maroの雑記帳

雑記帳タイトル
maroの雑記帳

主として SIGMA SD や DP、レンズに関する、いたって個人的な雑記帳です。 from:2004/09/07

ご注意:このページは私のブログ「maroの雑記帳」の HTML 版です。ブログ形式でご覧になりたい方は
http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/ ← こちらへどうぞ。

記事は新しいものが上になるように配置致します。なお 2012年以前の記事は別のページにしました。 古い雑記帳

このページやブログ、私のウェブサイトに掲載してある事柄に付きましてのご感想、ご意見、ご質問等が
ございましたら、ブログ版「maroの雑記帳」にコメントして頂けますれば幸いです。
   作例メニューへ             私のウェブサイトへ

フォビオン掲示板へ     SIGMA のウェブサイトへ 
maro のウェブサイト 17 年目に突入。 2019/01/13

2003 年の誕生日に始めた maro のウェブサイトが、本日で満 16 年。諸般の事情により、5年ほど満足に更新
できていない。その代わりに、このブログを書いていたのだけど、このブログも1年ほど休止状態である。

諸般の事情の中で、最も私のモチベーションが下がる原因となった事象が、来月の半ばには解消すると思われる。
その後、若干の助走期間を経て、数年前の状態まで復帰する予定である。

写真に取り組むための時間的なゆとりがあまりないことは変わらないので、バリバリに活動を始められるわけで
はない。が、何らかの情報は発信し続けるつもりである。

が実際には時が来てみないとわからない部分もあり、期待されても、それに応える自信はない。無理せずのんび
りと再始動するので、生暖かい目で見守っていただければ幸いである。

年が明けてしまいました。 2019/01/03

私の母が昨年末、旅立ってしまいました。90歳でしたので、致し方のないことではあります。

私自身も昨年は坐骨神経痛を経験し、未だ完治してはおりません。ただ心配していただくほどのものではなく、
原因もわかっていて、投薬によって症状はかなり軽減されております。

この数年、イロイロな意味で、写真をのんびりと撮っていられる状態では無かったですが、CP+ 2019 が開催さ
れるころまでにはイロイロな障害が低減される見込みで、徐々にではありますが、活動を再開する予定でおります。

今しばらく、お待ちいただけますようお願いいたします。

CP+ 2018 その6 シグマブース、今年のテーマ 2018/03/08

シグマブースの正面右側に今年のテーマが「選び抜く。」として掲載されていた。私は大昔に「写真は選択の芸
術だ」と考えていた時期があったことを思い出させてくれた。



「道具を選んでこそ、写真。」と言う主張には概ね賛成である。




昨年の CP+ で好評だったクリーニングサービスを今年も実施。実は私の SIGMA sd Quattro H も綺麗にして頂いた。




そして、毎年のお決まり。SIGMA 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 も展示されていた。

CP+ 2018 その5 Art 単焦点レンズの E マウント発売 2018/03/07

シグマの SD1/SD1 Merrill あるいは sd Quattro/H ユーザーにはあまり関係の無い話だが、私の様にソニーの
αも所有しているユーザーにとってはちょっと嬉しい話。

CP+ 2018 では以下のように展示されていた。



一本ずつ手持ち縦位置で撮影して7枚を合成したので、角度やサイズが揃っていないのはご容赦。写真に写って
いるものの他、今回発表になった 105mm F1.4 と 70mm F2.8 MACRO も E マウントでの発売が予定されている。

マウントアダプター MC-11 を介して SIGMA SA マウントやキヤノン EOS マウントのシグマ製レンズをソニーの
αに装着するのとは異なり、信号を変換してレンズとボディの通信を行う必要がないためか AF 等のレスポンス
が向上し、接合部の強度も確保できるので、ソニーαをメインとして使っているユーザーには朗報だったに違い
ない。

おそらくこの発表でシグマ SA マウント、あるいはキヤノン EOS マウントからソニー E マウントへの交換を希
望するユーザーが増えるに違いない。なお、マウント交換サービスに掛かる費用を調べた結果、大幅な赤字になっ
ているとのことで、マウント交換サービスの価格値上げが発表されたが、致し方のないことだろう。

我が家の α6000 はビデオ撮影にしか使っていないため、個人的には超高画質のレンズは必要ないのだけど、フ
ルサイズのαを所有している方々には最高の画質を提供してくれるレンズとして喜ばれるのではないだろうか。

と言いつつ、本日発表になった MC-11 のファームウェアアップデートを早速実行したことも白状しておく。

CP+ 2018 その1の記事で 70mm F2.8 MACRO に付いて書いた際に SD1/SD1 Merrill と書くべき所を「SD Quattro」
の様な一眼レフと間違えてしまった。へるまんさんにご指摘頂き、感謝。

CP+ 2018 その4 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 2018/03/05

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art は CP+ の直前では無く、発売日の1ヶ月前である2月9日に発表された。が、発売は今週の金曜日なので、ピカピカの新製品である事は確かだ。 SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/160Sec. ISO800 絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード Photoshop でいっぱいレタッチ。 このレンズはいわゆる大口径ズームレンズの大三元と言われる F2.8 通しの広角系、標準系、望遠系の中の広角系の1本で、シグマでは 16mm からではなく 14mm から始める事にこだわったとの事。なので望遠側が 24mm になってしまったのは致し方のないことか・・・。まぁ、24-70mm F2.8 があるので、焦点距離は繋がると言う事で許すとしよう。社長はプレゼンテーションで言葉を濁していたが、望遠系の 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Art が年内に発表になるかどうかは微妙なところである。 シグマから発表されているレンズ構成図を見る限り、とんでもなく贅沢なレンズである事は間違いない。FLD ガラス3枚、SLD ガラス2枚、非球面レンズ3枚。しかも対物側の1枚目(G1)が超大口径で一番最後の1枚(G11)は SDL ガラス非球面である。希望小売価格は¥190,000 だけど、実売は約 15万円。安くはないけど、MTF チャートやディストーションチャートを見る限りにおいては凄まじい性能のレンズである。ナルハヤでテストできるよう、頑張って見る。 SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/200Sec. ISO800 絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード Photoshop でいっぱいレタッチ。 上の写真は隣に展示されていたフロント交換サービスでマルチカメラ用にレンズフードを組み込まない状態にしたものである。冗談のようなサービスであるが、それを本気で行ってしまうところがシグマらしい。 『CANON EOS 5D + SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art』 SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.5 1/30Sec. ISO800 絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード Photoshop で少しレタッチ。

CP+ 2018 その3 SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art 2018/03/04

【本日2本目の記事】

次は SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art である。



SIGMA dp Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/160Sec. ISO800
絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop でいっぱいレタッチ。

山木社長が3月2日のプレゼンテーションで「お客様、あるいは評論家か写真家の方が付けてくれた『カミソリ
マクロ』と言うキャッチフレーズをオフィシャルで使ってしまうシグマらしいマーケティング」と述べておられ
た。

SIGMA MACRO 70mm F2.8 DG を最初に「カミソリマクロ」と呼んだの伊達淳一氏で、2006年10月3日の「デジカメWatch」
だと思う。【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】「絞り開放からキレキレに写る“カミソリマクロ”」と紹介され
ている。発売からわずか1ヶ月半しか経っていない時である。しかし、もう、11年と半年も前の話だ。



『新型と旧型を正面から』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.2 1/80Sec. ISO800
絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop で少しレタッチ。

左が SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art で、右が SIGMA MACRO 70mm F2.8 DG。新型が出て来るのは今年の夏く
らいとのことなので、12年ぶりのリニューアルである。実は私が所有しているレンズの中でも、旧 MACRO 70mm
は最古参である。新型は旧型よりわずかに細くなって、重量もわずかではあるが軽くなっている。旧 70mm F2.8
は 9群10枚、フィルター径 62mm、最大径 76mm、全長 95mm、重量 525g であるが、新型は 10群13枚、フィル
ター径 49mm、最大径 70.8mm、全長 105.8mm、重量 515g である。



『SIGMA sd Quattro H + SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.5 1/25Sec. ISO800
絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop で少しレタッチ。

SIGMA sd Quattro H に装着された SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art。デザイン的には旧型よりスッキリしてい
て非常に良い感じである。レンズフードが着いているが、近距離の撮影でもこのレンズフードは位置が固定され
ていて、中の鏡筒だけが繰り出してくる。ピント調整は画質を確保するために敢えて全群繰り出し方式にしてあっ
て、このレンズのために新たなコアレスモーターを開発したバイワイヤ方式となっている。フォーカシング・バイ
・ワイヤと言うのは距離環を回転させた時の動きに応じて電動でレンズを移動させるピント調整方式で、シグマ製
レンズとしては(多分)初めて採用された方式である。モーターの性能が悪いとスムーズな繰り出しが出来ないと
いう欠点があるのだけど、SIGMA sd Quattro H に着けての試用では全く違和感は無かった。

SIGMA sd Quattro H の様にカメラ本体の電源を入れないとファインダーに像を写す事が出来ないミラーレスなら
ば全く問題にはならないけど、SD1 Merrill のような一眼レフの場合はフォーカシングする際に本体の電源が ON
になっていないと距離環を回しても、レンズは前後に動かない。AF ならば問題は無いが、MF では、本体の電源が
入っている必要がある。もちろん、実際の撮影時に電源を入れていないと言う事はあり得ないので、今回のように
「試しに覗いて見る」場合にのみ少し戸惑うだろう。

まだ完全に仕上がった状態ではないとのことで、試写はさせてもらえなかったが、旧タイプ以上の描写をすると言
うことなので、性能的には何の問題も無いだろう。もちろん、撮影する距離によって異なる描写をすることを補正
する為のフローティングシステムも採用されている。発売されたら、すぐに旧タイプとの写し比べをする事をお約
束しておく。



『SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 DG』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.5 1/50Sec. ISO800
絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop で少しレタッチ。




『CANON EOS 5D Mark IV + SIGMA MACRO 70mm F2.8 DG』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.5 1/40Sec. ISO800
絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop で少しレタッチ。

CP+ 2018 3月2日 シグマ山木社長のプレゼンテーションで紹介されている。

CP+ 2018 その2 2018/03/04

今年は新製品としてレンズが3本。また、ソニー E マウント用に Art 単焦点レンズ群が発売されることが発表
された。

まずは SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art から・・・



このレンズは「解像力とボケ味にこだわり抜いた、フルサイズ用Art F1.4 シリーズ最長焦点距離」とアナウンス
され、「BOKEH-MASTER」とネーミングされている。詳細はここを← して頂ければ、シグマの製品紹介ページが開く。

105mm で F1.4 の開放値を持つレンズはニコンが1年以上前に出しているが、9群14枚、フィルターサイズ 82mm、
重量 985g となっているので、まぁ、常識的なレンズだある。が、シグマの 105mm F1.4 は 12群17枚、フィル
ターサイズ 105mm、重量 1,645g と言う非常識なレンズとなっている。

ニコンは ED レンズを3枚使っているが、ED レンズはシグマで言うところの SLD ガラスに相当し、シグマはさ
らなる低分散の FLD ガラスのレンズを3枚、SLD ガラスを2枚、さらには非球面レンズまで使っている。

ちなみに、描写力において現時点では最高と思われる SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art は 10群13枚、FLD 2枚、
SLD 2枚で、非球面レンズは使っていない。

レンズ構成だけでその描写力を推し量ることは出来ないのだけど、シグマの Art は「間違いなく良いレンズ」
と言う印象を多くの方が持っているし、この4~5年で次々に発売された単焦点 Art レンズの実力を知ってい
る人にとっては、SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art がとんでもなく良いレンズであると予想することに何のため
らいも無いだろう。

上の写真は三脚座を外してプロテクトカバーが着いている状態での展示で、下が三脚座が装着されている状態で
ある。ここまで重たいレンズだと三脚座を着けて一脚の上に乗せ構える事が必須になるかも知れない。ただし、
三脚に乗せる場合には三脚座は天秤ブレを起こす元凶となるので、心してお使いになるよう、ご忠告させて頂く。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/250Sec. ISO800
絞り優先 AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop でいっぱいレタッチ。

展示されていたレンズにはフードが装着されていた。このレンズフード、何と被せ式である。シグマの方のお話
だと、径が大き過ぎてバヨネット方式のフードはあきらめたとのことだった。


非常に短い時間ではあったけど、実際にこのレンズを着けた状態のカメラを覗かせてもらったが、ひたすら重い
という印象が強かった事を追記しておく。

CP+ 2018 3月3日 シグマ山木社長の 105mm に関するプレゼンテーション なぜこんなに大きいのか


CP+ 2018 その1 2018/03/03

実は今年の CP+ 初日に行って来た。写真を撮ったことは撮ったのだけど、その後(ひな祭りやらで)イロイロと
忙しくて、まだ未整理。

とりあえずの一枚。



下は昨日の山木社長のプレゼンテーション。

CP+ 2018 3月2日 シグマ山木社長のプレゼンテーション


明日以降、順次掲載予定。

SIGMA 12-24mm F4 DG HSM vs SIGMA 20mm F1.4 DG HSM 2018/01/21

これも去年のクリスマスイブに撮影したのだけど、アップするのに時間が掛かってしまい、誠に申しわけない。
単焦点レンズとズームレンズを比較する事はいつも気が引ける。単焦点レンズのが良い描写をして当然という認
識があるからだ。しかし、その比較が可能である以上、やらないわけには行かない。

dp0 Quattro との比較をした時と同じで、時間が無かったために少々手抜きの撮影になっている。12-24mm だけ
に限ってしっかり写したものもあるので、近いウチに掲載させて頂く。

撮影条件と現像条件は全て一緒。解像感に関わる部分のパラメータは、シャープネス -1.0、色ノイズ 0.25、輝
度ノイズ 0.50、ディテール 0.17、倍率色収差は ON でレンズプロファイル。

画角は実際に撮影して合わせたのではなく、12-24mm のズーム環の焦点距離で合わせている。なので、画角に若
干の違いがある。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @20mm f:4.0



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm DG HSM | Art @f:4.0

ズームレンズの絞り開放と F1.4 の単焦点レンズを f:4.0 に絞ったものを比較する事に意味があるのかどうか?
私自身も疑問に思う。当然 20mm F1.4 の方が良い描写をしている。12-24mm は若干前ピン気味ではあるが、近
くのバラストの描写を比較すると、やはりレンズの描写力自体にかなり差があることが判る。20mm F1.4 の描写
力の高さを改めて感じる。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @20mm f:5.6



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm DG HSM | Art @f:5.6

f:5.6 だと多少良くなるが、1:1に拡大して見ると、同じカメラで撮影しているとは思えないほどの差がある。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @20mm f:8.0



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm DG HSM | Art @f:8.0

f:8.0 では若干の回折による甘さが出て来るのと、周辺部での描写が良くなるため差は縮まる。が、大きな差が
あることは確かだ。


参考までに、20mm の f:2.0 と f:2.8 もアップさせて頂く。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm DG HSM | Art @f:2.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm DG HSM | Art @f:2.8


LCD ビューファインダーを取り着けるためのブラケット AL-1 を dp Quatttro の全てに装着していたのだけど、
dp0 Quattro で LCD ビューファインダーを使った事が一度も無いことに気が付いた。もったいないのでオーク
ションに出品した。LCD ビューファインダー本体では無く、シグマのオンラインショップでのみ販売されている
LCD ビューファインダーをカメラに取り着けるためのブラケット単体である。興味のある方はポチッとして欲しい。



シグマ LCD ビューファインダー LVF-01 用ブラケット AL-1

 2018/01/13

maro のウェブサイトを始めてから今日で満 15 年。このところ、このブログさえ満足に更新出来ていない。ウェ
ブサイトも、せめてレンズテストだけは更新しようと心に決めてはいるのだけど、いろいろとやらなければなら
ないことが多くなって、写真に費やせる時間が少なくなってしまった。体調に不安が無いのがせめてもの慰めで
ある。


一昨日、ヨメさんの依頼で鴨川シーワールドにシャチを撮りに行った。メインはムービーで、α6000 に 12-24mm
を着けて、シャチのパフォーマンスを流しで撮影。すぐ右で SIGMA sd Quattro H に 50mm F1.4 を着けて撮った
のが以下の写真。



『鴨川シーワールドのシャチ 2018 その1』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード




『鴨川シーワールドのシャチ 2018 その2』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

SIGMA 12-24mm F4 DG HSM vs SIGMA dp0 Quattro 2018/01/02

クリスマスイブに撮影したのだけど、そこそこ多忙で、アップするのに時間が掛かってしまった。色味を合わせ
た以外の現像条件は全て一緒。解像感に関わる部分のパラメータは、シャープネス -1.0、色ノイズ 0.25、輝度
ノイズ 0.50、ディテール 0.17、倍率色収差は ON でレンズプロファイル。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @f:4.0

焦点距離リングでピッタリ 14 の位置に合わせて、sd Quattro H で撮影しているため、こちらのが画角が広い。
画素ピッチは同じなので、ピクセル単位で見比べるための処置である。




SIGMA dp0 Quattro @f:4.0

予想通り、周辺部の描写に関しては dp0 Quattro のが少し良い。が、絞り開放でこれだけの描写をするのは立派。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @f:5.6




SIGMA dp0 Quattro @f:5.6

f:5.6 だとより良い描写となるが、12-24mm が何となく甘い。AF で撮影したせいか?




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @f:8.0




SIGMA dp0 Quattro @f:8.0

毎度のことだけど、f:8.0 では周辺部が多少良くなるが、全体的にはほんの少しだけ甘くなる。Quattro の画素
ピッチでは致し方の無い事。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @f:11.0




SIGMA dp0 Quattro @f:11.0

f:11 は参考として、ご覧頂く。巨大な大きさにプリントするので無ければ、全く問題は無いが、ディスプレイ上
に1:1で表示してしまうと、ごくわずかではあるが、回折によるピンぼけが判ってしまう。

どちらのレンズもディストーションを感じさせない描写が素晴らしい。

あけましておめでとうございます 2018/01/01



SIGMA sd Quattro/H ファームウェアアップデート 2017/12/22

久しぶりに SIGMA sd Quattro 及び sd Quattro H のファームウェアアップデートが公開された。変更点として

・画像再生時におけるメインモニターおよびファインダー、HDMI出力時の表示画質の向上を図りました。

と記載されている。が、その下の「JPEG画像の画作りについて」をクリックすると


JPEG画像の画作りについて

SIGMA sd Quattro Hで生成するJPEG画像は、常に最適なものを目指し開発を続けており、ファームウェアのバー
ジョンによっては画作りが異なります。ファームウェアVer.1.01以降のファームウェアにおきましては、それ以
前のファームウェアよりもノイズを軽減させる画像処理プロセスを採用しています。多くのお客様に良い結果を
もたらすものと考えておりますが、被写体や撮影条件によっては、解像感が弱くなった様に感じられる事もござ
います。そのような撮影が多いお客様へ、ノイズが目立つようになりますが、解像感を優先させた画像処理プロ
セスをご用意しました。

カメラが生成するJPEG画像の画像処理プロセスを変更される方は、下記のPDFファイル「画像処理プロセス変更手
順」に従い変更してください。尚、画像処理プロセスを変更してもRAWデータの画質は変わりません。

尚、現在の画像処理プロセスのJPEG画像を好まれる方や、RAWデータで撮影される方につきましては、変更の必要
はございません。

との記事があり、少々面倒な手順となるけど、カメラ内 JPEG 画像の画像処理プロセスを変更することが出来る。
また、これは今までに無かった事だけど、ファームウェアを変更した後で、その結果が気に入らなかった場合は変
更されたカメラ内 JPEG 画像の画像処理プロセスを元に戻すことが出来るようにもなっている。

日曜日に SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art のテスト撮影を行う予定なのだけど、その際にカメラ内 JPEG の変更
点に関してもレポートしてみようと思う。

修理品送付先変更のお知らせ 2017/10/06

一昨日、シグマのウェブサイトに修理品送付先変更のお知らせが掲載された。今まで、修理品は川崎の本社に送っていたのだけど、これからは会津工場に直接送ることになる。 おそらく本社と会津工場のどちらからでもリアルタイムでアクセス出来る修理品管理システムの有効活用を狙ったものと思われる。本社から会津工場に修理品を移送する必要が無くなるので、シグマにとっては経費的にも時間的にも節約となる事は間違いない。保証期間が過ぎた修理品を中部地方より西の地域からシグマに発送する場合の送料が若干高くなるけど、致し方の無い所だろう。 今日は仕事を早めに切り上げて高校写真部の後輩の写真展を見て来た。デジカメ Watch でも紹介されたので、ご存じの方もおられるかも知れない。資生堂のカメラマンである金澤正人君の独創的な写真を堪能してきた。 7月にハッセルブラッド・ジャパン ギャラリーで行われた時には忙しくて見られなかったのだけど、今回はヌードがメインだったため、何とか時間を工面して見に行った。(^^; 好きか嫌いかと尋ねられたら、やや好き。良いか悪いかと訊かれたら、しばし迷った末に、まぁ良い方だと答える。絶対に見ておいた方が良いとは思わないけど、こんな写真表現もあると言う意味で見ておいて損は無いだろう。ただし、明日までである。もう少し早くに行って紹介するべきだったと反省。 なお、10月12日から11月7日まで、江東区亀戸にあるで江戸高写真部OB会展が開かれる。私もワイド四つ切りサイズの写真を3枚ほど出展している。お時間と興味のある方はお立ち寄り頂けると嬉しい。 ただ、私自身が写真展の会場に出向ける可能性は限りなく0(ゼロ)に近い。10月22日を予定していたのだけど、同じ高校写真部の先輩に頼まれて「浦安男声合唱団」定期演奏会での写真撮影を依頼されているからである。

体調は良いのだけど、少々疲れ気味。 2017/10/04

アッと言う間に10月になり、早くも4日。Siri に「お誕生日おめでとう。」と言ったら「ありがとうござい
ます。覚えていてくれたんですね。」と返って来た。

3日前に SIGMA sd Quattro H のファームウェアをアップデートした。今回のアップデートは

・撮影画像に記録されたレンズプロファイルのエラーによって、一部の画像ソフトにて、レンズ名が正しく表示
されなかったり、画像が正しい明るさで表示されなかったりする現象を修正しました。

・ELECTRONIC FLASH EF-610 DG SUPER SA-STTLを装着し、FP発光モードにて同調速度より高速なシャッタースピー
ドを選択すると、正しく同調できない現象を改善しました。

との事。個人的にはあまり重要性を感じないアップデートだったのだけど、こっそり他の部分にも手が入ってい
る可能性がゼロでは無いので、やっぱりアップデートしておいた。


「はな」の学校の食堂が改装工事のため、来年の3月まで、給食が無くなってしまった。なので、学校のある日
はお弁当を作らなければならないため、毎朝6時30分に起きている。ヨメさんはパートの仕事で夜遅くに帰っ
て来るため、なるべく私が作っている。

仕事もやや忙しい日が続いていて、あまりのんびり休むことが出来ない。幸い体調は良いのだけど、写真を撮る
ことに多くの時間を割けない状況が続いている。チョット寂しい。

データディスクが逝ってしまった。 2017/09/07

昨晩、自宅のメインマシンであるデスクトップにインストールされているインテルのラピッド・ストレージ・テ
クノロジーがデータディスクの S.M.A.R.T(固定ディスク装置の状態をの自己解析して報告してくる仕組み)か
らのアラートを教えてくれた。データディスクを CrystalDiskInfo で調べたらリードエラーレートの生の値が
0000FFFFFFFF になっていて、ステイタスは「異常」。

重要なファイルを三本調べたけど、全く問題無く開く。が、このままにしておいて死んでしまっても困るので、
用意してあった未使用の 2T バイトに全ファイルをコピー。アクティブなデータディスクなので 300GB 程しか
データは入れていないのだけど、途中で一度だけ止まってしまったが、その後は何度か再試行を繰り返しながら
も4時間ほどでコピーが完了した。

コピーできなかったものはバックアップに入っていたので、失われたファイルは無い。今朝はカセット式ファイ
ルベイからコピーした HDD を出して、本体内のドライブと交換。たいした手間も掛からずにデータディスクの交
換は完了。これでまた数年は持つだろう。

最新のバックアップは1週間前だったので、最悪の場合、この一週間で更新した分が消えて無くなるところであっ
た。まずは一安心。

8月が終わってしまった。 2017/09/01

Windows Server Update Service と言うのはローカルエリアネットワーク内の全 Windows マシンを対象として、
Windows Update の実行を管理するシステムで、7月の初めにそれが正しく働いていないことに気付いて Windows
Server Update Service 自体をアップデート。まともに働くようになったが、その結果 Windows Update が正常
に実行されていないマシンが 40 台ほどあることが判った。

7月は Windows Update でエラーが出ているマシンを一台ずつ調べ、エラーの原因を潰し、Windows Update が
正常に行われるように設定した。8月はアップデートが正しく実行されているかどうかすら判らないマシンを一
台ずつ調べ、結局手動でアップデートして、Windows Server Update Service で結果を正しくチェックが出来る
ように直した。

Windows 8.1 以前のものは特定の更新プログラムを手動でインストールすることで直るのだけど Windows 10 に
関しては古い Windows Server Update Service では正常に働かなくて、そのバグが Windows 10 Creators Update
(1703) でようやく修正された。なので全ての Windows 10 のマシンを 1703 に手動でアップデートしている。

しかも2時間近く掛かる Windows 10 Creators Update を実行するだけではダメで、その後手動で Windows Update
を実行し、その際には必ずエラーになるので [再試行] を行う。その後さらに 40 分ほど掛けて更新プログラムの
ダウンロードとインストールが行われ、再起動後に「お使いのデバイスは最新の状態です。」が表示される。とに
かく時間が掛かるのである。

そんな作業を先月はず~~~~っと続けていた。何せ3~4時間もパソコンが使えなくなるので、ユーザーの夏期
休暇や直帰の外出時でないと作業が出来ない。運が良ければ一日に4台、運が悪いと一日に2台しか直せない。

その他の機器のメンテナンスやら操作指導やら iPhone の交換やらで結構忙しい。

昨日はユー君が行きたがっていた鉄道博物館に「新幹線&鉄道博物館きっぷ」を使って行って来た。ユー君は生
まれて初めて乗った 「Maxとき」の2階席を喜んだ。ただ、新しくなったキッズスペースに大きなプラレールが
設置されたため、そこでほとんどの時間を過ごし、新しくなったジオラマを見ることもなく帰って来た。ヨメさ
んは鉄道博物館の年間パスを持っているので「近いウチに一人で行ってくる」と宣言した。


明後日は10月にある高校写真部のOB会展に出展する作品の締め切り日なので、本日A3で3枚プリントした。
その内の2枚を出す予定なのだけど、どれを外すべきか迷っている。

乗り鉄三昧。 2017/08/24

このところ暑さがぶり返しているためか、少々元気なしである。

日曜日は息子と一緒に船橋市にある鉄道の駅を巡るスタンプラリーのために京成線、東武野田線(東武アーバン
クライン)、北総線、新京成線、東葉高速鉄道の各駅を廻って、スタンプ集め。

本日は東海道線(横浜—国府津間)「開業130周年記念スタンプラリー」で、保土ケ谷、戸塚、藤沢、平塚、大磯、
国府津の各駅を廻ってきた。

写真は日曜日に行った駅で、我が家に最も近い駅と私もユー君も初めて行った駅での記念撮影。メインは α6000
でビデオを撮っているのだけど、たまにはスチルも撮らなければと思い SIGMA dp0 Quattro を持って行った。



『近くの駅にて』
SIGMA dp0 Quattro @f:6.3 1/100Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート




『初めての駅にて』
SIGMA dp0 Quattro @f:5.0 1/20Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

変なバグ。 2017/08/18

KAZUA さんが Twitter に「sdQHをVer.1.0.2へファームアップした際にファームアップ時に装着していたレンズ
で撮影した場合のみカメラ内JPEGのEXIF上のレンズ名が文字化けするバグが発生する場合があり、SIGMAさんへ
報告済みです。」とアップしている。

私が8月6日に SIGMA sd Quattro H のファームウェアをアップデートした際に取り着けていたのは 50mm F1.4
DG HSM | Art だったので、早速ここに掲載したその翌日に 50mm で撮影した「きなこ」の写真をチェックしてみた。

確かにカメラ内 JPEG ファイルの Exif Raw Data には グチャグチャに文字化けしているデータ 
が記録されている。正しくは 50mm F1.4 DG HSM | Art 014 でなければ
ならない。

これは先日公開された sd Quattro 及び sd Quattro H のファームウェアアップデートの中にあった「カメラ内
RAW現像を行ったJPEG画像のEXIFに記録されるレンズのモデル名が文字化けする現象を改善しました。」と関係が
あるような気がする。

私の様にカメラ内 JPEG を全く使わないユーザーには問題とはならないし、拙作の SIGMA Exif Reader ではカメ
ラ内 JPEG の Exif を読む際にもメーカーノートに記載されている内部的なレンズコードからレンズ名を参照す
るので、文字化けは起こらない。

ファームウェアには各レンズのレンズ名と何らかのデータが登録されていて、レンズ名は焦点距離に 16 バイト、
F 値の部分に 16 バイト、修飾部に 32 バイト、シリーズ・発売年に 16 バイトを使って記録されていて、カメ
ラ内 JPEG やカメラ内 RAW 現像の際にはこのデータからレンズ名文字列を作成して、Exif Raw データに記録し
ているのだろう。何らかの原因でこのデータを参照する為のポインタがファームウェアアップデートの際に装着
されていたレンズの部分だけ書き換えられてしまったのだろう。この現象を修正するにはファームウェアの再度
のアップデートが必要となるが、重篤なエラーではないので、しばらく放置されるかも知れない。

さっきも書いたけど、X3F ファイルから現像された JPEG の場合はこのレンズ名は Exif Raw には登録されない
ので、気にしなくても良い。

今夜は久しぶりに蒸し暑い。おやすみなさい。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art vs SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM 2017/08/17

昨日は SIGMA dp0 Quattro と dp2 Quattro を持って、仕事に出掛けたのだけど、やはり一日中小雨が降ってい
て、結局何も撮らなかった。ヨメさんの誕生日だったので、銀座でささやかな誕生日のプレゼントを買って帰宅。
ブログを書き始めたら、ヨメさんがスマホのメモリーが足らなくなったと言う事で、内部メモリーから画像を
micro SD カードに移して、内部メモリーを空け、ついでに Android OS をマシュマロからヌガーにバージョン
アップ。

私は iPhone に慣れているので、自分用のスマホは iPhone にしたのだけど、ヨメさんと「はな」は AQUOS が
良いとのことで、Android である。micro SD カードが使えるのが魅力であるが、ケータイにデータを貯め込む
ことに抵抗がある人(私)にとっては iPhone の 32G バイトは十分な容量である。

さて、本日は薄日も差す曇天。ヨメさんと「はな」をららぽーとに残して、一人 135mm F1.8 と 50-150mm F2.8
の写し比べの為に早々に帰宅。遠方に少し陽炎があったので、ピントをずらしながらテスト撮影。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:2.8 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:2.8 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8 フォーカスは奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:2.8 フォーカスは奥

50-150mm の f:2.8 は(絞り開放なので)周辺光量の不足が目立つ。また、絞り開放なのに 50-150mm ではピン
トの移動が良くわからない。つまり、周辺部がしっかり描写されていないと言う事。

決して悪いレンズではない 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM と比べてみて、135mm F1.8 HSM | Art がどれほど凄
い描写をするレンズであるのかが如実にわかる結果となった。絞りを絞って行くにつれて、どこにピントを合わ
せたかが、わかりにくくなって行くのだけど、他の絞りでも同じ事をやったので(無駄と知りつつ)掲載させて
頂く。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:4.0 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:4.0 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:4.0 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:4.0 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:4.0 フォーカスは奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:4.0 フォーカスは奥

当然、f:2.8 よりは良い描写となる。135mm は被写界深度を考慮に入れなければ、f:5.6 よりも良い描写をして
いる。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:5.6 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:5.6 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6 フォーカスは奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:5.6 フォーカスは奥

やはりここまで絞ると 50-150mm も非常に良い描写となる。が、135mm と比べてしまうと今ひとつに見える。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:8.0 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:8.0 フォーカスは手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:8.0 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:8.0 フォーカスは中央




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:8.0 フォーカスは奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @135mm f:8.0 フォーカスは奥

フォーカス位置による描写の差はほとんど判らない。ほぼ全景が被写界深度の中に入っている感じ。ではあるが、
135mm の奥に合わせた画像を見ると、奥の部分が精緻に描写されているため、手前部分がわずかにボケているの
がわかる。


SIGMA 135mm F1.8 DG HSM を4回ほどテスト撮影したが、EISA Awards 2017-2018 での部門賞は伊達じゃない。
現時点で最高、究極と表現しても文句は出ないだろう。とんでもなく凄まじいレンズである。

本日は雨天なり。 2017/08/15

72年前の8月15日、関東地方は暑い日だったらしい。

135mm と 50-150mm の写し比べをしようと画策していたのだけど、今日の船橋市は時々止むけど、ほぼ雨が降り
続いた一日であった。

毎週火曜日、午後からはヨメさんがパート。なので、子供達の昼食と夕飯は私が作る。昼はサーモンのバター焼
き。夜は鶏の唐揚げと豆腐の味噌汁。子供達が喜んで食べてくれるのが嬉しい。

明日もこのあたりは雨模様のとの事。たまには SIGMA dp Quattro を持って銀座を撮ってくるか・・・。

今日も Windows Update と格闘。 2017/08/14

先月は Windows Update でエラーが発生してしまうマシン7台を修復したが、非常に手間と時間が掛かる作業
で、少々うんざりした。しかし、よく調べてみると Windows Update が働いていないマシンが 20 台ほどある
事がわかり、今日はその内の3台を片付けた。

会社その1で稼働している Windows マシンのバージョンは 7、8.1、10 と3種類あり、各バージョンによって
Windows Update を正しく働かせる為の処理が異なる。一番簡単なのは 10 で、Creators Update を実行してし
まえば良い。ただ、HDD が内蔵されているマシンだと、3時間ほど掛かる。そして、Creators Update を行った
後に再度 Windows Update を実行し、必ずエラーになるので、再実行のボタンをクリック。2度目か3度目で正
しくアップデートされる。

Windows 7 と Windows 8.1 の場合はアップデート2本を Windows Update サービスを停止しておいて、LAN に
接続しない状態でインストールした後に、アップデートを実行すれば大体直る。Microsoft から公式に発表され
ている Windows Update のエラーを修正するツールを使って直ったものは残念ながら一台もなかった。


そんなこんなで、本日もたっぷり疲れてしまった。おやすみなさい。

墓参りと餃子とスカイツリー。 2017/08/13

今日は一家総出で我が家の墓参り。亀戸へ出て菩提寺に行って、例のごとく亀戸餃子をイヤと言うほど食べた。
家族全員、亀戸餃子は大好物。一皿に5個乗っかっている餃子を大人二人、中学生一人、幼児一人で16皿た
いらげた。食べ物のメニューは餃子だけ。後は飲み物。

今でこそ一皿 250 円するが、私が父親に連れられて通い出した頃は 45 円だった。私の父親と先代の親父さん
が小学校の同級生だった縁で始まった亀戸餃子通いも 50 年になろうとしている。凄く美味しいと言うよりは
いくら食べても飽きの来ない味と言うべきだろう。皮が薄くて、中身がぎっしり詰まっている。

味に特徴がないことが特徴で、とにかく沢山食べられる。餃子好きには一度試してもらいたい。

ユー君はすっかり乗り鉄になってしまった。月に2~3回は遠乗りに出掛けるが、その時に持って行くのはシグ
マ製のカメラではなく、ソニーの α6000 である。で、スチルはほとんど撮らない。もっぱらビデオの撮影に使っ
ていて、我が家に帰って来てから、すぐに録画したものを再生して楽しむ。

ユー君は今日、生まれて初めて東武亀戸線に乗った。私は江東区で生まれて育ち、中学生の頃は亀戸駅から足立
区にある叔母の家に遊びに行くのに、この東武亀戸線に乗って、曳舟へ行き、曳舟から東武伊勢崎線(現在は東
京スカイツリーライン)に乗り換えて竹の塚で降りていたので、この起点から終点までわずか5駅の東武亀戸線
はとても懐かしい。私自身もこの電車に乗ったのは20年ぶりくらいである。

ユー君が東京スカイツリーに行きたがったので、曳舟から隣のとうきょうスカイツリー駅に行き、ソラマチで
ショッピング。「はな」はソラマチが初めてだったのだけど、その規模の大きさに驚いたようで、スマホで情報
を検索した後、MAX BRENNER CHOCOLATE BAR と言うカフエに行きたいとの事だったので、私がソラマチのマップ
で探し出し、連れて行った。が、そのカフエの真ん前がそらまち広場と言う場所で、ユー君は地面から吹き出す
噴水に大喜び。ビショ濡れになって(念の為に着替え一式は持っているので)遊んで、大満足したようだ。つま
り、お姉ちゃんのおかげで水浴びを楽しむことが出来たのである。「はな」は見つけたカフェがあまりにも大人
向けだったため、店には入らずに隣のかき氷屋さんで、かき氷を買い、ユー君を見張りながら、かき氷タイムを
楽しんだ。

帰りはユー君が京成線に乗りたいというので(先々週、上野動物園に行くのに京成線を使ったので、気に入った
らしい)京成押上から、高砂で乗り換えて海神まで各駅停車でのんびりと帰って来た。

最近の休日はこんな風に過ごすことが多くて、スチル写真はほとんど撮っていない。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 再び。 2017/08/12

このレンズは四月にシグマ本社で行われた「新製品体感イベント 2017 spring」での試写を含めれば3度目のテ
スト撮影となる。あらかじめお断りしなければならないのは、私が入手した個体は片ボケがあって、200mm 以下
の焦点距離では中心から右端に行くに従って極端に描写が甘くなる傾向がある。

もちろん全てのこのレンズにこうした傾向があるとは思えないし、シグマに送って補正してもらうことも出来る
だろう。なので、右端の描写に関しては片目をつぶってご覧頂くか、生ぬるく見守って欲しい。いつになるかは
断言できないけど、適切に処理された後で、再度テスト撮影を行うことをお約束しておく。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @100mm f:5.0

開放値 F5.0 が得られる焦点距離は至って狭い。135mm にすると、開放値は F5.6 となってしまう。何ミリまで
が F5.0 をキープするかは確認していないけど、少しでもズームすると F5.0 ではなくなると思って間違いない。
描写は最短焦点距離の絞り開放という条件を考慮に入れなくても(右端を除けば)かなり良い。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @100mm f:5.6

中心から左側は非常に良い描写である。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @100mm f:8.0

sd Quattro H(sd Quattro も)絞りを f:8.0 まで絞ると回折の影響が(f:5.6 と比べると)認識出来る。ごく
ごくわずかではあるが全体に描写が甘くなってしまう。が、被写界深度は深くなるので、レンズのアラは目立た
なくなる。恐ろしく凄まじい描写をするレンズ(Art の単焦点レンズ)でなければ、パンフォーカスが目的の場
合に f:8.0 まで絞るのは「有り」だろう。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @200mm f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @200mm f:8.0

100mm と比べて被写界深度が浅いので合焦している範囲は狭いが、描写力そのものはかなり良い。実用的には全
く問題はない。右端の片ボケもあまり目立たなくなる。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @300mm f:6.3




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @300mm f:8.0

300mm での開放値は F6.3 となる。欲を言えばもう少し粘って欲しいところである。が、描写自体は悪くはない。
300mm でこれだけ写れば文句はないだろう。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @400mm f:6.3 1/500Sec.

望遠端である。かなり頑丈な三脚を使っているのだけど、SIGMA sd Quattro H のフォーカルプレーンシャッター
から発生する振動を完全に抑え切れてはいないようだ。1/500 秒のシャッター速度でも、ごくわずかいブレてい
るようだ。薄日が差してきて、遠くの景色が陽炎のため、グチャグチャになっているのが良く判る。望遠端で絞
り開放を考慮すれば、合格点だろう。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @400mm f:8.0 1/320Sec.

