのだけど、D800 はそうはいかない。SD1 のマウントが十分に強度がある事は判っているけど、D800
がどの程度強いかは不明だからだ。


うぁ。日本がスペインに勝ってしまった。凄いなぁ。

さて、寝なくては・・・。

かんかん照り一歩手前。午後から仕事。 2012/07/26

千葉県船橋市は今日も朝から日が差していて、どんよりと薄曇りなのに太陽の光は地上に届いている。遠景が
もやっ〜〜〜と霞んでいて、そのくせ陽炎が立っているというどうしようもない天気である。そして、やたら暑い。

オークションに出品したものでまだ入札されていない SD9/SD10 用のパワーグリップ以外の荷造りを始めた。
DP2s の付属品が全て未使用で、笑ってしまった。足りない付属品を DP1x と DP2x から抜いて補充。DP2x の
箱の中から未使用の BP-31 を発見。

最終的に DP1x と DP2x を手元に残すけど、DP2x は既にヨメさんと「はな」用のカメラになっている。彼らはグ
リップが嫌いなのでムートグリップが一つ余る。DP2 Merrill が良すぎるので、これから先私が DP2x を使うこと
はない。なので、このグリップも出品してしまおうかどうか悩んだ。私はこのムートグリップを旧 DP シリーズ用の
最高のグリップであると思っている。非常に高価なグリップではあるが、それだけの価値がある優れた製品だ。

これを書いているウチにこのグリップをオークションに出したらいくらで売れるのかの興味が湧いてきた。と言うこ
とでこのブービー賞ムートグリップ(在庫が残り2個の時点で購入)を出品することにした。購入時の価格は
¥18,000+送料だったけど、もしかしたらそれ以上の値段が付くかも知れないという、さもしい根性での出品である。

下の画像をクリックして頂くと、オークションの画面が開く。



白状すると、即決価格¥25,000 で出品しようかと思ったけど、さすがにそれは出来なかった。

朝・ショコラ、昼・仕事、夜・花火 2012/07/25

とんでもなく暑い日だった。



おねだり目のショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/160Sec. ISO100。マニュアル露出、天井にストロボ一発。



船橋市民祭りの花火を自宅から撮影
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM @f:9.0 2Sec. ISO100。
マニュアル露出。

去年はあちこちの花火大会が中止になったため、SD1 で花火を撮ることが出来なかった。私自身、積極的に花火を
撮りたいと言う気持ちにもなれなくて、気が付いたら初めての SD1 による花火だ。会場まで出向いて撮ったわけ
ではないので、イマイチではあるけど、MACRO 150mm の描写をご覧頂きたい。

この花火は明る過ぎて、仕方なく f:9.0 まで絞ったけど、回折による甘さは心配したほどではない。A3 程度のプ
リントではカリカリに見えるだろう。

今日は曇り時々晴れ。 2012/07/24

かなりの早朝から、NIKON D800 に SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM を着けて、いつもの風景を
撮影。このレンズは AF-S NIKKOR ではないのでライブビューでは AF が合焦してくれない。仕方がないので通
常の AF と MF で交互に撮影。何枚撮ってもピントが来ない。もちろんディスプレイ上に原寸で表示させた場合
の話だ。100 枚ほど撮って、結局レンズとカメラの限界と判断して、各焦点距離、各絞り値で 10 〜 12 枚ほど
MF でピントリングを少しずつずらして行く方法で撮影。

以下が最良の画像である。焦点距離は以前に撮影した SD1 による他のレンズ等との比較がし易いように選ん
である。Exif に表示される焦点距離は中途半端なので、ズームリングでこのあたりと見当を付けた焦点距離を
表示してある。



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:4.5 (APS-C 33mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:5.6 (APS-C 33mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:8.0 (APS-C 33mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @75mm f:5.6 (APS-C 50mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @75mm f:8.0 (APS-C 50mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @150mm f:5.6 (APS-C 100mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @150mm f:8.0 (APS-C 100mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @300mm f:6.3 (APS-C 200mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @300mm f:8.0 (APS-C 200mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @450mm f:6.3 (APS-C 300mm相当)



NIKON D800 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @450mm f:8.0 (APS-C 300mm相当)

ブレを防ぐため、望遠レンズサポートを使い、ミラーアップで撮影している。が、望遠レンズサポートは1台しか
持っていないため、このクラスのレンズを2本並べて、同時に撮影する事が出来ない。やはりベイヤー型イメージ
センサーではピント(レンズ)の善し悪しを即座に判定することが難しい。ディスプレイ上に左右目一杯で表示す
るとほぼ A3 サイズなのだけど、その程度では 50mm の絞り解放と 300mm、450mm の絞り解放の周辺部が
やや甘いかも知れないと思える程度である。

何度も同じ事を書くが D800 の解像感は A2 程度にプリントしてみれば良くわかる。解像度が同じ程度のレンズ
を同じ画角になるような焦点距離で SD1 と比較撮影すると、ディスプレイ上では SD1 のが良い様に見えるが、
A2 サイズ程度にプリントして比較すると D800 のが情報量は多い。

とにかく、伊達に高くはない。価格に見合った非常に高い性能を持ったカメラである。機能、性能で比較したら
SD1 は足下にも及ばない。しかし、NIKKOR レンズが特別に良いと言う印象は無い。基本的にはシグマ製レン
ズでも十分な描写をすると感じた。

私が D800 をウラヤマシイと思いつつも SD1 から乗り換える気にならないのはベイヤー型イメージセンサーを
使ったカメラが出してくるデジタル画像をどうしても好きになれないからだろう。なぜならば、ベイヤー型イメージセ
ンサーを使ったカメラが作る画像ではディスプレイ上で撮影した写真を原寸で表示した時のカイカンを味わうこと
が出来ないからだ。SD1 や DP2 Merrill で撮影された写真をディスプレイで大きくして鑑賞する時のトキメキは格
別である。恥ずかしい話だけど、私は写真が下手なので、ちゃんと写っているだけで感動できるカメラでなけれ
ば、写真を撮る喜びを味わうことが出来ないからだ。

晴れ、時々曇り。DP1s と DP2s も引き取り手募集中。 2012/07/23

千葉県船橋市は今日も天気が不安定。朝方、梅里さんからじっくりテストしてくださいとのありがたい電話を頂戴
した。焦っても仕方がないので、雨が降らない曇り日を待つことにした。明日がそんな日になりそうで、チョット期
待している。が、午後3時からは仕事に出るので、それまでが勝負かも。

私は DP シリーズのコントラスト AF が非常に正確なため、コントラスト AF と言うのは、フォーカシングに多少時
間が掛かることはあっても、ピッタリ合焦しないことはあり得ないという先入観があって、D800 のライブビューに
おける合焦精度を疑うことをしなかったけど、明日は MF でも写してみようと思っている。


「はな」が夏休みの林間学校で大きな荷物を持って出かけた。明後日までは静かな我が家となる。ヨメさんは我
が家に来た(正しくは自宅マンションの駐輪場で雨宿りをしていて、その3日前にも近くの道ばたで見かけた首
輪のないニャンコを保護した)ショコラ(「はな」が体色から付けた名前だけど、男の子)に夢中である。


昨日、今日と自宅からいつもの風景を DP2 Merrill で撮っているのだけど、解像感が半端でない。シャープネス
0 では解像しすぎていて、アンシャープマスクの使用に伴う不自然さは無いものの、やたらカリカリ。シャープネ
ス -1.0 でも、とてもカリカリ。シャープネス -2.0 にしても、まだカリカリ。DP2 Merrill の画像はファームウェアの
段階で、何らかの特殊な処理が成されているような感じがする。

不思議なのはそれにもかかわらず、普通に眺めただけではあまり不自然さを感じさせないこと。FOVEON センサー
から出力された画像を長年見つめ続けている私の様な FOVEON オタクにしかわからないかも知れない微妙な違
いである。いつも同じ事を書くけど、私が FOVEON センサーの画像で一番良いと感じるのはその「素直さ」な
のだ。その素直さが、DP2 Merrill では無理にお行儀良くさせられているような印象がある。悪くはないの
だけど、なんとなくしっくり来ない。

いずれにしても、DP2 Merrill のユーザーインタフェースや AF の精度は素晴らしい。AE が少しアンダー気味で
あるが、+0.3 をデフォルトにしておけば大丈夫。高感度 ISO や書き込み速度、バッテリーの持ち具合など、今
ひとつの部分はあるけれど、安心して他の人に薦められる初めてのシグマ製デジタルカメラである。


さて、予告の通り DP1s と DP2s も Yahoo!オークションに出品したので、興味のある方はご入札頂きたい。
出来るなら、このブログを読んで頂いている方に落札して欲しい。

クリックするとオークションの画面が表示される。







DP1 と DP2 も嫁に出す。 2012/07/22

【本日2本目の記事】

DP1 と DP2 も Yahoo!オークションに出品したので、興味のある方はご入札頂きたい。
出来るなら、このブログを読んで頂いている方に落札して欲しい。

クリックするとオークションの画面が表示される。







で、今日の一枚。



ねんネコ・ショコラです。

SIGMA SD1 + APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM @f:4.5 1/160Sec. ISO100
天井にストロボ一発。

曇り時々雨。SD9 と SD10 を嫁に出す。 2012/07/22

雨が降らなければ、D800 のテスト撮影をするのだけど、時々ぱらつく。とりあえず、今日は無理をしない。

諸般の事情により、SD9、SD10、DP1、DP2、DP1s、DP2s を手放すことにした。チョット寂しいけど、防湿庫の
中で眠らせておくよりは良いかも知れない。

とりあえず SD9 と SD10 を Yahoo!オークションに出品したので、興味のある方はご入札頂きたい。出来る
ことならイロイロとサポートできるので、このブログを読んで頂いている方に落札して欲しい。

クリックするとオークションの画面が表示される。






夜までには、DP1、DP2 も出品する予定である。

チョット忙しくて、楽しくて疲れた日 2012/07/21

【本日2本目の記事】

朝はヨメさんと「はな」と一緒にららポ〜トに行った。「はな」は久しぶりの床屋(おっと、美容院だそうだ)さんで、
ストレートヘアっぽくしてもらってたいそうお気に入り。







私は一人銀座へ。増田氏の写真を再び見ながら、増田氏と写真についておしゃべり。モノクロの親父さん達を
撮ったものがとても良かった。全て SD1 か DP2 Merrill とのこと。A1 が1枚。A2 がモノクロで3枚。A3 がいっぱ
い。素直な写真で、心が少し温まった。

この日はシグマが DP2 Merrill や SD1 を来場者に貸し出していて、営業さんだけでなく、ソフトウェア担当の方
もおられて、イロイロなお話を聞くことができた。DP2 Merrill のユーザーインターフェイスを SD1 に移植してくれる
よう、直接ご担当者のK氏に頼んでおいた。



ガレリア銀座で歓談する walz さんとシグマのK氏。

銀座から帰ってきて、ホッと一息つく暇もなく、ショコラを連れて動物病院へ。



女性4人に押さえ込まれて採血されるショコラ。

先週は様子を見ましょうと言うことだったのだけど、ショコラが我が家の一員となる事になったため、しっかりと
健康診断。

こんな風に過ぎた一日でした。

おっと、本日、「はな」の美容院を撮り終わったところで DP2 Merrill のバッテリーが「取り替えてください」になっ
た。入手以来3個の電池を順番に使って、それぞれ3回ずつ撮り終わった。つまり、電池を9回取り替えた事に
なる。電池には番号が振ってあって、それぞれ何枚撮影できたかの記録を取ってある。

______1__2__3
電池bP_55__73__93
電池bQ_50__77__91
電池bR_42__74__93

見づらい表で申し訳ない3個の電池でそれぞれ撮影できた枚数である。リチウムイオン充電池が、使い始めは
持ちが悪いと言うのは本当のようだ。どの電池でも3回充電した後では、ほぼ 90 枚の撮影が可能となった。

戻り梅雨 2012/07/21

昨日は仕事から帰ってきたら雨。今朝もしとしとと雨が降っている。さすがに雨ではテスト撮影も出来ない。

皆さんの多くと同じ様に、私はほとんどの場合絞り優先 AE を使う。DP2 Merrill は露出補正をダイヤルに充てる
ことが出来る。そうすると絞りの変更が左右矢印になる。絞り値の変更と露出補正値の変更、どちらがより頻繁に、
あるいはやり易いことが便利かを考えた結果、現時点ではダイヤルに露出補正値の変更をアサインしてある。
評価測光モードで撮影する時には露出の補正をしなくても済むことが理想なのだけど、常にこちらの望み通りに
働いてくれるとは限らない。

それにしても D800 のマニュアルを読んでいるとため息をつくばかり。ISO感度設定のステップ幅、露出設定ス
テップ幅、露出補正のステップ幅、露出補正簡易設定(ダイヤルを回すだけで露出補正が出来る)、中央重点
測光範囲、基礎露出レベル、これらの全てをユーザーが設定できるのである。いかに SD1 が融通の利かないカ
メラであるかが良くわかる。しかも、もしその気になれば、これらの全てはファームウェアの変更で可能なのだ。
頼みますよ>シグマさん。

さて、今日は雨なので、テスト撮影が出来ない。朝からららポ〜トへ行って「はな」のヘアーカット、昼からは銀座
へ出てシグマの貸し出しをひやかし、午後4時30分からはショコラを西船橋の動物病院へ連れて行く。結構多忙である。

あ、今のうちにファームウェアアップデート前に評価測光の加減を比較したものを貼っておこう。SD1 のファーム
ウェアアップデートによる測光精度の変更はこのテストで行ったような状況では確認できていないので、アップ
デート前のものとの比較でも、問題はないだろう。



D800 のが良いと思う。



SD1 のが良いと思う。

D800 + 70-200mm F2.8 2012/07/20

昨晩、D800E と SD1 で撮影した画像を面積比 1/4 にトリミングして、中心部だけを A4 サイズでプリントしてじっ
くり比較した。やはり、D800E で撮影されたものの方が高い描写となっている。それと SD1 の画像がかなりホコ
リっぽい。やはり SPP 5.3.1 では輝度ノイズリダクションは掛けるべきである。以前より輝度ノイズの減らし方が
少なくなって、解像感は上がったが、銀塩写真の粒状性の様なノイズが増えている。

今朝は待望の曇りであった。が、朝から仕事に出なければならないため、少し早い時間だったけど、家を出る前
に AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II を D800 に着けて、一通りの焦点距離で撮影した。以前に撮影し
た SD1 の 50-150mm F2.8やマクロなどと比較しやすいように、焦点距離は 75mm(APS-C 50mm)、
105mm(APS-C 70mm)、150mm(APS-C 100mm) を選択。それと望遠端 200mm で撮影。絞り値は f:2.8 か
ら f:8.0 まで一段ずつの変更で撮影。

時間的な制約のため、SD1 での同時撮影は行っていない。が、過去に撮影した画像がレンズテストにあるの
で、それらと見比べて欲しい。なお、枚数が多すぎるので、f:2.8 と f:5.6 の画像しかここには掲載しないが、一
両日中に「レンズテスト」にアップするので、興味のある方は、ご覧頂きたい。カメラ及びレンズが共にニコン製な
ので、私のウェブサイトの趣旨とは反するが、比較対象としての掲載と言うことでお許し願いたい。




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @75mm f:2.8 (APS-C 50mm相当)



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @75mm f:2.8 (APS-C 50mm相当)



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @105mm f:2.8 (APS-C 70mm相当)



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @105mm f:2.8 (APS-C 70mm相当)



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @145mm f:2.8 (APS-C 約 100mm相当)



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @145mm f:2.8 (APS-C 約 100mm相当)



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @200mm f:2.8 (APS-C 約 135mm相当)



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II @200mm f:2.8 (APS-C 約 135mm相当)

なお、ピントは全てライブビューの A。、全て三脚に乗せて、三脚座を使わずに、ミラーアップで撮影している。




DP2 Merrill のバッテリー、本日到着



本日、仕事で出かけた銀座の交差点。明日もまた銀座である。仕事場とナナオのガレリア銀座は徒歩1分しか
離れていない。今日は増田氏の写真を誰もいない会場で、じっくり拝見させて頂いた。

D800E + 105mm vs SD1 + 70mm 2012/07/19

【本日3本目の記事】

ディスプレイ上に1:1で表示して比較すると全ての画像で SD1 のが良く見えるが、A2 サイズ程度にプリントし
た場合にはほとんど差が無いと思う。ローパスフィルターの効果を消してあっても、ベイヤー型イメージセンサー
であることと、全画面に渡って5ミクロンしかない画素ピッチのピクセルに対してキッチリ解像することがかなり
難しい事がわかる。

敢えて、各画像に対してのコメントは差し控える。ご自身の目で見比べて頂きたい。なお、実際に A2 サイズにプ
リントした時に、どのように見えるかを試すには、これらの画像をダウンロードして、縦横それぞれ 1/2 サイズに
トリミングして、中心部だけを A4 サイズにプリントなさることをお勧めする。




NIKON D800E + AF-S MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G ED VR @f:2.8



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:2.8




NIKON D800E + AF-S MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G ED VR @f:5.6



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6




NIKON D800E + SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM @f:2.8



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:2.8




NIKON D800E + SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6



SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @43mm f:5.6

NIKON D800E の画像は全て Capture NX2 でコントラストを +50 している。やや暗めのものはヒストグラムを見な
がら少しだけ露出を明るくしている。レンズ系の自動補正は軸上色収差 50、倍率色収差補正は自動。その他は全て
デフォルトである。ピクチャーコントロールはニュートラル。

SIGMA SD1 の画像は SPP でコントラストを +1.0 している。やや暗めのものはヒストグラムを見ながら少しだけ
露出を明るくしている。倍率色収差補正は自動。色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0、シャー
プネス 0。

SD1 ファームウェア 1.08 2012/07/19


【本日2本目の記事】

まだ朝靄が晴れ渡る前に AF-S MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G ED を D800E と D800 で撮り比べ。もちろん
SD1 にも MACRO 70mm F2.8 EX DG を着けて、同時に撮影。かなり眠い景色だったので、現像時にコントラス
トを上げなければならないと思うが、比較にはなるだろう。

その撮影を終えたころからお日様がしっかり顔を出し、空には雲も浮かんでいる状態。そこで D800E と MICRO
NIKKOR 105mm をお掃除して、梱包。梅里さんのご友人宛、送り出した。

「はな」が体調を崩して学校をお休み。やはり一昨日の睡眠不足が良くなかったようだ。荷物を出しに行くついで
に「はな」用の朝食を買いだし。かんかん照りのとても良い天気だけど、暑い。

お昼までにチョット仕事。今日のお昼はうな丼。おいしかった。



横着をして、1/13 秒を手持ち撮影。ブレブレだったので、大きいサイズはお目にかけられない。

お昼を食べ終わっても、外はとても良い天気。雲があるため日照は不安定。でも SD1 の新しいファームウェア
も気になる。

NIKON D800 と SD1 と DP2 Merrill を並べて、いつもの評価測光の自動露出のテスト。かなり面倒だったけど
何とか撮り終わった。その後、SD1 のファームウェアをアップデート。しまった!アップデートしてから比較撮影を
やるべきだったと気が付いた。仕方がないので、もう一度比較テスト。げ、NIKON の電池がなくなった。1本しか
ないので、充電後のテストになってしまった。



左がアップデート前、右がアップデート後。今回精度を上げたのは、こう言った被写体、状況での露出精度では
ないようだ。大昔から、ファームウェアアップデートで変更される部分の情報は、詳しく公開して欲しいとお願いし
ているのだけど、あまり聞いてもらえない。私は趣味で比較テストをしているだけなので、文句は言えないけど、
もう少し詳しく教えてもらえれば、実際にどの程度良くなったのかを検証できるのだけど・・・。

現在、ほぼ午後2時。暑さのせいもあるけど、少々疲れ気味。明日こそ曇るらしいが、朝から仕事である。

今夜中(午後8時まで)には朝方に撮影した D800E、D800、SD1 にマクロを着けて比較撮影したものをアップす
るので、興味のある方はご覧頂きたい。これから最良画像の選択を始めるが、これに意外と時間が掛かるので
ある。

SPP 5.3.1 と SD1/SD1 Merrill ファームウェア 1.08 2012/07/19


今日も朝から良い天気である。梅里さんのご友人からお借りしている D800E と AF-S MICRO NIKKOR 105mm
f/2.8G ED は本日中に発送しなければいけない。

D800 と D800E の差は予想したほど大きくは無い。A2 程度までのプリントであれば、その差を見いだすのは色モ
アレのあるなしくらいであろう。D800E は確かに良いが、手持ちで撮影したら D800 との差はもっと少なくなる。

このブログの目的はニコン製カメラの性能を比較する事ではないのだけど、今日はカメラをお貸し頂いたご両名
に感謝したいので、ニコン同士の比較も行う。それにしても、時間が無い。とりあえず、105mm ならさほど長くは
ないので、比較的近い距離での比較をして見るつもり。

アップは夕方から夜になる予定。


SPP 5.3.1 が DP2 Merrill に添付されているものと同じかどうかを調べた。バイナリレベルで比較したが、全く同
じものである。

SD1 のファームウェアによる露出の加減がどの程度変わるのかも、本日テストする予定。これも夕方にはアップ
できるだろう。とにかく今日は撮影優先である。

SPP 5.3.1 公開。SD1/SD1 Merrill ファームウェアアップデート 2012/07/18


【本日2本目の記事】

今日も一日中千葉県船橋市は太陽が出っぱなし。照り照りと言うほどではないのだけど、気温が高くチョット遠く
を写すと陽炎だらけとなる。今日も D800/D800E のテスト撮影は出来なかった。

梅里さんからあと2〜3日は良いですよとお電話を頂戴した。が、D800E と Micro-Nikkor 105mm はご友人の
ものなので、何としても明日中に発送しなければならない。ギリギリまで粘ってみるけど、どうなりますやら。

さて、本日、シグマから SPP 5.3.1 が公開された。何故、先週の木曜日に公開されなかったのかとても不思議である。

と同時についこの前アップデートされたばかりの SD1/SD1 Merrill のファームウェアが2週間を経ずして再度
アップデートである。一応、「測光精度の向上を図りました。」となっているが、どうもアヤシイ。前回のファーム
ウェアのバグフィックスか SPP 5.3.1 で変更されたノイズリダクションに対応するためか、DP2 Merrill のシャープ
ネス処理を移植したか・・・。

ま、素直にファームウェアアップデートを喜んでおこう。明日の朝、例の同じ風景を上から下まで角度を変えて写
すヤツをやってみよう。

DP2 Merrill のグリーン被り。 2012/07/18


千葉県船橋市は朝から暑く、ピーカンではないけれど、晴れ。予報では午後3時くらいから曇るらしい。現在午
前 11 時。D800 をセットして既に2時間ほど待っているのだけど、日差しが陰らない。

仕方がないので、昨日 harry さんにお約束した、DP2 Merrill のグリーン被りを早朝に撮影したものをアップして
おく。

絞り解放から f:5.6、f:11.0 で無限遠から 0.28m までと条件を変えてグレーカードを撮影。最も中心部と周辺
部で色味が変わるのは f:11.0 で無限遠にピントを合わせた時である事を確認。次に f:11.0 で +2.0 から -2.0
まで露出を変えて、同じ濃度になるように現像。露光差による変化はあまり見られなかった。が、露出補正
EV-2.0 で撮影して現像時に +2.0 したものが最も中心部と周辺部での差が大きかった。かなりの逆光状態で
撮っているため、中心部は少し明るくなっている。



DP2 Merrill は絞り気味で無限遠にピントを合わせた時、周辺部の明るい色変化の乏しい被写体に最も顕著な
グリーン被りが見られる。が、実際には R が足りない=シアン被りと呼ぶのが正しい。

この程度であれば、画面周辺部の明るい部分を指定しておいて、カラーバランスで調整すれば、ほとんど判らな
くなるだろう。ついでに全体的なカラーバランスを整えることも出来る。



Photoshop でレタッチ。


ついでに今日の一枚。



寝不足のショコラ。
午前1時30分から朝まで「はな」に遊ばれて、寝不足なショコラ。私は「はな」の方が心配です。

DP2 Merrill @f:5.6 1/125Sec. ISO200。マニュアル露出、AF、AWB、スタンダード。天井に EF-500 DG
SUPER をバウンス。

仕事でチョット疲れました。 2012/07/17


今日は朝から夜までしっかりお仕事。疲れましたので、ブログはお休みします。

D800/D800E との比較撮影、本日は中止。 2012/07/16


【本日2本目の記事】

1時間おきくらいに遠景を撮影してチェックしたのだけど、陽炎がかなり凄い。さすがにこの時間になると逆光状
態になってしまった。本日の D800/D800E との比較撮影は諦めた。

明日の午後遅い時間なら何とかなるし、明後日にも撮影は可能だと思うけど、お天気が良すぎるようだ。もちろん
金曜日までに返却のお約束は守れるので、問題ではないと思うが・・・。いかがですか?>梅里さん


通行人さんがシャープネス 0 に対して「なんとフォトショップでいうと50%もかかってるんですか。」とコメントし
てくれた。実際にどの程度の差になるかは出力して並べて見ればわかる。モノクロだと一番良くわかるのだけど、
まぁ、単色系でお許しを願う。



この差を大きいと感じるかたいしたことはないと感じるかは人それぞれなので、何とも言えない。が、このサンプルが
原寸であることを考慮に入れれば、さほどの量だとは思わないのだけど、いかがだろうか?

とても暑くなりそうな日、DP2 Merrill をイジメル。 2012/07/16


IE9 を使っているヨメさんが、最近、雑記帳に掲載されている写真の右側が見えないと私に教えてくれた。私も
IE9 で表示させたら、確かに後から CSS(スタイルシート)に追加した横幅変更 #center { width: 630px; },
#container { width: 832px; } が IE9 では反映されない。Nifty が悪いのか IE9 が悪いのか良くわからない
けど、IE9 で一度「互換モード」に設定すれば以降、正しく表示されることを確認した。昨晩、このブログの一番上
に設定方法を記述しておいたので、IE9 で写真の右端が表示されない方は、参照して頂きたい。


明日は仕事で夕方の時間が少し空いているだけ。明後日は午前中が何とか使えそう。とにかく今日中にお借り
しているもので一通りいつもの風景を撮る予定である。

私が行うテスト撮影はカメラやレンズの描写を知ることが目的であるため、無限遠にある同じ景色を比較可能な
状態で写す様にしている。そうすることで他のレンズやカメラとの比較がし易くなると思うからだ。他人が撮影し
た近距離での被写界深度の浅い写真でレンズなどの描写力を判断することはあまり賢明とは言えない。ほとん
どのレンズが「良いレンズ」になってしまうだろう。

アマチュアが出来るのはせいぜいこの程度のことであるが、基本は絶対評価ではなく、あくまでも同一条件で
写された同一の被写体の描写を比較することで、AレンズとBレンズではAレンズのが良いようだとの判断を得
ることが目的である。

幸い最近のウェブブラウザはタブ形式での表示が使えるものになってきたため、わざわざダウンロードしなくて
も、ブラウザのタブ切り替えにより、2枚の写真を比較することが容易になってきた。そのため、私も昔やってい
た複数の写真を上下に繋げて掲示することを止めてしまったけど、周辺部までがちゃんと見える状態での比較
が可能なので、もう繋ぎ写真での掲載を行うことはないだろう。

とにかく、時間があまりない。今日は D800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED と SIGMA 50-150mm
F2.8 EX DC OS HSM の比較をやろうと思っていたのだけど、時間的な制約のため(120-300mm と 50-500mm
と MACRO 105mm が控えている)70-200mm だけの撮影になりそう。

SD1 によるシグマの 50-150mm のテスト撮影は4月の末に一通り行っているので、ウェブサイトのレンズテスト
をご覧頂きたい。

夏のこの時間(午前8時)はまだいつもの風景は逆光状態。10 時過ぎくらいまではお日様待ちである。曇ってく
れれば良いのだけど、今日は良い天気になりそうだ。


10 時前にヨメさんに頼まれてマクドナルドへ買い出しに行った。今日は天気が良いため、FOVEON センサーに
とって厳しい被写体が増える。

DP2 Merrill をいじめて見た。今まで SD や DP をお使いになったことがある方々であれば、以下の写真の意味
をお判り頂けると思うが、簡単に解説しつつアップしておく。太字で書いてあるのは、今までの FOVEON セン
サー搭載機ではやってはいけないことである。




境目のはっきりしたライトを撮影する。絞り優先AE で EV+1.0 している。天井のライトの周囲に派手なパープ
ルフリンジが出るはずであるが、出ていない。




ひまわりを暗い部分に露出を合わせて撮影。露出補正 0 で現像しても、黄色が白飛びしない。ちなみに
「オート」で現像すると露出は -2.0 になるほどのオーバーである。




赤い花を露出補正なしで撮影。ベタベタの赤になるはずであるが、現像時の露出は下げていないのに、赤が
飽和していない。また G も B も 0 になっていない。




非常に高い彩度を持つ色がある被写体を露出補正なしで撮影。現像時の露出パラメータは +0.5。不自然
な白飛びは発生していない。太陽の反射の周囲にパープルフリンジは出ていない。




太陽を画面に入れて、その周囲に影になる部分を作る。サッポロポテトは少し出るが、許容範囲。明るい部分
ではわからない。




直射日光を浴びている真っ赤な被写体を露出補正無しで撮影。現像時に露出補正を +0.5。それでも黄色くは
ならない。

これほどまでに改善されているとは・・・。オ・ド・ロ・キ。


本日は D800 と SD1 の比較撮影、望遠系をやる予定なのだけど、天気が良すぎて超陽炎状態で遠景がモケモケ。
昨日も雨が降ったし・・・。う〜〜〜〜n。困った。

今日、嬉しかったこと。 2012/07/15


【本日3本目の記事】



SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @17mm f:5.6

↑ これは本日2本目の記事でお目にかけた 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 17mm で撮影したものを SPP
5.3.1 で現像したものである。今までのものと違うのは「倍率色収差補正」を使ったこと。




↑ これは上の画像を SPP 5.3.1 で倍率色収差補正を行わずに現像したものである。当然、それ以外のパラ
メータは全て同じ。

横幅 600 ピクセルでは良くわからないと思うけど、A4 サイズのプリントで違いがわかる。倍率色収差が低減
されるというだけでこれほどスッキリと描写されることを実感して、とても嬉しかったことをご報告。

それにしても、何故シグマのウェブサイトで SPP のアップデートが公開されないのだろう?
SD1/SD1 Merrill 用に何かの調整を行っているのだろうか?
不思議である。

NIKON D800 vs SIGMA SD1 標準画角編 2012/07/15


【本日2本目の記事】

今日は昼前後に D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED と SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の各
焦点距離での比較撮影を行った。最後におまけとして D800E DP2 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED と
DP2 Merrill の比較も行った。


が、その前に昨日の D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED と SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM の比
較撮影に関して、私が感じたことを書いておく。

一つ失敗したのは D800 をピクチャーコントロール・スタンダードで撮影してしまったこと。SD1 もカラーモード・ス
タンダードだから良いではないかと思われるかも知れないが、ニコンのスタンダードモードはシャープネスが掛か
る。なので、昨日の D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED の画像には若干のシャープネスが掛けられて
いることを、ご承知おき願いたい。

だからと言って評価が大きく変わる訳ではない。NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED が実に素晴らしいレンズである
事は誰が見ても明らかだ。D800 の RAW ファイルを Capture NX2 で現像すると自動的に色収差補正が掛かる
せいもあるとは思うけど、とにかく凄い描写である。文句の付けようがないと言っておこう。

一方、SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM は倍率色収差補正を掛けていないので、色収差が目立つ部分があ
る。ただ、これに関しては補正可能だと思われるので、片目をつぶる。SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM は
十分に良いレンズである事はご覧頂ければ判ると思うけど、SD1 がやや苦手とする AF で撮影したことと、D800
での最良画像を選択しておいて、その画像と同じタイミングで撮影したものを比較対象としたために、実際には
もう少し良い描写をしているものもある。

でも、お目に掛けた 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM の周辺部の描写はイマイチであるけど、その他は大きな差が
無いことはお判り頂けるだろう。価格差が3倍もあるレンズ同士を比較しているし、ボディ+レンズだと 20 万円
以上の開きがある。コストパフォーマンスを考慮するのであれば、とても良い勝負と表現しても怒られないだろう。


さて、今日の標準画角編は昨日とは画像の選択基準が大きく異なる。とにかく D800 の ライブビュー+コントラ
スト AF は非常に正確である。カメラ内 JPEG の画像を次々に原寸大で表示させていっても、ピントの違いが全く
無い。一方、SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM を AF で撮影した場合、原寸大表示における合焦率は
25% 位である。しかも 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の望遠側には像面湾曲があるため、f:9.0 くらいまで絞
らないと少々心許ない。であるが、f:9.0 まで絞って比較したら、あまり大きな差は出ないかも知れない。

結局、散々悩んだ末、本日の比較撮影は f:5.6 でのみ行った。そして SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
は MF でフォーカシングし、最良画像は SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の中から選択した。その画像と
対になる D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED の画像が他のものと比較してピントが甘くなっていない
ことを確認した上で選択し、掲載しているので、D800 にとって不利な状況とはなっていない。

昨日の D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED と SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM の比較において
も、なるべく D800 に有利になるような選択を行っている。何をどう頑張っても1ピクセルを解像できない哀れな
カメラに対するハンディである。

ただ、ご承知の様に 17-50mm の広角側は非常に倍率色収差が多い。Capture NX2 は自動的に色収差補正
が掛かるのに、シグマ 17-50mm がそのままではあまりにも可哀想なので、倍率色収差補正を掛けさせて頂い
た。それと、昨日同様 SPP ではシャープネスを 0 にしても、シャープネスの処理が掛かっているので、FOVEON の
画像は全てシャープネスを -1.0 に設定している。

共通のデータは D800 のピクチャーモードはニュートラル、SD1 もカラーモードはニュートラル。色収差補正は「あ
り」。シャープネスは「なし」となっている。晴天時に非常に明るい被写体がある場合、D800 は白飛びを嫌って
か、かなり控えめの露出となる。SD1 はそうでもないので、現像時に SPP で露出をマイナス補正している。その
他は全てデフォルトでの現像である。




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED @27mm f:5.6

画角は下の SD1 + 17-50mm での広角端 17mm で写る範囲に合わせた。ディスプレイ上に1:1で表示して
眺めるとかなり甘いが A3 サイズ程度のプリントであれば十分に許容範囲。



SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @17mm f:5.6

17-50mm の最広角端の描写がイマイチである事は有名。だが、SPP 5.3.1 を使って倍率色収差を取ってあげ
ると、ここまでの描写となる。周辺部の描写は今ひとつ甘いが、実用上は十分。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED の実勢価格最安値は¥172,500、一方 SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS
HSM の実勢価格最安値は¥54,000 である。




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED @35mm f:5.6

ディスプレイ上に1:1で表示して眺めてもかなり良い。D800 のフルサイズを私のディスプレイで原寸表示すると
畳1畳分である。A2 サイズ程度のプリントまでは全く問題なさそう。



SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @23mm f:5.6

周辺部にわずかな甘さを感じるが、実用上は全く問題なし。倍率色収差補正のおかげである。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED の実勢価格最安値は¥172,500、一方 SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS
HSM の実勢価格最安値は¥54,000 である。




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED @50mm f:5.6

ベイヤー型イメージセンサーなので、ディスプレイ上に1:1で表示して眺めてはいけないのだけど、かなり良い描
写。やはり A2 サイズ程度のプリントまでは全く問題なさそう。



SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @33mm f:5.6

四隅だけが少しだけ甘い。完璧に近い描写。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED の実勢価格最安値は¥172,500、一方 SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS
HSM の実勢価格最安値は¥54,000 である。




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED @70mm f:5.6

非常に良い描写。ベイヤー型イメージセンサーの描写としては最高だろう。それでもこの程度しか描写できない
のは仕方がない。ベイヤー型イメージセンサーの限界である。



SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @43mm f:5.6

この焦点距離になると像面湾曲が見えて来る。中心部は完璧に近い描写であるが、四隅は甘くなる。四隅にピ
ントを合わせると中心部は甘くなる。いずれにしても、凄い描写である。なお、この焦点距離では倍率色収差補
正は必要ない。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED の実勢価格最安値は¥172,500、一方 SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS
HSM の実勢価格最安値は¥54,000 である。




NIKON D800E + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED @44mm f:5.6

非常に良い描写。ローパスフィルターの効果を消してあるカメラではあるが、色補間はしないわけには行かな
い。その分、甘くなるのかレンズがその程度の解像力しか無いのか、良くわからない。



SIGMA DP2 Merrill @f:5.6

何も言うこと無し。完璧である。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED の実勢価格最安値は¥172,500、一方 SIGMA DP2 Merrill はこのレンズ
に FOVEON イメージセンサーがおまけで付いてきて、9万円である。


DP2 Merrill 最高! 2012/07/15


千葉ではアジサイももう終わりの季節。2005 年に会津に行った時は8月の初旬であったにもかかわらず、あっち
こっちにアジサイがいっぱい咲いていて驚いたのを思い出した。

今朝はコンビニへ朝食の買い出し。ついでに DP2 Merrill をぶら下げて、まだ何とか見られるアジサイをかなり
写したのだけど、ありきたりの写真しか撮れなかった。私が写真の善し悪しを気にしてはいけないのだけど、や
はり可能であれば、見て頂く方に何らかの感動や、メッセージなどが伝わる様な写真を撮ろうと心がけてはいる。
それが、出来ているかどうかはまた別の話だが・・・。(^^;

私がウェブサイトやブログに掲載するものは、描写の善し悪しを主眼に置いて選択されたものである事は、皆さん
ご承知の通りだ。なので、写真的に面白いものがあっても、ブレていたり、ピンぼけだったりすると、ここに掲載
されることはない写真になってしまう。それでも A4 サイズ程度であれば、十分に鑑賞に耐えることが多いので、
個人的な作品としては存在している。

今日の2枚は、チョットお気に入りである。



寂しげなアジサイ
DP2 Merrill @f:8.0 1/60Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AWB、AF、スタンダード、SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5



なめんなよ!
DP2 Merrill @f:5.6 1/13Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AWB、AF、スタンダード、SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5


夜には「D800 vs SD1 標準編」をアップする予定である。


NIKON D800 vs SIGMA SD1 超広角編 2012/07/14


【本日2本目の記事】

DP2 Merrill はず〜〜〜っと私の手元にあるはずなので、急いでテストしなければならない訳ではない。が、単
に画質を評価するためだけの目的で撮影された画像を見たい人もおられるだろうと思って、とりあえず最低限の
撮影はした(つもり)。

だが、D800 および D800E は来週の水曜日に返送しなければいけないので、予定しているテスト撮影は、明日
と明後日のウチに終わらせなければならない。チョット、スケジュール的にはタイトであるが、何とかこなそうと
思っている。

さて、本日の午前中に D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED と SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM の
比較撮影を行った。



上のテスト撮影風景でおわかりのように、超広角レンズの場合、ベランダから乗り出すようにカメラをセットしなけ
ればならない。こうしないと脚立に乗って撮影でもしない限り、ファインダーを覗くことが出来ないのだ。もちろん
三脚はベランダの柵に押しつける形でセットしてあるため、ビクともしない。

イロイロ迷ったのだけど、このテストは全て AF で行った。ただし、D800 はライブビューでコントラスト AF を使
用。もちろん両方ともミラーアップで撮影している。SD1 の AF があまり良くないことは承知の上だが、日常的に
使用する状態での比較と言うことでお許し願う。

画角は D800 で 14mm、18mm、24mm にセット、SD1 での撮影範囲が D800 と同じになるように焦点距離を
決めている。14mm は f:5.6 と f:8.0、18mm と 24mm は f:8.0 のみを各10枚撮影。AF は一枚ずつピントを
外した後、合焦を確認して撮影している。現像前にカメラ内 JPEG でピントをチェックして、D800 の最良画像のみ
を RAW から現像。SD1 は D800 の最良画像とほぼ同時に撮影したものを現像している。なので、SD1 のピント
が最良である保証はない。さらに SD1 は SPP で現像する際に全てシャープネスを -1.0 に設定している。

なお、1:1でディスプレイに表示した場合に D800 の画像はローパス付きベイヤー型イメージセンサーに共通し
た甘さがある。しかし、畳1畳以上のサイズに引き伸ばして見ていることを考えれば、まったく問題とならない甘
さである。実際に画像を 1/4 にトリミングして、A4 サイズでプリントしてみた(= A2 サイズにプリント)が、非常
に高い解像感を確認することが出来た。つまり、D800 においては4ピクセル、SD1 においては3ピクセル程度の
ボケは、通常のサイズで鑑賞する場合、目の良い人であっても、それをボケと感じる事が出来ないであろうこと
を知っておいて頂きたい。以下の画像は、そのことを前提にご覧頂けるようお願いする。



NIKON D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED @14mm f:5.6



SIGMA SD1 + SIGMA 8-16mm DC HSM @9mm f:5.6




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED @14mm f:8.0



SIGMA SD1 + SIGMA 8-16mm DC HSM @9mm f:8.0




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED @18mm f:8.0



SIGMA SD1 + SIGMA 8-16mm DC HSM @11mm f:8.0




NIKON D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED @24mm f:8.0



SIGMA SD1 + SIGMA 8-16mm DC HSM @14mm f:8.0

かなり疲れているので、評価に関しては後ほどまとめて書きたいと思う。とりあえずは、ご自身の目でご判断頂
けるようお願いする。

DP2 Merrill でスナップ 2012/07/14


時間制限があるため、DP2 Merrill は後回しにする予定だったけど、午前中に D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm
f/2.8G ED と SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM の比較撮影を終えた後、ヨメさんから「はな」をモスバーガー
に連れて行って、私とブランチをせよ。帰りに動物病院への一番近道を探査して来い。と命令されて、現像も
せずに、出かけた。

転んでもただでは起きない。当然 DP2 Merrill を持って出かけた。

途中、迷い猫のポスターが貼ってある電柱の前で「はな」を記念撮影。



DP2 Merril @f:5.0 1/160Sec. ISO100 EV+1.0。SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5。
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」。


これが私の今朝のブランチ。おっと、手前のホットドッグ2本とアイスカフェオレだけ。フライドポテトと和風
フライドチキンは「はな」の分。この時点で「はな」は焼肉ライスバーガーを食べ始めている。