被写界深度は深くなっているが遠景が今ひとつなので、描写が上がっているようには見えない。わずかなブレも
発生しているようだ。レンズの描写力は決して悪くはないと思うのだが・・・。

一日も早く、SIGMA sd Quattro (H) が先幕電子シャッターの機能を備えることを切に望む。ただし、SFD モー
ドではファーカルプレーンシャッターが閉じた後の振動がその次にシャッターが切れるまでに収まるとは思えな
いので、邸ショックシャッターモードが必要となるだろう。

なお、sd Quattro の超望遠域におけるブレに関しては昨年の10月に記事にしてある。今日のある方はご参照頂
きたい。

超望遠レンズでのブレ。 2016/10/28

SIGMA 135mm F1.8 と 100-400mm F5-6.3 @135mm 再び。 2017/08/11

昨日は疲れていて、早い時間に寝てしまった。誠に申し訳ない。

今日は朝から SIGMA のウェブサイトが全てのブラウザ(FireFox、Chrome、Safari、IE、Edge )で同じエラー
「データベース接続確立エラー」を出して、接続不能になっている。サイトメンテナンス中との事で、繋がら
なくなる可能性があるとアナウンスされていたが、せっかくの夏期休暇中なので担当者さんが可哀想。

さて、一昨日お約束した 135mm F1.8 と 100-400mm F5-6.3 の 135mm でのテスト撮影をご覧頂く。撮影日は
7月30日。現像は全て本日、SPP 6.5.4 で GPU 高速化を使用しない状態での現像である。幸か不幸か、私の
環境では CPU のみと GPU 高速化での現像に目視で確認出来る差は無いのだけど、そうでない環境の方もおら
れるので、敢えて CPU のみで現像している。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @135mm f:5.6

100-400mm の右端には明らかな片ボケが見られる。シグマに送り返して、再度テスト撮影を行う予定。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:8.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 | Contemporary @135mm f:8.0

悪い描写とは言えないが、135mm F1.8 の描写と比較してしまうと今ひとつ。やはり f:8.0 だとわずかではある
が全体に描写が甘くなる。

今日は午前様。 2017/08/09

たった今、仕事から帰宅。午前0時を過ぎて帰宅することは滅多に無いのだけど、午後8時過ぎから Windows 10
の Creators Update を i5 の HDD マシンで始めてしまったのが原因である。

営業職の方々などはお仕事の一環としてお酒を飲む残業をしなければならない場合もあるのだろうが、私の様に
システムの開発やら、マシンのメンテナンスやらが仕事だと(幸いなことに)お酒を飲む必要が全く無い。

お酒に対する欲求が全く無いので、私はこの5~6年1滴のお酒も飲んでいない(はずだ)。家の外で飲まない
ことははもちろん、家の中にも料理用の日本酒以外、お酒は置いていない。

だから何というわけでは無いが、私の帰宅が遅くなるのは会社での仕事に時間が掛かった時だけである。食事も
コンピュータがせっせと働いている間に済ませてしまうようにしている。

そんなわけで本日は写真の話題が無い。明日は 135mm F1.8 と 100-400mm F5-6.3 の比較を再びお目に掛ける予
定である。

おやすみなさい。

(現在は10日の午前0時32分だけど、9日の日付でアップする)

室内でのオートカラーバランス。 2017/08/08

蛍光灯の下で「きなこ」を撮影。



『お控えなすって!』(きなこ 35)
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM @f:1.4 1/30Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

明らかに良くなったとも言えないが、以前よりはカラー補正の量が少なくなったのは確かである。

本日は多忙。 2017/08/07

チョット、忙しい。先々週の日曜日に ka_tate さんが翻訳してくれた山木社長のインタビューを紹介させて頂く。

シグマCEOが24-70mm Art、14mm Art、シネレンズ、ソニー、野球について語る

おやすみなさい。

SIGMA sd Quattro H のファームウェアをアップデート。 2017/08/06

まず、アップデート前の状態を起動時間、AF の速度、室内撮影でのホワイトバランス、フラッシュの TTL 調光
精度に絞って、イロイロ撮影。その後ファームウェアをアップデート。

SPP 6.5.3 ではファームウェアアップデート後の X3F ファイルは現像出来ないようなので、SPP も 6.5.4 にバー
ジョンアップ。

撮影したファイルを全て HDD にコピーした後、SD メモリカードを sd Quattro H で初期化。けーざいさんが
Twitter に「ところでシグマのsd Quattroのファームウエアアップデートファイルってカメラ側でメモリフォー
マットしても消えずに残ったままになるのですね・・・」と投稿された件を確認。私の sd Quattro H でファー
ムウェアアップデート後に「カードの初期化」を実行したところ、ファームウェアの .BIN ファイルやを含めて
全てのファイルが消えていた。一枚も撮影していない状態では CDIM フォルダすら作成されていない。けーざい
さんの個体の不具合か、勘違いだと思われる。


で、SIGMA sd Quattro H のファームウェアアップデートでアナウンスされた中で確認出来たのは

1.AF の速度が若干速くなったこと。合焦精度は元々あまり問題ないので向上しているかどうかは不明。動か
ない被写体を静止したカメラで撮影する場合にピンぼけを経験した事は無い。

2.X3F、X3Iのファイル構造を変更し、処理速度の高速化を図りましたと言う点に関しては、良く判らない。
現像のことを言っているのであれば、よけいに時間が掛かるようになっている。X3F ファイルの保存時間に関
しては、もしかしたら速くなっているのかも知れない。

3.起動時間は間違いなく速くなっている。

4.屋内撮影時のオートホワイトバランスの色再現性が向上しているかどうかは、不明。蛍光灯の下ではイマイ
チだったし、ミックス光源だと、どうしようも無い。もちろん、これはどのカメラでも一緒だろう。

5.JPEG形式画像のノイズ処理のアルゴリズムが改善されたとしても、カメラ内 JPEG なので、RAW から JPEG
を生成する人には関係ないと思う。

6.メーニューで設定しなければならないが、フォーカスフレームボタンを押すことなく、直接セレクターボタ
ンを押してフォーカスフレームを移動させることができるようになった。至極便利。今回のファームウェアアッ
プデートでは最も高く評価したい点である。

7.ISOオート撮影時のシャッタースピードの下限を設定できるようになった。個人的には ISO オートは使わな
いので、良いことだとは思うが、私にはどうでも良いこと。

8.パワーグリップPG-41のFUNCボタンに「LV拡大表示」を割り当てできるようになったことは今回のファーム
ウェアアップデートで二番目に高く評価したい点。

9.画像再生時に撮影情報をサブモニターに表示できるようになった。今回のファームウェアアップデートで三
番目に高く評価したい点。

10.ELECTRONIC FLASH EF-630 SAおよび、ELECTRONIC FLASH EF-610 DG SUPER SA-STTL、ELECTRONIC FLASH
EF-610 DG ST SA-STTL、ELECTRONIC FLASH MACRO EM-140 DG SA-STTLとの組み合わせにおける調光精度が向上し
たかどうかは、良く判らない。以前だったらかなりのオーバーになるような状況でも、さほどオーバーにはなら
なかったので、改善された見るべきだろう。ただ、以前と同様、バウンスライティングだとアンダーになる傾向
は変わっていない。

11.SFD(Super Fine Detail)モードに設定中、バッテリー残量が少なくなると警告を表示し、撮影できない
ように仕様変更された点は、まだ検証できていない。が、検証不要だろう。


12.カメラ内RAW現像を行ったJPEG画像のEXIFに記録されるレンズのモデル名が文字化けする現象は、私自身
カメラ内RAW現像はテストでしか使った事が無いので、どうでも良い。

13.「カード内にX3Iファイルを含む状態で、マーク画像の操作を行うとフリーズする事があるバグを修正し
ました」と「シャッターボタン半押しを繰り返すと、まれにフリーズする現象を修正しました。」に関しては
経験した事が無いので判らない。直っているのだろう。







上の2枚はファームウェアアップデート前。








ファームウェアアップデート後。


X3F ファイルのバージョンが 4.1 から 4.2 になった。拙作の SIGMA Exif Reader に影響が出るかと心配した
けれど、Exif まわりに関しての変更はなかったようで、これに伴う SIGMA Exif Reader のアップデートは無い。

アップデートもせずに幕張の花火。 2017/08/05

幕張ビーチ花火フェスタ 2017 がご近所であったので、ろくに下調べもせずに家族総出で行って来た。有料席で
無いと防風林が邪魔をして海岸で開催される花火大会としてはイマイチ。もしかすると無料の席でも、ちゃんと
調べれば良い場所があったのかも知れないが、アタフタと出掛けたのと家族優先だったので、ただ写っているだ
けの写真になってしまった。帰りの電車がもの凄く混むことが予想できたので、途中で帰って来てしまったこと
も、良い写真が撮れなかった原因でもある。強く反省。orz

DP2 Quattro、sd Quattro H、SPP のバージョン全てがアップデートしていない状態である。



『花火 2017 その1』
SIGMA dp2 Quattro @f:8.0 1Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『花火 2017 その2』
SIGMA dp2 Quattro @f:8.0 1Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『花火 2017 その3』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM @f:8.0 1Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『花火 2017 その4』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM @f:8.0 1Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

来年は江戸川の花火大会に行こう。

ドド~~~~ンとアップデートの嵐。 2017/08/04

本日、以下のアップデートが公開された。過去にこれだけの種類のアップデートが同時に公開されたことは無い。
シグマ史上最大のアップデートである。

SIGMA Photo Pro 6.5.4、SIGMA dp Quattro シリーズファームウェア、SIGMA sd Quattro Hファームウェア、
SIGMA sd Quattro ファームウェア。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary キヤノン用および、SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 EF-E
ファームウェアもアップデートされたが、シグマ製デジタルカメラユーザーには関係の無いアップデートなの
で、ここでは触れない。

いきなりダウンロードして、アップデートしてしまっては比較が出来なくなるので、旧ファームウェアでアップ
デートされる部分を意識しながらテスト撮影を行い、その後アップデート。そしてアップデートされた事項につ
いてのチェックをしながら撮影。感じた事をメモメモ。

さて、SIGMA dp Quattro シリーズファームウェアのアップデートは

・DNGファイルをアドビ システムズ 株式会社のAdobe Photoshopで現像した際、画像の右側にノイズが発生する
現象を改善しました。

とのこと、個人的には DNG ファイルでの保存は行わないので、暇が出来た時にアップデートしよう。


SIGMA sd Quattro H のファームウェアアップデートは

・Contemporary 、Art、SportsラインのSGVレンズ使用時のAF速度を約10%~30%高速化し、合焦精度の向上を図
りました。
・X3F、X3Iのファイル構造を変更し、処理速度の高速化を図りました。
・起動時間の高速化を図りました。
・屋内撮影時のオートホワイトバランスの色再現性の向上を図りました。
・JPEG形式画像のノイズ処理のアルゴリズムを改善しました。
・フォーカスフレームボタンを押すことなく、直接セレクターボタンを押してフォーカスフレームを移動させる
ことができるようにいたしました。
・ISOオート撮影時のシャッタースピードの下限を設定できるようにいたしました。
・パワーグリップPG-41のFUNCボタンに「LV拡大表示」を割り当てできるようにいたしました。
・画像再生時に撮影情報をサブモニターに表示できるようにいたしました。
・ELECTRONIC FLASH EF-630 SAおよび、ELECTRONIC FLASH EF-610 DG SUPER SA-STTL、ELECTRONIC FLASH EF-610
DG ST SA-STTL、ELECTRONIC FLASH MACRO EM-140 DG SA-STTLとの組み合わせにおける調光精度の向上を図りました。
・SFD(Super Fine Detail)モードに設定中、バッテリー残量が少なくなると警告を表示し、撮影できないよう
に仕様変更いたしました。
・カメラ内RAW現像を行ったJPEG画像のEXIFに記録されるレンズのモデル名が文字化けする現象を改善しました。
・カード内にX3Iファイルを含む状態で、マーク画像の操作を行うとフリーズする事があるバグを修正しました。
・シャッターボタン半押しを繰り返すと、まれにフリーズする現象を修正しました。

と多岐にわたる。チェック項目が多すぎてこのアップデートを検証するだけでも半日くらい掛かりそう。


で、SIGMA sd Quattro のファームウェアアップデートは

・X3F、X3Iのファイル構造を変更し、処理速度の高速化を図りました。
・起動時間の高速化を図りました
・屋内撮影時のオートホワイトバランスの色再現性の向上を図りました。
・JPEG形式画像のノイズ処理のアルゴリズムを改善しました。
・フォーカスフレームボタンを押すことなく、直接セレクターボタンを押してフォーカスフレームを移動させる
ことができるようにいたしました。
・ISOオート撮影時のシャッタースピードの下限を設定できるようにいたしました。
・パワーグリップPG-41のFUNCボタンに「LV拡大表示」を割り当てできるようにいたしました。
・画像再生時に撮影情報をサブモニターに表示できるようにいたしました。
・ELECTRONIC FLASH EF-630 SAおよび、ELECTRONIC FLASH EF-610 DG SUPER SA-STTL、ELECTRONIC FLASH EF-610
DG ST SA-STTL、ELECTRONIC FLASH MACRO EM-140 DG SA-STTLとの組み合わせにおける調光精度の向上を図りました。
・SFD(Super Fine Detail)モードに設定中、バッテリー残量が少なくなると警告を表示し、撮影できないよう
に仕様変更いたしました。
・カメラ内RAW現像を行ったJPEG画像のEXIFに記録されるレンズのモデル名が文字化けする現象を改善しました。
・一部の手ブレ補正OS機構搭載レンズを装着した際、オートパワーオフの作動時間が設定よりも1分長くなる現象
を修正しました。
・DNGファイルを現像した際、画像の右側にノイズが発生する現象を改善しました。

とのこと、私は SIGMA sd Quattro は手放してしまったので、このアップデートの検証は出来ない。


そして最後に現像ソフト SIGMA Photo Pro 6.5.4 のアップデートである。

・SIGMA sd Quattro (Ver1.06)および、 SIGMA sd Quattro H(Ver1.02)のRAWデータ(X3Fファイル/X3Iファ
イル)に対応しました。
・SIGMA sd Quattro H(Ver1.02)のRAWデータ(X3Fファイル)の現像処理において、ハイライト部の色再現性を
向上させました。
・SIGMA Photo Pro起動時にバージョン情報と、レンズ情報の更新を通知する機能を追加しました。

とのこと。

今夜はシグマのサイトがかなり混雑しているようなので、ダウンロードは明日の明け方に行う。とりあえず、
おやすみなさい。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art 再撮影。 2017/08/03

天候と私の都合がうまく合わずに、延び延びになっていた 135mm と 100-400mm の再テスト撮影を日曜日に行っ
た。とりあえず SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art をご覧頂く。前回は各絞り値で1枚のみ掲載したけど、今回
はフォーカス位置を少しずらしたものを複数枚掲載させて頂く。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:1.8 フォーカス位置は一番手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:1.8 フォーカス位置はやや手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:1.8 フォーカス位置はほぼ真ん中




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:1.8 フォーカス位置は一番奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.0 フォーカス位置はやや手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.0 フォーカス位置はやや奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8 フォーカス位置は一番手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8 フォーカス位置は真ん中




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8 フォーカス位置は奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:4.0 フォーカス位置はやや手前




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:4.0 フォーカス位置は奥




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6 フォーカス位置はやや手前(公開済)




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6 フォーカス位置は奥(公開済)




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:8.0 フォーカス位置は真ん中


SIGMA sd Quattro H に 135mm を着けて撮影された写真をディスプレイ上に1:1で表示させてその写り具合を
チェックする時には被写界深度を考慮しなければならない。今回、同じ絞り値で複数枚掲載させて頂いた理由は、
信じられないほどの浅い被写界深度に対応するためである。

昔の 35mm フルサイズを基準にした被写界深度表はフィルム(イメージセンサー)上での許容錯乱(ボケていな
いと判定される)円の直径を 0.03mm としていた。が、SIGMA SD Quattro H の1ピクセルは 0.004mm の幅で並
んでいる。なので、ディスプレイに1:1で表示された画像を観察する場合、ディスプレイ上の1ピクセルを判
別出来る視力を持っている方にとっての許容錯乱円はイメージサークル上での1ピクセルの幅、つまり 0.004mm
と言うことになる。少しだけ甘くして許容錯乱円径を 0.005mm とした場合、被写界深度がどの程度になるのか計
算してみよう。0.005mm は少し厳しすぎるのだけど、理論値としてお許し頂く。信じられないほど浅い被写界深
度となるはずである。

許容錯乱円径が判っている場合の被写界深度計算には Ke!san サイトでカメラの被写界深度の計算を使う。
135mm f:2.0 と f:5.6 での被写界深度を撮影距離(ピント位置)200m と 400m で算出してみた。

135mm f:2.0 距離 200m 前方被写界深度 19.78m 後方被写界深度 22.65m 被写界深度 44.43m
135mm f:2.0 距離 400m 前方被写界深度 71.99m 後方被写界深度 112.50m 被写界深度 184.49m

135mm f:5.6 距離 200m 前方被写界深度 47.00m 後方被写界深度 88.71m 被写界深度 135.71m
135mm f:5.6 距離 400m 前方被写界深度 152.25m 後方被写界深度 637.72m 被写界深度 789.97m



画面に写っている一番遠い被写体は 2km 以上離れている。中央、少し右奥に見える「ANABUKI サーパス船橋山手」
と書いてあるマンションまでの距離はほぼ 800m。135mm f:5.6 で 400m 先にピントを合わせても、わずかにボケ
る計算である。

JPEG のファイルサイズ 2017/08/02

昨日の記事の続きである。

チョット、気にして頂きたいのが JPEG 10、JPEG 12、TIFF からの Photoshop による JPEG 化の3パターンで、
JPEG ファイルのサイズの差が異なる点である。

JPEG 10 では 0.134 %、JPEG 12 では 0.376 %、TIFF から JPEG 12 で保存したものでは 0.185 % とファイル
サイズの異なり方に差がある。これは SPP が JPEG 圧縮を行う際に GPU 高速化と CPU のみで異なる計算方法
を採っていて、圧縮率の違いによってその差が変動するようなアルゴリズムを使っているからなのかも知れない。

TIFF に保存する際には JPEG 圧縮は使っていないので、それ以前の現像処理においても GPU 高速化と CPU の
みでは異なる計算方法、あるいは GPU の計算精度に依存する差が発生しているものと思われる。

しかし、JPEG 10 における差は TIFF から JPEG 12 で保存したもののそれよりも小さい。早い話が JPEG 10 で
現像した場合、GPU 高速化で現像した結果と CPU のみで現像した結果を見た目で判別することは非常に難しい。
(私には区別が付かないことを白状しておく)


で、今日は昨日書いた X3F ファイルを現像した結果、JPEG のファイルサイズがより大きくなる場合を実際にご
覧頂く。

まずは昨日の4枚目と同じもの。CPU のみで現像し JPEG 12 で保存。



ファイルサイズ:28,020,384 バイト

以下の画像は、その下に記述してある現像パラメータの違い以外は上のものと全く同じ条件で現像してある。



ディテールを1ノッチ上げたもの。ファイルサイズ:28,236,909 バイト(差は 216,525 バイト、0.772%)




シャープネスを 0.1 上げたもの。ファイルサイズ:28,357,266 バイト(差は 336,882 バイト、1.202%)




輝度ノイズリダクションを1ノッチ下げたもの。ファイルサイズ:28,609,118 バイト(差は 588,734 バイト、2.101%)




カラーノイズリダクションを1ノッチ下げたもの。ファイルサイズ:28,791,557 バイト(差は 771,173 バイト、2.752%)




倍率色収差補正を OFF にしたもの。ファイルサイズ:28,254,845 バイト(差は 234,461 バイト、0.837%)




露出を +0.1 上げたもの。ファイルサイズ:28,085,973 バイト(差は 65,589 バイト、0.234%)


現像パラメータ1目盛の差で JPEG ファイルのサイズはこれだけ変化する。で、実際の画像がどれほど変化する
のかをお確かめ頂きたい。ノイズリダクションを1ノッチ下げたもの以外は、1:1に拡大して見ても、その差
を見つけるのに苦労なさると思う。

不思議なのは KAZUA さんが GPU 高速化で現像したものは色ノイズが多いと述べておられること、上の例で解る
ように色ノイズが増えれば JPEG のファイルサイズも増えるはずである。JPEG ファイルのサイズが小さくなって
いるにもかかわらず色ノイズが増えているのであれば、それ以外のシャープネスなどがかなり低下している可能
性が高い。

SPP 6.5.3、GPU 高速化だと画質が異なる? 2017/08/01

先月は多数の Windows マシンで Windows アップデートがうまく働いていないという事象が発見されたため、そ
の対応に追われ、とても忙しかった。

8月になった事もあり、今月はしっかりとこのブログを更新して行く事をお約束させて頂く。(こうでも書かな
いと、サボりたがるので、「頑張ります!」宣言である。)

135mm や 100-400mm の再テストもなかなか行えず、悶々としていたのだけど、日曜日に何とか撮影が出来た。
で、その公開をしようと思って準備していた矢先に KAZUA さんや foxfoto さんが SPP 6.5.3 で X3F から
CPU のみを使って現像した結果と GPU 高速化を使って現像した結果が異なることを Twitter に投稿しておられた。

これは面白いと言う事で、私も CPU のみで現像した場合と GPU 高速化を使って現像した結果を比べて見ること
にした。

一昨日撮影したものの中から SIGMA sd Quattro H に 135mm F1.8 を付けて f:5.6 で撮影したいつもの風景を
選択。もちろん、現像時の条件は全く同じ。



いつも通り、GPU 高速化で現像し JPEG 10 で保存。ファイルサイズ:11,730,963 バイト




CPU のみで現像し JPEG 10 で保存。ファイルサイズ:11,746,656 バイト

ファイルサイズの差は 15,693 バイト、0.134 %




次に GPU 高速化で現像し JPEG 12 で保存。ファイルサイズ:27,915,407 バイト




CPU のみで現像し JPEG 12 で保存。ファイルサイズ:28,020,384 バイト

ファイルサイズの差は 104,977 バイト、0.376 %




次に GPU 高速化で現像し TIFF で保存。Photoshop で JPEG 12 で再保存。ファイルサイズ:22,711,190 バイト




CPU のみで現像し TIFF で保存。Photoshop で JPEG 12 で再保存。ファイルサイズ:22,753,228

ファイルサイズの差は 42,038 バイト、0.185 %

確かに GPU 高速化を使って現像したものと、CPU のみで現像したもののファイルサイズは異なる。どちらが良
い画質なのか、見た目では解らない。全く同じ X3F ファイルを現像した結果、JPEG のファイルサイズが大き
くなるのは

1.シャープネスがより強い(より精緻に描画されている)
2.ノイズリダクションがより少ない(よりノイジー)
3.倍率色収差補正が甘い(倍率色収差が多い)
4.輝度が高い(明るい)
5.コントラストが高い
6.彩度が高い

以上、思いつくだけでも6つの要素がある。

現像時に JPEG 12 で保存した画像2枚を比較して見た。4~6に関しては数値として捉えられるので、調べる
のは簡単だった。全くと言って良いほど差がなかった。

1~3に関しては目を皿のようにして 200% に拡大した画像を瞬時に切り替えて比べて見たけど、その差を認
識することは出来なかった。ただ、いずれもコントロール可能な範囲での差であることは確かだ。

使われている GPU の種類などで差が出る事は間違いないらしいが、具体的にその差を指摘できるほどのもの
でもなさそうだ。ただ、私は目が特別に良いわけではない。なので、お時間のある方はじっくり比べて頂き、
「ここが違う」と言うご指摘をしてくださるのであれば無上の喜びである。


オット、上にアップしてあるのは 135mm F1.8 の f:5.6 でやや手前にフォーカスがある。奥の方にフォーカス
すると下のような写真になる。SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art の描写を誤解されないために、付け加えておく。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f5.6 遠くにフォーカス

14mm と 24-70mm、明日発売。 2017/07/06

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art と SIGMA 24mm F2.8 DG OS HSM | Art が明日発売になる。今夜から SPP 用のレ
ンズデータがダウンロード可能になった。

拙作の SIGMA Exif Reader もレンズ名を正しく表示できるようにアップデートしたので、新しいレンズをお使い
になる方はダウンロードして頂ければ幸いである。

先月のものが今ひとつ納得が行かない結果だったので、135mm と 100-400mm のテスト撮影を再度行おうとしてい
るのだけど、天候と私のタイミングが合わなくて、遅れている。しばしお待ち頂きたい。

変に忙しい。 2017/06/20

日曜日の朝に 135mm と 100-400mm のテスト撮影を慌ただしく行った。が、現像出来たのが日曜の夜。昨日は仕
事でバタバタしていて、ようやく今、アップする。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:1.8




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @4.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:8.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:11.0


ここから下は SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @100mm f:5.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @100mm f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @100mm f:8.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @135mm f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @135mm f:58.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @200mm f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @200mm f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:6.3




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:8.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @400mm f:6.3




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @400mm f:8.0

さらばガラケー。 2017/06/16

3年ほど前から iPhone を使っているのだけど、その iPhone は会社その1からの借り物。会社その1では社員
全員にパソコン1台と iPhone 1台が貸与されている。ウェブ系の開発担当で iMac1台、MacBookPro2台、
MacBookAir 1台、iPad4 1台、iPhone 3台を貸与されている強者もいる。Windwos マシン4台も、検証用に彼
が管理している。

去年の2月には iPhone 5s から 6s への更新があったので、多い日には1日に 12 台ほど iPhone の更新を手
伝った。また、3ヶ月に一度くらいは壊れてしまった iPhone の代替機を急いでキッティングする仕事があるの
で、iPhone の設定に関してはかなりのスキルが身についた。

が、ヨメさんや友人達との電話、会社その1以外のお客さんとの連絡には本日までシャープのガラケーを使って
いた。SoftBank がスマホデビュー割という「機種変更するまで、基本通信料毎月¥2,100円引き」というキャン
ペーンのダイレクトメールを送ってきたので、乗っかることにした。

が、ケータイ屋さんに出向くのが面倒だったので、SoftBank のオンラインショップで購入。明日、iPhone SE が
我が家に届く。設定に関しては全て解っているので何の不安もないが、10 年以上愛用していた折りたためるケー
タイと別れるのは少し寂しい。


さて、今朝は少し早起きをしたのだけど、やはり遠景が少し霞んでいたのと、ほぼ逆光になっていたため、望遠
系新レンズのテスト撮影は行わなかった。明日の朝も予想では晴れになっているので、撮影は日曜日になってし
まうかも知れない。

SILKYPIX も無事ダウンロード出来たが、今ひとつモチベーションが上がらない。まぁ、来週中頃には触り始める
つもりではある。

本日は晴天なり。 2017/06/15

今日、時間的な余裕はあったのだけど、お天気が画に描いたような「快晴!」。望遠系のレンズのテスト撮影に
は全く不向き。遠景が陽炎でグシャグシャになる。明日は仕事がある。が、早朝なら大丈夫かも・・・。と思っ
て天気予報を調べたら湿度 98%。遠景は霞んでいる可能性が非常に高い。135mm 及び 100-400mm のテスト撮影は
週末まで持ち越し。遅くとも月曜日にはアップできるだろう。

メールで案内が来ていた SILKYPIX を試用してみたいと思ったのだけど、価格が倍も違うスタンダード版とプロ
フェッショナル版の違いが良く判らなかったので、製品比較表を探し出して、違いを並べて見た。

プロフェッショナル版だけが持つ機能は以下の通り。

ホワイトバランスのミックス光補正
水中写真用拡張機能(5種類)
Lトーンカーブ
モノクロコントローラ(カラーフィルタ・明度)
美肌処理/ノイズ付加
部分補正ツール
レンズ収差補正の周辺減光でのセンター設定
プレビューの全画面表示
ホットフォルダ作成

以上の機能の中で他のソフトウェアで実現できないものがあり、その機能が必要な方はプロフェッショナル版を、
そうでない方はスタンダード版をご使用になるのが良さそうだ。

私の様に Photoshop + LightRoom と PortraitPro を使っている方で、水中写真を撮らないのであれば、プロ
フェッショナル版は要らないかも知れない。

基本的な機能や仕上がり具合をチェックするにはスタンダード版で十分なようなので、とりあえずスタンダード
版をダウンロードして試すことにした。何故か我が家のダウンロード速度が現在、異常に低下(0.5Mbps)して
いるため、1時間経っても 5% 程度しかダウンロード出来ていない。マンション内で混雑しているようだ。明日
の朝になれば終わっているだろう。

30 日間の試用が認められているので、のんびり使って見る。ありがたいことに SIGMA ユーザーで SILKYPIX を
使った事がない人のために簡単な使用法を説明してくれているので、そのページもリンクしておく。

SIGMA dp QuattroシリーズのX3FファイルをRAW現像

このページの下半分で紹介されている機能はプロフェッショナル版にしか搭載されていない。ある意味でこのペー
ジを見て、スタンダード版にするかプロフェッショナル版にするかを判断するのも良いだろう。

なお、今時 32ビット版の OS を使っている人は少ないと思うけど、SILKYPIX の X3F 現像は 64ビット版にのみ対
応しているので、OS が 32 ビット版の方は使えないのでご注意。

本日はこれまで。おやすみなさい。

多忙状態からようやく抜け出せた 2017/06/14

先月の下旬に開発系の仕事が2つ重なって入って来た。今日、会社その4に納品をしたので、あと一つ、会社そ
の1の仕事を残すのみとなった。かなり面倒なシステムなので、時間をたっぷりもらったのだけど、遅くとも来
週中にはそれも終わらせなければならない。

が、キツキツではなくなったので、再び写真の趣味に時間を割くことが可能になった。

イロイロあるのだけど、今週末には SIGMA 135mm F1.8 DG HSM と SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM のテスト
撮影を完了したい。

市川ラボラトリーの SYLKYPIX が Merrill センサーを飛ばして、SIGMA dp Quattro シリーズに対応した。

デモザイク精鋭度の設定ができないなど一部機能が制限されます。
X3I 形式の RAW (SFD モードで撮影された RAW) には対応しておりません。
Windows 32bit OS には対応しておりません。

との事だけど、かなり多くの機能を持つ現像ソフトだけに喜んでいる方もおられるだろう。

時間が出来たら、ダウンロードして試用する予定。無料ではないけど Photoshop + LightRoom の月額 1,058円
と比べて安いかどうかの判断は難しいところ。

昨晩までせっせとプログラムを書いていたので、今はとても眠い。おやすみなさい。

SFD を使わない方が良いケースは? 2017/05/22

先々週の土曜日には南船橋にあるららぽーとトーキョーベイに足慣らしを兼ねて、ヨメさんのお供で食材の買い出しに行って来た。普通に歩くとまだ少し痛いのだけど、帰る頃にはさほどでもなくなった。この一週間で足はほとんど問題のない状態になった。 その前の日には(重要書類入手のため)秋葉原に寄り道をしてから会社その1に出社している。 その後、重要書類=安倍吉俊氏の「飛び込め!!沼 02」を熟読。シグマユーザーにとってはとても楽しく読めるコミックである。シグマレンズの製品名に付いているおまじないのようなものを詳細に解説していないところが良い。(^^; 気になる方のためにチョット付け加えると DG レンズの始まりは広角単焦点の 20,24,28mm である。DG の意味は(おそらく)DiGiral で要するにデジタル対応を意味している。今は DC レンズと区別するために 35mm フルサイズセンサーに対応したレンズの意味合いを持っている。DC レンズの始まりは SD10 と同時に発売された 18-50mm F3.5-5.6 DC と 55-200mm F4.5.6 DC で DC は Digital Compact か Digital for aps-C ではないかと思う。DN に関しては Digial Neo の略となっているが、DG と DC に関しては何の略なのか、シグマから公式にアナウンスされてはいない。 SDF を「やけくそのような技術(褒め言葉)」との評価はうなずける。「S(少しでも)F(ふらついたら)D(デス)」は正しい。特に sd Quattro + MACRO + SFD で近接撮影を行った場合に7枚を1ピクセルのズレもなく撮影できたら、とても運が良かったと喜ぶべきである。あの状況なら、dp3 Quattro による SDF が正解。 少し前に、所有している内で最も重くステイを固定できる三脚(Manfrotto 475)にハイドロスタットボール雲台を乗せて、SIGMA sd Quattro H と SIGMA dp3 Quattro の2台のカメラを使って、SFD モードで A3 サイズ程度の物を 50mm で画面いっぱいに写して(撮影距離約 90cm)1ピクセル以上のズレが起きるかどうかのテストを行ったけど、全くと言って良いほどズレは起きなかった。 しかし、SIGMA sd Quattro H でマクロ撮影や超望遠(300mm 以上の)レンズを使った撮影を行った場合、かなりしっかりした三脚と雲台を使っても、フォーカルプレーンシャッターが連続的に動作するために発生するカメラ内部のショックが起こす微ブレによって、7枚全てで完全に同一の画像(ズレが1ピクセル以内に収まっている)を得ることは難しいと思われる。 また、OS 付きレンズの場合は手ブレ補正用エレメントが物理的に固定されていないのであれば、上記の理由でズレが発生する可能性を否定できない。 このあたりの問題に関して、シグマからは何のアナウンスもないので、私の推測が間違っている可能性もある。が、出来るのであれば、何らかの情報を発信して欲しいと思っているのは、私だけではないだろう。

SIGMA SD1 をお嫁に出します。 2017/05/17

軍資金不足のため、SIGMA SD1 ボディと PG-31、その他をお嫁に出します。

スペックは SD1 Merrill と同じですのでこちらをご参照願います。

2015年7月21日にシグマにて「撮像素子の掃除と各部の点検、AF、MF 合焦精度点検調整、トップカバーユニット
交換、内部 EF 調整」を完了して帰って来た後、テスト撮影で 10 回ほど、実際の撮影では5回ほど使いました。

使用感はありますが、程度は「美品」と言えます。アタリ、へこみ、傷、大きなスレなどはありません。機能的に
も全く問題ありません。

新品購入時の付属品(Li-ionバッテリーBP-21、バッテリーチャージャーBC-21、USBケーブル、ビデオケーブル、
ネックストラップ、アイカップ、ボディキャップ、アイピースキャップ、SIGMA PhotoPro Disc、SD1取扱説明書、
保証書、外箱)は全て揃っています。

パワーグリップ PG-31 も美品です。パワーグリップ用に純正の BP-21 を本体用とは別に2本付けます。ただ、
BP-21 は新品ではありませんので、多少へたっております。

ついでにケーブルレリーズ CR-21 も付けます。パワーグリップ、ケーブルレリーズの説明書と外箱はありません。
が、全て私が新品で購入したものです。

写真に撮り忘れましたが、購入時より問題なく使用しているメモリ Transcend の CF 400 倍速 32G バイトも2
枚付けます。







液晶モニター下部のロゴが SIGMA になっているのが SD1 Merrill との違いです。








上記の全てを送料込み ¥70,000 でお買い上げ頂ける方はこの記事に「購入希望」のコメントを付けてください。
その際に、ご連絡可能なメールアドレスをご入力頂けますようお願い致します。(そのメールアドレスは私にし
か見えません)こちらから、ただちに振込先などのご連絡を差し上げます。

20日午後8時までにどなたからもお申し出がない場合は、ヤフオクに開始価格¥70,000 で出品致します。ヤ
フオク流に宣伝させて頂けますれば「激レア! SD1 無印」と言う事で、もう少し高く買って頂けるかも知れま
せん。(^^;

質問等がありますれば、コメント頂けますよう、お願い致します。

歩き過ぎた・・・。 2017/05/10

朝、歩き始めると右足の親指の付け根に少し痛みを感じるのだけど、2~3分でその痛みが消える。半年ほど前
に、そんな状態が1ヶ月ほど続いた。しばらくの間は何ともなかったのだけど、一昨日と昨日で(多分)8km ほ
ど歩いた。そのせいか、昨日の夜から歩くと右足の甲に痛みが走る。

つま先に体重を掛けなければ大丈夫なのだけど、ちゃんと歩くことが出来ない。ネットで調べたらリスフラン関
節捻挫という症状らしい。安静にしていれば自然に治癒するとのことなので、今日は会社を休んだ。おとなしく
していたら、だいぶ良くなった。

明日は例外的に出社する予定だったのだけど、担当のおニィさんから休んで下さいとのことなので、休ませて頂
く。ゆっくり歩いて秋葉原でも行ってこようかと思案中。

暑い季節になった。 2017/05/09

特に暑い日でなくても、直射日光を浴びながら SIGMA dp Quattro でバシバシ撮り続けるとボディがかなりの熱
を持ち、背面液晶に温度計のマークが現れる。そのマークが現れてもすぐに撮影が出来なくなるわけではない。
が、撮影したデータが正しく保存されない可能性がある。そのまま撮影を続けると、自動的に電源が落ちる。運
が良ければ数分で回復するが、それまでは何も撮る事が出来なくなる。

暑い季節にはこの「温度上昇警告マーク」が表示されやすい。人間が熱中症になるよりも先にカメラが熱中症に
なるので、このマークが出たら日陰に入って休もう。

特にボディ全体を囲むようなケースをお使いの方は、炎天下での撮影時には十分にご注意なさるよう、ご忠告申
し上げる。

博麗神社例大祭に行って来た。 2017/05/07

東京ビックシティで行われた「博麗神社例大祭」(東方Project作品だけを扱った同人誌等即売会)に「はな」が
行くと言うので、保護者として付いて行った。

人混みでごった返した会場内を巡ること3時間。ひたすら「はな」の後に付いて歩き回っただけのお父さんとし
ては、二度と行きたくないと感じた。が、秋とか来年とかにまた行きたいと言われたら、連れていってあげなけ
ればいけないと思うのだから、まぁ、普通の親ではある。

ゲームやアニメにはあまり関心が無い人(もっと正確に言えば東方Projectを知らない人)が行っても楽しめる場
所ではない。コスプレーヤーが多くて、かぁいいおねぇちゃんや極端に肌を露出した以外はあまり魅力的でない
おねぇさんや女性の衣装をまとったひげ面のおにぃさんやらを眺めていても、何かなぁと言った感じ。

そんなわけで、SIGMA dp0 Quattro を持って行ったのだけど、写真撮影を行う場合には登録が必要と言うことも
あって、会場の外で「はな」の記念写真を撮っただけ。

とにかく、ゴールデンウィーク最終日はとっても疲れた一日であった。暗くなったら、寝てしまいそう。

最大撮影倍率の意義。 2017/05/06

田中希美男氏がレンズの仕様に書かれている「最大撮影倍率」に付いて苦言を呈しておられる。

が、「最短撮影距離」や「写界」や「最近接撮影範囲」も問題が無いとは言えないと思う。

ユーザーにとって肝心なのはそのレンズを使った時に撮影可能な一番小さい範囲(最も近づいて撮影した時に写
る範囲)がどのくらいなのかだと思う。しかし、当たり前だけど、そのレンズを取り着けたカメラのセンサーサ
イズによって、その範囲は異なったものとなる。

だけど、最大撮影倍率とセンサーサイズが判っていれば、ユーザーは撮影可能な最小サイズを簡単に求める事が
出来る。

例えば、SIGMA sd Quattro H に SIGMA 85mm F1.4 DG HSM を着けた場合、センサーサイズは 26.7×17.9mm で、
最大撮影倍率は 1:8.5 なので長辺は 26.7×8.5 = 227mm、短辺は 17.9×8.5 = 144.5mm の範囲を画面いっぱ
いに撮影できることが判る。

もし、MC-11 を使って SONY α7R に SIGMA 85mm F1.4 DG HSM を着けたのであれば、長辺は 35.9×8.5 = 305mm、
短辺は 24.0×8.5 = 204mm となる。つまり、最大撮影倍率は装着されるカメラによって変わる事は無いので、そ
れが示されていれば、どのカメラに着けた場合でも、撮影可能な一番小さいサイズを簡単に求める事が出来る。
もし最大撮影倍率が 0.117 倍のように少数で表示されていたら、そのまま割り算(26.7÷0.117 = 228mm)をすれ
ば良い。

田中氏は「つまりですね、デジタルカメラで撮影倍率が「1:8」だとか「0.125倍」だと言ったところで、ぜん
ぜん意味なさないじゃないか、というのがぼくの意見なのです。 いま、このデジタルカメラ時代にあって、
曖昧な「最大撮影倍率」の数値をレンズスペック表(仕様表)に記載するのでなく、最大撮影倍率のときにど
れくらいの範囲が写るか、その撮影範囲(被写体範囲)を明らかにするほうがずっと"理にかなっている"よう
に思う。」と書いておられるが、異なるカメラのセンサーサイズ毎に範囲を記載しなければならず、シグマや
タムロンの様なサードパティーにとっては、少々複雑なものになってしまうのではないだろうか。

お休みだけど、チョット忙しかった。 2017/05/04

と言っても、仕事で忙しかったわけではない。

昨日は朝、近所を散歩して花を撮影。午前中、ヨメさんがパートに行く前に私と一緒にユー君を地下鉄博物館に
連れて行き、遊ばせた。その時に目が赤いのに気付き、午後はユー君を新船橋のイオンにある眼科に連れて行っ
た。結膜炎ではあるが、ウィルス性ではないとのこと。休日だったこともあり、医院はとっても混んでいて、帰
宅して夕飯を食べさせたのが午後7時30分であった。

今日は早朝から江ノ島へ出掛けた。最近はユー君の写真はほとんど撮らずに、もっぱらムービー。α6000 が大活
躍である。ヨメさんとユー君はそのままヨメさんの実家にお泊まり。私だけ一人で帰ってきて、留守番をしてい
た「はな」を連れて夕飯は近所のしゃぶしゃぶ食べ放題。午後7時に帰って来て、昨日撮った写真を現像して、
ノイズを取って、少しレベルを調整してアップ。

昨日のスナップ。



『近所のポピー その1』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.5 1/500Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整




『近所のポピー その2』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整




『近所のポピー その3』
SIGMA dp3 Quattro @f:6.3 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整




『近所のアヤメ その1』
SIGMA dp3 Quattro @f:6.3 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整




『近所のアヤメ その2』
SIGMA dp3 Quattro @f:6.3 1/50Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整




『近所のツツジ その1』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.5 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整




『近所のツツジ その2』
SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


Quattro センサーで撮影して、細部の描写をしっかり残したい場合にはノイズリダクションを掛けずに現像する。
すると、今回の作例のように背景がやや暗くて大きくボケているような写真だと、ボケている部分にかなり露骨
な輝度ノイズが乗って来る。Photoshop のノイズリダクションでもそこそこ処理出来るのだけど、やはりノイズ
リダクション専門のソフトウェアを使う事であまり手間を掛けずに綺麗にノイズを消し去ってくれる。

かれこれ12年以上使っている NeatImage だけど、Ver.8.2 にアップデートしたのでダウンロードしてねとメー
ルが来たため、アップデートしてみた。残念なことに日本語化されていないため、使いこなすにはチト敷居が高い
かも知れないが、全自動モードもあるので、興味のある方はお試しあれ。










上の4枚は NeatImage のノイズリダクション効果を比較したもので、上が元の画像、下がノイズリダクション
後のものである。ボケている部分に関しては問題は無いが、精緻な描写が必要となる部分では(ノイズリダク
ション時にシャープネスの補正をしていないため)わずかではあるが甘くなっている。気になる方はノイズリダ
クションと同時にシャープネスを少し掛ける事をお勧めする。

飛び込め!!沼 02 5月6日発売。 2017/05/01

今週の金曜日に東京ビッグサイトで開催される COMITIA120(「自主制作漫画誌展示即売会」ブース:ち07b)で
安倍吉俊氏の「飛び込め!!沼 02」が発売される。残念なことに、私はその翌日に同じ東京ビッグサイトで行
われる「博麗神社例大祭」(東方Project作品だけを扱った同人誌即売会)に「はな」を連れて行く約束をして
いるので、さすがに2日続けてコミックの展示即売会は(体力的に)無理。

おそらく私は再び COMIC ZIN の通販を利用することになるのだろうけど、予約しておいた方が良いかなぁ・・・。


明日は臨時の出社で朝が早い。午後にはユー君のお迎えがあるので、会社には1時半くらいまでしか居られない。

4日には江の島へ行くことが決まっている。

バタバタとしてしまいそうなゴールデンウィークである。

SIGMA sd Quattro(H) で発生するブレ その2。 2017/04/30

SPP には SFD モードで撮影された7枚の画像に発生した「フレーム間の軽微なズレ」を調整する機能がある。
しかし、良く考えて見たら、1/2 ピクセルとか 2/3 ピクセルのズレが発生したら、どう頑張っても調整しきれ
ないのではないだろうか。やはり、sd Quattro(H) に超望遠を装着した場合には、完璧な SFD での撮影は難し
そうだ。撮影された7枚を拡大つつ、ズレが起きているコマを合成要素から外してやれば、かなり良くなるかも
知れないが、トーンの連続性やノイズの除去に問題が出て来る可能性を否定できない。

このところシグマ製デジタルカメラに文句ばかり付けているような気がする。私自身は間違いなく熱烈なシグマ
フアンなのに、もっと良くなって欲しいと感じる部分があると、ついブログに掲載してしまう。

レンズに関してはシグマ製レンズが非常に優秀であるとの認識が一般ユーザーにも浸透してきたようで、とても
嬉しい。この勢いで FOVOEN センサーの持つとんでもない描写力が理解される様になって欲しい。ただ、機能や
性能を他社の最新モデルと比較してしまうと、どうしても見劣りがする。

撮影者のスキルでカバーできる部分も多いけど、どう頑張っても不可能な点も少なくはない。私は誰でも簡単に
素晴らしい写真が撮れるカメラが良いカメラだと思っているので、シグマには今ひとつ(三つくらい?)頑張っ
て欲しいが、しばらくの間は生暖かい目で見守ることしか出来そうにない。

今朝のスナップ。



『近所のサツキとドウダンツツジ その1』
SIGMA dp2 Quattro @f:6.3 1/500Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『近所のサツキとドウダンツツジ その2』
SIGMA dp2 Quattro @f:6.3 1/320Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『近所のサツキとドウダンツツジ その3』
SIGMA dp2 Quattro @f:6.3 1/400Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SPP 6.5.3 での現像はとても快適。

SIGMA sd Quattro(H) で発生するブレ。 2017/04/29

昨年の10月、sd Quattro に 150-600mm を着けてブレのテストを行ったが、超望遠域においては何をしても数ピ
クセル程度のブレが発生する事を確認し、記事として掲載してある。

原因はフォーカルプレーンシャッターの先幕が停止する時に発生するカメラ内部の振動である。これを防ぐ方法
はただ一つ、電子先幕の採用以外に手立てはない。

が、昨日、今日と、KAZUA さんや foxfoto さんが、超望遠レンズでは SFD モードで画像にズレが発生する事を
嘆いておられる。私は SFD + 超望遠で各コマの画像がズレる事(おそらく縦位置で撮ったらもっと目立つはず)
は sd Quattro がフォーカルプレーンシャッターの採用を止めない限り、例え電子先幕が導入されても(フォー
カルプレーンシャッターの後幕が停止する時の振動が次のコマに影響を及ぼすので)解決されない問題として残
るのではないかと心配している。SFD モード時にシャッターが切れる間隔をユーザーが指定して(3秒置きとか)
撮影する事が可能になれば、大丈夫かも知れない。ただ、そうなると完全に静止しているものしか撮影できなく
なってしまう。

が、それとは別に、OS が内蔵されているレンズにおいては、手ブレ補正用エレメントが OS / OFF の時であって
も、強固に固定されていないのなら、連続撮影を行った時にフォーカルプレーンシャッターから連続的に発生す
る振動によって、数ピクセルの画像の移動(=ブレ)が確認出来るであろう事は容易に想像が付く。

sd Quattro(H) で超望遠レンズを使用する際に1ピクセルの解像を期待するのであれば 1/1000 秒より速いシャッ
ター速度を選択する必要がある。SFD モードの場合は SPP による「フレーム間の軽微なズレ」を調整する機能が
的確に働いてくれることを祈ろう。

SIGMA dp2 Quattro がフリーズ 続き。 2017/04/28

昨日の記事に「明日になれば対処法が公開されるので」と書いたが、シグマに確認したところ対処法は公開しな
いとの事。シグマが正式に発表しない事をここに書くわけには行かない。

幸いどなたからも「教えて!」とコメントを頂かなかったので、「カスタマーサポートに連絡すれば、教えても
らえます。」とお茶を濁させて頂く。が、世の中は明日からゴールデンウィーク。シグマも5月7日までお休み
である。もし、万が一私と同じ事象が起きて、ゴールデンウィーク中に dp Qauttro が使えない人がいては可哀
想。

どなたかが対処法を掲載しているかも知れないと思い、探してみたら、いました。シグマのキング山下氏がおそ
らく私と同じ考えで、一応ナイショだけど、公開しておいた方が良いだろうと思われたらしく、Facebook でむっ
てぃーさんのブログをリンクしてくれていた。

対処法をお知りになりたい方は「隔週刊 むってぃーろぐ」をご覧になる事をお勧めする。


で、シグマからのアナウンス通り、本日 Ver.2.01 が公開された。まだ Ver.2.00 をダウンロードしていない方
は、Ver.2.01 をダウンロードして、アップデートした方が良い。

Ver.2.00 でアップデートした後、何の問題もない方は敢えて Ver.2.01 にする必要は無いとの事だけど、万一
を考えると、アップデートしても良いかも知れない。

ま、大事にならずに済んで良かった。

SIGMA dp2 Quattro がフリーズ。 2017/04/27

「設定のリセット」から工場出荷状態に戻した時、最初に言語選択画面が表示されるように仕様が変更された事
が原因なのかどうかは不明だけど、SIGMA dp2 Quattro のファームウェアを Ver.2.0 にした後に電源を入れたら、
「言語選択画面」が表示された。

[日本語]が選択されていたので、そのまま「決定」ボタンを押した。が、何も起きない。「言語選択画面」が表
示されたまま。

お、foxfoto さんが tweet していた現象だ。と言う事で、おもむろに電源を切り、再投入。しかし、同じ画面が
表示されただけ。

どのボタンをどう押しても、「言語選択画面」で [日本語] が表示されたままにっちもさっちも行かない。

マニュアルを調べてみたけど、メニュー画面でフリーズした時の対処法の記載は無かった。

真夜中になってしまったので、電池を抜いて、一晩放置。

朝、7時過ぎに電池を入れて、電源 ON。相変わらず「言語選択画面」が表示され、ボタン操作やダイヤル操作に
は無反応。あっちこっちいじって見たけど、ピクリとも動かない。マグロ状態である。

午後になって、ウェブブラウザを開いたら Facebook の「シグマ・Foveonスクウェア」に以下の投稿。


↓↓↓↓↓ シグマ・Foveonスクウェア に投稿された記事 引用開始 ↓↓↓↓↓

【SIGMA dp Quattroシリーズ ファームウェアダウンロードサービス一時中止のお知らせ】

平素はシグマ製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

この度、2017年4月26日(水)に公開いたしましたSIGMA dp QuattroシリーズのファームウェアVer2.0.0において、
アップデート前のカメラの設定によって、アップデート後に再起動を行うと背面ボタンの操作を受け付けなくな
る現象を確認しました。

修正を施したファームウェアが完成するまでは、ダウンロードサービスを一時中止させていただきます。

ファームウェアの公開は明日(4月28日)を予定しておりますので、それまではアップデートを控えていただく
ようお願い申し上げます。

尚、再起動後に背面ボタンの操作ができた場合は、問題なくご使用いただけます。

また、すでにファームウェアアップデート後に背面ボタン操作を受け付けなくなってしまったお客様におかれま
しては、下記の弊社カスタマーサポートまでお問い合わせ願います。

株式会社シグマカスタマーサポート
電話でのお問い合わせ
フリーコール:0120-9977-88 ※1
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ先:info@sigma-photo.co.jp

受付時間 : 月~土 9:00-18:00 ※2
※1 携帯電話・PHSをご利用の方は044-989-7436 にご連絡ください。
※2 4月29日(土)から5月7日(日)までを休業とさせていただきます。
※3 祝日および日曜日、年末年始、弊社休業日はお休みさせていただきます。また、社内メンテナンス等で臨時
休業させていただく場合もございます。

ご利用頂いておりますお客様には、多大なご迷惑をお掛け致しますこと、心よりお詫び申し上げます。

今後とも弊社及び弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

↑↑↑↑↑ シグマ・Foveonスクウェア に投稿された記事 引用終了 ↑↑↑↑↑


と言う事でカスタマーサポートに電話。

対処法を教えてもらって、無事正常に戻すことが出来た。が、工場出荷状態に戻したため、カメラの詳細な設定
を再度やり直す羽目になった。

明日になれば対処法が公開されるので、ここでは敢えて書かない。が、ファームウェア等の不具合でカメラがフ
リーズした際に強制的に撮影モードでカメラを起動させる方法はマニュアルに記載されているべきだと感じた。

他の dp0、dp1、dp3 Quattro はファームウェアアップデートの後でも何事もなく動いているので、どのような
ケースでフリーズが発生するのかの原因は不明である。

もし、どうしても今夜中にフリーズを解消したい方がおられたら、コメントして頂ければ、シグマより一足先に
対処法を公開してしまう。が、明日公開されるであろう Ver.2.01 と同時に、対処法も公開されるはずなので、
それまでお待ち頂ければ幸いである。

SIGMA dp Quattro 全機種、一斉にファームウェアアップデート。 2017/04/26

本日、シグマから dp Quattro 全機種のファームウェアアップデートが公開された。詳細な内容は以下の通り。

・SFD(Super Fine Detail)モードを搭載しました。
・記録方式にDNG(無圧縮RAW12bit)形式を追加しました。
・「設定のリセット」から工場出荷状態に戻した時、最初に言語選択画面が表示されるよう仕様変更いたしまし
  た。
・フォーカスロック撮影(AFL)やAE ロック撮影(AEL)時に、メニュー表示や画像の再生を行った際にAFLやAEL
  が解除されないように仕様変更しました。
・縦位置撮影時における水準器の精度の向上を図りました。
・ISO オートにおけるISO感度の上限の設定において、ISO200が選択できない不具合を修正いたしました。
・バッテリー残量が少ない時にオートブラケット撮影を行うと、まれに最後のコマの記録画像がエラーとなる現象
  を修正しました。


いよいよ SIGMA dp Quattro で SFD モードの撮影が可能になる。シャッターショックがほとんど無い SIGMA dp
Quattro に SFD モードが搭載されることは、静止物の撮影において最高の描写力を得ると言う目的を達成するた
めには最良の選択であり、正に鬼に金棒である。

ただ、残念なことに、2秒間、全く動かない被写体というのはさほど多くはない。スタジオでの物撮りはあるけ
ど、定常光での撮影は、ほとんど行われていない。LED ライトや蛍光灯ライトは存在するけれど、未だに多くの
カメラマンはスタジオ用ストロボによる撮影がメインだろう。無風状態での風景で、画角内に移動物が存在しな
ければ、SFD モードによる撮影も可能だとは思うが、実際にやってみると、意外に難しい。

いずれにしても、これからは SIGMA dp Quattro で動かないものを定常光で撮影する際には SFD モードが使える
ので、大いなる進歩としておこう。

この前も書いたけど、FOVEON センサーから出力される DNG ファイルを LightRoom で現像したものがノイズや描
写性能において X3F を SPP で現像して TIFF で保存したもの以上に優れているとは感じられない。また、異常
に大きなファイルサイズ(DNG > 16 ビットの TIFF ファイル)も容認しがたい。私は LightRoom のユーザーで
はあるけど、SIGMA sd Quattro や SIGMA dp Quattro で撮影したデータを DNG ファイル形式で保存したいとは
思わない。

後の5項目は仕様変更や精度の向上、バグフィックスなのでさほど重要ではない。が、最後のバッテリー残量が少
ない時にオートブラケット撮影を行うと、まれに最後のコマの記録画像がエラーとなる現象は経験しているので、
それが無くなるのは嬉しい。

SPP はつい最近アップデートされて、GPU高速化が正常に動作するようになり、爆速になったが、今回の dp
Quattro の機能アップに対応するために、SPP も 6.5.3 になった。


まだまだ他社の超多機能、超高性能、超高感度、超高速なカメラと比較してしまうとイマイチが多すぎるカメラで
はあるが、「ドット職人が1ピクセルずつ手打ちしたみたい(C)阿倍吉俊」なデジタル写真が得られること、変態
的で近未来的なデザイン、シェア(おそらく)0.1% 以下という希少性などが私にとってはたまらない魅力である。

SOP Ver.1.4.1 ダウンロードが公開されたけど・・・。 2017/04/22

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary が昨日発売された。それに対応するために USB DOCK の
ファームウェアをアップデートする必要があり、そのファームウェアアップデートを実行するためのプログラ
ムとして SIGMA Optimization Pro Ver.1.4.1 が 18 日に公開されていた。

が、チョット変。と言うのは SOP Ver.1.4.1 for Windows は昨年末に公開されていて、今回ダウンロードした
SOP_1.4.1_setup.exe とファイル名、サイズ、内容が全く同じなのである。新しいバージョンと言う事であれ
ばバージョンは 1.4.2 でなければおかしい。何らかの説明が欲しいところである。

残念ながら SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary はまだ持っていないので、USB DOCK に接続
して試すことが出来ない。既に試された方がおられたら、情報を頂ければ幸いである。


【追加】

シグマのウェブサイトの説明をじっくり読んで、意味が判明。SOP がバージョンアップされたというわけではな
く、USB DOCK のファームウェアのアップデートを行う為に必要なプログラムが SIGMA Optimization Pro
Ver.1.4.1 であると言うことで、既にこのバージョンがインストールされている場合には、SOP のアップデート
は必要はない。

が、USB DOCK のファームウェアをアップデートするために、プログラムを起動後、USB DOCK を接続して欲しい
と言うことだ。今ひとつ解りやすく書いて欲しいものである。

SIGMA Optimization Pro Ver.1.4.1 を起動後、USB DOCK を接続して、ファームウェアのアップデート、完了。

体調はイマイチ。 2017/04/20

体調がイマイチなのだけど、昨日は仕事に行った。開発系の仕事を依頼されていて、半日をそれに費やした。

今日は家で留守番やら子守やらでそこそこ忙しかった。時折、咳と鼻水が出る。気分も優れない。

SIGMA 85mm F1.4 の描写に舌を巻いたが、135mm F1.8 はその上を行くらしい。どこまで行くのか SIGMA。

今年は桜をあまり撮れなかった。明月院なら、しだれ桜が咲いているかも知れないが今週末だとギリギリか。

100-400mm が楽しみ。

おやすみなさい。

風邪をひいた。 2017/04/17

昨夜より風邪の症状。喉が痛く、鼻水が出る。やや下痢気味。幸いにも今日行わなければならない仕事はない。
本日はお休み。このところ少々働き過ぎの感があったので、今日は家で寝たり起きたり。

SIGMA sd Quattro(H)用パワーグリップ PG-41 に非純正のバッテリーを装着した時にバッテリーが装着されてい
る事が認識されなくなる現事象を防止するために、非純正バッテリーにプラ板(0.3mm)を薄い両面テープで張
り付けてみた。加工済みバッテリーを PG-41 に装着後、何度か電源の ON/OFF を繰り返して、常に装着が認識
されることを確認。



SIGMA dp3 Quattro で撮影。そのままでは解りにくかったので、プラ板の部分をレタッチした。ROWA JAPAN と
WELLSKY どちらもほんの少し短い。品名はパナソニック DMW-BLF19E 互換バッテリー。本体に使用する場合は上
の様な加工なしで、普通に使える。が、非純正バッテリーなので、カメラに不具合が生じたり、写真が正しく保
存されなくなることがあるのを承知で使わなければならない。非純正のバッテリーを使用する事はメーカーの保
証外なので、私の真似をなさった結果不幸な事象が起きるかも知れない。くれぐれも、自己責任でお願いする。

ソメイヨシノは散ったけど・・・。 2017/04/16

朝方、近所の桜スポットを一回り。ほとんどが葉桜に近い状態。千葉県船橋市では、もう今年のソメイヨシノは
終わってしまった。が、自宅から4軒隣のマンションで八重桜が七分咲きになっているのを見つけた。



『桜 2017 近所の八重桜』
SIGMA dp0 Quattro @f:6.3 1/400Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

少しカリカリ目に仕上げてある。

SPP 6.5.2 はやっぱり凄い! 2017/04/15

GPU高速化がしっかり働くようになった SPP 6.5.2。今日はユー君が通っている保育園の進級式があり、一家総
出で参加した。その記念写真を SPP 6.5.2 で一気に現像して驚いたことが二つ。

一つは言うまでもなくその速さ。間違いなく今までの半分の時間(約 11.5 秒)で現像が終わる。もう一つ驚い
たのは CPU に対する負荷が今までの半分程度しか掛からないこと。GPU の持つ演算能力を使うことでの高速化
に対して私自身は懐疑的であったが、見事に(良い意味で)期待を裏切られた。


なお、一昨日私は SPP 6.5.2 のノイズ処理について「ノイズで手こずった写真を同じ条件で現像して見たが、
明確な差は見いだせなかった。」と書いているが、よく調べたらノイズリダクションを掛けていない状態での
現像で比較していた。

同じ写真をノイズリダクションを真ん中にして現像して比較して見たら、わずかに SPP 6.5.2 の方が良い感じ
であった。が、私が望む結果には今ひとつ及ばない。

下にそれらの(全て TIFF で保存した)画像から私が気になった部分のみを切り出したものを原寸で掲載する。
2枚目と最後のものには画像全体へのリンクが張ってある。



SPP 6.5.1 で両ノイズリダクション 0




SPP 6.5.2 で両ノイズリダクション 0




SPP 6.5.1 で両ノイズリダクション 0.5




SPP 6.5.2 で両ノイズリダクション 0.5




SPP 6.5.2 で両ノイズリダクション 0 に NeatImage(ノイズリダクションソフト)でノイズリダクションを掛けたもの。




SPP 6.5.1 で両ノイズリダクション 0 に Photoshop でボカシのレタッチをせっせと手で加えたもの。

SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/1000Sec. ISO100


今年の3月3日に掲載した写真である。

チョット疲れ気味。 2017/04/14

今日の仕事は育児休暇で一年以上会社をお休みしていたコピーライターさんの為に用意した新品のデスクトップ
パソコンに以前使っていたマシンに保存されていたデータを移行。会社支給の iPhone も 5s から 6s に変更に
なったため iCloud 経由でアプリケーションやデータを移行。

午後からはかなり大きなデータベースから目的のデータを探し出すために MSAccess で作ったアプリケーション
を担当者さんが変更になったために他のマシンにインストール。

社員さんの一人が会社から支給されて自宅で使っていた MacBook Pro が現在の社用パソコンの標準仕様とは全く
異なっていたために、OS のアップグレードを兼ねてクリーンインストール。

これだけでほぼ一日が終わってしまった。


先週の土曜日、シグマの新製品体感イベント 2017 spring で foxfoto さんに sd Quattro 用のバッテリーグ
リップ PG-41 に非純正バッテリーを使用すると(私の場合は)2番スロットに挿入したものが、しばらくする
と認識されなくなり、PG-41 の不具合かと思って取り替えてもらったが、変わらなかったと言う話をした。非純
正バッテリーを使用する事自体がメーカーの保証外なのでナイショにしてあったのだけど、xingxing さんが同
じ話しを tweet していて、それに対して numaccini さんが「純正より全長が0.5mmほど短いのでpg41に付ける
と接触不良を起こします」と返していますと教えて頂いた。

私は原因がわからなくて悩んでいたのだけど、これで疑問が解消。PG-41 のバッテリー格納部の奥にあるマイク
ロスイッチが非純正バッテリーだとしっかり押し込まれないため、バッテリーが装着されていないと判断されて
しまうのである。PG-41 に非純正のバッテリーをお使いになる方はバッテリーの長さが少しだけ長くなるように
何かを貼り付けてお使いになるのが良いだろう。

なお、本体にはバッテリーの有無を確認するマイクロスイッチは付いていないので、非純正バッテリーでも問題
なく動作する。

SIGMA Photo Pro Ver.6.5.2 リリース。 2017/04/13

今回のアップデートは

・dp Quattroおよび、sd QuattroシリーズのX3FファイルのRAW現像時において、ノイズ処理の向上を図りました。
・環境設定内にあるGPU高速化を有効にした際の速度の向上を図りました。(効果はご使用のコンピュータ環境に
よって異なります。)
・GPU高速化を有効にした際に、一部のコンピュータ環境において動作エラーとなる現象を修正しました。
・GPU高速化を有効にした環境で、複数の画像を選択して現像処理を行うと、一部のコンピュータ環境によっては、
現像途中でエラーが発生する 不具合を修正しました。

との事。

今回の SPP 6.5 のアップデートは 6.5.0 から数えて3回目。SPP 6.5 の最も重要な機能アップは「GPU高速化」
だったのだけど、我が家の古い CPU(Core i7-2600K)と GPU(nVIDIA GeForce GTX560)では内蔵、グラフィッ
クボードのどちらを使ってもエラーになってしまって、その恩恵を受けることが出来なかった。

が、三度目の正直で本日リリースされた SPP 6.5.2 でようやくエラーを出さずに動いてくれた。しかも爆速。
GPU高速化を使えなかった SPP 6.5.1 では SIGMA sd Quattro H で撮影した1枚の X3F ファイルの現像に 22~3
秒ほど掛かっていたのだけど、GPU高速化にチェックを入れて現像すると 11~2 秒で完了する。これは大感激、
大感謝。ありがとうございます。>シグマさん


GPU高速化以外に関しては「ノイズ処理の向上を図りました」とあるので、ノイズで手こずった写真を同じ条件で
現像して見たが、明確な差は見いだせなかった。ピントが合っていない暗部で目立つノイズに関しては大きな改善
を望みたい。ピントが合っていない部分をソフト的に検出して、4ピクセル程度のガウスボカシを掛けてくれれば
良いのだけど、そう言った編集はレタッチソフトのテリトリーになってしまう。現像ソフトウェアにそこまで望ん
ではいけないのかも知れない。


何故かこの時間になってもシグマウェブサイトの最新情報が更新されていない。シグマからのメールを受け取って
いない方の為にダウンロードページのリンクを置いておく。

【SIGMA Photo Pro 6.5.2 ダウンロードページ】

Mac Book 16 台用意、完了。 2017/04/12

一週間ほど程前にいきなり 13日から InDesign の研修会を社内で行うので Mac のノートブックを 16 台用意して欲しいとの依頼があった。社内の会議室で行うのでデザイナーさん達が普段使っている iMac 27 インチは大きすぎるためである。 デザイナーさん全員が iMac 27 インチを使っているわけではなく、Mac Book Pro に 27インチのディスプレイを繋いで作業している人が 4 人。足りない 12 台をサブ機 4 台、修理代替予備機 4 台、検証用機 1 台、廃棄予定機 2 台、ロケ用ノート 1 台をかき集める事で何とか揃えた。 日常的にはほとんど使われていない InDesin CC がインストールされていなかったマシンが 8 台。それらの全てで ちゃんと InDesin CC が動くようにするのに私ともう一人の社員さんの二人がかりで丸 2 日掛かった。当初予定していた内の 2 台が OS が古すぎたり、現在の社内セキュリティーの基準を満たしていなかったりで、使えないと結論を出すまでに無駄に時間を費やしてしまったことも原因の一つである。 そんなわけで、とっても疲れている。おやすみなさい。

シグマの新製品についての印象。 2017/04/09

【本日2本目の記事】

いつもの自宅からの風景を三脚に乗せて撮影して見ないでレンズに対する評価をするのは私らしくない。が、
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art に関しては、敢えていつもの風景での試写をするまでもなく、とんでもない
レンズであると断言しておこう。

周辺部の描写に関しては今ひとつ良く判っていないけど、インターネット上に出回っている作例やテストレポー
ト、テスターの評価を見る限りにおいては文句の付けようが無いレンズである事は間違いなさそう。

例によって田中希美男氏が「大きい、重い」と書いているが、シグマの Art ラインのコンセプトが「サイズや
重量に制限を掛けずに最良の描写力を追求する」と言うことなので、その結果として大きくて重たいレンズに
なったとしても、許容範囲と考えるべきだ。

非常に近い将来、自宅からの風景によるテスト撮影もお目に掛ける事が出来るとは思うが、乞うご期待である。
ただ、昨日私がアップしたシグマ本社でテスト撮影した画像を見て頂ければお判りの通り、シグマのアナウンス
通り軸上色収差を徹底的に低減したレンズである事は間違いない。前景や背景のハイコントラストでボケている
部分に対する余分な着色が非常に少ないことを確認して欲しい。85mm F1.4 も軸上色収差はかなり抑え込んであ
るが、135mm F1.8 がそれ以上であることも確かだ。

合焦している部分の精緻な描写は言うまでもない。ボケに関しては三井氏が述べておられるように 135mm には
ストンとボケる印象があるが、ボケ味が悪いわけではないので、焦点距離が長くなった分、そのような印象にな
るのではないかと感じた。


SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary の 135mm を良く見ると、やはり軸上色収差は 135mm F1.8
より多く出る。が、ズームレンズである事と価格、大きさ、重量を考えれば凄いレンズであると断言しておこう。
フルサイズで使用した場合には周辺部の描写に若干の甘さが出そうな印象があるが、SIGMA sd Quattro H では
あまり気にならないだろう。

個人的には 100-300mm F4 DG HSM | Art を出して欲しいと思っていたが、100-400mm を使ってハンドリングの良
さを肌身で感じてしまったので、多少暗くても使い易いことはとても重要であると思い知らされた。

試写した限りにおいてではあるが、描写力は素晴らしい。400mm を安心して使える様になるためには、sd Quattro
が電子先幕シャッターを採用してくれることをひたすら祈るばかりである。


SIGMA sd Quattro のファームウェアがアップデートされて DNG ファイルでの保存が出来るようになった。が、
個人的には全く興味がない。私は LightRoom の正規ユーザーではあるが sd Qauttro H で同じ被写体を写し比べ
て、丁寧に現像し、比較した結果 SPP による出力のが好ましい(あくまでも個人の感想であるが)と判断したた
め、DNG での保存は全く行っていない。

社長自身によるリークで dp Quattro で DNG が出力可能になるだけではなく、SFD での撮影が出来る様になると
の事。これはとても凄い事である。上でも少し触れているが sd Quattro (H) の大きな欠点の一つはフォーカル
プレーンシャッターによるブレが超望遠域(300mm 以上)や SFD での撮影に影響を及ぼすことである。その点
dp Quattro にはシャッターリリース時のショックは皆無に等しい。

少しまともな三脚があって、動かない被写体であれば、常に完璧な SFD モードの写真が撮影できる。来月あたり
にはリリースされそうなので、今からワクワクしている。

シグマの新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。 その4 2017/04/09

展示されていた新製品たち。



SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 近日発売と他社のカメラ




SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 2017年4月21日(金)発売予定 ¥105,000 と他社のカメラ




SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art 2017年3月7日(金)発売 ¥175,000 と MC-11 と他社のカメラ




シグマ女子お二人。製品ではありませんので、お触り厳禁。


で、行きは栗平駅から歩いたのだけど、帰りは黒川駅へ。途中見事な桜が咲いていた。



『桜 2017 黒川にて その1』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 黒川にて その2』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/1000Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 黒川にて その3』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/1600Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 黒川にて その4』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


なお、本日 SPP でレンズデータの更新を実行したら、135mm と 100-400mm のデータが追加された。それに伴い 、
拙作の SIGMA Exif Reader も更新したので、SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art や 100-400mm F5-6.3 を購入予定の
ユーザー様には最新版をダウンロードして頂きたい。

シグマの新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。 その3 2017/04/08

【本日3本目の記事】

会場ではアクア・パッツァ(株式会社 山本工業所)さんが sd Qauttro 用や dp Quattro 用の水中ハウジングを展示していた。



APSG-sdQ(仮)近日発売?




APSG-sdQ(仮)近日発売?




APSG-dpQ ¥220,000 発売中(色は16色から選べます)


また、3D プリンタの名手 foxfoto さんが手作りしている SIGMA dp シリーズ、あるいは sd Quattro 用のアク
セサリーも展示されていた。



DP2、DP2s、DP2x に Merrill のフードを取り付けるためのフードアダプター




dp Quattro 用着けっぱなしフード




DP Merrill 用 LVF-01ブラケット

シグマの新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。 その2 2017/04/08

【本日2本目の記事】

先ほどの続きである。が、今度は 100-400mm である。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @106mm f:5.6

フェンスの上にレンズを置いて撮影したため、少しズームリングが動いてしまい 106mm での撮影になってしまった。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @135mm f:5.6

先ほど掲載した 135mm を並べておく。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @135mm f:8.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @200mm f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @200mm f:8.0 (チョットピンぼけ)




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @300mm f:6.3




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @400mm f:6.3


どちらのレンズも非常に優秀。135mm はウェブ上に多くの作例が掲載されているので、とんでもないレンズであ
る事が知れ渡っている。実際に撮影して見ても、シグマがアナウンスしている通り、軸上色収差の少なさに舌を
巻く。合焦部分の描写力は言うまでもない。マクロレンズ以上と言っても言いすぎではないだろう。

田中希美男氏も絶賛


それ以上に驚いたのが 100-400mm の描写力である。特に望遠側でのそれが素晴らしい。上に掲載している
300mm と 400mm の作例は絞り開放である。何が何でも欲しい!!!

【追加】

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary の手ブレ補正を試したけど、かなり優秀であったことを追
記しておく。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG HSM | Contemporary @400mm f:6.3 1/50 手持ち OS ON

シグマの新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。 その1 2017/04/08

今日は短い時間だったけど、シグマ本社にて開催された新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。レン
ズの貸し出しは一人1本と言う事だったけど、さほど混雑していなかったためか、2本借りることが出来た。

時折雨がぱらつく中でのテスト撮影で、シグマ本社の端にあるフェンスにレンズを乗せ、ボディを柵に押しつけ
ての撮影であった。なので、レンズの描写能力を十分に引き出しているとは思えないのだけど、12カットずつ撮
影した中の最良画像をご覧頂く。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:1.8




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:2.8




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 DC OS HSM @127mm f:2.8

ズームリングでおおまかに焦点距離を設定したため、少し短くなってしまった。申し訳ない。

ついでに 85mm F1.4 でも撮ってみた。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:4.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 DC OS HSM @127mm f:4.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art @f:5.6




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50-150mm F2.8 DC OS HSM @127mm f:5.6


とりあえず、ここまで。その2~その4まである予定だけど、その2は多分、この後。本日中に何とか。

今朝の桜。 2017/04/07

昨日の記事の日付が間違っていた。(^^;

今朝、撮影した我が家の桜。85mm F1.4 では絞り値 f:2.8 で十分な描写になったけど、50mm F1.4 だともう少
し絞る必要があった。


『桜 2017 我が家の桜 その2』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/80Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


ヨメさんを拝み倒して、明日はシグマの本社に行けることになった。1時間もいられないかも知れないが、
135mm F1.8 がどの程度の描写をしてくれるのか、楽しみである。幸い曇りなので、逆光にはならずに済むだ
ろう。

日比谷公園の桜。 2017/04/06

東京では桜の花が盛りを迎えている。月曜日の朝に撮影した日比谷公園の桜をご覧頂く。



『桜 2017 日比谷公園にて その1』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.5 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 日比谷公園にて その2』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.5 1/1250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 日比谷公園にて その3』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.5 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 日比谷公園にて その4』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f4.5 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 日比谷公園にて その5』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.5 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 日比谷公園にて その6』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.2 1/1000Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 日比谷公園にて その7』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『桜 2017 日比谷公園にて その1』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


自宅から見える下の公園で咲いている桜を1枚。



『桜 2017 我が家の桜』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

一昨日の桜を現像中。 2017/04/05

今日も早い時間には帰宅できなかった。一昨日撮影した日比谷公園の桜をせっせと現像しているがとても時間が
掛かっている。

現像は一通り終わったのだが、眠くなってしまったので、本日はこれまで。おやすみなさい。

何とか生き返った。 2017/04/04

と言っても、病気をしていたとか、健康を害していたとかではない。年度末にからんだイロイロな仕事で異常な
ほど多忙だったのが主な原因である。

昨日は私の知り合いから心配していると電話があり、久しぶりに会って、夕飯をご馳走になった。写真関係の知
り合いではなく、私がウェブサイトを作らせていただいた、千葉のカラオケ屋さんの社長。2~3日置きにこの
ブログをチェックしてくれていて、私の安否が気になってご連絡を頂いた。

写真も撮っていたなかったわけではないのだけど、昨日の朝撮った日比谷公園の桜は、カメラを会社に忘れてき
てしまったため、明日の夜アップすることになる。

SIGMA 135mm F1.8 DG もまもなく発売になる。85mm F1.4 をそのまま長くした様な驚異的な描写力だという。
試して見たいけど、発売に間に合うかどうか・・・。

まぁ、インターネット回線の変更やら、社内の無線 LAN の冗長化やら、新入社員用のパソコンの準備やらで3月
がアッと言う間に過ぎてしまった。今週から来週に掛けては SIGMA sd Quattro H で桜を撮影したいと思っている。
あまり遠出は出来ないので、都内や市川市あたりの桜になると思うけど、マンネリに輪を掛けて頑張ろうと思っ
ている。

今日は先月中にとお約束していた梅里さんへの図鑑の代金を振り込むこともようやく出来た。寒さも一段落しそ
うな気配。張り切っている。

さて、豚の角煮の落とし蓋を外す時間だ。

カミソリマクロの切れ味。その2 2017/03/05

昨日に引き続き、裏庭で梅を撮影。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/800Sec. ISO100 EV+0.7




SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:6.3 1/500Sec. ISO100 EV+1.0




SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/1000Sec. ISO100


全て SPP で現像後 TIFF で書き出し、ボケている部分のノイズを Photoshop にてレタッチ。

カミソリマクロの切れ味。 2017/03/04

このところ、Twitter で話題になっているカミソリマクロ、SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG が出たのは 2006年8月
のこと。SA マウントは 24日に発売になって、8月25日にはテスト撮影を行っている。私はテスト撮影の後、
「今まで、使いたくても使えなかった褒め言葉「レンズがないみたい!」を使うことができるレンズにようやく
巡り会うことができた。」とべた褒めしている。

比較的経験の浅い女性の設計担当さんが大きさや重さにあまりこだわらず、描写性能だけを求めて設計し、当時
の営業さんからは大きすぎると言われたらしい。Art レンズのハシリである。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM がとんでもない、ある意味で究極のレンズである事は皆さんご承知の通り、果たしてカ
ミソリマクロはその描写力にどこまで迫れるのか。

例によっていつもの風景を同じ f:4.0 で写して比べてみた。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/800Sec. ISO100




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/800Sec. ISO100

MACRO 70mm で撮影したものを単独で見せられたら、開放から一段絞っただけのものとしては十分に良い描写で、
ほぼ完璧と評価する画質である。が、その下の 80mm F1.4 のものを見てしまうと、今ひとつ甘く見えてしまう。
マクロレンズで風景を撮ったら甘くなるという意見があると思うが、SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG のウリの一
つはフローティングシステムで、近距離から無限遠まで最高の描写力を保持することである事を付け加えさせて
頂く。焦点距離が異なるので、85mm の方がより細かい部分を見分けられることも確かなので、そのあたりは多少
割り引く必要があるだろう。

SD14/SD15 の時代には十分と言われた高い描写力であるが、現在のデジタルカメラの画素数ではさらにその上を
行かなければならない事を思い知らされた。


いつもの風景だけでは物足りないので、裏庭の梅を撮ってみた。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/200Sec. ISO100 EV+1.3




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art@f:4.0 1/320Sec. ISO100 EV+1.3




SIGMA sd Quattro H + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/400Sec. ISO100 EV+1.3




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art@f:4.0 1/400Sec. ISO100 EV+1.3

最短撮影距離がまるで違うので、やはり小さなものを撮るにはマクロが必要である。

新製品について。 2017/02/26

foxfoto さんが Youtube に山木社長のトークイベントをアップしてくれた。リンクしている先には他の先生方
の動画もアップされている。毎度ながら大きな感謝!

CP+ 2017 シグマ 山木社長トークステージ映像「新製品について」

CP+ 2017 の初日に山木社長とお話をさせて頂き、その際に初代、二代目の 14mm について悪口を言ってしまっ
たのだけど、その際に社長から「トークイベントで maro さんに悪く言われた事を話します。」と言われた。
確かに 26分40秒あたりで私の名前が出て来る。

14mm F1.8 と言うのはある意味で常識外れなとんでもないスペックなので、絞り開放で周辺部の描写が良いわけ
が無い。が、社長は開発者が天体写真を撮影する方なので、絞り開放で星がちゃんと写る事を目標にして開発し、
それを実現したと語っている。ご承知の通り、「星」というのは描写力が最も求められる被写体なので、それが
絞り開放でちゃんと写るとしたら、とんでもなく凄い事である。

夏までには出したいとの事だけど、実売価格¥128,000 と予想しておこう。


SIGMA 24-70mm F2.8 は Art ラインであるにもかかわらず、定番と言える標準ズームであるために、常識的なサ
イズと重さになる事を意識して作ったとのこと。そのため、恐ろしく評判の良い AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E
ED VR の画質を越えることは出来なかった様だけど、サイズや価格で勝負できるものに仕上げてくると予想して
おこう。これも夏までには発売されそうで、私の予想実売価格は NIKKOR の半分以下で¥100,000 である。


SIGMA 135mm F1.8 DG HSM に関して、シグマは確固たる自信を持っている。製品が量産体制に入っているか、入
ろうとしているかは不明だけど、展示されていた実機を私の SIGMA sd Quattro H に着けて覗いて見た限りでは、
ファームウェアの調整を残すのみの状態にあると感じた。撮影はご遠慮願いますとの事だったので、写してはい
ない。三井公一氏が凄い描写をするけど、ストンとボケる印象があると話してくれた。4月の発売で、私の予想
実売価格は¥115,000。


SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM は 150-600mm と同じ方が設計なさったとのこと。EOS に着いていたものを
覗いた限りにおいて、フルサイズでの周辺部の描写が少し甘いかも知れないと感じた。SIGMA sd Quattro H の
ユーザーには強くお薦め。ただし、さほど明るいレンズではないので、1ピクセル単位での解像は若干の甘さを
覚悟しなければいけないかも知れない。三脚に据えても、sd Quattro/sd Quattro H が先幕電子シャッターを実
装してくれない限り、400mm ではブレが発生する。5月初旬に発売。私の予想実売価格は¥98,000。


山木社長のトークイベントで sd Quattro 及び dp Quattro での DNG 出力がファームウェアアップデートで実
現する事が発表されたけど、個人的には SFD とビニングモードを dp Quattro で実現して欲しい。


シグマのトークイベント、他の講演者の方々からお二人・・・

CP+ 2017 シグマ 三井公一 “Quattroを"H"に楽しむ”

CP+ 2017 シグマ 塩澤一洋 “ブレないQuattro写真術”

お楽しみ頂ければ幸いである。

CP+ 2017 でのスナップ。 2017/02/25

CP+ 2017 でのスナップ

撮影は全て SIGMA sd Quattro H で広角系は SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM。長めのポートレートは SIGMA 85mm
F1.4 DG HSM。さほど長くないのは SIGMA 50mm F1.4 DG HSM で撮影。絞り値は f:2.0 ~ f:4.0。ISO 感度は
全て 800。SPP 6.5.1 の自動ビニングで現像。

シグマの方々から聞いたお話は明日。

コンパニオンさんの人数が少なくて、全員を撮影する事が出来た。

会社その1からつい先ほど帰宅。今夜はご勘弁。 2017/02/24

朝から夜遅くまで仕事をしてしまった一日。

明日はユー君のお守りをしながら、CP+ 2017 で撮影した写真の現像を終わらせる予定。
もうチョット、お待ち頂く。誠に申し訳ない。

おやすみなさい。

CP+ 2017 に行って来た 2017/02/23

昨年の CP+ での撮影はピンぼけやらブレブレやらで大失敗。そのリベンジの意味もあって、とにかくちゃんと
写る事を最大の目標にして SIGMA sd Quattro H を持って行き、全ての写真をビニングモードで現像する事を前
提にして、ISO は 800 で固定。sd Quattro H だとピントの不安が無いため絞りは開き気味。真面目に撮って来た。

そのため、ピンぼけ、ブレブレがほとんど無い。まともに写っているものばかりで、お目にかけたい写真の選択
に苦労している。CP+ が終わるまでには専用のページを作って、70 枚程度を見て頂く事になりそうである。し
ばし、お待ち頂く。

とりあえず、1枚だけ。ビニングモードなので画素数は 600 万画素。A4 サイズなら問題なくプリントできる。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:2.8 1/100Sec. ISO800 ビニングモード


CP+ 2017 で社長やマーケティングの方々から仕入れた情報は、2~3日中に記事にさせて頂く。

まだ見ぬレンズ達に思いを巡らす。 2017/02/22

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art には興味が無いと言えば嘘になるけど、何が何でも欲しいかと尋ねられたら
「それほどではない」と答える。おそらく、SIGMA 85mm F1.4 とほぼ同等の描写をするとは思うが、普段使いに
は長すぎて、望遠レンズとしては短すぎる。

135mm は昔、望遠レンズの定番であって、誰でもが一度は手にしたことがあると言っても良いほどポピュラーな
レンズであった。使って見ての感想は、万能と言えなくは無いけど何となく中途半端な長さだったと記憶してい
る。SIGMA sd Quattro H で使う事を考えれば、35mm フルサイズ換算で 180mm 弱の画角となるので、そこそこの
望遠となり、絞り開放で F1.8 はありがたい。

かなりの近接撮影が可能で、最大倍率 1:5 は立派。SIGMA sd Quattro H では 135mm x 95mm すなわち葉書を画
面いっぱいに撮影する事が出来る。重さは 85mm F1.4 と同じで、長さは 1cm 程短く、わずかに細い。価格的に
も同じくらいだと思うが、135mm と言う焦点距離に対するイメージから、少しは安くなるのではないだろうか。


SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary は全く予想していなかったレンズである。キヤノンが
100-400mm F4.5-5.6 と言うこのレンズより少し明るくてとても良く写る(らしい)レンズを出しているが、
最大径x長さ:94x193mm 重量:1570g であることを考えればシグマの最大径x長さ:86.4x182.3mm 重量:1160g
は頑張ったと言って良いだろう。135mm F1.8 や 85mm F1.4 と比べてもわずか 30g 重いだけである。

sd_effy エフィーさんが「ライトバズーカよりもヘルシーエビフライのほうがしっくりくるシグマユーザー」と
tweet していて、思わず笑ってしまった。が、社長のリプライ「あー、そっちだったな~~~。今からプレスリ
リース差し替えられないだろうか?」と tweet したのには抱腹絶倒。それにしても最大撮影倍率 1:3.8 とはマ
クロ並み。もう少し頑張れば MACRO を後に付けられたのに・・・。(^^;

描写力には若干の不安があるが 150-600mm Contemporary 並みと言う事であれば、問題となるレベルではないだ
ろう。MTF を見た限りにおいては SIGMA sd Qiattro H なら周辺部でも十分に良い描写をすると思われる。ただ、
ISO100 縛りのカメラで使うには、今ひとつ明るさが欲しい。ビニングモード専用になるかも知れないが、使って
見たいレンズではある。

SIGMA dp0 Quattro のユーザーにとっては大いに悩むレンズが SIGMA 14mm F1.8 DG HSM だ。
やっぱりレンズが4本 2017/02/21

明後日から始まる CP+ 2017 に向けて、シグマから新製品となるレンズ4本が発表された。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM 「最高性能」を追求した究極の135mm

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 超望遠ズームの新しい選択肢、「ライト・バズーカ」

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM 「超高画素時代」に最適化した最高性能を実現。

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM 世界初・唯一、開放値F1.8の超広角レンズ、誕生

いずれも力作と言う印象を受ける。そして、最も力が入っていると感じるのは 14mm で、とんでもないレンズ構
成である。特に最後部の G11 は非球面 SLD ガラスの貼り合わせとなっているので、14mm と言う超広角にもかか
わらず最低限のディストーションと倍率色収差を実現しようと試みているのだろう。

20年以上前の初代 14mm F3.5 ZEN や2代目 14mm F2.8 EX ASPHERICAL HSM はかなり甘いレンズだったけど、
12-24mm F4 DG HSM で始めて使われた超大口径非球面レンズを G1 に持つ大口径超広角レンズがどの程度の描写
を見せてくれるのかは大いに興味がある。MTF を見る限りではよさげだけど、サンプルが出て来るまでは何とも
言えない。

135mm F1.8 では既にサンプルが上がっている。絞り開放でお月様をあそこまで描写するのは立派。

いずれも発売日や価格等は未定になっているが、135mm、100-400mm、14mm、24-70mm の順番で出て来ると予想し
ておこう。

CP+ には初日のみしか行けないのが残念だが、明日はのんびり仕事をして、明後日に備えよう。

計4本? 2017/02/19

ネット上の噂では、昨日ここに書いた SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art と SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art
の他に SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art と 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary が出るとのこと。

個人的には 28mm F1.4 や MACRO の Art が出て欲しいと思っているけど、最新の技術の粋を凝らした 24-70mm
F2.8 がどの程度のレンズになるのかは大いに興味がある。

レンズ以上に待っているのが sd Quattro 及び sd Quattro H の先幕電子シャッターである。技術的には可能と
の事なので、一日も早く実現して欲しい。


で、昨晩 SIGMA sd Quattro H に着けて撮った 18-35mm F1.8 DC HSM | Art のケラレを先ほど調べてみた。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:4.0 1/500Sec. ISO100

広角端の 18mm ではわずかにケラレる。が、絞ってしまうと判らない程度。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:4.5 1/250Sec. ISO100

20mm だとケラレは起きない。単純にケラレだけで判断するのであれば、18-35mm F1.8 は 20mm 以上の焦点距離
なら SIGMA sd Quattro H でそのまま使用する事が出来ると言える。19mm では微妙だった。

SIGMA sd Quattro H で 30秒。 2017/02/18

来週の木曜日から CP+ 2017 が始まる。25日の土曜日には山木社長のステージイベントが「新製品について」と
のタイトルで予定されている。新製品の発表がある事は間違いなさそうだ。

デジカメ info に掲載された噂では 14mm F1.8 と 135mm F1.8 が発表になるとの事。おそらく間違ってはいな
いと思われる。


いきなりであるが、拙作の SIGMA Exif Reader のプログラムの一部をここで紹介させて頂く。

Case "8001" '204
DispString = "SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM"
Case "8002" '882
DispString = "SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM"
Case "8003" '107
DispString = "SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 DG OS HSM"
Case "8004" '883
DispString = "SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM"
Case "8005" '340
DispString = "SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art"
Case "8006" '884
DispString = "SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary"
Case "8007" '137
DispString = "SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports"
Case "8008" '301
DispString = "SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art"
Case "8009" '210
DispString = "SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art"
Case "8010" '635
DispString = "SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM | Art"
Case "8011" '885
DispString = "SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary"
Case "8012" '311
DispString = "SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art"
Case "8013" '886
DispString = "SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary"
Case "8014" '740
DispString = "SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports"
Case "8015" '401
DispString = "SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art"
Case "8016" '745
DispString = "SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary"
Case "8017" '588
DispString = "SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art"
Case "8018" '693
DispString = "SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art"
Case "8019" '412
DispString = "SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art"

Case "8020" '185
DispString = "SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports"
Case "8021" '205
DispString = "SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art"

Case "8023" '321
DispString = "SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art"

これは X3F や JPEG ファイルに書かれている「レンズモデル」の内部コードからレンズ名を表示する部分のソー
スである。以前は3桁の開発コードと SPP 用の内部コードは一緒だったのだけど、SGV の少し前から、異なる
コードを使うようになった。例えば最新の 85mm F1.4 DG HSM の開発コードは 321 であるが、SPP あるいは
Exif 内で使うコードは 8023 である。

上のリストをよくご覧頂ければ解る通り、8022 が抜けている。現時点で発表されていないレンズがあり、その
SPP 及び Exif 用の内部コードが 8022 である事が推測できる。それが 14mm F1.8 あるいは 135mm F1.8 であ
るのかは SPP の新しいバージョンが出て来るか、レンズデータのアップデートがあるまでは判らない。

さすがにカメラの新製品はないと思うけど、もしあるとすれば dp Quattro H のシリーズだろう。CP+ に行った
らチョット聞いてみよう。

以前、メールで sd Quattro でシャッター速度 30秒を見たいとリクエスト頂いていたのを思いだしたので、撮っ
てみた。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @22mm f:7.1 30Sec. ISO100

レンズの性能で周辺部が甘くなってはいるけど、特にノイズが多いような印象は受けない。適当に絞れば夜景で
も十分に使えるカメラだと思う。


おっと、デジカメ Watch に掲載された三井公一氏の SIGMA sd Quattro H のインプレッションをご紹介させて頂く。

SIGMA sd Quattro H APS-H約5,100万画素相当の画をチェック ボケ表現もしやすく

寒いとは言え、サボり過ぎ・・・。 2017/02/12

このところ、ほとんど写真を撮っていなかった。時間的なゆとりがないのと、寒さが原因である。SIGMA sd
Quattro H でのテスト撮影すら、サボっている。

とりあえず SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art を sd Quattro H に着けて見た。22mm より長い焦点距離におい
てはケラレが発生しない。SD1 で SIGMA 35mm F1.4 DG HSM と比べても全く遜色が無かったレンズである。

一番描写が良い望遠端である 35mm でいつもの風景。私の 18-35mm は若干片ボケがあり、右端の描写が甘くなる。
なのでいつもより少し絞っている。他のカメラと比較してもあまり意味が無いので、普通に撮っている。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:6.3 1/250Sec. ISO100

朝の9時半頃に撮影。大きなクレーンがあったので、午後2時11分にも撮ってみた。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:7.1 1/500Sec. ISO100

光の当たり方が変わる事で、壁面などがどれほど異なって見えるのかを実感頂ければ幸いである。たった4時間で3階建ての建物が出来てしまうことも驚きではある。


で、午前中に撮ったニャンコ達。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード ストロボ使用




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード ストロボ使用




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:6.3 1/180Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード ストロボ使用




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.0 1/180Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード ストロボ使用




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.0 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード ストロボ使用

SD1 vs sd Quattro その2.5 2017/01/28

26日の記事に関して多くのコメントを頂き、ブロガーとしてはとてもありがたく、とっても嬉しい。

さて、ka_tate さんのコメントに従って、全く同じものを全く同じ現像パラメータで、全ノイズリダクション
のみを 0 にして現像し直して見た。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/1000Sec. ISO100




SIGMA SD1 + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/800Sec. ISO125


この比較に関しても、多くのご意見を頂けると嬉しい。

SD1 vs sd Quattro その2 2017/01/26

SD1/SD1 Merrill と sd Quattro (H) を撮り比べると言うのは Merrill センサーと Quattro センサーの画質を
撮り比べることである。この前の記事で ka_tate さんから現像時の設定によって結果が変わるので、あまり意
味は無いとのご意見があったが、両方を同じ条件で現像する事によって、その差を見つけようとすることには多
少の意味があると思っている。

露出とカラーバランスは若干異なるけど、その他の現像パラメータは全く同じ。いつもの風景ではあるが、チョッ
ト右にカメラを振っている。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/1000Sec. ISO100




SIGMA SD1 + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/800Sec. ISO125

SD1 の ISO感度が 125 になっていることに撮影後に気が付いた。この前の本棚も ISO125 で撮影していた。
が、何故か SD1 のがシャッター速度が遅い。今回も SD1 のが明るく撮れている。


この写真に関しては、私の感覚ではあまり大きな差は感じない。どちらも素晴らしい描写をしている。細かく見
て行けばイロイロあると思うので、皆さんの感想をコメントして頂きたい。