DP2 Merril @f:5.6 1/40Sec. ISO400 EV+0.7。SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5。
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」。

これらを完食した後、「はな」は焼肉ライスバーガーを、私はフィッシュを追加で注文。少し多めのブランチで
あった。そして、帰りがけに夕方に迷い猫の「ショコラ(仮)」を連れて行く予定の動物病院の前で記念写真。



DP2 Merril @f:5.6 1/250Sec. ISO400 EV+0.3。SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5。
絞り優先AE、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」。


本日掲載の写真は全て DP2 Merrill で撮影しているけど、全て露出補正を EV+ しているにもかかわらず、現像
時にさらに露出を+している。やはり、DP2 Merrill の評価測光、自動露出はアンダー気味だと思う。


1週間経っても迷い猫ショコラ(仮)の元の飼い主は見つからない。近所の動物病院や、市の動物愛護センター
等には全て連絡済み。ポスターも3ヶ所に貼った。しっぽを怪我していたため化膿してはいけないと思い、本日
動物病院に連れて行って手当をしてもらった。

猫自身がしっぽをなめてしまうのは良くないとのことで、エリザベスカラーを嵌められてしまった。2〜3日中
に哀れな写真をお目に掛けよう。ヨメさんがもの凄く可愛がっているので、このまま飼い主さんが現れなければ、
我が家で飼うことになる。

ヨメさんは過去に何匹も飼っているのだけど、私は猫を飼うのは初めて。今は昔と違ってイロイロと大変である
が、ニャンコとの同居生活はそれなりに楽しいことがわかった。これからもちょくちょく被写体になってくれそ
うである。

DP2 Merrill ファーストインプレッション 2012/07/13


【本日3本目の記事】

明日はヨメさんと「はな」が亀戸のサンストリートに何やらの子供向けのショーを見に行く予定。私はショコラ
(仮)とお留守番である。

が、タイムリミットが近づいているので、梅里さんに頼まれた D800/D800E と SD1 の撮り比べをしなければ
ならない。明るいウチはなるべく撮影に時間を費やし、現像などは夜に回すつもり。でも、上手く行かなかった
場合の再撮影にあまり時間を使えないから、撮影後に最低限のチェックはしておかないといけない。SD1 と DP2
Merrill の比較だけでも4回撮り直したのは秘密である。(^^;


で、話は変わって、DP2 Merrill のファーストインプレッションを書いておく。長く使っているウチにイロイロ
出て来るとは思うけど、とりあえずの感想である。

1.バッテリーイーター。1個目 JPEG + RAW で 55 カット 110枚。2個目 JPEG + RAW で 50 カット 100枚。

2.心だけでなく、手のひらまで温かくしてくれるカメラ。冬はカイロ代わりに使えそう。

3.評価測光の自動露出は控えめ。自動で露出する場合は EV+ の補正がデフォルトか。

4.周辺部にグリーンが被って来る。カメラ内 JPEG ではあまり目立たないので、SPP での誤魔化し具合の再調
整が必要かも。

5.MF の目盛が実測値と合わない。ただし、ズレは一定。本当の無限遠を覚えておけば大丈夫。

6.画素数の多い新 FOVEON センサーの実力を遺憾なく発揮させる正真正銘の写真画質。粒状感まで再現してく
れる。
7.当たれば凄い?とんでもない、当たりっぱなしである。

8.何となく握り心地が良いと思ったら、構えた時の右手掌の部分がわずかに後に出っ張っていることを発見。
前から見るとのっぺらぼうのイボイボだけど、後は微妙に色っぽくカーブしている。むふふ。

9.フルタイムマニュアルマグニファイアリングフォーカシングシステム。使って見ればわかる。とんでもないギミックで
ある。

10.パカン!と動くミラー無し、パシャッ!と動作するフォーカルプレーンシャッター無し。つまり撮影時に大きく
ボディを揺らす機構がないので、微ブレが発生しない。クリアな画質が得られる理由の一つ。

おやすみなさい。

SPP 5.3.1 2012/07/13


【本日2本目の記事】

SPP は正常な進化を遂げている。SD1 の X3F ファイルを現像するための時間は間違いなく短くなった。

なんと言っても素晴らしいのは「倍率色収差補正」である。基本はレンズプロファイルにチェックを入れるだけ。
オートマチックで倍率色収差を補正してくれる。が、レンズには個体差があり、倍率色収差が出現する様子も一
様ではない。そのような時には、レビュー画面で彩度とシャープネスを上げておいて拡大率 200% にして画面の
周辺部を拡大し、マニュアルにチェックを入れて Red Channel スライダー、あるいは Blue Channnel スライダー
を動かして、倍率色収差が見えなくなるポイントを探すことになる。時間は掛かるけど、それなりの効果は高い。

もう一つ良くなった点は「画質優先モード」が何をしても解除されなくなったことである。これでじっくりノイズリダク
ションやカラーモードをチェックできる。

しかし・・・

開いたフォルダ内のサブフォルダが 60 以上あるとメインウィンドウ左側のフォルダリストに前回開いていたフォ
ルダ、あるいは SPP のアイコンにドラッグアンドドロップして開いたファイルのフォルダが表示されないバグはま
だフィックスされていない。ただし、これは Windows 版だけの不具合かも知れない。

SD1 あるいは DP2 Merrill で撮影された X3F ファイルの現像時に Auto を選択しても自動的に制御されるパラ
メータは「露出」のみで、その結果も全く納得の行かないものだ。

SD1 あるいは DP2 Merrill で撮影された X3F ファイルを現像する際に、シャドウやハイライトのスライダーを動か
しても最も暗い部分や最も明るい部分の変化がほとんど無く、全く役に立たない。

以上の3点は SPP 5.0 の時から全く変わっていない。5.0 の時点でその他の要望も4つくらい出してあるのだけ
ど、未だに実現されていない。まぁ、贅沢な要望もあるのだけど、メイン画面やレビュー画面の上部に表示され
る画像データの中に露出補正値を加えて欲しいと言う切実なる要望は無視され続けている。


今日は仕事終了後、新宿へ出て、ヨドバシ新宿西口のカメラ館2FでシグマのA氏より、DP2 Merrill 用のフード
(LH2-01)とクローズアップレンズ(AML-2)とケンコーの液晶プロテクタを購入。

本日の1枚。DP2 Merrill で普通にスナップしたら写りすぎて、遠くの人の顔が判別出来てしまう。困ったカメラで
ある。



東京都庁
DP2 Merrill @f:4.0 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、WBは「オート」。カラーモードは「スタンダード」。

【追加】



ショコラ(仮)
DP2 Merrill @f:5.0 1/160Sec. ISO200 EF-500 DG SUPER を天井にバウンス。
マニュアル露出、AF、WBは「オート」。カラーモードは「スタンダード」。AML-2 使用。

DP2 Merrill が来た。その3 2012/07/13


CT110 さんから重要なコメントを頂いた。

「バッテリーの件ですが、ライカBP-DC4-J・リコーDB-60・パナソニックDMW-BCC12は端子側の角の削れ?部分
が小さいのでMerrillには装填できません。」と言うことである。やはり自身でしっかり確認した情報以外は書
くべきでないと、深く反省。誠に申し訳ない。

PENTAX の LI106 は装着できることを確認した。

まもなく仕事に出なければならない。朝から日差しがコロコロと変わる中、イロイロと撮影した。で、この画像
をアップするのは夜にしようと思っていたのだけど、撮影後にちゃんとチェックしておかないと再撮影をしなけ
ればいけなくなるし、と言うことでお目に掛けられる状態にしてしまった。



by DP1x

昨日の DP2 Merrill と SD1 の比較は、撮影時刻がかなり違っていたため、露出も大きく差が出てしまっていた。

今日は全く同じタイミングで撮影して、現像時にいじったのは倍率色収差補正とノイズリダクションを 0.25,0.25
にしただけ。その他のパラメータは一切変更せずに現像したので、より正確な比較となるだろう。なお、昨日の比
較は ISO200 で行ったが、今日は ISO100 である。



SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO100
評価測光、絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.25,0.25、倍率色収差補正 マニュアル




SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:7.1 1/250Sec. ISO100
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.25,0.25、倍率色収差補正 マニュアル


次に ISO 感度を変えて行くとどうなるかの比較を行った。



SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/1250Sec. ISO400
評価測光、絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 なし



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:7.1 1/800Sec. ISO400
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 なし




SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/2000Sec. ISO800
評価測光、絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 なし



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:7.1 1/1600Sec. ISO800
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 なし




SIGMA DP2 Merrill @f:11.0 1/2000Sec. ISO1600
評価測光、絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 なし




SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:7.1 1/1250Sec. ISO1600
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 なし

SD1 のが良い様に見えるが、シャッター速度が異なる。DP2 Merrill は少し不足気味。

本日のアップはこれまで。

DP2 Merrill が来た。 その2 2012/07/12


【本日2本目の記事】

非常にシンプルなカメラである。上から見るとアクセサリーシューと電源スイッチとダイヤルとシャッター
ボタンしかない。【追加】モードセレクタ表示ボタンを忘れてました。



SMC TAKUMAR 35mm F3.5 のフードを着けた DP2 Merrill
by SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:9.0 1/1.3Sec. EV+0.3 ISO200
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはニュートラル
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5。Photoshop で背景をレタッチ。

自宅に向かっている最中にヨメさんに電話してバッテリーの充電を始めてもらった。なので、帰り着いて、
昼食を食べ終わった時には既に1本目のバッテリーは充電が完了していた。

ただ、使い始めのリチウムイオン充電池は持ちが悪い。この1本目は JPEG + RAW で 55 カット撮っただけで
「電池を交換してください」のメッセージが出た。もう少し電池がこなれてきたら、多少は長持ちするかも知れ
ないが、ギネスブックに申請出来るほどの記録的な持ちの悪さである。


DP2 Merrill を使って、一番驚いたのはその書き込みの速さだ。シャッターをヨーイドン!で押して、7枚連写。
書き込みが完了するまでに 48 秒。ただし、使用しているカードは SanDisk Extreme Pro 95MB/s である。が、
SD1 だと SanDisk Extreme Pro 90MB/s CF 16G で 77 秒掛かる。今回のファームウェアアップデートでは
「書き込みを速くしました」とはアナウンスされていないので、SD1 の書き込みは速くはなってはいないと思う
が、もしかすると SD1 の書き込みも DP2 Merrill 並みの速さが出せるのかも知れない。


旧モデルと異なり、筐体が一回り大きくなった。特にレンズが左に寄ったことで、右手で握る部分の面積はそれ
以上に広くなっている。個人的にはもう少し大きい方が良いのだけど、小さ過ぎるという感じがしなくなったの
はとても良いことだと思う。

レンズも沈胴しないため、起動が速くなり、一番故障が起きやすかった部分でもあるので、より耐久性が上がっ
たと考えられる。

とにかく、ミラーがなくてレンズシャッターである事はカメラ自体に震動源がないため、予想以上にブレない。
動態の撮影には今ひとつ AF の高速化が求められるけど、日常的なシチュエーションにおいては大きな問題とな
るほどの遅さではないと感じた。

電源を入れた時に電源スイッチの周りがポッとグリーンに光るのもなかなか良い。う〜〜〜n。予想をはるかに
上回る完成度の高さである。

山木社長。スミマセン。とりあえず、バッテリーの持ち以外は、文句を付けるところがありません。

DP2 Merrill が来た。 2012/07/12


お天気はイマイチ。仕事から帰ってきたら、DP2 Merrill が待っていた。まだ十分に明るかったので、SD1 +
17-50mm F2.8 EX DC OS HSM と写し比べ。

センサーは同じ、SPP も同じ、撮影条件も同じ。出て来るのはレンズの差とレンズが固定されていて、しっかり
調整されていることだけだろう。もしかするとセンサーのマイクロレンズが異なるかも知れない。

SPP 5.3 の CD が付いて来たけど SPP 5.2.1 と比べたいのでとりあえずはインストールせずに DP2 Merrill
の X3F を現像しようと思い、開いた。

ギョ! 周辺部に緑被り、ノイズリダクションは効かない。う〜〜〜n。SPP 5.2.1 は DP2 Merrill に対応
していない。仕方がないので、SPP 5.3 をインストール。正確なバージョンは SPP 5.3.1 となっている。シ
グマのウェブサイトは・・・、と見に行ったけど、SPP のアップデートはまだ無い。

SPP 5.3.1 は DP2 Merrill ユーザーには必須だけど、それ以外のカメラでは「必須」と言うわけでは無い。今日
中には公開されると思うけど、何とも不思議である。

DP2 Merrill で撮影した画像を SPP 5.3.1 で開いてみた。ISO200 でもノイズリダクションが働き、その下に
「倍率色収差補正」が付いている。その他の大きな変更点は一度詳細モードにすると元に戻らない。つまり、
以前のバージョンではノイズリダクション等を触ると、高速モードに戻ってしまったのが、詳細モードのまま
現像を続ける事が出来る。倍率磯収差の修正が出来るようになったことと、この詳細モードが維持される様に
なった事、この2点だけでもかなり素晴らしい改良である。SPP 5.3.1 に関しては別稿で詳細にお伝えする予
定なので、とりあえずここまで。

ノイズリダクションをイロイロいじっていたら、フリーズしてしまった。タスクマネージャでは「応答なし」に
なっていないが、強制終了しようと思ったら「応答がありません」になった。いずれにしてもタスクマネージャー
からの強制終了は出来た。近い将来 SPP 5.3.2 がリリースされるだろう。(^^;



SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/320Sec. ISO200
評価測光、絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0,0、倍率色収差補正 レンズプロファイル 0



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:6.3 1/125Sec. ISO200
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0,0、倍率色収差補正 レンズプロファイル 0

共に今までに見たこともない描写。解像感は非常に高いのだけど、かなりノイジー。SPP 5.3.1 ではノイズリダ
クションのデフォルトが変更になっているとしか思えない。以前も書いたけど、DP2 Merrill の公式な作例が全
てノイズリダクション 0.5、0.5 であるにも関わらず、かなり高い解像感を示していたため、SPP 5.3 ではノイ
ズリダクションが変更になっているのかも知れないとの推測は当たっていたようだ。

公式作例と同じ様に上の2枚をノイズリダクション 0.5,0.5 で現像してみた。



SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/320Sec. ISO200
評価測光、絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 レンズプロファイル 0



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:6.3 1/125Sec. ISO200
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはスタンダード
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 レンズプロファイル 0

今まで私は SPP で現像する際、ノイズリダクションを 0 にすることで解像感が上がるため、それを実行してき
たのだけど、SPP 5.3.1 では、あまりにもノイズが目立ちすぎ、且つノイズリダクションを 0.5,0.5 にしても
解像感はさほど失われなくなった様な印象があるので、以降はノイズリダクション 0.5,0.5 をデフォルトしに
しようと思った。




我が家の DP2 Merrill

by SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @40mm f:9.0 1/13Sec. EV-0.3 ISO200
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはニュートラル
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 レンズプロファイル 0




我が家の DP2 Merrill 後姿

by SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @38mm f:9.0 1/13Sec. EV+0.7 ISO200
評価測光、絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはニュートラル
SPP 5.3.1 ノイズリダクション 0.5,0.5、倍率色収差補正 レンズプロファイル 0


さて、午後の1時までは仕事をしていたのだけど、その後ヨドバシ Akiba に寄って、自宅の DP2 Merrill に触
れる前に、展示してあった DP2 Merrill に触って来た。

バッテリーの蓋はしっかりセロテープで留めてあったのだけど、接着してあった訳ではないので、コッソリ中の
バッテリーを出して、眺め、諸元をメモメモ。実物を持って行くのが最良だったけど、コンパクトデジタルカメ
ラの売り場に行って、詳しそうなおにぃちゃんをつかまえて、根掘り葉掘り。

あまりのしつっこさに、調べてくれた結果、DP2 Merill と同じバッテリーを使っていると思われる各メーカーの
型番が判明したので、ここに書いてしまう。

もし、互換バッテリーをお探しなら、Leica BP-DC4 / Pentax D-Li106 / Ricoh DB-60 DB-65 /
Samsung IA-BH125C がシグマの BP-41 と同等品であることがわかった。ただし、純正はものすご〜〜く高い
ので、非純正品を通販などでお求めになると良い。ただし、他社製の充電池を使用して、万一事故になった
ら、シグマの保証は効かなくなるので、自己責任でお願いする。




その他、まだイロイロあるけど、おなかがすいたので、今日はこれまで。真夜中に本日の2本目を追加する可
能性は高い。(^^;

趣味で多忙 2012/07/11


【本日2本目の記事】

今日1本目の記事の最後に書いたけど、明日、間に合わないと思っていた DP2 Merrill が来ると販売店から連
絡があった。

とても嬉しいのだけど、この(D800 や雲台や三脚のテストで)超忙しい時に DP2 Merrill が来るのは何とも複雑
な気持ちである。このところ、急ぎの仕事は受けないようにして、何とか時間を作っているのだけど、その状態を
あと1週間ほど続けなければならなくなりそう。とりあえず、明日はいつもの風景だけでお茶を濁すかも知れない
ことを事前にお断りして、許しを願う。


さて、昨晩の D800E + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II でブレが発生する件だけど、三脚は昨日昼
間のテスト風景のままの状態で使用した。つまり、普通に脚を伸ばして、エレベータは使っていない状態。今ま
でのブレのテストもほとんど同じ状態でテストしているため、そのままやったのだけど、何故かカメラを雲台に直
づけ、ミラーアップでもわずかにブレている。

さらに、vagabondplanet さんからは「ベルボンSPT-1をお試しください。」とコメントを頂いたのだけど、ベルボン
SPT-1 は持っていない。私は望遠レンズでの撮影用にはベルボン SPT-1 がまだ市場に出る前にマンフロットの
テレフォトサポートを購入して使っている。とりあえず、今夜はそのマンフロットのテレフォトサポート(Manfrotto
293) を使って、D800E のブレテストの追試をした。



テレフォトサポート使用、ミラーアップ無し



テレフォトサポート使用、ミラーアップ




テスト撮影風景

三脚座を使わずにミラーアップで撮影してブレが見えるカメラは初めてだったけど、D800E はテレフォトサポートを
使って、ミラーアップしてもごくわずかではあるがブレが確認できる。信じられないけど、本当である。

こうなると VR 制御用エレメントがしっかり固定されているのかどうかを疑うしかない様な気がする。どなたかに
追試をお願いしたいような気分だ。

NIKON D800E で市松模様 2012/07/11


お馴染み?の市松模様である。この市松模様は一辺が 0.5mm の四角形をビッシリ並べてあるように見えるが、
縦横5つのセクションに分かれていて、それぞれが 0.2 ピクセルの距離を置いて上下左右にずらしてある。
これはサイズ(1マスが1ピクセル)を合わせることはさほど難しくはないけど、、ピクセルの位置を正確に
合わせることが非常に難しいために被写体を少しずつずらすことで、カメラのピクセル位置とピッタリ重なる
ものが出て来るであろうと言う願望に基づいている。

D800E を水平に構えた時の天地のピクセル数は 4912 ピクセル。0.5mm を1ピクセルで写すための長さ(高さ)
は 2456mm。巻き尺を垂直に立てて 2456mm が画面の天地いっぱいにピッタリ写る写真を撮れば、1マスが1ピ
クセルに写る計算になる。

この前 SD1 でやった時は自宅下の屋外でやってしまったために、微妙な調整が出来なかった事を反省して、
今回はいつものベランダでやることにした。

レンズは 105mm マクロを使いたかったけど、どう頑張っても引きが取れず、24-70mm での撮影となった。が、
何度撮っても解像しない。AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED の 50mm なので、かなり良いはずと思って
使ったのだけど、ピントが来ないのだ。仕方がないので AF を止めて、MF でやったけど、ジャスピンであって
も1ピクセルの解像はしない。ボディの性能に追いつかないレンズを最高級レンズとして売っているのはシグ
マだけではなかった。



NIKON D800E + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED @48mm f:7.1 1/100Sec. ISO100 EV+1.7
Capture NX2 2.3.2 露出 +0.5 コントラスト +50 その他は 0



市松模様の部分のみをトリミング 100%


何としても撮りたいと思い、今まで使っていた 0.5mm 角の市松模様を縮小して、0.2mm 角にしたのだけど、プ
リンタの精度が追いついていなくて、綺麗な四角にならない。次に 0.3mm 角で印刷したら、何とか綺麗なもの
が出来た。

被写体を 0.5mm ピッチの市松模様から、0.3mm ピッチの市松模様に変えて、レンズは今までテストで使ってい
たシグマの MACRO 70mm F2.8 EX DG に換え、何とかピントが来ているものが撮影できた。が、もちろん市松模
様は全く解像していない。



NIKON D800E + SIGMA 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/80Sec. ISO100 EV+1.7
Capture NX2 2.3.2 コントラスト +30 その他は 0



市松模様の部分のみをトリミング 100%


で、ついでなので SD1 でも撮って見た。



SIGMA SD1 + SIGMA 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/80Sec. ISO100 EV+1.3
SPP 5.2.1 露出 +0.3、コントラスト +1.0 シャープネス -1.0 その他は 0



市松模様の部分のみをトリミング 100%

以前 SD1 でこの市松模様を撮影した時は屋外でやったため、1枚撮影してはカメラの液晶画面で画像を拡大し
て撮影範囲を確認しながら撮ったのだけど、今回は撮影後直ちにコンピュータで画像を確認できるため、大まか
な設定の後、実際に撮影しながら傾きやサイズの微調整が出来た。と簡単に書いてしまうけど、実際には最終
的に3時間以上の時間が掛かっている。

当初、この撮影は「武士の情け」と言う言葉で回避する予定であったが、ka_tate さんや通りすがりさんに依頼
されたので、決行。

繰り返すけど、ベイヤー型イメージセンサーは例えローパスフィルターの働きが殺してあっても、このように1ピク
セルで描写されるような被写体を普通に再現できないことはわかっている。なので、それを責めることは弱いもの
いじめ以外の何ものでもない。お気を悪くされる方がおられると思うけど、お許しくださる様、切にお願いする。
【追加】

販売店から連絡有り。DP2 Merrill 明日到着の予定。ただし、追加のバッテリー2個は遅れるらしい。

NIKON D800E で三脚座のブレテスト 2012/07/10


【本日3本目の記事】

カメラボディやレンズが変われば、三脚座やミラーショックも変わる。最も頑強な三脚と雲台の組み合わせに
NIKON D800E + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を着けて、いつものテストをやってみた。

撮影データは全て同一。@200mm f:9.0 1Sec. ISO100。マニュアル露出。



三脚座使用、ミラーアップ無し


三脚座使用、ミラーアップ



三脚座不使用、ミラーアップ無し


三脚座不使用、ミラーアップ

三脚座を使わず、ミラーアップしてもブレる。望遠レンズでの撮影では何をやってもブレると言うことかも。
SD1 のが優秀。

NIKON D800E の印象 2012/07/10


【本日2本目の記事】

カメラとしての性能や機能は文句の付けようがない。多機能を悪く言う人もいるが、使いこなせない機能は使わ
なければ良いのだ。SD1 に出来て D800E に出来ないことはほとんど無いが、D800E に出来て SD1 に出来な
いことを全て数え上げるのはとても大変なので、調べる気にもならない。

D800 にはライブビューや電子水準器やアイピースシャッターなど SD1 に是非とも付いて欲しい機能は全てある。

画質に関して言えば、カメラ内 JPEG での比較はほぼ互角。D800E のが AF や AE の安定感で上。RAW で撮影
しても、同じサイズにプリントする限りでは D800E のが高い解像感で表現される。画素数は力である事が実感
できる。

唯一 SD1 のが良いかなと思えるのはディスプレイに1:1で表示した時の解像感である。が、実用的であるか
どうかを考慮するなら、それが何?と言うことになる。私の様な描写力オタクを満足させられるかどうかに関し
ては、確かに SD1 のが上である。が、同じ大きさにプリントした場合には、その差はほとんど無いと言って良
いだろう。

私のテスト撮影のように、三脚に乗せて、キッチリピントを合わせて、ミラーアップで撮影をすると色モアレが出や
すい。ベイヤーイメージセンサーなので色モアレが出るのは仕方がない。とにかく、色モアレが出そうな被写体を
撮る時には、可能であれば目一杯絞って撮影する事をお勧めする。回折がローパスフィルターの働きをして、解
像感は低下すると思うが、色モアレは出なくなるだろう。また、手持ちでの撮影ならば、あまり色モアレは出ない
と思う。手持ちで色モアレが出る場合があるとすれば、それはストロボを使った時だ。ストロボの発光時間は非
常に短いため、ブレが発生していないのと同じ状態になるからである。

とりあえずの印象としては D800E はとても凄いカメラである。が、ディスプレイに画像を1:1で表示して眺めるの
が好きな人には、SD1 の画質が好ましく思われるかも知れない。しかし、カメラが写真を撮るための道具である
以上、機能や性能面を無視して、画質だけで良いカメラであると SD1 を褒めるにはかなりの勇気が要る。

幸い、SD1 Meriill が出たことで価格的には大きく差がついたため、D800E のが良くて当たり前と書けるように
なったのがチョット嬉しい。

さて、明日は同じ事を D800 でやってみよう。その後は梅里さんから頼まれている D800 + ニッコールと SD1 +
シグマ SA の比較など、やらなければならない撮影が目白押し。

画角が異なるため、無限遠の被写体では不可能な比較撮影もあるので、少々面倒だけど、面白いことになりそ
うだ。

NIKON D800 で西船橋の屋根。 その3 2012/07/10


何かこのタイトルが延々と続きそうなイヤな予感がする。(^^;



ニコンのリモートコードが届いたので、D800E と SD1 を並べて、再びテスト撮影。

D800E はライブモードでミラーアップ。SD1 は普通にミラーアップ。2台で異なるのはフォーカシング。D800E は
AF で SD1 はマニュアル。昨日はカメラ内 JPEG の出力が目的だったので、カラーモード(ニコンの場合はピク
チャーモード)をスタンダードにしたけど、どうやらニコンのスタンダードモードはシャープネスの処理が掛かるらし
く、Capture NX2 でシャープネスを落としても、シャープネスが掛かっているような画像になるため、ニュートラル
に設定して撮影した。

SD1 は SPP5.2.1 で、D800E は CNX2 2.3.2 で現像。どちらもパラメータは全て 0、SPP はシャープネスを -1.0
にしてある。



DSC_1743.NEF NIKON D800E + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/400Sec. ISO100



SDIM1563.X3F SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:7.1 1/250Sec. ISO100

上の D800E の画像は LV で AF なので、ピンぼけの心配はないと思ったのだけど、少し甘い。全部で 10 カット
ほど撮ったのだけど、ちゃんとピントが来ているものもある。この次のカットではちゃんとピントが来ている。が、
SD1 のシャッターを押すタイミングがイマイチだったので、正確に同じ写真にはなっていない。




DSC_1743.NEF NIKON D800E + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/400Sec. ISO100



SDIM1564.X3F SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:7.1 1/250Sec. ISO100

この上の2枚を縦横ピッタリ半分にトリミングして、A4 サイズで印刷してみた。つまり、ほぼ A2 サイズになるわ
けだけど、その2枚をじっくり比べて見ると、D800E の方が解像感は高い。やはり、SPP でシャープネス -1.0 は
わずかに甘さを感じる。


チョット悔しかったので、一番下の写真を SPP でシャープネス 0 で現像して、同じ様にプリントしたら、SD1 の
が、わずかではあるが解像感の高い写真になった。下にその写真をアップしておく。



SDIM1564.X3F SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:7.1 1/250Sec. ISO100
SPP でシャープネス 0 で現像し直したもの。

お暇のある方は、上下左右を半分にトリミングして、A4 でプリントして頂くことで、確認して頂けると思う。

3枚の写真を見比べていたら、思わぬ所に違いを見つけた。中央少し左上に外壁がトタンの家があるが、D800E
で撮影した写真ではその外壁に色モアレが出ている。ローパス効果の無いベイヤー型イメージセンサーの欠点
である。

NIKON D800 で西船橋の屋根。 その2 2012/07/09


【本日3本目の記事】

今朝、Amazon にニコンのリモートコード MC-30 を注文する時には 19分 以内に「お急ぎ便」でご注文頂くと
2012/7/9 月曜日までにお届けします。となっていて、今現在も 15時間 以内に「お急ぎ便」でご注文頂くと
2012/7/10 火曜日までにお届けします。19 点在庫有り。となっている。

にもかかわらず、Amazon からは「誠に申し訳ありませんが、ご注文いただいた以下の商品の発送手続きが遅
れております。現時点でのお届け予定日は 2012-07-10-2012-0712」と言うメールが来た。これで、今夜から本
格的に撮影を始めようと思っていた比較テストは明日以降、最悪の場合木曜日まで出来なくなった。まぁ、3連
休がメインになる事は始めから予定していたから、大問題ではないけど、2日ばかり何も出来ないのはもったい
ない。

もちろん、リモートコードが無くても写真は撮れるが、ピクセル単位での描写を比較しようとしている時に指で
シャッターボタンを押してしまっては、テストの意味が無くなってしまう。それまでは D800 の操作に慣れておくよ
うにしよう。SD1 の様にミラーアップ後2秒でシャッターが切れてくれれば良いのだけど、今日のように日当たり
が不安定だと、30 秒後に切れるシャッターだと待っている間に明るさが変わってしまうのだ。

とりあえずの第2弾。

NIKON D800E に SIGMA MACRO 70mm F2.8 を着け、SD1 には 17-50mm F2.8 を着けてほぼ 70mm の画
角に設定。まず D800E をミラーアップにしておいて、指でシャッターを押す。時計とにらめっこしながら25 秒が経
過したら SD1 のシャッターを押して、ミラーアップ。その後 30 秒ピッタリで SD1 のシャッターを押して撮影。

一番上は、仕事に行く前の午前中に1枚だけ撮ったもの。評価測光、絞り優先AE、AF、AWB、ISO100、絞り値
f:5.6 と条件を全て揃えた。カメラ内 JPEG。



DSC_1730.JPG NIKON D800E + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/500Sec. ISO100



SDIM1549.JPG SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/500Sec. ISO100


ここから下は午後5時近くになって、午前中と同じように撮影したもの。



DSC_1735.JPG NIKON D800E + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/320Sec. ISO100



SDIM1554.JPG SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/250Sec. ISO100




DSC_1736.JPG NIKON D800E + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/320Sec. ISO100



SDIM1555.JPG SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/250Sec. ISO100




DSC_1737.JPG NIKON D800E + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/250Sec. ISO100



SDIM1556.JPG SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/200Sec. ISO100


先ほど、SD1 の評価測光について「普通に撮影している場合はこのように空が少ない時には EV+ が正解。」と
書いているが勘違い。今までは明るくなりすぎて、EV をマイナス補正することが多かった。もしかすると今回
のファームウェアでまた少し変わったのかも知れない。

しかし、夕方の比較写真は色味がほとんど同じで、とても良く似た写真になっている。

【追加】

Amazon から出荷の連絡有り。明日にはリモートコードは届くようだ。

NIKON D800 で西船橋の屋根。 2012/07/09


【本日2本目の記事】

マニュアルを読むのが好きな私でも、NIKON D800 のマニュアルを全ページ読む気にはなれない。が、最低限
必要と思われるところには目を通した。それだけで約1時間。

D800 はミラーアップした後にタイマーでシャッターを切ることができない事が判明。梅里さんはリモートシャッ
ターをお持ちで無いと言うことで、Amazon に注文。レリーズが来るまでは撮影をしないつもりだった。が、マニュ
アルをよく読むとミラーアップしたら 30 秒後にシャッターが切れると書いてある。

SD1 はミラーアップして 30 秒間何もしないと単にミラーが降りるだけで、シャッターは切れない。どちらが良いか
は何とも言えないが、私は SD1 の方が良いと思う。

と言う訳で、NIKON D800 に SIGMA MACRO 70mm F2.8 を着け、SD1 には 17-50mm F2.8 を着けてほぼ
70mm の画角に設定。まず D800 をミラーアップにしておいて、指でシャッターを押す。時計とにらめっこしながら
25 秒が経過したら SD1 のシャッターを押して、ミラーアップ。その後 30 秒ピッタリで SD1 のシャッターを押して
撮影。

評価測光、絞り優先AE、AF、AWB、ISO100、絞り値 f:5.6 と条件を全て揃えた。カメラ内 JPEG なので画質な
どはイマイチだけど、とりあえずの第一弾。

ほぼ1分おきに3枚連続して上記の条件で撮影したものを並べておく。




DSC_2212.JPG NIKON D800 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/500Sec. ISO100



SDIM1545.JPG SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/500Sec. ISO100




DSC_2213.JPG NIKON D800 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/500Sec. ISO100



SDIM1546.JPG SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/500Sec. ISO100




DSC_2214.JPG NIKON D800 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/500Sec. ISO100



SDIM1547.JPG SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:5.6 1/500Sec. ISO100

全く同じ条件で1分置きに連続して撮影しているにもかかわらず、どちらのカメラにも不安定要素がある事が判る。
AF でピントが合わないのは SD1 だけではなかった。

露出はどちらも許容範囲内だけど NIKON のが実際の明るさの感じに近い。シグマは少し暗いけど、普通に撮影して
いる場合はこのように空が少ない時には EV+ が正解。シグマの評価測光のがおバカである。

AF はどちらも外す時には外すと言うことで、これから先のテストではやはり MF でないとダメなようだ。

NIKON D800 と D800E が来た。 2012/07/09


先ほど、梅里さんとそのご友人所有の NIKON D800 と D800E が4本のニッコールレンズ、2本のニコンマウント
用シグマ製レンズ、2本のシグマ SA マウントレンズが届いた。私が用意してあるのは SIGMA 8-16mm と
MACRO 70mm のニコンマウント用。

さて、10 日間ほど貸して頂けることになっているが、どうしたものか。幸い2台のカメラの比較なので、ほぼ同時
にシャッターを押せば良いため、あまり天気の変動を気にしなくて良い。とりあえずは送られて来たものをチェック。



フルサイズ(DX モードは比較する予定無し)機との比較なので、単純な比較だとあまり意味が無い。が、それも
やってみた方が良いだろう。梅里さんからはイロイロなご要望が来ているので、それを含めてイロイロ写してみる
予定。

erg をテスト。 2012/07/08


【本日2本目の記事】

本日1本目の記事、一番下の写真でご覧頂いた状態でテストを始めた。が、すぐに MACRO 150mm ではレン
ズを雲台に直接乗せて、ミラーアップせずにシャッターを切ってもほとんどブレないことが判明。

100-300mm の 300mm に変更して、7月2日に行ったのと同じテスト撮影を行った。今回は雲台を交換しなが
らの撮影のため、とても時間が掛かった。が、実際にカメラを取り付けたり、300mm でピッタリ同じ場所を狙い、
カメラを水平にセットするという事をしたため、各雲台の使い勝手がわかって、とても面白かった。

まず始めは写真に撮った Manfrotto 468MGRC4 で 12 枚ほど撮影。撮影データは全て同じなので、ここに書い
ておくと、SIGMA SD1 + APO 100-300mm F4 EX DG HSM @300mm f:9.0 1Sec. ISO100 マニュアル露出、
MF、AWB である。



緩やかではあるけど、確実にブレている。ボール雲台はフリクッションコントロールを上手く使っても、キッチリ位
置合わせをしたり、水平を出したりするのはイマイチ面倒。ギア雲台とは比べものにならない使いにくさ。まだコ
マ締め式の3D雲台のが使い易い。だけど、この雲台が私が今まで使って来た全ての雲台の中で最も強固にカ
メラを固定してくれる。




erg N75

私は Manfrotto のクイックシューのコルクを剥がして、カメラを直接アルミダイカストのシューに密着させる様に
改造したものを持っているけど、Manfrotto 468MGRC4 にその最も硬いクイックシュープレートを使ってカメラを
乗せた時と同じ様な結果。非常に強固で頑丈な雲台だと、このように一番始めに極小さなブレが生じる。ほんの
数ピクセルではあるが、柔らかく接続された雲台では出ることがない微ブレである。ただし、ブレの収まり方は早
く、Manfrotto 468MGRC4 よりはブレが少ない。

使い勝手はかなり良い。わずかな角度でしっかり締まる。いわゆる「ガツン」と締まるタイプ。幸いにも、私はこの
タイプが嫌いだ。クイックシューの取り付けに大きめのコインを用意しておく必要がある。ただし、Manfrotto の
410PL クイックシュープレートもその意味では同じ。




erg SS 3Way

N75 と非常によく似たブレパターン。ただし、こちらのがその後のブレ幅は少ない。今回テストした中では最良。

N75 より少し使いにくい。カメラを縦位置にセットすることが出来ないので、レボルビング機能を持った中型か大
型のカメラ専用。




ホースマン ディスクロック雲台

両 erg とよく似たブレパターン。ただし、ブレ方は多い。収まるまでの時間も少し長い。パン(左右の首振り)の
締めがかなりやりにくい。カメラを取り付けるのも少々苦労する。ホースマンブランドなのに縦位置での撮影が可
能である。

どの雲台も普通に良いと思う。が、幸いにして私の好みではなかった。erg であっても、ミラーアップせずに撮影
すればブレると言うことが判ったのが一番の収穫。もちろん、どの雲台もミラーアップすれば問題ないだろう。
300mm くらいの望遠を着けて、カメラボディを雲台に直接乗せ、ミラーアップで撮影してブレる雲台には滅多に
お目にかかれない。今までで唯一ブレた雲台は Manfrotto 115(製造終了)だけである。

erg が来た。 2012/07/08


数年前に「まんさつ」さんから、テストして見ますか?と声かけして頂いたのに、欲しくなると困ると思い一度は辞
退申し上げた erg 2台とホースマンディスクロック雲台が送られて来た。

erg は N75 と SS 3Way。勝手にリンクを張ると怒られるかも知れないけど、インターネットで検索したら、
NiCoLei's Room というウェブサイトをお持ちの方の erg に関するページがヒットした。リンクしないでねと言うの
が見つからなかったので、勝手にリンクさせて頂く。erg N75L と SS3Way



erg N75 その1 2枚の合成、背景をレタッチ

SIGMA SD1 + MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM @f:9.0 1/40Sec. ISO100 EV-0.3
以下の撮影データはシャッター速度と露出補正値が異なるのみ。



erg N75 その2 2枚の合成、背景をレタッチ




erg SS 3Way その1 ゴミと背景をレタッチ、トリミング



erg SS 3Way その2 3枚の合成、ゴミと背景をレタッチ、トリミング


インターネット上でホースマンのディスクロック雲台は erg の祖先にあたると言う記述があるが、事の真偽は定
かではない。が、カメラ取り付け用のネジのローレットはそっくりである。



ホースマン ディスクロック雲台 その1 背景のみレタッチ、トリミング



ホースマン ディスクロック雲台 その2 背景のみレタッチ、トリミング


一緒に、WOLF の木製三脚も送られて来た。WOLF の三脚は聞いたこともなかった。インターネットで調べても
あまり情報は無かった。いずれにしても、振動させないのではなく、振動を吸収すると言う木製三脚がどれほど
の結果を出してくれるのかが楽しみだ。

雲台を撮影するのに時間を取られて、三脚はまだ開けていない。しばらくの間、お貸し頂けるとのことなので、
じっくりテストさせて頂く。


で、我が家の最強三脚である Manfrotto MT057C3-G はセンターポールを使わないセッティングが可能であ
る。そして、我が家の最強の雲台は Manfrotto 468MGRC4 である。雲台のブレにくさを調べるには、同じ脚を
使って、雲台を入れ替えるしか方法が無い。で、脚と雲台受けは可能な限りブレ難い設定にしなければならない。

と言うことで、下のような状態で、ブレのテストを行うことにした。これは昼間のウチにセットして撮影しておいたも
のだ。この状態で雲台だけを交換してテスト撮影を行うことになる。



Manfrtto MT057C3-G のセンターポール無し + ハイドロスタットボール雲台 468MGRC4

By DP2x @f:6.3 1/20Sec. EV+0.7 ISO100


さて、まだ外は明るい。暗くなったら、いつものテストを開始する。今日は上の写真でお判りのように、
100-300mm ではなく、MACRO 150mm F2.8 を着けて撮影する。信じてもらえないかも知れないが、三脚座を
使わずにミラーアップしないで撮影する場合、100-300mm の 300mm と MACRO 150mm は同じくらいブレる。
焦点距離が半分なのに、多分レンズ自体の重さが軽いせいで、良くブレるのではないかと思っている。

正直言っていつも 100-300mm F4 EX DG HSM を三脚座無しで撮影するのは少々怖い。もちろん望遠サポート
を使えば良いのだけど、それだとカメラとレンズを支えているものが複雑になりすぎて、雲台の性能比較になら
なくなってしまう恐れがある。とにかく、今夜は 150mm である。

erg が私の所有している最強ボール雲台 468MGRC4 より良い結果を出してくれることを願っているかどうか、自
分でも良く判らない。erg が欲しくなったら、とても困るからだ。(^^;

うがった見方。 2012/07/07


この天気では彦星と織り姫星のデートを観測することは出来そうにない。小さい頃、私は彦星と織り姫星が
移動して一つになると思っていたが、そうではないと解ったのは中学生になってからだ。


昨日公開されたファームウェアは電源投入時に CF をチェックするルーチンをはしょることで起動を速くしているこ
とに疑いはない。CF が前回電源を切った状態のままであるかどうかをチェックして、そのままであれば、CF の
ファイルチェックを行わずに起動してくるようだ。

それ以外の点ではバグフィックス版と言っても良いだろう。輝度ムラや色ムラは公式には「仕様の範囲」である。
とても大きな問題であると考える人と、そうでない人がいるようなので、シグマ内でもギリギリの許容範囲と見て
いるのだろう。

辛口テスターとしての立場から言わせて頂ければ「大問題」である。が、日常的な写真撮影に SD1 を使うユー
ザーとしての感想は「許容範囲」である。どうしても気に入らなかったら、レタッチしてしまえば良い。

私は今回のファームウェアアップデートのタイミングは、SPP5.3 とのコンビネーションを確実なものにするための
アップデートだったのではないかと疑っている。つまり、SPP5.3 で実現されている(と思われる)ノイズリダクショ
ンの変更に事前に対応するための下準備だ。

なので、SPP5.3 がリリースされたら、その新しいノイズリダクションシステムは今回のファームウェアアップデー
ト後に撮影された X3F に対してより効果的に働くのではないかと期待している。

幸い、何度も同じ条件で撮影が可能なノイズ具合テストをこの前行っているので、SPP5.3 がリリースされた暁に
は、そのテストもやってみたいと思っている。


私自身、自分をイヤな奴だと思うことがある。シグマのフアンならフアンらしく、良い点だけを並べ立てた記事を書
いていれば良いものを、わざわざ重箱の隅を突っついて、文句を言っている。幸いにして、社長からは良い事よ
りも悪い事を知りたいと言われているので、つい甘えてしまうけど、私以上にシグマが好きな人(いるかな?)か
らは嫌われているかも知れない。


千葉県船橋市山野町付近の方々、ご注目願います。



なお、掲載してありますケータイの電話番号は私のヨメさんの番号です。

三脚のブレテスト全画像 2012/07/06


【本日2本目の記事】

2〜3年掛けて行った三脚座とミラーアップのテストをついこの前もやりましたが、それが2ちゃんねるに紹介さ
れたため、当時皆さんが心配してくれたイロイロな事を、2ちゃんねらーの方々も同じように心配してくれました。

心配を無用なものにするには、7月2日に撮影した三脚3本のテスト撮影画像を全てご覧頂くのがベストと判断致
しました。

味も素っ気もないページで、見るもの大変ですが、何故私があのような結論になったかをご理解頂く一助となれば
幸いと思い、作りました。

全部見るのは大変ですが、興味のある方は、是非、ご覧ください。

7月2日三脚テストの全画像

SD1/SD1 Merrill ファームウェアアップデート 2012/07/06


本日 SD1 及び SD1 Merrill のファームウェアアップデートが公開された。SD1 用は Ver.1.07 で、SD1 Merrill
用は Ver.1.02 となる。

変更点は

・起動時間の高速化を図りました
・ミラーアップ撮影時に専用フラッシュの設定をマニュアル発光にしてもフラッシュが発光するように仕様変更致
しました
・起動直後のLCD表示の不具合を修正しました
・各種バグを修正し、動作安定性の向上を図りました

となっているが、私が使っている SIGMA EF-500 DG SUPER は専用フラッシュではないらしく、ファームウェアの
アップデートをするまでもなく、ミラーアップ時にマニュアルモードで使っても、ちゃんと発光する。おそらく「専用フ
ラッシュ」と言うのは EF-610 DG のことなのだろう。また、SD1 のマニュアルには「ミラーアップで撮影する場合
にフラッシュのモードがマニュアルになっていると発光しません。」との記述はない。なので、これは仕様変更と
言うよりはバグフィックスに近い。なぜならミラーアップ時にフラッシュをマニュアル発光に設定してあると発光さ
せないと言う仕様には何の意味もメリットも無いからである。

「起動直後のLCD表示の不具合を修正しました」となっているけど、私は起動直後のLCD表示の不具合を経験し
た事はないので、どこがどう良くなったのか判らない。

「各種バグを修正し、動作安定性の向上を図りました」これはいつもの通り。もっと詳細な情報を教えてといつも
お願いしているのだけど、相変わらずである。1000 枚に1回くらいの割合で発生する Err がこれでなくなるかも
知れない。

とりあえず、電源投入から起動(メモリアクセスランプが消える)するまでの時間を計った後で、ファームウェアの
アップデートを行った。

ファームウェアアップデート後の起動時間は瞬時。1秒も掛からない。しかし、これが必ずそうかというとそうとも
言えない。CF を入れていない状態で電源を入れると「カードが入っていません。」とメッセージが表示される。そ
の後、カードをセットして電源を入れた場合にはやはり起動に5秒ほどかかる。その後、一枚も撮影せずに、電
源を切り、再び電源を入れた場合も、やはり起動に5秒ほど掛かることがある。また、一枚も撮らずに電源の再
投入をした場合でも瞬時に起動してくることもある。いずれにしても、CF の入れ替えを行わない限り、かなりの
確率で、素早く起動してくる。

が、何かの拍子に CF を入れ替えていなくても、起動に5秒かかることもある。確かに速くはなったが、少しだけ
不安定である。シグマ製のカメラでは毎度のことなので、あまり驚かない。できることなら迅速に起動しない場合
の条件を明示して欲しいところである

そんなところで、今日の一枚。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:3.5 2Sec. ISO100 EV+0.3

現在、我が家にいそうろう中のニャンコ。


DP2 Merrill 発売1週間前 2012/07/05


本日2本目の記事

発売日に DP2 Merrill を入手出来るかどうかまだ不確定。現時点で、一週間後の今日、作例をお目に掛けるこ
とが出来るかどうか判らない。

でも、現時点で公開されている作例やデジカメ Watch の作例を見る限り、SD1 及び SD1 Merrill を上回る描写
力を備えていると判断して間違いはなさそう。

レンズをセンサーから遠ざける必要が無いという設計上のメリット、レンズが固定されているために製造時の調
整で高い精度が確保でき、それを維持できること、シャッターが押された時に余分なメカニズムによるショックが
発生しないないことなどが重なり合って、一眼レフでは難しい超高画質を実現しているのだろう。

センサーのイマイチな点も徐々に克服されつつあるような気もするが、シグマファンとしての希望的観測も含まれ
るため楽観はできない。

DP1 が出た時、まさか広角系での写真を SD14 で撮らなくなるとは考えもしなかった。確かにより広い画角が必
要な場合は SD を使うのだけど、35mm フルサイズ換算で 28mm くらいで行ける場合には、必ず DP1 を使うよ
うになった。なぜなら DP1 のが良い結果を出してくれるからだ。

DP2 も同じ。なので、ほぼ標準の画角で撮る時には SD1 ではなく、DP2 Merrill を選択するようになるのは目に
見えている。レンズ交換が出来ないカメラはカメラとは言えないとまで言い切っていた私が、完全に DP の軍門
に降ってしまった。とにかく、結果が全てである。

確かにマクロ系や望遠系の写真を DP で撮ることはできない。なので、仕方なく SD を使う。が、もし、DP のバリ
エーションが広がるか、レンズの交換が可能になったら、SD の存在意義がなくなってしまうような気がする。

2万円以上のコンパクトデジタルカメラは買わないと決めている ken さんは DP2 Merrill も買わないのだろうか?