SD1 vs sd Quattro 2017/01/22

sd Quattro を使い始めて約半年が経過。sd Quattro 及び sd Quattro H の描写で気になる点をはっきり指摘できるようになった。。他社のカメラと比較してもあまり意味が無いので、ユー君が昼寝をしてくれたのを良い事に、SIGMA SD1 と SIGMA sd Quattro H で我が家の本棚を撮ってみた。 SIGMA sd Quattro H + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/15Sec. ISO100 SIGMA SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/8Sec. ISO100 どちらも絞り優先AE で撮影しているのだけど、SD1 の方がシャッター速度が1段遅い。そのためにより明るく描写されている。中心部の仕上がりをほぼ同じにするために sd Quattro H で撮影したものの露出を現像時に +0.2 してある。それでも sq Quattro H の仕上がりのが暗い。まぁ、仕様と言うことでご勘弁。その他の現像パラメータは全く同じ。解像感に関係するパラメータを列挙しておくと、シャープネス -0.5、X3 Fill Light 0、ノイズリダクションはいずれも 0.5(真ん中)。sd Quattro H のディテールは 0 である。 じっくり見比べて頂ければ、微妙な違いがあることに気が付かれるだろう。上の写真は JPEG 10 で保存してあるが、同時に TIFF でも保存してある。その TIFF 画像から私が見比べて欲しい部分を原寸大に切り出したものをご覧頂く。 sd Quattro H SD1 上はいわゆる「ビアガーデン現象」のサンプルである。sd Quattro H では真ん中の水色地に黄色い文字が書かれている部分で「にじみ」が見られる。ディスプレイ上に原寸で表示しなければ判らない差ではあるが、Quattro センサーは色解像度において Merrill センサーより劣ることが明白となっている。 sd Quattro H SD1 もう一つ気になるのはボケている部分でのノイズ感(ざらつき)である。SD1 の方は素直にボケているが、sd Quattro ではボケがザラザラしている。輝度ノイズリダクションを多く掛ければ良いのだけど、それによって解像感も若干低下する事があるので、要注意である。 dp2 Quattro が出た時には、もっと多くの部分でハチャメチャだったのだけど、ファームウェアのアップデートと SPP の改良により当時とは比べものにならないくらい良くなっていることも確かだ。 シグマにはより一層の精進をお願いしたい。理想とするターゲットは既に存在している。ワンショットで SFD の画質が撮れれば良い。 ただ、実用的には SD1/SD1 Merrill と sd Quattro (H) では比較にならないほど sd Quattro (H) のが優れている。上の比較写真を撮った時も sd Quattro H では AF で3枚撮影して、いずれもジャスピン。SD1 では AF では全滅。MF で8枚撮った中の最良画像である。 メモリに対する書き込み速度も sd Quattro (H) はそれなりで、SD1/SD1 Merrill でのイライラを覚えたことはない。 色味も sd Qauttro H のが素直な色が出ていて、グリーン被りも少ない。しかも、sd Quattro (H) にはこういった動かないものを撮影する場合には SFD モードと言う伝家の宝刀がある。

SIGMA sd Quattro 買ってください 2017/01/20

このところ想定外の支出が多くて、お小遣いが底を着いてしまった。これから先、持っていてもほとんど使う事はないと判断して、sd Quattro をお嫁に出す。オークションに出す前に、こちらで購入希望の方を募ることにした。 23日(月曜日)の午後9時までにどなたからもお声が掛からなかったら、ヤフオクに出品する。購入時の付属品は外箱も含めて、全て揃っている。全く無傷というわけではなく、正面向かって右上と背面の下の部分にわずかなスレがある。液晶保護フィルムは貼ってある。今年の7月7日発売なので、メーカーの保証はあと半年ほど残っている。機能的には全く問題は無い。 どなたか私のブログを読んで頂いている方の手に渡るのであれば、とても嬉しい。送料込み ¥52,000 で買って頂ける方は、この記事にコメントして頂きたい。

悩みどころ。 2017/01/19

このところ忙しかったこともあり、写真の事が何も出来ていない。カメラ達が泣いている。私もどちらかと言えばカメラを
使いたいから写真を撮るのであって、写真を撮るためにカメラを使う人ではないので、何とも寂しい。


sd Quattro と sd Quattro H の撮り比べをして以来、sd Quattro を所有し続ける事に大いなる疑問を抱いている。と言う
よりは、sd Quattro H を所有している場合、余程のことがない限り sd Quattro の出番は回ってこないことが明らかにな
りつつある。

sd Quattro が sd Quattro H より優る点は画素数が少ないことが理由である事項。つまり、連続撮影可能枚数が多い、ファ
イルサイズが小さい等。逆に考えれば、画素数が多いことに原因がある sd Quattro H の弱い点は、当然の結果なのだから、
素直に受け入れなければならない。唯一の例外は連続撮影速度で、何故か sd Quattro H のが速い。

sd Quattro H の書き込み速度は SD1 の書き込み速度と比べたら雲泥の差で、あの芋虫が昼寝をしながら進むような速度と
は比較にならないくらい速い。亀が頑張って歩く程度の速さである。幸いそこそこのバッファがあるので、実用的に問題と
なるのは、変化を追いかけながら多くのコマを連続して撮影しなければならない様な被写体を撮影する場合だけである。幸
か不幸か SD1 での撮影に慣らされてしまった身には、その亀が頑張って歩く程度の速さでも十分に速く感じてしまう。

もちろん、AF での合焦速度やメモリへの書き込み速度はもっともっと速くなって欲しい。が、ファームウェアアップデート
があったとしても sd Quattro だけが速くなって、sd Quattro H が置いてきぼりを食うことはないだろう。

シナモンの手術代やらショコラにオシッコをされた羽毛布団の洗濯代(3回)やら充電しながら使い続けた為に壊れたユー
君の iPad の修理代やらで想定外の出費が嵩んでしまった。やはり、sd Quattoro はお嫁に出すことにしよう。オークショ
ンに出す前に、ここで購入希望者を募るのが賢明な様だ。明日、「sd Quattro 買ってください」の記事を掲載するので、
どうぞよろしく。


ぼちぼち sd Quattro のファームウェアアップデートがあっても良さそうなものだけど、sd Quattro H のバグフィックスに
先を越された。今月中には何らかのアナウンスがあるような気もするが、どうやることやら。

そこそこ、多忙だった。 2017/01/15

会社その1の開発系の仕事でプログラムの変更依頼があり、このところそれに掛かりっきりになっていた。今日は「はな」
の希望で豚の角煮を作っている。今は時間を掛けて煮込む処理に入ったのとユー君が昼寝をしているため、雑記帳の更新
の時間に充てることにした。

「優先度の高い重要書類」が届いて熟読。とても面白い。特に「人はカメラを使いたいから写真を撮るのであって、写真
を撮るためにカメラを使うのではない」とか「変態に見えてこそシグマユーザー」とか「ドット職人が1ピクセルずつ手
打ちしたみたい」とか納得してしまうネーム(台詞)が多い。(^^;

シグマユーザーの方々には強くお薦め。COMIC ZIN の 飛び込め!!沼 01 通販ページ


SIGMA sd Quattro H のファームウェアが私の誕生日にアップデートされた。私の誕生日はこのブログを書き始める元になっ
「maroのウェブサイト」を公開した日でもある。満 14 年を経過して 15 年目に突入。
この3~4年、ほとんど更新をしていないのだけど、このブログを読むために、わざわざ私のウェブサイトを経由してくれ
る方がおられるし、少し前のシグマ製デジタルカメラやレンズの事を知りたい方にとってはそれなりに有効なサイトだとは
思うので、止めるつもりは全く無い。


新しい SIGMA sd Quattro H のファームウェアは

・カメラでRAWデータ(X3Fファイル)を現像する際に、画像サイズLOWを選択すると画像が正しく記録されない
  現象を改善しました。
・電子ビューファインダーに撮影画像確認画面が表示されないことがあるバグを修正しました。
・カスタムモードC1~C3での撮影において、設定を変更した際に変更をあらわす・マークが表示されないことが
  ある現象を改善しました。
・SIGMA Capture Proでの撮影において、まれに操作を受け付けなくなる現象を改善しました。

との事で、バグフィックスが主たる目的のようだ。よって、比較テストなどは行わない。

おっと、ユー君が昼寝から起きたようだ。食べずに寝てしまった昼食を食べさせなければ・・・。

優先度の高い重要書類・・・。 2017/01/10

#飛び込め沼

「これは、是非とも入手しなければいけないな。」と言う事で COMIC ZIN の通販で購入。本体 ¥1,234
+ 送料 ¥540。

SIGMA sd Quattro H に 24mm でスナップ。 2017/01/05

SIGMA sd Quattro H に SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art を着けてスナップ。



『サザンカ』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:6.3 1/50Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:日陰、カラーモード:スタンダード

船橋市の花です。柔らかい描写を意図しました。




『歩道の影』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:6.3 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

良くある写真です。が、歩道の描写に FOVEON を感じます。




『青い空に雲と太陽』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:11.0 1/2500Sec. ISO100 EV-2.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:晴れ、カラーモード:FOVクラッシックモード

SPP 6.5 になって、Merrill の描写に近づいたような気がします。右下に飛行機が写っています。

無理矢理 SFD。 2017/01/04

昨日の午後遅くに、SIGMA sd Quattro H に 20mm F1.4 DG HSM | Art を着けて、いつもの風景を撮影。一部、
動いているものがあるけど、ご愛敬。(^^;



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

SFD の魅力はノイズが全くと言って良いほど無い所。FOVEON センサーが理想とする画質である。ISO1600 のワン
ショットでこの写真が撮れる日が来る事を願う。

ららポ~ト TOKYO BAY へお出かけ。 2017/01/02

ヨメさんの妹さん親子と一緒にららポ~トへ行った。帰りに乗り鉄のユー君は蘇我方面に行く京葉線に乗りたがっ
たが、何とかなだめて、帰宅。



『あっちに乗りたい』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/100Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

ヨメさんからは極力顔を出さないよう要請されているので、写真的にはいまいちだけど、ご勘弁。

今年もどうぞよろしくお願い致します。 2017/01/01




年末が異常に忙しく、年明けも宿題を抱えているために、あまりのんびりもしていられない状態。

SIGMA sd Quattro H の表現力は予想以上。画素数が 30% 増えると言う事が、十分に意味のあることと思い知った。

SIGMA Photo Pro 6.5.1 が公開された。 2016/12/27

GPU を使おうとするとエラーで止まってしまうことがあるユーザー(私もその一人)に向けたバージョンアップ
である。が、残念ながら条件を満たしているにもかかわらず、我が家では相変わらずエラーが出て、止まってし
まう。

ただ、エラーの出方が変わって、 6.5.0 では GPU高速化にチェックを入れていると、レビュー画面を開く際に
エラーで止まってしまったが、6.5.1 ではレビュー画面に画像を表示する際には止まらなくなった。しかし、現
像時にはプログレスバーが 2/3 ほど進んだ時点で「GPUの処理中にエラーが発生しました。」と表示されて止
まってしまう。[OK] をクリックして、現像時のダイアログ画面にある[キャンセル]をクリックしてダイアログ
画面の右上にある[X]をクリックするとレビュー画面に戻る事が出来る。以前のようにタスクマネージャーを起
動して SPP を強制終了させなければならない状態にはならないので、少しだけ良くなった。

まぁ、私の GPU はかなり古いものだし、GPU のメモリもギリギリの 1G バイトしか搭載されていないので、致
し方の無いことかも知れない。私のパソコンは CPU も古いけど、さほど非力では無いので、年が明けたら、GPU
だけでもアップグレードしてみようかと考えている。


一昨日の朝と今朝雨が降り出す前に SIGMA sd Quattro H に DC レンズを着けてイロイロ撮ったのだけど、ご覧
に入れるべきかどうかで悩んでしまった。18-35mm では 20mm より長い焦点距離であればケラレは発生しない。
50-150mm は全ての焦点距離でケラレは起きない。しかし、周辺部の描写は褒められたものではなくなる。

特にレンズが微妙に片ボケしている場合に、それがあからさまになってしまう。不幸なことに私が所有している
18-35mm と 50-150mm の両方のレンズが共に片ボケしている事が、sd Quattro H で撮影したために、あからさ
まになってしまった。

さらに、シグマからは DC レンズは SIGMA sd Quattro H では使えないとアナウンスされている。メーカーが使
えないと言っているレンズを装着して、その結果がダメじゃぁないかと言うのは当たり前過ぎて、恥ずかしさを
覚える。

とりあえず、写ることは写るけど、周辺部の描写はかなり甘くなるので、お勧めしない。私の気が向いたら、写
した結果をお目に掛ける事があるかも知れないけど、今のところは「やはり DC レンズはクロップして使いましょ
う」と言う事でご勘弁。

本日は仕事疲れでヘロヘロ。 2016/12/26

申しわけありませんが、ブログはお休みします。

SIGMA sd Quattro H テスト撮影 その2。 2016/12/25

本日は朝早くにテスト撮影を始めたのだけど、何かと忙しくて、午後から先ほどまでは育児と手術が終わったシ
ナモンの世話に追われた。

本来、SIGMA sd Quattro H ではサポート対象外である DC レンズを着けて、クロップをせずに撮影した時に、
どの程度ケラレが発生するのかは皆さん知りたいところだろう。もちろん、私も一番知りたい。

で、今日は DC レンズを sd Quattro H に着けて撮って見た。

まずは SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 絞り値を変えて撮っているのだけど、元々暗いレンズなので f:8.0 だ
けをお目に掛ける。



SIGMA sd Quattro H + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @8mm f:8.0

しっかり、蹴られている。が、良~~~く見て頂くとお判りの通り、イメージサークルによるケラレでは無く、
レンズフードによるケラレである。レンズフードを外してしまうことが可能であれば、蹴られないかも知れない。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @11mm f:8.0

まぁまぁの描写。




SIGMA sd Quattro H + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:8.0

sd Quattro H だとフルサイズ換算 21mm となる。時間が無くて、いい加減に現像してしまったけど、もっとコ
ントラストを上げれば、かなり良い描写である事が判るだろう。


SIGMA sd Quattro H に DC レンズを着けた場合、ケラレが発生するのは致し方の無い事である。が、ご覧頂い
てお判りの通り、SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM を着けた場合、10mm 以上の長い焦点距離においては、四隅
でのケラレは起きない。

このレンズは全体的に甘くなる時があって、AF の精度の問題だと思うのだけど、やはり SGV シリーズのレンズ
でないと sd Quattro H との相性は今ひとつかも知れない。

その他にも撮っているのだけど、本日は疲れているので、明日以降に公開させて頂く。おやすみなさい。

SIGMA sd Quattro H テスト撮影 その1。 2016/12/24

まずは sd Quattro との比較。レンズのテストでは無くイメージセンサーの描写テストなので、レンズは最高の
描写をする SIGMA 85mm F1.4 で、いつもの風景を撮影。

撮影条件と現像条件は全て一緒。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/1600Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.5、ディテール 0 SFD モードではノイズリダクションは 0

JPEG 12 で保存したため、ファイルサイズがかなり大きくなっているのでご注意。




SIGMA sd Quattro H (28,283,606 Byte)




SIGMA sd Quattro H DC クロップ(23,267,312 Byte)




SIGMA sd Quattro (23,601,040 Byte)


ここまでは通常の撮影。以下は SFD モード。




SIGMA sd Quattro H SFD モード(26,179,318 Byte)




SIGMA sd Quattro H SFD モード DC クロップ(21,242,593 Byte)




SIGMA sd Quattro SFD モード(19,907,145 Byte)


sd Quattro の SFD モードが少し甘い感じ。風が強かったので、木々が動いたのだろう。通常の撮影では sd
Quattro と sd Quattro H のクロップとの差は無いに等しい。

3日遅れ~の H。 2016/12/23

今日は会社その1で大規模な机の移動があって、早朝から午後8時過ぎまでビッシリ仕事となった。午前10時
30分にヨメさんからカメラが届いたとのメール。販売店から発送の連絡は無く、いきなり今日届いた。

30分ほど掛けて SIGMA sd Quattro H のメニューでイロイロと設定。とりあえず試し撮り。



『私の部屋の本棚と空き箱』
SIGMA sd Quattro H + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:5.0 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5、ディテール 0

DC レンズを着けているのに DC クロップを強制的に OFF にしているため四隅が少しけられている。が、レンズ
フードのせいかもしれないので、明日にでもフードを外して撮ってみよう。

描写は予想した通りであるが、sd Quattro と撮り比べてみないと何とも言えない。いつものように JPEG 10 で
保存したのだけど、特に複雑な被写体ではないにもかかわらず、ファイルサイズが 9,180,881 バイトにもなっ
ている。

出力画素数約 2560万画素、それなりに立派な描写となっている。明日からのテスト撮影が楽しみである。おやす
みなさい。

クリスマスパーティー、SPP 6.5、パソコンのグレードアップなど。 2016/12/22

私とヨメさんの仕事の都合で、私の家では今夜がクリスマスパーティー。と言っても、ささやかなもので、いっ
ぱいのフライドチキンとヨメさんと「はな」による手作りケーキを囲んでの夕飯である。ユー君が夕寝をしてし
まったため、開始が遅れたけど、無事終了。



『我が家のクリスマス 2016』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @31mm f:11.0 1/125Sec. ISO800 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.5 ビニングモード

ユー君の誕生日パーティーの写真が後ピンだったので、今回は ISO800 にしてビニングモードを使用。ビニング
だと f:11 まで絞っても回折の影響が出ないため、しっかり絞った。ピントはばっちり。めでたしめでたし。画
像サイズが小さいために、あまりお見せしたくない細かな部分がはっきり見えない。これはこれで、我が家のプ
ライバシーが守られるのでありがたい。

この写真の Exif を調べるために拙作の SIGMA Exif Reader でこの画像を開こうとしたらエラーで止まってしまっ
た。SPP 6.5.0 の各言語に対応するためのテキストファイルに空行が含まれていたためである。今までの文字列
ファイルには空行が無かったので、対策を採っていなかったのが原因。修正してアップしたので、ユーザーの方
はダウンロードして欲しい。あ、ついでに DNG の Exif にも対応して撮影情報とサムネイルの表示は出来る様に
した。が、現時点では SPP と同様、大きな画像の表示が出来ない。

DNG の Exif に埋め込まれている大きな JPEG 画像のサイズと位置を読み出すためには、通常の Exif データを
読み込むのと異なり、チョット例外的な方法でデータを処理をしなければならない。方法は判っているのだけど、
それが正解(他の DNG ファイルでも正しく働く)かどうかの確証がないため、DNG で大きな画像を表示するの
はしばしお待ち頂く。なぜ、SIGMA sd Quattro H をまだ所有していない私が DNG ファイルを持っているかにつ
いては、深く追求しないで欲しい。(^^;



さて、SPP 6.5 がリリースされて、現時点で2名の方から現像時間の報告を頂いた。

momo195 さん

CPU:i7 6700K 4.0GHz, GPU:QUADRO K620 2GB, RAM:32GB 16.1秒 11.3秒
CPU:i7 3770 3.4GHz, GPU:GeForce GT430, RAM:16GB 20.4秒 15.6秒

anko さん

CPU:Celeron N3050 1.60GHz, GPU(内蔵), RAM 8GB 125.1秒 61.5秒
CPU:Xeon E5620 2.40GHz 2個, GPU:GeForce GTX950, RAM 12GB 37.9秒 37.4秒

むーさん(twitter に投稿されていたもの)

CPU:i7 5500U 4.0GHz, GPU:(内蔵), RAM:8GB 32.3秒 18.9秒

maro

CPU:i7 2600K 3.8GHz, GPU:GeForce GTX560, RAM:12GB 22.2秒 エラー
CPU:i7 2600K 3.8GHz, GPU:(内蔵), RAM:12GB 22.2秒 内蔵 GPU (HD3000)を認識してくれない


昔から SPP の現像時間は CPU のクロック数が高いほど速い印象がある。4コアも6コアも大きな差は無かった
記憶もある。GPU は内蔵でもそれなりに効果はありそう。ただ、私のかなり古い CPU でも遅くてどうしようも
無いと言うほどは遅くない。

速くするのならせめて倍の速度を目指したい。i7 6700 で内蔵の GPU(530)を使っても 13 秒くらいか。メモ
リーは DDR3 を使い続けるとしても CPU とマザーボードで5万円くらいの出費を覚悟しなければならない。
や~~~めた。

小休止。 2016/12/21

家の排水管が貫通し、会社その1の宿題が終わって、ホッと一息。の~~~~~~んびりしている。

さぁ、また明日からカメラに触れる生活に戻ろう。おやすみなさい。

SIGMA sd Quattro H 本日発売。 2016/12/20

であるが、年内に私の家に来るかどうかは不明。元々、H に関してはあまり触手が動かなかったのが原因なのだ
けど、85mm F1.4 があまりにも凄まじい描写をしてくれたので、もう一回り大きなセンサーで撮ってみたくなっ
た事は確かだ。

我が家に到着し次第、テストを行うが、今週中に届く気配は無い。期待して頂いている方々には申し訳ないが、
しばしお待ちくださる様お願いする。


SPP 6.5.0 が予想した以上に進化している。私にとって一番嬉しかったのは変換した画像を保存する際、「設定
を X3F、X3I に保存する」に入れたチェックが保持されるようになった事。SPP 6 で真っ先に改善して欲しかっ
た点が二年半経って、ようやく実現された。

Auto もまぁまぁな結果を出すようになった。始めに Auto で現像しておいてから、パラメータを変更するのもあ
りだろう。

ノイズリダクションも一目盛分くらい良くなった印象である。が、コントラストが高くてボケている部分のノイ
ズに関してはイマイチ。ディスプレイ上に1:1で表示してしまうと気になる。

我が家では GPU を使おうとすると止まってしまうので、その差を計測できていないが、大貫円さんの twitter
を拝見すると、ちゃんと動いていたりいなかったり。比較的速度の遅い CPU を搭載したコンピュータでは明らか
な高速化が認められているようだ。しかし、エラーで止まってしまったり、ちゃんと現像されなかったりと言っ
た事象も起きているようで、シグマとしては気が休まらないことだろう。

SFDモードで撮影した7枚のウチ2枚がわずかにズレていたため現像時に外さなければいけなかった X3I ファイ
ルをそのまま現像したら、おかしな描写になっていた背景との境目が自然な状態で描写された。これはとても大
きな進歩である。SFD の使用頻度が上がることは間違いない。


2週間ほど詰まっていた我が家の台所の排水管。業者さんがあきらめたトーラーでのクリーニングを DIY で挑戦。
どう計っても6m以下と思われた縦本管までの長さがそれ以上だったため、9mのトーラーを追加で購入。本日、
「はな」に手伝ってもらって再度、クリーニングを敢行。無事開通。やれやれである。9mのトーラーは先のこと
もあるから我が家の必需品としておくけど、先に買った6mはどう考えても不要品。一度水に浸かっているので、
錆が出ている。実用上は全く問題は無いので、オークションに出す予定。もし、欲しい方がおられたら¥5,000
+送料でお譲りしたい。

ヤスダトーラー A型 8mm径 6m

排水管が詰まった時にだけ使う道具なのでここで欲しい方を募っても、手を上げてくれる方はいないと思うけど、
万が一を期待して掲載させて頂く。(^^;

SPP 6.5.0 が公開された。 2016/12/19

家に帰って来て、食事をしてパソコンの前に座ったのが、午後10時。

SPP 6.5.0 をダウンロードして、インストール。GPU高速化にチェックを入れて現像を行うと、ほとんどのファ
イルで「GPU処理中にエラーが発生しました。SIGMA Photo Pro を一旦終了して、再起動してください。」とエ
ラーが表示されて、SPP が停止してしまう。

GPU高速化にチェックを入れなければ、問題なく現像出来る。私の GPU が古すぎるのが原因かも知れない。ドラ
イバは最新なんだけど・・・。

先日、「この時代、いつものように多少のバグには目をつぶってエイヤっとリリースしてしまえば良いのだ。X3F
ファイルが消えてなくなる以外のバグなら許してもらえると思う。」と書いたのが、現実となってしまった。(^^;

年が明けても良いので、のんびりと修正して頂けるのを待つとしよう。

ネタ無し、チョット多忙。 2016/12/18

私と子供達の夕飯は終わったけれど、ヨメさんからのカエルコールはまだ無い。今夜も遅いかも知れない。今日
は宿題があって、のんびりしていられない。明日までには終わると思うけど、サッカーもチョット気になる。

そんなわけで、今日はこれまで。

SIGMA Capture Pro 1.3 がダウンロード出来てしまった。 2016/12/17

現在午後5時。ユー君は昼寝。「はな」はスマホでゲーム中。私は台所で豚の角煮を制作中。煮込みはじめて
ボチボチ1時間半になる。2cm程の厚さで輪切りにした大根をアルミホイルの落とし蓋の下に潜り込ませる
時刻が迫っている。

少し早いけど、忘れないウチにやっておこう。(10分中断)

煮汁が予想以上に少なくなっていて、大根を二段に入れたら豚肉が煮汁から顔を出してしまった。煮卵を取り
出して、水を少し追加。ヨメさんからは煮汁を後で使うので、多めに作っておいて欲しいと頼まれているので、
致し方ない。

さて、一昨日の記事にぶらりんさんから「SIGMA_Capture_Pro130.dmgはファイル名直打ちでダウンロードでき
ます。」とのコメントを頂いた。dmg ファイルは Apple 社のインストール用イメージファイルなので Windows
マシンにインストールする事はできない。

昼過ぎにシグマのダウンロードページへ行って SIGMA Capture Pro 1.2 のダウンロードをしてみた。ダウン
ロード用の URL が http://www.sigma-sd.com/data/scp/SCP_1.2.0_setup.exe であることが判ったので、
SCP_1.2.0 の部分を SCP_1.3.0 に書き直した URL を直接ブラウザのアドレス(URL)欄に入力したら、
Windows 版の SIGMA Capture Pro 1.3 がダウンロード出来てしまった。

現時点では正式に公開されていないので、本当にこのファイルが最終的な SIGMA Capture Pro 1.3 のセット
アップ用ファイルである保証はない。が、インストールも出来たし、HELP も間違いなく Ver.1.3.0 のもので
ある。


ここで「はな」から食事の要求。ユー君も食べさせて、私も軽く食べた。現在午後8時。ヨメさんからのカエ
ルコールはまだ無い。







上が SCP 1.2.0 で下が SCP 1.3.0 である。上の画面は SIGMA sd Quattro を接続した画面で、SD1/SD1 Merrill
をコンピュータに繋いだ場合には、設定可能な項目やシャッター速度などの表示部、シャッターボタンの位置な
どが大きく異なる。

sd Quattro を接続した場合の 1.2 と 1.3 の違いにお気づきだろうか。右下にシャッターボタンがレイアウトさ
れていて、その一番下には特殊撮影ボタンがある。



上が特殊撮影設定の画面になる。現時点では未対応だけど、sd Quattro のファームウェアがアップデートされた
ら、SFD モードの撮影がカメラ本体のメニューで設定していなくても、この画面でクリックするだけで可能にな
るはずである。


1.2 の撮影ボタンエリア、一番下には特殊撮影ボタンがあるだけだが、1.3 の場合はその横にもう一つボタンが
ある。現時点では sd Quattro H を接続した場合にのみ有効になる LV と表示されているこのボタンの有る無し
が 1.2 と 1.3 の大きな違いである。LV ボタンが有効になっている時に、このボタンをクリックすると、パソ
コン上にライブビュー画面が表示される。



上は SCP 1.3 の HELP に掲載されているライブビュー画面をキャプチャーしたものである。ボタンなどの説明
は以下の通り。

(1) ライブビュー画面上に表示する画像の回転
  撮影時のライブビュー画面上の表示を時計回り、反時計回りに回転することができます。
  画面の立ち上がり時には、前回アプリケーション終了時の設定で表示されています。

(2) グリッド線表示設定
  構図の決定に便利なグリッド線を、ライブビュー画面上に表示させることができます。
  画面の立ち上がり時には、前回アプリケーション終了時の設定で表示されています。
  グリッド表示切り替えボタンを押すごとに、グリッド線の表示方法が、切/黒線表示/白線表示と
  切り替わります。
  グリッド表示の分割数のプルダウンメニューをクリックすると、グリッド表示の分割数が変更できます。

(3) フォーカスピーキング表示設定
  ピントがあった被写体の輪郭部分を強調する表示を設定できます。
  画面の立ち上がり時には現在のカメラの設定で表示されています。
  ピーキング表示切り替えボタンを押すごとに、表示方法が切/入と切り替わります。
  フォーカスピーキング表示色のプルダウンメニューをクリックすると、フォーカスピーキング表示色が
  変更できます。

(4) 半透明フレーム表示設定
  ライブビュー画面上で表示する撮影画面(3:2 以外のアスペクト比設定時)のフレームの表示状態を設定
  できます。
  画面の立ち上がり時には、前回アプリケーション終了時の設定で表示されています。
  半透明フレーム表示切り替えボタンを押すごとに、フレームの半透明での表示が切/入と切り替わります。

(5) フォーカスフレーム表示設定
  ピント合わせに使用するフォーカスフレームの設定及び表示方法が設定できます。
  画面の立ち上がり時には現在のカメラの設定が、前回アプリケーション終了時の表示方法で表示されてい
  ます。
  フォーカスフレーム表示切り替えボタンを押すごとに、フォーカスフレームの表示方法が次に示すように切
  り替わります。
   入/「9 点選択モード」表示(または「自由移動モード」表示)/切
  ライブビュー撮影画面上でも、フォーカスフレーム位置をクリックやドラッグして移動できます。

(6) LV 拡大表示設定
  ライブビュー画面上で表示する撮影画面を拡大表示することができ、ピントが合わせやすくなります。
  拡大表示は、フォーカスフレームを中心に行われます。
  画面の立ち上がり時には現在のカメラの設定で表示されています。
  フィット表示ボタンをクリックすると、表示する撮影画面をライブビュー画面のサイズに合わせます。
  4倍拡大ボタン、8倍拡大ボタンをクリックすると、ライブビュー画面に表示する撮影画面の表示倍率を変
  更します。
  カスタムホワイトバランスを取得するときには、ライブビュー画面上で表示する撮影画面は自動的にフィッ
  ト表示に変更されます。

上は SCP 1.3 の HELP をそのままコピペしたものである。著作権法上問題があるかも・・・。(^^;

カメラを直接操作するよりも、かなり使い易い工夫が成されていると感じる。現時点では sd Quattro H のみで
使う事が出来るライブビュー機能であるが、非常に近い将来、sd Quattro でも可能になるはずである。が、
SD1/SD1 Mwrrill ではおそらく実現されないだろう。

SPP 6.5 は出なかった。 2016/12/16

しかし、今日公開されなかったというのは、チョットヤバい。20 日には sd Quattro H が出る。SPP 6.4.1 で
は sd Quattro H の RAW は現像出来ないとのことだから、どんなに遅くとも 19 日には公開されていなければ
ならないと思う。まぁ、20 日の朝早くでも良いけど、シグマのウェブサイトが更新されるのは午後2時と決まっ
ている(何故かは知らない)ので、やはり月曜日だろう。

過去に真夜中の12時に更新されたことがあったけど、あれは例外中の例外。

八百富写真機店さんのブログ「お写ん歩」では「新しいS.P.P. Ver.6.5.0 を試用」と明記されているので、ほぼ完成しているのは間違いなさそう。
この時代、いつものように多少のバグには目をつぶってエイヤっとリリースしてしまえば良いのだ。X3F ファイ
ルが消えてなくなる以外のバグなら許してもらえると思う。


KAZUA さんが sd Quattro を手放すような事を Tweet していた。sd Quattro H を入手しようとしている人なら
誰でもが思いつくことだと今更ながら気が付いた。

sd Quattoro 無印が sd Quattro H より優れている(?)と思えるのは唯一、連続撮影可能枚数のみ。sd Quattro
H でクロップしても(多分)連続撮影可能枚数は変わらないらしいので、連続で8枚以上撮れなければ困る人以外は
sd Quattro H に乗り換えてしまうのが自然な成り行きである。

そう考えると、CP+ で sd Quattro H の開発を発表していたことはシグマの良心と言える。半年待てば、少しではあ
るがより高い表現力を持った同等のカメラが手に入るのだから、事前に発表しておかなかったら、ユーザーからは非
難されたに違いない。価格的にも妥当な線だと思うし、sd Quattro を先に入手した人からも文句は出て来ていない
ようだ。

私の家に sd Quattro H が来るのは年内、ギリギリになりそう。とりあえず SPP 6.5 をいじり倒して見ることにする。

SPP 6.5 早ければ明日と言われているが・・・。 2016/12/15

SPP 6.5.0 が明日、公開されるかも知れない。シグマに問い合わせたところ、SCP(SIGMA Capture Pro)の
Ver.1.3 も同時に公開の予定らしい。が、確実な情報では無い。

SIGMA sd Quattro H が 20 日に発売される事は既に発表されているし、10 日に体感イベントもあったので、
SIGMA sd Quattro H の発売に関しては、過去にあったようなドタキャン延長はないだろう。

とりあえず SPP と SCP がわずか4日であるが sd Quattro H より早く公開されるのであれば、私にとっては
朗報である。sd Quattro H と同時にテストしなければなると、とんでもなく忙しい事になるからだ。

私の手元に sd Quattro H が届くのが遅れる可能性もあって、20 日に sd Quattro H をテストする事が出来な
いかも知れない。ただ、 sd Quattro H に関しては、単にイメージセンサーのサイズが少し大きくなっただけの
sd Quattro であると断言しても良いので、DC レンズでクロップをせずに撮影した時に、どの程度のケラレが発
生するのか、あるいは周辺部の描写がどの程度甘くなるのかをチェックするくらいしか思いつかない。

とにかく、sd Quattro H の発売以上に気になっているのが SPP と SCP のアップデートである。

まず、SPP で「GPU高速化」(体感イベントで SPP 6.5 の画面を写してくれた方の画像ではそうなっていた)に
チェックを入れた場合と、そうでない場合の速度差が気になる。

シグマによれば、コンピュータに搭載されている CPU と GPU の組み合わせで結果が異なるとの事。また、最近
の CPU に内蔵されている GPU よりもグラフィックカードとして追加されている GPU のがより速く処理が進む
であろうとの事。非常に高速な CPU を使っている場合には GPU による高速化の恩恵はあまり受けないであろう
との事が判っている

私のマシンはかなり古い CPU(Intel Core i7 2600K 3.4GHz を 3.8GHz で駆動)と完全に時代遅れの FeForec
GTX 560 の組み合わせである。このマシンで sd Quattro の X3F を SPP 6.4.1 で現像するのに一枚あたり約 22
秒掛かる。

SPP 6.5 がリリースされたら、同じ X3F を現像して見て、どの程度の差が出るのかをチェックしたい。また、皆
さんもアップデートする前に一度 SPP 6.4.1 での現像時間を計っておいて、同じファイルを SPP 6.5.0 で現像
して見て欲しい。

さらに、SPP 6.5.0 で GPU高速処理を ON/OFF してみて、その処理速度の違いを計って欲しい。このお願いは
SPP 6.5 がリリースされた後で再度行うので、どうぞよろしくである。

なお、上の記述は Windows 版 SPP に付いてのもので、Mac 版に関しては SPP 6.5 で 64bit 版になるとの事だ
から、明らかな速度の変化があると思う。Mac ユーザーには朗報である。

SCP 1.3 でティザー撮影(紐付き撮影-コンピュータ上で撮影前の画面を見ながらカメラを制御して、シャッター
を切る事が出来る撮影方法)が可能になる。が、とりあえずは sd Quattro H だけがその対象となるようだ。シ
グマからは sd Quattro H で出来ることは、sd Quattro 無印でもできるようにするとアナウンスされているので、
近い将来(多分、年内は無理だろうけど)sd Qauttro でも本格的なティザー撮影が可能になると思う。

sd Qauttro のファームウェアアップデートを待とう。

SIGMA Optimization Pro のアップデート 2016/12/13

SOP 1.4.0 のアップデートは

・シネレンズ(EFマウント)に対応しました。
・接続製品履歴のインポート/エクスポート機能を追加しました。

とのこと。シネレンズはフルマニュアルだと思うのだけど、何かカスタマイズ出来るのかしら?シネレンズは
(おそらく)一生買わないと思うので、私には関係がない事。接続製品履歴のインポート/エクスポートも今
ひとつ使用目的が不明。


このところ公私共に少し多忙。流しの排水管が詰まってしまったため、トーラーで掃除をしたのだけど、計算
した以上に宅内の配管が長くて、購入した6mでは、縦本管まで届かなかった。9mのものを再度購入しなけ
ればならない。年末で物入りなのに、ショコラが3回も立て続けに粗相をしたため羽毛布団の洗濯代だけで安
い羽毛布団が買えてしまうほどの金額になるし、sd Quattro H の発売は控えているし、困ったものである。

さほど使っていない Manfrotto 405 をオークションに出そうかと思っていたのだけど、ヤフオクの手数料がか
なりの値上がりをしているので、出品をためらっている。ブログを公開しているメリットを活かすために、ご
希望があれば外箱付き、無傷の美品を送料込み¥40,000 でお譲りする。ご希望の方からのコメントが頂ければ
幸いである。

SPP 6.5.0 は速くなるらしいが・・・? 2016/12/11

今日は「きなこ」とショコラが子供用本棚(実質おもちゃ箱収納棚)の上に置いたニャンコ用のベッド二つで、
仲良く朝寝をしていたので、ストロボを着けて sd2 Qauttro で撮影。



『二段ベッド?』
SIGMA sd2 Quattro @f:5.6 1/250Sec. ISO100 ストロボ使用

マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5、ディテール 0.17


Twitter に大貫円さんと foxfoto さんのご両名が SPP 6.5 や DNG に関する情報をいっぱい投稿してくれた。

大貫円さんによると

1.SPP 6.5 の GPU 対応は環境設定でチェックを付ける
2.X3F を開いて最初のインジケーターが消えるまでは CPU、そこからは GPU の処理
3.GPU処理は仕組み上CPUのみより動作が不安定になる
4.使えないGPUの場合グレーアウトする
5.CPU処理よりおおむね2割程度速い(多分、表示速度だけ < 私の予想)
6.CPU爆速、GPUしょぼい場合はCPUだけにした方が速い

とのこと。現像処理自体に GPU の演算機能は使われないようで、GPU が使われるのはレビュー画面における画
像描画だけのようだ。現在、画像の再描画には最大で1秒ほど掛かっているので、その時間が 0.8 秒になると
考えれば良いのかな?

ただ、このあたりは使用している CPU と GPU の組み合わせによっては異なる結果となるようだ。最近は 2D に
特化した GPU が存在しないので、超高速な GPU を使ってもとんでもなく速くなると言う事はなさそうである。

foxfoto さんは

GND について

1.DNG のカメラ内現像は出来ない。
2.DNG は SPP では現像出来ない。
3.SPP での DNG 保存は現時点では出来ない。要望があれば。
4.DNG と TIFF は X3F が持つ情報を全て保存できるわけではない。
5.DNG は元に戻せるが、TIFF は元に戻せない。
6.カメラから出力される DNG は一度 X3F データを作ってから DNG に変換するのではなく、直に DNG 形式で
書き出すので、X3F と DNG の同時記録は不可能。
7.今後 SPP で X3F から DNG 形式への変換は可能だが、一度 X3F を経由するので、おそらくカメラから直接
出力される DNG と全く同じにはならない。

SPP に付いては

1.SPP で DC クロップは可能。
2.GPU に対応させるのは環境設定。
3.複数の GPU を認識した場合は選択。
4.GPU に対応した事で現像パラメータを動かした結果がリニアに反映されるようになるので、体感スピードが
格段に UP。(眉唾 < 私の予想)
5.ただし、SPP 自体の推奨メモリは 8GB 程度に上がるので、メモリの少ない PC では、逆に遅くなるかも。
(大いに有り得る < 私の予想)
6.専用メモリを持たないオンボード GPU だと CPU とメモリの取り合いになるので専用 GPU のが速い。
7.Mac 版の SPP が 64bit 対応となるので、進化度合いは Mac のが大きい
8.Auto 現像のチューニングが変わった。今まではただ適正露出にバランスを合わせるだけだったが、6.5 か
らは見映えを意識したチューニングに変更。
9.ノイズリダクション性能も改善。今までのものより一目盛分くらい改善している。
10.SFD モードで動体補正機能が追加。
11.8.~10.までは既存のデータ(X3F,X3I)にも反映されるので、ぜひ現像し直して見て。

う~~~n。知りたかった事がいっぱい判った。SPP 6.5 がリリースされたら、すぐに GPU を使用した場合の
ビフォーアフターを計測してみよう。


栞|・∀)つt[◎;] さんの Tweet によれば sd Quattro H のティザー撮影は AF ポインタの移動がパソコンから
行えるとのこと。画面を見ると水平線や垂直線がいっぱい。ナンと 64 分割も出来るようだ。


私は SIGMA sd Quattro H よりも SPP 6.5 や SIGMA Capture Pro 1.3 のが待ち遠しい。(^^;

午後のひととき。 2016/12/10

午前中はユー君の誕生パーティー。やはり、シグマの sd Quattro H 体感イベントには参加しなかった。家族
パーティーの記念写真はディスプレイ上に1:1で表示するとしっかり後ピン。恥ずかしいのでナイショ。次は
ティザー撮影する事を心に誓う。3m の USB3.0 ケーブルを買っておかなければ・・・。

その2時間後、珍しい「きなこ」とシナモンのツーショットがあったので、それを撮影。ストロボを用意してい
る間にシナモンが移動してしまう可能性があったので、蛍光灯のまま、ISO800 でビニング。A3 サイズ以下のプ
リントなら問題なし。



『寄り添う』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/15Sec. ISO800
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.5 ビニングモード

明日はユー君の誕生日。 2016/12/09

午前中だけでも行こうと思っていたのだけど、ユー君の誕生日パーティーをヨメさんがパートに出る前の午前中
に行う約束をしていたことを思いだした。土曜の午後は育児タイムになるので、やっぱり明日の SIGMA sd
Quattro H 体感イベントはパス。

どなたか 50-100mm F1.8 DC HSM | Art を sd Quattro H に取り着けた時のケラレ具合を見て来て、教えて欲しい。

12 月に入って何故か多忙。 2016/12/07

今月に入ってから何故か会社その1での仕事が増えて、出社した日は全て午後 10 時を過ぎての帰宅となっている。

SIGMA sd Quattro H の発売日が発表になった後で、気になった点をシグマに聞いてみた。

まず DNG ファイルであるが、やはり予想した通り、かなりファイルサイズが大きくなるようだ。一枚あたり
150M Byte 前後とのこと。単純計算だと 6192 x 4128 x 3 x 2 = 153,363,456 なので、そんなところだろう。

SIGMA Capture Pro 1.3 がライブビューモードの撮影に対応すると言う事についても、パソコン上で撮影前の画
像を見ながら、マウスでシャッターを切ることが出来る様になるそうだ。つまり、シグマ製デジタルカメラで本
当のティザー撮影が可能になる。

これはシグマのカメラ史にとってはある意味で画期的なことで、ようやくキヤノン、ニコンの本格的一眼レフと
肩を並べたことになる。極端な意見かも知れないが、ティザー撮影が出来ないカメラはスタジオ用カメラと呼ん
ではいけない。FOVOEN センサーはスタジオで使ってこそ、その実力を遺憾なく発揮するセンサーであるにもか
かわらず、シャッターを切る前の画像がパソコン上で確認出来て、シャッターを切った後のデータが、即パソコン
に転送されて現像可能になることが出来なかった。

残念なのは実際の現像が終わるまでに若干の時間が掛かることだけど、RAW ファイルに埋め込まれた JPEG 画像
はパソコンに転送された直後に表示されるはずなので、フレーミングやピントの確認には十分に役に立つだろう。

固定された SIGMA sd Quattro は静止物に対する AF の精度が非常に高い。SGV シリーズのレンズであれば、ま
ずほぼ 100% の確率で合焦する。マニュアルフォーカスを使わなければならないのはかなり特殊な被写体か合焦
点を画面の端、あるいは外に置きたい時に限られる。

SIGMA CApture Pro Ver.1.3 がほとんどの設定をパソコンから行えることは判っているが、AF ポインタの移動
までサポートしてくれていたら涙が出るだろう。

寒くなっても、家の中にいて我が家のベランダからの景色を撮影できるかと思うと、嬉しくて、思わずニヤニヤ
している私である。

あとは SPP 6.5 がどの程度進歩してくれるのか、楽しみの種は尽きない。

SIGMA sd Quattro H 本日発表 その2 2016/12/06

【本日2本目の記事】

先ほどの記事をアップしたあとで SIGMA sd Quattro の主な仕様のページを見たら、しっかり更新されていたの
で、少し追加。

記録フォーマットに「DNG(無圧縮RAW12bit)」が追加されていて、それが sd Quattro H だけでなく、sd
Quattro にも適用されている。やはり sd Quattro でも DNG ファイルフォーマットで保存することが可能にな
るようだ。しかし、無圧縮 RAW 12bit となると、実際にカメラ内で X3F から 12Bit の DNG = TIFF データを
作るのには余計な時間が掛かると思われるので、事実上は 16Bit での記録となるだろう。無圧縮 TIFF 16Bit
の画像サイズはかなり大きい物になるので、DNG ファイルのサイズは X3F の2倍以上になると思われる。

また、仕様のところに「DNG撮影時は、スタンダード、ビビット、ニュートラル、ポートレート、風景、モノク
ロームの6種となります。」との注釈が着いているので、SPP は DNG ファイルをサポートしないかも知れない。
まぁ、フリーウェアも含めて、ソフトウェアメーカー製現像ソフトのほとんどが DNG ファイルを現像できるの
で大問題ではないだろう。個人的には SPP のインターフェイスが好きなので(単に慣れているとも言う)SPP
のインターフェイスで DNG が現像出来たら、私は楽しい。

いずれにしても、現時点でのスペックテーブルを見る限り、sd Quattro との違いはセンサーサイズの違いによ
る差(画素数、連続撮影可能枚数等)のみである。オット、重さが 10g 重く、仕様には書かれていない連続撮
影時の速度(何と sd Quattro H のが速い)が違うとのことである。(CP+ 2016 で聞いた話)

いずれにしても、クリスマス前には SIGMA sd Quattro H で撮影したテスト画像をお目に掛けることが出来そうだ。

SIGMA sd Quattro H 本日発表 2016/12/06

シグマから SIGMA sd Quattro H の発売日、仕様などが正式に発表になった。デジカメinfo に掲載されていた
通り、発売予定日は12月20日である。

以下はシグマのウェブサイトから一部をコピペ

「RAWデータは、従来のX3Fフォーマットに加えて、DNGフォーマットに対応。他社製の画像処理ソフトが使用で
き、汎用性が広がりました。APS-CサイズにクロップするDCクロップ機能の搭載により、DCレンズの使用も可能。
レンズ資産を有効に活用します。」

気になっていた sd Quattro との違いはセンサーサイズ以外では保存ファイル形式として DNG ファイルフォー
マットがサポートされたこと。他社の現像ソフトウェアユーザーにとっては嬉しい追加である。しかし、昨日の
記事に書いたようにファームウェアで実現されている機能のはずなので、sd Quattro でも、近い将来サポート
されると思う。