三脚のテストで判ること 2012/07/05


三脚や雲台の善し悪しは確かにあります。原則は高価で重たいものほど良いと言って良いでしょう。ただ、雲台
に関しては最高と言われることがある erg やアルカスイスのボール雲台は使ったことがないので、どの程度良
いのかはわかりません。脚にしても私が今までにテストしたものはせいぜいイロイロ取り混ぜて 10 本程度です。

三脚は非常に単純な機材です。そして、それを使用した結果を確認することも簡単です。そして、私が重要と感
じているのは三脚の性能そのものより、その使い方です。新しい三脚を入手するたびに同じテストをしてきました
が、どの三脚もまともな雲台と組み合わせても、正しくない使い方をすればブレが発生し、正しい使い方をすれ
ばブレません。

もちろん、どんな三脚でも良いわけではありませんが、実売で雲台込み3万円以上の価格のものであれば、耐
久性や強い風の中の撮影以外の点では、問題ないと言って良いのではないかと感じています。

[Note Selection] をご覧頂ければ、私が行ったテストの結果を、私のウェブサイト [FAQ非公式版] 三脚はどの
ような物を選べば良いか?
ではそれに伴う三脚の使い方などを記述してありますので、ご参考にして頂けます
れば幸いです。


私が使用しているカメラがシグマ製デジタル一眼レフでなかったら、これほどまで三脚の使い方にこだわる必要
は無かった様な気もします。普通のデジタルカメラではわずか1ピクセルの描写を問題とすることは不可能です。
が、幸か不幸か FOVEON センサーを使用したカメラにおいては、それが問題となって来ます。

今回、再び三脚を使っての撮影でどれほど簡単にブレが発生するかを検証したのは、シグマのユーザーサポー
トのご担当者から、所有しておられるレンズが私のレンズテストの結果ほど良い描写をしないと相談してくるユー
ザーがおられると言う話を聞いたことがきっかけだったような気がします。

DP2 Merrill の凄まじい描写力が話題になっていますが、シャッターを押した際に跳ね上がってボディを揺さぶる
ミラーが無いことと、レンズシャッターが採用されていることがその描写力に大きく寄与していると思うのは私だ
けではないでしょう。

究極の描写を求めるのであれば、ミラーが存在せず、フォーカルプレーンシャッターも使われていないシステム
がその答えになると思いますがいかがでしょうか?

三脚のテストについて。 2012/07/04


どなたかが2ちゃんねるのデジカメカテゴリー、三脚のスレッドに私の昨日の記事を紹介してくれました。「この人は
変な人か、まともな人か」とお尋ねですが、私自身はかなりまともだと思っているけど、実は変な人だと思います。

私は2ちゃんねるをブログのネタを提供してくれる掲示板との認識があって、良く見に行きます。しかし、普段は
シグマ関連のスレッドしか読んでいません。今回、通りすがりさんが教えてくれたので「お前ら、どんな三脚使っ
てますか?」とタイトルされたスレッドを読ませて頂きました。

すぐにレスしようかと思ったのですが、長くなりそうだし、私は2ちゃんねるでの応答が苦手なので、誠に申し訳
ないのですがこちらに書かせて頂きます。

いつもは、「だ。」調、「である。」調で書くのですが、2ちゃんねるの人が読むと「上から目線」と非難されそうなの
で、今日は「ですます」調で書いています。(^^;


まず、昨日の記事に上げた三脚のテストで、どの三脚もセンターポールを伸ばしている件について。

以前、私は三脚のテストを行う際に、センターポールを伸ばして撮影したことが数回、伸ばさずに撮影したことが
数回あります。また、脚を全く伸ばさない状態でテストしたこともあります。その結果が大きな違いを生じないこと
が判っています。なので、今回は最も実際の撮影状況に近い形を選んでテストしたことをご理解ください。

時折、センターポールを伸ばして三脚をセットすることが愚行であるかの様な記述を見かけますが、私が所有し
ている三脚で試した結果では、ほとんど違いがわかりません。

つまり「構造的に当たり前だし、比べてみれば分かることだけど、エレベーターをちょっとでも上げてるか否かで
も違いが出るから、」これは既にテスト済みで、大きな違いは出ません。

今までに強い風が吹いている状況で、このテストを行ったことはありません。でも、これは屋内ではなく、マンショ
ンの11階のベランダから撮影しています。ただ、検出しているのは横位置にしたときの縦ブレなので、多少の
風が吹いていても大きな影響はないのではないかと思っています。横ブレに関しては、横方向のブレを検知でき
るような被写体(こちらに向かってくるヘッドライト)を風の強い日に撮影したら、面白いかも知れません。

> × 三脚がどんなに良くても三脚座を使ったりミラーアップしないで撮影すると必ずブレる
> × かなり柔な三脚でも三脚座を使わずにミラーアップして撮れば大丈夫
> 条件を限定しないで、常に必ずそうなると憶え込んでしまったなら、それは「間違い」なんだよね。

これは、その通りです。前に「風が強くなく、足下がしっかりしている場所に三脚をキッチリ立てて、脚やエレベー
タをあまり長く伸ばさない状況において、」と付け加える必要があります。


> これって車種によるサスペンションの違いって無いんだろうか?
> フニャフニャのサスとガチガチに締めたサスとかさ

車種による違いはありません。1枚だけ撮影しているわけでありません。全ての組み合わせで各6〜8枚ほど撮
影しています。その全てが、同じようにブレています。また、三脚座を使わずにミラーアップで撮影したものは全
て、ブレていません。この5年間で7回ほどこのテストを行っていますが、全て同じ結果です。


> 敢えて言うならシグマユーザー向けかと。
> シグマユーザーには悪いけどボディのグレードは他社のエントリーレベルだからねー。

ボディが SD9/SD10 であったら、その可能性はかなり高くなります。カメラボディの底にバッテリーを収納するよ
うになっていましたので、構造的には問題のあるボディだったからです。しかし、SD14 以降のモデルでは底部に
隙間はありませんのでそれほど弱いとは思えません。ましてや昨日アップした画像を撮影したのはマグネシウ
ムダイカストボディの SD1 ですので、カメラボディの強度に問題があると考えるのは少々難しいのではないと
思われます。

三脚座に関してはシグマのレンズしかチェックしていませんので、シグマ製の三脚座だからその様なことになる
と言う可能性は否定できません。こんど NIKON D800 と 70-200mm F2.8 が借りられますので、同じテストを
やってみます。


> 理屈はどうでも良いから、誰か同じ事やってみた人いるか?

私も同じ質問を皆さんに尋ねたいです。何度も何度も同じ事を書いていますが、ご自身でテストしてみてくださ
い。私のためではなく、皆さんご自身のためです。もし、やっていただけた方がおられたら、ご一報いただけます
れば幸いです。


> 夜に走行中の車撮ってのブレ確認はしたことあるよ。
> >>396のリンク先の画像のブレは殆ど撮る前にファインダー覗くだけでわかると思う。

「撮る前にファインダーを覗くとわかる」の意味が良くわかりません。多分、高速なシャッターを切ってその後の揺
れをファインダーを覗いていることで感知できると言う意味だと思います。が、実際にそれがわかるかどうかは試
したことがないので不明です。今夜でもやってみます。が、ブレないことはミラーアップしないとわからないので、
ファインダーを覗いているだけでは、わからないと思います。

> 自分のテストでは長めの機材載せてセンターポール伸ばすと左右の捩れにも敏感になり
> テレサポ使ってバランスとってもブレは殆ど変わらない。
> GT5531sでも同じってのはハブの広さを生かしたセッティングしてないんじゃないかと予想。

望遠レンズサポートを使った時に、バランスを取るのはあまりお勧めできません。可能な限りボディを雲台に近づ
けて取りつけるのが最良だと思います。

「ハブの広さを生かしたセッティング」が具体的にどのような事を言っているのかが不明ですが、あまりに当たり
前の事なので、敢えて触れてはいませんが、全ての三脚は締めるべき部分はきちんと締め、脚はしっかり止ま
るまで開いています。


> ヒモとかストラップでぶら下げた状態で撮影テストしてホシイ

どうぞ、ご自身で行ってください。カメラをお持ちであれば、お金は掛かりません。


> で、三脚座がないほうがいいっていうけど、2つ気になるっちゃ気になるかなあ。
> 重量バランス的によろしくないってのと、三脚座の下のプレートにゴムついてるじゃんってのと。

重量バランスは取らない方がブレません。三脚座の下のプレートがゴムだろうが、コルクだろうが、ゴムを剥がし
て直接取り付けようが、結果はほとんど変わりません。



上は現在私が所有している 410PL ですが、このプレートのどれを使っても、ブレる、ブレないにはほとんど関係
ありません。ブレが治まるまでの時間や、ブレの振動数は少し変わります。


> 試してみれば分かるけど、重量バランスは、操作性と「固定後のお辞儀の有無」に関係するだけで、
> 振動防止の点では、バランスは無視して、震動源であるカメラを三脚に近づけるほど有利になる。

はい。これはその通りです。


> ブヨブヨしたコルクやゴムの有無も関係するから、アルカ型の機種専用プレートを使う方が有利に
> なるに決まってるけど、何にしても、エレベーターをあんなに伸ばしたら、何やっても無駄。

決まっていません。実際にテストして見てください。エレベータに関しても、上記の通り既にテスト済みで、あの
程度伸ばしたくらいでは、何ともありません。逆にエレベータを使わなくても、ミラーアップをせずにシャッターを
切ったら、必ずブレます。

ただ、これらの結果はあくまでも私がイロイロ試した結果であるに過ぎません。なので、私のテスト方法に何らか
の重大な間違いがある可能性を否定できませんので、私のテスト結果が間違いのないものと主張する訳ではあ
りません。

本当にしつっこく同じお願いをしますが、どうか皆さん、ご自身でテストして見てください。被写体さえ見つけれ
ば、さほど手間も掛からずにテストできると思います。


この記事とは何の関係もありませんが、今日は米国の独立記念日です。


【追加】

私の三脚テストに興味を持たれた方がおられましたら、このブログのページの一番上の右側に [Note Selection]
と表示されているボタンがあります。このボタンをクリックして表示されるメニューから「> 三脚座、ミラーアッ
プのブレテスト」をクリックしてください。

当該の記事の一番下に飛んで行きますので、そこから上に読んでいってください。

いきなり TDL。 2012/07/03


【本日2本目の記事】

今朝は昨日の夜に撮った三脚のテストを朝の5時に起きてアップ。早朝からディズニーランドへ出かけた。遅い
時間だと電車が混むためである。

天気はイマイチで、夜のエレクトリカルパレードが中止になったため、早めに帰って来てしまった。SD1 は持って
行かずに DP1x と DP2x だけ。それでも「はな」や TDL のスナップには十分だ。

と言うことで、本日の1枚。



SIGMA DP1x @f:6.3 1/320Sec. ISO 100 EV+0.7

「今日という日を私たちにスパイスアップさせて頂きありがとうございました。」
上手く日本語に訳すことが難しい英語である。

三脚達をチェック。 2012/07/03


昨晩、改めて現在の三脚と雲台の組み合わせでどの程度のブレが発生するのかをチェックした。撮影は SD1 +
100-300mm F4.0 の 300mm。f:8.0 シャッター速度1秒である。カメラ内 JPEG を原寸のまま 600 x 400 ピク
セルでトリミングしてある。以前これをやった時には SD14 だったので、SD1 の画素ピッチではもっと厳しい事に
なるはずである。

まず始めは 100-300mm F4 に取り外してあった三脚座を着けて、300mm ミラーアップ無しで撮影。これでブレ
ない三脚は無い。車は全て右から左へ動いている。右端がシャッターの切れ始めである。


Manfrotto 055XB + HUSKY #1504


Manfrotto 055CXPRO3 + Manfrotto 405


Manfrotto MT057C3-G + Manfrotto 468MGRC4

次に三脚座を着けて、300mm ミラーアップで撮影。私が三脚座を使ってはいけないと言う理由がお判り頂けるだろう。


Manfrotto 055XB + HUSKY #1504


Manfrotto 055CXPRO3 + Manfrotto 405


Manfrotto MT057C3-G + Manfrotto 468MGRC4


次に三脚座を使わずに、カメラボディを雲台に乗せてミラーアップなしで撮影。私がミラーアップをしなければ
三脚を使っている意味が無いと言う理由をお目に掛ける。


Manfrotto 055XB + HUSKY #1504


Manfrotto 055CXPRO3 + Manfrotto 405


Manfrotto MT057C3-G + Manfrotto 468MGRC4


最後に三脚座を使わずに、カメラボディを雲台に乗せてミラーアップで撮影。ようやくブレの無い写真が撮れる。


Manfrotto 055XB + HUSKY #1504


Manfrotto 055CXPRO3 + Manfrotto 405


Manfrotto MT057C3-G + Manfrotto 468MGRC4


結論:どれも三脚座を使わずにミラーアップして撮ればまずブレない。それ以外ではどの三脚でもブレが発生する。



テスト風景。3本の三脚は脚の付け根まで1m、センターポールを少し伸ばしてカメラ台が 130cm になるように
設置。スパイクを使用している。

過去に、小さいものでは 190CXPRO3、大きいものでは Gitzo GT5531s、Manfrotto 475B、中型で SLIK カー
ボンマスター 913 PRO、SLIK プロフェッショナル II で雲台の組み合わせを換えてテストをしたけど、全て同じ
結果であった。興味のある方は一番上にある Note Selection の「三脚座、ミラーアップのテスト」 をご覧頂け
るようお願いする。

わずかな時間は掛かるけど、お金は掛からない。どうか、皆さん、ご自身でこのテストを行って欲しい。

手持ちの撮影は普通ミラーアップをしない。つまり、どう頑張ってもブレが発生していると言うことである。

Manfrotto 055XB、再び。 2012/07/02


実はこの1ヶ月ほど、機会ある毎にオークションでマンフロットの 055XB をチェックしていた。055XB と言うのはセ
ンターポールを横向きに出来ないアルミ製の 055 である。1万6千円ほどする脚であるが、たまたま一昨日の夜、
即決 8,000 円で出品された美品があったため、速攻で落札してしまった。三脚のオークションでの相場は美品の
場合、実売価格の半値である。

重さが 2.3Kg で私がサブで使っているカーボン製の 055CXPRO3 より 700g ほど重い。しかし、ハスキーでさえ
2.5Kg あるので、アルミ製のまともな三脚としては軽い部類である。なぜそんなものを探していたかというとハス
キーの3D雲台が遊んでいたからだ。この雲台を使おうとすると、どちらかの三脚から雲台を外して付け替えなけ
ればならない。マンフロットの雲台取り付け部は芋ネジで雲台を固定する事が出来るので、私はいちいちそのネジを
締めている。なので、雲台の取り替えは少々面倒である。

ハスキーの雲台を乗せるなら、当然ハスキーの脚がベストマッチングだろう。しかし、私の感覚ではハスキーの脚は
十分に良いのだけど、高すぎる。マンフロットの 055 が特別に良い脚であると言うわけではない。が、私の目的や
散々テストした結果、問題があると感じたことも無い。055 は日常的な撮影においては必要にして十分な性能を持っ
ている。なので、私はハスキーの雲台に組み合わせるべき脚はマンフロットの 055XB と決めて、探していたのである。
055 のアルミを購入したのはこれで3回目。多分、二度と売らないであろう。

実はマンフロットの 055 の中で最も良いのはカーボンの 055CX3 だと思っている。私が使っている 055CXPRO3 はセ
ンターポールを横に倒せるのが少し魅力だけど、しっかり固定できるという意味では 055CX3 のが良い。しかし、ハ
スキーの雲台にはアルミ製の脚が似合う。私が MT057C3-G を買った梅田フォトサービスではこの組み合わせが3万円
ぽっきりで買える。SLIK の PRO 700DX-III とどちらにするか迷うところである。たまたま私の場合は普段使って
いる脚が全てマンフロットなので、ハスキー+マンフロットになったけど、まともな三脚を3万円くらいで欲しい方
には SLIK の PRO 700DX-III もお薦めしたい脚である。オット、現在では SLIK から新型(SC 703 DX)が出ている
ので、そちらのが良いかも知れない。

マンフロット 055 で私が気になる点は石突きである。ただのゴムキャップなのだ。しかも、あまり厚みが無い。長く
使っていると足先がすり切れてくる。ハスキーのようにすぐに取り寄せられるのであれば良いのだけど、マンフロッ
トが相手だと恐ろしく時間が掛かる。ただ、最近は マンフロットのスペアパーツだけを取り扱うサイト が出来
たため、部品の取り寄せは楽になった。しかし、本当の修理用パーツでないなら、量販店かアマゾンで見つける
方が良いだろう。

今回 055 用のスパイク付き石突き(また型番が変わって 204SPK3)を調べたけど、上のウェブサイトで¥4,186、
アマゾンで¥4,180、ヨドバシでは¥4,410 だった。ポイントを引くとヨドバシのが安い。最近はどこもかしこも
送料が無料になって来て、通販生活にどっぷり浸かってしまうようになった。

スパイク付き石突きの最大の欠点は、地面がぬかるんでいるような場所で使った場合に、石突きが泥まみれになる
事である。錆びる材料が使われてはいないので、屋外専用の脚ならば、そのままにしておいても問題では無いけど、
私の場合は部屋の中に持ち込むので、逆さまにしてドライヤーで乾かした後、ワイヤーブラシで丹念に泥を落とす。
この手間を面倒と思う方はスパイク付き石突きを使わない方が良い。

これでハスキーの3D雲台を使いたい時にわざわざどちらかの脚から雲台を外して取り替える必要が無くなった。
三脚フェチと言われても仕方ないけど、私にとって使い易く、すぐにセットできる三脚は生活必需品なのだ。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:8.0 1/6Sec. ISO100 EV+0.7

我が家の三脚達。真ん中が返り咲きのニューフェイス Manfrotto 055XB。落札と同時にヨドバシからスパイク石
突きを取り寄せ。

この記事を書きながら聴いた楽曲

「あなたの心に:中山千夏」
「どうぞこのまま:丸山圭子」
「ウナ・セラ・ディ東京:ザ・ピーナッツ」
「ミスター・ベースマン:九重佑三子」
「Sweet Memories:松田聖子」
「異邦人:久保田早紀」
「芽ばえ:麻丘めぐみ」
「ごめんネ…ジロー:奥村チヨ」
「ブルー・ライト・ヨコハマ:いしだあゆみ」
「女ひとり:デューク・エイセス」
「学生時代:ペギー葉山」
「ロマンス:岩崎宏美」
「愛の迷い子:アグネス・チャン」
「恋のフーガ:ザ・ピーナッツ」
「恋の季節:ピンキーとキラーズ」
「ガール・フレンド:オックス」
「熱帯魚:岩崎宏美」
「1460日:西島三重子」
「魅せられて:ジュディ・オング」
「何も云わないで:園まり」
「盛り場ブルース:森進一」
「君の故郷は:デューク・エイセス」

おとなしいのが好き。 2012/07/01


【本日2本目の記事】

夕方から仕事の予定だったけど、先方からの時間指定の電話が無い。今日はこのまま出かけないことに
なりそうだ。


Mac の新しい OS の壁紙に日本の風景が採用されたと言うことで、ネットをさまよって、作者白石氏の
ブログを見つけた。

【美瑛町の青い池が世界のアップル社でWallPaperになる!】

で、私が読んで欲しいのはこの記事もさることながら、その後日談。写真、特に色に関する作者の意見である。

「アップル社」に選ばれた今・・・

悲しいことに私はこの作者、白石氏のような素晴らしい写真家では無い。しかし、常日頃インターネットに
上がっている写真に関して、彼と同じ様な感想を抱いているので、是非、皆さんに読んで欲しいと思った。

私がブログに書いても「下手なおっさんが何能書きを垂れているのだ」と思われるだけなので、今までこの
ブログの中でも数回しか話題にしていないのだけど、ここで白石氏が「Retina Photo」と名付けた類いの写
真がとても好きだ。

もちろん写真はその表現方法がとても重要な要素なので、イロイロな方法、手段があって良いと思う。また、
それが写真のおもしろさでもある。しかし、私はもう少し世の中に「おとなしい写真」を好ましいと感じて
くれる人々が増えてくれると嬉しいなぁと思っている。

なぜこんな事を書いたかと言うと、DP2 Merrill のサンプル写真が以前のものより少しだけおとなしくなっ
ていて、それが嬉しかったからだ。本当の事を言えば、もっとおとなしくても良いとは思うのだけど、多く
の方々に感銘を与えようと試みるのであるば、それは無理なお願いだろう。

ただ、綺麗と派手は必ずしもイコールではない事を、少なくても写真を趣味とする方々には理解して欲しい
と思い、この記事を書いた。

DP2 Merrill のサンプル写真をチェック。 2012/07/01


DP2 Merrill のサンプル写真の Exif をじっくりチェックさせて頂いた。

鹿野高司氏の写真は全て Photoshop Elements 9 で処理されていて、Exif のメーカーノート部分が無い。
が、画像識別ID から、使われた個体のシリアルナンバーは 400500 であることが判る。

小澤太一氏の写真はシリアルナンバー 400469。ファームウェア 0.09.0.4320。現像は 5.3.0.0001。

福井信蔵氏はモロッコへ DP2 Merrill を2台持って行った事が判る。シリアルナンバー 400469 と 400500。
ファームウェアは 0.09.0.4320。現像した SPP のバージョンは 5.3.0.000、5.3.0.0003、5.3.1.0001。サンプル
写真の中にカメラ内 JPEG が2枚含まれている。

宮内喜和氏のシリアルナンバーは唯一先頭が 9 で始まる出荷用のナンバー 90400464。ファームウェアが
0.14.0.4774。現像している SPP のバージョンは 5.3.0.0003 である。

サンプル写真の全てに共通していることが1つある。ノイズリダクションが全て 0.5,0.5 になっていること。
にもかかわらずあれだけの解像感がある。しかも現像時にシャープネスが掛けられているものはたった3枚。
それも +0.1 が2枚、+0.3 が1枚である。これはどう考えてもおかしい。

断言は出来ないけど、SPP 5.3.1 ではノイズリダクションの掛かり方、あるいはアルゴリズムが変更されている
と思われる。つまり、ノイズリダクションの量が減っているのか、ノイズリダクションを掛けても解像感が低下しな
いようにアルゴリズムが変更されたかのどちらかである。

福井信蔵氏が撮影したサンプル写真 DP2M-21 と DP2M-26 には空に雲が出ているが、ノイズリダクション 0.5
しか掛けていないのに縞ノイズは見えない。

つまり SPP 5.3.1 はノイズリダクションと解像感と倍率色収差の3つの点が進化していると思われる。実際に
リリースされたら、皆さん、ご自身が SD1 で撮影した X3F を再度現像してみて、どの程度変わるかを試して見て
欲しい。もちろん、私もやってみる。

その他 DP2 Merrill で気が付いたことが一つ。レンズがカメラの中心からかなり外れた位置になったことで、三
脚穴の位置も正面から見て右にずれている。このおかげで今までは三脚に着けた状態でバッテリーやメモリを
交換することが出来なかったのが、よほどバカでかい雲台を使わない限り、可能になると思われる。

しかし、17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 30mm が DP2 Merrill の出現によって使われなくなる事は間違い
ない。逆に 30mm F1.4 の少々古めかしい描写が却って目新しく感じられるかも知れない。4本目の 30mm
F1.4 を入手すべきかどうか、少し悩む。

DP2 Merrill に足りないもの。 2012/06/30


今日で今年も半分が過ぎてしまった。昨日の記事をアップした後で、イロイロ考えた。

DP2 Merrill の描写力は凄い。しかし、足りないものが3つある。

1.シンクロターミナル。

シンクロターミナルは ST-11 を持っているから何とかなるし、UN あたりのホットシュー用シンクロターミナルアダ
プターでも間に合う。しかし、可能であれば、内蔵して欲しい。

2.ケーブルレリーズソケット。

ミラーアップの必要が無いカメラなのに、ケーブルレリーズ用のソケットが無い。確かにセルフタイマーの2秒
モードを使えば良いのだろうけど、カメラを固定していてもシャッターチャンスが重要な写真を撮らなければならな
いこともある。

3.PG-41

今のサイズでも、私にはまだ小さい。なので、取り付けたら外す必要が無くなる様、バッテリーが4個入る縦位
置用シャッターボタンとCダイヤルと前方グリップとメモリースロット付きのパワーグリップが欲しい。程良い大き
さと重さとバッテリーになるはず。


この前から同じ事を書いているけど、やっぱり DP Merrill はレンズとボディを外して欲しい。レンズにシャッター
やピントリングが付いて高くなったとしてもレンズ1本3.5万円、ボディが8万円。レンズ2本とボディ1台で15万
円。DP Merrill を2台買うよりは安くてコンパクト。ティルト可能なマクロレンズが5万円だとしても計20万円。超
広角5万円。フルサイズ 35mm 相当 F2 のレンズが4万円。レンズ5本とボディで29万円。ああ、夢がどんどん
膨らむ。


今日は朝方、近くの公園のアジサイを撮った。夕方からは毎年6月30日に開かれる神社のお祭りに行ってき
た。たまには「はな」を1枚。



シグマにお邪魔、そして DP2 Merrill。 2012/06/29


前回がいつだったか覚えていない。2008年の4月30日に行っていることは確かなのだけど、その後1回くらいは
行っているはず。だけど、確かではない。

今日が DP2 Merrill の発売日発表である事は予想していたのだけど、偶然である。たまたま栗平まで仕事で出
向いたついでに寄っただけである。お土産に DP2 Merrill のカタログをもらってきた。今日あたりから、各販売店
でも配布しているとのこと。既に入手された方もいるだろう。

しかし、この A4 サイズのカタログの中に1枚だけ見開き全面を使った写真があるのだけど、そのとんでもない描
写力には圧倒される。まぁ、ご覧あれ

サンプル画像を見ても、とんでもなく凄い。SD1 で撮影したものから極薄いベールをそっと剥がした様な画像と表
現させて頂く。圧巻。言葉が出ない。


今日の発表で気になったこと、驚いたことを挙げておく。

1.SPP 5.3.1 に「倍率色収差補正」が装備されること。

これは「超」が付くくらいのビッグニュースである。レンズのテストをしていて、倍率色収差さえなければ、完璧と
言えるレンズが何本かある。8-16mm、50-500mm、50mm F1.4。また、倍率色収差が少なくなれば、もっと
スッキリした描写をすると思われるレンズがいっぱいある。それらの画像から倍率色収差が低減される。今まで
は他のソフトウェアを起動して行わなければならなかった重要なレタッチが SPP のみで可能になる。しかもメー
カー純正である。おそらくオートマチックに色収差を補正するモードも持っているはず。素晴らしい!

2.DP2x が販売終了する。

これは「超」が付くくらい残念なことである。今日も使ったけど、これほど手軽に FOVEON 画質が楽しめるカメラ
はない。値上がりすると思うけど、欲しい方は是非、今のうちに入手しておかれることをお勧めする。


なお、シグマのユーザーサポートにお使いになっているレンズが私のテスト撮影ほどの描写をしないとの問い合
わせがあったとのこと。ご自身のお持ちになっているレンズの最良と思われる描写を引き出すためのポイントを3
つ上げさせて頂く。

1.三脚を使い、ミラーアップをして撮影する事。三脚座は決して使わないこと。
2.マニュアルでピント調整を行い、合焦していると思われる位置から、0.2mm ステップで前後に5枚ほどずらし
て計 10 カットほど撮影するシーケンスを最低でも2回行って撮影する事。
3.ノイズリダクションを一切行わず、シャープネス 0 で現像する事。

SD1 で撮影するとどのレンズにも微妙に像面湾曲がある事が判ってしまう。最良点を見つけるには何枚も撮って
みるしか方法がない。


と言うことで本日の1枚。



SIGMA DP1x @f:8.0 1/320Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ニュートラル」

黒川駅 シグマまで 30m ではない。戻る方向に歩いて、30m 先を右に曲がるという意味。曲がってからさらに
50m ほど歩いて左折。坂を登って、下って、信号を渡って、渡った信号をもう一度右に渡って、ファミマの所を右
折。すぐの道を左折。そば屋さんを左に見ながら2つ目の角を右折。30m ほど行った左側がシグマ本社。黒川駅か
ら約8分。


おまけにもう一枚。



SIGMA DP1x @f:8.0 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ニュートラル」

シグマ本社

しつっこくもう一枚。



DP2x in SIGMA

SIGMA DP1x @f:5.6 1/8Sec. ISO400 EV+1.3
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ニュートラル」

撮影した順番は下から上です。

SD1 のノイズ対策。 2012/06/28


SD1 に使われている新 FOVEON センサーは輝度ノイズが多い。幸い画素数が多いため、A3 程度のサイズでは
さほど気にならないが、輝度ノイズリダクションを 0 にして現像した画像をディスプレイに1:1で表示すると特に
無彩色の部分で銀塩フィルム粒子の様な輝度ノイズが確認できる。



SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/8Sec. ISO100 EV -3.0

18% 反射板を適正露出から EV-3.0 に補正して撮影。露出 +2.0、コントラスト +2.0、シャドウ +2.0、X3 Fill
Light +0.5、ノイズリダクション共に 0 で現像。TIFF で書き出して、600 x 600 ピクセルにトリミング。

この輝度ノイズはノイズリダクションを上げて現像することで、かなり目立たなくなる。が、輝度ノイズリダクション
は輝度の凹凸をなめらかにする様に働くために、細かい部分での解像感は低下してしまう。A3 程度のサイズで
プリントする場合には全くと言って良いほどわからない程度ではあるが、クッキリスッキリな解像をディスプレイ上
で楽しみたい人には、今ひとつ不満が残るだろう。



上の画像を色ノイズリダクション[中間]、輝度ノイズリダクション[最大]で現像したもの。


SD1 で撮影したものが露出不足になってしまい、現像時に露出パラメータを上げて現像した画像をディスプレイ
上で大きく拡大して眺めた場合、気になる点が2つある。輝度ムラと色ムラである。ノイズと呼べるほど細かい部
分に発生するのではなく、かなり広い面積に渡って出てくるので、ノイズと言うよりは「ムラ」と言った方が解り易
いだろう。

輝度ムラは「縞ノイズ」とも「シマシマ」とも言われているが、露出が不足した無彩色な部分に時折出現するムラ
である。かなり昔、NIKON D200 でも騒がれた様な覚えがあるが、あのノイズとはかなり異なる。





上の2枚は被写体の影響を避けるため、わざとピンぼけで、2枚を一番上の画像とほぼ同じ条件(EV-2.3)で連
続して撮影し、全く同じ条件で現像したものである。共に画面やや右下の正確に同じ場所を 1000 x 700 ピクセ
ルで切り出して、コントラストを +100、明るさを +30 したものである。JPEG 化ノイズを避けるために切り出した大
きな画像は png で保存してある。

この2枚で縞ノイズの出方を比べて見ると、同じ場所に出現しているものがあるのが判る。この場合、原因はセン
サーの感度ムラにある可能性が高い。と言うことは、センサー毎で異なったパタンーが出て来るかも知れない。

このムラは、空に浮かんでいる雲を3段ほど露出不足で撮って、現像時に露出を+2にして、コントラストを上げ
てやれば出現させることが出来るだろう。輝度ノイズリダクションである程度は低減出来るけど、出さないに越し
たことはない。

基本は撮影時に露出がアンダーにならないように気をつけることである。不幸なことに SD1 の評価測光は空(そ
ら)を非常に大きく取り入れた写真を撮ろうとすると、空の明るさに引っ張られるため、露出をかなり切り詰める。
つまり補正なしで撮影すると、空は明るくならない。なので、雲や空に輝度ムラを出したくなければ、露出
を+1〜2段程度補正する必要がある。この補正を忘れると、雲や空に輝度ムラが出ている写真になってしまう
事が多い。

もう一つのムラは、色ムラである。この現象は FOVEON センサー独自のものではなく、他社のデジタルカメラで
撮影されたものであっても、時々見かける。出現し易い条件は上の輝度ムラとほぼ一緒。露出不足の RAW
ファイルを現像する時に露出パラメータを上げると良く出る。

この色ムラもノイズと呼べるほど細かい状態で出るわけではなく、数十ピクセル単位(時にはもっと広いことも)で
薄いマゼンタやグリーンが乗って来る。キッチリホワイトバランスをを取って、実際の RGB 値を測ってみると、グ
リーンぽく見えるところは正常(無彩色)で、マゼンタが乗っている様に見える所は G が少ないことが判る。

この色ムラを極力押さえる方法も上と同じで、露出が不足しないように気をつけて撮影する以外にはない。た
だ、十分に気をつけても、実際に暗くて広い面積の無彩色がある場合には、どうしても出てしまう。Photoshop
の様な範囲指定をして色彩をコントロールできるレタッチソフトをお持ちであれば、簡単に補正できるのだけど、
SPP だけではどうしようもない。



最後に普通に露出補正(+0.7)をして、普通に現像した本日の被写体である。


明日は仕事で栗平まで出かける。シグマ本社からは2番目に近い小田急線の駅である。午前中で仕事は終わ
るので、午後1時前には着ける。特に用事があるわけではないのだけど、せっかく近くまで行くので、チョット遊
びに行ってくる。2年ぶりくらいかも知れない。

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 2012/06/27


自宅で仕事をしながら、休み時間に撮影。仕事が終わってから現像。近い将来 NIKON D800 と SD1 の比較撮
影テストを行う予定なのだけど、D800 の所有者である梅里さんから SD1 + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
と D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED を比較して欲しいとのご要望があった。

8-16mm F4.5-5.6 は持っていないので、サンプルレンズをお借りした。このレンズが出てすぐに SD14 でテスト
撮影して、「レンズテスト」には上げてある。が、SD1 でのテスト撮影は行っていなかった。今更私が SD1 でこの
レンズをテスト撮影しても喜ぶ人は少ないと思うけど、いつもの風景を写しておけば、他のレンズとの比較も出来
るだろう。ついでだから私の常用広角レンズである 10-20mm F4.5-5.6 EX DC HSM との比較もしてみた。

レンズテストにもアップするけど、とりあえず今日はここに並べて置く。この記事欄の幅を少し広げたので、見出
し用の画像も少し大きくなる。途中に 10-20mm の画像が入るのでご注意。




SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @8mm f:4.5
ズームレンズの広角端で絞り開放。当然良いわけがない。にもかかわらずかなり良い描写。中心部は良いが、
周辺部はイマイチ。倍率色収差が目立つ。



SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @8mm f:8.0
全体的にかなり良い描写。周辺部もかなり良いがやはり倍率色収差が目立つ。




SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:5.0
真ん中の 12mm、絞り開放。全体的に甘さがある。周辺部の倍率色収差も目立つ。



SD1 + 10-20mm F4.5-5.6 EX DC HSM @11mm f:4.5
私の常用レンズ 10-20mm の (Exif の表示) 11mm。写る画角はほとんど同じ。絞り開放で少し明るい f:4.5。
明るくて描写が甘いレンズが好きな人はこちらをお薦め。(^^;



SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:8.0
四隅が少し甘くて、周辺部には倍率色収差もあるけど、実用的には十分に良い描写。



SD1 + 10-20mm F4.5-5.6 EX DC HSM @11mm f:8.0
全体的にイマイチ。特に周辺部は甘い。倍率色収差は 8-16mm よりは少ない。




SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:5.6
絞り開放である事を考えれば立派。実用上は十分に良い描写。左上の倍率色収差が惜しい。



SD1 + 10-20mm F4.5-5.6 EX DC HSM @15mm f:5.0
こちらもかなり良いが周辺部に甘さがある。



SD1 + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:8.0
完璧とは言えないが、かなり良い描写。倍率色収差が少し残っている。



SD1 + 10-20mm F4.5-5.6 EX DC HSM @15mm f:8.0
四隅以外は問題なし。

本日はこれまで。

LightRoom 4.1 2012/06/26


Amazon からの「このメールを受け取った人だけ 10% 引き」という DM に釣られて、LR 4 を買ってしまった。この
ソフトはカタログの使い方をしっかり理解しないととても使いにくい。

去年、SD1 が出る直前に Ver.3.6 でイロイロやったのだけど、SD1 が出たために尻切れトンボになってしまった。

色に絡んで、LR を触りたいのだけど最近の X3F ファイルには対応してくれていないので、今ひとつ一生懸命に
なれない。


明日は PhotoNEXT へ行く予定にしていたのだけど仕事になってしまった。とても残念。これで PhotoNEXT と名
前が変わってから3回、連続で行っていない。


今日の仕事は何となく疲れる仕事だった。眠いので、おやすみなさい。

ターンテーブルを出品 2012/06/25


5年ほど我が家にあったテクニクスのターンテーブル(レコードプレーヤー)SL-01 をオークションに出品した。元
はと言えば5年前にケータイを新しくした時にケータイで好きな楽曲を聴くために CD 化されていない音源をデジ
タル化するつもりで購入したものだ。

当時はほんの少しだけオーディオ熱が上がって、カートリッジをイロイロ試した。結局 SHURE V15 Type IV に落
ち着いたのだけど、テクニクスの 205C IIL も捨てがたかった。

ターンテーブルはどうしてもケンウッドの L-07D の前に使っていたテクニクスが欲しくて、たまたまオークション
に出ていたものを高い即決価格で買ってしまった。そのアームにおまけで付いていたデンオンの短いヘッドシェ
ルが業務用ターンテーブルに使うためのレアなヘッドシェルだったので異常な値段で売れ、ターンテーブルその
ものはかなり安く買った事になった。



Technics SL-01 + SHURE V15 TYPE IV
SIGMA DP2x @f:4.0 1/25Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、カラーモードはスタンダード、AWB。背景をレタッチ。
横着して手持ち。(^^;

あ、オークションは こちら

ターンテーブルが無くなると LP レコードをデジタル化するための機材も必要なくなる。オンキヨーの USB デジタ
ルオーディオプロセッサー
もオークション行きとなった。

ターンテーブルはアッと言う間に入札されてしまったため、荷造りをしてしまった。10 Kg の精密機械を荷造りす
るのはかなり大変だった。

と言うことで、今日はこれまで。(^^;

今見たらデジタルオーディオプロセッサーも入札されていた。荷造りしなければ・・・。

チョットお休み 2012/06/24


昨日、このブログのデザインをチョット変えた。今まではココログの規定値の一つである記事スペース 500 ピクセ
ルを使っていたのだけど、最近はあまり小さなディスプレイで見ている人もいないだろうと言うことで 620 ピクセ
ルまで広げた。

私のウェブサイトは左右 800 ピクセルで見てもはみ出さないように作ってあるのだけど、今時 SVGA(800x600)
でパソコンを使っている人は皆無だろう。ケータイには始めから対応していないし、これから先も対応する予定は
ない。現在ではほとんどのウェブサイトが横 1024 ピクセルを最低の幅として作られている。少しずつではある
が、私のウェブサイトも横幅を広げようかと思っている。

ディスプレイも購入してから5年、ぼちぼちくたびれてきた。最近のディスプレイは安くてもかなり良いものが出て
来たのでナナオ 1920 x 1200 の 22 インチを導入しようかと考慮中。

プリンタはまだ2年とチョットであるが、最近は A3 ノビを自宅でも印刷したくなってきた。しかし、A3 ノビが印刷
できるプリンタとなるととても大きい。レコードプレーヤーを片付ければスペースは作れる。この前も書いたけど、
いよいよレコードプレーヤーを手放すことにした。テストしてちゃんと動くようなら、オークション出品用に写真を撮
ろう。となると ONKYO の WAVIO SE-U33GX も不要になる。


今日は仕事で新百合ヶ丘まで行ってきた。土曜日だったら黒川まで足を伸ばしたのだけど、日曜日のためさっさ
と帰って来てしまった。

6月も最終週、ぼちぼち DP2 Merrill の発売予定が発表になるかな?

色を楽しむ その13 DIC カラーガイド 2012/06/23


この記事は実際には昨日の夜に書いたものである。今日はチョットやらなければいけな
いことがあるため、記事を書けないかも知れないので、朝のうちにアップしておく。明日
は新百合ヶ丘まで出かけなければいけない。今日だったら黒川まで足を伸ばして、シグ
マに遊びに行けるのに・・・。(^^;


プロには常識となっている事でも、アマチュアの方々が全く知らないと言うことがたまに
ある。このカラーガイドもその一つかも知れない。今日は実際に「色味」が重要な写真を
印刷原稿として納品する時にプロが使う色指定の方法を一つご紹介する。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @28mm f:7.1 1/25Sec. ISO 100
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」

この写真はとある目的のために今月の1日に撮影したものだ。ソフトウェアの比較テスト
だったため、厳密な色を出す必要は無く、撮りっぱなしで露出とコントラストを調整しただけ。

上の写真の右側に写っているのが業界でよく使われる「DIC の色見本」である。ここに
写っているものは何種類かある DIC(旧大日本インキ化学工業株式会社)の色見本の
中でもアート紙に CMYK で印刷してある「プロセスカラーガイド(第1版 1991年)」で、
印刷物の色味指定に使われる。

残念ながらこの「プロセスカラーガイド 1000」は既に販売を終了していて、現在では入
手不能である。が、もっと汎用性の高い元祖 「DIC カラーガイド PART1(652色
¥9,450)」
「DIC カラーガイド PART2(637色 ¥7,140)」 は入手可能だ。

カラーガイドを買うと一緒に付いてくるカラーセレクターのデータ集には CMYK、RGB値、
マンセル値が表示されている。決して安いものではないが、もの凄く興味がある方は
「DIC カラーガイド PART1」だけでも購入してみると良いかも知れない。アマゾンで
¥8,550 である。
撮影に使った「プロセスカラーガイド 1000」は捨てるのももったいない
ので取ってあるのだけど、どうしても必要となったら、こちらの新版を使う予定。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:7.1 1Sec. ISO 100
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「スタンダード」

このカラーガイドは色指定時にミシン目から小さくカットして原稿に添付できるように作ら
れているので、正確な色再現が必要な場合にはこのカラーガイドを一緒に写し込むと良
い。あるいは同じ照明の下で別撮りをしても良い。ただし、くれぐれも光が直接反射する
ような角度で写さないよう気を付けて欲しい。(一度だけ、それで失敗したことがある。)

カラーセレクターのデータ集にある CMYK 値は印刷の色指定に使えるし、ウェブサイト
用の画像を作る場合には RGB 値を参考にすれば良い。もしカラーガイドの中に同じ色
が無い場合は「これとこれの間」の様な指定も不可能では無い。

正確な色を出すことが求められる業界の方には必需品と言っても過言ではないだろう。
国際的には 今は x-rite の子会社となってしまった PANTONE のが通用するのだろう
けど、我が祖国日本においては DIC が一般的である。あ、私のケータイは PANTONE
だった。


今日の BGM

「バラ色の雲:ヴィレッジ・シンガーズ」
「なのにあなたは京都へゆくの:チェリッシュ」
「虹色の湖:中村晃子」
「夜霧の街:南沙織」
「リンゴ追分:美空ひばり」(合掌)
「雪あかりの町:小柳ルミ子」
「ふりむかないで:ザ・ピーナッツ」
「びしょぬれワルツ:西島三重子」
「東京ららばい:中原理恵」
「うちあけばなし:九重佑三子」
「雨のエアポート:欧陽菲菲」
「フェニックスハネムーン:デューク・エイセス」
「哀愁のページ:南沙織」
「誰もいない海:トワ・エ・モア」
「私は泣いています:りりィ」
「地上線:西島三重子」
「我が良き友よ:かまやつひろし」
「CHA-CHA-CHA:石井明美」
「田園交響楽:南沙織」

色を楽しむ その12 Spyder 2012/06/22


今日は仕事の後、午後4時からヨドバシの新宿西口カメラ館の2階(2週間前に私が
Spyder CHECKR と Spyder CUBE を買ったシグマのA氏がいるフロア)で行われた
Spyder 製品を使ってのモニタ/プリンタキャリブレーション相談室に参加してきた。相
談室と言っても実際には売り場でのデモンストレーションである。が、開催された相談室
の名目が「モニタ/プリンタキャリブレーション」なので、現在メールで質問している
Spyder CHECKR によるカメラのキャリブレーションとの直接的な関連は無い。

解っている人が来てくれれば良いが、イメージビジョンは去年の9月から Spyder 製品
の正規代理店になったばかりだし、datacolor ジャパンと言う会社があるわけではない
ので、本当に詳しい人がいるかどうかも不安であった。でも、代理店がマンフロットでな
くなったことは大いに喜ばしいことであるのは確かだ。私はマンフロットの製品は大好き
で愛用しているけど、日本のマンフロット株式会社に対しては役に立たない会社である
事を度々経験しているので、あまり良い印象は持っていない。

まぁ、イメージビジョンはウェブサイトからの問い合わせにも、ちゃんと答える姿勢を見せ
てくれたし、進行状況も知らせてくれたので、ダメな会社ではなさそうだ。会社が懐かし
い喜多見(以前シグマへ行くにはこの駅で降りた)の駅前にあるというのもなんとなく気
に入っている。


実は、この相談会に出向くにあたり、Spyder CHECKR のマニュアルとヘルプ、一昨日こ
こにアップしたキャリブレーション後の Spyder CHECKR に RGB 値を入力したもの、イ
メージビジョンとやりとりしたメール等全ての資料を印刷して持って行った。

驚いたことに相談会の担当者さんは、たまたま私とメールのやりとりをしてくれているイ
メージビジョンのY氏だった。イロイロとお話を聞くことが出来たのだけど、やはり Spyder
CHECKR が新しい製品であるせいか、私のようなイヤらしい顧客からの質問に関しては
datacolor 本社に尋ねなければならない事が多いようだ。

ただ、イメージビジョンの Spyder 担当者さん達はマンフロットが代理店になる前のソ
リューションシステムズ時代からの方々で、Spyder に関してはプロ中のプロと言うこと
が確認できた。

私のブログのこともバレていて、「拝見いたしました」との事で恐縮してしまった。これか
らはあまり露骨な悪口は書けない。(^^;

イメージビジョンの対応が悪かったら、Spyder のシステムを全部売り払って x-rite に
乗り替えようと考えていたのだけど、その必要はなくなった。私のようなしつっこいアマ
チュアがユーザーになったことを嘆かれると困るけど、一緒にお勉強させていただくと言
うことで、長くなりそうなお付き合いを覚悟して頂こう。

考えてみたら、私が長い間愛用している Spyder 3 に関してはこのブログでもほとんど
触れたことがない。モニターのキャリブレーションに関しては全くと言って良いほど不満
がないために、敢えて記事にはしなかったけど、とても気に入っている事は確かで、自
信を持ってお薦めする。おっと、現在ではセンサーが改良された Spyder 4 になっている
ので、新たに購入する方には、そちらを薦める。

1台のモニターのキャリブレーションだけで良ければ Express、ガンマや色温度などを指
定してキャリブレーションしたい方には Pro、複数のモニタ、あるいはフロントプロジェク
ター等をキャリブレートしたい方には Elite となる。プリンタとの完全なキャリブレーション
が必要な場合は Spyder PRINT を追加しなければならない。

datacolor の モニターキャリブレーション製品


毎年行きそびれている PhotoNEXT 2012(旧スタジオ写真フェア) が今月の 26、27 日
にビッグサイトで開催されるけど、x-rite は出展しているのに、datacolor は出展してい
ない。マンフロットも出展していない。もちろんシグマも出展していない。結局スタジオプ
ロの為の製品ではないということなのだろう・・・。

ただ、datacolor に関してはプロショップ「東映堂」のブースで展示されるそうなので、興
味のある方は足を運ばれると良い。


しかし、色自体も深く追求するとごちゃごちゃになるが、色を巡る会社や代理店や製品
の歴史はもっとグチャグチャ。datacolor Spyder は以前は colorvision Spyder と呼ば
れていた時代があり、colorvision と言うのは datacolor のデジタル画像部門であっ
た。その時協力関係にあったのが PANTONE で、その PANTON は現在は x-rite に吸
収されている。

また現在 x-rite Color Checker と言われているマンセルカラーチャートは今でもマクベ
スカラーチャートと言った方が通りが良い。プロ用達のキャリブレーター Eye-One も現在
は i1 と書くらしい。

これ以上書くと読む方が混乱するので止めるけど、「色」は世の中をも惑わすらしい。

色を楽しむ その11 2012/06/21


昨日、「マニュアルに書かれている通りにやったら絶対に合うわけがないことを解ってい
て、マニュアル通りに操作することが正しいかどうかは難しい問題だ。」と書いている。
これをチョット説明する必要を感じた。

Spyder CHECKR にはマニュアルが付属していない。CD の中にも無い。唯一あるのは
datacolor.jp の商品紹介ページからダウンロードできる「基本操作ガイド(PDF)」だけで
ある。ただ、Spyder CHECKR のソフトウェアにはかなりまともな「ヘルプ」があって、それ
が詳細なマニュアルの代わりになるので、全ページ印刷してはある。

そして、ウェブサイトでは「SpyderCheckr カラーデータ(JPEG)」もダウンロード出来るよう
になっている。昨日の Spyder CHECKR の各マスの右下の数値は、そのカラーデータで
ある。


「基本操作ガイド」及び「ヘルプ」にはカメラプロファイルを作成するための「ターゲット
ショット」の調整方法が書かれていて、ホワイトバランスの取り方、「白」の RGB 値を約
230,230,230 に、「黒」の値を 10,10,10 に設定して TIFF ファイルで保存しろとなって
いる。

ところが、「SpyderCheckr カラーデータ」では AdobeRGB での値として、昨日ご覧頂い
た通り「白」は 247,243,237 で、「黒」は 46,46,47 となっている。

これはどう考えてもおかしい。なぜなら基準となるカメラプロファイルを作成するための
「白」は 230,230,230、「黒」は 10,10,10 となっていて、そのプロファイルを元に
Spyder CHECKR のターゲットファイル自体をキャリブレートしても、「白」や「黒」が
SpyderCheckr カラーデータで示されている値になるとは思えないのだ。

昨日アップした画像は Spyder CHECKR それ自体の画像を Spyder CHECKR でキャリ
ブレートしたものだ。もし、ソフトウェアが正しく働くのであれば、各マスの左上に記入し
てある数値と右下に記入してある数値はほとんど同じものにならなければいけないと思
うのだが・・・。

つい今し方、datacolor 日本代理店であるイメージビジョン株式会社から「現在、
datacolor社に確認をとっておりますので大変恐縮ではございますがご回答にもうしば
らくお時間をいただけます様お願い致します。」とのメールが来た。

私は1〜2週間くらい掛かると思っていたので、順調である。(^^;

色を楽しむ その10 2012/06/20


Spyer CHECKR のマニュアルを見ながら、マニュアル通りに操作してキャリブレーショ
ンした結果が思わしくなかった事は以前書いた。

ただ、その時にはどの程度違うかを私自身正確に測定してはいなかったため、今日は目
一杯頑張って、実際値と推奨値を並べた。

48 色の RGB を全部調べ、推奨値で右下を塗りつぶし、RGB 値を入力。再度、間違いが
ないかチェック。それだけで3時間掛かる。アホな作業である。が、これをしておかな
いとどこがどう違うのかが明確にならない。



detacolor からは問い合わせ後、データを欲しいと言われて先週の木曜日に送ったが、
その後何も言ってこない。

しかし、マニュアルに書かれている通りにやったら絶対に合うわけがないことを解って
いて、マニュアル通りに操作することが正しいかどうかは難しい問題だ。

いずれにしても、現時点では datacolor からの回答待ちである。

パソコンのトラブル2件 2012/06/19


会社その3の千葉営業所でパソコン起動時に必ず変な画面が出て、何だか勝手にスキャ
ンをやった後、「修正する」を指定するとソフトを買えと言う画面になる。何とかして
欲しい。とのこと。おそらく FaceBook 等でいっぱい宣伝をしている可愛いおねぇちゃ
んがお腹の上にパソコンを乗せて横たわっている「最近パソコンの動作が重くないです
か?」のサイトにでも行ってしまったのだろう。

行って見て、大当たりだったので思わず苦笑してしまった。

Uniblue RegistryBooster があまりにも悪名を轟かせてしまったために、同じ事を
行うたちの悪いソフトウェアを Uniblue SpeedUpMyPC と名前を変えて Windows
初心者の方々を騙そうとしている様だ。

現時点ではどのようになっているかを確認するために Uniblue が Facebook に
出している広告をクリックして uniblue.com に行って見た。ウェブサイトブラウ
ザが Firefox だと speedupmypc.exe のボタンをクリックしても「実行」の選択
肢は出ないけど、IE8 だと「実行」の選択肢が出る。

ただ、使用している OS が Windows 7 だとインストールしても起動時にプログラムを
動作させるかどうかを聞いてくるので



ここで「いいえ」を選べば良い。ただし、アンインストールしないと、マシンを起
動するたびに聞いてくるので非常に煩わしい。Windows 7 の場合はここで「いいえ」
を選んでおいて、普通にアンインストールすれば良い。


Windows XP では Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC を
起動させると始めに表示される画面の [スキャン]ボタンをクリックしなくても、アッ
と言う間に勝手にスキャンが始まって、



このような画面が表示される。一つ一つ詳細を読めばわかるけど、ほとんどが提案
だったり、全くでたらめなレジストリのエラーである事が解る。つまり、虚偽の情報
を表示して、ユーザーに誤った認識を与え、精神的に動揺させて、右下にある [問題
を修正する]ボタンをクリックさせることがこのプログラムの唯一の目的である。

[問題を修正する]ボタンをクリックすると



この画面が表示され、哀れなユーザーはこのソフトウェアを購入させられる羽目にな
る。こんなでたらめを平気でやる会社のソフトウェアがまともなはずはない。もちろ
ん購入して実行すれば、フラグが立って上から2番目の画面は異なった表示となるだ
ろう。また、購入すれば起動時にいちいちスキャンをしなくなるのかも知れない。

何も知らないユーザーは良いソフトを購入したと喜ぶのかも知れない。全く持って許し
がたい詐欺である。

Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC は詐欺と断言できる悪
質なソフトなので、皆さんも気を付けて欲しい。FaceBook があの極悪会社の広告を
載せていると言うことは Facebook 自体も無責任な会社である事が良くわかる。もし
Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC をまともなソフト
ウェアだと思ってインストールしてしまった方のために、アンインストールの方法を
詳細に解説する。

Windows XP では Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC は
パソコンが起動するときに自動的にメモリに読み込まれるため、アンインストールを
しても上手く消えてくれない。まず、パソコン起動時に読み込まれることを停止しな
ければならない。

1.[スタート] → [ファイル名を指定して実行] で msconfig と入力して Enter
2.「システム構成ユーティリティー」が起動するので、上のタブの [スタートアップ] を
クリック。
3.一番左の[スタートアップ項目]欄に Uniblue Launcher あるいは単に Launcher
になっていて、[コマンド]欄の中程に ¥Uniblue¥ と表示されている行の一番左の
チェックボックスをクリックして、チェックを外す。
4.画面右下の [ 適用 ] をクリックして、[ OK ] で終了。
5.コンピュータを再起動。
6.再起同時に「システム構成ユーティリティー」が下の様なダイアログを表示するの
で、一番下の
   □ Windows の開始時にこのメッセージを表示しない。
の □ をクリックしてチェックを入れ、[ OK ] をクリック。




これで起動時に Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC が
起動しなくなる。次に、[スタート] → [コントロールパネル] → [プログラムの追加と
削除] で Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC を選択して
[削除]。「無料版をインストール」とか言ってくるけど、無視して、[のアンインス
トール] をクリック。

とにかく、このプログラムの最も悪質な点はありもしないレジストリのエラーを報告
してそのエラーを削除するためには同社のソフトウェアを購入しなければいけない様
にし向けることである。詐欺と呼ぶ事に何の抵抗も感じない悪質な商法で、義憤を覚
える。

ご質問があれば、遠慮なくコメントして欲しい。


2件目のトラブルは会社その1で発生。大阪の営業所で使われているノートパソコン
が起動しなくなったとのこと。非常に重要なデータが入っているために何としても起
動するようにして欲しい、最悪の場合でもデータを救済して欲しいとのこと。当然、
バックアップは取っていない。

自分が作業しているコンピュータに自分が記録したデータはその人にとって最も重要
な情報のはずである。そして、パソコンはいつ壊れるのか誰にも判らない。だから特
に重要なデータは必ずバックアップを取っておかなければならない。と言う当たり前
のことをなぜ皆さん実行しないのだろう。

もっともそのマシンを使っていた人は C: ドライブに入っているほとんどのデータを
ちゃんと D: ドライブにバックアップしてあった。しかし、もし HDD 自体がクラッシュ
してしまったら、あるいはマシンが起動しなくなったら、物理的には同じ HDD 上に
ある仮想ドライブなので、どちらも読み出せなくなることまでは気が回らなかったよ
うだ。

私のように2〜3日に一度、2台の外部接続ディスクそれぞれバックアップを取るの
は異常かもしれない。が、そのおかげで救われたことが2回ある。HDD が読み出し不
能になることは誰のマシンにも起こりうることなのに、そうなったときのことを考え
ずにコンピュータを使う人が多すぎる。

幸い HDD のクラッシュではなかったが、Windows のインストール CD から立ち上げ
ようとしてもエラーになったため、BIOS の設定で AHCI を使用しないに設定し、無事
Windows XP を上書きインストールすることが出来た。

おそらく AHCI のドライバがおかしくなったのだろう。ディスク関連のドライバが
おかしくなってしまうと、OS は起動できない。BIOS で HDD が認識されない場合
は、不幸にも HDD 自体のハードウェアクラッシュである可能性が高いが、そうで無
い場合には上記のように OS の再インストールで助かることがある。

もちろん中身のデータなどが綺麗さっぱり消えてしまっても良い場合にはリカバリ
ディスクを使って、購入時の状態に戻してしまうのが一番良い。

そんなわけで、本日の写真談義は「無し」。あしからず。

父の日の次の日 2012/06/18


昨日はこのブログの記事を更新してアップした後で夕飯となったのだけど、でかい鮭の
ムニエルと「はな」が生クリームを塗りたくって、少しデコレーションされたケーキが待っ
ていた。私は生クリームが好物で、一番好きな菓子パンはホイップクリーム(正確には
ショートニング)が挟んであるパンである。さらに、肉は控えめにしているため、おいしい
お魚料理が大好きである。ヨメさんと「はな」からの感謝の気持ちと言うことで、私はとて
も幸せな気持ちで父の日を終えたことをご報告しておく。

さて、「色を楽しむ」であるが、今ひとつ乗らない。

で、今日は会社その3で月に一度のルーチンワークの日、その担当者さんがニコン
D800 のオーナーである。先月は会社に D800 を持って来ていたので、今日も持ってく
るかも知れない。と言うことで私も SD1 とSpyedr CHECKR を持って行った。


会社その3のお向かいの家。Spyder CHECKR を置かせてもらって、D800 と SD1 で撮影。



NIKON D800 + Ai NIKKOR-S 55mm F1.2 @f:8.0 1/60Sec. ISO100
絞り優先AE、ホワイトバランス「オート」。カラーモードはスタンダード。
ACR で現像時 シャープネス 50、コントラストを上げた。Spyder CHECKR にて自動カラー
調整。Photoshop で表札をレタッチ、JPEG 化。



SIGMA SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @30mm f:7.1 1/60Sec.
絞り優先AE、ホワイトバランス「オート」。カラーモードはスタンダード。
SPP で現像。その後 TIFF を ACR で読み込み Spyder CHECKR にて自動カラー調整。
Photoshop で表札をレタッチ、JPEG 化。

共に9枚ずつしか撮影していない。ピントは D800 はマニュアル、SD1 は AF。つまり、
あまりアテにならないと言うこと。さらに手持ちでの撮影なので、解像に関しては全く参
考にならない事をご承知でご覧頂きたい。

Spyder CHECKR で色味を合わせたけど、よく見ればお判りの通り、微妙に異なる色と
なっている。どちらが正しいのか私にもわからないが、どちらも一緒に写し込んだ
Spyder CHECKR の色自体、正しく再現されてはいない。

今度ヨドバシで行われる Spyder の講習を受けるつもりだけど、モニターとプリンタのカ
ラーキャリブレーションがメインテーマなので、相手にしてくれないかも知れない。(^^;




被写体:NIKON D800 + Ai NIKKOR-S 55mm F1.2
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:3.6 1/6Sec. ISO100

父の日 2012/06/17


ヨメさんと「はな」がヨメさんの実家から帰ってくるのに、キャスター付きのそこそこ大きめ
のバッグにイロイロ詰めすぎて重たいから東京駅まで迎えに来いとのことで、昼前に二人
と東京駅で落ち合った。

いつもの南国酒家がやっている広東炒麺の店で昼食。私が支払い。その後「はな」が
いつものキャラクターストリートでウィンドウショッピング。実家で良い子だったとのことで
「はな」はヨメさんにシールを買ってもらった。

キャスター付きのバッグが非常に重くなっていたため、西船橋駅から自宅までの荒れた
アスファルト道をガラガラやったら間違いなくキャスターが逝くと思ったため、行程の
2/3は手で持ち上げて運んだ。さほど暑い気温ではなかったが、家に着いた時には汗
だくになってしまった。

父の日ってお父さんが家族にサービスする日だったっけ?


DP1x と DP2x を持って行ったけど、全て室内で ISO400、天井の蛍光灯が飛び気味に
写ると思った為、露出補正を -0.3 にセットしたのが大間違い。全てのショットが色ノイ
ズまみれになってしまった。なので今日は一枚もアップできない。


DP2x のメモリに 50-500mm と 4.5mm フィッシュアイをプレテストした時の画像が残っ
ていたので、それで今日はお茶を濁す。



被写体:SIGMA SD1 + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @500mm
By SIGMA DP2x @f:5.6 1/40Sec. ISO100 EV+1.0
三脚は Manfrotto MT057C3-G、雲台は Manfrotto 405、Manfrotto 293 望遠レンズサポート



被写体:SIGMA SD1 + 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM
By SIGMA DP2x @f:5.6 1/160Sec. ISO100 EV+1.0




被写体:SIGMA SD1 + 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM
By SIGMA DP2x @f:5.6 1/50Sec. ISO100 EV+1.0
三脚は Manfrotto 055CXPRO3、雲台は Manfrotto 468MGRC4

さて、明日からは色を楽しむの続きを書こうと思っているのだけど、今ひとつモチベー
ションが上がらない。

周辺部のグリーン被りを補正する その3 2012/06/16


去年の今頃は SD1 で色んなものを撮りまくっていた。私自身が SD1 に他社製レンズを
取り付けて撮影すると周辺部がグリーン被りすることを知ったのが6月18日。まもなく
1年になろうとしている。

義弟の結婚式のため「はな」とヨメさんが北九州に行っている間、ヨメさんの実家であ
る鎌倉で猫の世話をしていた時に、北鎌倉駅周辺をスナップして廻った時であった。

この雑記帳にも載せたので覚えておられる方がいるかも知れない。



SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:8.0 1/40Sec. ISO100
ホワイトバランスは「曇り」、露出、ピントはマニュアル。カラーモードは「ニュートラル」
で、撮影時のファームウェアは 1.00.0 である。

実はこの写真を SPP 5.2.1 がリリースされた時に(2012年3月)もしかしたら周辺部の
グリーン被りに対応したかも知れないと言うことで再度現像し直してみた。が、まるで変
わらなかった。

今日はこの写真を引っ張り出してきて、CornerFix で補正後、Photoshop でチョットレ
タッチをして見た。



この程度であれば、グリーン被りによる不自然さは無い。十分に実用になると感じた。
ただ、SPP から TIFF で出力した後 DNG フォーマットに変換し、修正後のファイルをもう
一度 TIFF に戻し、それを JPEG 化する手間はかなり面倒。

古いシグマ製のレンズでも同じ様な症状が出ると言うことなので、SPP にこの C
ornerFix の機能が付いていてもおかしくはないと思うのは私だけではないだろう。

周辺部のグリーン被りを補正する その2 2012/06/15


【この記事は本日2本目】

すき家のうな丼、特盛りを食べてきた。比較的安いけど、やはりウナギはイマイチ。でも
ウナギが2枚乗っていて 1,200 円でおつりが来るので文句は言わない。

さて、CornerFix を使って周辺が緑被りしている画像を補正する手順を書こう。以下は
マニュアルの翻訳ではなく、私が実際に行った事をそのまま書くことにする。

1.レンズプロファイルの作成。

修正したい画像を撮影したのと同じカメラ、同じレンズを使って、グレーカードあるいは白
い紙などを写してグリーン被りだけが写っている画像を作る。

私の場合は A4 サイズのグレーカードを露出を変えて5枚ほど写した。その中から白飛
びが起きない程度に明るい画像を選んで現像し、TIFF ファイル形式で保存する。8 bit
でも良いとは思うけど、一応 16 bit で保存した。下がその画像である。なお、現像時
に画面のど真ん中をカラー調整スポイトでクリックしてホワイトバランスを取っている。



SIGMA SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:8.0 1/10Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス「カスタム」
ノイズリダクションは 0.75 ずつ掛けている。

元は TIFF bit のファイルである。この TIFF ファイルを Adobe Photoshop Elements で
[ファイル]→[指定形式で開く] をクリックして、開く形式で [Camera Raw]を選択して開
く。ACR が起動して、画像が表示されたら、そのまま何もせずに画面左下の [画像を保
存]ボタンをクリックして、ファイル拡張子に .dng を選択して保存する。ACR と
Photoshop Elements を閉じる。

今保存した SDIMxxxxx.dng がレンズプロファイルを作るための読み込みファイルとな
る。とりあえず、SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 のレンズプロファイルを作っておこう。



インストール済みの cornerfix を起動し、上部メニューの [File] → [Open Image]
で先ほど作成した DNG ファイルを開く。



CornerFix の画面下に Processing complete と表示されたら [Lens Profile] → [Create] を実行。



CornerFix の画面下に Processing complete と表示されたら [Lens Profile] → [Save as] をクリック。



適切な名前を付けてレンズプロファイルとして保存。

これで SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 のレンズプロファイルが作成された。


2.同じカメラ、同じレンズで写した画像を修正する。

修正したい画像を CornerFix で扱えるようにするために、まずその画像を DNG 形式
に変換する。手順は先ほどのファイルと同様である。



DNG 形式で保存された画像を CornerFix を起動して、上部メニューの [File] → [Open Image] で開く。



[Lens Profile]→[Open] で先ほど保存したレンズプロファイルを開く。





レンズプロファイルによる補正が自動的に適用される。



補正が過剰、あるいは足りない場合は明るさと色彩のスライダーで調整が可能。



補正が終了したファイルを [File] → [Save Image] で保存。

ファイルは DNG 形式で保存されるので、ACR あるいは LR に読み込んで修正の後、TIFF
あるいは JPEG で出力。


これが CornerFix を使用した周辺部のグリーン被り補正方法である。画像をご覧頂い
てお判りのように SD1 で発生するグリーン被りは綺麗な点対称ではない。私の個体
の場合は右側の幅が狭い代わりに色は濃く、左側は少し広い代わりに色味はやや薄い。
この様なムラのある色被りを補正する為には、この CornerFix が採用している「現
物主義」でないと不可能だ。

修正後の画像にはややクセがあるが、修正前の現像方法やプロファイル用画像の現像方
法、CornerFix の補正時オプション等をコントロールすることでもっとまともになると思う。

私自身、あまりこのアプリケーションを使うチャンスは少ないと思うけど、ツァイスの
レンズ等素晴らしいレンズをお持ちの方々には使いこなしてみたいソフトウェアである
に違いない。強くオススメ。

周辺部のグリーン被りを補正する その1 2012/06/15


「色を楽しむ」は本日お休み。その代わり昨日梅里さんに教えて頂いた CornerFix を
使って見て、かなり良い結果を得たので、ソフトウェアについての詳細な解説をさせて
頂く。

まず CornerFix とはどのようなソフトであるかの説明から始める。以下は CornarFix を
ダウンロードして解凍した後に存在する Documentation.html を開くと表示される ウェ
ブサイトのトップページ
を日本語に訳したものである。

cornerfix とは?

cornerfix はデジタル画像に発生するビネッティング(周辺光量不足)を補正します。赤
外線カットフィルターを使用したデジタルカメラで広角系レンズを使って撮影した時に起
きやすい「シアンコーナー(周辺部の緑被り)」を補正します。下にある2枚のスクリーン
ショットはライカ M8 に 486 IR フィルターを装着して CV12 レンズで撮影された画像を処
理した場合のビフォー・アフターです。さらに、CornerFix はつなぎ合わされたパノラマ
画像に見られる単純な周辺光量不足や、ライカ M9 で撮影された画像に見られるような
「イタリア国旗症候群」と呼ばれる左側が緑、右側が赤くなる様な複雑な症状をも補正
します。



Windows 版


Mac 版


cornerfix は当初ライカ M8 の為に書かれたソフトウェアですが、現在では

● カメラから直接 DNG フォーマットで記録された画像、あるいは
● DNG フォーマットに変換された画像

の両方に対応しています。

例えば、ライカ M8、M9、X1、S2、ソニー NEX、シグマ DP シリーズ、その他のほとんど
のデジタル一眼レフなど、つまり CorneFix はあなたが使用しているカメラで撮影された
画像を修正することが出来ると言うことです。

特徴

● 複数のビネッティングによって引き起こされる現象「周辺部のグリーン被り」「周辺部
のレッド被り」「イタリア国旗症候群」を修正します。
● Mac 及び Windows のバージョンがあります。
● DNG フォーマットに変換することで、ほとんど全てのカメラで撮影されたデジタル画像
を修正することが出来ます。
● カメラがファームウェアなどで対応していないレンズを使用する事を可能にします。
● 輝度と色彩を個別に補正することが可能です。
● RAW データ状態での補正が可能なので C1 や Lightroom で使用する事が出来ます。
● 絞りやライティングに関わりなくプロファイルを作成することが出来ます。
● 無料です。GPL の理念で作成されています。一部アドビの再配布可能な著作権を含
みます。
● ライカ M8 あるいは M9 で撮影されたファイルに対してメーカーノートを解読して DNG
ファイルの EXIF データに補正後の見なし絞り値を書き込ませる設定が可能です。

CornerFix はどのように働くの?

CornerFix はレンズプロファイルを作成するために、始めにグレーカードや白い壁などが
撮影された「リファレンスイメージ」を解析します。その後、ユーザーは同じカメラとレンズ
で撮影された画像を補正するためにそのレンズプロファイルを適用します。つまり、
CornerFix は以下の2ステップで正しく働きます。

1.あなたが使用するカメラとレンズの組み合わせでリファレンスイメージを撮影してくだ
さい。(訳者注:絞り値や撮影距離も同一であればより良い結果になるかも知れませ
ん)そして、

2.同じカメラとレンズで撮影された画像に対して作成されたレンズプロファイルを適用し
ます。

CornerFix にはレンズプロファイルのライブラリーはありません。ユーザーがご自身で作
成してください。


必要なシステム

● Windows XP, Vista, 7
● Mac X10.4 以降、Intel あるいは PowerPC

===============================================================

以上が CornerFix がどのようなソフトウェアであるかの概要である。

次にダウンロード先であるが ウェブサイトのトップページ の左側にあるメニューの 
Downloads と表示されている文字をクリックして、表示されるページの下の方
Download from SourceForge と書かれているボタンをクリックする。

なお、その上にあるオレンジ色のボタンはこの CornerFix プロジェクトに対して寄付を
するボタンなので、このソフトウェアが有用であり、多少の寄付はしても良いと思われた
方は是非、寄付をしてあげて欲しい。私はまだ有効性が確認できていないので、寄付
はしていない。

Download from SourceForge と書かれているボタンをクリックするとさらに数本のソフト
ウェアの名前が表示されるので、その一番上の CornerFix をクリックする。

最新のバージョン(CornerFix 1.4.2.0)が一番上に表示されているので、その文字列を
クリック。

一番上が Windows 用、真ん中がソースファイル、一番下が Mac 用なのでご自身でこ
のプログラムを改良してみたいと思われる方は真ん中を、普通の Windows ユーザー
は一番上を、Mac ユーザーは一番下をクリックしなければならない。

クリックして数秒後にファイルを開くか保存するかのダイアログが出るので、ご自身が
しっかり保存場所として認識しているフォルダにダウンロードしたファイルを保存して欲し
い。

ダウンロードが完了したら、インストールである。以下はウェブサイトのトップページ の左
側にある Installation and upgurade と表示されている文字をクリックして表示される
「インストールとアップグレード」と題したページの日本語訳である。


インストール及びアップグレード

CornerFix をインストールするにはまず Windows ユーザーは Windows 用、Mac ユー
ザーは Mac 用の圧縮されたインストール用ファイルをダウンロードしてください。次の手
順はご使用になっているシステムによって変わりますので、以下を参照してください。

Windows

インストール

1.重要:ご使用の Windows が最新のサービスパック、及びアップデートが適用されて
いることを確認してください。最新のセキュリティーアップデートは Windows Update を
参照してください。

2.もし、Windows XP を使っていて、Microsoft .NET Framework Version 2.0 がイン
ストールされていない場合はここからダウンロードして、ダウンロードページの説明に
従ってインストールしてください。

比較的新しい PC の場合Microsoft .NET Framework Version 2.0 はインストールされ
ています。

Microsoft .NET Framework Version 2.0 がインストールされていれば[スタート]→[コン
トロールパネル]→[プログラムの追加と削除]を開いて、表示されるリストに
「Microsoft .Net Framework 2.0」が表示されます。

ご注意:.NET は非常に時間が掛かるダウンロードです。


3.Microsoft Visual C++ 2008 SP1 Redistributable Package がインストールされて
いない場合はインストールしてください。(訳者注:普通はインストールされています)

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 Redistributable Package はここからダウンロードし
て、ダウンロードページの説明に従ってインストールしてください。

4.ダウンロードした CornerFix.zip をダブルクリックして解凍してください。次に解凍さ
れた全てのファイルを例えばデスクトップなどに(フォルダーを作って)コピーしてくださ
い。(訳者注:私は C:\Program Files に CornerFix と言うフォルダを作って、そこにす
べてのファイルをコピーしました。64 bit 版の Windows ユーザーの場合は
C:\Program Files(86) にフォルダを作る方が良いでしょう。)

CornerFix を実行するにはコピーした cornerfixw.exe をダブルクリックしてください。


アップデート

アップデートは以下の2ステップで実行してください。ただし、実行には管理者権限が必
要です。

1.CornerFix.zip をダブルクリックして解凍してください。次に解凍された全てのファイ
ルを以前のファイルに上書きコピーしてください。CornerFix を実行するにはコピーした
cornerfixw.exe をダブルクリックしてください。

2.もし、Windows 版 CornerFix Ver1.0.0.0 をアップデートする場合は、上に書いてあ
ります通り Microsoft Visual C++ 2008 SP1 Redistributable Package をインストール
してください。以前のバージョンは Microsoft Visual C++ 2005 SP1 Redistributable
Package を使用していたためです。


Mac OS X

インストール

1.重要:ご使用の Mac OS が最新のサービスパック、及びアップデートが適用されて
いることを確認してください。

2.ダウンロードした CornerFix.zip を解凍してください。

3.CornerFix.app を Applications folder にドラッグしてください。


アップデート

新規インストールと同じ手順です。

=============================================================

ふぅ。これでインストールが完了。

次に使い方であるが、一番肝心なのは、このソフトウェアは DNG フォーマット形式の画
像ファイルのみを扱うソフトである事を忘れないことである。

この CornerFix が読み込んだり書き出したりする画像ファイルは全て DNG ファイルで
ある。

なので、CornerFix を使おうとするシグマ製カメラのユーザーは TIFF ファイルを DNG
ファイルに変換しなければなならない。以下は CornerFix ウェブサイトの Convert to
DNG を訳しつつ、私が別途説明を加えたものである。


DNG フォーマットへの変換

CornerFixは DNGフォーマットファイルのみを対象としています。DNG 形式は RAW 形
式のデータをエンコードするためのオープンスタンダードです。お使いのカメラが DNG
ファイルを出力しない場合はデジタル画像ファイルを DNG 形式に変換しなければなりま
せん。変換する方法は一通りではありません。

Adobe Lightroom から読み込んだ画像を DNG 形式を選択して「エクスポート」すること
により、あるいは Photoshop では「指定形式で開く」で Camera Raw を選択し、そのま
ま画面左下の[画像を保存]で保存すれば、保存形式を別途指定していない限り、 DNG
形式で保存されます。

SD15 以後の SD シリーズ、DP2s 以降の DP シリーズのユーザーは最新の無償の
Adobe DNG 変換プログラムを使用することができませんので DNG コンバーターの使用
法や説明は割愛します。


次に CorneFix の使用法である。が、少々疲れておなかがすいた。すき家のうな丼を食
べてから、続きを書く。今日はヨメさんと「はな」は学校が千葉県民の日でお休みとなっ
たため、例によって鎌倉の実家に遊びに行っている。寂しい夕食である。

色を楽しむ その9 及び、グリーン被りを補正できるかも 2012/06/14


今日は画像の中の気に入らない色を変える簡単な方法を紹介させていただく。画像の一
部分を範囲指定しておいてその部分だけの色味を変えることも難しくはないのだけど、
同色系の他の部分とのバランスが悪くなる事があるので、とりあえずは画面全体の同じ
系列の色を同時に調整する方法である。

昨日の記事をお読み頂ければ判る通り、ACR や LR には特定の色域(8種類)を指定し
てその色相、彩度、明度を変える機能が備わっている。Photoshop あるいは Photoshop
Elements のユーザーであれば ACR を使って本体よりは少しだけ細かい色の変更が可
能である。[ファイル]→[指定形式で開く]を選択して TIFF ファイルや JPEG ファイル
を Camera Raw を指定して開くことで ACR が起動し、ACR での調整が可能になる。

また LR の場合は修正したい画像をアイコンにドラッグ&ドロップして、右下の[読み込
み]をクリックし、ライブラリが表示されたら右上の「現像」をクリックする事でその画
像が編集可能になる。


ACR では上部のアイコンが並んでいる中から [HSL / グレースケール]をクリック、LR では
現像モードでツールの中から[HSL / カラー / B & H] をスクロールさせてバーに右端の三角
マークをクリックする。

このカラー調整ダイアログを使って、レッド系、オレンジ系、イエロー系、グリーン系、アクア
(シアン)系、ブルー系、パープル系、マゼンタ系の色の色相、彩度、輝度を調整すること
が出来る。

色相はもう少し赤っぽくとかもう少し黄色っぽくとかいわゆる色味の変更、彩度は鮮や
かさ、輝度は明るさを変えることが出来る。この調整機能を使うことで、大概の色は調
整可能である。


梅里さんからメールが来て、古いシグマ製レンズやマウントアダプターを使って他社製
レンズを SD1 に装着して撮影した際にグリーンの色被りが画面の周辺部に発生した画
像を半ば自動で補正するソフトウェアが存在することを教えられた。

梅里さんの虫仲間である「はまゆう」さんが紹介してくれたソフトで CornerFix
と言う。オープンソースソフトウェアで元々はライカ M8、M9 用に書かれたソフトで
あるが、色被りの補正に実際にそのレンズで撮影されたファイルを使用するため、
カメラとレンズの組み合わせを選ばない。逆に言えばユーザーが自前で修正用ファイル
(プロファイルファイル)を作らなければならない。

そのファイルは修正したいレンズをカメラに装着して、グレーカードか真っ白な紙を白
飛び一歩手前の明るい状態で撮影したもの(当然周辺部に緑被りが発生していなければ
意味がない)を作成し、プロファイルとして登録する。その後同じカメラとレンズの組
み合わせで撮影された画像を読み込むことで、自動的に周辺部の緑被りを補正してくれ
るソフトである。

少々面倒なのは扱うファイル形式が DNG であるため、現像後の TIFF 画像を DNG 形式
に変換する必要があるが、Photoshop、Photoshop Elements、LightRoom 等の ADOBE
のソフトウェアのユーザーであれば、簡単にコンバートできる。

現在、ソフトウェアをダウンロードして、Readme.txt やヘルプファイルを全て読み終え
た状態。明るくならないとプロファイル画像を作る事が出来ないため、実際の効果など
は試していない。が、理論的にはうまく行くはずである。

また、この記事を書くためにインターネットをさまよっていたら Vignette Corrector
言うソフトも見つけた。

共に日本語化されていないので英語になじみのない方はチョットやっかいかも知れない
が、簡単な解説を含めて、非常に近い将来(週末にと言う意味)試用してご報告させて頂く。

結構、忙しいのになぁ・・・。(^^;

色を楽しむ その8 2012/06/13


さて、SPP や Photoshop だけでは撮影された画像にある全ての色を正確に再現する
ことはとても難しいと言うことが判った。Spyder CHECKR や x-reite ColorChecker
passport の様なツールを使っても自動では出来ないようだ。

ACR や LR では代表的な色8色を選択して全体的なコントラストや明るさを変えるこ
となく、その周辺の色味を補正することが出来る。この機能を使って RGB と CMY を
調整したのだけど、他の色がダメ。オレンジとパープルもあるので、それを調整した
けど、それらを変えてしまうと RGB や CMY の値まで変わってしまう。

まさに「あちらを立てればこちらが立たず」状態となる。それを確認するため仕事から
帰ってきた後にあれやこれやで3時間もの時間を費やしてしまった。

やはり画像の中にある「全ての色」を正しく再現することは諦めて、「気に入らない色」
を補正するという事で我慢するしかないのだろうか?