当然 SPP も 6.5 になるけどダウンロードはまだ出来ない。カメラの発売と同時、あるいはそれ以前にリリース
されると思うけど、現時点ではいつになるかは不明である。

「SIGMA Capture Pro 1.3は、SFDモード撮影の対応や、ライブビューモードの撮影に対応するなど、より使いや
すいソフトウェアに仕上がっています。」となっているが、コンピュータ上で撮影前の画像を見ながらシャッター
を切ることは(おそらく)出来ないと思われるが、もし、それが可能になっていれば、もの凄~~~~く嬉しい。

今週の土曜日に体験イベントが青山で行われるようだけど、 sd Quattro H は貸し出さない(会場の外への持ち
出しは禁止)との事なので、参加しないつもり。

とりあえずの、速報である。SIGMA Exif Reader も DNG に対応しなければ・・・。

SIGMA sd Quattro H 明日発表か? 2016/12/05

昨日の記事で触れた SIGMA sd Quattro H 発表の噂が正しいとすれば、明日が予約開始日となっているので、明
日中にはシグマから公式の発表がなければいけない。もし、無かったなら、デジカメinfo に掲載された記事は
単なる噂の域を出なかったことになる。

私が気になるのは sd Quattro との仕様上の違いである。センサーサイズが大きいことは判っているが、画素数
がわずか 1.3 倍になるだけ。その差を大きいと感じるかどうかは撮り比べて見ないと判らないけど、FOVEON セ
ンサーの特徴の一つである1ピクセルが活きていると言う点に関しては同じと考えると何か他のメリットが欲し
いような気もする。

sd Quattro の発表と同時に開発が公になっていたので、sd Quattro に手を出さずに sd Quattro H を待ってい
た人は、価格的にも納得が行くものなので、すぐにでも入手なさるだろう。

既に sd Quattro を所有している人にとって sd Quattro に対して感じている良さも悪さもそのままで、少しセ
ンサーサイズが大きくなっただけのカメラを入手すべきかどうかは大いに悩むところだろう。

センサー以外のハードウェアに大きな変更があれば良いのだけど、おそらくそれは無いと思う。もちろん DC レ
ンズを取り着けた場合には自動的にクロップが掛かるはずだし、18-35mm F1.8 の様に比較的大きなイメージサー
クルを持っている DC レンズであれば、クロップさせずに sd Quattro H のセンサーサイズを活かした撮影も可
能になる設定も用意されると思う。DG レンズを着けて敢えてクロップする人はいないと思うけど、もしかしたら、
それも可能になっているかも知れない。ただ、その場合は連続撮影可能枚数が増えるとか連写速度が速くなると
かのメリットが無いと面白くない。単に画角を狭くするだけなら、トリミングすればそれで済む。

ファームウェアで何らかの改良が行われる可能性は否定できないが、センサーサイズに起因するもの以外は現行
の sd Quattro にもいつかは(あるいは同時に)反映させることが可能と思われるので、(sd Qauttro との比較
においては)大騒ぎする程のものとはならないだろう。

いずれにしても、(多分)明日になれば判る事だ。おやすみなさい。

SIGMA sd Quattro H 近日発表か? 2016/12/04

【本日2本目の記事】

シグマ系の噂記事では比較的「当たり!」が多いデジカメinfo に

・シグマが「sd Quattro H」を12月20日に発売

sd Quattro H
- 予約開始日:2016年12月06日
- 発売予定日:2016年12月20日
- 量販店価格:税込139,860円前後(価格はヨドバシカメラ等の量販店価格)

上記記事へのリンク

との記事が掲載された。おそらく量販店からのリークだろう。明日か明後日にはシグマからの正式発表がありそ
う。量販店価格が掲載されている通りだとすれば実売は約 12万5千円。私が今年6月26日の記事で12万円と予
想した価格に近い。私の予想もたまには当たるようだ。

「デジタルっぽい」を感じて頂ければ幸いである。 2016/12/04

一昨日の記事(改めて SIGMA 85mm F1.4 DG HSM について)でテスト撮影した画像を提示する際に、私は「一度
はシャープネス -0.5 で現像したのだけど、デジタルっぽさが見えてしまったため、やはりいつものシャープネ
ス -1.0 で現像し直した。」と書いている。これに対してそのデジタルっぽさを明示しないのは私らしくないと
反省。

全く同じものをシャープネス -0.5 と 0 で現像したものをご覧頂くことにした。写真の一部だけを切り出して、
原寸大で並べようかとも思ったのだけど、気になる部分が多すぎるため、やはり全体をアップさせて頂く。



上の写真は一昨日、ご覧頂いたものと同じ。シャープネス -1.0 で現像したものである。(8,121,675 Byte)




次の写真は上の写真と同じ X3I ファイルを シャープネス -0.5 で現像したものである。(8,630,596 Byte)




この写真は シャープネス 0 で現像したものである。(9,373,790 Byte)


上の三枚を比較して、一番下が最良と判断する方もおられるだろう。確かにキッチリ写っているという点に関し
ては、一番下が最も解像感が高い。しかし、私は一番上のシャープネス -1.0 で現像したものを最も好ましいと
感じる。並みのレンズであれば、シャープネス -0.5 で現像しても、現像時点でシャープネスを掛けていると
はっきり判るほどの現れ方はしないのだけど、こと SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art に関しては、元々の解像度
が非常に高いため、現像時のデジタル処理によるシャープネスが見えてしまう。それがイヤだった。

SPP 6.4.1 のシャープネス -1.0 が現像時にシャープネス処理を行っていない値であるとは断言できないけど、
私が見る限りにおいては、そのように見える。もちろん RAW ファイルを作成する時点で、ファームウェアによる
何らかのシャープネス処理が成されていると考えられるが、それはさほど(あるカメラほど)露骨なものでは無
いと思われる。

しかし、SPP においてはユーザーが指定したシャープネスを掛けないわけには行かないし、おそらく、10 年以上
前に SPP Ver1.1 で決めた「シャープネス 0 は Phothosp におけるアンシャープマスク 50%、半径 1.0 ピクセル、
しきい値 0 と同等のシャープネス」が掛かっていると思われる。

実際にシャープネス -1.0、0.5、0 を同じファイルで現像した場合に、これだけの差があるので、多分、間違っ
てはいないと思う。ただ、写真の種類や現像時のカラーモード、ノイズリダクション、ディテールのパラメータ
の設定など描写力を左右する要素が複雑に絡み合ってくるので、何が何でも常にシャープネス -1.0 にこだわっ
ているわけではない。

実際に先週ご覧頂いた紅葉の写真は全てシャープネス -0.5 で現像してある。が、私がシャープネス 0 で現像
する事は無い。もしあったら、私のミスである。

改めて SIGMA 85mm F1.4 DG HSM について 2016/12/02

田中希美男氏が彼のブログで「描写についてはどんなに褒めても褒めすぎることはない」と書いておられる。私も
同感。MACRO 70mm や MACRO 180mm も凄かったけど、こんなに明るいレンズでこれだけの描写をするレンズ
は驚異的である。

長焦点レンズは比較的作り易いと大昔に聞いたことはあるけど、その上で大きさや重さに制限を設けなければ、
凄まじく良いレンズを作る事が出来る事が証明された。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 (1/160Sec.) ISO100 SFD モード
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

実は11月21日に SIGMA 85mm F1.4 DG HSM + SFD で撮影したのだけど、このブログに掲載し忘れたものが
あったことを発見して、先ほど現像した。上の写真がそれである。

現像時の描写力に関するパラメータはディテール 0、輝度ノイズリダクション 0、色ノイズリダクション 0、
シャープネス -1.0、倍率色収差補正[なし]である。実は一度はシャープネス -0.5 で現像したのだけど、デジ
タルっぽさが見えてしまったため、やはりいつものシャープネス -1.0 で現像し直した。それほどまでに完璧な
描写をするレンズである。私は絞り値 f:4.0 で画面の四隅をこれほどまで精緻に描写するレンズが実在するこ
との証拠をお目に掛けられることに無上の喜びを感じる。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM は本当に「描写についてはどんなに褒めても褒めすぎることはない」レンズである。

旧古河庭園で紅葉を撮った その9 2016/12/01

2016 年も最後の月となった。今年のクリスマスは sd Quattro H で撮りたいものだ。先週の金曜日に晴天下で
撮った旧古河庭園の紅葉。SIGMA dp0 Quattro。



『旧古河庭園の紅葉 その48』
SIGMA dp0 Quattro @f:7.1 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その49』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.0 1/400Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その50』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.5 1/100Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その51』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.0 1/40Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その52』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.5 1/80Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その53』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.0 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その54』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その55』
SIGMA dp0 Quattro @f:5.0 1/100Sec. ISO100 EV-0.73
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


やはり風景は dp Quattro のが向いていると感じた。特にこの dp0 Quattro による紅葉はお気に入り。素晴らしいカメラをありがとう。>シグマさん

旧古河庭園で紅葉を撮った その8 2016/11/30

先週の金曜日に晴天下で撮った旧古河庭園の紅葉。SIGMA dp1 Quattro。



『旧古河庭園の紅葉 その41』
SIGMA dp1 Quattro @f:6.3 1/60Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その42』
SIGMA dp1 Quattro @f:3.5 1/125Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その43』
SIGMA dp1 Quattro @f:5.0 1/250Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その44』
SIGMA dp1 Quattro @f:3.5 1/40Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その45』
SIGMA dp1 Quattro @f:5.6 1/25Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その46』
SIGMA dp1 Quattro @f:5.0 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その47』
SIGMA dp1 Quattro @f:6.3 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

旧古河庭園で紅葉を撮った その7 2016/11/29

先週の金曜日に晴天下で撮った旧古河庭園の紅葉。SIGMA dp2 Quattro。



『旧古河庭園の紅葉 その33』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.0 1/60Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その34』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/60Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その35』
SIGMA dp2 Quattro @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その36』
SIGMA dp2 Quattro @f:3.2 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その37』
SIGMA dp2 Quattro @f:2.8 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その38』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/160Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その39』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その40』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.0 1/80Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

旧古河庭園で紅葉を撮った その6 2016/11/28

先週の金曜日に晴天下で撮った旧古河庭園の紅葉。SIGMA dp3 Quattro から。



『旧古河庭園の紅葉 その27』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.5 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その28』
SIGMA dp3 Quattro @f:3.2 1/640Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その29』
SIGMA dp3 Quattro @f:3.2 1/400Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:FOVEON クラッシックブルー




『旧古河庭園の紅葉 その30』
SIGMA dp3 Quattro @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その31』
SIGMA dp3 Quattro @f:6.3 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その32』
SIGMA dp3 Quattro @f:5.0 1/160Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art でいつもの風景 2016/11/27

昨日撮影した SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art のレンズテスト撮影。お披露目。現像はいつもの私のデフォルト、
彩度 -0.1、シャープネス -1.0、X3F +0.3 以外は全てゼロ。dp Quattro には存在しない画角なので、dp Quattro
との比較は無し。




SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.4 (7,344,951 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @24mm f:1.8 (7,580,444 Byte)

中心部の描写はほぼ問題なし。周辺部右側は 18-35mm のが良いが、絞り値の差であろう。四隅の描写はもう少
し欲しいところ。遠くの建物を見ると 18-35mm の糸巻き型歪曲収差に気が付く。

 



SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 (7,880,281 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @24mm f:2.0 (7,792,249 Byte)

f:2.0 で比較すると、24mm F1.4 のが良い。四隅の描写もかなり良くなるが、18-35mm の流れが少し気になる。
実用上は問題ない。





SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 (8,124,017 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @24mm f:2.8 (8,257,785 Byte)

18-35mm F1.8 の片ボケが露骨になっている。右端は 24mm より良いけど、左端はかなりボケている。中心部は
どちらも良好。f:2.0 にあったわずかな甘さは無く、しっかり描写されている。全体的にも合格のレベル。

 



SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 (8,352,035 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @24mm f:4.0 (8,565,666 Byte)

どちらも、かなり良い描写。問題なし。

 



SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 (8,460,440 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @24mm f:5.6 (8,610,960 Byte)

ほぼ完璧。

 



SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:8.0 (8,348,865 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @24mm f:8.0 (8,365,313 Byte)


完璧。回折の影響は見比べなければ判らない。

 



SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:11.0 (8,177,403 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @24mm f:11.0 (8,043,896 Byte)

ディスプレイ上に1:1で表示すると、回折の影響で全体が甘い事が判る。実用上の問題は無い。


画面左上、遠くのマンションの向こうに薄らと写っているのが筑波山である。私の家からは真北の方向に当たる。

dp Quattro で晴れた旧古河庭園の紅葉を写した写真は明日から順次掲載する。

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art でいつもの風景 2016/11/26

昨日は 23 日に行った旧古河庭園に再び行って来た。天気は快晴。カメラは dp Quattro 4台。写した写真が多過ぎて、ピンぼけと手ブレを削除しても、 500 カットほどあった。選択と現像は今朝の3時まで掛かって、一通り終わった。 が、今日の船橋市、天気は午後から曇り。ユー君が午後2時30分から昼寝をしてくれたので、SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art と SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art のテスト撮影を行った。 時間があまりなかったので、現像は手抜き。いつもの私のデフォルト、彩度 -0.1、シャープネス -1.0、X3F +0.3 以外は全てゼロ。 SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.4 (7,799,099 Byte) SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:1.8 (7,881,278 Byte) 中心部の描写に関してはどちらもなかなかのもの。絞り開放でこれだけの描写は立派。周辺部は 18-35mm のが少し良いが、絞り値が f:1.8 なので、喜んではいけない。四隅の描写はどちらもイマイチである。   SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 (8,298,896 Byte) SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:2.0 (8,150,727 Byte) f:2.0 で比較すると、20mm F1.4 のが明らかに良い。四隅の描写もかなり良くなり、実用上は問題がないレベル。18-35mm はあと一頑張り欲しい。 SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 (8,546,643 Byte) SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:2.8 (8,534,581 Byte) SIGMA dp1 Quattro @f:2.8 (8,135,874 Byte) dp1 Quattro とも比較した。dp1 Quattro は 19mm なので少し広く写るが、描写力の比較には最適と判断。左上隅は 20mm のが良いが、右上隅は 18-35mm のが良い。これは私の 18-35mm F1.8 がごくわずかであるが片ボケしているためである。中心部はどちらも文句のないレベル。全体的には dp1 Quattro が解像している感があるのだけど、レンズではなくファームウェアによって、解像感が上がっている印象である。   SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 (8,700,463 Byte) SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:4.0 (8,653,632 Byte) SIGMA dp1 Quattro @f:4.0 (8,772,572 Byte) 18-35mm との比較では 20mm のが明らかに良い。18-35mm は周辺部が流れて甘くなっているのが悲しい。20mm と dp1 Quattro との比較は微妙であるが、20mm のがスッキリした描写をしているので素性の良さを感じる。   SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 (8,822,185 Byte) SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:5.6 (8,688,514 Byte) SIGMA dp1 Quattro @f:5.6 (8,754,827 Byte) 全体的な描写はとても良い。が、18-35mm F1.8 では周辺部の甘さが目立つ。20mm と dp1 Quattro は完璧。   SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:8.0 (8,664,981 Byte) SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:8.0 (8,559,372 Byte) SIGMA dp1 Quattro @f:8.0 (8,447,738 Byte) 中心部が若干甘くなるけど、周辺部の描写が少し良くなる。18-35mm F1.8 の周辺部もあまり甘く感じない。20mm と dp1 Quattro は完璧。回折の影響は見比べなければ判らない程度。   SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:11.0 (8,177,403 Byte) SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:11.0 (8,043,896 Byte) SIGMA dp1 Quattro @f:11.0 (7,982,113 Byte) f:11.0 になると FOVEON X3 Quattro センサーの解像力と画素ピッチでは回折の影響が明確になる。実用上(A1 サイズ以下のプリント)は問題は無いので、周辺部の描写が気になる場合は敢えてここまで絞るのも有りだろう。 あ、筑波山が写っている。 明日は SIGMA 24mm F1.4 のテスト撮影画像をアップする。 dp Quattro で晴れた旧古河庭園の紅葉を写した写真は明後日から順次掲載する。

旧古河庭園で紅葉を撮った その5 2016/11/24

【本日4本目の記事】

やっぱり今夜中に終わらせておこうと思い、風呂上がりにアップ。



『旧古河庭園の紅葉 その26』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.2 1/640Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art で撮った紅葉はこの一枚だけ。望遠レンズは紅葉の葉や形などを撮るには良い
のだけど、私はなるべく周囲の情景も写真に入れたいので、望遠での撮影はあまりしない。

昨日の sd Quattro による紅葉の写真はこれまで。旧古河邸の紅葉が気に入ったので、2~3日中に dp Quattro
4台を持って、再度写しに行きたい。


以下は旧古河庭園、もう一つの目玉である「バラ」である。



『旧古河庭園のバラ その1』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/640Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園のバラ その2』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/500Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園のバラ その3』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:7.1 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園のバラ その4』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/500Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

曇りが幸いして、素敵なバラの写真が撮れた。

旧古河庭園で紅葉を撮った その4 2016/11/24

【本日3本目の記事】

で、夕方の続き。50mm F1.4 での撮影。



『旧古河庭園の紅葉 その18』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.2 1/500Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その19』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/320Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その20』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その21』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/500Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その22』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/80Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その23』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その24』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/60Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その25』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/100Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

本日は、多分、これまで。

旧古河庭園で紅葉を撮った その3 2016/11/24

【本日2本目の記事】

で、午後の続き。18-35mm F1.8 である。



『旧古河庭園の紅葉 その15』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:2.5 1/100Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その16』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:2.8 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その17』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:2.8 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

今夜はさらに続く予定。

旧古河庭園で紅葉を撮った その2 2016/11/24

今日の船橋市は雪。我が家のベランダからのいつもの風景もこんな風。



『いつもの風景・・・雪』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/125Sec. ISO100 EV
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


で、昨日の続き。今日は 24mm F1.4。



『旧古河庭園の紅葉 その9』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.5 1/160Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その10』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その11』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その12』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その13』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その14』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/800Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『滝野川公園の銀杏』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/80Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

続きは今夜にでも・・・。

旧古河庭園で紅葉を撮った 2016/11/23

東京都北区西ヶ原の旧古河庭園に行って紅葉を撮って来た。しっかり曇っていたため、dp Qauttro は家で
お留守番。sd Quattro とレンズを5本持って行った。

まずは SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art から・・・。



『旧古河庭園の紅葉 その1』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/100Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その2』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/3200Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その3』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.2 1/640Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その4』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/640Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その5』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.2 1/160Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その6』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/500Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その7』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.5 1/500Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『旧古河庭園の紅葉 その8』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

本日はこれまで。明日の朝は雪かも・・・。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art やっぱり凄い 2016/11/22

本日の船橋市は午後からしっかりと晴れた。SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art で晴天下の風景を SFD で撮影した
ら、どうなるのか知りたくて、撮ってみた。



SFD モード
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/800Sec. ISO100 SFD モード
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

いつもは JPEG 10 で保存するのだけど、JPEG 12 との差を見分けることが出来たので、この写真は JPEG 12 で
保存したものをアップした。非常にファイルサイズが大きい(22,696,156 バイト)ので、ご注意。これでも、
シャープネスは -1.0、ノイズリダクションは共に 0、ディテールも 0。FOVEON センサーの実力を遺憾なく発揮。
APS-C 1,961 万画素では無く、APS-H 2,556 万画素で撮ってみたくなった。


さて、明日から 20mm F1.4 と 24mm F1.4 のテスト撮影を始める予定。だけれど、ヨメさんが西ヶ原に行きたがっ
ているので、いつもの風景は後回しになるかも・・・。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ってどうよ? 2016/11/21

この四日間、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art でイロイロと撮ってみた。私が生きているウチにこれほどのレン
ズに巡り会えるとは思っていなかったと言うのは少し大げさだけど、大きさと重さ以外は文句の付けようが無い。
もちろん決して安いレンズではないけど、マニュアルフォーカスで描写性能的にも SIGMA 85mm F1.4 DG HSM |

Art の後塵を拝する
と評価されている ZEISS Otus 85mm F1.4 がほぼ 40 万円、小さくて軽いけど写りはイ
マイチの Nikkor 85mm F1.4 G が約 17 万円なので、実売価格で 13 万円を切る SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art
は決して高いとは言えないレンズであると断言して良いだろう。

このところ、田中希美男氏が「いまのシグマに敢えて望むとすれば、小さくて軽いレンズなのに素晴らしく良く
写る、そんな「新しい時代のレンズ」を作ってほしい。」と Tweet している。私も基本的には大賛成である。
が、それができるくらいなら、とっくにやっているはず。また、「小さくて軽いレンズなのに素晴らしく良く写
る」は Contemporary ラインのコンセプトでもある。Art ラインのコンセプトは重量やサイズには多少目をつぶっ
ても、ひたすら描写力の良いレンズを世に出すことなのだから、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art が結果として、
大きくて、重くなってしまったことは致し方の無い事である。

いずれにしても、現時点で世界最高の写りをすると思われるこのレンズをけなす勇気が私には無い。恐れ入りま
した。

あ、手ブレ補正に関してひと言追加をしておく。どう考えても デジタルイメージセンサーの1ピクセル以内に
手ブレを補正出来る精度を持ったシステムが存在するとは思えないので、Art ラインでは補正する事によって描
写力が低下する可能性があるものを敢えて光学系の中に組み込む必要は無いと言うのが私の意見である。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art で浅草 2016/11/20

【本日2本目の記事】

SIGMA sd Quattro と SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art と SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art を持って、浅草へ
出掛けた。目的は 85mm でのスナップである。18-35mm は我が家の記念写真用である。

今更だけど、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art は、呆れるほど凄いレンズである。とくとご覧頂く。




『でっかい提灯』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.8 1/640Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『仲見世、ピンポイント』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.8 1/1250Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『スカイツリーの詳細』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『東京水辺ライン・こすもす号』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『秋の隅田公園にて』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/60Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『東武鉄道・りょうもう号』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/640Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『東京水辺ライン・さくら号』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『シラサギ』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.5 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『ご機嫌なユー君』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

ユー君は良く動く。機嫌が良いとさらに良く動く。このショットはピントがイマイチだけど A3 サイズ以下のプ
リントであれば許容範囲なのでお許しを頂く。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art で我が家のニャンコ達 2016/11/20

『きなこ 33』 SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/13Sec. ISO100 EV+0.3 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『きなこ 34』 SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/13Sec. ISO100 EV+0.3 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『シナモン 27』 SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/80Sec. ISO100 EV+0.3 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『シナモン 28』 SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.5 1/50Sec. ISO100 EV+0.3 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『ショコラ 172』 SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV+0.3 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『ショコラ 173』 SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/250Sec. ISO100 EV+0.3 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 連写した他のショットと比較しつつ、手ブレがほとんど無いと思われるものを掲載しているのと、あまり柔らかめの現像はしていない(シャープネス -0.5、ディテール 0.33、輝度ノイズ 0.75)ので、85mm の描写力はしっかりご理解頂けると思う。が、「きなこ」の写真は少し甘い感じ。ボケ味をチェックして頂きたい。 今日はヨメさんのパートがシフト休みなので、午後からは家族総出で浅草に出掛ける。隅田川公園かスカイツリー、あるいは現存する日本最古の地下街あたりを撮って来よう。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art でユー君 2016/11/19

チャーミングな女性を撮るとヨメさんに怒られるので、ユー君を撮った。85mm は昔からポートレートレンズと
呼ばれているが、APS-C サイズではフルサイズ換算で 127mm になる。チョット長すぎるが、アップには最適か
も知れない。

普段、私は大口径レンズを絞り開放で使う事は決してしない。F1.4 のレンズであれば、1~2段は絞って使う
様にしている。これは描写力がより高くなり、被写界深度も若干深くなるからである。私が大きなボケにあま
り魅力を感じていないからだろう。

前景や背景が大きくボケている写真はそれなりの魅力があることは確かだけど、人間の目に普段見えていない
ものが見えることの不自然さが私の感性に引っかかるようだ。

屁理屈はこっちに置いておいて、ともかく今日はその私の感性(通常の撮影方法)を無視して、全て絞り開放で
撮影してみた。f:1.4 でアップとなるとまつげの先端にピントを合わせると、まぶたがボケる。また、瞳の反射
にピントが合っていると、まつげがボケる。ディスプレイ上に1:1で表示すると、被写界深度はとんでもなく
薄い。



『涙のあと』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.4 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート




『物思い』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.4 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート




『あっちのが面白そう』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.4 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート
人工光源下の撮影だったため、Tシャツの赤が黄色くなってしまった。Phothosp で色味をレタッチ。


白状すると、私はこの様な作例がレンズの良否を判断するのに役に立つとは思っていない。理由は3つある。一
つは、85mm の手持ち撮影でこの距離、このシャッター速度なら必ず手ブレが発生しているはずであること。もう
一つは、この様な写真からこのレンズより良く写る、あるいは良く写らないレンズがあるのかどうかを判断する
手立ては全く無いと思うこと。最後はポートレートなので SPP で可能な限り柔らかく現像しているからである。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art のボケ 2016/11/18

今日は会社その1へ出社。SIGMA sd Quattro に SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art を着けて虎ノ門の街路樹を撮影。



SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8

6m程先にあった街路樹なのだけど、ピントを外したら、木漏れ日が丸くボケたので、そのままボケ具合を見る
ために撮影距離と絞りを変えながら撮影。ボケ具合を見たいだけなので、大きい画像はサイズを半分にしてある。

撮影距離1m



f:1.4




f:2.0




f:2.8




f:4.0


撮影距離2m



f:1.4




f:2.0




f:2.8




f:4.0




『ヤングレディ』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/80Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

明日はユー君を撮る予定。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art 2016/11/17

早速テスト撮影を行った。日が陰らないと f:1.4 では露出オーバーになってしまうため、晴天での撮影は不可
能。わずかに薄曇りの状態になるのを待って撮影した。

手持ちのレンズの中で最も解像度が高い SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM と撮り比べている。カメラは sd
Quattro。絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景。

解像感に影響する現像時のパラメータはコントラスト +0.5、シャープネス -1.0、倍率色収差補正:レンズプロ
ファイル、輝度ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5、ディテール 0.5 である。




SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.4 (8,778,159 Byte)

絞り開放では旧タイプと同じくわずかなフレアが出る。中心部の解像度は非常に高いが、周辺部には若干の甘さ
がある。が、F1.4 である事を考慮すれば、非常に良い描写であると言える。




SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 (9,162,413 Byte)

f:2.0 でもごくわずかなフレアが残っているが、実用上は全く問題がないレベル。立派である。50-150mm は
F2.8 なので、f:1.4 と f:2.0 では比較のしようが無い。以下、f:2.8 からは 85mm と 50-150mm のテスト
撮影を並べる。




SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 (9,464,316 Byte)



SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:2.8 (9,387,639 Byte)

どちらも非常に良い描写であるが、やはり 85mm のが少し良いようだ。




SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 (9,765,870 Byte)



SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:4.0 (9,602,739 Byte)

ほぼ、完璧。85mm のが少し良い。




SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 (9,691,172 Byte)



SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:5.6 (9,923,498 Byte)

どちらも、完璧。




SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:8.0 (9,260,552 Byte)



SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:8.0 (9,556,633 Byte)

回折の影響が現れてくるので、f:5.6 より少しだけ甘い。




SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:11.0 (8,752,390 Byte)



SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:11.0 (8,875,428 Byte)

回折の影響がはっきり判る。1ピクセルで表現されているものは皆無である。


SIGMA 85mm F1.4 は予想に違わず、非常に良い描写をする。欠点と言えば大きさと重さであるが、その大きさと
重さがこれだけの描写には必要なのだろう。




『SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art on SIGMA sd Quattro』
SIGMA dp3 Quattro @f7.1 1/8Sec. ISO100 EV+0.3
Photoshop にて被写体のホコリ、ノイズ等をレタッチ。

頼まれ仕事がいっぱいで多忙。 2016/11/16

タイトルの通り。

明日は SIGMA 85mm F1.4 DG HSM のテスト撮影を強行する予定。

まだ寝られないけど、おやすみなさい。

所用で鎌倉。 2016/11/12

頼まれた用事で、今日は鎌倉まで出掛けた。始まる前に写真を撮ってから会場に向かおうと思い、かなり早めに
家を出た。が、市川駅でアナウンス。「保土ヶ谷駅で人身事故のため、横須賀線は東京駅以降の運転を見合わせ
ております。」げ・・・。

運転再開の予定が早かったので、頼まれ事には間に合うと思い、東京駅まで行って、京浜東北線に乗り換えて品
川へ出て、動き出した横須賀線に乗り換え。しかし、前に電車がつかえているとのことで、超ノロノロ運転の上、
各駅で2~3分の停車。結局鎌倉に着いたのは、ギリギリのタイミング。幸いにして大慌てで会場に向かわなけ
ればならないほどの遅れではなかった。

頼まれ仕事は無事に終了。早めに終わったのだけど、朝のこともあってチョット疲れた。

鎌倉の紅葉はまだほとんど色づいてなくて、撮った写真もイマイチばかり。恥ずかしながらの一枚。



『円覚寺の踏切にて』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.5 1/200Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


明日は高校写真部OB会で、現在写真展をやっている会場に集合。亀戸餃子の日である。

maroのウェブサイト、引っ越し完了。 2016/11/10

@Nifty がユーザーに無料で提供していた @homepage を終了し、代替として @nifty ホームページサービスミニ
が提供された。そのため私が設置していた「maroのウェブサイト」の URL が否応なしに変更になった。

以前の URL でアクセスして頂くと新しいページに飛ばされるようになってはいるけど、永遠にそうなっているわ
けでは無いので、以前の URL でブックマークして頂いておられる方は新しい URL( http://for-your-eyes-only.
image.coocan.jp/ ) に変更して頂けるようお願いする。

このブログの中でも古い URL でリンクしてあったのが 40 箇所ほどあったけど、全て書き換えたので、ご安心
願いたい。ウェブサイトの中の記事に付いては、まだ全てをチェックし切れていないが、おそらく大丈夫だろう。


ウェブサイトの更新を長いことサボっているのだけど、近い将来、せめてレンズテストだけでも更新したいと
思っている。

秋の色 その2 2016/11/09

アイドル Geekers と言う「ギーク見習いアイドル女子と、まじギークなゲストたちが毎回、パソコンやスマホ
、ガジェット、カメラ、オーディオ機器などについて試してイジって語りつくす、新型ストリーミング配信番組!」
【超高解像度8K】ハイエンド映像製作にモノ申す! シグマの山木社長が登場!を配信。

シグマユーザーにはお馴染みのローランド桐島氏が中心になってシグマのレンズやビデオカメラ、シネレンズに
ついて語り尽くす非常に長時間の番組である。興味のある方はご覧頂きたい。


で、一昨日に引き続きドウダンツツジをもう少し近くで撮ってみた。



『秋深まる その4』
SIGMA dp3 Quattro @f:5.0 1/100Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『秋深まる その5』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/100Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

秋の色 2016/11/06

SIGMA のショートムービーに感動。ただ、私が短い期間だったけど使った事があるレチナ IIa はとんでもなく良く
写るカメラだったし、当時(1951年発売)としては蛇腹式折りたたみカメラであるにもかかわらず、距離計連
動式ファインダーを持ち、セルフコッキングが可能と言うとんでもなく複雑な機構を持ち、先進的なレバー式
フィルム巻き上げ機能を備えたカメラだった事も知っておいて欲しい。


駅に続く道に植えられているドウダンツツジがこの季節になると赤く色づく。



『秋深まる その1』
SIGMA dp2 Quattro @f:7.1 1/160Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『秋深まる その2』
SIGMA dp2 Quattro @f:7.1 1/125Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『秋深まる その3』
SIGMA dp2 Quattro @f:7.1 1/30Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

CATS 2016/11/05

3匹がまとまって日向ぼっこするのは珍しい。明るかったので、自然光。マニュアル露出になっていたけど、適
正だったので、そのまま撮影。



『まったり』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/60Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

ショコラとシナモンが見つめているのは私の足。




『なめなめ、気持ちいい』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/60Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

ショコラはこうしてシナモンを可愛がることが多い。




『顔面猫パ~~~ンチ』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/60Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

が、シナモンはお転婆で、すぐショコラにちょっかいを出す。ショコラは良くそれに耐えている。「きなこ」は
我関せず。

今日はショコラとシナモン。 2016/11/03



『昼寝』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.0 1/60Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

今日はショコラ。 2016/10/31

【本日2本目の記事】



『中年の魅力』(推定5歳)
SIGMA SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.5 1/100Sec. ISO125 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード




『ご飯まだ?』
SIGMA SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.2 1/100Sec. ISO125 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


ついでにシナモン。



『でかいレンズ』
SIGMA SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:3.2 1/100Sec. ISO125 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

SIGMA sd Quattro も「金賞」 2016/10/31

既にご存じの方も多いかも知れないが、一昨年の SIGMA dp Quattro に続き、sd Quattro もグッドデザイン金賞
を受賞した。ベスト 100 に選ばれた時に「金賞は逃した」と書いたけど、私の見識不足で、金賞はベスト 100
が選ばれた後、再度の審査で選ばれる事を知らなかった。

https://www.g-mark.org/award/describe/43776

いずれにしても、めでたい。岩崎一郎氏のデザインセンスに惚れ込んだ山木社長の眼力もさることながら、岩崎
氏の実力を賞賛したい。

今日は「きなこ」。 2016/10/30



『今日のきなこ』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.5 1/100Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

たまにはシナモン。 2016/10/29

【本日2本目の記事】

我が家へ来てから4ヶ月。シナモンはとても大きくなった。明日はワクチンの注射を打ちに行く。



『ナデナデが好き』
SIGMA sd Quattro + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/30Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード




『呼んだ?』
SIGMA sd Quattro + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/125Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード




『チョット一休み』
SIGMA sd Quattro + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/30Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM の写し比べ。 その4 2016/10/29

SONY α6000 で SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG HSM の写し比べをやってみた。全てカメラ内 JPEG、サイズ最大
(6000x4000 pixel)、画質はファイン、クリエイティブスタイル(カラーモード)はスタンダード。絞り優先AE、
AF である。シグマ製カメラで撮影したモノはコントラストを上げて現像したが、今回のモノは画像に一切手を
加えていない。



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:5.0 (10,918,730 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:5.0 (10,627,109 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:5.6 (11,063,164 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:5.6 (10,830,099 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:8.0 (11,093,489 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:8.0 (11,388,985 Byte)

 



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:5.6 (9,515,626 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @300mm f:5.6 (9,805,589 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:8.0 (9,975,440 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @300mm f:8.0 (10,460,707 Byte)

 



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @600mm f:6.3 (8,214,913 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @600mm f:6.3 (8,916,205 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @600mm f:8.0 (8,516,563 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @600mm f:8.0 (9,144,719 Byte)

150mm では Contempolary のが良いが、300mm と 600mm では Sports のがわずかではあるが良い描写となって
いる。シグマ製のデジタルカメラで撮影した時とは結果が異なる。α6000 は三脚に乗せて撮影した場合には全
くブレないので、それが描写力の差になった可能性がある。センサー上の1ピクセルはわずか5ミクロン。カメ
ラから発生するごくわずかなショックが望遠レンズの先端を 1/1000 mm でも動かしたら、数ピクセル分のブレ
が発生するのは確かだろう。

超望遠レンズでのブレ。 2016/10/28

【本日2本目の記事】

前の記事の中に続けて書いたのだけど、あまりにも内容が異なるので、別記事とした。


実は私はこの一週間悩み続けていた。何を悩み続けていたかというと 150-600mm の描写力、特に 600mm での描
写力に今ひとつ納得が行かず、密かにブレのテストを繰り返していた。


10月20日に月を写した後、いつものブレテストを行った。



『SIGMA sd Quattro with SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary』

上の状態で撮影。三脚は Manfrotto MT057C3-G、雲台は Manfrotto 468MGRC4、さらにマンフロットの望遠レン
ズサポート 293 を使っている。良く見て頂ければお判りの通り、望遠レンズサポートの先端をベランダの手摺
りの最上部に押しつけている。

いつものように絞り f:8.0 シャッター速度1秒。カメラのブレが良く判るように左右のみを 25% に圧縮。つま
り縦の揺れは4倍に強調される。



SIGMA sd Quattro + 150-600mm F5-6.3 @600mm f:8.0 1Sec.

ブレブレである。

この後、3日間に渡ってイロイロと試した。まず望遠レンズサポートの先端をベランダの手摺りに押しつけたこ
とは、大間違い。脚に荷重が掛からなくなり、却ってブレる事が判った。脚は伸ばさないほど吉。エレベーター
は多少であれば、伸ばしても問題は無い。石突きはスパイクのが良い。他の雲台(405,141)では余計にブレる。



SIGMA sd Quattro + 150-600mm F5-6.3 @600mm f:8.0 1/4Sec.

シャッター速度が異なるので、比較しずらいのはご勘弁。左右を 25% に圧縮してあるのは一緒。しかし、これで
も、ごくわずかではあるが、ブレている。


かなり丈夫な三脚と雲台を使っても、カメラボディ自体に振動の発生源があるとそれによって発生するブレを抑
えるのは容易ではない。特に通常の(ミラーがある)一眼レフの場合、ミラーがカメラボディ上部に跳ね上げら
れて停止する時のショックは縦走りフォーカルプレーンシャッターによって引き起こされるショックとは比べも
のにならないほど大きい。なので、望遠レンズを使った撮影では、必ずミラーアップをしなければならない。以
降、SD1 に付いてはミラーアップしていることを前提に記述する。もちろんシャッターを切る時にケーブルレリー
ズかリモートコントロールを使ってシャッターを切らなければならない。

SIGMA sd Quattro と SIGMA SD1 には縦走りフォーカルプレーンシャッターが使われている。縦走りフォーカル
プレーンシャッターは作動時に(カメラを水平に構えた場合は)縦方向に振動を発生する。正確には、先幕がカ
メラボディ上部に格納されて停止する時にごくわずかではあるがカメラボディを上に持ち上げ、レンズを含めた
カメラ全体の重心はフォーカルプレーンシャッターより前(レンズ寄り)にあるため、反動でレンズがごくわず
かではあるが下に下がる。その回転モーメントが画像を上下に揺らす。これが縦走りフォーカルプレーンシャッ
ターによって引き起こされる三脚上でのカメラブレである。

振動を発生させる力の強弱、三脚及び雲台の強度(剛性)、レンズとカメラボディのバランス、接合部の強度な
ど様々な条件の違いでその振動の現れ方(画像に及ぼす影響)は異なる。

つまり、例えミラーレス一眼レフであっても、条件が整えば簡単にブレるのである。ブレ易い条件を一つずつ列
挙する。

1.縦走りフォーカルプレーンシャッターの先幕がカメラボディ上部に格納される時に発生するパワーが大きい
ほどブレる。

2.全体がしっかりバランスを取って三脚上に設置されていて、重心点のみで雲台に接合されている場合は簡単
にブレる。(三脚座の使用による天秤ブレ)

3.三脚が振動しやすい状態で設置されているとさらにブレる。具体的には、完全に脚を開ききっていない状態
で設置されている場合、不安定な場所に設置されている場合、脚が長く繰り出されている場合、軟着地している
ような場合。

4.望遠レンズの焦点距離が長いほどそのブレが拡大される。


今回、散々苦労してフト思い出した。4年も前の話で申し訳ないけど NIKON D800E にAF-S NIKKOR 70-200mm
f/2.8G ED VR II を着けて同じテストを行ったのだけど、NIKON D800E でも同じで、単にミラーアップして望遠
レンズサポートで縛り付ける程度ではブレを止める事が出来なかった。



今回と同じ様に三脚の脚を伸ばさず、スパイク石突きで撮影すべきだったと反省している。

そして、NIKON から2年後に発売された D810 には電子先幕シャッターが搭載された。実は、これが三脚上での
ブレを防ぐ特効薬である。

昨夜、SIGMA のマウントコンバーター MC-11 のファームウェアをアップデートした後で SONY α6000 に SIGMA
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary を着けて、三脚も携帯用の Manfrotto 441、雲台もカメラを固定
する事ではハイドロスタットボール雲台である 468MGRC4 よりは若干性能が劣るギア雲台 405 を乗せて、
脚座を使い
普通に撮影した結果をお目に掛ける。



α6000 の電子先幕シャッターを「入」にして撮影。全くブレていない。朝になって、昨夜の撮影を再現。



『SONY α6000 with SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary』
by SIGMA dp1 Quattro

α6000 用のリモコンは持っていないので、USB ケーブルを使ってパソコンのリモートコントロールソフトウェ
アからシャッターを切っている。後の下に写っているのが普段テスト撮影に使っている三脚である。

センサーが全く異なるので、FOVEON でも電子先幕方式を採用することが可能かどうかは判らない。しかし、可
能であるのなら、是非とも採用して欲しいものである。そしたら、三脚座を使う事に文句を付けなくて済む。





SONT α6000 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @600mm f:9.0
Photoshop でコントラストを上げた

SIGMA sd Quattro の AF が改善された。 2016/10/28

なぜかシグマからは正式なアナウンスが無い。が、本日 SIGMA sd Quattro のファームウェアをアップデートした後で MACRO 70mm F2.8 EX DG を着けて、AF の動作をチェックしたら、Ver.1.02 よりさらに良くなっていた。 SIGMA sd Quattro が発売された当初は MACRO 70mm F2.8 を着けると AF が全く役に立たなかった。どうやっても合焦しなかったのである。Ver.1.02 でほんの少し良くなった。良くなったと書くと誤解を受けるので、正しく書いておくと、「全くピントが合っていないと言う程ではなくなった。」と表現しておこう。 しかし、今回のアップデートで「A4 サイズ程度であればボケているのが判らないかも知れない程度には合うようになった」と言う事である。あと一息。発売直後に聞いた話では、マクロレンズではフォーカシング用モーターのピッチが粗すぎて速くピントが移動するために、適切な位置でピントリングを停止させることが出来ないとのことだったけど、シグマはあきらめずに頑張っている。 残念ながらディスプレイ上に1:1で表示させてもピッタリピントが合っているというレベルではないが、とんでもないピンぼけで写ると言うことは無くなった。シグマに感謝。

イロイロなファームウェアのアップデートが公開された 2016/10/27

本日、シグマから SIGMA sd Quattro、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports 及び | Contemporary、
SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 の各ファームウェアのアップデートが公開された。アナウンスはされていないけ
ど、SPP 6.4.1 用のレンズデータもアップデートされて、12-24mm、500mm F4、85mm F1.4 が追加された。新し
いレンズを購入予定の方は SPP のレンズアップデートを行っておく事をお勧めする。

拙作の SIGMA Exif Reader も新レンズに対応したので、お使い頂いている方はこのブログのトップページ右上
にある [SIGMA Exif Reader] ボタンをクリックして開く、ダウンロードページからダウンロードして頂ければ
幸いである。

たまたま現在テスト中のレンズのファームウェアがアップデートされたけど、それによって合焦精度が上がった
り、合焦する速度が速くなることはあっても描写力が上がるとは思えないので、テスト撮影を再度行う予定は無い。

が、実は思うところがあって 150-600mm F5-6.3 を MC-11 を介して SONY α6000 で撮影を行う予定だったのだ
けど、本日の天気が良すぎて出来なかった。幸い MC-11 の合焦精度に関するアップデートなので、アップデー
ト後にテスト撮影を行う。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM の写し比べ。 その3 2016/10/26

超望遠域でのブレは半端ではない。普通の撮影では絶対に使えない方法でカメラやレンズを保持してもあまり意
味が無いので、何とか三脚と望遠レンズサポートだけでブレを抑える事を考えた。最終的には、三脚の2段目と
3段目を使わない、つまり三脚を全く伸ばさないことで何とかブレを抑えることが出来た。

撮影したのは昨日。カメラは SIGMA SD1。撮影時と現像時の設定は全て「絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:
オート、カラーモード:スタンダード」。描写力に関わる現像時パラメータは全てコントラスト +1.0、シャープ
ネス -1.0、色ノイズリダクション 0.50、輝度ノイズリダクション 0.5、倍率色収差補正レンズプロファイル 1.0
で統一してある。

SPP での現像時に焦点距離が同じで、絞り値が同じ物は異なるレンズで写していても、明るさと色調がほぼ同じ
になるように露出とカラー調整で合わせた。

撮影したのは 150mm、300mm、600mm の各焦点距離である。

まずは 150mm から



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:5.0 (6,419,911 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:5.0 (6,021,355 Byte)


ピントは画面の中央で合わせてある。どちらも良い描写であるが、やはり Contemporary のが解像している。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:5.6 (6,605,462 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:5.6 (6,091,483 Byte)


f:5.0 とほとんど変わらない。全体に描写が良くなっている。全く問題無し。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:8.0 (6,413,449 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:8.0 (6,367,330 Byte)


f:8.0 になると回折の影響で全てのレンズの描写がごくわずかではあるが画面全体に渡って甘くなる。そのせい
と被写界深度が深くなっていることもあって、ほとんど差の無い描写となっている。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:5.6 (5,888,384 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @300mm f:5.6 (5,671,399 Byte)


ピントは画面のほぼ中央で合わせてある。ほとんど差は無いが Contemporary のが少し良い様な感じ。どちらも
絞り開放とは思えない描写である事は確か。陽炎の影響が出ている。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:8.0 (7,989,381 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @300mm f:8.0 (8,272,548 Byte)


ほとんど差は無い。が Sports の描写が f:5.6 より良い。被写界深度が深くなるせいがあるのだけど、画素ピッ
チが5ミクロンしかないデジタルイメージセンサーにおいて f:8.0 の描写が f:5.6 より良くなると言うのは、
絞り効きのするレンズ=収差が多いレンズと言うことになる。フィルムの時代ではこれほどまでに写真を拡大し
て鑑賞する事は無かったし、「画素」が無かったので、絞り値 f:8.0 で回折によるボケが起きることが認識され
ることはなかった。


600mmm



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @600mm f:6.3 (4,582,677 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @600mm f:6.3 (4,438,056 Byte)


ピントは画面のほぼ中央やや上、マンションの壁で合わせている。sd Quattro で撮影した時と同じで Spors の
が少し大きく写っている。ほとんど差は無いが周辺部の描写に関しては Contemporary のがほんの少し良いが、
倍率色収差は Sports のが少ない。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @600mm f:8.0 (4,498,881 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @600mm f:8.0 (4,492,600 Byte)

f:8.0 だとほとんど同じ。実用的には全く問題ないが、今ひとつ良い描写をして欲しいものだ。SD1 だと sd
Quattro では全く気にならなかった中心部と周辺部の色被りが気になる。普通は周辺部にグリーンが被って来る
のだけど、600mm では周辺部にマゼンタが乗って来ている。周辺部色被りの補正過多が原因か?