昨日の夜は夢にまで見てしまった。投げ出すのは簡単だけど、もう少し頑張ってみたい
と思っている。

Spyder CHECKR の国内代理店であるイメージビジョン株式会社から、撮影したデータを
送って欲しいと言ってきた。素早いレスポンスである。

色を楽しむ その7 2012/06/12


この一週間ばかり、Photoshop Elements でマンセルカラーチャートの色を正確に再現
することにかなり時間を費やして イロイロやってみたけど、どうも今ひとつである。

基本的には色域を指定しておいてその色相、彩度、明度を細かく調整して行けばかな
り正確な色が出るはずである。が、Photoshop Elements や本家 Photoshop では今ひ
とつ調整しきれない。

オートマチックで調整できると思って入手した Spyder CHECKR であるが、Adobe RGB
でやってみても、全然お話ししにならない。去年、Spyder の国内代理店がマンフロット
からイメージビジョンに変わったのでユーザーサポートはまともになったかどうか・・・。

とっても単純な疑問として Spyder CHECKR を撮影して、それを付属のソフトウェアで
キャリブレーションプリセットを作り、ACR でその画像を開いてプリセットを適用すれば公
開されている Spyder CHECKR の各色のカラーデータにならなければいけないはずである。そ
れがまるで合わない。そんなもんだろうで諦めるのはイヤなので、サポートに「な
ぜですか?」と質問のメールを出しておいた。

とりあえずイメージビジョン株式会社 Datacolor 製品サポートからは「お問い合わせあり
がとうございます」のメールが返って来ているので、1〜2週間の内には返事が来るだ
ろう。

インターネット上にはモニターやプリンターのカラーキャリブレーションに関してはイロイロ
な情報があるのだけど、それ以前のデジタルカメラで撮影された画像の色味を校正する
ツールや具体的な方法についての情報が非常に少ない。Spyder CHECKR で検索して
みても出て来るのはメーカーと販売店の情報だけである。

x-rite ColorChecker Passport だともっとイロイロな情報があるが、その精度を検証し
たような記事は見つからなかった。ユーザーである ken さんに使っての印象をコメントし
て頂けると嬉しい。


フィルムの時もそうだったけど、色を気にし出すとキリが無い。デジタルカメラで撮影して
その中の全ての色を正確に再現することは不可能に近いと言うことはわかっているの
だけど、挑戦してみたい課題である事は確かだ。

何か、「やっぱり色って好きなように出すしかないようです。」と言う結論になりそうでイ
ヤだなぁ。

色を楽しむ その6 2012/06/11


今日のサブタイトルは「あちらを立てればこちらが立たず」である。

一昨日、色の彩度だけを変えるのであれば、グレースケールに変化は起きない。と
書いたが Phothop Elements で[画質調整]→[カラー]→[色相・彩度]で色の系列を指定
した場合は「彩度」だけでなく「色相」や「明度」を変化させてもグレースケールには全く
影響がないことが判った。

せめて RGB と CMY は何とか推奨値に近づけようとイロイロやってみたけど、下の画像
が限界である。



とりあえず、このあたりが Photoshop だけで色味を調整しようとした場合の限界かも知
れない。ACR や LR あるいはシルキーピックスなどにはこれ以上の色味調整機能があ
るので、次は ACR で挑戦してみようと考えている。


そして今日、くたびれてきたマンセルカーチャートの代替として導入した Spyder
CHECKR をマンセルカラーチャートやコダックグレースケールと一緒に撮影した。この下
が撮影して、グレースケールをやや整えた状態である。




この Spyder は ACR や LR のキャリブレーションプリセットを自動的に作る事が出来る。



このような状態にした画像を Spyder CHECKR に付いてきたソフトウェアで開くだけで
ACR や LR で読み込むことが出来るキャリブレーションプリセットを出力してくれる。

早速 ACR 用のキャリブレーションプリセットを作って、ACR で自動的に色味の修正を
やってみた。



これで、同時に撮影したマンセルカラーチャートもちゃんとした色が出るはずである。

しかし、Spyder CHECKR 自身でさえも推奨値にならず、当然マンセルカラーチャートも期待したような色にはなってくれなかった。

sRGB でやってはいけないのか?

色を楽しむはお休み 2012/06/10


「色を楽しむ」は本日お休み。

今日は SD1 発売記念日である。直接の関係はないけど、私たちが入手可能な一番短
いレンズと、普通の人が普通に入手する一番長い焦点距離である 500mm が望遠端、
最近人気上昇中の 50-500mm をテストしている。

実は 50-500mm は7日に SD1 でテスト撮影をした。しかし、お天気が良すぎて、陽炎
だらけとなってしまい、とても皆さんのお目に掛けられるシロモノではなかった

でも、撮りましたという証拠に1枚だけご覧に入れる。



SD1 + 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @500mm f:6.3 ISO100

陽炎のサンプルのような写真である。SD1 + 10 倍ズームの望遠端、絞り開放と言う条
件を考えれば、十分に良い描写ではある。

そして、今日の午後はしっかり曇ってくれたので、雨が降り出す前に大急ぎでテスト撮
影をした。が、横着をして AF で撮影した為に、カッチリピントが来ているかどうか少々自
信がない。が、各焦点距離、各絞り値で 12 枚撮影した中の最良画像なので、AF のテ
ストも兼ねていると思ってご覧頂きたい。

焦点距離は 50、100、200、300、400、500mm 絞りは開放と f:9.0。 全部で 12 枚。
全部をご覧になりたい方は明日以降、レンズテストに掲載するので、それまでお待ち頂
きたい。

とりあえず 50mm と 500mm の絞り開放と f:9.0 をここに掲載しておく。



SD1 + 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:4.5(絞り開放)



SD1 + 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:9.0



SD1 + 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @500mm f:6.3(絞り開放)



SD1 + 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @500mm f:9.0

AF で撮影した為に、今ひとつピントが甘い様な気がする。悪くはないのだけど、何とな
るボケっとした感じ。

気力があったら、陽炎シリーズももう少し明るく現像し直してレンズテストにアップするか
も知れない。


そしてこの前お約束した Fish Eye。シグマのレンズの中で最も短い焦点距離の
4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM のサンプルを借りることが出来たので、
いつもの風景を撮ってみた。



SD1 + 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM @f:2.8

絞り開放でもこれだけ写る。周辺部はイマイチだが、中心部はしっかり写っている。しか
も AF である。




SD1 + 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM @f:9.0

絞り開放が十分に良いので、絞り込んでも大騒ぎするほど良くはならない。

面白いレンズであるが、私はこれで何かを撮りたいとは思わない。が、写真表現の一つ
として、十分に変わっていることは確か。私の様に極端な表現があまり好きでない人は
むしろ少数派だと思うので、面白いと感じた方は入手なさると良いのではないだろう
か。ただ、このレンズ、少々お高い。

この記事を書きながら聞いた楽曲。

「白馬のルンナ:内藤洋子」
「夜明けのスキャット:由紀さおり」
「愛の嵐:山口百恵」
「パイナップル・プリンセス:田代みどり」
「メランコリー・イエスタディ:西島三重子」
「わたしの青い鳥:桜田淳子」
「雨の御堂筋:欧陽菲菲」
「ひなげしの花:アグネス・チャン」
「わたしの彼は左きき:麻丘めぐみ」
「寒い朝:吉永小百合」
「絹の靴下:夏木マリ」
「港町十三番地:美空ひばり」(合掌)
「何も云わないで:園まり」
「東京ドドンパ娘:渡辺マリ」
「別れのサンタモニカ:九重佑三子」

色を楽しむ その5 本日2本目の記事 2012/06/09


この連載のタイトルを「色で苦しむ」に変えたくなった。(^^;

今日は仕事のついでにヨメさんと「はな」を連れて横浜に行ってきた。「はな」が行きた
がっていた横浜大世界に行って、「はな」はドクターフィッシュとトリックアートをたっ
ぷり楽しんだ。

私は DP1x と DP2x を持って、今までやったことのない、完全オートマチック撮影を楽
しんだ。ISO を Auto、自動露出調整は P である。特にこれと言った意図を持たずに、
ただ写っていれば良いと言う撮影なら、これで十分。

横浜大世界の外と内で6枚ばかり撮ったものを作例画像の「DP1/2/1s/2s/1x/2x」に
アップしたので、ご覧頂ければ幸いである。


で、横浜の写真をアップした後、昨日の続きをやった。



これは昨日の朝アップしたものと同じ画像である。つまり、ニュートラルで撮って、
Photoshop Elements でグレースケールの明るさを調整しただけの画像だ。実際の色を
どれだけ補正すれば推奨値になるかを RBG 値の横に入力した。

数値で見てしまうと絶望的になるが、色を観察すると全体的に彩度が低いことが判る。

色の彩度だけを変えるのであれば、グレースケールに変化は起きない。ならば、全体
の彩度を上げて見よう。と言うことで Photoshop Elements を使って、[画質調整]→[カ
ラー]→[色相・彩度]で「彩度」だけを補正した。レッド系 +20、イエロー系 +30、グリーン
系 +50、シアン系 +10、ブルー系 +40、マゼンタ系 +30。つまり、 RGB と CMY の全て
の系列の彩度を上げた。



今ひとつではあるが、多少は良くなっている。もう少し時間を掛ければもっと追い込める
ような気がするが、今日のところはこれまで。

色の道はまだまだ奥が深い。(^^;

色を楽しむ その4 2012/06/09


仕事に出る前に昨晩 SD1 で撮影したマンセルカーチャートをカラーモードスタンダードで
現像し、グレーの階調を整えた後で、他の色が推奨値とどれくらい差があるかを調べた
ので、とりあえずそれだけアップしてから出かけることにした。



う〜〜〜n。赤系と黄色系が少し変わるだけ。「カラーモード」と表現しているけど、実際
には主にコントラストを変化させているようである。だからコントラストを調整してしまう
と、ニュートラルとの違いはあまり大きくなくなってしまうと言うことなのだろう。

これから実際の色味を調整するのだけど、どちらを元にしても、あまり大きな違いはなさ
そう。いずれにしても、カラーモードは現像時に変更出来るので、単にどちらからスタート
するかを決めれば良いだけの事だと気が付いた。

「スタンダード」にすることで多少は良くなると思ったがさほど大きな差が無いのでやは
り「ニュートラル」で始めるべきだろう。


本日はこれからお仕事。仕事は短時間で終わってしまうのだけど、横浜へ行くのなら一
緒に行くと言うことでヨメさんと「はな」も付いてくる。「はな」は私が仕事をしている間、中
華街の「横浜大世界」で遊ぶと張り切っている。なので、すぐには帰って来られないだろう。

この雨の中、カメラを持って行くべきかどうか、悩む。


シグマのウェブサイト、トップページ上部のフラッシュが SD1 から SD15、DP1x、DP2s に
変わった。特に意味はなさそうだけど・・・。

色を楽しむ その3 追加 本日2本目の記事 2012/06/08


午後1時頃にこの雑記帳を更新して、バタバタしていたためチェックせずに出かけてし
まった。

帰って来てよく見たら、画像が間違っていた。ちゃんと数字が入ったものと差し替えて
おいたので、午後8時前にご覧頂いた方はもう一度見て頂けるようお願いする。


で、今日は久しぶりに新宿へ出て、ヨドバシの本店に行ってきた。カメラ館の2階に
はシグマの製品だけでなく、昨日記事で触れた X-rite のカラーチェッカーや datacolor の
Sypyder CHECKR が置いてあるからだ。いつも通りシグマのA氏と内緒の話をいっぱい
して、「実は Spyder CHECKR を買いに来たのですが・・・」と言って、Spyder CHECKR
を買い、ついでに Spyder CUBE まで買ってしまった。



DP2x で撮影。

ま、これは置いといて、現在カラーモードを「スタンダード」にして現像したものをレベル
調整した状態。RGB を測ってみると、こちらは彩度が高すぎる感じ。

明日は朝早くから仕事で、夕方まで横浜にいる予定。雑記帳の更新は夜になると思う。

色を楽しむ その3 2012/06/08


昨日は SD1 で撮ったマンセルカラーチャートの白から黒までのグレースケールを推奨さ
れる明るさに整えた。これをやっておかないと有彩色の RGB 値が正しいかどうかを判
断出来ないからだ。

おっと、その前にマンセルカラーチャートの正しい使い方について少し書いておく。マン
セルカラーチャートは無彩色、RGB、CMY、そして他の基本的な 12 色が全て顔料系の
特色インクを使ってシルク印刷されているカラーチャートである。色味が重要な写真を撮
影する際に、被写体と全く同一な条件の元で撮影し、そのカラーチャートを正確に再現
することで、正しい色を得るためのツールである。

一番良いマンセルカーチャートの撮影方法は被写体と一緒に写真の中に写すことであ
る。それが難しい場合は被写体を写す直前か写した直後にマンセルカラーチャートを全
く同じ条件で撮影しておく。

今回私がやったマンセルカーチャートだけを写すと言うのはイメージセンサーや現像ソフ
トの階調や色の再現性をテストするときに行うことはあっても、普通の使い方では無い。

最近ではデジタルカメラの画素数が多くなってきたので、昔から使われていた A4 サイ
ズのものよりずっと小さいグレーカード等がセットになった携帯用のカラーチャートを使う
ことをお勧めする。具体的には ken さんご愛用の x-rite ColorChecker Passport(パ
スポートサイズ)
datacolor Spyder Checkr(B5 サイズ) がある。

私のカラーチェッカーも使用期限切れなので、ぼちぼち取り替えないといけない。たまた
まディスプレイのキャリブレーションに使っているのが datacolor の Spyder なので、カ
ラーチェッカーも X-rite から datacolor に乗り換えようかと検討中。どちらにしても ACR
と LR には対応しているが、どちらも SD1 の X3F には対応していない。(^^;

さて、アドビから見放されている SD1 の X3F であるが、TIFF ファイルにしてしまえばど
のソフトでも普通に扱える。今日は昨日作ったグレースケールだけが調整されたマンセ
ルカーチャートで、推奨値と実際の色がどれくらい異なるかを見てみよう。

1.昨日作っておいた修正済み TIFF ファイルを開く。

2.一番下の行では既に実行済みであるマスの中の色を均一にする作業を他の 18 色
全てに対して実行。

3.Elements で [情報] ウィンドウを表示しておいて、各色の RGB 値を求めつつ、テキ
ストツールで値を入力。

4.次に各マスの右下半分を推奨値で塗りつぶす。

5.終わったら推奨値の RGB 値を画像の上に数字で入力。



ぎゃあぁぁぁぁ。全然、ダメじゃん。

私の様な「色音痴」が見てもすぐに判るほど、全ての色味が違う。ただ、全ての色が
共通して「地味」である事がせめてもの救いだ。

SD1 でのカラーモード「ニュートラル」はニュートラルと言うより、単に「地味な
発色にする」と言うモードである事が判明した。

ここでくじけてはいけない。(^^;

明日は「ニュートラル」ではなく「スタンダード」で現像したものだとどのくらい違う
のかを検証してみよう。

色を楽しむ その2 2012/06/07


私のウェブサイトの (ビギナーのためのSIGMA SD
講座)には『Photoshop Elements Ver. 3.0 での「現像とレタッチの基礎」』と言う記事
がある。タイトルからお判りのように、この記事は呆れるほど古い。

このブログで色に関する記事を連載するに当たって、この記事を新しいものにして行こう
と画策中である。私の気力が続けば、2〜3週間で全てを更新できるかも知れないが、
他にもイロイロとやらなければいけないこともあるので、いつまでに終わらせると言う約
束をしないことをお許し頂きたい。

とにかく、今日は昨日お約束した Photoshop Elements でマンセルカラーチャートの「階
調」を推奨値に合わせることに専念する。

まず始めにお断りしなければいけないのは、私が使っている(単に製品を持っているだ
けで、今までインストールすらしていなかった)Photoshop Elements のバージョンが少
し古い Ver.9.0 である事だ。現在の Ver.10 は昨年の 10 月 14 日に発売されたが、
個人的にはほとんど使っていないソフトウェアだったので、そのままになっている。もし、
記事の中でバージョンによる違いがある事を見つけられた方は、誠にお手数様で申し
訳ないけど、コメントして頂けるようお願いしたい。私も一応アドビのサイトで 旧バージョ
ンとの違い
を読んだので、気を付けるつもりであるが、便利な機能が増えているだけ
で、基本的な部分には良い意味でも悪い意味でも大きな変化はない様だ。

まず、Photoshop Elements が持っていない機能として有名なのが「トーンカーブ」であ
る。実はこの機能が無いと、今日やろうとしている「マンセルカラーチャートの「階調」を
推奨値に合わせる」事が出来ない。「カラーカーブ」を使って試行錯誤をすれば出来なく
は無いけど、一日中やっても、RGB をピッタリ合わせることは出来ないかも知れない。

と言うことで、Elements には無い「トーンカーブの調整機能」を追加してしまおう。実は
このトーンカーブ調整機能のプラグインはかなり昔からフリーのプラグインが存在してい
る。Smart Curve と言う。Alois Zingl さん(オーストリア・ウィーン在住)が作った非常に
優れたプラグインである。ある意味で本家 Photoshop に備わっているトーンカーブ調整
機能より優れているので、わざわざ本家にプラグインしている人もあると聞く。

リンクが貼ってあるページのやや下の方にある smartcurve.zip をクリックしてダウン
ロードして、解凍したものを Photoshop Elsments の PlugIn フォルダにコピーするだけ
で、次に Photoshop Elements を開いた時から [フィルター]→[easy.Filter]→
[SmartCurve] が使える様になる。今日行う作業では、このプラグインを使用する。




さて、それでは SD1 で撮影したマンセルカラーチャートの階調を Photoshop Elements
を使って調整してみよう。材料は昨日撮影してアップした画像の内、全て 0 で現像した
ものを使う。

画像をレタッチする場合、元の画像が劣化していたのではお話にならない。なので、レ
タッチをする時には必ず TIFF フォーマットで保存する。

0.レタッチの準備として、上記プラグインをインストールする。昨日2度目の記事でアッ
プした RGB 値が表示されている画像の一番上、「全て 0 で現像」をプリントしておく。あ
るいは表示されている全ての RGB 値をメモする。なお、Photoshop CS ユーザーの場
合は[イメージ]→[色調補正]→[トーンカーブ]で同じ事が、もっと簡単にできる。


1.Photoshop Elements を起動して [ファイル]→[開く]で保存してある画像
(SDIM9758.TIF)を開く。




2.一番下の行、全ての無彩色について、マスのやや内側を「長方形選択ツール」を
使って選択し、[フィルター]→[ぼかし]→[平均]でマスの中の色を均一にする。これを、
白から黒まで6つのマスで実行。






3.[フィルター]→[easy.Filter](一番下にあるはず)→[SmartCurve] をクリック。




4.右上、Channel で Red を選択。赤い線で描かれたトーンカーブ上のやや右上の位
置をクリック。(最も右上にあるポイントをクリックしないこと)




5.追加したそのポイントにマウスポインタを乗せて、画面右上の数字が In: 251
Out:243 になる位置までドラッグ。



カラーチャートの一番下の行、左端の「白」は R が 251 で、推奨値は 243 なので、R
251 の値が 243 になるように設定。

6.今ドラッグして in: Out: の値を設定したポイントの少し下をクリックして新しいポイン
トを追加。

7.追加したそのポイントにマウスポインタを乗せて、画面右上の数字が In: 227
Out:200 になる位置までドラッグ。



カラーチャートの一番下の行、左から2番目「一番明るい灰色」は R が 227 で、推奨値
は 200 なので、R 227 の値が 200 になるように設定。


8.5〜6を Red で 191 → 160、145 → 122、94 → 85、47 → 52 を実行。




9.Red が終わったら、Green のトーンカーブを表示させて 251 → 243 から始めて 46
→ 52 まで実行。




10.最後に Blue のトーンカーブを表示させて 251 → 243 から始めて 45 → 52 まで実
行。



全てのポイントを設定し終わったら、右下の [ OK ] をクリックして、SmartCurve を閉じ
る。


11.これでグレースケールは推奨値に設定された。



12.画像上でマウスポインタがあるピクセル位置の RGB 値を知りたいので [ウィンドウ]→
[情報] で「情報ウィンドウ」を表示して、それぞれのマスが推奨値になっている事を確認。
もし違っていたら、どこかのポイントが正しく設定されていない事がわかる。

13.グレースケールの補正が終わったら、[ファイル]→[別名で保存] を選んで TIFF で保
存する。

なお、Photoshop CS ユーザーの場合は[イメージ]→[色調補正]→[トーンカーブ]でポイン
トを追加したら、入力値と出力値を数値で入力することで、全てのポイントを正確に設定す
ることが出来る。

疲れた・・・。(^^;

ご質問等ありましたら、遠慮無くコメントしてください。

色を楽しむ その1【追加】本日2本目の記事 2012/06/06


私が自分で見ても良く判らない。(^^;

と言うことで、本日掲載したマンセルカラーチャートのグレースケールの部分に RGB 値
を表示した。3行の数字上から R,G,B の値である。3枚とも、現像条件は先ほど掲載し
たものと全く同じで、TIFF で保存して Phtotoshop で文字入れをして JPEG で保存して
ある。マスの中の左上が現像したものの RGB 値、右下がカラーチェッカーのマニュアル
に記載されている sRGB で出力した時の基準値である。なお、サンプルの RGB 値はマ
スの中を四角で囲って、平均化してある。参考にして頂ければ幸いである。



全て 0 で現像



露出 -0.2、コントラスト -0.8 残りは全て 0

一番下の無彩色部分の白と黒をカラーチェッカーの sRGB 推奨値に合わせた。が、
その間にあるグレーが明るすぎる。



露出 -1.1、コントラスト -0.5、シャドー +2.0、ハイライト +2.0 残りは全て 0

周囲のグレーはお約束の 18% 標準反射板である。照明のムラを数値的に取得するた
めに置いてある。カラーチェッカーの推奨値は、この周囲に置いてある 18% 反射板と同
じ濃度を持つ、一番下右から3番目のグレーが 122,122,121 になっているので、その
値に最も近くなるように明るさとコントラストを補正しつつシャドーとハイライトを調整。
両方を最大に明るくしても、白と黒は暗すぎて、推奨値に合わせることが出来なかった。


色を楽しむ その1 2012/06/06


幸いにして私はプロではないため、デジタルになってからは色で苦労したことがない。

大昔、プロの時代にはポジフィルムで撮っていたから、フィルターやらフィルムのエマル
ジョンナンバーやらラボの仕上げなどで結構変動する色に悩まされたこともあったけど、
今はそれらの自分では完全にコントロールしきれない要素が無くなった分、かなり気楽
に色を楽しめる様になった。

が、実際にはそう言った類いの作品等を発表したり公表したりはしていない。皆さんが
私に対して期待しているのはカメラやレンズの性能をストレートに示す作例や条件を揃
えてテスト撮影された画像であって、散々レタッチされた作品ではない。

このウェブサイトを始めた時から今日まで、私はデジタルカメラで撮影されたものは素材
であると言い続けている。そして、FOVEON センサーによって撮影されたデジタル画像
はこれ以上のものは無いと言って良いほどの素材である。何度も同じ事を書くけど、レ
タッチでどうにもならないのは「自然な解像感」である。他の要素は Photoshop の様な
画像編集ソフトを使うことでかなり自由になる。

だから私は解像感やら自然なボケをデジタルカメラに求める。そして、その要求を満たし
てくれる唯一のイメージセンサーが FOVEON である。時々、過激な表現をしてしまうけ
ど、私は FOVEON センサーを使って撮影されていないデジタル画像は全部偽物と決め
つける。つまり、ベイヤー型イメージセンサーから出力されるデジタル画像は嫌いだと言
うことである。

とりあえず、この3日間挑戦していた SD1 によるマンセルカラーチャートを何とか撮影で
きたので、本日はこれについて少し書いてみよう。

ただ、その前に SPP と SD1 の組み合わせがキッチリ調子を整えると言う目的のために
は、今ひとつよろしくないと言うことをお目に掛ける。

撮影は SD1 に MACRO 70mm を着けて周辺光量が不足しないように f:11.0、描写力
のテストでは無いので回折は無視。ホワイトバランスも敢えてカスタムホワイトバランス
では無く、オート、露出も絞り優先 AE である。



全て 0 で現像



露出 -0.2、コントラスト -0.8 残りは全て 0

一番下の無彩色部分の白と黒をカラーチェッカーの sRGB 推奨値に合わせた。が、
その間にあるグレーが明るすぎる。



露出 -1.1、コントラスト -0.5、シャドー +2.0、ハイライト +2.0 残りは全て 0

周囲のグレーはお約束の 18% 標準反射板である。照明のムラを数値的に取得するた
めに置いてある。カラーチェッカーの推奨値は、この周囲に置いてある 18% 反射板と同
じ濃度を持つ、一番下右から3番目のグレーが 122,122,121 になっているので、その
値に最も近くなるように明るさとコントラストを補正しつつシャドーとハイライトを調整。
両方を最大に明るくしても、白と黒は暗すぎて、推奨値に合わせることが出来なかった。

つまり SD1 で撮影したものを SPP だけでマンセルカラーチャートのグレースケールに合
わせようとしても出来ない事がわかった。これが SD14 や SD15 で撮影されたものなら、
同じソフトであるにもかかわらずシャドーとハイライトのスライダーを動かした時の可
変量や効果が反映される領域が異なるため、比較的簡単に合わせることができる。

腕に自信のある方は SDIM9758.X3F ←このファイル名をクリックして X3F ファイルを
ダウンロードして、一番下のグレースケールだけで良いので、SPP のみで推奨値に合わ
せる事が出来るかどうかを試して欲しい。ちなみに、左から 243,243,242、
200,200,200、160,160,160、122,122,121、85,85,85、52,52,52 が推奨値である。


本日の色に関する記事はこれまで。明日はこの続きとして、Photoshop Elements を
使って全て 0 で現像の画像をマンセルカラーチャートの推奨値に合わせるレタッチの手
順を説明し始める。


で、今日は次に見られるのは 105 年後という天体ショー、金星の太陽面通過があった。
船橋の天候は曇り。朝はまるでダメだったのだけど、事象が終わる30分ほど前になって、
雲が切れ始めた。もしかしたら撮れるかと思って、某レンズメーカーから無理矢理
借りた APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM を SD1 に着けて、撮影。



SD1 + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @500mm f:8.0 1/1000Sec. ISO100
マニュアル露出、ホワイトバランス「晴れ」、カラーモードはニュートラル、MF。
撮影用アストロソーラーフィルター使用。

何がしたいのだろう? 2012/06/05


ケータイを換えたとたんに「音楽を聴きたいモード」に突入してしまい、最近は家で仕事
していてもパソコンはその能力の1/5くらいが音楽再生に使われている。

ジャズやロック、クラッシックはほとんど聴かない。例外はビートルズとショパンだけ。
2〜40年前の歌謡曲がメインである。が、いかにも演歌というものもほとんど聴かな
い。「けーざい」さんみたいに今聴いている音楽をブログに毎回書いておけば私の音楽
の趣味が判ってバカにされるだろうけど、それも面白いか・・・。

こんな風に音楽を楽しめる様になったのはいわゆる「オーディオ趣味」を卒業してからで
あるであることにフト気が付いてしまった。


私が写真を楽しめる様になるには「レンズテスト」や「SPP のテスト」や「ファームウェアに
よる画質の差」等というモロモロを卒業してからなのだろう。いつのことになるやら。

シグマのカメラがどんな写りをするのかにとても強い興味がある。だから撮りたい写真を
撮ることよりその「写り」を追求してしまう。

そんな写真の楽しみ方は「オーディオ趣味」と似ている。つまり撮りたい写真を撮影して
残すことより、「写り」だけを気にしているということで、本末転倒である。

オーディオ趣味は好きな音楽を良い音で聴きたいと言う言い訳が立つ。私の FOVEON
趣味は写真を良い画質で撮りたいと言う言い訳が立つ。

しかし、本当は何がしたいのだろう?

本当は・・・撮りたい被写体を納得の行くまでイヤというほど撮って、じっくり作品にして、
一人でにんまりそれを鑑賞するか、ウェブサイトにアップして自己満足に浸りたい。

しかし、何が撮りたいかと聞かれても、すぐに答えは出てこない。綺麗な女性を撮るの
はとっても好きだけど、じっくり撮るとなるとイロイロと問題がある。また、誰を撮りたいか
と聞かれても、すぐに答えは出てこない。

なかなか行くことが出来ない場所へ行って風景を撮りたいとも思う。が、どこへ行きたい
かと聞かれてもすぐに答えは出てこない。

つまり、どうしても、何が何でも撮りたいものがあって、そのためにカメラを使うという当
たり前のカメラユーザーになれていないと言うことだ。良い写真なんて撮れるはずがない。

さて、今朝もマンセルカラーチャートに挑戦したのだけど、ダメだった。明日は午後から
仕事となったので、午前中に何とか撮りたいと思っている。


なお、本日の Yoshi さんのコメントで、これからの1〜2週間は「色」をテーマに記事を書
こうと決めた。


この記事を書きながら聞いた楽曲のリスト。

「合鍵:しばたはつみ」(合掌)
「ボーイズビーアンビシャス:デュークエイセス」
「GET DOWN BABY:南沙織」
「あの場所から:南沙織」
「君の故郷は:デュークエイセス」
「赤いスイートピー:松田聖子」
「なのにあなたは京都へゆくの:チェリッシュ」
「恋の奴隷:奥村チヨ」
「ひとりじゃないの:天地真理」
「漁火恋歌:小柳ルミ子」
「くちづけからもう一度:九重佑三子」
「夏ひらく青春:山口百恵」
「雨音はショパンの調べ:小林麻美」
「越後獅子の歌:美空ひばり」(合掌)
「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー:日野てる子」
「ジン・ライム:西島三恵子」
「渚のバルコニー:松田聖子」

SD1 の色の偏りを調査中 2012/06/04


2008年の6月に SD14 でマクベスカラーチェッカーを撮影して、色の偏りを調べた。



この時は SPP でグレーの階調を整えて、他の色がどれくらいカラーチェッカーの理想値
と異なるのかを調べた。

これを SD1 でやろうと試みている。

SD1 以外の X3F ファイルは SPP でハイライトスライダーやシャドウスライダーが普通に
働くので、グレーの階調を整えることはさほど困難ではない。しかし、SD1 の RAW ファ
イルに対して SPP でトーンカーブをコントロールしようとしても、ハイライトスライダーや
シャドウスライダーの反応がまるで違うのでなかなかうまく行かない。

昨日から今日に掛けてイロイロと試行錯誤しているのだけど、グレーの階調を整える事
すら出来ない。また、横着をして撮影したので、画面全体の明度にムラがあって、もっと
ちゃんと撮影しないとダメな事が判明。

明日と明後日は普通に忙しいので、再挑戦するための時間を作ることが難しい。6月10
日(SD1 発売1周年記念日)までには何とか格好を付けて公表したいと思っている。


販売が終了してしまった 3G 外部接続端子用オーディオテクニカのマイク付きヘッドフォ
ンアダプターが来た。早速試して見たがヘッドフォンをしていても、通話が出来る。しば
らく使って見るつもりだけど、ハンズフリーがあまり好きではないのでどうなるやら。


ウェブサイトの記事を充実させるべく、DP1x、DP2x、SD15 を触っているのだけど、やは
り手になじんでいるせいかこれと行った不満がない。良く出来たカメラ達である。

浅草とスカイツリー 2012/06/03


今日は予報より良い天気となった。東京メトロ浅草駅の地下街で高校の後輩が小さな
ディスカウントショップをやっていて、今日はそこへ遊びに行った。手土産に9年ほど前
の AV を 90 枚ほど持って行ったのだけど、迷惑だったかも知れない。(^^;

その浅草駅地下街と隅田川、先月開業したばかりの東京スカイツリーの写真を撮るの
が本当の目的で、2時間半ほど撮って廻った。

家へ帰ってきて、地下街と隅田川の写真はすぐにセレクト出来たのだけど、スカイツリー
の写真を撮り過ぎたため、恐ろしく手間取ってしまった。夕方の6時には、選択した 120
枚程度の RAW ファイルをとりあえず「オート」で現像しながら記事を書いていた。

400 枚ほど撮ったものからちゃんと垂直が出ているものだけを残すのに3時間くらい掛
かって、その間に食事もしているので、4時から始めて終了したのが午後11時。かなり
疲れた。


さすがに何度もスカイツリーを撮っているので、垂直を出すのがいかに難しいかが判っ
ている。とにかく1カットに付き7枚くらい垂直ブラケットをやって撮る。三脚を持って行け
ば良いのだけど、スカイツリーの周囲はかなりの人混みなので、危なくて三脚は立てら
れない。

ここには地下街、隅田川、スカイツリーを各1枚選択してアップしておく。作例画像には
この後で追加するので、12時を過ぎてしまうかも知れない。



東京メトロ、銀座線浅草駅地下街

SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @23mm f:8.0 ISO400 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。AF




源森(げんもり)橋からの東京スカイツリー

SIGMA SD1 + 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @10mm f:9.0 ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードは「風景」。MF




吾妻橋からの隅田川、船とスペーシア

SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @30mm f:5.6 ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードは「風景」。AF

羽田はパス 2012/06/02


ヨメさんと「はな」が羽田空港に遊びに行った。私はチョットバタバタしていて、パスしてし
まった。

イロイロとやりたいこととかやった方が良いこととかがあって、結局早朝から午後2時頃
までコンピュータの前に座っていた。やっぱり寝不足なので、久しぶりに昼寝。4時には
ヨメさんと「はな」が帰って来て起こされた。


この前、しおんさんに 50-150mm F2.8 のテスト撮影で色収差が出ているのを ACR で修
正可能かと言うことで、Photoshop でなら出来ますと言って、補正したものをアップした。
しかし、かなり解像感が損なわれていたのが、何か変だなぁと気になっていた。理論的に
は色収差の補正で解像感が低下するのはおかしい。むしろ解像感自体は良くなるはず
だ。と言うことでもう一度よく調べて見た。

やはり Photoshop は悪くなかった。私が色収差の補正をする際に「レンズ補正」で「画
像を自動的に拡大縮小」にチェックが入っているのに気が付かないで実行してしまった
様だ。つまり周辺部での余分な画像の拡大が行われたため、解像感が損なわれた事
が判った。

Photoshop で「画像を自動的に拡大縮小」のチェックを外して色収差の補正をしたもの
を再度、元画像と共にアップする。





@50mm f:5.6 上が元画像、下が Photoshop でレタッチしたもの





@70mm f:5.6 上が元画像、下が Photoshop でレタッチしたもの


余分な色が無くなった分、スッキリしている。ただ、解像感に関してはやはりわずかで
はあるが低下している様な気がする。


さて、明日の天気は今ひとつ。雨が降りそうだったら行かないけど、浅草に出てみようか
と思っている。

音楽データ整理完了 2012/06/01


今朝の3時まで掛かって、昨日リストしたものだけではなくほとんど全ての CD を再リッ
ピング。AAC エンコーダを使って iTune Plus = 256kbps,44.1KHz,VBR で .m4a に変
換した。

5年ほど前、iTune にインポートした時に MP3 の 320kbps,48KHz で記録したため、そ
れはそのままでも良いかなとは思ったのだけど、ファイルサイズが大分小さくなるため、
手の届くところにあった CD は全て .m4a にしてしまった。ストッカーの奥から引っ張り
出さなければならない CD がまだ 20 枚ほど残っているけど、追々やって行こう。

いずれにしても MP3 と違い、そのままケータイで再生できるので、micro SD の中の音
楽ファイルを管理し易くなった。350 曲の限界も何とか我慢できる。350 曲が入っている
フォルダを3〜4種類作っておいて、2〜3ヶ月に1回、そっくり入れ替えてしまえば良
い。どうせいつも基本はランダム再生なのだから・・・。


そんなわけで今日はとっても眠い。早寝をする予定。明日はイマイチの天気だけど、明
後日は雨の予報が出ている。「はな」が行きたがっている羽田空港にでも行こうかと
思っている。


おっと、今日は「写真の日」。だからと言って特に何かがあるわけでもない。昔は結構そ
れなりにイベントがあったのだけど、業界全体が以前ほどの元気がない様でかなり寂し
い写真の日であった。

電波の日でもあるのだけど、そちらも特に何と言うことも無さそう。

初めてのフリーズ 2012/05/31


と言っても当然(?)シグマ製デジタルカメラの話ではない。去年の夏に贅沢なグラ
フィックボードを追加して以来何にも変えていない私のデスクトップマシンが昨日の朝、
起動時にフリーズした。グラフィック系のトラブルである事はデスクトップの表示がおかし
くなっていたのですぐに判った。

デバイスの追加とか、筐体の移動等は行っていないので原因は不明。Ctrl+Alt+Del で
タスクマネージャを起動することも出来ない状態。仕方が無いので電源ボタンの長押し
で強制的にシャットダウン。その後セーフモードで一度立ち上げておいて再起動。何事
も無かった様に動いた。Windows 7 にしてから初めてのフリーズで、同じく初めての
セーフモードでの起動。

おかげでタスクトレイにちゃんと表示されていなかったインテルの SSD Tool Box のアイ
コンが表示されるようになった。その他、特定できずにいた「何となく変」が無くなった。
やはり Windows マシンは何事が無くても半年に一度くらいはセーフモードで起動すべ
きだろう。その後、10 回以上起動しているが至って正常である。


私はケータイを換えると好きな音楽を集めたくなるらしい。先週の土曜日まで使っていた
ケータイは5年前の7月に新しくしたのだけど、私のブログで調べて見ると、その頃アナ
ログレコード用の機器やフォノイコライザー付きオーディオプロセッサなどを買い込んでい
る。LP レコードでしか入手できない音源をデジタル化するためであった。が、実際には
途中で投げ出してしまった。私の好きな古い女性ボーカルを再生するために、大昔に
使っていた小型ターンテーブル(Technics SL-01)とカートリッジ(SHURE V15/IV)を用
意したにもかかわらず納得が行く音が出てくれなかったからだ。CD を聞き慣れてしまっ
た耳はアナログレコードを全く受け付けなくなってしまった。

このターンテーブルやカートリッジは今でも持っている。が、フト思いついて、インター
ネットで検索してみたら5年前にデジタル化を諦めた LP レコードの全て(と言ってもたっ
た7枚だが)が現在では CD で出ている事が判明。これでターンテーブルとカートリッ
ジ、ONKYO のデジタルオーディオプロセッサー SE-U33GPX が不要となる。暇を見て
オークションに出そう。

入手した CD を iTune でインポート(リッピング)。今度のケータイが m4a ファイルを再
生してくれるのは確認済みだったため、CD 5枚を次々にインポート。ケータイの micro
SD にコピーして再生しようと思ったらリストに出てこない・・・。

悩むこと5分。もしかしたら iTune でインポートする時のビットレートが高すぎるのかと
思って iTune の新しいデフォルトである 256 ビット可変から 128 ビット固定に変更し
て、1曲だけインポート。それをケータイの micro SD にコピーしたら、ちゃんと認識され
た。

ケータイがファイルのリストを作成する際に拡張子だけではなく、ビットレートまでチェック
しているとは思わなかった。私の耳は 256 ビット可変と 128 ビット固定を聞き分けるこ
とが出来ないのは判っているので、実用上は全く問題ない。ファイルサイズも小さくなる
し、1分がほぼ1MBになるのでわかりやすい。しかし、本当はせめて 256 ビット可変で
記録しておきたい。

やれやれと思って、ケータイで再生をしようとしたら・・・リストに出てこない。1曲だけの
時は出て来たのに・・・。あ、フォルダが原因か?ケータイ用 micro SD の音楽用フォル
ダは PRIVATE\MYFOLDER\My Item\Music でその下にサブフォルダ1つを作って保存
されたファイルは認識してくれるけど、さらにその下に作ったフォルダの中までは読みに
行ってくれないことが判明。

一番下のフォルダから一つ上のフォルダに全ファイルを移動。ついでにさっき認識してく
れなかったのは 256 ビット可変が原因ではなく、サブフォルダが深すぎたのが原因か
も知れないと考えて、CD 1枚をそっくり 256 ビット可変で再インポート。そして間違いな
く認識してくれるフォルダにコピーしてケータイに装着。

256 ビット可変で記録された .m4a ファイルでもちゃんと認識され、綺麗に再生された。
めでたしめでたし。

ふ〜〜〜〜。疲れた。さて、これから今まで 128 ビット固定で記録してある音楽ファイ
ル約 1,000 曲をすべて 256 ビット可変で再度リッピングしたくなってしまった。いや、確
かに私の耳は 12KHz までしか聞こえないし、128 ビット固定と 256 ビット可変で記録さ
れた音を聞き分ける能力はない。しかし、より良い記録方法があるのであればそれを選
択するのは記録者の義務だろう。とりあえず The Beatls の全曲、南沙織の全曲、山口
百恵 70 曲、西島三恵子 81 曲あたりから始めよう。

ウェブサイト少しずつ更新 2012/05/30


もうすぐ五月も終わる。今月はウェブサイトの古いリンク切れ等を整理をした。昨日は DP
に関する記事を少し追加。期限があるわけではないけど、古くなっている情報や新しく
追加すべき情報を少しずつ更新して行くつもり。

基本的には現行機種に関する記事を追加する形で進めることになるけど、古いモデル
に関する記事も現状に即して整理する予定。しかし、単に古い機種だからと言う理由で
記事を削除するつもりは無い。残して置いて害になるものではないので、可能な限り残
しておく。ただ、古いものである事が読む人にすぐ理解されなければいけない。そのた
めに私の記事には全て年を含めた日付が入れてある。

私自身、古い機器の詳細を知りたくてインターネット上をさまよったあげく見つけることが
出来なかった場合の寂しさを知っているので・・・。


さて、朝一番で仕事が入ったため、 SoftBank のケータイショップに立ち寄ったのは夕
刻になってしまった。基本的に古いタイプのケータイ電話はイアホンを接続すると一般通
話用のスピーカーとマイクは使えなくなるのが仕様だそうだ。

マイク付きのイアホンを使えば良いのだけど、肝心のイアホンが納得の行く音で鳴って
くれない可能性が高い。そこで再びインターネットをさまようこと1時間。オーディオテクニ
カが外部接続端子用でマイク付きのヘッドフォンアダプターを作っていたことを発見。

型番(AT336T)で探したが、黒い色の新品を探し当てることは出来なかった。しかし、
Amazon に駿河屋というショップが中古品を出品していた。ショップから直接買うよりも
20 円高かったが、Amazon だと面倒が無いのでポチッ!

2〜3日掛かると思うけど、ようやく希望していたヘッドフォンアダプターが入手できそう
で嬉しい。このイアホン(SONY MDR-EX90SL)は 2007年の7月に購入して以来愛用し
ているが、他の超高級品より素直な音がするのでまだしばらくは使うことになりそう。

SD 用ボディキャップ 続き 本日2本目の記事 2012/05/29


たった今、ヨドバシから在庫切れとなって1個だけ別便で送ってくることになっていた
シグマ SD 用ボディキャップ、商品名「コンバーターキャップ」が届いた。シグマのオ
ンラインショップに掲載してある写真と同じ、古いタイプだった。

どうやら新しい(と言ってももう2年も前からシグマ SD のボディには付属してくる)
タイプのボディキャップを購入することは不可能なようだ。これで予備のボディキャッ
プが4個になった。


日曜日に新調した SoftBank のケータイ。105SH にイアホン接続用のアダプターを
接続すると、全く通話が出来なくなることが判明。全てのアダプターメーカーのサイ
トを調べまくったが、対応機種に 105SH が記載されているものは一つもなかった。
純正のイアホンなら大丈夫だろうか?

私の micro SD カードに記録されているのはたった 500 曲。だけどこのケータイの
メディアプレーヤーは 350 曲までしかファイルを認識してくれない。う〜〜〜n。
困った。

私はケータイを使って写真を撮るわけでもないし、モバイル端末として使うわけでも
ない。が、せめて好きな音楽くらいは聴きたい。パソコンがないとイロイロと管理が
できないケータイは使いたくない。だから iPhone は私の選択肢から真っ先に外れる。

スマートフォンもインターネット接続が前提となっているものばかりなので、これも
外れる。ヨメさんが SoftBank なので、私も SoftBank でなければならない。
シグマの会社用ケータイも SoftBank だ。

明日の朝は、SoftBank のショップへ行って、もう一度相談してみなければならない。

SD 用ボディキャップ 2012/05/29


シグマの SD 用アクセサリーの中には「ボディキャップ」が存在しない。大昔からボディ
キャップは「コンバーターキャップ」として売られている。このボディキャップは2年程前に
新型に変わった。現在シグマ SD を購入するとマウント部に着いているキャップは丸みが
あって、周囲がギザギザになっているタイプである。私はそのキャップが欲しくて2年
ほど前に、新型になった後でシグマのオンラインショップで「コンバーターキャップ」を3個
注文した。が、送られて来たのはオンラインショップに写真が掲載されている通りの旧タ
イプであった。orz

ボディキャップが新型になって2年が経つにもかかわらず、オンラインショップに掲載され
ている写真は未だに旧タイプである。だから注文して旧タイプが送られて来ても文句は
言えない。

実は一昨日、ケータイのアクセサリーをヨドバシドットコムに発注する際、ついでにコン
バーターキャップを2個頼んだ。在庫有りになっていたが、1個しか在庫が無かった様
で、とりあえず1個だけ送られて来た。淡い期待は裏切られて、送られて来たのはやは
り旧タイプだった。確かにボディキャップとして全く問題なく使える。しかし、2年以上経っ
てもまだ旧タイプの在庫が無くならないというのが凄い。在庫切れでメーカーからの取り
寄せになったもう1個のコンバーターキャップは果たして新型が送られて来るのだろうか?

なお、新型になって約1年半が経つリアキャップ(SA 専用型)は新しいものが送られて来た。



左からコンバーターキャップ、リアキャップ、SD 用アイカップ EC-11、ホットシューキャップ
HSC-11。上はシンクロターミナルキャップ。現在 SD1 はバッテリーを 24 時間抜いたら、
時計がリセットされるかどうかのテスト中のため DP2x で撮影。

某高知のプロカメラマンさんと一緒で、何でもかんでも予備が無いと落ち着かない。特
にキャップとかアイカップとかは無くし易い。写真には撮らなかったが、SD9/10 用の液
晶モニタープロテクターも新品で持っている。

現在全く予備が無くて不安なものが4つある。SD 用バッテリー BP-21 に付いてくる接
点保護キャップ。SD1 用のアイカップ EC-21。SD 用レリーズソケットキャップ は4個も予
備を持っていたのにとうとう無くなってしまって現在1個不足している 。そして、これも1
個行方不明になってしまった PG 用の接点保護キャップ。

ダメ元で検索してみたら SD1/SD1 Merrill 用のアイカップ EC-21 はヨドバシで購入でき
るようだ。まぁ、無くて困るものではないのだけど、何となく不安である。ちゃんと品番が
付いているのは EC-21 だけである。それ以外は部品扱い。全てオンラインショップから
は買うことが出来ない。多分、BP-21 用の接点保護キャップは OEM で、ワンセットに
なっているものだから別売りは無いだろうなぁ。


SDHC メモリーカードを全て SanDisk Extreme Pro 95MB/s に換えたけど、このカード
は本当に速い。SD15、DP1x、DP2x の全てが速くなる。とっても高いけど、速度を望む
方にはお薦め。
【追加】 DP 用(SD にも使える)ホットシューキャップ HSC-11 はオンラインで購入可能。

ケータイのイアホン接続アダプター 本日2本目の記事 2012/05/28


昨日、ケータイを新調した事を書いた。今まで使っていたパナソニックのケータイはイア
ホンの接続に平形端子と呼ばれる専用の端子を持っていた。私はその端子にプラグア
ダプターを接続して普通のイアホンを使い音楽などを聴いていた。が、今回購入した
ケータイにはその平形端子が無い。平形端子のカバーと間違えて赤外線通信用のセン
サーカバーを無理矢理外してしまいそうになった。幸い、マニュアルをダウンロードして
読むことで、とんでもない失敗は免れた。

しかし、3G外部接続端子(充電器を接続する部分)を使う純正のイアホンはあるけど、
一般的なステレオミニプラグを使ったイアホンを使うことが出来ない。どうしても使いたい
イアホンがあるため、ネットをさまようこと20分。2種類のアダプターを見つけた。最終的
には充電しながらでもイアホンや平形端子を使うマイクセットなどが接続可能となるアダ
プターを見つけて発注。今届いた。シグマ、もとい、オズマ(osma) ADD-20 と言う。
osma はケータイ用のイロイロなアクセサリーを製造販売している会社らしい。



SD1 で写したケータイ(Softbank 105SH) とプラグアダプターとイアホン
イアホンは正確には SONY MDR-EX90SL ステレオイヤーレシーバーと言う。
充電池を除けば、我が家にある唯一の SONY 製品である。

SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @38mm f:11.0 4Sec. ISO100
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でホコリ、彩度等をレタッチ。

実際に使って見ると、やはり少々大きい。ステレオミニプラグだけのアダプターもあるの
で、そちらのが良い場合もありそう。

SD1 時々 Err 2012/05/28


SD1 のファームウェアを 1.06 にアップデートしてから Err の表示で書き込み中に止ま
ることが3回ほど起きた。幸いすぐに気が付き、大切な写真が撮れなかったと言うことは
なかったので、あまり気にはしていなかったのだけど、今更のように思い出した。あまり
頻繁に起きるようなら、シグマに送らなければいけないのだけど、1日に1回とか起きる
わけではないし、必ずバッテリーの容量が残り少ない時に起きることが判っ
ている。

DP シリーズ用の純正バッテリーは安いので、あまり気にはならないが、SD 用のバッテ
リーは結構高い。私は純正を4本しか持っていない。その内1と2は SD14 の頃のもの
なのだけど、まだ使える。SD1 導入後互換バッテリーを4本ほど買って、テストしたけど
純正と比べて持ちが悪いと言うことも無い。

バッテリー1本で撮影可能な枚数は SD1 で RAW+JPEG Hi だと 350 枚くらい。SD15
だと 400 枚くらいである。ただ、撮影後背面液晶で画像をチェックする回数が多くなれ
ばなるほど撮影できる枚数は少なくなる。パナソニックによればリチウムイオン電池の
寿命を短くする原因の一つは満充電で長時間放置することだそうだ。つまり、満充電
後、3〜40枚の撮影を行った状態で保存すれば寿命が延びると言うことだろう。解って
はいるけど、かなり面倒なのでそれを実行しているわけでは無い。また、互換バッテ
リーなら、かなり安いのであまり気にすることも無いだろう。

ちなみに、お薦めの互換バッテリーは ROWA の NP-400-J の2本セット で現時点での
価格は¥3,460 である。ただし、この電池を使って万一トラブルになった場合、シグマの
保証は受けられないことを承知で使わなければならない。

DP 用のバッテリーは純正のみを 10 本持っている。が、防湿庫で眠っているものも含め
て、所有している全ての個体に1本入れているため、実際の予備は4本。足りなくなっ
たことは一度も無い。

全てのバッテリーにはテプラで作ったナンバーが貼ってあり、必ず交換のために抜いた
バッテリーの次の番号を使うようにしている。古いモデルに入れっぱなしになっている
バッテリーは年に2度ほど充電し直し、その際にカメラも日付や時間チェックして、ちゃん
と撮影出来るかどうかも確かめている。今月は全ての休眠中マシンをチェックしたので、
次は11月くらいか・・・。

さて、今日は午後1時半には南多摩にいなければならない。昼前に出発である。

と言うことで今日の一枚。



SD15 で写した SD1 その2。

SIGMA SD15 + 85mm F1.4 EX DG HSM @f:6.3 1/10Sec. ISO50 EV-1.0
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。ノーレタッチ。

おっと、この状態の SD1 について説明。普通このような状態(バッテリーパックを着けて
三脚に乗せ、レリーズも使っていない)で SD1 を使用する事は無い。唯一この使い方を
するのは三脚に乗せて手持ち撮影をしなければならない時だ。つまり被写体が動いて
いる場合。それでいて水平などをしっかり確保しておきたい時にパン出来る状態にして
おいて撮影する事がある。実際には今までに SD14 と SD15 で2回しか行ったことはない。

ケータイを新調 2012/05/27


だましだまし使って来たのだけど、いよいよケータイの不具合が許容範囲外となった。
着信音が鳴らないのは困る。仕方がないので、ケータイを新しくした。と言っても今
はやりのリンゴのマークが付いているやつとかアンドロメダだかなんだかとは違って
ごく普通のケータイ(あ、最近はそっちのが普通じゃないのか)である。

近くにある SoftBank のケータイショップに行って「かんたんケータイください」と言った
ら、「かんたんケータイは今まで普通のケータイを使っていた方だと、却って戸惑います
よ。」と言われておねぇちゃんの言うがまま、シャープの普通のケータイを買ってしまっ
た。

今までケータイは絶対にパナソニックと決めていたのだけど、去年のモデルからワン
プッシュで開くボタンが無くなってしまった。これから一生懸命ケータイを開く練習をしな
ければならない。(^^;

私はケータイでインターネットに接続することがほとんど無い。なのでスマートフォンは不
要である。普段テレビもあまり積極的には見ないのでワンセグも要らない。が、今度の
ケータイ 105SH にはワンセグが付いている。緊急時には何かの役に立つかも知れない。

新しいケータイの設定をああでもないこうでもないとやっていたら2時間ほどが、アッと言
う間。

ま、と言う訳で今日の一枚。



SD15 で写した SD1 その1。インユースで撮影。

SIGMA SD15 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @76mm f:9.0 1/4Sec. ISO50 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。ノーレタッチ。

葛西臨海公園へ 本日2本目の記事 2012/05/26


朝の10時くらいになって、「はな」が突然、葛西臨海水族園と公園の大観覧車に乗
りたいと言い出した。ヨメさんも私も異存はなかったため、一緒に出かけることになっ
た。私は SD1 に 10-20mm F4-5.6、17-50mm F2.8、50-150mm F2.8 を持って出かけた。

とても良い天気で、写真日和でもあった。「はな」は葛西臨海水族園には大好きなクラゲ
がほとんどいないことが少々気に入らないようだったけど、観覧車には喜んでくれた。

そんなわけで今日の2枚。



大観覧車に乗ってご機嫌の「はな」
SIGMA SD1 + 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @16mm f:7.1 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。ノーレタッチ。




公園で咲き乱れていたポピー
SIGMA SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @110mm f:4.0 1/800Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。NeatImage でノイズをレタッチ。

「SD1」にポピーを4枚、「はな」を5枚アップしたのでご笑覧頂ければ幸いである。


「しおん」さんから APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm と 70mm で見られる倍
率色収差について、ACR で補正が可能であるかとのお問い合わせがあった。

SD1 の X3F ファイルを ACR で直接開くことはできないので、現像済みの TIFF をアドビ
ブリッジを使って Camera Raw として開いた。

ACR では色収差の補正が「レッド/シアンフリンジ」と「ブルー/イエローフリンジ」しか
ないので、イロイロやってみたけど、なかなか綺麗にはならない。仕方がないので、
Photoshop の「フィルター」→「レンズ補正」を使った。

Photoshop の「レンズ補正」には上記の他に「グリーン/マゼンタフリンジ」もあるので、
すぐに補正できた。

> しおんさん

ACR では上手く補正できませんが、Phothoshop を使えばかなり綺麗になります。



@50mm f:5.6



@70mm f:5.6

ただ、ご承知とは思いますが、「レンズ補正」で「歪曲補正」や「色収差補正」を使いま
すと元の画像が持つ解像感が大きく失われますので、私はこれらの補正を使わない様
にしています。

すがすがしい天気 2012/05/26


家でのんびりしている。ウェブサイトの記事に何か追加をしようと思っているのだけど、
何を追加すべきかイマイチ明確にならない。

仕方がないので、今日の一枚を撮ってみた。



SD1 で写した DP2x その2。インユース(使用中状態)を後から撮影。

SIGMA SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:5.6 1/60Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。1枚の写真から露出を変えて3枚現像。
その3枚を合成。

チョット疑問。「イジメ」とも言う。 本日2本目の記事 2012/05/25


仕事を終えて家へ帰ってきたら、シグマからいつものメールが届いていた。レンズ開発
物語には、たまたま今日2度目のテスト撮影をした APO 50-150mm F2.8 EX DC OS
HSM が取り上げられていた。

シグマからのメールを受信していない人のために、全文を掲載しようかと思ったけど、
著作権的な問題があるかも知れないので止めておく。部分的な引用なら大丈夫だろう。

│そこで今回、レンズ構成を一新し、手ブレ補正OS機構を新たに搭載した
│SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMを開発致しました。
│2011年6月に弊社のフラッグシップ機であるSIGMA SD1が発売され、より
│高画質な交換レンズを求めるお客様も多くなり、この製品は特に画質に
│非常にこだわった設計を行いました。

開発の動機である。SD1 での使用を想定していることが明示されている。

●このレンズの特徴
│・SLD(Super Low Dispersion:特殊低分散)ガラスを6枚採用し、軸上色
│ 収差と倍率色収差を徹底的に補正

だそうだ。

で、下に本日 SD1 でテスト撮影したものから2枚を原寸でトリミングしてアップしておく。



@50mm f:5.6



@70mm f:5.6

実は SD1 で倍率色収差がこの程度しか出ないレンズは、かなり優秀である。が、

「ぜひフィールドで色収差のほとんどないクリアでスッキリとした画質の良さをお試し
ください。」とまで言い切って良いかどうかは少々疑問。

SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM 2回目のテスト 2012/05/25


シグマに 50-150mm F2.8 で露骨に片ボケが出ている画像を送ったら、送り返して欲し
いとの事だったので、送り返した。昨晩、それが送り返されて来た。シリアルナンバー
が異なっているので、別の個体である。

今日は夕刻に仕事先に行かなければならない。午前中は時間が取れたので、各焦点
距離、絞り開放と f:5.6 でいつもの風景を撮影した。



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:2.8
ズームレンズの広角端、絞り開放でこの描写をする。周辺部にわずかな甘さを感じるが
絞り開放である事を考えれば立派。



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:5.6
周辺部の描写もかなり良くなる。十分に良い描写。




SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @70mm f:2.8
MACRO 70mm F2.8 と比較すれば、周辺部に甘さを感じる。が、中心部は MACRO を
上回るような描写。絞り開放である事が信じられない。



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @70mm f:5.6
四隅にごくわずかな甘さを感じるが、ほぼ完璧。




SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @100mm f:2.8
おそらく MACRO 105mm F2.8 と比べてもほとんど遜色は無いだろう。左下に像の流
れを感じるが、絞りが開放である事を考えれば十分に許容範囲。



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @100mm f:5.6
掛け値無しにマクロ並み。ほぼ完璧。




SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:2.8
中心部の描写が MACRO 150mm F2.8 と比較しても十分に良いことは確認済み。ピン
ト位置の関係で、150mm では右端に多くの甘さを感じる。まだ、わずかな片ボケが
残っているようだ。



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:5.6
MACRO 150mm F2.8 と互角と言ったら褒めすぎだが、中心部は間違いなく MACRO
を越えている。凄いレンズ。


絞り開放では MACRO 70mm や MACRO 150mm と比較した時に判るわずかな周辺
部の甘さがあるが、相変わらず中心部はカリカリである。良い意味で、全体的な描写は
1本目とほとんど変わっていない。以前の片ボケと比較するとかなり良くなっている。
が、完璧と言えるレベルではない。例えば画面の右端でピントを合わせると左端が甘く
なったりする。

12-24mm の設計者の方が会津工場へ行くと石を投げられると言う話を(もちろん冗談
だろうけど)聞いたことがある。このレンズも全ての個体を全く同じものとして製造するこ
とが難しいレンズなのかも知れない。いずれにしても非常に良いレンズである事は確か
で、このレンズを SD1 で使うことをためらう必要は全く無い。

フルサイズカメラにおける 70-200mm に相当する、75-225mm の焦点レンジをもつ解
放値 F2.8 通しのズームレンズ。特にジャンルを限定する必要も無いくらい一般的なレ
ンズである。APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM も以前チェックしたけど、こちらの方
が良い描写をする。APS-C サイズのイメージセンサーが使われているカメラのユーザー
であるなら、70-200mm よりは、こちらをお薦めしたい。


を、アップしようとしたら、シグマのサイトに社長からのメッセージが・・・。

SIGMA DP2 Merrill の開発状況についてのお知らせ

7月ですか・・・。紅葉には間に合いそうだ。

レンズの評価を追加 本日2本目の記事 2012/05/24


ウェブサイトの「FAQ 非公式版」にテスト撮影だけして、評価をしていなかったレンズを
加えた。まだ、何か忘れている様な気がするのだけど魚眼と超望遠系以外は全て網羅
していると思う。なお、魚眼系がテストできていないのは私があまり興味が無いからで
ある。が、近い将来実写のテストをしてみたいと思っている。また、いつか 200-500mm
F2.8/400-100mm F5.6 で西船橋の屋根を撮って見たいと思っていることも白状してお
こう。


シグマ製デジタルカメラについて、イロイロと書き足りないことがある様な気がしている。
特に DP1x や DP2x に関しては私自身が大きな不満が無いために、あまり事細かに書
いていない。何せこの1年は SD1 に掛かりっきりになっていたせいで、SD15 に関して
も、今ひとつ突っ込みが足りない感じである。

14M FOVEON を搭載しているカメラがこれから先も製造が続けられる可能性は高いと
は言えない。私的には 450 万画素は実用上十分な画素数だと思っているので、無く
なってしまうのは寂しい。が、別の観点で考えると 1500万画素の各ピクセルをキッチリ
使えなくても、同じレンズで撮るのであれば、同じ表現が可能なのだから悩む必要は無
いとも言える。しかし、それは SD1 および SD1 Merrill が性能的に SD15 を越えている
場合の話だ。21 枚の連写が出来て、同じくらいの時間で書き込みが終了するのであ
れば文句は言わない。現像時にノイズを低減することで解像感が低下しないのであれ
ば文句は言わない。

ユーザーから見て、SD1 が SD15 を越えているのは画素数だけである。もちろんマグネシ
ウム製の筐体は悪くない。が、私は大昔から、エンプラのがショックを吸収してくれる
から好きであると書いている。防塵防滴も悪くはない。しかし、未だに防塵防滴のレン
ズは売り出されていない。

AF のポイントが増えたこと、全てのポイントがクロスセンサーである事はとても良い事
だ。しかし、AF の精度そのものがカメラの描写力に追いついていないのだから、結局は
どうでも良い話となる。

AE センサーは SD15 と SD1/SD1 Merrill では同じものが使われている様だ。かなり文
句を書いてきた SD1 の評価測光もここへ来てだいぶ良くなった感じがする。あるいは私
が AE のクセを覚えてしまったからか、必ず撮影後にヒストグラムをチェックする習慣が
身についたからかもしれない。

SD1 でのホワイトバランスはオート以外使ったことがない。十分に良い。ただ、SPP で現
像する際にグレーになって欲しいポイントをクリックする事は必須である。そして、それが
気に入らなかったら、気に入るまで修正することも必須である。色なんて、撮影者が気
に入るかどうかだけの問題である。


まぁ、早い話が DP1x、DP2x、SD15 に関してはそれなりに満足できるレベルのカメラに
なったため、イロイロ書かなければいけないことが少なくなり、必然的に記事の対象か
ら外れて行ったと言うことである。

会長もそうだったけど、社長もユーザーが何に満足しているかより、何を不満としている
かの話ばかり聞きたがる。だからこちらも褒めるよりけなすことのが多くなってしまう。し
かし、それによって大好きなシグマの製品がより良いものとなってくれることを願ってい
るためである事をご理解頂きたい。

FOVEON センサーはスカーレット・オハラみたいなものである、一度その素晴らしさを
知ってしまうと多少の欠点は気にならなくなってしまう。

とにかく、少しずつではあるが、ウェブサイトの記事も充実させて行きたいと考えている。

おっと、50-150mm F2.8 が届いた。

「maroのウェブサイト」を大掃除 その2 2012/05/24


昨日からの続きを朝のウチに済ませた。私のウェブサイト及びブログの全てのリンクを
調べて、無効なリンクを全て無くし、リンクされていないファイルを削除した。

ついでに今日時点で私のウェブサイト及びブログに掲載されている大きい画像の枚数を
調べたら 7799 枚あった。1万枚までにはあと3年くらい掛かりそうである。

「はな」もぼちぼち大きくなって来たので、一般公開をいつまで行うべきかの判断をしな
ければならなくなって来た。少女趣味の方が喜びそうな写真は掲載していないつもりだ
が、何とも難しい。将来的には非公開にすることも考えている。

とりあえず、今日の一枚。



SD1 で写した DP2x その1。インユース(使用中状態)を撮影。

これが 7,800 枚目。

SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:8.0 1/25Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。ノーレタッチ。

写真右上のぼんやり霞んだ黒点はセンサーのホコリではなく背景の黒点。

「maroのウェブサイト」を大掃除 2012/05/23


昨日は会社その1が意外と早く終わったため、パスしてしまおうと思っていた会社その
3へ行った。結局午後7時まで仕事をしてしまった。おかげで今日は家で仕事となった。

昨日から「maroのウェブサイト」や「作例画像集」を細かくチェックしている。昨日は
SD1 の作例に振ってあった番号がハチャメチャになっていたので、全て振り直した。

今朝はアップしてあるけど現在では表示していない画像などを探し出して大掃除をす
る予定だったけど、実際にはほとんど無かった。借りているサーバーは 40G の容量が
あるが、既に 16.5G も使っている。実際にファイルのサイズを合計すると確かにその
程度のサイズ(17.6G)がある。

その後ブログの全ての記事も含めて、外部リンクを全てプログラムでチェック。4268
の外部リンクを解析して、リンク切れは再度張り直し、完全に無くなっているものは
リンクを外した。私自身がコントロール出来るものは全て潰したのだけど、まだメー
カーサイトへのリンクなどが一部切れたままになっている。一番面倒だったのは
Nifty 動画のサービスが終わった時にそのままにしておいた動画を全て YouTube
にアップし直したこと。しかし、いずれも2〜3年前のものなので、もう誰も見な
いだろう。(^^;

とにかく、見た目は何にも変わっていないので、15時間も掛かったのにそれが誰に
でもすぐに分かるわけではないのが何となく悲しい。(^^;

と〜〜〜っても疲れたので、今日はこれまで。

少し疲れた金環日食 2012/05/22


3時間ほどだったけど、結構一生懸命に撮影したせいか、昨日の金環日食は少し疲れた。

今日は午後から会社その3で仕事の予定だったけど、会社その1に呼ばれてしまい、
明日の朝でも大丈夫と言うことで会社その3はパス。

APO 100-300mm F4 もしばらくは出番が無くなる。金星の日面通過が6月6日にある
けど、小さい穴が空いた太陽を撮っても、面白い写真になるかどうか・・・。8月14日の
金星食のが写真にはなりそうだけど、午前3時とは微妙な時間ではある。

会社その1へ出向く前にこのところシリーズで撮っているシグマ製デジタルカメラ、今日
は DP2x の番だ。が、DP1x についてのイロイロを書き忘れたので、ここで書いておこう。

DP1x が発売されたのは 2010年9月30日。SD15 が発売されたほぼ3ヶ月後の事で
あった。基本的には 2009年4月に発売された DP2 にAFE を付加して、16.6mm のレ
ンズを着けたものと言える。DP1 の操作性と DP2 の操作性はかなり違っていたので、
この DP1x でようやく DP2 並みの速度と操作性になり、14M イメージセンサーを搭載し
た DP1 シリーズの最終モデルとなった。

DP1x で気を付けなければいけない点は「カラーモード」である。以前にも書いたけど、
SD15 と DP1x の2機種では「カラーモード」を変更した際の仕上がりが他のモデルとは
異なり、かなり派手な変わり方をする。他のモデルと色味を合わせたい時には「ニュート
ラル」で撮影なさることをお勧めする。


出勤前に DP2x を撮影しようと思っていたのだけど、何となく乗り気がしないため今日
はパス。

イマイチの金環日食。 2012/05/21


ほぼ予報通りの天気だった。けど、一番肝心な時に太陽が見えなくなるとは言っていな
かった。準備して待っていただけに少々悔しい。

下は DP1x で1分間のインターバル撮影を行ったものから5分毎の画像を抜き出して
重ねたもの。7時10分頃から分厚い雲が出て来て、太陽はまったく見えなくなってし
まった。焦った私は、7時20分から、事もあろうにフィルターを外して撮影をしてし
まった。1時間ほど経って太陽がうっすらと見える様になってから再び、フィルター
を戻した。なので、インターバルタイマーによる連続撮影は以下の様なみっともない
ものとなっている。



SIGMA DP1x @f:8.0 オールマニュアル。インターバルタイマー使用。


SD1 に 100-300mm F4 EX DG HSM + APO TELE CONVERTER1.4x EX DG を着けて
撮った太陽は以下の通り。



始まり 06:22:29

@420mm f:8.0 1/1000Sec. 撮影用アストラソーラーフィルター使用。
1000 x 1000 ピクセルにトリミング



黒点とキッス 06:49:41

@420mm f:8.0 1/1000Sec. 撮影用アストラソーラーフィルター使用。
1000 x 1000 ピクセルにトリミング



雲間の太陽 07:15:59

@420mm f:8.0 1/1600Sec. フィルター無し
1000 x 1000 ピクセルにトリミング



厚い雲の向こうに 07:35:51

@420mm f:8.0 1/125Sec. フィルター無し
1000 x 1000 ピクセルにトリミング

撮影場所は北緯 139度58分12秒9 東経 35度42分1秒4
カメラの時計は撮影前に電波時計とピッタリ合わせたので、かなり正確なはず。


そして、今日の一枚。SD1 は使用中だったため SD15 で撮影



SD15 で写した DP1x。インターバルで日食を始めから終わりまで、地上を入れて撮る
ぞバージョンの撮影時後ろ姿。

明朝の天気はイマイチ・・・。 2012/05/20


金環食そのものはいつも西船橋の屋根を撮っている北側のベランダからでも撮れる事
は確認した。午前8時30分までは大丈夫である。が、日食の始めから終わりまでを撮
るとなると、東側のベランダにカメラを設置しなければならない。もし地上も入れるとなる
と、かなりの広角が必要で、DP1x でも縦位置でなければ全てを入れる事は出来ない。
いずれにしても1分置きのインターバル撮影が良さそう。このあたりで部分日食が始ま
るのは6時 20 分頃で、終わるのが9時過ぎである。え〜と、約2時間 45 分。1分に1
枚撮影すると 165 枚。背面液晶の表示を OFF にしておけば電池は持つかも知れない
が、念のため予備を用意しておこう。カメラを動かさずにバッテリーを交換する為には我
が家にある一番小さな雲台を使わないといけない。

イロイロと組み合わせて、結局こんな風になってしまった。これ以外の組み合わせでは
途中でバッテリーを交換することが出来ない。



SD1 で写した DP1x その1。インターバルで日食を始めから終わりまで、地上を入れて
撮るぞバージョン。

SD1 + 85mm F1.4 EX DG HSM @f:8.0 1/100Sec. 手持ちのため ISO400
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。
NeatImage でノイズリダクション。Photoshop でレタッチ。

バッテリーはこんな風にして交換することが可能だ。



それにしても、明日の天気はイマイチ。最悪の場合は太陽は見えない。運が良ければ
薄雲を通して見えるかもと言った感じ。しかもその予報が丁度金環食が見える地帯に
出ている。まぁ、後は運を天に任すしかない。

「はな」の運動会 2012/05/19


過去の経験から 100-300mm F4 EX DG HSM での一本勝負。SD15 にするか SD1 に
するか、2台持って行くか、散々迷った末、SD1 1台にした。以前2台で撮影したことが
あったけど、結局途中から1台しか使わなくなったし、120-400mm で挑戦した時も
400mm は長すぎてピントが来なかった。

「はな」の写真は日中であればノイズはさほど乗ってこないのと、質感をしっかり出さな
ければいけない類いの写真ではないので ISO400 を選択。

「はな」の出番待ちの時は学校の周りを散策してスナップを少し撮った。そんなわけで、
今日はシグマ製カメラの写真は無し。

今日の2枚。



障害物競走

SIGMA SD1 + APO 100-300mm F4 EX DG HSM @126mm f:8.0 1/2000Sec. ISO400 EV+0.3
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。




5月の紅葉

SIGMA SD1 + APO 100-300mm F4 EX DG HSM @179mm f:5.6 1/200Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。

家でお仕事 2012/05/18


今日は自宅で仕事。と言っても今日中に仕上げなければいけないプログラムというわけ
ではないので、気分的には半分お休みの様なもの。

明日は「はな」の運動会で、明後日は特に予定も無く、何をしようかと思案中。月曜日
は一大イベントの金環日食の日である。

昨日の記事で「底蓋を外してみれば良くわかるけど」と危ないことを書いてしまって
チョット反省。しかし、私の「底蓋外し」にはちゃんとした理由がある。三脚穴がどのよう
な構造になっているのかを調べるためなのだ。

SD14 を三脚に取り付ける時に異常に強い力で締め付けると「プチ」っと音がして、三脚
穴が飛び出してくる。SD15 はプライヤーでも使わない限りは大丈夫である。道具を使わ
ずに締めるのであれば、余程の力で締めても、三脚穴が飛び出してくることはないだろ
う。SD1 は例えプライヤーを使っても、絶対に三脚穴は飛び出してこない。つまり、三脚
穴の取り付け方が機種毎に異なるのだ。まともな精密ドライバーをお持ちで、カメラの分
解に自信がある方は底蓋を外してみると良い。ただし、自己責任となるので、自信のな
い方はやってはいけない。

さて、今日の一枚。



SD1 で写した SD15 その2。パワーグリップ(PG-21)を着けている。

SIGMA SD1 + 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @20mm f:9.0 2Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

御徒町でお仕事 2012/05/17


年に1〜2度呼ばれて行くダイヤモンドの輸入と卸をやっている会社。2年前にネット
ワークカメラを設置したのだけど、それが映らなくなったと言う。電話サポートで電源やら
LAN ケーブルやらをチェックしてもらったのだけど異常は無いという。インターネット上の
ウェブサイトは閲覧できると言うことなのでパソコンが原因ではない。

仕方がないので、見に行った。何のことはない、Windows アップデートでインターネット
エクスプローラのアドインに対するセキュリティーが強化されたようで、ネットワークカメラ
の出力を表示するためのアドインが止められていただけだった。インターネットエクスプ
ローラの上部にその旨が表示されているのに気がつかなかったようだ。

一件落着したところで、帰ろうとしたら Mac からプリント出来ないのだけど・・・。と尋ね
られた。プリンタドライバの自動アップデートを行った後、それをインストールしなければ
ならないのを、そのままにしてあったようだ。が、ユーザーがシステムを変更するときに
求められるパスワードを忘れてしまったと言うことで、そのままになっていた。パスワード
をイロイロ試すようにお願いして帰ってきた。


家に帰ってきたらシグマから 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM を送り返して欲しいとの
依頼のメールが来ていた。片ボケがはっきり判る作例を送っておいたので、どうやら調
整、あるいは交換してくれるらしい。送り先が「カスタマーサポート部」になっていたの
で、「部署名が変わったのですか?」と尋ねたら、四月から「カスタマーサポート部」と言
う名前になったとのこと。以前は「カスタマーサービス部」だった。


で、今日の一枚。



SD1 で写した SD15 その1。

SIGMA SD1 + 85mm F1.4 EX DG HSM @f:8.0 1/15Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

DP2s の発売からわずか3ヶ月後の 2010年6月25日に SD15 は売り出された。SD14
から3年と3ヶ月後のことで、このモデルもかなりの難産だったようだ。SD14 と外観は非
常に似ているが、底蓋を外してみると良くわかるけど、中身はまるで別もの。AE セン
サーと画像処理チップが異なっている。続きは明日。

ぼちぼち DP2 Merrill かな? 2012/05/16


昨日は一日中雨。家でず〜〜〜っと仕事をしていて、結構疲れた。今日は今日で月に
一度のルーチンワーク。慣れたのと新規の商品が少なかったため、いつもよりだいぶ早
く終わることが出来た。その仕事の担当者さんが写真を好きで、会社に D800 を持って
きていたのでチョット触らせてもらった。ずっしりとしていて、なかなか良い感じのカメラで
ある。が、シャッター音は SD1 の方がおとなしい。


五月も半ばを過ぎた。CP+ で社長が DP2 Merrill を5月には出したいと言っていたけ
ど、まだアナウンスがない。センサーと画像処理チップが同じなのだから、撮影後の書
き込みに掛かる時間は一緒だろう。7コマ連写が出来るのは良いけれど、次にシャッ
ターが押せるまでは8秒ほど待たなくてはならず、さらにその次のシャッターは最短でも
約 10 秒毎に1枚となる。

SD1 で困ることの一つは書き込んでいる最中にフォーカスポイントを変更出来ないこと
だ。撮影した直後に構図を変えて撮ろうと思っても全ての書き込みが終了するまで AF
ポイントを動かせない。バッファがいっぱいになるまで撮影してしまうと、その待ち時間
は1分半にもなる。まぁ、動いているものを撮るために作られたカメラではないので、仕
方が無いと諦めるしかない。

バッテリーの持ちがあまり良くないので、オートパワーオフを 30 秒に設定している。な
ので、私の SD1 はすぐに電源が切れる。それはまだ良いのだけど、オートパワーオフ
からの再起動や電源投入時の起動に4〜5秒掛かるのは何とかして欲しい。が、ス
ナップ写真を撮るために作られたカメラではないので、仕方が無いと諦めるしかない。待
てよ、オートパワーオフは多少長めに設定しておいてもあまり問題にはならないだろう。
バッテリーを食うのは液晶表示だ。と言うことで LCD オフを(eco)マークの 10秒に設
定。オートパワーオフは 10 分にしておいた。しかし、DP Merrill のバッテリーはあのサ
イズで大丈夫なのかしら?