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM の写し比べ。 その2 2016/10/22

【本日2本目の記事】

先ほどの続き。で、300mmm



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:5.6 (7,799,741 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @300mm f:5.6 (8,121,409 Byte)


ピントは画面のほぼ中央で合わせてある。ほとんど差は無いが Contemporary のが少し良い様な感じ。どちらも絞り開放とは思えない描写である事は確か。





SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @300mm f:8.0 (7,989,381 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @300mm f:8.0 (8,272,548 Byte)


ほとんど差は無いが f:8.0 だと Sports のが明らかに良い描写をしている。ピント位置の差かも知れない。


600mmm



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @600mm f:6.3 (6,322,385 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @600mm f:6.3 (6,510,151 Byte)


ピントは画面のほぼ中央やや上、マンションの壁で合わせている。実焦点距離は Spors のが若干長いようで、
少し大きく写っている。ほとんど差は無いが周辺部の描写に関しては Contemporary のがほんの少し良い様だ。
どちらも絞り開放なので、今ひとつの感がある。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @600mm f:8.0 (6,388,937 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @600mm f:8.0 (6,492,967 Byte)

f:8.0 でも Contemporary のがごくわずかではあるが良い様だ。非常に良い描写と言うには今ひとつだけど、
600mm と言う焦点距離を考慮すれば、悪くはない。もちろん、実用的には問題ない。


どちらのレンズも一昔前のモノとは比較にならないほど素晴らしい描写をすることは確かだ。が、Art シリー
ズの描写力を知っているユーザーから見ると、あと一歩 Art の領域に近づいて欲しいと感じるだろう。FOVEON
センサーもそうだけど、良いモノを作ってしまったことでその良さがメーカーの次のハードルを高くしてしまう。

素晴らしいと賞賛を送りつつ、もっと頑張ってと応援してしまう私がいる。

で、今日の撮影風景。



『SIGMA sd Quattro with SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports』
by SIGMA dp2 Quattro

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM の写し比べ。 2016/10/22

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports と | Contemporary のテスト撮影。150mm では SIGMA APO 50-150mm
F2.8 EX DC OS HSM も同じ被写体を写してみた。

本日は朝から曇天。途中、ほんの少し薄日が差し掛けたけど、晴れることはなかった。晴れてしまうと陽炎で超
望遠の描写がヘロヘロになるので、チョット心配だった。ただ、撮影にかなり時間が掛かったため、 Contemporary
に多少有利に働いた可能性がある。

今日のカメラは SIGMA sd Quattro。撮影時と現像時の設定は全て「絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オー
ト(色残し)、カラーモード:スタンダード」。描写力に関わる現像時パラメータは全てコントラスト +1.0、
シャープネス -1.0、色ノイズリダクション 0.50、輝度ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.17、倍率色収
差補正レンズプロファイル 1.0 で統一してある。コントラストを +1.0 にしているあるのは、曇天下での超望
遠撮影が理由である。


SPP での現像時に焦点距離が同じで、絞り値が同じ物は異なるレンズで写していても、明るさと色調がほぼ同じ
になるように露出とカラー調整で合わせた。

撮影したのは 150mm、300mm、600mm の各焦点距離である。

まずは 150mm から



SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:5.0 (8,385,114 Byte)




SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:5.0 (8,681,714 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:5.0 (8,315,246 Byte)


ピントは画面の天地は中央、左右やや左で合わせてある。中央部で最も良い描写をしているのは 50-150mm だが、
周辺部の描写が最も良いのは Contemporary、Sports はその中間。どれも、文句を言わなければならないレベル
ではない。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:5.6 (8,491,868 Byte)




SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:5.6 (8,267,882 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:5.6 (8,670,412 Byte)


f:5.0 とほとんど変わらない。全体に描写が良くなっている。全く問題無し。




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary @150mm f:8.0 (8,498,913 Byte)




SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:8.0 (8,495,618 Byte)




SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @150mm f:8.0 (8,333,335 Byte)


f:8.0 になると回折の影響で全てのレンズの描写がごくわずかではあるが画面全体に渡って甘くなる。そのせい
と被写界深度が深くなっていることもあって、ほとんど差の無い描写となっている。

なお、全ての焦点距離 f:11 でも撮影してあるのだけど、全て f:8.0 をさらに甘くした画像になっているので、
敢えてアップはしない。解像度を重視なさる場合は、あまり絞りすぎないことをお勧めする。

続きは後ほど・・・。

150-600mm の写し比べを行う予定。 2016/10/20

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM の2機種 Contemporary と Sports を借りることができた。個人的には
この焦点距離を実際の撮影で使うことはまず無いので、入手していないし、宝くじでも当たらない限り、入手す
る事はないだろう。いつものテスト撮影が納得の行くレベルで完了したら、すぐに返却する。シグマに感謝。

超望遠レンズでの撮影、それも最高の描写力を求めるための撮影はかなり面倒である。が、カメラやレンズの設
定には自宅のベランダから撮影する事もあって、たっぷり時間と手間を掛けられるので問題は無い。先ほどいつ
ものブレのテストを行った。この設定で、600mm でもブレが起きないことを確認。その際の実際のセッティング
をご覧頂く。



『SIGMA sd Quattro with SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary』
by SIGMA dp2 Quattro

明日は仕事があるので、撮影はしない予定。土曜日と日曜日での撮影となる。週末の天気が良すぎないことを祈
ろう。超望遠の場合、晴天では 200mm 以上の焦点距離で遠景を撮影すると「陽炎」による光の乱れが起きる。
それ自体は自然現象なので致し方のないことだけど、撮影された複数の写真の細部を見比べることが目的の場合
は、困った事になる。

上の SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary の写真を撮った後、Sports を着けて、ブレのテスト
をやっていたら、月が出ていた。せっかくの超望遠なので、月を撮ってみた。



『お月様』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports @600mm f:8.0 1/60Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:モノクローム
Photoshop でトリミング

シグマ本社で 12-24mm F4 を試写して来た その5。 2016/10/18

昨日の記事のモノと比較して頂くのは申し訳ないので、昨日アップした 12-24mm の 18mm を再度掲載。理由は
dp1 Quattro との比較を載せ忘れたため。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @18mm f:4.0 (5,364,219 Byte) 【昨日のモノと同じ】




SIGMA dp1 Qauttro @f:4.0 (5,853,795 Byte)

12-24mm での撮影で 19mm で撮る事を忘れていた。18mm と 20mm を比べたら 18mm のが dp1 Quattro の画角に
近かったため、dp1 Quattor との比較は 18mm になっている。申し訳ない。しかし、差がありすぎるので、もし
かすると 12-24mm ではピントが甘かった可能性がある。なぜなら、本来ファイルサイズが低下するはずの f:8.0
が f:5.6 とほぼ同じになっているからだ。これは周辺部の描写が良くないレンズかピントが甘かった時に起きる
事象である。12-24mm は周辺部の描写に関しては非常に良いので、ピントが甘かった可能性が高い。レンズテスト
は MF で撮影する事が多いのだけど、今回は時間的な制約があったのと sd Quattro に装着した際の AF の精度を
見る目的もあったため、全て AF で撮影している。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @18mm f:5.6 (5,725427 Byte)




SIGMA dp1 Qauttro @f:5.6 (5,967,079 Byte)


どちらも非常に良い描写であるが、dp1 Quattro のが少し良い。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @18mm f:8.0 (5,733,070 Byte)




SIGMA dp1 Qauttro @f:8.0 (5,696,313 Byte)

重箱の隅を突っつけば、解像に関しては dp1 Quattro が少し良くて、倍率色収差では 12-24mm に軍配が上がる。
が、どちらも非常に良い描写であることは確かだ。





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @20mm f:4.0 (5,303,350 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @20mm f:4.0 (6,007,944 Byte)

焦点距離 18mm と同じで、描写に差がありすぎる。12-24mm で AF が今ひとつ正確に働いていないのかも知れな
い。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @20mm f:5.6 (5,446,818 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @20mm f:5.6 (6,136,124 Byte)

やはり 18-35mm のが明らかに良い描写をしている。比較的近くの被写体だと 12-24mm の描写はより甘くなって
いるので、12-24mm が後ピンになっている可能性がある。AF での合焦精度もレンズの性能のウチと考えるのであ
れば、12-24mm は 18-35mm より甘いと断定できるが、今ひとつ釈然としない。自宅でのテストまで、結論はお預
けにしておこう。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @20mm f:8.0 (5,599,630 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @20mm f:8.0 (5,948,827 Byte)

どちらも大変に良い描写である。が、f:8.0 で比較しても、18-35mm のが若干良い描写をしている。12-24mm の
がわずかではあるが倍率色収差の出方が少ない。





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @24mm f:4.0 (5,103,414 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @24mm f:4.0 (5,911,631 Byte)





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @24mm f:5.6 (5,334,099 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @24mm f:5.6 (6,179,451 Byte)





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @24mm f:8.0 (5,412,658 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @24mm f:8.0 (6,054,298 Byte)

焦点距離 24mm でも 18mm や 20mm と傾向は同じだが、18-35mm ほどの描写は見られない。


で、おまけ。



『SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports』
SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @24mm f:5.6

この状態で撮影したら、天秤ブレを起こす可能性が非常に高い。ボディの下を何らかの方法で支える必要がある。

シグマ本社で 12-24mm F4 を試写して来た その4。 2016/10/17



SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @18mm f:4.0 (5,364,219 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @18mm f:4.0 (5,972,592 Byte)

予想はしていたのだけど、これほどの差が出たのは意外だった。12-24mm は絞り開放なので、致し方のないとこ
ろではある。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @18mm f:5.6 (5,725427 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @18mm f:5.6 (6,018,194 Byte)

f:5.6 となると描写力は拮抗する。周辺部においては 12-24mm の方が倍率色収差が少ない分スッキリとした描
写になっている。が、中心部の解像度は 18-35mm のが高い。どちらも非常に良い描写である。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @18mm f:8.0 (5,733,070 Byte)




SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @18mm f:8.0 (5,843,763 Byte)

やはり f:8.0 となると回折の影響で、全体的にごくわずかではあるが解像度は低下している。しかし、周辺部
の描写は収差の出方が少なくなるために多少良くなる。両方のレンズの描写力は拮抗しているが、周辺部におい
ては 12-24mm の方が倍率色収差が少ないのは f:5.6 と同様。やはり、中心部は 18-35mm のが良い描写をして
いる。18-35mm の倍率色収差はレンズプロファイルで補正しているが、マニュアルで補正する事とより目立たな
くなる。その場合には 12-24mm より良い描写となるであろう。

眠い。誠に申し訳ないけど、本日はこれまで。

シグマ本社で 12-24mm F4 を試写して来た その3。 2016/10/16

【本日2本目の記事】

やり始めたら止まらなくなったので、アップしておく。(^^;

シグマ本社の正面玄関を 12mm、16mm、24mm で撮影して見た。いずれも、手持ちの撮影なので、描写力を判断す
る材料としては適切ではない。単にディストーション(歪曲収差)のみを見て欲しい。一般的にズームレンズは
広角端でタル型、望遠端で糸巻き型と相場が決まっていたが、必ずしもそうとは言えなくなって来ている。おそ
らく非球面レンズの使い方がこなれてきたからであろう。

しっかり玄関に対して正対しているわけではなく、カメラの水平、垂直も今ひとつ正確に出してはいないが、判
り易いように周囲に赤い線を引いておいたので、参考にして欲しい。直線に対して、被写体が曲線を描いていた
ら、それが歪曲収差である。水平、垂直が出ていない場合にはパースペクティブによって本来平行であるべきモ
ノが台形型に写ってしまうことがあるが、それを歪曲収差とは言わないので、ご注意。



SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @12mm f:4.5




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @16mm f:4.5

カメラが少し下を向いて、ごくわずか右に傾いている。反省。



SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @24mm f:4.5


ご覧頂いてお判りの通り、一言で言って、ゼロディストーションと言われても納得してしまうレベル。方眼紙の
複写でも行わない限り、歪曲が問題となる事はないだろう。ご立派。

シグマ本社で 12-24mm F4 を試写して来た その2。 2016/10/16

昨日の続き。描写力に関わる現像時パラメータは全てシャープネス -1.0、色ノイズリダクション 0.50、輝度ノ
イズリダクション 0.75、ディテール 0.17、倍率色収差補正レンズプロファイル 1.0 で統一してある。撮影時
と現像時の設定も全て「絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード」
で統一。SPP での現像時に露出と色調を 12-24mm に合わせてある。

のんびり撮影していられる状況ではなかったため、フレーミングがピッタリ同一ではないのはご容赦。カメラは
SIGMA sd Quattro。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @12mm f:5.6 (5,823,968 Byte)




SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:5.6 (5,068,356 Byte)

12-24mm のが明らかに良い描写をしている。




SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @12mm f:8.0 (5,723,475 Byte)




SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:8.0 (5,222,075 Byte)

f:8.0 に絞っても、8-16mm の周辺部はイマイチ。12-24mm の良さが判る。

SIGMA sd Quattro での f:8.0 はディスプレイ上に1:1で表示して比較すると、回折によるごくわずかな甘さ
が判別出来るギリギリの絞り値。同じカメラ同じレンズで同じ被写体を絞り値を f:5.6 と f:8.0 で撮影した場
合、良いレンズであれば JPEG のファイルサイズが f:5.6 より小さくなるのが普通。大きくなっている場合はピ
ントが甘かったか、周辺部の描写が絞る事によって良くなったかのどちらかである。





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @14mm f:4.0 (5,424,484 Byte)




SIGMA dp0 Quattro @f:4.0 (5,568,035 Byte)

やはり dp0 Quattro ほどの描写力は持っていない。ズームレンズの絞り開放なので致し方のないところか・・・。





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @14mm f:5.6 (5,726,950 Byte)




SIGMA dp0 Quattro @f:5.6 (5,921,024 Byte)

どちらも非常に良い描写。dp0 Quattro のが少し良い。が、12-24mm では倍率色収差の補正がなされていないこ
とを考慮すると、凄いレンズだと思う。




SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @14mm f:5.6 (5,198,219 Byte)

中心部の描写はかなり良いのだけど、周辺部を見てしまうと 12-24mm や dp0 Quattro には負けてしまう。倍率
色収差を丁寧に補正すれば、A2 サイズまでのプリントでなら、問題はないだろう。





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @14mm f:8.0 (5,673,252 Byte)




SIGMA dp0 Quattro @f:8.0 (5,820,062 Byte)

どちらも非常に良い描写。ほとんど差が無い。ごくわずかな回折の影響はあるが、周辺部の描写は f:8.0 のが
良い感じ。




SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @14mm f:8.0 (5,414,086 Byte)

上の二枚と見比べてしまうと、周辺部の描写に差がある事が判る。が、実用的には問題はないレベルと言える。





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @16mm f:5.6 (5,801,988 Byte)




SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:5.6 (5,176,713 Byte)

中心部だけを見ているとさほど変わらない印象であるが、周辺部では 8-16mm の甘さが目立つ。とんでもなく良
いレンズである。





SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @16mm f:8.0 (5,744,599 Byte)




SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:8.0 (5,395,259 Byte)

8-16mm はかなり良いレンズだと思うけど、12-24mm はその上を行っている。伊達に大きくて、重くて、高いわ
けではない。


本日は多忙に付き、これまで。続きは(多分)明日。

シグマ本社で 12-24mm F4 を試写して来た。 2016/10/15

涼しいけど、三脚やらカメラやらを持って 20 分も歩くとうっすらと汗ばむ気温。空は雲一つ無いドピーカン。シグマ本社の駐車場から見える景色はイマイチ。おまけに完全な逆光。遠くにある金属製の屋根からの反射や駐車している車等に写る太陽が眩しい。 レンズがどれほど逆光に強いかのテストを行うには絶好のコンディションかも知れないが、解像度などを見る為のテストとしてはチョット不適切。しかし、わずか 30 分の間に 8-16mm や 18-35mm、dp0 Quattro、dp1 Quattro との比較撮影を行う為には、被写体を選んではいられない。 このレンズは入手する予定だから、今月の末にでもじっくりテストすれば良いので、今回のは「速報版」と言う事でお許しを願う。 撮影は 12mm から 24mm まで、ズームリングの焦点距離目盛で 2mm 間隔。絞りは f:4.0、f:5.6、f:8.0 で撮影。8-16mm では 12,14,16mm、18-35mm では 18,20,24mm で撮影。絞り値は同じく f:4.0、f:5.6、f:8.0。焦点距離で6種類、絞り値で3種類。レンズが2種類。計 34 枚の比較写真が撮影できた。おっと、dp0 Quattr と dp1 Quattro でも撮っているので、合計 40 枚。 それを全てお目に掛ける必要があるかどうか、少し悩んでいる。が、2~3日掛かりで公開させて頂く。現像は私のデフォルト(彩度 -0.1、シャープネス -1.0、X3FillLight +0.3)で統一。撮影は絞り優先AE で± 0.3 のブラケット。露出補正 0 で現像して、その中で最も良いと思えるモノを選択している。Quattro での撮影なので全て AF。ピントが甘かったらシグマのせいである。(^^; なお、カメラは三脚の上に乗せて、レリーズでシャッターを切っている。が、全体にシャッター速度がかなり速いので、ブレによる影響は無いと思って良いだろう。 帰宅してからは子供達の面倒を見なければならなかったため、一通り現像が終わって、機械的に写真を選択し終わったのがつい今し方。他のレンズと比較のしようがない写真が三枚あるので、今夜はそれだけをアップしておく。 SIGMA sd Quattro + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @12mm f:4.0 1/2000Sec. 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード SIGMA sd Quattro + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @14mm f:4.0 1/2000Sec. 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード SIGMA sd Quattro + SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art @16mm f:4.0 1/2000Sec. 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード これらの焦点距離で f:4.0 の絞り値を持つシグマ製レンズはこの SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art だけである。 あ、dp0 Quattro があった・・・。(^^;

明日はシグマ本社で 12-24mm F4 を試写。 2016/10/14

体調はイマイチだけど、明日はシグマ本社へ出向く。SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art を借りて sd Quattro で
テスト撮影を行うためである。ヨメさんが午後二時から仕事なので、午前中しかいられない。三井公一氏は「午
後から」と Tweet しておられるので、スレ違いになりそう。この前、マンフロットのイベントでお目にかかっ
た時のお礼をしたかったのだけど仕方ない。寿々孝で蕎麦を食べるのもあきらめなくてはならない。

SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art のウリはディストーション(歪曲収差}が少ない事だけど、12-24mm は初代、
二代目ともディストーションに関しては非常に良好に補正されていたので、あまり驚かない。が、それが原因か
どうかはわからないけど、周辺部の描写に倍率色収差を伴う「流れ」が見られた。それを補正するには 24-35mm
F2 で(シグマ製レンズとしては)はじめて採用された SLD ガラスを使った非球面レンズが有効との事。で、
SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art の一番最後のエレメント(G11)にそのレンズが使われている。それによって、
旧タイプに有った周辺部の流れがどの程度改善されているのかが気になる。短時間での撮影になるが 8-16mm や
dp Quattro で同じ風景を撮影をしてみよう。


さて、一昨日の鉄道博物館での写真をアップさせて頂く。



『鉄道博物館 ヒストリーゾーン』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:2.8 1/8Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『鉄道博物館 二階』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:7.1 1/50Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『GALAXY EXPRESS 999』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:2.0 1/10Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『補助輪』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:2.0 1/3Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『C57 の印象』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @22mm f:2.5 1/5Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

シグマ、ウェブサイトのデザインを変更。 2016/10/13

昨日までのモノとは異なり、かなりあっさりとしたトップページとなった。各コンテンツへのリンクは単純で明
快。判り易く使い易いウェブサイトになったと感じた。

で、今日、フォトキナで発表された各レンズの発売日と価格が公表された。

SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art は 10月28日の発売で希望小売価格(税別)は 22万円。ビックカメラでは税込
189,000円。ポイントを差し引くと約 17万円。キャノン 11-24mm F4 の半値以下。

SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports も 10月28日の発売で希望小売価格(税別)は 80万円。ビックカメラでは
税込 691,2000円。ポイントを差し引くと約 62万2千円。ニコンは約 105万円でキヤノンは約 84万円。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art は 11月下旬の発売で希望小売価格(税別)は 16万円。ビックカメラでは税込
138,240円。ポイントを差し引くと約 12万4千円。ツァイスの Otus は約 40万円でニコンは約 19万円。キヤノ
ンは F1.2 だけど約 19万円。

SIGMA の Sports、Art ラインが最良の描写をするレンズの一つである事がアマチュアカメラマンのみならず、
プロの写真家の間でも既成の事実として認識されるようになって来た現在、この価格で売り出されてしまうと、
他社にとってはチョットした脅威となるのではないだろうか。

鉄道博物館へ行って来た。 2016/10/12

先月、ユー君を鉄道博物館へ連れて行ったら喜ばれたので、ヨメさんが私に休みを取らせておいた予定が流れた
のを良い事に、今日、三人で行って来た。



『お母さんのスマホ』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @26mm f:1.8 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

開館を待つ間、ヨメさんのスマホで遊ぶユー君。入場した途端、帰るまでほぼ動きっぱなしだったので、被写体
ブレしていない貴重な写真。

鉄道博物館では機関車などを撮ったけど、それは明日。一日中、ユー君を追いかけ回したため、疲労困憊。

シグマのカメラバッグ その3。 2016/10/11

昨日に引き続き、シグマの小型カメラバッグのお話。



全体がグリーンで、縁が明るいグリーン。薄茶色の合成皮革のタグが中央にあって、写真のモノはロゴが OUR
WORLD SIGMA となっているが、このタイプにはタグに SIGMA と書いてあるだけのモノもある。計2種類。オー
クションで¥500+送料。




真っ黒。他のタイプと異なるのは上蓋に留め金を取り着けるためのベルトが縫い付けてある事。バッグを吊すた
めのベルトの留めも両サイドで終わっていなくて、吊り環から吊り環までバッグの下を通って縫い付けてある。
全体がグリーンのバッグはそれらのベルトが無い。昨日と今日に渡って紹介した小型バッグは全て上蓋が90°ま
でしか開かない事、手で持つための取っ手が付いていない事、一種類を除き、留め金が2つある事等の欠点があ
る。どれを取っても(私には)致命的な欠点なので、お薦めしない。

なお、この全体が黒いバッグには正面から向かって左に名刺を入れるためのカバー付きの窓が付いているモノが
あるので、計2種類。私はそちらも持っている。オークションで¥1000+送料と¥700+送料。

シグマのカメラバッグ その2。 2016/10/10

月曜日の祝日は私とヨメさんの二人がお休みなので、気分的にはのんびり。

昨日の記事をアップした後で、シグマ SA-7 以降の全機種のカタログをチェックしたけど、やはりカメラバッグ
に関する記述は全く無かった。土曜日に行って、いきなり大曽根氏に尋ねるのも何なので、シグマのカメラバッ
グに関して、わかっている事やわかっていない事を少し書いておく。

まず、シグマのカメラバッグで価格が付いて一般に販売されたモノがあるのかどうか。昨日の記事で書いた SDP-7
と言うカメラバッグがオンラインショップで売られていた事は間違いない。有志が佃島で撮影会を行った時に「ゆ
うちゃん」さんがこのバッグを持っていた。インターネットで検索しても、
ITmedia のウェブサイトに記事
存在する。それと dp Quattro 用に現在売られている CB-31 がある。

この2種類のバッグがシグマから正式に発売されたものである事は間違いない。が、私が調べた限り、あと 11
種類のバッグが存在する。かなり種類が多いので、色と形で分類して紹介させて頂く。



比較的多いのがこの配色のもの。全体がグリーンで、縁が黒。写真のモノは SIGMA のロゴが蓋の右下について
いて、SIGMA の文字は銀色。この配色のモノは他に2種類あり、留め金が左右2箇所に付いていて、ロゴは蓋の
中央。ロゴの色が銀色のモノと黒いモノ。計3種類。

留め金が2箇所についているモノは開ける時に手間なので、一個のモノを入手したのだけど、蓋の上に付いてい
る「受け」が固定されていて、爪が小さいため、開け閉めが非常にやりにくい。カメラを入れて持ち運ぶだけな
ら良いけど、撮影時にこのバッグを使ってはいけない。間違いなくシャッターチャンスを逃す。シグマのこの
手のバッグは欠点だらけで、お薦めできるモノは一つも無いのだけど、このバッグは特に駄目。オークションで
¥500+送料。

シグマのカメラバッグ。 2016/10/09

dp Quattro 4台を収納するのに私が使っているのは Lowepro の Nova 190 AW と言う横長のバッグである。




dp Quattro 4台を持ち出す時には、こんな風に詰め込む。




シグマからは dp Quattro がまだ3台だった頃に CB-31 と言うウェストポーチ兼肩掛けになるバッグが出ていて、このバッ
グは今でも販売されている。が、dp Quattro 3台を(無理矢理)収納すると、フロントポケットにバッテリーが入れられる
以外は何も入れられない。もちろん、LCDビューファインダーがあったら、2台収納する事も難しい。




SIGMA CB-31 に付いては このブログの 2014年11月11日の記事 で紹介しているので、興味がある方はそちらをご覧頂きたい。


その他のシグマ製カメラバッグについては謎が多くて、チョット調べただけでは何ともわからない。シグマが
アクセサリーに着ける型番にはある程度のルールがある。若干の例外もあるのだけど、例えばバッテリーパッ
クなら、型番は BP で始まり、発売された順に 11,21,31,41,51 となる。カメラバッグなら、CB-11 から始
まって、CB-21、CB-31 となる。

で、一生懸命調べたのだけど、CB-11 と CB-21 がどんなカメラバッグだったのかが全く解らない。銀塩カメラ
の時代にレンズキット付きの SA-7 や SA-9 を買うとおまけとして付いてきたバッグがあると言う事なのだけど、
それが CB-11 とか CB-21 だったのかも知れない。

シグマの一眼レフ用小型バッグは私が知っているだけでも 11 種類あるが、その中のどれかが CB-11 及び CB-21
なのか、あるいはそれとは別に何かあるのか?その他に12年前オンラインショップのみで販売していたドンケっ
ぽい大型のシグマデジタルプロバッグ(SDP-7)と言うモノがあるのはわかっている。

記憶の狭間で昔、カメラバッグがカタログに載っていたのを覚えてはいるのだけど、そのカタログが見つからな
い。また、それが CB-21 だったかどうかも確かでは無い。今週の土曜日に本社へ行くので、そのあたりの事を
何でも知っていると思われる商品企画部長にでも尋ねてみよう。

フォトキナ発表新製品体感イベント。 2016/10/07

来週の土曜日、15日にシグマ本社で「フォトキナ発表新製品体感イベント」が開催される。一昨年の 50mm F1.4
体感イベントはお持ち帰りが許されていなかったためパスしたけど、その前の 18-35mm F1.8 の時にはお持ち帰
りOKだったので行っている。今回も 12-24mm F4 に関してはお持ち帰りOKなので、参加させて頂く。本社に
お邪魔するのは3年と3ヶ月3週間2日ぶりである。残念ながら、時間の都合で、午前中しかいられないが、2
時間もあれば十分だろう。

フォトキナでの山木社長のプレゼンテーションで、広角ズームの最短焦点距離がキヤノンに負けたと言っておら
れたが、ニコンからは 14-24mm ではあるが F2.8 が出ているので、明るい広角ズームという点でも尖り方が足
りなくなって来た。10-20mm F2.8 DG HSM に挑戦して欲しいものである。もちろん、冗談である。

必要以上に明るいレンズが嫌いで、sd Quattro 使いの私としては 10-20mm F3.5 DC HSM | Art で十分である。
が、世の中には 8-16mm F4 DC HSM | Art を待ち望んでいる人もおられるようだ。

ただ、ここへ来て sd Quattro H にも少し心が動き始めているので、DG レンズの描写も調べておかなければい
けないと思い始めている。

イベントでは他にも 500mm F4 と 85mm F1.4 が展示されるが、撮影したデータの持ち帰りは許されていないの
で、チョット眺めるだけ。150-600mm 兄弟と 200-500mm F2.8 も試せるのだけど、三脚に乗せた状態でと言う
事なので、これもパス。近い将来、貸してもらってじっくり試す事にした。

初秋と言うには厳しい残暑だった。 2016/10/06

SIGMA sd Quattro でスナップ。



『バスの中で』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:2.2 1/320Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『天高し』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:6.3 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『白い壁』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/50Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『気遣いが通って行った』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/200Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『オレンジの印象』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @31mm f:6.3 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『秋の雲』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:7.1 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


温度警告が一度出たが、良いカメラと良いレンズ。とても楽しい撮影だった。

三脚が増えた。 2016/10/04

この3日間ほど、古い三脚をクリーニングしていた。オークションで長い事出ずっぱりになっていたマンフロッ
トの 074B を落札してしまった。いわゆるスタジオ用三脚で、そこそこ大きい。重たいので持ち運び用ではない。
かなり汚れていたので、パーツクリーナーを全体に浴びせてオイル抜き。バラバラにしてウエスで拭いて、グリ
スアップ。何とか普通に使える様にした。



SIGMA dp2 Quattro @f:7.1 1/8Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
Photoshop にてトリミングと背景、被写体に着いていたホコリ等をレタッチ

ベーシック雲台とネーミングされていた 141RC が着いている一番左がマンフロット 074B である。このタイプ
になったのは 1995年だから、最古の物だと約20年。私の記憶が正しければ、10年以上前に製造が終了して
いるので、おそらく15年ほど前の物だと思う。ご覧頂いてお判りの様にステー(ロッドとも言う)の引っ張り
で開脚を止めるタイプ。このステーを外すと脚は水平まで広がる。ステーの長さが固定されているタイプなので、
センターカラムが上下する。それのセンターカラムをネジで固定する。このネジを締めると締めないとでは三脚
の安定感が異なる。

真ん中のマンフロット MT057C3-G と同じ高さにセットして、強度を調べてみたけど、アルミによる弾性がカー
ボンより高いからなのか MT057C3-G よりもわずかにブレが収まるのに長い時間が掛かる。期待したほど強固な
三脚ではなかった。が、さすがに、一番右の 441 と比べると少しだけ良い。ただ、実用的にはどの三脚も使い
方さえ間違えなければ、全く問題は無い。

三脚の使い方もイロイロと研究したけど、カメラを固定するのに高い性能を発揮させようとする時に最も効果が
あるのは脚を伸ばさない事で、絶対にやってはいけない事の2つは三脚座を使う事とミラーアップをしない事で
ある。もちろん SIGMA dp Quattro の様に、カメラ自体が撮影時にほとんどショックを出さないモノの場合は、
かなりいい加減な三脚でも大丈夫である。ただし、風が強い場合にはこの限りではない。


豊洲の新市場で柱が傾いていると言うニュースがあったので、私も見てみた。スマホをやや下向きにして撮影す
れば誰でも全く同じ写真が撮れる。少し経験のあるカメラマンが見ればすぐに判る事を大騒ぎして、バカみたい。

詳しく解説してあるページを見つけたのでリンク。フジテレビ最低。

上に掲載した三脚の写真もカメラが下向きなので、下つぼまりである。水平が出ていないように見えるのは被写
体が乗っているベランダ自体、(水を流すため)ごくわずか左に傾いているのと、正面からではなくわずかに右
から撮影している為である。参考までに雲台は全て水平にセットしてある。(^^;

SIGMA sd Quattro グッドデザイン賞 Best100 2016/09/29

残念ながら、一昨年の dp Quattro と同じ「大賞」は取れなかったようだけど、SIGMA sd Quattro がグッドデ
ザイン賞を受賞した。Beat 100 に選ばれたのは順当なところだろう。もう少し尖っていれば、2機種連続の大
賞受賞もあったかも知れない。発売2日後に予言していたのでチョット「ハナ高」。

明日で9月が終わる。今月はもう少し写真を撮る予定だったのだけど、残暑のせいもあって、今ひとつ。何しろ
とんでもない汗っかきなので、カメラやレンズにポタポタと汗が垂れるのがとても気になるため、暑い日の撮影
は大の苦手である。

10 月からは、イロイロなレンズを(借りて)テストしてみようと画策中。相も変わらずいつもの風景がメインに
なると思うけど、乞うご期待。

山木社長が語る「シグマ」 2016/09/28

ご自身の経歴やシグマの経営コンセプトなどを熱く語る山木社長が素敵です。

「社長名鑑」 シグマユーザー必見!

sd Quattro を「今度発売する」と紹介しているので、実際の取材が行われたのは今年の6月頃と思われる。

やっぱりこの時期は彼岸花。 2016/09/24

気が付いたら、秋分の日が過ぎてしまっていた。幸いの雨上がり、いつもの彼岸花スポットへ・・・。



『あかもん寺の彼岸花 1』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:5.0 1/30Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『あかもん寺の彼岸花 2』
SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 DC OS HSM @76mm f:7.1 1/13Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『あかもん寺の彼岸花 3』
SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 DC OS HSM @76mm f:8.0 1/20Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景




『あかもん寺の彼岸花 4』
SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 DC OS HSM @58mm f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


「はな」がヨメさんの実家に遊びに行ったため、ヨメさんがパートに出た後はユー君と二人。好きにさせておいたら、プラ
レールを床一面に広げて遊んでいた。(^^;



『散らかしましたが、何か?』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.5 1/80Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:ポートレート


今回発表されたレンズの価格は? 2016/09/22

フォトキナでの山木社長のプレゼンテーション、最後が少しだけ欠けているけど、ほぼ全部。

https://www.youtube.com/watch?v=ShE_pHMULt4


シグマベネルックスのマネージングディレクターである Jan-Willem Verschuuren さんも YouTube で今回発表
されたレンズのプレゼンテーションを公開している。そして、それぞれのレンズの紹介の最後で、価格をアナ
ウンスしている。

85mm F1.4 が 1,349 ユーロ(¥149,000)、12-24mm F4 が 1,949 ユーロ(¥216,000)、500mm F4 が 6,499
ユーロ(¥721,000)とのことだ。この価格は日本で言うところの希望小売価格なので、実際には2割程度安く
なると考えて良いだろう。ただ、12-24mm F4 を紹介している動画だけが投稿者自身で削除されていて、現在閲
覧不能。何か問題があったのかも知れない。


今日のニャンコ達。



『押し入れが好き』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/60Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:スタンダード




『チョット、うっとうしい』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/60Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:スタンダード
Photoshop にて傾きを調整後、トリミング。




『決めポーズ』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/60Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:スタンダード


dp Quattro は新しいファームウェアになってからはフラッシュを着けて撮影をすると「オート」あるいは「オー
ト(色残し)」に設定しても、実際には「フラッシュ」の色温度でホワイトバランスを決めているらしく、クリー
ム色の天井にバウンスさせると白熱電灯の下でホワイトバランスを「晴れ」にセットして撮影したかのような色に
なってしまう。なので、我が家で天井にバウンスさせて撮影する時には色温度 3200°Kで撮影しなければならない。
なんか変。

山木社長のプレゼンテーション@フォトキナ。 2016/09/21

例によって、ka_tate さんが山木社長のプレゼンテーションを翻訳して彼のブログに掲載してくれた。

http://blogs.yahoo.co.jp/ka_tate/65477862.html

そして、500mm F4 を紹介している Youtube の動画へのリンク

500mm F4 に付いての部分のみを訳しておく。

これは 500mm F4 DG OS HSM | Sports です。私たちは真のプロ用望遠レンズを作る事を目的として、このレン
ズを作成致しました。そして、私たちはその目標を達成したと信じています。光学的性能はほぼ完璧の水準にあ
り(500mm F4 DG OS HSM | Sports の MTF グラフが表示されて、聴衆から笑い声)、通常は「MTF (カーブ)
曲線」と呼ばれていますが、私はこの MTF 表示を「MTF ストレート」と呼びます。まさに「MTF 直線」です。
(会場から拍手)

このレンズはウェザーシーリング(防滴)になっており、可能な限り軽量な物とするために鏡胴の材質にマグネ
シウムを使用しております。青い部分の部品がマグネシウムです。

プロユースをサポートするために、他にも多くの機能をフィーチャーしております。(フォーカス3モード
AF/MO/MF、距離リミッター、OS 1/2/ODFF、カスタム C1/C2/OFF、作動音 ON/OFF、AF-ON,距離呼び出し,AFロッ
ク、SETボタン、三脚座クリック ON/OFF)

来月に発売致しますが、価格は未定です。が、キヤノンやニコンの同仕様の製品よりはお買い求め安くする事を
考えております。


おやすみなさい。

フォトキナ予想、一つだけアタリ。 2016/09/20

本日、シグマからフォトキナに出展されるはずのレンズが3本公開された。1本目は私の予想通り、SIGMA 85mm
F1.4 DG HSM | Art。残念ながら 28mm F1.4 の発表はなかった。あまり遠くない将来に出て来るとは思うけど、
優先度は低いのかも知れない。

SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM がつい最近ディスコンになったのと、シネレンズに 85mm T1.5 があるので、85mm
F1.4 DG HSM | Art はすぐに出るだろうと思っていたが、その通りになった。旧タイプもかなり良いレンズなの
で、それ以上の描写が期待できる。う~~~~n。凄いレンズになりそう。

何と! SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports である。かなり高いモノになると思うけど、F4.5 でないところが
ミソ。しかも Sports ラインである。堂月さんが悩みそう。

そして、満を持してと言った感じの SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art である。旧タイプの2本は私的にはイマ
イチ。特に周辺部の描写(APS-C にもかかわらず)に不満があった。が、今度のは三度目の正直である可能性
が高い。

フルサイズで使用したらどうなるかはわからないが、APS-C なら間違いなくクラス最高の描写となるだろう。
8-16mm を上回るモノになるだろうけど、フルサイズ換算 18-36mm 相当の画角はありがたい。多分、出たら
即入手。

フォトキナ予想。 2016/09/19

明日からフォトキナ。多分 SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art が発表されると思う。もしかすると SIGMA 28mm
F1.4 DG HSM | Art もあるかも知れない。

カメラは多分何もない。H のモックは CP+ でも飾ってあったので、当然出ているだろう。が、動く sd Quattro
H はまだ出ないと思う。真っ白な sd Quattro が発表になるかも知れない。(^^;

しかし、dp Quattro H とか sd1 Quattro とかは出ないのかなぁ。

シネレンズが展示されるのは間違いないと思うけど、全部動くモノが出るかは微妙。

何とか復調。 2016/09/18

薬を飲んだわけではないけど、頭を冷やしながら、ぐっすり寝たら熱は下がった。まだ、すこしぼけ~~~っと
してはいるが、体調は戻った様だ。

昨日、ららポ~ト東京ベイで写したユー君である。



『機関車に乗ってご機嫌』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @26mm f:2.2 1/30Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

少し前ピンで、ブレてはいるが可愛く写っているのでお許しあれ。



先週の木曜日にアップさせて頂いた写真の1枚にホコリが写っている事に気が付いた。同じ写真を再度掲載する。



『芙蓉』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

赤い矢印のすぐ上にホコリが写っている。f:5.0 でこの程度だから大きなホコリではないが、わかってしまうと
気になる。

dp シリーズではホコリに悩まされる事は一度も無かったが、SD1 では何度か掃除をした覚えがある。sd Quattro
でも、入手後、一度だけ、7月20日に掃除をしている。

SD14 以降はブロアーブラシだけでホコリはきれいに取れるようになったので、ペンタックスのペタペタホコリ取
りを使う事は無くなった。2ヶ月前に sd Quattro のホコリを取った時も、ブロアーブラシだけで、綺麗になっ
ている。

ピンセットとブローアーブラシを用意して、慎重に作業をすれば、どなたでもセンサーの掃除は可能である。マ
ニュアルのP.153~154 を熟読して、作業を行う。

1.まず始めにカメラの電源を切り、レンズを外す。
2.カメラを安定した場所に置き、本体のダストプロテクター脱着レバー(向かって右端)をピンセットで右に
スライドさせる。
3.ダストプロテクターのロックが外れて少し浮き上がるので、上端に付いている出っ張りをピンセットでつま
んでダストプロテクターを外す。(上端に付いている出っ張りをロックを外す前に引っ張らない事)
4.ブロアーブラシでセンサー及びその周辺に空気を吹き付ける。
5.ダストプロテクターの左端を本体の突起にはめ込んで、右端をカチッと音がするまで押し込む。
6.カメラを振ってみて、ダストプロテクターがロックされている事を確認。

以上でセンサーのホコリは取れるはずである。もし、取れなかったら、そのホコリが粘着性のものである可能性
があるので、シグマに送って掃除をしてもらう事をお勧めする。


で、私のウェブサイトにもホコリの検出方法は書いてあるのだけど、ここでその方法を記述しておく。

1.曇天の空、あるいは真っ白な紙、画面全体が白い液晶画面等を少しピンぼけの状態で、絞り値 f:8.0 で撮影。
レンズの焦点距離は長めを推奨。



この画面は、ホコリ取りを行う前に画面全体に真っ白を表示した液晶画面を少しピンぼけにして撮影したもので
ある。


2.コントラスト +2.0、ハイライト +2.0、シャドー -2.0 で現像。ファアイルを保存。




3.コントラストの調整が可能な画像編集ソフトをお持ちの場合は、上で保存した画像のコントラストをさらに
上げる。






以上の処理でイメージセンサー上にあるホコリが良く見えるようになる。右上にあるモノ以外は無視しても大丈
夫な程度の小さなホコリであるが、気になる事は確か。


で、ホコリ取りを行った後の状態をご覧頂く。



非常に小さいのが一つあるが、普通の状態で画面に写る事は無い。

本日、夕方から発熱。 2016/09/17

ほぼ一月前と同じく、土曜日の夕方になって39度近い熱が出ている。ぐったりはしていないが、少し咳が出る。

さすがに夕飯を食べる元気はないのだけど、無理に何か食べて寝るとしよう。おやすみなさい。

今日ららポ~トで撮ったユー君の写真はまた明日。

SIGMA sd Quattro ファームウェアアップデート 2016/09/16

今日、SIGMA sd Quattro のファームウェア Ver.1.02 が公開された。変更点は

・AF合焦速度および合焦性の向上を図りました。
・カスタムモード選択時に、オートブラケットやSFDモードが正しく動作しない現象を改善致しました
・撮影後の画像処理中に、電源スイッチやロックスイッチの操作を行っても、まれに電源オフやスリープになら
ない現象を改善しました
・モニター切替え動作のタイミングによって、フリーズする現象を改善しました
・液晶モニターの表示モードをビューファインダーモードやLCDオフモードに設定し、モニター切替えレバーを
FINDER、あるいはAUTOにして、ビューファインダーを覗きながら電源スイッチをオンにしても画像が表示されな
い不具合を修正しました
・「設定のリセット」から工場出荷状態に戻した時、最初に言語選択画面が表示されるよう仕様変更いたしました

との事。


ファームウェアのアップデートを行う前に、室内で sd Quattro を三脚に乗せて、18-35mm F1.8 を着けて、焦
点距離 35mm にセット。しっかり固定しておいて、約1mの距離にある被写体に対して AF で合焦させ、シャッ
ターを半押ししてから合焦音が鳴るまでの時間を測った。最近距離からの合焦には平均で 1.74 秒。無限遠から
の合焦には平均で 1.40 秒ほどであった。

カメラは固定したままファームウェアのアップデートを行い、全く同じ事をやってみた。最近距離からの合焦に
は平均で 1.32 秒。無限遠からの合焦には平均で 1.00 秒ほど掛かった。新しいファームウェア Ver.1.20 での
AF の合焦速度は間違いなく速くなっている。が、望まれる程は速くはなっていない。dp2 Quattro のが速く
(半分くらいの時間で)合焦する。


その他の事象に関しては、私は経験をしていないので、何とも言えない。が、良くなっている事は間違いないだ
ろう。明日、明後日はお天気がイマイチかも知れないが、sd Quattro を持ち出してみよう。

昨晩の虎ノ門と今日の船橋 2016/09/15

夕べは帰りがけに虎ノ門の夜景を撮った。ただ写っているだけなので、チョット恥ずかしい。



『虎ノ門の夜景 1』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:4.0 1/10Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード




『虎ノ門の夜景 2』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:4.0 1/13Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード



で、ここからは本日撮った船橋でのスナップ。



『西船橋駅への道』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @23mm f:4.5 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『消防署』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:6.3 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『百日紅(サルスベリ)』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @28mm f:5.6 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『緑の中で』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @28mm f:5.0 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『送電塔が見える公園』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:6.3 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
Photoshop にてトリミング




『芙蓉』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『船橋市にて』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @31mm f:5.0 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

さて、最後の一枚はチョット私らしくない写真なので、説明させて頂く。とある一軒の家に三枚の政治的なポス
ターが貼ってあった。実は、この三枚の政治的に異なるポスターを並べて貼ってあることが、いかにも我が船橋
市らしいお宅であることに気が付いて、撮った写真である。

船橋市には原則的には保守だけど、衆議院議員選挙では必ず前総理大臣の野田さんに投票する人が多い。おそら
く衆議院議員選挙千葉4区(船橋市)では、野田さんが存命の限り、常にブッチギリのトップ当選を続ける事だ
ろう。これは数十年にわたって街頭に立ち続けた彼の人柄と実行力を信頼している船橋市民が非常に多いと言う
事実に基づく。それほどまでに彼は地元において絶大な支持を得ている。

今日はニャンコ達 2016/09/13

昨日は虎ノ門あたりを撮ろうと思って、会社その1に sd Quattro を持って行って、そのまま置いてきてしまった。dp Quattro があるので、写真を撮る事が出来ないという事態にはならないけど、無いと寂しいモノがある。 今日は午前中にシナモンとショコラを撮ったので、アップさせて頂く。 『何か用?』 SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用 マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『箱入り娘』 SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用 マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『照れ笑い』 SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用 マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『見上げる』 SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用 マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『尻尾が一緒』 SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用 マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード 『義兄妹』 SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用 マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

先週の日曜日と今日撮った写真。 2016/09/11

先週の日曜日にはマンフロット10周年記念ファン感謝デーに行った。マンフロットのカテゴリーマネージャーで
あるU氏を見かけて、イロイロ質問をさせて頂いているときにたまたま三井公一氏が来場され、U氏に私を簡単
に紹介してくださった。そのためか、今度は逆にマンフロットの製品についての個人的な意見を求められたので、
イロイロと要望を述べさせて頂いた。

実際に製品を企画して製造するのはイタリアなのだけど、日本からの意見も聞かれる事があると言う事なので、
私の要望が通る事があるかも知れない。チョット楽しみ。

下の写真はマンフロット10周年記念ファン感謝デーの会場に着く前に通った田町の駅前から南に延びている「な
ぎさ通り」。東側のビルが軒並み道路拡張のため取り壊し予定になっており、全ての窓ガラスにガムテープが貼っ
てあった。滅多にお目にかかれない光景なので、撮っておいた。



『バッテンのある風景』
SIGMA dp0 Quattro @f:6.3 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


その後一週間、なんやかんやと忙しくて、写真も撮れなかったのだけど、今日は年に一度の出身高校の文化祭で、
「はな」を連れて行って来た。あいにくの天気だったけど、三階にある渡り廊下からスカイツリーが見える事を
はじめて知った。



『スカイツリーが見える文化祭』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:6.3 1/80Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

SIGMA 55歳。 2016/09/09

毎年9月9日になると、シグマの創業日である事を書いてきたけど、今年は珍しくシグマ自身が Facebook の
シグマ・Foveonスクウェアでそれをアナウンスしている。

昨日、シネ用レンズ市場への参入を大々的に宣言したと思ったら、今日は SIGMA Optimization Pro と SIGMA
Photo Pro の新バージョンが公開された。

この勢いで、明日あたり SIGMA sd Quattro H の詳細が公開されたりして・・・。(冗談です)

SIGMA Optimization Pro は EF-630 を接続した時に発生するバグを取っただけのバージョンらしいので特に急
いでアップデートはしなくても良さそうだけど、一応ダウンロード。

SPP Ver.6.4.1 は「dp Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)において、ゴースト色低減処理の
ON/OFFの切り替えが行える新機能を搭載しました。」とのこと。 sd Quattro で撮影したモノは対象にならない
のかしら?