DP2 Merrill はおそらく SD1 と同じ様なレスポンスになるだろう。見かけはチョット大きめ
のコンパクトデジタルカメラだけど、とんでもない描写力を持った超小型固定焦点中判
フィルムカメラだと思って使わないといけない。幸いなことに SanDisk が高いけど、かな
り速い SDHC カード(Extreme Pro 95MB/s)を出してくれたおかげで、書き込みの速度
が SD1 より遅くなることはないと思う。全然速くは無いが描写力と引き替えだと自分に
言い聞かせて、我慢しなければならない。

SD15 に対する DP1x と DP2x がそうである様に、DP2 Merrill も SD1 以上のクオリ
ティーを持った写真が撮れるであろう事は容易に想像できる。マイクロフォーサーズ及び
ソニーEマウント用の DN シリーズが高い評価を受けている様だけど、DP Merrill に着
いてくるレンズは、それらのアップグレード版なのだ。

どんなに描写力に優れたセンサーを使っていてもレンズがそのセンサーの能力を上回
らない限り、宝の持ち腐れとなる。SD1 の能力を十分に引き出してくれるレンズは数本
しか無い。ただ、最終的な写真の目的がプリントアウトで、サイズが A3 程度であれ
ば、かなりのレンズが十分に良い描写をするので、実用上の問題はない。AF の精度も
しかり。つまり、私の様な解像度オタク(原寸鑑賞バカとも言う)が贅沢なことを言ってい
るに過ぎない。

と言うことで、本日の一枚。



SD1 で撮った SIGMA DP2s その2

SIGMA SD1 + 70-300mm F4-5.6 DG OS HSM @200mm f:9.0 1/20Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop で少しレタッチ。

DP2s が発売されたのは DP2 が出てから約1年後の 2010年3月29日。DP1s は DP1
のサッポロポテトを修正して、QS の機能をデジタルズームに割り当てられる様にしただ
けのモデルであったが、DP2s は DP2 にパワーセーブモード、AF の速度改善等が付加
されたモデルである。DP2 がその前日にファームウェアのアップデートで AF の速度改
善が成されたため、 DP1s 同様、PS2 からの大きなモデルチェンジとは言いにくいもの
であった。

私が DP2s での変更点で最も評価するのは背面にあるボタンの横にプリントされたサイ
ンの色だ。シグマはこの DP2s 以降全てのモデルで撮影時の操作に関するサインは白
で、液晶モニターに画像を表示させた時の操作を赤で表示する様になった。小さな改善
であるが、実際に使って見るとこの表示色の分別は紛らわしさを無くしてくれた。とって
も高く評価したい。

エネループ・フェチ 2012/05/15


「なぜ?」と聞かれても困るのだけど、なぜか私は「エネループ」が好きで、いっぱい
持っている。トーンズ、グリッター、ショコラなど全て8本パックを4セット買っている。初め
のトーンズ(パステル調)は ken さんと共同で買って、8本売ったので、残りは8本、グ
リッター(ラメ入り)は 16 本残っている。ショコラは現時点で全て残っているのだけど、
絶対に使わないので、24本を現在オークションに出品中。ミッキーとミニーは8本入り
がなかったので、4本入りを4セット買い、ミッキーだけを残して、ミニーの8本もオーク
ションに出品した。が、「可愛い!」と言うことでミニーの出品は取り消した。

その他にソニーへの OEM やエレコムへの OEM、おまけにパナループも8本持ってい
る。全部を合わせるとオークションに出品したものを除外しても、80 本の単三形エネ
ループを持っている。しかもその全てが4本同色セットで、2組を除いて全てデザインが
異なり、普通のエネループは1本も持っていない。今回意を決して 24 本を売りに出した
けど、それを数に入れたら 104 本もの電池を持っていたことになる。我ながら呆れかえ
るエネループフェチである。

しかも、我が家にある単三乾電池を使用する機器全てで何本必要かを数えてみたら、
40 本で足りる。しかもそれらのウチ充電池の使用があまり推奨されないもの(リモコ
ン、時計)が8本分有り、それらには充電池は使っていない。つまり 32 本あれば我が
家の単三電池は事足りる。電池が弱ってきたら、充電済みのものと取り替えれば良い
だけで、全てが同時に使えなくなるわけではないので、予備が8本もあれば十分であ
る。つまり、我が家の単三型充電池は全部で 40 本あれば十分なのだ。が、ヨメさんに
言わせると災害時のことを考えれば、いっぱいある方が良いと言う。まぁ、これ以上増
やさない様に気を付けよう。(^^;


皆さんあまり話題にしていないが、シグマが先週の土曜日から問い合わせ窓口の営業
を始めた。本来シグマは土日祝日が休業日だ。ただし、国民の祝日がある週は土曜日
も営業していることがある。ユーザーサービス部の電話も土日は受け付けない。が、実
はかなり以前は土日祝日に電話しても、誰かが出て、問い合わせに答えてくれる事が
多かった。そして、その電話に出ていたのが故山木会長だったことを知る人は少ない。

いずれにしても、シグマが平日の受付時間も午後6時まで延長し、手厚いユーザーサ
ポートをより充実させてくれたことはとてもありがたいことだ。フト、気が付いたけど、もう
2年くらいシグマには行っていない。土曜日だとほぼ確実に休めるので、近い将来、黒
川まで遊びに行こう。


で、本日の1枚は DP2s。



SD1 で撮った SIGMA DP2s その1

SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:9.0 1/5Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

自宅で仕事モード 2012/05/14


明日までに上げなければいけないプログラムを書かなければいけない。とりあえず、
DP1s を撮ってから・・・。(^^;

数あるシグマ製デジタルカメラの中で、(多分)一番冷たくあしらわれたカメラが DP1s
である。DP1s は DP2 が売り出されてからほぼ半年後の 2009 年 10 月 10 日に発売さ
れた。しかし、それは多くのユーザーが期待していた DP2 に 16.6mm のレンズが着
いた DP1 ではなく、サッポロポテトが出ないように改良され、使う人がほとんどいな
かったデジタルズームボタンに QS ボタンの機能を割り当てられるようファームウェア
が書き換えられただけの DP1 であった。

DP1 の発売から1年半以上が経過していたにも関わらず、その程度の改良で新型を出し
てきたのだ。私は「お茶を濁した」と悪口を書いた。DP1 のスペシャルモデルと言う
位置づけだったため、このカメラに関してはカタログすら存在していない。使用説明
書も DP1 のマニュアルに別冊が付いた形であった。

で、今日の一枚。結構、ホコリだらけでレタッチが大変だった。



SD1 で撮った SIGMA DP1s その2

SIGMA SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:8.0 1/2Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でいっぱいレタッチ。


昨日 SDHC カードを整理した。古いカードを捨てるのももったいないのでオークショ
ンに出品した。SanDisk Extreme Pro 95MB/s が出るまでは、どのカードも書き込
み速度にはさほど大きな違いはなかったため、イロイロ使ったのだけど、SanDisk
Extreme Pro 95MB/s だと SD15、DP1x、DP2x のいずれもが他のカードの 3/4
の時間で書き込みが終了するため、全て取り替えた。

中古の SDHC カードはオークションに出してもほとんど捨て値なので、出品する人は
あまりいない。だけど、使う予定がないものを取っておいても仕方ない。手間暇を掛
けるだけの価値があるかどうかは微妙なのだけど、やはりただ眠らせておくのは「もっ
たいない」と思う。

私が見たい写真 2012/05/13


「はな」の写真を撮ることは、多分趣味では無い。単に愛する娘の姿を残しておきたいと
いう、親としては普通の感情で撮っている。楽しいかと聞かれると、チョット微妙で、
それなりに一生懸命に撮っているつもりだ。

趣味として撮っているのは。西船橋の屋根だろう。シグマ製カメラやレンズの描写力が
どの程度のものかを知りたくて、かなり機械的にではあるが、楽しんで、それこそ必死
になって撮っている。「はな」を撮る時にはシャッターチャンスが第一なので、ピントが
甘くなったり、少々ブレたりすることもあるが、テスト撮影に関してはもの凄くキッチリ
撮っている。

自分が使っている機材の限界(しっかり撮ったらどの程度写るのか)を知りたくて始めた
事なのだけど、皆さんに喜んで頂けるので、止められなくなった。他の人が喜んでくれる
ことを行う事は楽しい。


「はな」をシグマ製デジタルカメラで撮ることは間違っているとのご指摘があるが、それは
正しい。他のカメラならもっと楽に綺麗な写真が撮れる可能性は高い。が、出来上がった
写真を私が気に入るかどうかは、また別問題である。FOVEON だったらもっとまともな写真
になったはずだと思ながら他のカメラで撮った写真を眺める自分の姿は想像できない。

幸いプロでは無いので、自分が撮りたい写真だけを、自分が撮りたいカメラで撮っていれば
良い。何と幸せなことか・・・。


と、言うわけで本日の一枚。たまには掟破りの直射日光。



SD1 で撮った SIGMA DP1s その1

SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:8.0 1/80Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でい〜〜〜っぱいレタッチ。

黒くて光沢があって小さなものを直射日光下で撮影するととても小さなホコリまでしっ
かり目立つ。たった一枚の写真をレタッチするのに2時間半も掛かった。(^^;


ヨメさんの調子がチョット悪い。写真を見に出かけるつもりだったけど、今日はパス。

アップデートして AF をチェック。 2012/05/12


ゴールデンウィークの最中は少し忙しかったけど、今週末は特にやらなければいけない
ことも無くて、気持ちはのんびり。SD1 のファームウェアアップデート後のチェックが
本日の課題。

とりあえずファームウェアアップデートで良くなったはずの AF をチェック。

まず、フルチャージしたバッテリーに交換。絞り優先 AE にして、絞り値は f:6.3 固定。
SD1 を三脚に据えて、普通にコントラストがあり、しかも明るすぎない被写体(電信柱)を
中心に置いた。手をレンズの前にかざして、ピントを合わせ、次に手をどけて、無限遠に
合焦させる、ミラーアップして、1枚撮影。事前に計画したレンズと焦点距離の組み合
わせをチェックしながら、計 21 枚撮影。最後に SMC TAKUMAR 35mm F3.5 で撮影。
あらかじめ CF にコピーしておいたファームウェアでアップデート。その直後に SMC
TAKUMAR 35mm F3.5 で撮影。そして上記を繰り返した。

結果は「少しだけ良くなったようだ」と言った感じ。A3 サイズくらいで見る分には十分で
あるが、1:1で見てしまうと合焦率は 42% 程度。ファームウェアアップデート前は 38%
だったので、少しだけ良くなったと感じた。AF が合い易いレンズと合いにくいレンズがあ
る様で、個体差ではないかと感じる部分もある。ただ、私の SD1 は既に2度もシグマで
AF 精度の点検を行っているので、これ以上は合わないと言うことなのだろう。

他社レンズを着けた時にカメラ内 JPEG や X3F から抽出した JPEG に異常な模様が着
く現象は無くなった。が、周辺部の緑被りに関しては大きく変わってはいない。

ここにファームウェアアップデート前と後の写真を並べておく。



アップデート前 SD1+ SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:8.0 1/100Sec. ISO100



アップデート後 SD1+ SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:8.0 1/100Sec. ISO100


今日は「はな」が比較的近所に出来たイオンモールに行きたいと言うので、行ってき
た。SD1 に 17-50mm を着けて、30 枚程度 AF で撮影したのだけど、1:1で見た場合
に何とかピントが合っていたのは半分程度、何故か「はな」を撮るとボケる。(^^;

やはり SD1 の AF をアテにしてはいけない。



日食観察用メガネ

SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @31mm f:7.1 ISO100
絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード。

SD1/SD1 Merrill ファームウェアアップデート。 本日2本目の記事 2012/05/11


仕事から帰って来たら、SD1 のファームウェアアップデートが公開されていた。SD1 は
Ver.1.06 で SD1 Merrill が Ver.1.01 である。

SD1 Merrill が発売されたときに「同じかどうかはファームウエアを比較してみれば判
る。」と大見得を切っているので、SD1 のアップデートを行う前に両方をダウンロードし
た。

私の予想が正しければ、カメラ名のデータに " Merrill" と言う文字列が入っているかい
ないかの違いしかないはずである。ただ、その文字列がデータ用の領域に格納されて
いない場合には、絶対番地へのジャンプ命令があった場合、そのジャンプ先のアドレス
が変わって来るので、4バイト分のデータに違いが出てくる可能性はある。

ファームウェアに使われているコマンド体系は TRUE II 独特のものであるはずなので、
逆アセンブルしても全く意味がない。つまり TRUE II をプログラムするための特別なプ
ログラミング言語(多分アセンブラに近いもの)を持っていない限りは、コマンドに対して
ニーモニックを当てはめることも出来ない。

専門的な話は置いておいて、単純にバイナリデータを比較してみた。が、途中からバイ
トズレが起きているために私の持っているバイナリエディタではそのズレを考慮しての
比較が出来ない。残念ながらファームウェアが同じかどうかは「不明」となった。


SD1 のファームウェアのバイト数は 17,596,672 バイト。プログラマーから見ると何とも
中途半端な数値である。256 x 256 x 256 = 16,777,216(16MB)ならばとてもスッキリ
するのだけど、それよりほんのわずかだけ多い。メガバイトで表記すると約 16.78M バ
イトである。う〜〜〜n。不可思議。


とにかくシグマからのアナウンスでは、

・AF精度の改善を図りました
・フラッシュの調光精度の向上を図りました
・各種バグを修正し、動作安定性の向上を図りました

となっている。私が散々文句を言っている AF の精度がどれほど上がったかが楽しみで
ある。が、今夜はファームウェアのアップデートはしない。明日、明るくなってからとりあ
えず古いファームウェアで AF 撮影をして、アップデート後にまた同じ事をして見る。良く
なっていたら合格である。

おっと、他社製レンズを着けた時にカメラ内 JPEG がグチャグチャになるのと、レンズ情
報を持たないレンズを着けた時に、直前に着いていたレンズの情報を引きずってしまう
のは直っているはずなので、アップデートした方はチェックしてみて欲しい。

とりあえず、今夜はこれまで。

五月晴れ。 2012/05/11


朝からさわやかな良い天気。仕事も順調。家で仕事をして出来たデータをメールで送って
終わろうと思っていたら、来て欲しいとのこと。あと1時間くらいで出なければいけな
い。

ただ、仕事の合間に(逆と言う話もある)今日の写真は撮ったので、アップしてから出か
けるとしよう。



SD1 で DP2 を撮影。その2。

SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:8.0 2Sec. ISO100
マニュアル露出、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

このレンズも随分と長いこと使っている。が、例によってそのままだと周辺部にかなりの
緑色が乗ってくる。仕方がないので、背面モニターの露出補正値のみを残して、全てモ
ノクロ化してしまった。レタッチとしては大いなる手抜きである。(^^;

その後例によってホコリ取り。かなり小さなホコリがいっぱい着いていて途中で疲れて
しまった。一応、最低限と思える程度にはレタッチしておいた。

SMC TAKUMAR 35mm F3.5 の最短撮影距離は 45cm なので、何もしないとこの大き
さでは撮れない。DP2 Merrill 用に購入済みの 49mm 径、ケンコーのアポクロマートク
ローズアップレンズ #3 を装着して写している。


DP2 は DP1 が売り出された後、1年と1ヶ月以上経過した 2009 年4月 24 日に発売さ
れている。さすがにかなり時間を掛けて開発されただけあって、DP1 のレンズを
24.2mm に変更しただけのカメラではない。

このサイトの「DP シリーズについて」に詳細は書いてあるが、リンクを張るのも面倒なの
で、ここに掲載しておく。

DP1 と DP2 の相違点

1.画像処理チップが TRUE から TRUE II へ進化した。これにより撮影後のデータ書き
込みが高速化され、色の再現性も良くなった。

2.レンズが 16.6mm F4.0 の単焦点レンズが 24.2mm F2.8 となって、35mm フルサ
イズだと 28mm 相当から 41mm 相当になった。つまり、広角からやや広めの標準画
角になり、レンズの明るさも1段明るくなった。それに伴いレンズ部分の出っ張りが
5.8mm 増えた。

3.最短撮影距離が 30cm から 28cm になった。画角が異なるので DP2 のが最大撮
影倍率は高くなっている。

4.モードダイヤルから Auto がなくなって SET UP になった。

5.設定情報を登録しておいて切り替えできる「マイセッティング」機能が付いた。

6.撮影設定の呼び出しが OK ボタンではなく専用ボタンとなった。

7.「クイックセットボタン」が追加された。QS ボタンは1回押すことで ISO 感度、ホワイト
バランス、ストロボモード、測光モードの設定が行え、2回押すことで画像サイズ、色モード、画質、ドライ
ブモードを変更する画面となる。

8.上下ボタンと十字キーの横方向ボタンの機能を撮影モードごとに入れ替え可能に
なった

9.DP1 ではフラッシュモードの変更が割り振られていた十字キーの下ボタンで AF 枠
をすぐに選択できるようになった。

10.撮影中に「OK」ボタンを押すと、矢印キーの機能割り当てが変更できるようになっ
た。

11.デジタルズームは搭載されなくなった。

12.リアルタイムでヒストグラムが表示される様になった。

13.ビューファインダーを取り付けたときのために、背面液晶に撮影時パラメータのみを
表示する機能が付いた。

14.グリッド表示の種類が増えた。4、9、16分割から選べるようになり、実線か点線を
選択可能である。

15.SD14 のようにコントラスト、シャープネス、彩度を設定できる様になった。

16.カラーモードが DP1の3種類から7種類(スタンダード、ビビッド、ニュートラル、ポー
トレート、風景、白黒、セピア)に増えた。

17.インターバルタイマー機能を搭載。撮影間隔は30秒〜24時間、撮影回数は2
回〜∞に設定設定できる。

18.データの保存中に撮影条件の設定変更が可能になった。

19.ISO 1600 が設定可能になった。

20.AF の速度が高速化された。

21.背面液晶の表面処理が変更されて、見やすくなった。

22.縦位置自動判定機能が付いた。


とこれだけの変更点がある。つまり DP1 と DP2 は似ていて、非なるものなのだ。そして
これらの大きな変更点が DP1 に反映されるのは1年と6ヶ月後に出た DP1x である。


さて、DP2 での今日の一枚。「五月の雲」



SIGMA DP2 @f:7.1 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード。

天気は薄曇り・・・自宅で仕事。 2012/05/10


明日まで上げなければいけないプログラムが2本有るのだが、面倒なものではないの
で、気分はのんびり。

今日の被写体は DP2。レンズは MC-JUPITER 9。ゾナー 85mm F2 をコピーしたと言わ
れているレンズであるが、実際にはコピーと言うよりはゾナー 85mm F2 そのものと言っ
ても良い。シリアルが 00 で始まっているので製造されてから12年。JUPTER-9 として
は比較的新しい。残念ながら4年ほど前に製造が終了した様で、もう新品で入手するこ
とは出来ないかも知れない。

某レンズメーカーのレンズと一緒で当たり外れがあるらしい。私の個体は比較的新しい
せいもあって、「大当たり」である。絞り解放では呆れるほどフレアが多く、かろうじて芯
はあるもののかなりソフトフォーカスな描写。しかし、絞るにしたがってカリカリになってく
れるので、このレンズだけは手放す気がしない。我が家に来てからもう9年、最古参の
レンズである。



SD1 + MC JUPITER-9 85mm F2.0 @f:8.0 1/40Sec. ISO100
マニュアル露出、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

なお、現在の SD1 (ファームウェア 1.05)でこのような他社製のレンズを使うと、カメラ
内 JPEG や抽出 JPEG では凄まじいことになる。



まぁ、こんな感じである。が、幸いなことに RAW を SPP で開いた状態では、



こうなっているので、周辺部の緑被りさえ何とかしてあげれば、使えない訳ではない。カ
メラ内 JPEG や抽出 JPEG でのグチャグチャはおそらく次のファームウェアで直ると思
う。が、周辺部の緑被りは SPP がその修正機能を持ってくれない限り、レタッチソフトで
直すより他に方法は無い。もちろん、いくらユーザーサポートに秀でているシグマでも、
SPP に他社レンズのための周辺部の緑被り補正機能を持たせることは、まずあり得な
いと思う。


そして、昨日の昼間は仕事で忙しすぎたために撮影する事が出来なかった DP1 による
1枚も掲載しておく。やや扱いにくいこと、遅いこと、サッポロポテトが出ることの3弱点
が無ければお薦めなのだけど・・・。写りは確かに凄いカメラである。なお、この後の
DP1s や DP1x より DP1 のが良い描写をすると言う意見がある様だけど、私が比較テ
ストをした結果は「全く同じ」である。



SIGMA DP1 @f:6.3 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AWB、AF。

ビッシリ仕事だったけど・・・。 2012/05/09


朝5時から働いて、一応、片が付いたので気持ち的にはのんびり。

家へ帰ってきたのは7時を過ぎてはいたが、DP1 の後ろ姿を写した。



SIGMA SD1 + 85mm F1.4 EX DG HSM @f:9.0 3.2Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

たまにはレタッチ前の写真をお目に掛けよう。下の写真を上の様にするのに要した時間
は1時間半くらい。どこがどれだけ違っているか、じっくりご覧頂き、楽しんで頂けれ
ば幸いである。



レタッチ前の写真。上の写真は同じ現像パラメータ、TIFF 16ビットで出力してレタッ
チ後8ビットモードにして JPEG 化している。

DP1 はリリースされた直後に画面の中に太陽を入れて写真を撮ると実に派手なゴースト
が出ることが判明。通称「サッポロポテト」と呼ばれた。実は山木社長もこのゴーストを
「サッポロポテト」と呼んでいた事を私は知っている。(^^;

自宅で仕事。 2012/05/08


明日までに仕上げなければいけないプログラムがあって、今日も多忙。

SD1 で DP1 を撮影してレタッチ。本日はこれだけ。



SIGMA SD1 + 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @20mm f:9.0 0.4Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

DP1 はプロトタイプが 2006年の9月26日にフォトキナで発表され、2007年の年頭の発
売を目指すとなっていた。が、実際に発売されたのは 2008年3月3日。SD14 発売のほ
ぼ1年後であった。後にシグマの方が「はじめにこれほど大変だと分かっていたら、開
発に着手しなかった」と語っている。比較的大きいサイズのイメージセンサーを内蔵した
コンパクトデジタルカメラの先駆者で、他社がそれに追従するのには、もっと長い時間が
掛かった。

お仕事でヘロヘロ 2012/05/07


昨日からの流れで、数時間しか眠っていない。まだ午後7時にもなっていないのに、体はぐたぐた。

上のまぶたと下のまぶたが仲良くなりたがっている。頭の中もホケホケ。

今日は DP1 を撮影しようと思っていたのだけど、そんなわけで「パス」。

今朝、かなり早い時間に昨日被写体になってくれた SD14 で曇の多い朝空を撮影。



SIGMA SD14 + 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @16mm f:8.0 1/200Sec. ISO50 EV-0.7
絞り優先AE、AWB。

あ、センサーにホコリ。綺麗にしておこう。

【追加】

SD14 のセンサーダストをクリーニング。お掃除に使ったものはブロアブラシのみ。



クリーニング前 50mm f:11.0 で真っ白な液晶ディスプレイをピンぼけで撮影。



クリーニング後 上に同じ。

何故か仕事日になってしまった。 2012/05/06


今日は休みの予定だったのに、午前中から午後2時まで、広尾へ出て仕事。そして、明日までに仕上げなけれ
ばならない宿題を仰せつかってしまった。よって、今夜はかなりの多忙状態となってしまった。

と言う訳で本日は下の写真を撮っただけ。レタッチはかなりの手抜き。



SD1 で写した SD14 その2

SIGMA SD1 + 100-300mm F4 EX DG HSM @208mm f:9.0 1/5Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

SD14 は SD10 の発売から3年と3ヶ月が経った 2007年3月6日に発売された。TRUE はまだ無くて、CPU を
3個も使い、かなりの難産だったようだ。SD10 までの無骨なデザインは影を潜め、新しいデジタル一眼レフ
らしいものとなった。センサーも 14M の有効画素数となり、実用上は十分なプリントが得られる様になった。

ら〜ら・ポ〜ト。 2012/05/05


昨晩は何故かイロイロとやり始めて、結局寝たのは朝の6時。9時に起きて続きをやっ
て、SD1 で SD14 を撮って、レタッチ。カメラを撮影するのは楽しいけど、撮影後の
ホコリ取りがとっても手間が掛かる。おっと、誤解されない様に書いておくと、セン
サーのホコリではなく、被写体に着いていた小さいホコリのことである。撮影の直前に
綺麗に掃除してから撮るのだけど、どうしても小さなホコリが付着する。それをスタン
プツールで消す作業に1時間くらい掛かる。

レタッチ終了後、こどもの日だからと言うわけではないが、「はな」がララポ〜トへ行きた
いと言うことで、一緒に行ってきた。昼過ぎに行ったため、かなりの混雑。とりあえず
はケンタッキーフライドチキンでランチ。その後「はな」はサン宝石(子供用アクセサリー
店)とハンズと本屋さんで4時間近く時間を潰して、小説を一冊買ってきた。私はハン
ズで文具の補充。

SD1 に 17-50mm を着けて肩から下げて行ったけど、駅までの道でツツジを撮っただけ。

と言うことで本日の1枚。



SD1 で写した SD14 その1

SIGMA SD1 + 70-300mm F4-5.6 DG OS @120mm f:9.0 1/15Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

SDHC カードを新調。 本日二本目の記事。 2012/05/04


実は昨日の夜、フト思いついて、Amazon で SanDisk の Extreme Pro SDHC UHS-I
カード 95MB/s 32GB を2枚ポチッとしてしまった。英語パッケージ版なので @¥8,680
と現時点では比較的安く買えたと思う。Transcend なら¥2,700 で買えることは分かっ
ているけど、SDHC カードに関してはこの SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I 95MB/s
がダントツで速いことも分かっている。

これで SD15 と DP1x、DP2x の SDHC カードが全て最高速のものになった。今まで
使っていた Extreme III の 8GB と Extreme 30MB/s の 8GB はオークション行きと
なった。国内正規パッケージなので、¥1,000 なら売れるだろう。英語版だと新品でも
¥1,000 を切っているけど、国内での永久保証は付かない。

もちろん今回購入した Extreme Pro SDHC UHS-I 95MB/s も英語パッケージなので国
内での永久保証は付いていない。が、初期不良なら販売店が面倒見てくれるだろうか
ら、新品を購入するのなら、英語版のがはるかに安い。到着後すぐに CrystalDiskMark
で調べて見たが、読み込み約 90MB/s、書き込み約 80MB/s であった。SanDisk
Extreme Pro の CF 90MB/s を凌駕する速度である。とりあえず DP1x と DP2x に入れ
たけど、本当は DP Merrill の為の先行購入である。


ヨメさんと「はな」が居ないのを幸いに、SD10 の写真を撮った後、ハスキーの雲台をバラ
して、グリス抜きをし、前後のティルトとパン(水平回転)を調整。ほぼ思う通りの力加減
で操作できる様になった。が、左右にカメラを傾ける(横ティルト)いわゆる水平出しをす
るためのパン棒を完全に緩めても、望むほどには軽くならない。仕方がないので上下の
ティルトに短いパン棒をセットして、横ティルトは長いパン棒のお尻にもう1本長いパン棒
をねじ込んで、超長いパン棒にしてみた。プロ用ビデオ用三脚のパン棒みたいである。
おかげで、非常にデリケートな水平出しもわずかな力で出来る様になった。が、あまり
の格好の悪さに写真を撮る気にもならない。

連休が明けたら、トヨ商事に送り返して、もう少し柔らかくしてもらおうかと思案中。しか
し、良く考えてみたら、それほど微妙な操作を必要とするのなら 405 が着いている
MT057C3-G を使えば良いだけの話なのだ。3D雲台は水平を固定しておいてのパノラ
マ撮影や、パンを固定しておいての評価測光のテスト(方向を変えずに天から地まで撮
影する様なケース)等に使用する事が目的だから、あまりこだわりすぎるのは止めよう。
また余計なお金と時間を使ってしまいそうだ。

ハスキーの脚をユーザーが分解できて、メンテナンスがし易いと絶賛している方が多い
様だけど、ユーザーが簡単に分解できない脚にはお目にかかったことがない。マンフ
ロットもジッツォもスリックも私が今まで使ったことがある脚は全て簡単に分解できた。

また、どのメーカーも特定のパーツだけを売って欲しいと頼めば、売ってくれた。私はハ
スキーの三脚は好きだけれど、脚だけを考えた場合には、さほど良い脚だとは思わな
い。もちろん悪くはないのだけど、えらく簡単な構造のワリには高すぎると思っている。
雲台は自信を持ってお薦めするけど、脚はコストパフォーマンスの点であまりお薦めで
はない。もちろんハスキーのウリは耐久性と発売当初から変わっていないパーツによる
高いメンテナンス性にある事は確かで、2〜30年使える事は間違いない。しかし、今の
私はプロではないので、もっと使い易い三脚により多くの魅力を感じる。


私がタラタラ文句を言いながらも FOVEON センサーが内蔵されているデジタルカメラし
か使わないのも、やはりプロではないからだろう。使い易さや確実性よりも、自分が納
得する画質を提供してくれる唯一のカメラがシグマ製のデジタルカメラであるからだ。

お留守番。 2012/05/04


ヨメさんと「はな」が千葉市へ遊びに行ってしまった。ついて行こうかと思ったのだけ
ど、あまり積極的に誘われなかったため、家で留守番をすることにした。

「はな」は千葉の科学館がお目当てで、ヨメさんは千葉そごうがお目当てだ。


私は昨日の続き。SD10 にパワーパック SD を着けて、後ろ姿を撮影。撮影後、SD9
との違いを一生懸命探したのだけど、見つからなかった。電源を入れた状態で、上か
ら覗けば、上面液晶のバッテリー残量表示が異なるので区別は付くのだけど、それが
見えない状態だと、両者を見分けることは出来ない。



SD1 で写した SD10 その2

SIGMA SD1 + APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM @f:9.0 1.7Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

SD10 のユニークな点は、2003年11月14日に発売されて以来ファームウェアアップデー
トが一度もされなかった事だ。非常に完成度が高いカメラだったと言える。もちろん、カメ
ラメーカーにしてみれば、ある意味で理想的なカメラであった。悪く言えば売りっぱなし
である。が、SD14 が出るまでの3年3ヶ月は目一杯このカメラを楽しむことが出来た。
私にとってはとても愛着のあるカメラである。



上で被写体となっている SD10 で写した我が家からの風景。SPP2.3 で現像。

オット、もうこんな時間。おなかがすいた。今日はこれまで。

「はな」復活。 2012/05/03


夜中に結構熱が出て心配したのだけど、昼になると腹痛や発熱、嘔吐は治まった。今
は元気にパソコンでネットゲームを楽しんでいる。ヨメさんとかわりばんこで寝ずの番をし
たため、少々眠い。


4連休最初の今日、憲法記念日は雨。幸いにして豪雨では無い。むしろ小雨に近い。
特にやることも無いので先ほど SD10 を引っ張り出してきて、チェック。その後被写体に
して撮影。

この SD10 発売日に購入。散々使った。一昨年の 11 月にシグマに送って総点検。ほ
とんどオーバーホールに近い状態で新品同様になって戻って来た。それ以来一回テス
トしたきりで、防湿庫で余生を送っている。



SD1 で写した SD10 その1

SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:9.0 1Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。


天気も悪いし、「はな」も病み上がり、両親は看病疲れ。今日は自宅でのんびり過ごす。

チョットだけ仕事。 2012/05/02


朝から「はな」が気持ちが悪いと言って、嘔吐している。もの凄くひどいという感じでは無
いが、本人は辛そう。学校を休ませてヨメさんが病院へ連れて行った。ノロウィルスでは
無いとのこと。ヨメさんも体調が悪いと言って横になっている。


今日はプログラムの納品で稲荷町まで出かけた。仕事は予定通り完了。意外と早く帰っ
て来られた。

外は雨。昨日は SD9 を 17-50mm F2.8 の 50mm で撮ったので、今日は 50-150mm
F2.8 の 50mm で撮って見た。同じ写真ではゲイがなさ過ぎるので、今回は後ろ姿。
この SD9 は今年の一月にシグマに送って完全調整済み。2009 年の 10 月にフォビオン
掲示板に時々顔を出してくれる RB67 さんに無理矢理頼み込んで SD14 と交換して以
来、今年の CP+ まで一度も使わなかった。シグマから帰って来た修理伝票には、トップ
カバー交換、AF 調整となっていた。AF がかなりひどい状態だったらしい。



SD1 で写した SD9 その2

SIGMA SD1 + 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:9.0 6Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。



上で被写体となっている SD9 で写した、雨のいつもの風景。

SIGMA SD9 + 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:6.7 1/60Sec. ISO100
手持ち撮影。絞り優先AE、AWB、AF。Photoshop でレベルを調整。

最新の OS 内蔵レンズはファームウェアを特別にアップデートした SD9 でないと正常に
動作しないらしい。幸いにして、この SD9 の前のオーナーである RB67 さんがシグマに
頼み込んで、そのアップデートを施してもらったとのこと。世界中で数台しか無いという。
現時点でも、そのアップデートを受け付けてもらえるかどうかは不明。

変な天気 2012/05/01


五月である。今月中に DP2 Merrill の発売予定日が発表になるかどうかは微妙な状
態。SD1 で撮影した写真を見慣れると、DP1 や DP2 で撮影したものが、カリカリ過ぎる
様な印象を受けると言うことを以前書いたけど、DP2 Merrill がどのような写真を撮らせ
てくれるのかとても楽しみである。

今日は一日中家で仕事をしていて、カメラには触れていない。とにかく変な天気で薄日
が差したかと思ったら雨が降ってきて、同じ曇天の雲なのに、イロイロな表情を見せてく
れた。今の千葉県船橋市は曇り。やや暗い雲に覆われている。明日は今日より天気が
悪いらしい。


仕事の合間に私のウェブサイトに少し手を入れた。「レンズテスト」はクリックしてすぐの
ページがインデックスのみなので、アッと言う間に表示されるのだけど、その後、見たい
レンズをクリックした場合に、そのレンズがページの下の方にあると、サムネイル画像を
表示するまでにしばらく時間が掛かる。

待てないほどでは無いけど、皆さんがインターネットに接続する速度や、パソコンの速度
によってはかなり時間が掛かりそうだと気が付いた。はじめはレンズテストのディレクト
リ(フォルダー)に登録されている枚数が多すぎるのかと思って、SD1 で撮影したものを
別ディレクトリに移動したのだけど、今回テストした 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM
のテスト画像を見ようとすると、やはりワンクッション待たされる。

URL に表示されるアドレスのファイル名をご覧頂ければ分かる通り、「レンズテスト」の
ページはすぐのインデックス、そのページから飛んで行く DC レンズ、DG レンズ、マクロ
他と3ページに分かれている。それを DC レンズ1、DC レンズ2、DG レンズ、マクロ他
に分け直した。

が、それでも DG レンズの一番下にある 85mm F1.4 を見ようとすると、サムネイルが
表示されるまで、チョットだけ時間が掛かる。イライラするほど遅いわけでは無いけど、ク
イックレスポンスを信条とする maro のウェブサイトとしてはイマイチ気に入らない。将来
的にはもっと細分化してしまうかも知れない。レンズ1本に付き1ページで作ってしまえ
ば、かなり早くなりそうだけど、再編成には2日ほど掛かりそう。


作品を掲載するためのサイトであれば、もっとスマートな見せ方もあるのだけど、あまり
懲りすぎるとブラウザやパソコンの種類に細かく対応しなければいけなくなり、手間が
掛かりすぎるため無精をしている。極端に見にくいと思われる場合には手を入れたいと
思うけど、サイトの構成や見せ方について、訪問者の方々からこれと言ったご要望を頂
いたことが無いため、私自身良くわかっていない。

もし、maro のウェブサイトに関して(記事の内容が古い部分は、暇を見て更新するので
とりあえず目をつぶって頂きたいのだけど)ご要望がある方は、それをコメントして頂け
れば幸いである。

今日の一枚。



SD1 で写した SD9

SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:9.0 3.2Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AWB、カラーモードはスタンダード。Photoshop でレタッチ。

仕事の息抜き 2012/04/30


今日は自宅で仕事。チョット息抜きに、近所のアヤメを撮影。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:6.3 1/40Sec. ISO100


私が入手した APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で意地悪なテスト撮影を行った
結果、やはり片ボケしていることが明らかとなった。ゴールデンウィークが明けたら、
一度シグマに里帰りさせる。帰って来たら再度、テスト撮影を行う予定。

SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影 2012/04/29


今朝、ようやく太陽が昇った。ken さん達とシェアしたアストロソーラーフィルムの
写真用で太陽を試写。

ご注意:この太陽は 50-150mm OS で撮影したものではない。



SD1 + APO 100-300mm F4 EX DG HSM + APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
@420mm f:8.0 1/1000Sec. ISO 100

マニュアル露出。1000 x 1000 ピクセルにトリミング。現像時に露出を -0.7 にして
いるが、金環日食の場合、周辺部の明るさが重要なので、露出はこれで良さそうだ。


その後、ヨメさんの実家へ遊びに行っていた二人と蒲田で合流。東京都内で唯一残っ
ている観覧車がある屋上遊園地へ「はな」が行きたがっていたためである。



SIGMA SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:8.0 1/320Sec. ISO100 EV+0.3

「はな」の年代向けとは言い難い遊戯施設であったが、本人は結構楽しかったらしい。
ディズニーランドの子供入場料の半分くらいのお金を使ってしまった。(^^;



SIGMA SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @136mm f:6.3 1/320Sec. ISO100

旧タイプは後ボケ部分に派手な軸上色収差が出たのだけど、SLD ガラスのレンズを6
枚も使っているせいか、ハイライトボケの周囲に色が着くことは無かった。優秀である。

今日は SD1 にグリップを装着して、50-150mm OS を着けたのだけど、程良いバランス
となる。総重量は 2,467g(バッテリー2ヶ、水準器込み実測値)となるので、決して軽く
はないが、他社フルサイズフラッグシップに 70-200mm F2.8 を着けたよりは軽そう。ち
なみに D4 だと 2,880g、1Ds III だと 2,870g なので、400g ほど軽い。価格は比べも
のにならないくらい安い。

【追加】



通りすがりさんから以前のモデルとの違いについてのご質問を頂いた。古い写真で申
し訳ないけど、上の「はな」が頭に装着しているヘッドセットバンドの両側に出ているの
が「ハイライトがボケた時に出る軸上色収差」である。

本日撮影した「はな」の写真でボケていてハイコントラストな部分をご覧頂ければ違い
をお解り頂けると思う。

SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM をテスト 2012/04/28


朝のウチ少し雨が残っていたけど、テスト撮影を開始した午前9時には上がって、どん
よりとした曇り。遠景に陽炎が立ち始める頃ではあったが、テスト撮影開始。



SD15 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/30Sec. ISO50 で
SD1 + 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM を撮影。

三脚は Manfrotto MT057C3-G。雲台は Manfrotto 405。位置が決まったらクイックリリー
スドラムを逆方向に回して固定。レンズが縛り付けられているのは Manfrotto 293 望
遠レンズサポート。レンズの設定はご覧の通り、OS は OFF、フォーカシングは MF。装
着されているアングルファインダーはキヤノンアングルファインダーC。

撮影は 50mm F2.8 から始めて 150mm F11.0 まで、途中の焦点距離はズームリン
グにプリントがある 70mm と 100mm。撮影した枚数。約 200 枚、1つの組み合わせ
毎にピントを合わせ直しながら 10 枚程度撮影。最良のものを選択。

全てのカットをここに並べるのは見苦しいので、f:2.8 と f:5.6 のみを掲載。その他の絞
り値は、今夜7時以降に「レンズテスト」をご参照頂きたい。



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:2.8



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:5.6



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @70mm f:2.8



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @70mm f:5.6



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @100mm f:2.8



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @100mm f:5.6



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:2.8



SD1 + APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:5.6

50-150mm OS にとって、とても可哀想なことに 50mm から 150mm の焦点距離範囲
には非常に良い描写をするレンズがひしめいている。それらとの比較でこのレンズを評
価してみよう。

まず、50mm であるが、現在最も良い描写をするのは 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
である。同じ条件で撮影したものをお目に掛ける。



SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:5.6

ご覧の通り、周辺部は 17-50mm F2.8 のが良い。が、17-50mm には像面湾曲が
あるため、このように周辺部がカリカリの時には中心部は甘くなる。50-150mm にはそれ
が無く、至って普通の描写をしている。中心部の描写は 17-50mm F2.8 を凌駕する。
歪曲の出方が 17-50mm は糸巻きで、50-150mm は樽型となる。望遠端と広角端の
違いで、チョット面白い。被写体によって使い分けることが出来そうだ。


次は 70mm。当然 MACRO 70mm との比較となる。ご承知のように MACRO 70mm
の描写は現時点で最高と言える。そのレンズとズームを比較しようというのだから、
残酷な話だ。



SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6

ご覧の通り。MACRO 70mm はしっかり四隅まで解像していて、色収差もごくわずか。
中心部もカリカリである。で、50-150mm はどうかと思い、2枚の画像を瞬時に切り替え
られる様にして眺めたのだけど、1:1で見ると、中心部の解像感は 50-150mm のがご
くわずかであるが優れている。もちろん隅っこは、MACRO 70mm に負けてしまうが、見
比べて判る描写の違いはそれだけである。ごくわずか樽型の歪曲があるけど、見比べ
て見ないと判らない程度である。

100mm はどうだろう。残念ながら、私はマクロ 105mm を持っていない。が、それとさ
ほど大きな違いはない 100-300mm F4 EX DG HSM がある。



SD1 + APO 100-300mm F4 EX DG HSM @100mm f:5.6

周辺部は 100-300mm が良く、中心部は 50-150mm のが良い。が、どうも私の
50-150mm は周辺部の描写が少しおかしい。片ボケとはチョット違う。対角線に
ある隅っこが仲良くボケる。つまり左上がボケている時には右下もボケる。
が、右上と左下はそれほどボケない。また、その逆の状態も起きる。つまり
右上と左下がボケる時には左上と右下がさほどボケない。ズーミングによって
回転するレンズが1枚斜めに入っているのか偏芯しているような感じだ。
ま、それはおそらく私の個体だけの問題だろうし、SD1 で何枚も同じ被写体を撮って、1:1
で見ない限り殆ど判らない症状なので、シグマに送っても「異常なし」で返って来る
だけだろう。直りそうならご連絡をお願いします。>シグマさん


さて、いよいよ 150mm である。当然相手は MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM。



SD1 + APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM @f:5.6

ぎょ、中心部は MACRO 150mm より明らかに良い描写をしている。が、周辺部は色収
差が MACRO 150mm より少し多い。でも、文句を付けるとしたらそこだけ。なかなかの
ものである。


とりあえずの評価としては、一言「ズームにあるまじき描写力」。絞り開放では周辺部に
若干の甘さはあるが、十分に許容範囲。2つ絞れば中心部はマクロを越えるほどの描
写力。周辺にわずかな甘さが認められるが、重箱の隅。他社なら20万円してもおかしく
ない性能。安い!!!

【追加】

熱帯写真家中島貴義さんが昨日「シグマ・Foveonスクウェア(Facebook)」 でこのレン
ズに関して「誰かフルサイズで人柱になってくれないかなあ〜」とコメントしていたので、
SA-7(シグマのフィルムカメラ)に着けて覗いてみた。どの焦点距離でもしっかり四隅以
上の部分が蹴られる。フルサイズでこのレンズを使ってはいけない。中島貴義さんには
ご報告しておいた。

SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM 到着。 2012/04/27


SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM が我が家に来た。

午前中で仕事を切り上げて、午後には自宅に戻ってきたのだけど、外は雨。三脚に据
えて撮影してもあまり意味がないと思い、取り敢えず手持ちでテスト撮影。OS の効き
はかなり良い。露骨にブレたのは 150mm で 1/50 秒を切った時だけだ。

雨の風景なので、画質の良し悪しの判断が出来ない。第一印象は「かなり良いけど、
マクロよりは少し甘いかな」と言った感じ。明日は晴れるらしいので、いつもの風景を
しっかり撮影してみる。それまで評価はお預け。


昨日オークションに出品した SD1 Merrill が即決価格で落札された。このブログを読ん
で頂いている方だったのがとても嬉しい。心から感謝。200 枚ほど撮影した本体以外は
全て未使用なので決して高くはないはずだ。


明日からはゴールデンウィーク。あまりこの時期に出かけるのは好きではない。が、例
によってヨメさんと「はな」は鎌倉へ遊びに行く。私は明日は 50-150mm のテスト撮影。
明後日は蒲田のデパートへ行く予定。

実は仕事上の宿題もあるのでのんびりと言うほどでもない。1日と2日は仕事になって
しまったので、9連休は夢と消えた。

相変わらずの曇天。 2012/04/26


仕事に出かける前に朝日を撮ろうと思って、夕べのウチに用意をしておいたのだけど、
今朝も太陽を見ることは出来なかった。時間はたっぷりあるのだから、焦ることは何も
ないのだけど、1週間も宙ぶらりんの状態が続いているのが気に入らない。


明日の午後は「はな」の家庭訪問日でもあるので、自宅にいるようにスケジュールを組
んである。ただ、その後でテスト撮影となるとチョットあわただしいかも知れない。いずれ
にしても 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM がどれほどの描写を見せてくれるのか、と
ても楽しみである。


入手してからずっと SD1 Merrill を所有し続けるべきかどうかを悩んでいた。SD1 との比
較テスト以外、ほとんど使っていない。FOVEON センサーを搭載したカメラを全てコレク
ションするという意味では、持ち続ける意味はある。しかし、それがどれほどの意味を持
つかと考え始めてしまった。

私はカメラコレクターではない。カメラはあくまでも写真を撮る為の道具であって、目の前
に並べてニヤニヤする収集品ではない。しかし、古いモデルに関してはシグマに送って
チェックして貰い、完動品の状態で防湿庫に保存してある。外側も綺麗な状態を保って
いて、もう手に入らないだろうし、お嫁に出してもたいした金額にはならないので所有し
続けるつもりだ。

SD1 Merrill が初代 SD1 と全く同じカメラであることは数回のテスト撮影で確認済みで
ある。取り敢えず我が家での SD1 Merrill の役割は終わった。後は使わずに防湿庫の
中で綺麗なまま眠らせておくしかない。もちろん SD1 に何かあった時のための予備機
として持っているのは間違いではない。でも、私はプロではないし、DS15 も DP1x も
DP2x もある。いずれにしても、たまたま SD1 が手元に無いときに新 FOVEON センサー
の画素数が必要となる写真を何が何でも撮らなければならないと言う事態は考えられ
ない。もし、お嫁に出すなら綺麗なウチだ。

入手以来、散々悩んだ末、SD1 Merrill をオークション出品することにした。ひょっとして
ゴールデンウィークに使いたい人がいるかも知れないと思って、いつもは設定しない即
決価格を、マップカメラの新品同様の値段より 10,000 円安い値段で設定してある。興
味のある方にご覧頂ければ幸いである。

【未承諾広告】 ↓クリックするとオークションのページが開きます。




ハスキーの3D雲台 2012/04/25


今日は一日中カメラにも触らずにせっせと仕事。しかし、プログラムは今ひとつ上手く
動いてくれない。まぁ、とんでもなく複雑なことをやらせているので仕方ないけど、実
行にやたら時間が掛かるのも問題。


夕方になって疲れたので、これを書いている。

朝方、少し日が差したので太陽をテスト撮影しようと準備をしていたら、曇ってしまい、
今日も太陽を撮ることは出来なかった。

我が家のハスキー3D雲台用のパン棒を2本共長いものに交換した。私の使い方では雲
台の動きがスムーズになるのに2〜3年は掛かりそうなので、始めから力の要らないロ
ングパン棒に変更である。



2本とも長いパン棒になったハスキー3D雲台(1504)

雲台が固定されているタイプのハスキー三脚に着いてくる雲台はティルト(上下の首振
り)用のパン棒が長く、水平の調整をするパン棒は短い。私が大昔に使っていたものと、
3年半ほど前に1ヶ月ほど使っていたのはそのタイプだ。おそらく両方のパン棒を長く
して使っている人はあまりいないだろう。しかし、私の様な非力なユーザーにはこれが
一番楽だ。

ハスキーの雲台は昔から位置を決めてパン棒を締め込んで行っても位置がずれないこと
が特徴となっている。ただ、パン(水平の回転)はダメで、締めるに従って、少しずれ
る。だからハスキーの雲台を使う時には、始めにパンロックする事を習慣にすると良い
だろう。


さて、明日までに終わらせなければならないプログラムが終わっていない。とりあえず、
寝てしまう方が良さそうだ。

おやすみなさい。

SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM 2012/04/24


3日後に SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM のシグマ用が発売になる。お
そらく我が家にも来るだろう。この焦点距離と明るさを持ったレンズは過去に2本発売さ
れていて、今回発売されるものは3代目となる。去年の CP+ で発表されたレンズであ
るが、発売されるまでに1年以上の時間が掛かった。発表後、発売までにこれほど長い
時間が掛かったレンズはあまりない。私の記憶が正しければ APO 80-400mm
F4.5-5.6 EX OS 以来かも知れない。

最初の 50-150mm F2.8 は 2006年9月に発売され、その1年3ヶ月後に APO
50-150mm F2.8 II EX DC HSM になった。どちらのレンズも所有してテストなども行い、
実際の撮影でも結構使った。一種独特のデザインで、個人的には好きなレンズであっ
た。かなり良いレンズであったが、ボケた背景に軸上色収差が出るのが気になったのと
所有しているマクロレンズと焦点距離がモロにかぶる為、お嫁に出してしまった。



SIGMA SD10 + 105mm F2.8 で SD14 + 50-150mm F2.8 を撮影。
撮影年月日:2007 年 3 月 27 日 自宅にて

今回発売になる新 50-150mm F2.8 は以前のモデルとは大きく異なる。まず、大きさと
重さがまるで違う。DC(デジタル専用)レンズで、焦点距離が短いにも関わらず、フルサ
イズ用の APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM とまったく同じ大きさで、重さが 90g
軽いだけなのだ。上の旧タイプとの比較では、最大径 76.5mm:86.4mm、全長
140.2mm:197.6mm、重量 780g:1340g となる。つまり、1cm 太くなって、5.7cm 長く
なって、560g も重くなっている。



SIGMA DP2s で EOS 60D + 50-150mm F2.8 OS を撮影。
撮影年月日:2011 年 2 月 9 日 CP+ 2011 のシグマブースにて

おそらく多くの方々が私と同じ感想を持ったことだろう。そして、それが 50mm F1.4 や
70mm F2.8 と同じで「サイズや重さを考慮しないで描写性能を追求した結果こんな大
きさになってしまいました。」と言うことなのではないかと考える方もおられるだろう。

もちろん 70-200mm F2.8 OS と同じ筐体を使うことでのコストダウンを狙ったと言うこと
もあるだろう。さらには過去に出した「大きなレンズ」に対する評価が高いことが無理に
小さくしない設計方針を後押ししたのかも知れない。

シグマのウェブサイトに記載されている MTF チャートを見る限りにおいてはとんでもない
性能である事が判る。しかし、幸か不幸か、50 〜 150mm の焦点距離には 17-50mm
F2.8 OS の 50mm、MACRO 70mm F2.8、85mm F1.4、MACRO 105mm F2.8 OS、
APO MACRO 150mm F2.8 OS と言う強豪がひしめき合っている。これらのレンズと写
し比べをして、この最新鋭ズームレンズがどこまで健闘するのか、大いに楽しみであ
る。

まぁ、ズームにはズームの良さがあるので、他のレンズ達と比べてさほど見劣りしない
描写をするのであれば、長く愛用したいレンズとなる事は間違いない。

曇天続き 2012/04/23


ken さんから太陽撮影用のアストロソーラーフィルターが送られて来てから、自宅にいて
朝日を浴びたことがない。今日も朝は小雨。

実は金曜日にテスト撮影を行っている。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:8.0 30Sec. ISO100
f:8.0 で 30 秒でも1段ほど露出が足りない。



カメラに装着した状態を DP2x で今朝撮影。フィルターホルダーの周囲にパーマセルし
てあるのは、上のテスト撮影時に周囲からの光がフィルターの内側に入り込んで来るの
を防ぐため。太陽を写す場合には、このような遮光は不要である。

とにかく、ちゃんと写真が撮れることは確かだ。5月21日はまだだいぶ先なので、実際
に太陽を写すテスト撮影はいくらでも出来るだろう。


ハスキーの3D雲台を買ったのは良いけれど、新しいウチは動きが少々スムーズでは
ない。1〜2年使い込むともう少し柔らかくなる事はわかっているのだけど、パン棒が短
いので、微妙な調整がしにくい。と言うことで長めの物をポチってしまった。

それと、マンフロットのプレートアダプターを着けっぱなしにするため、雲台上部のコルク
を剥がしてしまった。商品価値は半減である。が、製造元に頼めばコルクの張り替えは
やってもらえる。実際には非常に丁寧に剥がしたので、再度貼り付ければ良いだけで
はある。とにかく、私の生涯でこの雲台を購入したのは3度目で、もう手放すことはない
と思う。プレートアダプターも薄い両面テープを間に挟んで、40cm のウォータープライア
を使って締め付けた。


一昨日はしっかり写真を撮ったのだけど、相変わらずありきたりの誰でも撮れるようなも
のしか撮れない。技術的には悪くはないものが4枚ばかりあるけど、それだけのもので
しかない。明月院には年に4回くらい行くのだからもう少し良い写真が撮れなければい
けない。

私自身が良い写真のなんたるかを解っていないことが一番大きな原因である。さらに、
人から頼まれて撮っている訳ではないので、もっと普通でない撮り方も試みなければい
けない。一台のカメラを長いこと使っていれば、その使い方自体は解ってくるのだけど、
それによって私の写真的なセンスが磨かれるわけではない。才能がないのだから仕方
ないと考えてはいるのだけど、せっかく良いカメラを持っているのだから、もっと良い写真
を撮って見たいと思う今日この頃である。


昨日の写真は現像完了 2012/04/22


昨日撮影した写真をようやく現像し終わった。今年最後の桜である。この記事を書いた
らアップする。でも、今日撮った「はな」はまだ現像し終わっていない。まぁ、のんびりや
らせて頂く。


一昨日、11n 対応の無線 LAN 子機について書いた。その後、I-O DATA の USB 接続
用の子機をポチッとしたのだけど、ようやく今日、届けてもらうことが出来た。型番は
WN-G300U。いや、速い。corega の子機は接続の(論理)速度が 40Mbps しか出てい
なくて、インターネットからのダウンロードも 3 Mbps 程度しか出なかったのに、I-O
DATA の子機は接続速度 270Mbps で、インターネットのダウンロードも 20Mbps が出
ている。当然、親機は同じ物で何も変更していない。無線 LAN の子機なんて、どれも
同じ様な物だと思っていたけど、これほど違うとは恐れ入った。


APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM のシグマ用が今週の金曜日に発売になる。
少々、迷ったけど、結局入手することにした。おそらく発売日には来ると思うので、早速
テストする予定。ゴールデンウィークは 50-150mm のテストに明け暮れるかも。


さて、これから、昨日と今日の分の作例をアップする作業を始める。2時間は掛からない
と思うけど、午後 10 時を過ぎには、お目に掛けられると思う。


今夜は鎌倉から 2012/04/21


珍しく、ヨメさんの実家にお泊り。

パソコンを持ってこなかったため、実家のパソコンを借りて書いている。

今日は午前中、明月院へ行って枝垂桜を撮った。が、実家のノートパソコンに SPP をイ
ンストールして SD1 の RAW ファイルを現像しているのだけど、速度や画面の色がまる
で異なるためとんでもなく時間が掛かっている。

くじけそうだけど、時間がもったいないので、何とか頑張っているのだけど、自宅で再度
チェックしないと安心できない。

そんなわけで、今日はこれまで。


たまには、パソコンの話 2012/04/20


一昨日の朝、記事をアップしたあとで、ノートパソコンのバックアップを取るためにデスク
トップに無線 LAN で接続。メールソフトを Outlook Express から Windows Live Mail
に変更したので、多量のファイルをコピーするハメになった。そして、あまりの遅さにあき
れて途中で中止。無線 LAN の親機は 11n 対応になっているのだけど、ノートブックパ
ソコンに内蔵されている無線 LAN カードは 11n に対応していない。ついこの前まで、机
の下に有線 LAN のハブがあってファイルのコピーを行うときにはケーブルで繋いでいた
のだけど、お客さんに急ぎで頼まれた為、家のハブを持ち出してしまった。隣の部屋か
ら長いケーブルをもう1本引いても良いのだけど、チョット面倒。

仕事で行く先の会社も無線 LAN は全て 11n 対応になっているのだけれど普段は有線
で接続するので、特に無線 LAN の速度が気になった事はなかった。

そんなわけで 11n 対応の USB 接続無線 LAN 子機をポチッとしてしまった。メーカーの
サイトからダウンロードしたマニュアルによれば、新しい子機を接続する前にノートパソコ
ンに内蔵されている LAN カードのドライバを削除しなければならないと書いてある。しか
し、内蔵型無線 LAN の電源を切っておいて、ドライバを削除しても、次に電源を入れる
と自動的にインストールされるのを防ぐ手だてはない。

理屈の上では無線 LAN カードが2枚刺さっていて、両方を同時に使っても、実際には
いずれか一方しか使われないので、問題はない様な気もする。でも、有線と違って、無
線 LAN の場合は再接続時のルーティングで問題が出て来そう。やはりノートパソコン
の無線 LAN スイッチは切ったままにしておこう。

4年ほど前に自宅の有線 LAN を 100M から 1G に換えた時に、速度がほとんど変わら
なくて失望したのを思い出した。しかし、無線 LAN の場合 11g と 11n では大きな差が
あるという。さっきヨメさんのマシン(無線 LAN 11n)でインターネットからの
ダウンロードの速度を測ってみたら、有線と同じ速度 38Mbps が出ていた。私のノートパソコン 11g
では 5.8Mbps しか出ないので、やっぱり 11n したら速くなりそう。

昨日届いた無線 LAN 子機 corega CG-WLUSB300NM は 11g より遅い。親機が
corega なので、同じメーカーのものと言うことで選択したのだけど、大間違いだったよう
だ。早速、オークション行きとなる。価格.com での評価を参考にして、I-O DATA の
USB 接続子機をポチッとした。ぼちぼち来るはずだけど、まだ来ない。

しかし、有線で繋げば間違いなく最速であるということで。本日、早めに終わった仕事の
帰りにヨドバシ Akiba に寄って、ハブを買ってきた。バッファローのスイッチングギガハ
ブ、金属筐体の電源内蔵型である。ハブの中では一番高いタイプなのだけど、一番安
心して使える。やはり有線は速い。


以前チェックしたままになっている eSATA 接続ボードと eSATA カードリーダーも私のマ
シンではイマイチ遅いため外してしまうことにした。


3月の始めに nVIDIA のグラフィックカードのドライバが新しくなって、それをインストール
したら、「画面が消えてしまう病」がなくなった。それ以前のドライバでは時々画面が消
えてしまい、数秒後に何事もなかったかのように再表示され Windows から「応答を停
止しましたが正常に回復しました」メッセージが出ていた。が、3月以降、その現象が全
く出なくなった。ドライバか OS が対応した様だ。いや、マザーボードの BIOS もアップ
デートしたから、それが原因かも知れない。いずれにしても、ちゃんと動く様になったの
は良いことだ。


自宅の中でノートパソコンからデスクトップマシンをリモートアクセスする時がある。そん
な時にはノートパソコンからリモートでデスクトップマシンの電源を ON/OFF している。
私の家は光のマンションタイプだけど、グローバル IP は契約時から今日まで、一度も
変わったことがない。事実上の固定 IP である。なので、外出先からのリモートアクセス
に挑戦してみようと思っている。LAN ではリモートアクセスが出来ているので、あとは
ルーターの設定だけだ。マンションに入っているゲートウェイに細工がしてなければ、宅
内のルーター設定だけで上手く行くはずであるが、やってみないと判らない。

やってみたけど、うまく行かない。外から ping を打っても、マンションタイプのゲートウェ
イで止まって、私の家のルーターには届かない。ルーターの設定に再度挑戦してみよう。


さて、長くなった。今夜はヨメさんと「はな」はヨメさんの実家に帰っていて、家にはいな
い。これ幸いとテーブルの上をスタジオにして、パソコン関連で売りに出す小物を撮影し
終わったところ。


明日はまた鎌倉である。とりあえず今夜はこれまで。おやすみなさい。


雲台、到着 2012/04/19


オークションに出している3D雲台の後釜が到着。ハスキーの3D雲台 1504 とマンフ
ロットのクイックリリースプレートアダプター。



とっても良い感じである。が、昔使っていた 1504 はティルト用のパン棒が長いタイプ
だった。パーツで売ってもらえるはずなので、明後日あたり、ショップに行ってみよう。今
回は価格にこだわらず、地元(千葉県船橋市)で一生懸命 KIRK と HUSKY を売ってい
スタジオ JINから購入した。アルカスイスタイプのクイックシュープレートやハスキーに
興味のある方は、ウェブサイトを訪れることをお薦めする。


雲台、もう1台出品 2012/04/18


今日は自宅でお仕事。例によって仕事の前に、カメラいじり。マンフロット 055 に3D雲
台を乗せて、テスト撮影。はやり、この雲台は気に入らない。

と言うことで、マンフロットのボール雲台に続いて、3D雲台 808RC4 もオークション行き
となった。決して悪い雲台ではないのだけど、パン棒の締め付けがガツンと締まるタイ
プで、私はこのタイプがあまり好きではない。ムニューっと締まるタイプが好きなのだ。
おそらく、私自身が非力なせいだと思うのだけど、少し緩めたい時の力加減が難しい。

過去に使った雲台では、ハスキーの3D雲台(#1504)と SLIK の SH-807 がお気に入り
である。マンフロットのシュープレート 410PL を使える雲台と言うことで、マンフロットの
雲台にしているのだけど、この3D雲台 808RC4 と私はイマイチ相性が悪い。実は以前
にもお嫁に出している。

3D雲台がどうしても必要と言うわけではないのだけど、無いと困ることもあるので、ハ
スキーの雲台をポチッとしてしまった。さらに、普通の雲台にマンフロットの 410PL を使
うためのアダプター 394 をポチッとしてしまった。ハスキーの雲台で一つ困ることは、取
り付け穴の位置が固定されているため、取り付けるレンズが短くて、口径が大きいと、
雲台の先端にフードが当たってしまう場合があること。それを避けるためにもクイックリ
リースプレートアダプターは有効である。

【未承諾広告】 ↓ クリックすると Yahoo!オークションのページへ飛びます。




さて、仕事を始めるとしよう。


昨日以上にヘロヘロ・・・。 2012/04/17


今日もビッシリお仕事。

とぉ〜〜〜〜っても疲れています。

誠に申しわけありませんが、本日は何もなしで失礼。

おやすみなさい。


得な性分。 2012/04/16


高知のプロ ken さんには2度お目にかかっている。2度目の時に機材をテストしてくれ
る人は必要と言われ、それ以降、ヒトバシラーである事をあまり気にしなくなった。上手
い写真が撮れなくても、私が撮った写真が何かの役に立つのであれば、それで良いでは
ないかと思っている。なのでカメラやレンズの欠点が見えてしまう写真も必要と感じ、
極力レタッチをしないものをアップする様にしている。

ブログの記事に添付する写真は作例ではないので、遠慮無くレタッチするけど、その際
も一応断り書きを入れるよう心がけている。

私の作例画像はある意味で恥さらしなのかも知れないが、必ずしも良い写真である必
要は無いと開き直っているので、自分自身で納得が行かないものでもアップしてしまう
こともある。

特に SD1/SD1 Merrill の作例に関しては、作例としてご覧に入れるにもやや抵抗があ
るものがある。その意味ではシグマに申し訳ないと思う。さらに、私自身の好みとして、
彩度やコントラストを上げることがあまり好きではないため、比較的おとなしい写真に
なっている。

幸い SD1 Merrill のおかげで、上手い人達がいっぱい作品をアップしてくれる様になっ
たので、私は私の好きな地味目なものを上げ続けることが出来る。他の方々から賞賛
される様な写真は撮れないけど、自分自身が許せるレベルのものを撮り続けて行きた
いとは思っている。私自身は上手く無い写真を公開し続けている事を承知していなが
ら、それをあまり恥ずかしいと感じてはいない。いわゆるノー天気である。これは得な性
分かも知れない。


実は今日は朝5時から起きて仕事をしていたせいで頭の中がヘロヘロ状態。これ以上
書くと、さらにおかしな事を書いてしまいそう。おやすみなさいませ。


損な性分。 2012/04/15


チョット格好が悪いと言うだけで我が家の大型三脚 MT057C3-G 用に入手したマンフ
ロットのボール雲台だけどハイドロスタットボール雲台と比べてしまうとやはり分が悪
い。どこが悪いと言うことはないのだけど、使い続けたいという気持ちが湧いてこない。
結局、実戦投入前にオークション行きとなった。こうなることは予想していたのだけど、
やはり自分で確かめないと気が済まない。確かめた結果、使わないと言う結論が出
て、使わないのなら綺麗な内にお嫁に出すのが正解ということになってしまった。数千
円は痛いけど仕方が無い。何とも損な性分である。


今日はヨメさんが行きたいケーキ屋さんがあると言うことで、近所のオランダ屋という
ケーキ屋さんへ行ってきた。千葉県産の材料を使い、地元に密着しているケーキ屋さん
で、客に対する応対も非常に良く、心地よいお店であった。調べたら千葉県内だけでは
あるが 50 店舗もあるので驚いた。県内の方にはお薦め。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @26mm f:8.0 1/125Sec. ISO100
Photoshop で色収差をレタッチ。

その後、ヨメさんと「はな」は洋品店でお買い物。私はその洋品店の周囲を歩き回って
お花を撮影。で、今日の一枚。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:8.0 1/40Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AWB、MF、カラーモードはスタンダード。現像は全部 0。

【未承諾広告】



昨日来て、アッと言う間にオークションに出品してしまったマンフロットの最新、最大
のボール雲台。取り付け部の直径 79mm。興味のある方はご覧ください。


気になっていたボール雲台。 2012/04/14


去年の CP+ で見て、売り出されてすぐに入手して、とっても気に入っている三脚がマン
フロットの MT057C3-G だ。調べたら丁度一年前に買っている。



左 Manfrotto MT057C3-G 右 Manfrotto 055CXPRO3

一年間使った感想はたった一言。機能や性能に関しては全く文句なし。超ハイコストパ
フォーマンスな三脚である。が、たった一ヶ所、少しだけ気に入らないところがある。雲
台受けのサイズが異常に大きいのだ。下に 405 を着けた写真を載せておくけど、これを
ご覧頂ければお解りの通り、405 を乗せるとその下の雲台受けが二廻りくらい大きいた
めに、少しだけ格好が悪い。



雲台受けの周囲は面取りがしてあるので、出っ張っているにもかかわらず、それが当
たって痛いという様なことはない。しかし、405 はマンフロットが MT057C3-G に推奨し
ている雲台であるにもかかわらず、不釣り合いな雲台を乗せているような印象になるの
が少々気に入らない。雲台受けはセンターポール抜きのローアングルを可能にするた
めにネジを1本緩めれば簡単に外れるので、405 のサイズに合わせたものをオプション
で出して欲しいくらいだ。

こんなにバカでかい雲台受けにピッタリ合う様な雲台がこの三脚とほぼ同時に発表さ
れ、売り出された同じ型番を持つ MH057M0-RC4 と言う大型ボール雲台である。私が
所有している全ての雲台と同じシュープレート 410PL が使える。この 057 マグネシウ
ムボール雲台は私が携帯用として使用している 055CXPRO3 に着けて持ち出すハイド
ロスタットボール雲台 468MGRC4 とほぼ同じ耐荷重だけど、ハイドロスタットではない
ため、結構安い。ヨドバシだと¥23,900 で買える。ポイントを引くと¥21,510 だ。ただし、
自重は 468MGRC4 の倍近い。

この雲台の取り付けサイズは MT057C3-G にぴったり。なのでとても格好が良い。性能
的には 468MGRC4 のが良いと思うが、ボールが非常に大きいため、何となくスムーズ
に取り扱えそうな印象がある。気に入らなかったら売りに出せば良い。



この三脚+雲台が実売8万5千円で買える。ほぼ同じ仕様のジッツオだと
GT5532S(84k) + GS3310GS(29k) + GH5750QR(37k) で実売でほぼ15万円する。
ジッツオは非常に良い三脚であるが、使い易さという点でマンフロットに劣ると感じる部
分がある。特に最近のGロックに関して、脚をしっかり締めた場合にそれを緩めるために
は異常なほどの力が必要な事に大きな不満を感じるし、レバーロック式と比べた場合
の使い易さは比較にならない。

この写真を撮影した後で、100-300mm F4 にテレコンバーターを着けて、三脚座を使わ
ずにボディ下部で雲台に乗せて縦位置にセット、ミディボールヘッドはこれを支えきれな
かったが、さすが最大サイズの雲台だけあって、全然動かない。レンズの先端を持って
持ち上げたら三脚全体が持ち上がってきた。オット、良い子の皆さんはこのような無茶
をしてはいけない。最悪の場合レンズマウント部がガタガタになる。

動きもスムーズでフリクッションコントロールもちゃんと働く。総マグネシューム製なの
で、大きさの割には軽い。が、ハイドロスタットボール雲台と比べると 630g ほど重い。
057 同士で格好は良いが 468MGRC4 を所有している場合には、このボール雲台を使
わなければならないケースが思いつかない。結局宝の持ち腐れとなりそうだ。一度も実
戦投入しない状態でオークション行きとなるかも知れない。


CF 32G を一枚追加 2012/04/13


先週の土曜日に SD1 で桜を撮影した際 CF 32G 1枚では足りずに、予備の 16G を2
枚使った。3枚目はほとんど撮らなかったので、約 48G バイト撮影したことになる。撮影
した枚数は約 800 枚。これほど多くの枚数を撮ったのは、ほとんどのショットを5枚の
オートブラケットで撮影したのが原因である。しかし、これから先も場合によっては多量
に撮影することはあり得る。せめて 32G がもう一枚あれば・・・と言うことで、昨晩
Transcend の CF 400x 32G をポチッとしてしまった。

これで CF が計 128G、約 2,000 枚は撮れる計算なので、余程のことがない限り SD1
用の CF が足りなくなることはないだろう。計算が合わないと思われる方のために白状
すると、ファイルナンバーをちゃんと管理するのが面倒なので SD1 Merrill 専用の 32G
を1枚別に持っていて、それを計算に入れると合計で 128G バイトになるのだ。

先月 SanDisk Extreme Pro 90MB/s の 16G を2枚、オークションで売ってしまったが、
その売上(¥13,600)で Tanscend 400x の 32G を2枚(¥11,584)買ってもお釣りが来
る。もちろん書き込み速度は Tanscend 400x より SanDisk Extreme Pro 90MB/s の
が少し速い。Hi、RAW+JPEG で7連写したときに、シャッターボタンの押し始めから7枚
全てを書き込むまでの時間は SanDisk Extreme Pro 90MB/s が 77 秒、Tanscend
400x が 80 秒である。大きな差は無い。にもかかわらず SanDisk Extreme Pro
90MB/s は容量半分で価格は2倍。つまり4倍も高いのである。それでいて速度差は
4%しかない。CF に関しては Transcend をお薦めしたい。


実は、もう一つポチッとしてしまったものがあるが、明日届いてからのご報告としよう。

オオソレミオ 2012/04/12


今日は自宅で仕事である。朝方、昨日作ったアストロソーラーフィルムを使ったフィ
ルターをテスト。SD1 に 100-300mm + x1.4 テレコンバーターを着け、先端にフィル
ターを装着。



こんな具合である。

で、太陽をテスト撮影。



SIGMA SD1 + APO 100-300mm F4 EX DG HSM + APO TELE CONVERTER1.4x EX DG
@420mm f:8.0 1/500Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、AWB、カラーモードはスタンダード
SPP で現像後 Photoshop でトリミング。1500x1000 pix.

アストロソーラーフィルム目視用をレンズの前に着けて撮影した朝8時頃の太陽であ
る。f:8.0 1/500 秒でもややオーバーであるが、金環食の場合に同じ露出で良いかどう
かの判断が難しい。おそらく写真撮影用のアストロソーラーフィルムを着けて 1/2000
秒くらいが適正ではないかと思うけど、事前にテストしてみないと判らない。

さて、昼休みはこれまで。


ND フィルターの濃度表示 2012/04/11


ND フィルターの濃度を表す時に ND4 は露出倍数4倍(絞り2段)である事は皆さんご
存じの通り。しかし、ND フィルターの濃度を表すにはもう一つの表記法がある。

ND の次の数字に小数点があったら、それは濃度を 10 を底とする対数で表したもの
で、デンシティレンジを表す時に使われる「濃度」である。1D は 10、2D は 100、3D は
1000、4D は 10000 であり露出倍数と等しい。つまり、1D は透過する光の量が 1/10
になり、2D は 1/100 と言った具合である。

例えば最近私が話題にしている富士フイルムの ND4.0 であるが、これは露出倍数が
10000 倍である。普通の ND4 は ND0.6 で ND8 は ND0.9 である。今回 ken さんと私
が共同購入しようとしているアストロソーラーフィルムの目視用は ND5.0 なので光量が
1/100000 になるフィルターで、写真撮影用は ND3.8 なので 1/6310 になるフィルター
である。



今日、我が家にも来たアストロソーラーフィルム。丸い黒いものはケンコーのマルチホル
ダー、四角い枠は手製のフィルターフレームである。



ほぼ A4 サイズ。これをカッターで 10cm x 10cm にカットする。



手製のフィルターフレームに挟んで、貼り付けたものをマルチフレームにセットするとこう
なる。


しかし、このフィルターは目視用なので、少々暗くなりすぎることが判っている。ken さん
が写真用を注文してくれた。まだ 25cm x 20cm が2枚余っている。ご希望の方は画像
掲示板に書き込んで頂きたい。


なんとも不可思議 2012/04/10


今日は天皇陛下のご成婚記念日である。小学校5〜6年の頃にテレビでご成婚記念
のパレードを見たことを覚えている。なので、毎年4月10日になると懐かしい思い出とし
てよみがえってくる。


さて、今朝は太陽を写した時に紫色になってしまった富士フイルムの ND4.0 トリアセ
テートフィルターで普通の風景を写したらどうなるのかを確かめてみた。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:6.3 30Sec. ISO100
富士フイルム ND4.0 フィルター使用

一見赤外線写真のように見える。が、SD1 はダストプロテクターで赤外線をカットしてい
るので、植物の緑がマゼンタになっているのは近赤外線の影響らしい。当然のことだけ
ど ND 4.0 は赤外線をカットする様に作られてはいない。このフィルターによって可視光
線のほとんどが大きく減衰するように作られているだけだ。なので、このマゼンタかぶり
はセンサーに到達する光全体に占める近赤外線領域の割合が高くなってしまうために
発生するのだろうと推測できる。

この現象が SD1 のみで出るのか、あるいは他のカメラでも出るのかは ken さんのテス
トを待とう。(^^;



モノクローム化すると、赤外線写真であれば葉っぱが非常に明るく写るはずであるが、
敢えてダストプロテクターを外していないためか、モノクロの赤外線写真とはかなり異
なったものとなる。

いずれにしても、このフィルターを SD1 に装着した場合に普通の色が出てこないことは
間違いない。ken さんも同じ結論に達したようで、フォビオン掲示板で伊予さんが紹介し
てくれた太陽観測用に作られた専用のフィルター(アストロソーラーフィルム)を準備する
ようだ。私も画像掲示板に投稿された昔とれなかった杵柄さんの写真を見て、全然色が
着いていないため、このフィルターを購入してチェックしてみることにした。

チョット気になるのは ND5.0 なのでさすがの太陽もかなり暗くなると思われる点で、金
環日食時に周辺のコロナを写そうと思ったらもう少し明るいものが必要になるかも知れ
ない。焦点距離 400mm、シャッター速度 1/60 秒で被写体ブレが起きるかどうかを事
前にチェックしておく必要がありそうだ。


SD1 の AE をチェック 2012/04/09


現在午前 10 時。仕事の合間に(逆と言う突っ込みは無し)SD1 でいつもの景色を空と
地上が写る比率を変えながら 60 枚ほど撮ってみた。あまり時間を掛けたくなかったの
で、RAW+JPEG ではなく FINE で撮ったけど、書き込みが速くて感激。何度も書いてい
るけど SD1 のカメラ内 JPEG はそれほど悪くはない。RAW で撮ってノイズリダクションを
掛けずにシャープネス 0 で現像したものと比較した場合に、ほんの少し解像感が足り
ない程度で、A3 までのプリントであれば全く問題ないと言っても良いだろう。

一昨日の桜は全て5枚のオートブラケットで撮影している。シャッターチャンスがもの凄く
重要な被写体ではなかったことと、撮影後にヒストグラムをチェックする時間がもったい
なかったからだ。ブラケッティングの幅は 0.3 にしておいたのだけど、白飛びギリギリま
での露出を望んだからで、普通の被写体なら 0.7 の幅で3枚撮ればまず大丈夫。

SD1 の評価測光は全体が明るいものを写す場合は多少多めに、全体が暗いものを写
す場合は少な目に露出をコントロールするのがコツである。なので、基本的には 0.7 の
幅で3枚のオートブラケットをセットして、EV 0 でそのまま撮ってしまっても良いと思う。



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @f:8.0 1/200Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、オートブラケット、カメラ内 JPEG



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @f:8.0 1/200Sec. ISO100 EV 0
絞り優先AE、オートブラケット、カメラ内 JPEG



SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @f:8.0 1/320Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、オートブラケット、カメラ内 JPEG

さて、仕事に戻ろう。

今日の一枚。





今日は近所の桜 2012/04/08


今朝はチョット早起きして、昨日撮影して、夜遅くに現像した写真をアップした。

何となく物足りなくて、近所の桜を DP1x と DP2x を持って撮りに出かけた。本日分とし
てアップしたので、興味のある方は作例画像の「DP1/2/1s/2s/1x/2x」をご覧頂きた
い。

SD1 もそうなのだけど、最近は常に RAW + JPEG で撮影し、一度全てを HDD にコピー
してから JPEG を次々に表示しながら画像の選択をしている。昔と比べたら、随分と楽
になった。無駄なコマの判定が素早く出来るので不要な画像をさっさと削除することで、
ディスクを無駄に消費することもなくなった。

桜の現像は難しい。つい彩度を上げて極薄いピンクを普通にピンクにしてしまいそうに
なる。実は SD1 の写真を JPEG 11 で保存してしまった後、設定を呼び出しながら現像
し直した時に彩度を下げて、色味から赤を減らした。小さい画像で見ていると全体が暗
い。

しかし、桜の花の一番明るい部分が飛ぶか飛ばないかの明るさで仕上げている。これ
以上明るくすると桜の花全体が飛んでしまう。SPP で SD1 を現像する時にハイライトと
シャドウの調整効果が SD1 以外のカメラで撮影したものと異なり、最も明るい部分や
最も暗い部分に効いてこないのでハイライトを目一杯上げても欲しい明るさにならない。

そのあたりの微妙なトーンをいじくるためには他のレタッチソフトが必要となる。作品であ
れば遠慮無くいじくってしまうのだけど、作例と言うことで SPP でのみ仕上げることを目
標にしているので、チョット苦しい。

例えば、昨日アップした写真のハイライトをいじくるとこうなる。



昨日アップしたもの。



昨日アップしたものの「ハイライト」だけを +2.0 したもの。



昨日アップしたものを Photoshop でトーンカーブをいじったもの。実はこの調子が欲し
い。しかし、真ん中でも良いかな?(^^;

【追加】

今気が付いたけど、この写真だけ夕方に急遽ここにアップするために現像したため、彩度と
色味が上がり過ぎている。現像し直して再アップしておくので、ご覧頂きたい。





桜、現像中 2012/04/07


今日は、銀座で行われたシグマのワークショップをサボって、早朝から桜を撮りに行っ
た。

ヨメさんが千鳥ヶ淵の桜を見たいと言ったので、まず始めは千鳥ヶ淵。次に北の丸公
園。道路を渡って皇居東御苑。最後は八重洲のさくら通り。

SD1 とレンズ5本と三脚。一昨日の午前中に少し時間が有ったため、下見をしておいた
ので、被写体の選択には時間は掛からなかったのだけど、調子に乗って少し撮り過ぎ
たため、現像に時間が掛かっている。

今夜中に全てアップすることは出来そうにない。お気づきの方もおられると思うけど、
SD1 の作例は極力 JPEG 10 でご覧頂いているにもかかわらず、間違えて JPEG 11 で
保存してしまったため、やたら大きなファイルになってしまった。

サイズが大き過ぎるので、再度保存し直さなければならない。幸い私の作例を首を長く
して待って頂いている方はおられないと思うので、のんびり作業をするつもり。

とりあえず1枚だけ、ここに載せておく。



SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/160Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、カラーモードはスタンダード、AWB、MF。

ご注意:↑この写真は始めにアップしたものとは現像パラメータが異なります。


ガラス製フィルターによるゴースト 本日2本目の記事 2012/04/06


富士フイルムのトリアセテートフィルターの SC 39 が来た。いわゆる UV フィルター
である。このフィルターを使った場合に、どのくらいのゴーストが出るかを調べて見た。



フィルター無し。中心部のみを原寸でトリミング。クリックすると全画面。

SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @40mm f:4.0 3.2Sec. ISO100
絞り優先AE、カラーモードはニュートラル、ホワイトバランスは「昼光」



ニコン純正 L37c マルチコートフィルター。



富士フイルム トリアセテートフィルター SC 39。


やはりガラス製のフィルターでは光源が画面内にある時は、かなり露骨なゴーストが出
る。トリアセテートフィルターの場合は平面性と平滑性が良くないことが幸いして、明
瞭なゴーストは出ない。

ガラス製のフィルターをレンズに着けて、1000mm より短い焦点距離で太陽を撮影する
場合は、意図的に画面中心から外しておいて、最終的にトリミングすることで、このゴー
ストによる影響を避けることが出来る。また、景色の一部として太陽を画面に入れる時
は、フィルターを着けないことをお勧めする。

ただ、デジタルの場合、古いレンズではフィルターを使わない場合でも派手なゴースト
が出ることもある。サッポロポテトが懐かしい。(^^;


明日は早朝より千鳥ヶ淵の桜を撮りに行く。いっぱい撮るつもりなので、この雑記帳の
更新は出来ないかも知れない。


太陽に挑戦 2012/04/06


昨日の記事でフィルター径について少し触れた。ついでに現在所有しているレンズの
フィルターサイズについて調べて見た。7本ある内で 62mm が2本、72mm が1本、
77mm が3本、82mm が1本である。ただし、その中で MACRO 70mm F2.8 はレンズ
フードの先端が 77mm 径になっているので、77mm としても間違いではない。そして
62mm → 77mm、72mm → 77mm、82mm → 77mm のリングは全て持っている。

ただ、所有している 10 枚以上のフィルターはこの7〜8年の間に2枚を除いては使った
ことがない。しかも、テスト撮影で使っただけで、作例にアップしているものは1枚も無
い。

つまりフィルターを使わないくせに、もしかしたら使うかも知れないと思っていつも持ち歩
いている 77mm 径の C-PL フィルター1枚を全てのレンズで使用可能な状態にしてあ
ると言うことだ。用意周到と言えば聞こえは良いが、単に昔のクセが抜けないだけと言
うのが正しい。

ついでに小物入れにゴロゴロしているプロテクトフィルターを調べて見た。48mm 1枚、
49mm 1枚、52mm 1枚、55mm 2枚、58mm 2枚、72mm 1枚、77mm 3枚、82mm
1枚である。その他にはステップアップリングとステップダウンリングが合わせて 10
個。オークションに出してもただ同然なので貯まってしまった。どうしたものか。

閑話休題。

今日は比較的早めに仕事が終わったため、帰って来てから午後5時頃の太陽を SD1
で撮って見た。100-300mm F4 に x1.4 テレコンバータを着け、入手したばかりの富士
フイルム ND 4.0 (10000倍 ND フィルター)を装着して撮影。

40 枚ほど撮影したのだけど、ピントピッタリのものは1枚も撮れなかった。原因は色収
差。それも普通の被写体ではほとんど発生しない軸上色収差である。APO
100-300mm F4 EX DG HSM は普通の被写体を撮影する分には周辺部の倍率色収差
は少し出るが、軸上色収差が出ることはない。

しかし、軸上色収差が補正されているのは可視光域であって、赤外線域までは補正さ
れていない。太陽を撮影すると SD1 のダストプロテクトフィルターがもう一つの機能とし
て持っている赤外線カットフィルターでは十分にカットしきれない量の赤外線が存在して
いる様だ。

皆既日食、それも金環食を撮る場合は今回の様に太陽そのものを撮影するよりは少な
い量の赤外線になると思うけど、ホワイトバランスがめちゃくちゃになるので、カスタムホ
ワイトバランスを採るのが正解かも知れない。2〜3日中にリベンジするけど、ダストプロ
テクター2枚重ねとか、ケンコーの赤外線カットフィルターを使うとかしないと、紫色の太
陽しか撮れないことになる。

とりあえず、今日の結果をアップしておこう。



太陽 その1
SD1 + APO 100-300mm F4 EX DG HSM + X1.4 Teleconverter @420mm f:8.0
1/400Sec. ISO100 EV-2.0
富士フイルム トリアセテートフィルター ND 4.0 使用
絞り優先AE、中央重点測光、カラーモードはニュートラル、ホワイトバランスは「晴れ」
オール 0 で現像。



上の画像を現像後、Photoshop にてモノクロ化。1200x800 ピクセルにトリミング。


お天道様は明るかった 2012/04/05


実は昨日、午前6時の太陽を 100-300mm F4 に x1.4 テレコンバーターを着けて、ノー
フィルターで撮って見た。ISO100、f:20.0 で 1/8000 秒で撮ったが、それでもとんでも
ない露出オーバー。太陽は呆れるほど明るい。もちろんファインダーを覗くなどと言う危
険は犯していない。手持ちで胸のあたりに構えたカメラのファインダーから射出される光
が胸に当たるのを確かめながらの撮影。これではっきり解ったことはフィルターを使用せ
ずに太陽を撮影する事は出来ないと言うことだ。

仕方なく ken さんがフォビオン掲示板で紹介してくれたフジフイルムの ND10000 トリア
セテートフィルター(正確な型番は ND 4.0 10X 1)をヨドバシから1枚買ってしまった。私
の場合ほとんどのレンズがフィルター径 77mm なので 10x10。(100-300mm F4 は
82mm だけれど、始めからステップダウンリングを使って 77mm にしてある。)ホル
ダーはケンコーのマルチホルダーと 77mm アダプターリングを Amazon から購入。ポイ
ントを考えたら、全てヨドバシで買っても同じくらいだろう。両方で¥5,616(ポイント差し引
き後)とマルミの ND10000 77mm 径よりはだいぶ安く買えた。それでも日食だけでな
く、太陽の黒点でも撮らないともったいない感じである。フィルターホルダーももったいな
いので、IR80 でも買って SD1 で赤外線写真でも撮ってみようかという気にもなってし
まった。

ガラスのフィルターとトリアセテートのフィルターではゴーストの出方が異なるかも知れな
いので、トリアセテートの UV フィルターを一枚買って、光源を写してみよう。コーティング
がしてあるわけではないので、却ってゴーストは増えるかも知れない。大昔、スタジオ
で CC フィルターを使っていた時には、フィルムでの撮影だったためか、光源が画面に
入る様な撮影をしてもゴーストが出た様な記憶は無い。

もし、5月21日の朝が晴れなかったら・・・。考えないでおこう。(^^;