派手なゴーストが出ているような写真はさっさと削除してしまうので、適当なモノが見つからない。今年の春に
京都へ行った時に御所で写した桜の写真で、捨てていないモノがあった事を思い出して、現像して見た。




SIGMA dp0 Quattro @f:7.1 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.1 で「ゴースト色低減 OFF」




SIGMA dp0 Quattro @f:7.1 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.1 で「ゴースト色低減 ON」

わずかに変わる部分はあるけど、いわゆるグリーン被りした部分の彩度を少し落とす機能らしい。SIGMA sd
Quattro で撮影した X3F ファイルだと「ゴースト色低減」はグレーアウトしていて ON/OFF が選択できないか
ら、この機能はやはり dp Quattro で撮影した X3F ファイルに対してのみ働くらしい。が、具体例を示されな
いと、その働き方が良くわからない。

ついでに、拙作の SIGMA Exif Reader をこの「ゴースト色低減」に対応させた。dp Quattro で撮影されて
SPP 6.4.1 で現像された X3F ファイル、TIFF ファイル、JPEG ファイルであればゴースト色低減の ON/OFF
が表示される様に表示項目を追加した。

このところ、私が公私ともに多忙状態になっていて、明日は珍しく土曜日というのに会社1でお仕事である。
9月になったら写真をいっぱい撮ろうと思っていたのに、思う様に撮れていない。

何とか頑張りたいのだけど、ちっとも思う様にならない。チョット悲しい。

シナモン、少しおねぇさんになりました。 2016/09/03

正確な誕生日はわかっていないのだけど、6月1日と私が勝手に決めた。約3ヶ月が経過。右目はやはり曇って
いる。成長と共に治ってくれれば良いのだけど、現時点では不明。家の中では凄まじいおてんばぶりを発揮して
いる。とんでもない速さで瞬間移動するけど家具などにぶつかったりはしないので、そこそこ見えてはいるようだ。




『眠いよ~』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @35mm f:4.5 1/60Sec. ISO800 EV+0.7 ビニングモード
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード




『おすまし』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @28mm f:4.5 1/60Sec. ISO800 EV+0.7 ビニングモード
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


明日はマンフロット10周年記念ファン感謝デーに朝一で参加の予定。午後3時過ぎからは高校写真部のOB会。

ユー君を連れて鉄道博物館へ。 2016/09/01

ヨメさんがユー君を新幹線に乗せてさいたま市にある鉄道博物館へ連れて行くと言うので付いて行った。ユー君
はどちらかと言うと新幹線よりも在来線のが好きなのだけど、喜ぶかなと思い、東京から大宮までではあるが、
新幹線に乗せてみた。一昨年に広島まで行った時にはほとんど寝ていたとの事だったけど、今回はちゃんと起き
ていて、短い旅を楽しんだようだ。

鉄道博物館は3~4歳の子供にはあまり面白い所ではないようで、そこいら中を駆け回った後で、少し昼寝をし
た。私は寝ているユー君のベビーカーを押しながら、イロイロと見て廻ったので、結構楽しむことが出来た。本
当の鉄道好きの方なら一日いても楽しめるだろう。



『てっぱくで昼寝』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @19mm f:3.5 1/4Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

ご多分に漏れず、三脚等の使用が禁止されていたため、カメラバッグの上に乗せた sd Quattro で撮影。背面
液晶がスイングしてくれればもっと楽に撮れたのに・・・。

残った三脚。 2016/08/30

明日で8月が終わる。先月の中旬から三脚を取っ替え引っ替えして、最終的に手元に残したのはこの2本。正確
にはあと1本、SILK の ABLE 300 と言うローアングル専用にしているものがある。

1本はお馴染みの Manfrotto MT057C3-G と 405、もう1本は 10年以上前のモデルである Manfrotto 441 にハイ
ドロスタットボール雲台 468MGRC4 を乗せた、携帯用である。



SIGMA dp2 Quattro @f:7.1 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、ストロボ使用、Photoshop で背景の一部をレタッチ

結局、今日まで三脚転がし。 2016/08/27

月曜日の台風直撃は私にとっては最悪の時間帯となり、体調不良と相まって、会社その1をお休みしてしまった。
幸いにも体調は良くなったが、仕事が少々忙しくなった。来週は再び台風が来るのか?


このところ三脚を買ったり売ったりしていて、ろくすっぽ写真を撮っていない。暑いせいもあるのだけど、チョット反
省。

日曜日に宣伝させて頂いた SLIK の機内持ち込み用の太いカーボンが明日、終了する。売れないかと心配したけ
ど、ようやく1件だけ、入札があった。



太くて、短くて、軽い脚をお望みの方には、ご検討を頂きたい。

また、ひょんな事から再び手に入れてしまったマンフロットのギア雲台 405。最新モデルを使用中の身としては、2
台は要らない。1年ほど前に ken さんに買って頂いたモノと同じで、実用上は問題ないけど、売る方としては気に
なる部分があるため、かなり安く出してある。最近ではプロの方々が軒並み使うようになったため、人気が高い。

気になる方は→ Manfrotto 405 ギア雲台←クリックして欲しい。

最後は私が5年ほど前にしばらく使っていたジッツオのシステマチック三脚。とても良い三脚なのだけど、新しい G
ロックはしっかり締めると、それを外すのにとても力が要る。そのため、私の様に非力な方が使うにはゴム引きの
手袋が必須となる。ただ、最高の写真用三脚である事は確かだ。





GITZO GT5531S ジッツオ 5型3段 カーボン三脚。こちらも開始価格をかなり抑えてあるので、興味のある方にはご覧頂きたい。


私の三脚転がしも、本当にこれで最後。9月になったら、せっせと写真を撮ろう。

若干の熱と台風で会社をお休みした。 2016/08/21

現在、午後4時半。千葉県船橋市は台風の目が通り過ぎて、ぶり返しの雨と風が再び強くなってきた。



体調がイマイチで私の出勤時刻には風と雨が非常に強くなっていたため、会社その1はお休みさせてもらった。


私が個人的に存じ上げている世界的に有名なカメラマンの一人に久保田博二氏がいる。と言っても、よくお話を
させて頂いたのは40年ほど前なので、あちらは私の事など忘れているはず。当時でもマグナムのカメラマンと
して有名な方だったが、ライカのユーザーだったため、私が勤めていたカメラ屋さんでよくお目にかかった。

ライカギャラリーで氏の写真展が開かれる。お近くで、お時間のある方はお運びいただきたい。

久保田博二写真展「Life in Photography」

・会場:ライカギャラリー東京
・住所:東京都中央区銀座6-4-1ライカ銀座店2F
・会期:2016年9月2日(金)~12月4日(日)
・時間:11時~19時
・休館:月曜日
・入場:無料

・会場:ライカギャラリー京都
・住所:京都市東山区祇園町南側570-120
・会期:2016年9月3日(土)~12月4日(日)
・時間:11時~19時
・休館:月曜日
・入場:無料


久保田氏を通じて知り合ったデニス・ストック氏とも仲良くさせていただいたが、再会を果たせぬまま彼は 2010年
に旅立ってしまった。


まだ外は雨と風が激しい状態であるが、雨雲ズームレーダーによると後3~4時間は雨が降り続きそうだ。明日
の予報は曇り。台風一過の好天気ではなさそうだ。

風邪を引いてしまった 2016/08/21

金曜日の夜、寒気で目が覚めた。土曜日は朝から発熱。38°以上の熱が出たのは久しぶり。家でじっとしていた。
今朝は何となくだるい程度。熱も下がった。が、体調はイマイチ。

9日に落札した三脚は落札後、10 日以上経ってから、出品者(ストア)が倉庫移転でモノが行方不明になった
ため、全額返金致しますとのこと。私の大好きなラバー/スパイク石突をヨドバシから買って待っていたのに、
どうしてくれる。仕方がないので前から目を付けていたモノをナニワグループオンラインから購入。2~3日後
には届くだろう。さて、これで三脚の取っ替え引っ替えは終了。

本日出品した SLIK の機内持ち込み可能でありながらとても太いカーボン三脚が高く売れてくれればありがたい
のだけど、相場より高く買っているので、おそらく損をすると思う。慌てる乞食はもらいが少ない。オークション
の大原則である。

スリック カーボンマスター SLIK 924 FL-SP 脚のみ【美品】



今日からお仕事 2016/08/15

夏休みの間に「シン・ゴジラ」を見た。面白かったとは言えるけど、もの凄く面白かったかどうかは微妙である。
が、完全に大人向けの映画で、子供が喜ぶとは思えない。

オークション、今夜は久しぶりに「ウオッチ・リスト」、「出品中」、「入札中」の全てに何もない状態になった。
この1ヶ月、どっぷりとオークション漬けになっていて、それなりに楽しんだ。

手元には3本の三脚が残り、まだ1本が未着。出品者が夏休みとかで、9日に落札して入金したにもかかわらず、
まだ出荷の案内がない。が、17 日まで夏休みと言う事なので、想定内である。でも、夏休みは 13 日からだった
ので、12 日あたりには出荷して欲しかった。

手元に置いておくべきか、出品すべきかで迷っている三脚が1本ある。実売価格の半値以下で落札できたのだけ
ど、相場的には少し高い買い物であった。売りに出したら間違いなく損をする。損をしても諦めが付くくらい使っ
てから売る手もあるが、大いに迷っている。


マップカメラの7月売上で、SIGMA sd Quattro が第2位だそうだ。会津では SA マウントを今までの倍くらい
作っているだろう。ニコン用、キヤノン用を合わせた本数の1パーセントくらい売れるようになったら奇跡で
ある。

さて、こうも暑い日が続くと元気もなくなるし、体力もなくなる。大汗っかきの私はカメラやレンズに汗がポタ
ポタ落ちるのを気にしながらの撮影が嫌いで、つい写真を撮らなくなる。早く涼しくならないかなぁ・・・。(^^;

明日はお休み。 2016/08/11

私が会社その1に出社しない日には、ヨメさんがパートで午後から夜9時過ぎまでいない。当然、子供達やニャン
コ達の面倒は私が見なければならない。

「はな」は大きくなったので、放って置いても問題ないが(むしろその方が嬉しいらしい)、ユー君にはまだ手がか
る。と言っても遊びの相手や食事の世話くらいなので、大騒ぎする程の手間ではない。

今日のように長めの昼寝をしてくれると、私もやりたいことが出来る。

と言う訳で、来週にしようと思っていた三脚の出品を、先ほど済ませてしまった。これで三脚の総入れ替えは完了
すると思うけど、441 が軽すぎるので、やはり 055 のカーボンにしてしまおうかとも考えている。

本日出品した脚はどちらもお薦め。ガッチリした三脚をお望みの方はマンフロットの写真用としては最も太いパイプ
を使った MT057C3-G センターポルをギアで上下するタイプなので、微妙な位置決めにも対応出来る。

安くて実用上十分な強度を持つ三脚をお望みなら、同じくマンフロットの 055XB。アルミでありながらハスキーより
軽く、ローアングルにセットすることも出来る。センターポールを水平にセット出来ないタイプであるが、こちらのが
使い勝手は良い。


明日は会社その1が、有給休暇消化奨励日と言う事で、出社しなくても良いと言われ、久々に一家総出で幕張ま
で買い物に出掛ける。ユー君をイオンモール幕張新都心の三階にある噴水で水遊びさせようと画策している。時
間が出来たら「シン・ゴジラ」でも見てこようかな・・・。

三脚万来、再び・・・ 2016/08/09

このところ、オークションで三脚を売ったり買ったりしている。結果的に自家用の三脚も総入れ替えになりそう。
ただ、一番大きいものは相も変わらずマンフロットの MT057C3-G である。が、その MT057C3-G が2本になって
いるので、見栄えの良い方を再び出品する予定。

携帯用の 055XB も 10 年ほど前に憧れた 441 と入れ替える。少し小さくなって、大分軽くなる。チョット軽す
ぎるのが気に入らないのだけど、アルミの脚だと、レバーを緩めた途端にコツンと落ちるのがあまり好きではな
いので、落ち着きどころだと思う。

今月中に脚をあと2本、雲台を1台出品する。今出しているのがスリックのシステム三脚で唯一黒い S303
マンフロットの 324RC2 ジョイスティック雲台で、11 日に終了する。

来週には上記のマンフロット MT057C3-G と 055XB を出品する予定。

写真も撮らずにオークション三昧である。おやすみなさい。

多忙と言うほどでもないのだけれど・・・ 2016/08/04

暑さとチョット仕事が忙しいのとオークションが気になるのとで、何となくせわしない。撮っておかないとアッ
と言う間に大きくなってしまうシナモンを撮った。



『逆光のシナモン』
SIGMA sd Quattro + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/100Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:色温度、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0




『遊んで?』
SIGMA sd Quattro + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/50Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:色温度、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0




『アップ』
SIGMA sd Quattro + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/125Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0

天井にストロボをバウンスさせているのだけど、我が家の天井はクリーム色をしているため、かなり黄色っぽい
色になる。イロイロ試したら 3800°K アタリが良さそう。現像時にそのまま使うか、オートにするかを色味を
見て判断している。

イギリスから部品を取り寄せて修理したマンフロットの befree アルミをオークションに出品。

ついでに昨日出した SLIK の S303 も宣伝させて頂く。


まだ寝ないけど、おやすみなさい。

8時間のプログラミング・・・ 2016/08/01

アッと言う間の8月である。先ほど NHK の Eテレでホンの数秒間だったけど、DP3 Quattro が撮影した通天閣の
写真が映し出された。チョット嬉しかった。

今日は午後1時から午後9時まで、ぶっ通しでプログラムを書いていた。目がしょぼしょぼ。当然、頭もヘロヘ
ロ状態で元気なし。

さっさと寝る。おやすみなさい。

三脚万来。 2016/07/31

このところ、知人やらオークションやらで私の家に三脚が集まっている。一週間ほど前にオークションに出した
Manfrotto befree カーボンはほぼ予想通りの価格で落札された。少し儲かった。

で、今日はオークションで落札した Manfrotto 055XPROB をピカピカに掃除して調整し、着いて来たジョイス
ティック雲台を外して出品した。出品者さんがこの三脚のクセ(使用上の注意)を知らなかったため、「難あり」
で出品されていた。

で、その三脚を撮影するにあたって、またまた SFD モードを使ったのだけど、チョットおかしな事になった。
全体を見てもらっても良いのだけど、とても細かい部分なので、原寸以上に拡大してお目に掛けたいので、一部
分だけ・・・。



左が SFD モードで撮影し7コマ全てを使って現像したもの、右は SFD エディットウィンドウで各コマを 400%
に拡大して位置がずれて写っているコマを捨てて現像したもの。

マンフロットの 405 はチョット油断するとこの様にブレる事がある。フレーミングを素早く行う時にはギアを
一度外して、フレーミングを変え、再びギアを戻すのだけど、その際にリリースする方向とは逆にリリースリン
グを回して、ギアのかみ合わせを締め付けるのが正しい作法である。しかし、今回はその「締め付け」を忘れて
しまった。

撮影された7コマのウチ1コマ目と4コマ目が1~2ピクセル横方向にずれて写ってしまった。それを気付かず
に7枚全てを使って合成してしまうと、左側のようにコントラストのある境界部分が異常にジャギーな描写に
なってしまう。

全くもってお恥ずかしい次第である。が、出来るのであれば SFD モードでの撮影時にはもう少し優しくシャッ
ターが動いて欲しい。他社のカメラだと「サイレントモード」があるけど、sd Quattro にはないので、無理な
注文かも知れない。


で、現在、この三脚の他にあと5本の三脚が我が家にはある。3本は実際に使うための三脚で、残りの2本はオー
クションに出品するためのものである。

その内の1本は、現在イギリスから交換用のパーツが届くのを待っている。Manfrrot befree のアルミである。
前の使用者さんがこの脚を倒してしまったらしく、2段目の1本に大きなアタリ傷があって凹んでいる。そのた
めその下の脚を収納することができない。安く出品されていたので、落札したのだけど、部品代や送料を考える
と数千円の儲けにしかならない。が、そんな小市民的な楽しみがあっても良いだろう。

あと1本は、オークションを見ていて懐かしさのあまり落札してしまった SLIK の S303。この三脚は結構レア
な三脚で、スリックのグッドマンと言えばシルバーと決まっていたのを、最後の最後になってシステム三脚の仕
様そのままで黒い三脚として発売されたものだ。ただ、雲台がお世辞にも褒められたものではなかったため、数
も出ずに割と早めにディスコンになった(はず)。

落札して、綺麗にしたまでは良かったのだけど、特別使いたいわけでもなく、どうしたものかと思案中。

オット、オークションへのリンクManfrotto 055XPROB プロ用アルミ三脚


明日の午後 11:00 から NHK Eテレで 20 分間放送される「東北発☆未来塾」という番組の中で DP3 Quattro
で撮影した通天閣の写真が画面に出るはず。ホンの数秒だとは思うけど、興味のある方に視聴して頂ければ幸
いである。

チョット疲れ気味・・・。 2016/07/28

少し忙しかったのと、三脚2本を掃除したのと、暑さのせいで疲れ気味。 今日は早寝。おやすみなさい。 あ、この前ご覧頂いた SMC TAKUMAR 24mm F3.5 を純正フード付きでオークションに出品した。興味のある方は、ご覧頂きたい。 オークションへのリンク このオークションの出品写真はストロボを使ったため、SFD ではない。が、sd Quattro で撮影している。

sd Quattro は買いか? その2 2016/07/26

3.dp Quattro をお持ちの方。 現在、dp Quattro をお使いになっていて、レンズの明るさや焦点距離に不満のある方なら、sd Quattro を買わないわけには行かないだろう。 しかし、より明るいレンズをと言うのであれば、イロイロ選べるが、より広角なレンズと言われると、お薦めできるものが無い。8-16mm は悪いレンズではないが、dp Quattro 並みの描写を得ることは出来ない。私が試した限りにおいては AF は普通に働くが、周辺部の描写において、dp Quattro と比べられるととても苦しい。 より長いレンズと言うことであれば、50-100mm F1.8 があるが、このレンズも厳しく比較してしまうと dp Quattro には今ひとつ及ばない。 マクロ系は AF が働かない可能性があるので、MF で撮影できるものをお撮りになるのであれば、使い物にはなる。dp Quattro の描写と比較しても決して引けを取らない。 苦しいお薦めとしては、24mm F1.4 DG HSM | Art である。が、私はこのレンズをテストしたことが無い。シグマにお願いして、テスト撮影用に貸し出してもらおうとは思っているのだけど、いつになるかはわからない。24mm だとフルサイズ換算で 36mm の画角になるので、dp Quattro には存在せず、多くの方々が要望していた画角なので、良いのではないだろうか? 画角的には被るけど、20mm F1.4 DG HSM | Art は dp1 Qutarro より、若干良い描写をすると思う。50mm F1.4 DG HSM | Art は dp3 Quattro より少しだけ甘い。が、F1.4 はそれなりに魅力である。 キットになっている 30mm F1.4 DC HSM | Artも dp2 Quattro の描写には今ひとつ追いついていないが、明るさが魅力。 シグマ製デジタルカメラをお持ちでない方に対してお薦めした 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary や 18-35mm F1.8 DC HSM | Art は dp Quattro には存在しないズームレンズなので、どちらかを初めの一本にする事が賢明かも知れない。 明るさを取るか、ズームを取るか、悩みどころである。おっと、150-600mm F5-6.3 DG OS HSM を忘れていた。望遠レンズ着きの dp Quattro は存在していないので、望遠ズームを望んでいた方であれば、即買いである。 ひょんなことから、我が家へ送られて来た Manfrotto befree カーボン。知り合いが私の知らないウチに買ってしまい。止せば良いのに私がやっているブレテストと同じ様な事をして、ガッカリしたシロモノ。ニコンのフルサイズをこんな華奢な三脚で支えられるわけが無い。 カメラを乗せたのは2回だけ。彼はオークションはやっていないので、私に出品して欲しいと頼んできた。外箱が無いので、安ければ 22,000円、運が良ければ 25,000円だけど、それで良いか?と尋ねたら良いと言う。代理出品は好きではないので、私が買い取った。損はしないと思うけど、おそらく手間賃くらいの儲けにしかならないだろう。 この前に引き続き SFD で撮ってみた。被写体のホコリを取っただけのレタッチ、ノートリミングでご覧頂く。 SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 @32mm f:8.0 1/4 ~ 15Sec. ISO100 EV+0.3 絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード dp Quattro なら、風が強くない場合に限り、問題無く使えると思う。オークションへのリンク

sd Quattro は買いか? 2016/07/24

シグマ製のデジタルカメラは sd Quattro の出現によってようやく変態の域を脱した(ように思える)。が、まだ完成にはほど遠い。 以下はシグマ製デジタルカメラを所有しておらず、sd Quattro の導入を検討しておられる方に対する私からのアドバイス(偉そうで気持ちが良い)である。 FOVEON センサー、特に Quattro センサーによって撮影された写真の描写が他社のデジタルカメラとは一線を画すものであることは、誰でもがすぐに判る事である。しかし、もし、ご自身の目で見て、それが判らないと言う事であれば、sd Quattro を使う意味はないので、お買いにならない方が良い。 暗くてボケている部分やボケの境目に細かいノイズが乗って来ることがある。幸い、レタッチでさらに数ピクセルぼかせば目立たなくなるが、その手間が惜しい方やレタッチをしたくない方は sd Quattro は選択しない方が良い。 室内や暗い場所でフラッシュや三脚を使わずに綺麗な写真が撮れるカメラを望まれる方は、決して sd Quattro を選択してはいけない。とんでもない枚数を撮って、その中の数枚がちゃんと写っていれば良いというのなら、敢えてお止しなさいとは言わないが、それなりの覚悟が必要である。 また、2400 万画素以上の他社製デジタルカメラを既に使っていて、大きな不満が無く、写真撮影の最終目的が A3 サイズ以下にプリントする事であり、ディスプレイ上に1:1で拡大した際の描写がどうでも良い場合は、敢えて sd Quattro を選択する意味は無い。 現在使っているカメラの描写力、解像感、色再現能力に不満を持っていて、動き回るものより静止しているもの、あるいは風景(星野を除く)が主たる被写体である方は sd Quattro の導入をためらう理由は無い。 シグマのウェブサイトで押本龍一氏や三井公一氏の作品をご覧になって、FOVOEN センサーが切り取る風景に感動した方は、何が何でも sd Quattro を購入すべきである。 予算的にゆとりがある方は 18-35mm F1.8 DC HSM | Art、あるいは各単焦点 DG レンズを、とりあえず1本という方には 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary をお勧めする。 FOVEON X3 Quattro センサーによる最高の描写を求めるのであれば、dp Quattro の導入を検討するのも「あり」だろう。 ここから下は既にシグマ製デジタルカメラを使っておられる方に対する私からの提案である。 1.SD1/SD1 Merrill をお使いで、dp Quattro や dp Merrill をお持ちでない方。 SD1/SD1 Merrill を手放すかどうかは、お財布と相談して頂くとして、EVF や背面モニターを見ながらの撮影が嫌いでないのであれば、sd Quattro を購入すべきである。処理速度、色味の安定性、合焦精度の高さで sd Quattro のがワンランク上であるのがその理由。 2.DP Merrill による描写を「過剰なディテール描写」と感じず、超広角や超望遠が使えないことを不満でない方。 sd Quattro の描写に不満を感じるのであれば、現時点では sd Quattro の入手をお勧めするわけには行かない。最も差が出るのは今日のような雲を撮影した場合だ。DP Merrill は肉眼ではどうやっても見えないディテールを描き出す。 SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/640Sec. ISO100 絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景 現像は全パラメータ真ん中からシャープネス -0.5、X3 FillLight +0.3 SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 @30mm f:7.1 1/640Sec. ISO100 絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景 現像は全パラメータ真ん中からシャープネス -0.5、X3 FillLight +0.3 皆さんもそうだろうけど、私はこの非常に大きな差が、どうして起きるのか、全く解らない。とにかく、ご覧頂いた通りである。この DP Merrill によるやや過剰なローカルコントラストの強調は、雲のような被写体に対しては非常に有効に働くが、女性ポートレートではレタッチ必須の画像を作り出す。 いずれにしても、シグマがこの問題を解決してくれるまで、DP Merrill の画質がお好きな方は、sd Quattro には手を出さない方が良いと思う。 ただし、sd Quattro の SD カードに対する書き込み速度は DP Merrill よりかなり速くなっているので、DP Merrill の書き込み速度に不満がある方なら、チョット考えても良いだろう。 予想以上に長い書き込みになりそう。やらなければいけないこともあるので、今のところはここまで。夜に続きを書くかどうかはわからない。

Quattro センサーのテレセントリック性。その2 2016/07/23

Xingxing さんからもう少し広角なレンズの結果を見たいとコメントを頂いたので、ユー君が昼寝をしている間
に撮ってみた。




SIGMA sd Quattro + SMC TAKUMAR 24mm F3.5 @f:8.0 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景
現像は全パラメータ真ん中からシャープネス -1.0、X3 FillLight +0.3、彩度 +0.5、
倍率色収差補正:赤 +1.0,青 -1.5

周辺部の緑被りが判り易い被写体だと思うのだけど、チョット派手目な現像をしないと、良くわからない。




SIGMA sd Quattro + SMC TAKUMAR 24mm F3.5 @f:8.0 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
現像は全パラメータ真ん中からシャープネス -1.0、X3 FillLight +0.3、
倍率色収差補正:赤 +1.0,青 -1.5

40 年くらい前のレンズにしてはまぁまぁか? 当時は 24mm と言えば超広角と呼ばれた。APS-C サイズのイメー
ジセンサーでは 36mm 相当の画角になるため、スナップなどには使い易いと思う。が、画面の真ん中しかピント
が合っていない。これは像面湾曲と言うよりは球面収差及び非点収差の成せる技である。

大昔は良いレンズと言われたのだけど、現在の超解像イメージセンサーで撮影してしまうと、ヘロヘロである。
FOVEON センサーで撮影して、ディスプレイ上で1:1で見ると言うことが、レンズにとってもの凄く過酷な試
練である事がお解り頂けたと思う。

だが、A3 サイズ以下のプリントであれば周辺部の甘さは問題にならないだろう。外観やレンズ自体はとても綺
麗なので、オークションに出してみようと思っている。



SIGMA DP2 Merrill @f:8.0 1/30Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
撮影風景はいつもレタッチするのだけど、これは SPP で現像しただけ。


おっと、夕食を作らなければ・・・。

Quattro センサーのテレセントリック性。 2016/07/21

「テレセントリック性」はイメージセンサーやレンズに対して光が垂直に入射する事を意味する言葉なのだけど、最近は光が斜め方向から入射しても、それによる影響を強く受けない構造を持つイメージセンサーに対して「テレセントリック性が良い」と使うようにもなった。

で、SIGMA SD1/SD1 Merrill で使用されているセンサーは、このテレセントリック性が悪い。センサーに対して光が斜め方向から入射してくるとなぜかグリーンが被る。シグマ製のレンズであれば、どのレンズがどの程度周辺部に緑被りを起こすかがわかるので、ファームウェアあるいは SPP でその補正を掛けることで、露骨なグリーン被りが画像に現れないよう処理されている。

が、同じシグマ製でも古いレンズや他社製のレンズを着けて撮影をすると、そのグリーン被りは補正されない為、とんでもない事になる。

雨空にカメラを向けて、SD1 に SMC TAKUMAR 35mm F3.5 を着けて撮ってみた。



SIGMA SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
現像は全パラメータ真ん中。


このグリーン被りを補正するには cornerfix と言うソフトウェアを使うのだけど、それに関する詳細は以下の記事を参照されたい。


http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/2012/06/20120615-4651.html

http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/2012/06/20120615-1419.html

http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/2012/06/20120616-d701.html


で、SD1 だけではなく、ほぼ同時に sd Quattro でも撮ってみた。



SIGMA sd Quattro + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
現像は全パラメータ真ん中。


まるで違う。この違いを強調するために、チョット異常な現像パラメータを使って、再度現像してみた。



SIGMA SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景
現像はコントラスト +1.0、彩度 +1.0




SIGMA sd Quattro + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
現像はコントラスト +1.0、彩度 +1.0

sd Quattro でも周辺のグリーン被りは発生しているけど、SD1 と比較したらごくわずか。特別なソフトを使わなくても修正できてしまう範囲。

これが Quattro センサー最大の改善点かも知れない。


【追加】



SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/50Sec. ISO100
マニュアル露出、ストロボ使用

sd Quattro のホコリ 2016/07/20

本日、シグマからイメージセンサーに付いた埃のクリーニングについてアナウンスがあった。

フォーカルプレーンシャッターは使い始めにゴミが出る。シャッターメーカーはシャッターユニットを出荷する
際に何度も洗浄やらクリーニングやらをして出荷するのだろうけど、どうしても小さなホコリが出てしまうもの
らしい。

sd Quattro の取扱説明書 P.153 にはセンサークリーニングの方法が書かれている。自信のある方は、マニュア
ルに従ってご自身でセンサーのクリーニング(ブロアーで吹くだけ)を行っても良いが、時間が許すのであれば、
シグマに送ってクリーニングしてもらうことをお勧めする。

私は SD14 のダストプロテクターを割ってしまったことがある前科者なので、大きな口はたたけないが、慎重に、
且つ、マニュアルに書いてある通りにやれば(多分)自分でクリーニングをする事は可能である。

難しいのは外したダストプロテクターを取り着ける作業である。くれぐれも●印以外の部分を押さないよう注意
して欲しい。

で、一つ大きなホコリがあったので、つい今し方クリーニングしてみた。

まず始めに向かって右端にあるダストプロテクター脱着レバーをピンセットで右にスライドさせる。パコッとダ
ストプロテクターが浮くので、上部にある突起をピンセットでつまんで、ダストプロテクターを取り外す。

ブロアーでセンサーをシュコシュコする。

ダストプロテクターの左端を本体左の突起(受け)にはめこんで、右端の●印を押す。パチッと音がすればOK。

わかっていれば簡単な作業であるが、自信のない方は、決してやってはいけない。最悪の場合、ダストプロテク
ターが割れて、細かい破片がセンサーに降り注ぎ、運が悪いとシャッターの隙間に入り込む。なので、腕に自信
がなければ、やってはいけない。

わずか数秒だと思うのだけど・・・ 2016/07/19

【本日3本目の記事】

NHK の Eテレで毎週月曜日の午後 11:00 から 20 分間放送されている「東北発☆未来塾」という番組がある。
再来週(8月1日)には『おもろがらせるチカラ 第1週 「カリスマ添乗員直伝!人の心をつかむ極意 伝授
しまっせ!(仮)」』というタイトルで、なにわのカリスマ添乗員・平田進也さんが登場する。

番組の中で“大坂コテコテツアー”なるものが実施されるのだけど、その時にとある施設が隠れたビュースポッ
トである事が紹介される。そこから見た通天閣の写真が(わずか数秒だと思うけど)画面に映るはずである。
私が昨年の8月11日にこのブログに掲載している写真なので、興味のある方はご覧頂きたい。

制作会社の方からメールを頂いて使用を承諾した時に、カメラ名をクレジットしてくれとお願いしたのだけど、
丁重に断られた。撮影者の名前はどうでも良いとしたので、私の名前(maro)も出ないかも知れない。

ネタバレになるけど、その写真をここに掲載しておく。お許しのほど> NHK Eテレさん



『通天閣 その1』  7,207,655
SIGMA dp3 Quattro @f5.6 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

並みのカメラでは決して撮れないレベルの写真であることは確かなので dp3 Quattro ユーザーは自慢して良い。

なお、番組のウェブサイトによれば、水曜日(8月3日)の午前 11 時 05 分から HNK 総合テレビで、また、
土曜日(8月6日)の午前 11 時 20 分から HNK Eテレで再放送があるようだ。

早速、録画の予約をしておいた。私はミーハーである。(^^;

SIGMA sd Quattro で ISO400 2016/07/19

【本日2本目の記事】

実は、今日、我が家には私と猫たちしかいない。ヨメさんはユー君と一緒に千葉経由で浜金谷から東京湾フェ
リーに乗って久里浜へ行き、鎌倉の実家に帰るという贅沢なお出かけの最中。「はな」は一足先に一昨日の夜か
ら、ヨメさんの実家へ遊びに行っている。今夜は一人で猫たちと寝ることになる。寂しいやら、気楽やらの半分
半分。

で、先ほど、ショコラとシナモンを撮ってみた。ストロボを使って逃げられるとイヤなので、蛍光灯の下で、
sd Quattro に 50mm F1.4 を着けて撮影。シャッター速度を稼ぐために ISO400。ビニングは働かない。が、
何とかなるだろうと言う事でやってみた。




『ショコラ義兄を見つめるシナモン』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/60Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:蛍光灯、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0




『義兄妹 その1』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/60Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:蛍光灯、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0




『義兄妹 その2』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/50Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、モノクローム、フィルムグレイン OFF、周辺減光効果 OFF
シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0




『義兄妹 その3』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 1/60Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、モノクローム、フィルムグレイン OFF、周辺減光効果 OFF
シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.5

下の2枚は私には珍しいモノクロームである。カラーだと色とかノイズがイマイチなのでモノクロームにしたの
ではなく、この2枚はモノクロームで見て頂いた方が素敵だと感じたからである。

なお、我が家の猫たちは「きなこ」がシナモンの義理のお父さん、ショコラがシナモンの義理のお兄さんと言う
事になっている。シナモンはすぐに大きい猫たちにじゃれつくのだけど、「きなこ」よりショコラのがお気に入
れで、いつも絡んで行く。しかし、ショコラからはすぐに爪無しの猫パンチや甘噛みをされるので、この2日ほ
どは少し大人しくなった。

三脚座を使うと普通の風景もブレる? 2016/07/19

三脚座を使って、夜、遠くを走る自動車のライトを撮ると言うのは、実際の撮影においてそうある事ではない。
が、ド~~~ンと打ち上がる花火を望遠で撮ることはあるだろう。横位置で撮影した場合は水平に広がる光跡は
ヘロヘロになり、垂直に広がる光跡は点滅したようになる。これは間違いなく起きることなので、決してなさら
ぬようご注意申し上げる。

で、普通の風景をそこそこのシャッタースピードで撮ったらとうなるのか?

実は、すご~~~く昔、ミラーアップして撮るのと、ミラーアップしないで撮ることの比較を行った事はあった
のだけど、三脚座を使うか使わないかでどの程度の差が出るのかを、普通の風景を撮って比較した事はなかった。

チョット、気になって、やや朝の早い時刻にこんな風にして撮り比べてみた。




SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art を SIGMA sd Quattro に着けて、マンフロットの 410PL(雲台に乗せるた
めのクイックシュープレート)をあらかじめ三脚座とボディにしっかり取り着けておいて、三脚座を使った場合
と、ボディを直接雲台に乗せた場合を素早く切り替えての比較撮影である。

非常に微妙な違いしかないことを予測して、露出とピント合わせは全てマニュアル。sd Quattro を三脚に乗せて
MF でピントを合わせるのは容易で、且つ、完璧にピントを合わせる事が出来る。ミラーレスならでは長所である。

で、ここで皆さんにイジワルをさせて頂く。ダウンロードしてファイルサイズを比べるとわかってしまうのだけ
ど、下の2枚のウチ、どちらかが三脚座を使って撮影されていて、どちらかがボディを直接雲台に乗せて撮影し
ている。

いつもはファイルサイズが異常に大きくなるので JPEG 10 でご覧頂いているのだけど、今回は JPEG 12 で保存
してみた。そうでないと違いがわからないかも知れないからだ。ヒントを書いておくと、ブレは縦方向に起きて
いる。








シャッター速度は 1/60 秒。レンズの焦点距離は 100mm。ミラーレス一眼をまともな三脚に乗せて撮影した場合
にブレる様な条件ではない。が、三脚座を使って撮影すると、非常にわずかではあるが、天秤ブレが発生する。
ベイヤー型イメージセンサーを使っているエセデジタルカメラでは決して判別できない違いでしかないが、FOVEON
センサーのユーザーなら、ここまで気にして欲しいと切に願う。

素敵な三脚座 2016/07/18

一週間前に「縦走りフォーカルプレーンシャッターのパワーはあなどれない」と題した、いつものブレテストを
行った。その後、イロイロ考えたのだけど、sd Quattro の場合、シャッターボタンが押された後のフォーカル
プレーンシャッターはやや複雑な動きをする。

具体的には

1.上に畳まれていたシャッターの先幕が延開されてストンと落ちてセンサーを塞ぐ。
2.絞りが絞り込まれ

3.その直後に延ばされた先幕が上に畳み込まれ
4.所定の時間が経った後に後幕が上に延開されてセンサーを塞ぐ

5.連写の場合は4.の後、センサーを塞いだままで後幕が畳み込まれ、先幕が延ばされる(シャッターがチャー
ジ)。そして3.から4.が繰り返される。1コマ撮りの場合は6.に行く。

6.最終コマのデータがバッファにコピーされると、後幕だけが下に畳み込まれ、ファインダーにイメージが表
示される。

とまぁ、シャッターはこんな動きを毎回繰り返している。特に一番はじめの、上に畳まれていたシャッターの先
幕が延開されてストンと落ちてセンサーを塞ぐ時に発生するショックが意外に大きいようだ。

天秤ブレを起こすために三脚座を使用して撮影した時に写る光跡の波は、まず始めに下の方に揺れる。これはレ
ンズの先端が上に動いているからである。レンズの先端が上に動くというのは、カメラボディは下に移動してい
ると言う事である。つまり、一番始めに加わった力は上から下方向の力だと言う事。上から下へのパワーは正に
上に畳まれていたシャッターの先幕が延開されてストンと落ちる力に他ならない。

この力が、ボディやレンズを動かさないようにするためにはボディそのものを強固に支持しなければならない。
三脚座を使用しての撮影では、ボディの下には何にもなく、発生したショックを吸収したり、受け止めたりする
ことが出来ず、そのパワーが天秤のように作用してレンズの先端を上に動かす。

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art のウリの一つは、CP+ で社長が語っていた通り、三脚座のレボルビング(回
転)の滑らかさである。正に真実で、他に例えようがない驚異的な滑らかと表現しておこう。それでいて縦横の
定位置にはクリックがあって、本当に素晴らしい三脚座であり、敢えて固定式にしてあるのももうなずける。

たった一つの欠点はその三脚座を三脚の上に乗せてはいけないことである。つい先ほど、イロイロやってみた。
下の9枚は全て、sd Quattro に 50-100mm F1.8 DC HSM | Art を着けて、遠くの交差点を走る車のライトの光跡
を1秒のシャッター速度で撮影している。すべて、カメラ内 JPEG データを抽出してトリミングしたものを原寸
で表示。










この上の3枚は sd Quattro にバッテリーグリップを装着して撮影。










この上の3枚は sd Quattro からバッテリーグリップを外して撮影。




上から下に移動している。



下から上に移動しているテールランプ。



下から上に移動しているテールランプ。

この上の3枚は例えようのない滑らかさのレボルビングの感触を楽しみつつ、レンズを90度回転して、縦位置
での撮影。バッテリーグリップは着けていない。


全ての画像で明らかなブレが発生している。三脚座を使用せずに、ボディを直接三脚に乗せて撮影した場合に
は、このブレは発生しない。特にブレが目立つのは光跡の長さから計算して 1/15 ~ 1/125 秒くらいだと思う
ので、そのあたりのシャッター速度で撮影をなさるときには、三脚座をご使用にならない事を強くお勧めする。


【特にご注意!!!】

花火大会の花火を望遠レンズに三脚座を付けて撮影すると、これらの画像と同じ事が起きるので、くれぐれも
三脚座を着けて花火を撮影しないよう。

ビニングをやってみた 2016/07/17

【本日4本目の記事】

お腹の虫もいなくなって、元気で過ごしているシナモン。最近はショコラや「きなこ」に飛びかかっていって、
義理の兄貴達を閉口させている。

ショコラはシナモンから逃げるのに必死。逃げ切れないときには傷つけないような猫パンチを繰り出してシナ
モンを追い払っている。

室内での猫同士のじゃれ合いを sd Qauttro を使って撮影するのは至難の業。写真よりムービー向きの被写体
である。sd Quattro で撮影できるのは猫たちがのんびりしているときだけである。

ストロボを使おうとしたのだけど、暗い状態だとストロボの AF 補助光が光って照明してしまうため、明るく
なり過ぎるのか AF では何をやっても合焦しない。永遠に迷い続ける。仕方がないので天井の灯りを点けて、
シナモンを追いかけた。



『バイキンマンが気になる』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @66mm f:2.8 1/25Sec. ISO800
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:蛍光灯、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0




『「はな」を見ている』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @65mm f:2.8 1/30Sec. ISO800
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:蛍光灯、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0




『ショコラの寝床を奪取』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @59mm f:2.8 1/40Sec. ISO800
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:蛍光灯、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0


蛍光灯下で 50-100mm F1.8 を着けての手持ち撮影。20回ほどシャッターを押したけど、ご覧頂けるのはこれだけ。
画像サイズは小さくなるけど、ISO800 でこの描写なら良しとしよう。

SFD をやってみた 2016/07/17

【本日3本目の記事】

マンフロットの写真用カーボン三脚で一番太い3段ギア付き MT057C3-G が帰って来たので、ベルボンの Mark-7B
の出番が無くなってしまった。美しい状態のままお嫁に出してしまおうと言う事でオークションに出品。

どうせなら sd Quattro のブツ撮り用究極画質、SFD(Super Fine Detail) で撮ってみようと考え、先ほどやって
みた。

オークションに掲載した写真は TIFF で出力した写真に写っている被写体のホコリ等をレタッチして、背景を手
前に延ばし、トリミングしてある。が、チョット恥ずかしいのだけど、ここでは SPP 6.4.0 で現像したままの
JPEG を掲載する。



SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @26mm f:8.0 1/40 ~ 1.6Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0、ディテール 0、SFD

すぐに判るのは、ノイズが全く無いと言う事。凄い!!!

ついでだからレタッチしたものも載せてしまおう。



上の写真を TIFF で出力して、レタッチしたもの。

ヤフオクに出品中

sd Quattro は DP2 Merrill の夢を見るか 2016/07/17

【本日2本目の記事】

さて、今朝方アップした DP2 Merrill と sd Quattro の比較をもう一度アップする。DP2 Merrill のものは今
朝方のものとはシャープネスのパラメータを変えて現像したもの。下の sd Quattro で撮影したものもシャー
プネスやノイズリダクション、ディテールのパラメータを変更して現像したもの。




SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス 0、ノイズリダクション 真ん中、X3 FillLight +0.3

午前中にアップしたものの現像パラメータは

シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、X3 FillLight +0.3

つまり、午前中にアップしたものとの相違はシャープネスのみ。個人的にはシャープネスが効き過ぎている感じ
があって、あまり好きではない。が、この程度のカリカリネスがお好きな方も多いと思う。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @29mm f:5.6 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.75、ディテール 最大、X3 FillLight +0.5

午前中にアップしたものの現像パラメータは

シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 真ん中、X3 FillLight +0.3

レンズに起因する周辺部の甘い描写はイマイチのままだけど、全体的な解像感は向上している。これ以上カリカ
リにも出来るのだけど、不自然さがより目立つので、私が許容出来るギリギリのところで止めてある。

当たり前の話だけど、やはり sd Quattro のが画素数が多い分、より細かい部分が描写されている。カリカリ度
もこの程度で十分だと思うのだけど、いかがだろうか?

SIGMA sd Quattro vs SIGMA DP2 Merrill 2016/07/17

朝方は薄曇りの天気。時折薄日が差すために、描写を比較するための写真はほとんど同時にシャッターが押さ
れなければならない。

DP2 Merrill をお使いになった事がある方はご存じの通り、DP2 Merrill はケーブルレリーズを使ってシャッ
ターを切ることが出来ない。普通は2秒のセルフタイマーを使う。同時に写真を撮るために sd Quattro も2
秒のセルフタイマーにセット。同時にシャッターを押して撮影し、DP2 Merrill で最良の描写を選択。

撮影条件は全く同じ。現像のパラメータも同じで現像してみた。



SIGMA DP2 Merrill @f:2.8 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中

恐るべし DP2 Merrill である。局所的なコントラスト強調があって、肉眼では認識できないディテールをしっ
かりと描写している。しかも、あまり不自然さを感じさせない。しかも、絞り開放で、この描写をする。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @29mm f:2.8 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 真ん中

中心部の描写のみが DP2 Merrill とほぼ同等。それ以外は良いところなし。




SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中

完璧。文句の付けようが無い。DP2 Merrill に付いているレンズがどれほどのものかが良く判る。また、一台ず
つアライメントを調整しながら取り着けられている事も効いているのだろう。カリカリが好きな人には究極の描
写である。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @29mm f:5.6 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 真ん中

レンズ交換が可能なカメラに F1.8 のズームでは周辺部の描写に差が付くのは致し方のないところ。それ以外は
特に文句の付けようが無い。非常に素直に解像しているので、個人的にはこちらの描写のが好き。

試しにやってみたけど、意外に良かった 2016/07/16

【本日2本目の記事】

と言うのが、今朝、昨日撮ったテスト写真を輝度ノイズリダクション最大で現像した結果に対する感想である。
輝度ノイズリダクション最大なんて、さぞかし解像感が失われてのっぺりした写真になってしまうに違いないと
思っていたけど、写真の種類や目的によっては、問題を感じさせない事があるようだ。

非常に精緻な質感の描写が求められる被写体(クローズアップ等)に対してはダメかも知れないけど、私が撮影
しているいつもの風景のような被写体の場合はノイズが乗って来ない分、ザラザラ感が失せてスッキリした感じ
になる。

これから先は、イザとなったら輝度ノイズリダクション最大を使うことがありそうだ。


いずれにしても、sd Quattro + SPP 6.4.0 は今までのシグマ製デジタルカメラと SPP の組み合わせでは難し
かった描写(表現)が出来るようになったと感じるのだけど、いかがだろうか?

誤解を招きそうな表現になったので付け加えておくと、画質が以前より大人しく、素直になったと感じることが
多いという意味である。

もちろんイザとなれば、多少多めの露出を掛けておいて、シャープネスを 0 以上に上げ、カラーモードに風景
を選び、ディテール最大、X3 FillLight + 0.7 以上で現像する事も可能だ。個人的には大っ嫌いなので、私は
やらないけど、表現方法の一つとしては「あり」だと思うし、ベイヤー型イメージセンサーを採用したカメラ
では表現出来ない写真が出来上がる事は確かだろう。

SIGMA sd Quattro 早速のファームウェアアップデート 2016/07/16

昨日、sd Quattro のファームウェアアップデートが公開された。

・起動直後の撮影において、時おりフリーズする現象を改善し動作安定性の向上を図りました。
・SIGMA Capture Pro 1.2を用いた撮影において、カメラの設定によっては正常に撮影できない現象を改善しました

と言う事なので、画質等は変わらないようだ。とりあえずアップデートはしておいたけど、これでフリーズしに
くくなるのだろう。夏に備えて高温警告の設定温度を少し下げて欲しい気もする・・・。(^^;


sd Quattro の「ザラザラ感」に関して、メールを頂いた。具体的な比較ポイントを指摘して頂き、sd Quattro
の「ザラザラ感」を確認する事が出来た。


一言で言えば「非常に細かい(ピクセルサイズの)輝度ノイズが暗部で発生する」と言う事だ。ファームウェア
か SPP のアップデートで最善されるとは思うけど、質感の描写とのバーターになるので、簡単では無いかも知
れない。

ディスプレイ上に1:1で画像を表示した際に、暗部をじっくり見れば確認出来るけど、A1 以上のサイズでプ
リントしない限りはあまり目立たない様な気もする。


試しに、昨日のテスト撮影写真を輝度ノイズリダクション最大で現像してみた。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 最大、ディテール 真ん中

案外、行ける。と思うのだけど、いかがだろうか?

SIGMA SD1 vs SIGMA sd Quattro 2016/07/15

sd Quattro と SD1/SD1 Merrill を比べると、sd Quattro の画像はザラザラした感じになるとの事。全く同じ
条件で撮影して、同じ条件で現像したものを比べて見るのが一番手っ取り早い。皆さんも同じ様なテストをし
てみて欲しい。

撮影は今朝方であるが、時間がなくて、適当に現像しただけ。11時近くに家へ帰って、ちゃんと現像して、
アップ。



SIGMA SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 真ん中


完全な曇天で非常にフラットな光なので被写体の微妙な凹凸は見えない。なので、画質のザラザラ感を比較する
には適切な気がする。私の感覚では、大きな差を見いだすことが出来ない。

ご覧頂いて、どの部分が異なるのかをご指摘頂ければありがたい。

SIGMA SD15 vs SIGMA sd Quattro 2016/07/14

TAKU さんから「せっかくの高画素機に対して変な考えかもしれませんが、LOWモードの1:1:1で撮ると画質はどう
なるのでしょうか? SD15に比べて進化してるのか気になります。」と言うコメントを頂いた。

ミック兄さんのコメントにも書かれている通り、SD15 は傑作機であり、三年前の CP+ でセイケトミオ氏とお話
しさせて頂いた際に、セイケ氏から「どのカメラが一番好きですか?」と聞かれて「描写力なら DP2 Merrill、
娘を撮るには SD15。」と白状している。

A3 サイズ程度までのプリントであれば、SD15 で十分。もちろん sd Quattro の LOW のが良いとは思うけど、
撮り比べてみなければ判らない。


ドカ雨が降り出す直前に何とか撮影する事が出来た。が、焦っていたために sd Quattro の画角が少し広くなっ
てしまった。お許しのほど・・・。



SIGMA SD15 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.6 1/15Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 設定不能




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/40Sec. ISO100 【サイズ:HI 】
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 真ん中、




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/40Sec. ISO100 【サイズ:LOW 】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 真ん中

ここまでが ISO100 での撮影。ここから下は ISO800



SIGMA SD15 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.6 1/125Sec. ISO800 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75 SD15 は ISO800 だとノイズリダクションを使える。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/200Sec. ISO100 【サイズ:HI 】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 真ん中




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/200Sec. ISO800 【HI → ビニング】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/200Sec. ISO800 【HI → 1/2 保存 】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75、彩度 +0.4

上の sd Quattro 3枚は同じ写真。現像、保存方法が異なる。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/160Sec. ISO800 【サイズ:LOW】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75、彩度 +0.4


SD15 は ISO100 で使う分には十分。描写も非常に良い。が、sd Quattro のビニングだと ISO800 でも SD15 よ
り良いか?

【追加】

ビニングを使うには sd Quattro を使って ISO800 以上の感度で撮影(必須)した X3F ファイルを SPP 6.4.0
で現像する際に [ファイル]→[環境設定] で [□ 自動ビニング機能を有効にする] にチェックが入っているこ
とが必要である。 なお、ビニングとは FOVEON X3 Quattro センサーの TOP 層の4ピクセルを「瓶詰め(だから「ビニング」)」
して1ピクセルとして扱い、センサーの各層のピクセルが 1:1:1 であると見なして画素数 1/4 サイズで現像す
る処理。ノイズが低減される。

飛ばし過ぎたようだ 2016/07/13

今日は普通に仕事。午後6時過ぎに会社その1を出て、有楽町と秋葉原に寄って、10時過ぎに帰って来た。
ようやく発売された sd Quattro 用の液晶プロテクターを入手。ヨドバシ Akiba の8階にあるとんかつ屋さん
で注文したロースカツ定食が出て来るのを待つ間に、sd Quattro に貼ってしまった。

たいした仕事もしていないのに、かなり疲れている。おやすみなさい。

赤と黒のブルース。 2016/07/12

♪夢をなくした奈落の底で~~~と言う歌を知っているのは団塊の世代以前の方々。私の iPod にはもちろん
入っている。

で、dp2 Quattro が発売されてすぐの頃、黒地に赤い文字が書いてあったりすると、とんでもない事になった
のをご記憶の方も多いだろう。あれはいわゆる「ビアガーデン現象」もどきであって、dp2 Quattro のファー
ムウェアあるいは SPP の不具合であった。

2年前にユー君を撮ったものも掲載しておく。ほぼ中央、右上の自販機の中のコカコーラゼロのラベルに注目。



『自販機が好き』  6,168,899
SIGMA dp2 Quattro @f:6.3 1/500Sec. ISO400 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート

その下で、別の自販機を撮影したものの肝心な部分のみ切り出して掲載している。




で、今日、全く別の場所で、条件は全く異なるが、室内にある自販機を sd Quattro で撮ってみた。



SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @28mm f:5.6 1/15Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 真ん中


ついでに赤と黒の境界がいっぱい写っている外での写真。ユー君お昼寝中。TIFF で保存して、オートバイのナンバーを消してある。



SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:5.6 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0


FOVEON センサーは人工光源に弱い。特にミックス光源で人物を撮ろうものなら、どう頑張っても SPP だけで好
ましい肌色に仕上げることは不可能に近かった。


で、その人口光源の下で、ユー君を撮ってみた。



SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:3.2 1/25Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:白熱電灯、カラーモード:ポートレート
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0

チョット青くし過ぎた気もしないではないが、真っ黄色になるよりは良いだろう。

sd Quattro では dp Quattro 以上に色を出すことの自由度が広がった様な気がする。

縦走りフォーカルプレーンシャッターのパワーはあなどれない 2016/07/11

【本日5本目の記事】

sd Quattro に三脚座を着けた APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM を装着して、飽きもせずいつものブレテスト
をやってみた。


SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:8.0 1Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
以下、全て同じ。







古くから私のブログをお読み頂いている方にはお馴染みの、「三脚座を着けた望遠レンズは必ずブレる」の検証。

sd Quattro はミラーレス一眼なので、シャッターが切れるときのミラーショックは無い。が、以前も書いたよう
に、sd Quattro が採用している縦走りフォーカルプレーンシャッターは電子先幕の機能を持っていない。と言う
事は、シャッターを切ったときには、金属製縦走りフォーカルプレーンシャッターの先幕が上部に格納される際
の物理的な力が必ず発生する。

望遠レンズに三脚座を着けて、その三脚座を三脚に乗せ、ボディの下に何も支えが無い状態でシャッターを切ると、
そのフォーカルプレーンシャッターの先幕が止められる時の力で、カメラボディがごくわずかに動き、うまい具合
にバランスが採られているために、いわゆる天秤ブレが発生する。

上の4枚のシャッター速度は全て1秒。右から左へ移動する自動車のヘッドライトが交差点に見えたときにシャッ
ターを切っている。ヘッドライトの光跡が長いものは速い速度で移動し、短いものはゆっくりと移動している。車
が走っている路面は平らである。計算すれば解るが、上の写真に写っている光の揺れは約 1/30 秒の周期を持って
いる、車はそんなに速い速度で振動しない。

また、三脚座を使わずに直接カメラボディを三脚に乗せて撮影した場合には、上の写真に写っているような右端の
波形は発生しない。

下はカメラボディを直接三脚に乗せて撮影したもの。










ミラーレスと言っても sd Quattro の場合、ごくわずかなショックがある。くれぐれも三脚座はお使いにならぬ
よう。私が望遠レンズをテストするときに、なぜあんな大げさな装備で撮影をするのかの説明になれば幸いである。

SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM 2016/07/11

【本日4本目の記事】

sd Quattro に APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM を着けて、いつもの風景を撮ってみた。




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:2.8 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

50mm F1.4 と比較しても遜色がない。とても良い描写。




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:5.6 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

ほぼ完璧。50mm F1.4 より良いかも。




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @70mm f:2.8 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

カミソリマクロと良い勝負。。




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @70mm f:5.6 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

う~~~n。凄い。




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @100mm f:2.8 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

被写界深度を感じる描写。とても良い。右下隅が少し甘い片ボケか?




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @100mm f:5.6 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

ほぼ完璧。やはり右下がチョット気になる。




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:2.8 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

ズームレンズの望遠端で絞り開放。十分に良い描写。




SIGMA sd Quattro + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @150mm f:5.6 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

とても良い描写。


全て AF です。 > ka_tate さん

SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art 2016/07/11

【本日3本目の記事】

sd Quattro に 50-100mm F1.8 を着けて、いつもの風景を撮ってみた。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @50mm f:1.8 1/4000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

絞り開放では撮らない予定だったのだけど、皆さんからお叱りを受けると思い。一番最後に追加で撮影した。予想したほど悪くはない。中心部の描写は立派。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @50mm f:2.8 1/1600Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

予想した通り、四隅は甘いけど、それ以外は十分に良い描写。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @50mm f:5.6 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

周辺部はキレッキレではないが、十分に良い描写。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @70mm f:1.8 1/4000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

これも、最後に追加で撮影した。中心部は良いけど、周辺部は甘い。ただ、ボケ方は綺麗。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @70mm f:2.8 1/2000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

予想した通り、四隅は甘いけど、それ以外は十分に良い描写。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @70mm f:5.6 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

かなり良い描写。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @100mm f:1.8 1/4000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

周辺部の甘さがあまり汚くない。真ん中はカリカリ




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @100mm f:2.8 1/1600Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

四隅に若干の甘さ、それ以外は十分に良い描写。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @100mm f:5.6 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0

全然問題なし。非常に良い描写。

ポートレート向きなレンズだと思う。

望遠での撮影はとっても面倒 2016/07/11

【本日2本目の記事】

現在、2時間ほど前に SIGMA sd Quattro に SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art を着けて撮ったいつもの風景
を現像中。テスト撮影でない写真なら JPEG データの抽出で書き出しておいてその中から最良の写真を選択する
のだけど、テスト撮影の場合はカメラ内 JPEG でははっきり判らない差を判断するために、一度全部を一括で現
像している。

で、なぜその写真の現像を始めるのに2時間も掛かったかと言うと、望遠レンズのテスト撮影では必ずマンフロッ
トの「望遠レンズサポート 293」を使って撮影するのだけど、その望遠レンズサポートを、よりしっかりとレン
ズを支えられるような工夫をして使っていることを紹介させてもらうための撮影とその写真の加工を行っていた
ためである。(ぎゃ。長い文章になってしまった。文意がしっかり理解されるかどうか心配。)

と、ここまで書いたら、50-100mm F1.8 DC HSM | Art の一括現像が終わった。しばし、休憩。

本日の撮影風景。



上の写真でカメラのボディと望遠レンズの先っちょを支えているのがマンフロットの望遠レンズサポート 293
である。普通は長いプレートの真ん中に付いている黒いゴムで覆われたノブを回して長さを調節し、望遠レンズ
を取り着ける。また、三脚に乗せる時、普通は下から雲台のカメラ取り付け用ネジ一本で締めて使う。

が、私は全体の長さを調節して固定するゴムで覆われたノブだけでなく、マンフロットのカメラ取り付け用ネジ
も空いている穴に挿して、上から固く締め付ける。言葉では解りにくいと思うので、下に写真を掲載する。



また、三脚に乗せる際にはマンフロットの 410PL と言うクイックシュープレート(マンフロットの商品名は「ア
クセサリープレート」)を介するのだけど、そのクイックシュープレートに望遠レンズサポート 293 を取り着け
る際にも、普通は1本のネジで取り着けるところを私は2本のネジを使って、非常に強固に取り着けている。こ
れも、ご覧頂く。



上の写真の右端に写っている鍵は、私がカメラをマンフロット 410PL クイックシュープレートに取り着ける際
に使用するレンチの役目をする鍵である。この鍵の厚みがマンフロット 410PL 用のカメラ取り着けネジに切っ
てある溝とピッタリなので、非常に強い力でカメラをプレートに取り付けることが出来る。

カメラの三脚穴の設計や製造が悪いと、締め付け過ぎて、三脚穴が外れてしまうくらいの力で締め付ける。
SIGMA SD14 でこれをやると、三脚穴を固定している3本の細いネジが抜けてしまい、シグマに修理を依頼する
ことになる。SD15 以降はどのモデルも、どんなに強い力で締めても大丈夫なように設計が変更されたので、
ご心配は要らない。

さて、能書きが長くなり過ぎた。SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art のテスト撮影の結果は、次の記事に掲載
する。

やっぱり凄いカミソリマクロ 2016/07/11

【本日1本目の記事】(^^;

朝から暑い。遠景に陽炎が立つので、夏の弩ピーカンでのテスト撮影、特に望遠系はあまり好きではない。汗が
ポタポタ落ちるので、タオルは必須である。

sd Quattro を三脚に乗せると、MF も楽勝。特に今日わかった事は MF での EVF 表示拡大率は8倍より、4倍
の方がピントが掴みやすい。8倍になると昨日の記事でも書いたように、画像にアンチエイリアシング(滑らか
表示)が掛かるため、ピントの山が良く判らない。が、4倍だとそれが無いので、合焦しているかどうかが良く
判る。

拡大率は一度セットするとそれを保持してくれるので、撮影の度に倍率を変更する必要は無い。が、MF での拡
大表示は一度シャッターを切ると解除される。再度拡大表示をさせるためには OK ボタンを押さなければならな
い。OK ボタンは押しにくいので私は MF での拡大表示を背面右上にある AF/ALE ボタンに設定してある。やや
快適。望むらくは、一度 MF の拡大表示を選択したら、シャッターを切り終わった後も、再び拡大表示指定ボタ
ンを押すまでは拡大表示を保持することが可能な選択肢をメニューに加えて欲しい。


で、今日の初めは SIGMA MACRO 70mm F2.8 である。このレンズは MC-11 を介した SONY α6000 での動作と同
じで、AF にセットすると合焦サインは出るのだけど、実際にはピントが合っていない状態となる。つまり、AF
は全く使えない。今までのマクロレンズはモーターの回転に伴う合焦面の移動が速すぎて、適切なタイミングで
ブレーキを掛けることが出来ないそうだ。

ま、sd Quattro は MF 時の拡大表示があるので、ピント合わせは少しも難しくは無い。ピントを外す方のが難
しい。とにかく、カミソリマクロを sd Quattro に着けて撮ってみた。撮影した枚数は各9枚。その内2枚が
チョットピンぼけだった。




SIGMA sd Quattro + SIGMA AMCRO 70mm F2.8 EX DG @f:2.8 1/1600Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5
直射日光が反射している部分でフレアが多く出たため、マゼンタのフリンジ除去を ON にしている。




SIGMA sd Quattro + SIGMA AMCRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5
直射日光が反射している部分でフレアが多く出たため、マゼンタのフリンジ除去を ON にしている。


目の保養になったと思う。やはりカミソリマクロは、カミソリマクロだった。このレンズは光学ガラスの供給元
から特殊な高屈折率ガラスが供給されなくなった為、製造を中止したとの事だけど、おそらく、遠くない将来
50 ~ 105mm の焦点距離のいずれかで sd Quattro の AF に対応した MACRO ??mm F2.0 OS HSM | Art が出て来
るのではないかと思う。ただ、それは来年になるとの未確認、非公式情報もある。

sd Quattro ってどうよ? その2 2016/07/10

【本日4本目の記事】

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art を着けた時の AF 速度は dp3 Quattro とほぼ同じ。当然なのかも知れないが、
着けるレンズによって AF の反応速度が異なる。非常に近い将来、イロイロなレンズで実測してみよう。

AF-C(コンティニュアス AF)でシナモン(我が家の新子猫)を追っかけて見たけど、まるで使いものにならな
かった。なぜか連写速度も非常に遅くなる。当たり前なのかも知れないが、チョット悲しい。次はユー君で試し
て見よう。駆け足でこちらに近づいて来たら、多分ダメだとは思うけど、ものは試しである。

明日は 50-100mm と MACRO 70mm F2.8 と 50-150mm F2.8 を三脚に乗せた状態でテスト撮影をしてみる。夜にな
ったら 150mm でブレのテストもしてみたい。やりたいことが山積みである。

今日、8-16mm を着けて撮影していたときに、一回だけだけどフリーズした。電源スイッチを OFF にしても電源
は切れなかった。仕方がないので電池を抜いて、再起動。何事もなかったかのように、起動してきた。その後は
一度もトラブルには遭っていない。


シグマ製純正バッテリーの1番で 300 枚撮影できた。リチウムイオン充電池の実力が発揮されるのは4~5回
放充電をした後だと言う事なので、とりあえずのデータである。現在はシグマ製純正バッテリーの2番がカメラ
に入っている。パワーグリップを持っているので、シグマ製純正バッテリーは3個所有している。

その他には Panasonic の DWM-BLF19E と言う型番のものと互換性がある電池を2個ずつ、2組持っている。1組
は WELLSKY と言うメーカーのもの。Amazon で2個セット¥3,080。他の1組はいつものROWA JAPAN で¥3,620

どちらもシグマ純正の充電器で充電できた。が、まだ使ってはいない。多分、爆発する様なことはないと思うけ
ど、お使いになるのなら、万一の時にシグマの保証は受けられないことをご承知の上でお使いにならなければい
けない。もちろん、何が起きても、私は責任は取らない。なお、バッテリーはシグマ純正も含めて、全て MADE
IN CHINA である。


MF でピントを合わせる練習をしたのだけど、EVF に表示される像が甘い。アンチエイリアス(境界を滑らかに
表示する処理)が掛かっている様なイメージで、ピントがしっかり合っているのかどうかが良く判らない。拡
大画像にアンチエイリアシングは不要である。又、ピーキングを ON にしてもしきい値が低すぎて、多少外して
もピーク表示が残るので、イマイチ実用的ではない。ユーザーが感度を設定できる様にして欲しいものである。

SGV レンズであれば AF での合焦率は非常に高いので、敢えて MF にする必要は無いと言う意見があるかも知れ
ない。が、それは AF が置きピンなどを必要としないほど高速で、且つ正確に作動してくれるカメラでの話だ。
sd Quattro の AF は世間で言われているほど速くはない。


感度で思い出したが、デジタル水準器の感度も設定可能になればありがたい。現時点で水平の調整は出来るけど、
誤差の許容範囲(感度)をユーザーが設定する事は出来ない。何とかなるのであれば、なんとかして欲しい。
また、デジタル水準器の表示位置とサイズをユーザーが指定出来るようになれば、もっと嬉しい。現在の表示方
法では、時として(表示が必要な場合であっても)被写体の肝心な部分に被ってしまうことがある。


背面液晶モニターは最低でもティルトして欲しい。これはハードウェアに関する要望なので、現在のモデルでの
変更はしてもらえないだろう。後継機に期待する。


dp Qauttro 用の LCDビューファインダー LVF-01 を sd Qauttro に取り着けるためのブラケット AL-2 を作っ
て欲しい。EVF より見やすい様な気がするのだけど、思い過ごしだろうか?もちろん、現在のようにシグマオン
ラインショップ限定販売でも構わない。あのカメラマウント部が削り出して作られているため、とても高価
(¥10,368)であることは知っている。


さて、選挙はどうなったかな?

SIGMA sd Quattro + 50mm F1.4 Art vs SIGMA dp3 Quattro 2016/07/10

【本日3本目の記事】

撮影して、ベストショットを選択して再現像している間に、カレーを作らなければならない時刻になってしまった。
あったはずのタマネギがなくて、ユー君の面倒を「はな」に任せて買い出し。鶏肉を解凍し、大っ嫌いなジャ
ガイモの皮むき、野菜を切って、20分の炒めが終わって、沸騰まで待って、弱火にして 20分の煮込み。← 今ここ

とりあえず、本日後半の撮影風景。




火を止めて、ユー君用を別の小鍋に取って甘口のカレールーを入れて溶かす。次に大人用のカレールーを大きな
ル・クルーゼに入れて溶かし、15 分煮込む。← 今ここ。




SIGMA dp3 Quattro @f:2.8 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5


やや手前でピントを合わせているので、無限遠は被写界深度の外になる。フィルムの時代とは被写界深度の基準
が大きく異なっていることを実感して頂きたい。


カレーが出来上がった。食事タイム。
・・・・・
終了。




SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA sd Quattro + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5



さて、ほとんど同じセンサーを使っている兄弟モデル dp Quatto と sd Quattro の写し比べがとりあえず終わっ
た。各 dp Quattro と同じ焦点距離を持つ最良(と思われる)レンズを sd Quattro に装着して撮影したけど、
50mm F1.4 DG HSM | Art だけが dp Quattro の描写に肉薄した。

dp Quattro との比較となると、単焦点で最高の描写をするレンズが必要なようだ。sd Quattro に装着できるレ
ンズのアドバンテージは唯一、明いことだろう。dp Quattro ではどう頑張っても f:2.5 より大きなボケを生み出
すことは出来ない。

なお、A3 サイズ程度のプリントであれば、どのレンズでも十分に良い描写をしている事は確かだろう。

明日は普段なら会社1への出社日であるが、私事多忙を理由にお休みを頂いている・・・。(^^;

SIGMA sd Quattro + 8-16mm vs SIGMA dp0 Quattro 2016/07/10

【本日2本目の記事】

私がいつもの風景を撮影しているベランダは北に向いている。なので、この季節だと午前9時以降は日が当たら
ない。おかげでさほど暑い思いはしていない。しかし、気温はほぼ 30°、sd Quattro にはしんどい温度である。

昨日の dp1 Quattro でもそうだったのだけど、AF ポイントをフリーな位置に設定してあるせいなのか sd
Quattro の AF 合焦速度がとても遅い。dp Quattro が1秒も掛からないで合焦するのに、sd Quattro はその倍
くらい時間が掛かる。着けているレンズによっても多少異なるが SGV レンズである 18-35mm F1.8 が着いてい
るときでも、dp1 Quattro よりのんびりと合焦する。

今日は SIGMA sd Quattro に SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM を着けて、dp0 Quattro と写し比べ。レリーズが
2本になったので、ほぼ同じショットが撮れる。


絞り値 f:5.6 は 8-16mm F4.5-5.6 では開放、dp0 Quattro でも一段絞っただけなので、普通はもう少し絞ると
思う。が、絞りすぎて差が出ないのもイヤだし、やはり絞りは開き気味の方が皆さんの参考になると思い、その
ままで撮影している。



SIGMA dp0 Quattro @f:5.6 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA sd Quattro + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @13mm f:5.6 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5

超広角ズームの描写としてはギリギリ許容範囲だとは思うが、dp0 Quattro と比べると、周辺部は甘い。


お気づきの方も多いと思うけど、同じ被写体を同じ画角、同じ ISO 感度、同じ絞り値、同じ評価測光方式で撮
影しているのに sd Quattro と dp Quattro ではシャッター速度が異なる。常に sd Quattro のが 1/3 ~ 2/3
段シャッター速度が速くなる。別のカメラだし、着いているレンズも違うので、2/3 段くらいの差はあっても
おかしくはないのだけど、同じメーカーの同じセンサーを使ったカメラである事を考えると、少しだけ気に入
らない。

昨日の 18-35mm F1.8 vs dp1 Quattro もそうだけど、やはり予想通り、sd Quattro で dp Quattro と同じ描
写を得ることは難しい。単純にレンズの描写力の差ではあるが、私のテストの様な厳しいものだと、その差が
露骨に出てしまう。

私が所有していない 20mm F1.4 DG や 24mm F1.4 DG ならもう少し良い描写をすると思うので、チャンスがあ
ればテストしてみよう。

さて、この後は 50mm での描写を見る。

参議院議員選挙の投票日 2016/07/10

雲は出ているけど、良い天気。今日は暑くなりそう。

まだ生後1ヶ月半くらいの雌猫であるシナモン。我が家に来てからすぐに動物病院に連れて行って、イロイロと
検査。チョットやっかいな寄生虫がいたのだけど、2回の駆除でほぼ壊滅させることが出来たようだ。目に出来
ていたデスメ膜瘤も奇跡的にほぼ完治。若いというのは凄い事だ。他の二匹との接触は避けなければいけないの
で、まだ大きなケージの中で隔離状態。念のためあと一週間ほど隔離するつもり。

投票所から帰ってきたら、ヨメさんがショコラを検査のため病院に連れて行くので、いつもは大きなケージの中
で暮らしているシナモンを放牧しましょうと言うことになった。

とても激しく動くので、sd Quattro での撮影は結構大変。近づきすぎると全然ピントが来ないので、少し離れ
て撮っている。



SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:2.8 1/100Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.50
Photoshop にてトリミング。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:2.8 1/100Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.50




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:2.8 1/250Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.50
Photoshop にてトリミング。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.50
Photoshop にてトリミング。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:2.8 1/200Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.50
Photoshop にてトリミング。


赤坂迎賓館に行って来た 2016/07/09

【本日2本目の記事】

「はな」を連れて、赤坂にある迎賓館に行って来た。あいにくの雨で撮影の条件は良くない。特に三脚などの使
用が禁止されているので、若干の手ブレが発生していると思う。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:8.0 1/25Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.67




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:7.1 1/40Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0.67




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:7.1 1/20Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.67

こういった(パンフォーカスの)写真の場合はやはり dp Quattro のが良い描写をする。


迎賓館の後で虎ノ門へ出て「いきなりステーキ」で食事。


かなりヘロヘロになって帰宅。何もテスト撮影をしないで今日という日を終わらせるのはイヤだったので、再び
ベランダにカメラを設置。今日の三脚は帰って来た最強三脚 Manfrotto MT057C3-G。昨晩、ヨドバシアキバで1
本しか持っていなかった dp Quattro 及び sd Quattro 用のケーブルレリーズ CR-31 をもう1本買ってきた。

で、今日の撮影風景。







SIGMA dp1 Quattro @f:2.8 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @19mm f:2.8 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA dp1 Quattro @f:5.6 1/30Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @29mm f:5.6 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5


今夜はヘロヘロ。仕上がりもイマイチ。お休みなさい。

sd Quattro ってどうよ? 2016/07/09

変態と呼ぶには少々抵抗がある。かなりまともなミラーレス一眼。昔からデザインはどうでも良いと公言してい
る私だけど、このスタイルには拍手を送らざるを得ない。間違いなく秀逸なデザインである。dp Quattro がグッ
ドデザイン賞の金賞に輝いたが、sd Quattro は尖り過ぎていない分、金賞までは行かないかも知れない。

sd Quattro はミラーレス機としては大きい。異常と言って良いほど大きい。私の様に手が小さい男には少しだ
け大きい。重さも軽い方ではない。もちろん、初めてシグマが出したまともなバッテリーグリップを着けると、
さらに重くなる。が、シャッターブレを気にするのであれば、この重さは悪くない。

慣性の法則によれば、重たいものほど動かすのにはパワーが必要だそうだ。つまり、カメラは軽ければ軽いほど
ブレ易く、重ければ重いほどブレ難い。その意味では決して過ぎるほどの重さでは無いので、良いと思う。

バッテリーグリップを着けて一番感心したのは、バッテリー残量が各バッテリー毎にサブ液晶モニターに表示さ
れること。充電池は並列にして使ってはいけないので、実際には3本のバッテリーを切り替えながら給電する。
まだ使い始めたばかりで、本体のバッテリーしか減っていないが、これから先、どの様に各バッテリーの残容量
が減って行くのかを観察して、2~3日後に報告する。

また、バッテリーグリップを着けていて、間違って縦位置用のシャッターボタンを押してしまっても、カメラが
横位置の状態になっている場合にはシャッターが切れない設定も可能である。バッテリーグリップに付いている
全てのボタンとダイヤルがカスタマイズ可能で理想的な縦位置グリップになった。たったひとつ出来ないカスタ
マイズは縦位置に構えた時にシャッターボタンでシャッターを切る設定をオフにすることくらいである。が、バッ
テリーグリップ自体のパワースイッチも付いているので、それを OFF にしておくと、ただの重しになる。


なぜかシグマのウェブサイトに掲載されている sd Quattro の仕様に書かれていない機能がイロイロある。露出
のオートブラケテティングとして、露出のブラケットは書いてあるが、ホワイトバランスのブラケティングとカ
ラーモードのブラケティングについては何も書かれていない。

実は sd Quattro は両方とも可能である。ただし、ホワイトバランスのブラケティングとカラーモードのブラケ
ティングを同時に使うことはできない。が、露出のブラケティングとどちらか一方のブラケティングは併用可能
だ。もし、露出を3枚のブラケットにしたときにホワイトバランスブラケティングを併用すると、連続して9枚
のコマが保存される。ただし、シャッターが切れるのは3回だけである。露出のブラケットは一枚ごとにシャッ
ター速度を変えて撮影されるが、X3F ファイルを保存するときに、一枚に対してソフト的なホワイトバランスや
カラーモードに変更を加えたものを3枚ずつ保存するからだ。

ホワイトバランスのブラケットとカラーモードのブラケットは RAW のみで撮影する場合にはあまり恩恵はない。
現像時に自由に変更が出来るからだ。JPEG のみで撮影して、撮影後のレタッチをしたくない場合にのみ、有効な
ブラケットなので、シグマは大きな声でアナウンスしないのかも知れない。


EVF の視度補正を行うときにチョット戸惑った。視度補正ダイヤルはそのままでは回らない。一度上方に引っ張
り上げて、ロックを解除し、最適な位置にセットしたら、ダイヤルを押し下げてロックする。「おされ」である。
後継機では、この電子ビューファインダーのユニット全体がティルトして上からファインダーを覗けるようにし
て欲しいものだ。


フルタイムマニュアルフォーカスが可能なレンズであっても、AF 時に手でピントリングを回しても、自動でファ
インダー像は拡大されない。MF で撮影する時には、必ずレンズのフォーカスモード切替スイッチを MF にしなけ
ればならない。ファームウェアのアップデートで対応可能になるかどうか。かなり難しいかも知れない。

さて、お出かけの準備である。雨の赤坂迎賓館も悪くはないだろう。この続きは夜にでも・・・。

ビアガーデンの季節。 2016/07/08

今日も暑かった。私は下戸なので、仕事でお酒を飲む必要がなくなってからは、滅多にお酒を飲むことはない。
お付き合いで多少飲むことはあるが、ビアガーデンには 30 年以上行ってない。が、さすがの私でも、今日の様
な日にはビアガーデンに行って、キンキンに冷えたコーラをジョッキで飲みたくなる。

今日はイヤイヤ会社その1に行ったのだけど、ただでは転ばない。ほぼ2年前の 2014年7月3日に、私は SPP
6.2.1 のテストのために会社に dp2 Quattro を持って行って、ビアガーデン現象が間違いなく起きる被写体を
撮っている。

で、その時の写真の問題の箇所を切り出したものがこれである。



SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
SPP 6.2.1 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中

写真に写っている看板の小さくて黄色い文字「故障の際は、タイムサービス(株)0120-77-8924」
だけがかなりボケている。水色の背景に黄色で文字が書かれていると、その文字の輪郭がボケてしまうと言う
Quattro センサーのみで出現する不具合である。

これを人呼んで「ビアガーデン現象」と言う。2年前に THE FOVEON BBS で pikipiki さんが教えてくれた。
これはこの現象を発見したのが新宿の京王百貨店に下げられた水色の垂れ幕を撮影したところ、黄色で書かれた
「ビアガーデン」の文字だけがボケていたからである。そこから、自然発生的にこの名前が付けられた。シグマ
でもこの現象は承知している。ただし、公式にそれを認めたことは無い。

で、上の写真を SPP 6.4.0 で全く同じ条件で現像して見た。



SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.33

SPP 6.4.0 ではホワイトバランスをオート(色残し)にしたため、色味が若干異なるけど、どちらもほぼ同じ。
これで判るのは SPP のバージョンが上がったからと言ってビアガーデン現象の出方が変わった訳ではないと
言うこと。


で、フト思いついて、今日の昼間に同じ看板(2年前とは内容が違っているけど、肝心なところは同じ)を
sd Quattro で撮影してみた。




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:5.0 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.33

そして、肝心な部分を切り出したものが下の写真である。



シグマは公式にはビアガーデン現象を認めていない。おそらく、必ずいつかは克服してみせるとの決意があった
からだろう。なので、それがほとんど問題のないレベルまで解消できても、声高に喧伝はしない。粛々とこの
やっかいな障害と2年の長きに渡って闘ってくれたのだろう。本当にご苦労様でした・・・。


この前の sd Quattro の体感イベントで3年半ぶりくらいにお目にかかった Yoshi さんは毎年ニューヨークに
紅葉を撮影するために出掛ける方なのだけど、dp Quattro を持って行って、1ピクセルで表現されるような非
常に微妙な紅葉のグラデーションが綺麗に表現されなかったと嘆いておられた。

> Yoshi さん、今年は sd Quattro でお試し頂きたい。

今日は・・・もう無し。 2016/07/07

【本日4本目の記事】

誠に申し訳ない。本日、ことのほか子供達と猫たちに手間が掛かって、結局、dp2 Quattro との比較以外は何に
も撮れなかった。明日は普通に仕事なので、やはり無し。

明後日は「はな」と事前に申し込んでおいた赤坂迎賓館の見学。日曜日もさほど時間は取れそうにない。

慌てると撮り直しなんて事になるので、のんびりやらせていただく。

暑さに弱い私。 2016/07/07

【本日3本目の記事】

イヤ、準備はしてあるのだけど、流れる汗と戦うのが精一杯で、体力と気力を消耗している。

子供達や猫の面倒も見なければならず、涼しくなるまでお待ち頂く。



準備風景。dp0 Quattro で撮影。

暑さに弱い Quattro。 2016/07/07

【本日2本目の記事】

梅里さんから、コメントを頂いて気が付いた。私はテスト撮影を日陰で行っているので大丈夫だけど、発売日で
ある今日が、今年の最高気温を更新しそうな日である事は、悲しい偶然である。dp Quattro ユーザーなら、既
にご存じのように、Quattro は夏に弱い。

炎天下でバシバシ連写を繰り返すと、見たこともない温度計のマークが表示されて、そのまま続けるとシャット
ダウンしてしまう。炎天下では、直射日光に長い時間さらしたままでの撮影にご注意。

sd Quattro 到着。 2016/07/07

朝早くに sd Quattro が到着した。バッテリーをチャージする間、50 分ほど掛けて使用説明書を熟読。ウェブ
サイトの仕様には書かれていなかった機能が結構ある。それは後ほど。使用説明書に一通り目を通した後で、
カメラの設定。

とりあえず、いつもの三脚(Manfrotto 055XB)から Manfrotto 405 を外して、ベルボンの Mark7-B に
Manfrotto 131DD を乗せて、左に Manfrotto 468MGRC4 ハイドロスタッドボール雲台、右に Manfrotto
405 ギア付きプロ雲台を乗せた。

ボール雲台に dp2 Quattro、405 には sd Quattro を乗せる。こんな状態で、私自身が一番知りたかった
dp2 Quattro との写し比べ、ケーブルレリーズは1本しかないので、両方を2秒のセルフタイマーモードに
して撮影。

完全にオートマチックで撮影し、現像はシャープネス -1.0、X3 FillLight +0.3 以外は全て 0 、色収差はレン
ズプロファイルで自動補正。

撮影条件と現像条件は全て同じ。2枚ずつしか撮っていない。



撮影風景。dp3 Quattro で撮影。




SIGMA dp2 Quattro @f:3.2 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @29mm f:3.2 1/1600Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA dp2 Quattro @f:5.6 1/1400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5




SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @29mm f:5.6 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0.5


dp2 Qauttro の絞り開放値は F2.8 であるが、絞り f:2.8 だとシャッター速度が 1/1600 秒になるため、f:2.8
での最高速シャッター速度が 1/1250 秒なので露出オーバーになってしまう。明るい方の絞り値が f:3.2 に
なっているのはそのためである。

やはり、周辺部の描写は dp2 Quattro のが良い。

なお、以前 18-35mm F1.8 と 30mm F1.4 DC HSM | Art を SD1 に着けて比較した事があって、その時にはほぼ
互角の描写をしていた。

明日は七夕・・・。ん? 2016/07/06

本来なら、明日は家にいて子供達と猫たちの面倒を見る日なのだが、ユー君が週に2日だけ行っている保育園で
七夕のイベントがあり、それに参加しなければならない。ただ、ユー君は昨日の朝から先月中旬と同じ様に熱を
出していて、現時点では小康状態。もし明日の朝に熱が出てしまうと保育園は休まなくてはいけない。

しかし、単に熱があるだけで、本人はいたって元気。おでこに手を当てたり、体温を計ったりする時に発熱して
いる事を実感するだけで、様子は普段と全く変わりがない。この前もそうだったのだけど、お医者さんに「ぐっ
たりしていないのなら大丈夫」と言われているので、あまり心配はしていない。


シグマのヒトバシラー(走狗とも言われているが)を自認する私としては、なるべく早いタイミングでいつもの
風景を sd Quattro と他のカメラ達を並べて、しっかり撮影したい。sd Quattro は明日の朝一番で届くはずなの
で、届き次第、いつものテスト撮影を始める予定である。子供達と猫たちの面倒を見ながら、可能な限り時間を
見つけて、ひたすら撮る。

が、明後日(8日・金曜日)は会社その1で仕事をしなければならないので、明日の夜、ここに掲載出来るのは
わずかだと思う。

体感イベントでの撮影は AF のチェックだけだったので、画質的には若干甘くなっている可能性があり、SFD も
マンフロットの一番安いミニ三脚に乗せて AF で撮っているので、完璧ではない。旧タイプのレンズを着けての
AF チェックも、再度しっかりした三脚に乗せて確認したい。

単に比較撮影と言っても、相手は dp Quattro、SD1、DP2 Merrill。画角も 14mm、19mm、30mm、50mm、70mm、
150mm。それぞれ開放と f:5.6 だけでもかなりの枚数になる。ともかくやりたいことがいっぱいあって明日と
土日はかなり忙しくなりそうだ。

あ。9日の土曜日は「はな」と一緒に赤坂の迎賓館を見学に行くことになっているのを思い出した。既に見学の
許可鉦は入手してある。sd Quattro の本番撮影第一弾は迎賓館赤坂離宮(外側だけだけど)になる。

あ、その後で「いきなりステーキ」に連れて行く約束をしていたのも思いだしてしまった。う~~~n。慌てて
テストしても良い事が起きるわけではない。

と言う事で、キッチリと撮影された sd Quattro vs 他のカメラ達の比較画像は明日の夜から毎日、少しずつ
アップされると思う。下手をすると月曜日の朝になっても終わらないかも知れない。まぁ、のんびりお付き合
いを願う。

リクエストがありますれば、コメントを頂けますよう。

ストロボで SFD ってかなり面倒 2016/07/05

昨日の記事で何気なく「SFD モード撮影時にストロボのチャージに同調できるようシャッターが切れる時間の間
をユーザーが設定できるように」と書いてしまったけど、SFD は定常光でないとうまく働かない事に気が付いた。

ストロボを使ってやろうとすると 1/64 から1段ずつ光量を変化させることが出来るストロボが必要となる。比
較的新しいものであれば、可能だろう。そして撮影時には光量 1/8 で露出を計り、マニュアル露出でシャッター
速度を 1/15 秒に設定。f: 値は被写体とストロボ(達)との距離で変える。

そして撮影時に、初めは 1/64、次は 1/32、1/16、1/8、1/4、1/2、1 と各ストロボの光量を変化させて撮影。
う~~~~n。とっても面倒だ。

当然、クリップオンストロボだと余程頑丈な三脚と雲台を使っても手動で光量を変える時にカメラが動いてしま
うと思うので使えない。新発売の SIGMA EF-630 SA-TTL は 1/128 までの光量調整が可能(EF-610 DG SUPER も
同様)なので、sd Quattro との組み合わせて自動で光量を変化させることで、ストロボを使った SFD が可能に
なる。もし、現時点では出来なくてもファームウェア書き換えで実現するかもしれない。(^^;


ついでに、シグマ製ストロボの事を少し書いておこう。私は前モデルの EF-610 DG SUPER を常用し、少し明る
くしたいときには EF-500 DG SUPER SA-N をスレーブ発光で使う。シグマに sd Quattro でこの EF-610 DG
SUPER が使えるかどうかを尋ねたら、ストロボが持つ全ての機能が問題無く使えるそうだ。で、新しい EF-630
SA-TTL は何が違うのかというと、カメラ側でストロボの設定を変更することが出来る様になるとの事だった。

現時点では EF-630 SA-TTL を入手する予定はないのだけど、貸し出してくれそうなので、その際には調べて
みようと思う。

なお、EF-610 DG SUPER と EF-630 SA-TTL の最大光量(ガイドナンバー)は一緒である。610 はフルサイズ
105mm の画角、ISO 100 でのガイドナンバーが 61 で 630 はフルサイズ 200mm の画角、ISO 100 でのガイド
ナンバーが 63 と言うだけで、標準的な 50mm、ISO 100 でのガイドナンバー